高血圧を知って予防する

  • 高血圧を知って予防する はコメントを受け付けていません。

この記事は14分で読めます

高血圧について

血圧が常に高い状態を高血圧と言います。
もちろん、スポーツをしたり寒かったりした時には血圧が変動します。
安静状態で慢性的に血圧が高い状態ですから、常に血管に多くの負荷がかかっています。
動脈硬化や心筋梗塞の危険性が高まるのです。
現代人の脳卒中や心疾患の多くは高血圧が原因です。
高血圧は男女を問わず、大病のリスクとなるのです。
高血圧で一番リスクがあるのは脳卒中です。
具体的には血圧が10上がると、リスクが20%高まると言います。
脳卒中で倒れた場合、生命は守れても運動障害や言語障害が残ることはよく知られています。
あなたの周りでも、そのような事例があるのではないでしょうか。
心筋梗塞も同様です。
健康診断や病院に行った時には血圧を測ります。
高血圧は自分でもわかるのです。
最近は自宅で血圧を測定している人も多くなりました。
朝起きた時の血圧と寝る前の血圧の違いも注目されるようになりました。
血圧が高いなと思ったら、早目に病院で診察を受けることをおすすめします。
血圧が高い状態になると、簡単には改善できないのです。
高齢になると高血圧になる人が増加します。
しかし、30代、40代ですでに高血圧の人が増加しています。
若い時から治療を受ければいいのですが、倒れるまで放置する人も少なくありません。
国を挙げて、高血圧の予防に取り組んでいます。
しかし、予防をしている人は少ないのが現実です。
高齢化社会となり、さらに重要度を増しているのが高血圧予防なのです。

スポンサードリンク

高血圧の予防

高血圧がどのような状態なのかは誰でもよくわかっているでしょう。
そして、その予防方法についてもわかっているはずです。
しかしながら、高血圧の予防ができないのです。
日常生活の中で注意すべき点はたくさんあります。
一つ一つは難しいことではありませんが、それができないことを重要視すべきでしょう。
高血圧の要因として遺伝が関係しています。
家族に高血圧の人がいれば、あなたのリスクも高いと思って間違いありません。
それから、生活習慣の中に要因があります。
喫煙、過度の飲酒、塩分の取り過ぎ、肥満などです。
高血圧が生活習慣病と呼ばれる理由はここにあります。
生活習慣を改善することによって高血圧を避けることができるのです。
まずは塩分の取り過ぎです。
日本人の平均的な塩分摂取量は1日当たり11gと言うデータがあります。
これは他国に比べるとかなり多い量です。
醤油、塩はあまり使わない。
ラーメンの汁は飲まない。
漬物は控えめにする。
このような食事を心がけるだけで塩分の取り過ぎを抑えることができます。
国が示しているガイドラインでは6gが推奨されています。
塩分を減らすと血圧が下がることは医学的にも証明されています。
それからカリウムが血圧を下げる働きがあります。
牛乳、魚、納豆、ほうれん草などどこにでもある食品にカリウムは豊富に含まれています。
バナナやヒジキ名を積極的に摂るようにしましょう。
もちろん、全体のカロリーがオーバーしないようにしてください。
また、カリウムは腎臓には良くありませんから、注意しましょう。

高血圧の原因

生活習慣病とも呼ばれている高血圧ですが、その原因はいくつかあります。
生活習慣を改善することによって、高血圧の予防ができるのです。
つまり原因を取り除くことが予防になります。
原因としては遺伝因子と環境因子があります。
遺伝については、自分でどうすることもできません。
したがって、環境因子を減らすことを考えましょう。
まずは食事の内容のチェックです。
塩分を控えめにすること、カリウムを取ること、禁煙、飲酒などです。
どれも今日からでもできることです。
ただ、簡単にできないから問題なのです。
国内では多くの施設が禁煙となっていますが、喫煙をする人の数は減っていません。
飲酒についても、適度な飲酒で止められない人が多いのです。
20歳になってからすぐにお酒を飲み始めるのです。
塩分の取り過ぎも問題です。
塩辛いものを避けることも、濃い味が好きな人には我慢できないのでしょう。
生活習慣を変える強い意志を持つことが大切です。
そのために何ができるでしょうか。
人から言われてやるのではなく、自分で計画を立てて、それを守るようにしましょう。
喫煙が止められなければ、量を減らしましょう。
病院でも禁煙外来が注目されるようになりました。
誰でも努力して高血圧を予防しようと考えるのでしょう。
そして、一番の予防は運動です。
もちろん、無理をする必要はありません。
適度な運動で構いません。
少しずつ体を動かすことを楽しむのです。
高齢になると体が動かなくなりますが、若い人でも高血圧になります。

食事と高血圧

食事と高血圧の関係を説明します。
高血圧の予防には塩分を控えめにすることは、言われるまでもなくよくわかっているはずです。
それでも醤油をたっぷりつけて食べなければ済まない人が多いのです。
高血圧になりそうな食事をしている人は自分でもわかっているはずです。
こんなものばかり食べていたら、病気になるだろうと思うのです。
毎年の健康診断でも指摘されているはずです。
生活習慣病を予防するためには、良い生活習慣を送ることです。
あなたが太っているなら、まずは減量しましょう。
適度な体重は高血圧予防の第一歩です。
急激な減量は体に負担となりますから、徐々に減らしていきましょう。
計画を立てて、少しずつ進めましょう。
生活習慣病と名前が付いているように、習慣を変えることが大切なのです。
短期間で改善することは習慣となりません。
高血圧の予防は塩分を控えること、減量すること、運動をすることでしょう。
どれも関連しています。
そのことがわからないはずはありません。
高血圧になると血管にストレスがかかり、いずれ破れてしまいます。
それが脳卒中や狭心症なのです。
病気になってからでは遅いでしょう。
いつまでも健康で長生きをしたいともうなら、食事の内容を変えてください。
毎日を厳密にチェックすることは無理があります。
週に何回かだけ塩分を控えめにしてみませんか。
その回数をだんだんと増やしていくのです。
いきなり、ハイレベルを目指すために、すぐに挫折してしまうのです。

高血圧の口コミ

インターネットの口コミサイトでは高血圧に関する情報がたくさんあります。
予防のためにどのような取り組みをしているのか、経験者の知恵を借りてみましょう。
塩分を控えめにするとか、減量をすると言っても具体的にどうすればいいかわからない人も多いでしょう。
適当にやって、すぐに止めてしまうのです。
それでは高血圧の予防にはなりません。
そして、高血圧の症状が出始めます。
この時点では遅すぎると考えてください。
インターネットで集めた情報を有効に活用しましょう。
塩分の取り過ぎについて、食事で何を注意すればいいかが書かれています。
ラーメンの汁は残すこと、醤油は掛け過ぎないことなど具体的な方法を知ることができるのです。
どのくらいの食事をすれば、塩分を適正にすることができるかわかります。
もちろん、いろいろなところで健康を考えることができます。
食生活改善セミナーなどに参加する機会があれば、ぜひ参加しましょう。
口コミサイトを有効活用することが、高血圧予防につながるのです。
習慣を変えることは簡単ではありません。
文章を読んだだけでは変わらないのです。
ただ、高血圧の行く末は見えています。
病気で寿命が縮まるのです。
それがわかっているなら、今から改善しましょう。
若い時からの習慣付けが重要です。
健康診断で指摘されたなら、今日からでも始めてください。
脳梗塞や脳卒中、狭心症など血管の病気はたくさんあります。
どれも重篤な病気です。
いつまでも健康でいたいものです。

おすすめの高血圧予防

高血圧の予防はいろいろあるのですが、なかなか実践できない人が少なくありません。
そこでおすすめの予防法を紹介しましょう。
健康診断で高血圧と指摘されてから改善するのは簡単ではありません。
それよりも予防をすべきなのです。
ただ、運動は面倒だとか、食事は美味しく食べたいなどと好きなことばかり言って、予防を使用としない人もいるのです。
そんな人にもおすすめなのがサプリメントです。
毎日飲むことは大変かもしれませんが、習慣にすれば何の問題もありません。
高血圧と言われる前に気になる人は飲んでみましょう。
まずはトマト酢生活です。
歯磨きでおなじみのライオンが販売しています。
ドリンクタイプでおいしく飲むことができます。
毎朝の食後にトマト酢生活はどうでしょうか。
一月あたり100円ちょっとです。
コーヒーを止めて、乗り換えませんか。
それから、サントリーセサミンEです。
セサミンとカルシウムが豊富に含まれた錠剤タイプのサプリメントです。
自宅に毎月送ってくれます。
カルピスからラクトトリペプチドが豊富に含まれたアミールサプリメントです。
小粒のタブレット型で飲みやすくなっています。
すっぽん小町はその名からも、効果がありそうですね。
どのサプリメントでもいいのですが、続けることが重要です。
高血圧は簡単に改善できるわけではないのです。
ただ、少し血圧が高いかなと言うレベルであれば、生活習慣を変えることによって血圧も下がります。
早目に対処することが一番の予防なのです。

高血圧と病気

病気になってから高血圧のことを気にするのではなく、予防を考えてください。
若い時なら血圧を気にしなくてもいいと思っている人が多いのですが、生活習慣は若い時からの続きです。
高齢になってから急に生活習慣が悪くなるわけではないのです。
高血圧と病気の関係はいろいろなところで聞くでしょう。
脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、腎不全、糖尿病など命の危険がある病気がずらっと並んでいます。
病気になりたくないから、早目の予防を考えておきましょう。
具体的は予防法もいたるところで聞くはずです。
まずは肥満を解消しましょう。
肥満の人が高血圧になりやすいことは医学的にも証明されているのです。
それをわかっていても、減量できないのですから、それが大きな問題かもしれません。
いずれは自分の寿命を縮めることになります。
高血圧そのものは病気ではありません。
しかし、様々な病気を引き連れてくるのです。
人間の体には無数の欠陥が張り巡らされています。
血管によって生命が維持されているのです。
その血管に異常があれば、病気になるのは当たり前でしょう。
高血圧の原因は遺伝と生活習慣の二つがあります。
遺伝は避けることはできませんから、生活習慣は今からでもできるでしょう。
塩分を控えることは基本です。
日本人の塩分摂取量はガイドラインの倍以上となっています。
血液中の塩分が増加すると、薄めるために血液の量が増加します。
そのために血圧が高くなるのです。
アルコールの摂取量も重要なポイントです。

高血圧と肥満、

肥満と高血圧の関係を説明しましょう。
必ずしも肥満の人が高血圧と言うことではありません。
ただ、肥満の人が高血圧になる割合が、普通の人の3倍になっていることは間違いありません。
何らかの因果関係があると見ていいでしょう。
肥満の人は血液の循環量が多いため、血液を送るために圧力が高くなります。
また、交感神経の亢進によって血管が収縮し血圧が上がります。
肥満の人は大食漢ですから、必然的に食塩摂取量も多くなるのです。
肥満の人が1kg体重を減らすと血圧は2mmHg減少すると言われています。
つまり、10kgダイエットできれば20mmHg下がりますから、高血圧ではなくなるでしょう。
肥満の人は高血圧の予防だけをしておけばいいわけではありません。
つまり、合併症です。
糖尿病になる確率も高くなります。
特に情勢は女性ホルモンの分泌が減少して動脈硬化の危険性が高まるのです。
いずれにしても肥満は何一ついいことがありません。
悪いことばかりなのです。
高血圧の予防として肥満を解消することを考えてください。
血圧が高い状態はなかなか自覚できません。
しかし、肥満は自分で見ればすぐにわかります。
毎日体重計に乗るだけでダイエットができると言われています。
肥満の人は数キロ減量することは難しくないのです。
若い女性のダイエットとは違うのです。
肥満を解消するために何をすればいいかなど聞く必要もないでしょう。
食事制限と運動です。
これまでやってこなかった肥満予防をやってみましょう。

高血圧のガイド

日本高血圧学会が定期的に作成しているガイドラインの内容を少し紹介しましょう。
もちろん、高血圧に関する情報はたくさんあります。
高血圧を予防することが国民の健康を守り医療費抑制効果が高いと考えられているからです。
この考えはほとんどの人が賛同することでしょう。
しかし、予防策を提示しても、なかなか行動しない人も少なくありません。
喫煙や肥満は減少しないのです。
これに対処するためにはどうすればいいのでしょうか。
ガイドラインに書かれていることは医学的に立証されていることばかりです。
疑うことなく、予防法を実践してみましょう。
ガイドラインではまず血圧の測定方法について詳しく問題点を指摘しています。
つまり、高血圧と判定するためのバックデータの信頼性を高めることが重要だと言うのです。
最近は自宅でも血圧を簡単に測れるようになってきました。
いろいろな血圧計が販売されています。
医学的な知識を持たなくても血圧計が自動的に測定してくれます。
高い精度で血圧を測ることが基本です。
その上で自分の血圧が高いかどうかをチェックしましょう。
もちろん、一度測定しただけで高血圧と診断されることはありません。
高血圧の治療にはいろいろな薬が使用されます。
どのような場合に薬を使うかは、専門的な知識を持つ医師が決定しなければなりません。
ただ、十分な知識を持つことが大切です。
病院で診察を受ける場合は、十分に信頼できる病院を選びましょう。
どこでもいいわけではないのです。

高血圧の問題

高血圧になるといろいろな問題が生じます。
それを避けるために予防をするのです。
高血圧の予防策はたくさんあります。
健康に関するセミナーなどでは必ず高血圧予防が説明されます。
高血圧を避けることができれば、その他の病気になる可能性も下がると思っていいでしょう。
血圧が正常な時には何でもないことが、高血圧になると大きな制限を受けてしまいます。
若い時の不養生が高齢になってから、病気となって仕返しをするのです。
塩分の取り過ぎを抑制することは難しくありません。
醤油や塩を少なくすればいいのです。
ラーメンの汁を飲まなければいいのです。
また、喫煙を止めましょう。
飲酒も適量を守りましょう。
しかし、それが難しいのです。
高血圧の予防は我慢が基本です。
自分がやりたいことを我慢し、医師のアドバイス通りのことをやればいいのです。
それができれば高血圧など心配する必要もありません。
ただ、それができないために高血圧になってしまいます。
生活習慣を改めることは容易ではありません。
これまで何十年も続けてきたことを改善するのです。
高齢になってから考えるよりも、若い時から考えておきましょう。
特に若くて肥満の人は真剣に考えてください。
10年後には必ず健康診断で指摘されるでしょう。
高血圧予防のための指導を受けるのです。
お酒は適量を守ることが重要ですが、簡単ではないですね。
お酒は美味しいからです。
つい飲み過ぎてしまいます。
ただ、それを習慣付けなければいいだけです。

高血圧の情報

循環器に関する情報は病院のホームページなどに掲載されています。
その中には高血圧のことが必ず出てくるのです。
高血圧を予防することが、高血圧から派生する病気を予防することにつながります。
国民全体の医療費抑制に大きな効果が期待できるのです。
病院での検査では最高血圧140mmHg、最低血圧90mmHg以上であれば高血圧と判断されます。
もちろん、1回の検査だけで診断されるわけではありません。
ただ、血圧が高いと指摘されたら、すぐにでも予防策を講じることが重要です。
食生活改善を始めたとしてもすぐに血圧が下がるわけではありません。
生活習慣病と呼ばれるように、習慣となっていることが体に悪影響を与えているのです。
習慣はすぐに変えることができません。
それが厄介なのです。
血圧は血流が流れる勢いです。
強すぎると血管が破れてしまいます。
高血圧の原因はいくつも考えられますが、真の原因を突き止めることは現実的ではありません。
いろいろな要素が総合的に絡み合って、高血圧の症状になるからです。
そこで、自分でできそうなことから始めることがいいでしょう。
塩分の取り過ぎを抑えるとか、飲酒の量を減らす、運動をすると言ったことです。
わかりやすく、自分でできることを始めればいいのです。
飲酒を減らしても、血圧が下がらないなら、運動を増やしましょう。
サラリーマンの多くが日常的に運動不足です。
解消するために具体的な計画を立てましょう。
長期的な計画を作るのです。
インターネットから情報を収集すること有益です。

高血圧の症状

高血圧になった時の症状は具体的にどのようなことでしょうか。
実は高血圧は血圧計で測らなければわかりません。
つまり自覚症状がないのです。
このことが高血圧の人が多い理由と言えるでしょう。
高血圧が心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすのですが、自覚症状がないため実感できないのです。
健康診断の結果で高血圧と診断されても、生活習慣を変える気がない人も少なくありません。
高血圧になる前の予防が重要なのです
高血圧の予防は塩分を控えめ、喫煙を避ける、適度の飲酒、適度な運動などどこでも聞くことばかりです。
一つ一つは難しいことではありません。
しかし、喫煙を止める人は少ないでしょう。
もちろん、自分の身が心配だと思う人は高血圧の傾向があると言われただけで、きっぱりとこれまでの生活を変えます。
その意思を持つかどうかが重要な点でしょう。
高血圧の予防に関する情報はたくさんあります。
健康診断の結果と一緒にアドバイスの紙も入っていたことでしょう。
難しいことではありません。
ただ、家族の協力が必要です。
塩分を控えめにすることは、毎日の食事を考えることでもあります。
あなたが男性なら、奥さんの協力が必要でしょう。
心臓がドキドキすることがあるなら、狭心症などの疑いも出てきます。
高血圧が引き起こす病気です。
肥満体質ならダイエットを始めましょう。
週1回の運動を始めてみましょう。
また、毎日短時間の運動もいいでしょう。
何事も習慣付けることが大切です。

喫煙と高血圧

喫煙と高血圧の関係は健康診断などを受けると必ず指摘されていますから、多くの人が予防の効果を認識しているはずです。
しかし、喫煙を止めない人は少なくありません。
喫煙がどのように高血圧に関係しているのでしょうか。
喫煙によりアドレナリンが分泌され、血管が収縮します。
そのため心臓から送り出される血液を増やす必要があり、結果的に血圧が高くなるのです。
心拍数の増加もあります。
煙中の一酸化炭素を吸うことによって、ヘモグロビンの低下も指摘されています。
同じ血液量で運ぶことができるヘモグロビンの量が減るのですから、さらに血圧は高くなります。
血流だけではなく、喫煙により遊離脂肪酸が増加します。
この脂肪酸は血管の内壁に溜まります。
狭心症など、血管が細くなるのです。
このように喫煙による健康への害は明白です。
それでも喫煙が止められないのはニコチンによる依存症が原因と言われています。
高血圧予防のため禁煙を始めたばかりの時には禁断症状が出るのです。
最近は禁煙外来などもできており、日本中で禁煙をバックアップしています。
あなたが血圧を気にするのであれば、すぐにでも禁煙をしましょう。
家族もきっと応援してくれます。
健康に悪い喫煙ですが、喫煙場所でのコミュニケーションが重要と考えている人もいます。
それは一理ありますが、そのために寿命を縮めてもいいと思うのでしょうか。
喫煙の影響をはっきりと自覚することが大切です。
若い時は問題ないとしても、中高年になってからは大きな影響が出るのです。
勘違いして、若いから吸っていいと言うことではありません。

高血圧の注意

高血圧で何を注意すればいいのかわかっていますか。
健康診断で血圧が高いと言われて、日常生活で注意すべきことを説明されているはずです。
ただ、血圧が高くても自覚症状がありませんから、何もしなくていいと思ってしまいます。
さらにひどくなり、薬を飲まなければならない事態になって初めて高血圧のことを理解するのです。
これまでの多くの人がこのような経過を辿っていますが、これでは医療費が高騰してしまうと言うことで、国を挙げて高血圧予防に取り組むことになりました。
それは10年以上も前のことです。
高血圧予防で注意すべきことは、習慣を見直すと言うことです。
塩分の取り過ぎや運動不足は一時的なことではありません。
毎日の生活を見直すのです。
家庭での食事は塩分を抑えることもできますが、外食ばかりであればメニューに注意しましょう。
飲酒も適量を守らなければなりません。
自分でできることはたくさんあります。
一つ一つが予防となるのです。
運動不足なら、家の中で体操をするだけでもいいでしょう。
短期間で改善するのではなく、5年後を見据えた取り組みが必要です。
高血圧の予防は一生続けなければならないと思ってください。
予防が習慣になると、何も考えなくても体が動きます。
そしていつまでも健康な体を維持できるのです。
あなたは長生きしたいでしょうか。
もちろんしたいでしょう。
それならば高血圧予防の注意事項をしっかりと守りましょう。
高血圧になってから、対策をするよりも予防が重要です。

高血圧と運動

高血圧の予防には適度な運動がいいことはよく知っているでしょう。
それではどれくらいの運動が適度なのでしょう。
あまり頑張りすぎて体を壊しては予防になりません。
また、軽すぎる運動もだめです。
もちろん、何の運動もしていない人なら、少しでもやれば確実に高血圧を予防することができます。
高血圧は高齢になるにしたがって、リスクが高くなります。
高齢でもできる運動を考えることが重要でしょう。
若い人の運動とは違うのです。
目安は週に3回以上の運動をしましょう。
回数が少ないと習慣付けることができません。
運動量としては1週間のトータルが1,500キロカロリー以上あればいいと言われています。
肥満体質を改善することができるのです。
もちろん、短期間で体質を改善する必要はありません。
高血圧は一生気にしていなければなりませんから、運動も一生続けるつもりでいてください。
すでに高血圧になっている人、狭心症などの病気になっている人は医師と相談してから運動をした方がいいでしょう。
逆効果になる危険性があるからです。
運動をすると一時的に血圧は高くなります。
体も熱くなるでしょう。
しかし、習慣となることによって血管が広がり、副交感神経の働きを抑えることができるのです。
効果的な歩き方などはチラシやテレビなどで見たことがあるかも知れません。
両腕を伸ばして大きく振りましょう。
あごを引いて、背筋を伸ばすことも重要です。
汗をかいたら適度に水分補給を忘れないでください。

高血圧と塩分

塩分の取り過ぎは体によくありません。
平均的な日本人の食生活はかなり塩分の取り過ぎであると指摘されています。
平均の半分以下に塩分量を抑えなければなりません。
ただ、実際に自分がどれくらいの塩分を取っているか簡単にはわかりません。
そのため、塩分量の目安を知っておくといいでしょう。
具体的な数字があれば、どこまでが限度かわかるのです。
もちろん、日によって変動があるでしょうか、それは気にする必要はありません。
高血圧の予防をする段階では、減塩につとめるだけでいいでしょう。
高血圧症になってしまうと、減塩の献立を必ず守らなければならなくなりますから、ぜひとも予防をすることを考えてください。
濃口しょうゆは小さじ1杯で0.9g、薄口しょうゆは1g、減塩しょうゆは0.5g、白みそ0.5g、麺つゆストレートで0.2g、和風だしの素1.2gとなっています。
つまり、日本の調味料は塩分がたくさん含まれているのです。
塩やしょうゆを使わないで済む場合は、できるだけ使わないようにしましょう。
自分の体格と塩分量も考えてください。
体が大きければ必要な塩分量は多くなります。
調味料だけではなく、食品も塩分が多いようです。
たくあん3切れで1.3g、梅干し中1個2.9g、即席ラーメン1個6g、ミートソース1食分3g、ちくわ1本0.3gとなっています。
塩分量がリスト化されたホームページもありますから、それを印刷して持っておくのもいいでしょう。
食事会などでたくさん食べることがあるでしょうが、そんな時は気にしなくていいでしょう。
日常の食事をチェックしてください。

高血圧と健康診断

高血圧と指摘されるのは会社などの健康診断がほとんどです。
高血圧で病院に診察に来る人はいないのです。
それは痛みなどを伴うことがないからです。
血管は体の中にありますが、自分で見ることはできません。
血圧も高いか低いかわからないのです。
高血圧の予防が強く叫ばれているのは、医療費抑制はもちろんなのですが、呼びかけないと予防をする人がいないからです。
高血圧が心筋梗塞や脳卒中を招くことはわかっているはずですが、高血圧の予防には積極的にならない人が多いでしょう。
あなたもその一人ではないでしょうか。
肥満や喫煙が高血圧に悪いとわかっていても、改善することもありません。
もちろん、長生きしたいと思っている人はしっかりと予防策をやっていることでしょう。
日常生活を変えることが予防となります。
一つ一つは難しいことではありませんが、習慣とすることが難しいのです。
毎日、決まった時間に運動をするとか、散歩をすることを習慣にしている人がいます。
自分の健康は人に指摘されてから考えるのではなく、自ら進んで考えることが大切です。
自分の体だからです。
寿命を延ばすのも縮めるのも自分の行動にかかっていると言えます。
多くの人が高血圧の予防をすれば、かなりの医療費削減となります。
その費用を別の用途に使えるのです。
生活が豊かになることは間違いありません。
このような時代が来てほしいと思いませんか。
あなたにできることはたくさんあります。
まずはタバコを止めることです。

高血圧とストレス

高血圧の原因の一つとしてストレスが上げられます。
ストレスが血流に影響するのです。
ただ、高血圧の予防策としてストレスを溜めすぎないと言われても、仕事を休むわけにはいきませんから、容易なことではありません。
したがって、高血圧の予防としてのストレス軽減は考える必要はないでしょう。
それよりも運動をしたり、塩分を控えめにしたりする方が現実的です。
運動をすることによってストレス解消にもつながります。
ただ、日ごろからストレスが溜まっていると感じているなら、その解消を考えることは大切です。
これは高血圧の予防の観点ではなく、楽しい生活を送るために必要なことです。
健康な体を持っていたとしても、毎日が楽しくなければ意味がありません。
今、頑張っておけば、将来が楽しみと言う場合もあるでしょう。
それは自分の明確な目標があるからです。
ストレスの多くは仕事によるものです。
働いてお金をもらうのですから、楽しいことばかりではありません。
時には嫌なこともやらなければならないのです。
ストレスがなければ高血圧にならないかと言えばそうでもありません。
それ以外の要因があるからです。
高血圧を予防するためにできることはたくさんあります。
自分ができることから始めましょう。
塩分を抑えた食事をとると味が薄いと感じてしまうかもしれません。
しかし、それが習慣になると意外とおいしいと思うのです。
要は慣れることです。
高血圧予防は大変なことではありません。

高血圧と生活習慣

生活習慣によって病気になりやすいかどうかがわかります。
特に高血圧を始めとする生活習慣病はその名の通りなのです。
高血圧の予防策は悪い生活習慣を改めることです。
食事内容の見直し、運動の習慣をつけることが大切です。
食事は毎日のことですから、高血圧予防には一番重要でしょう。
もちろん、運動もした方がいいですが、毎日は無理ですから、週に3回以上と決めるといいでしょう。
塩分の取り過ぎはそれぞれの献立の塩分量を目安として知っておくことが大切です。
短期的な予防ではなく、長期的な視点で考えることが大切です。
つまり、塩分を控えた食事はこれからずっと続けていくのです。
薄味に慣れた人は、濃い味を必要としません。
しかし、しょうゆをたっぷりつけて食べる習慣の人は簡単には薄味に慣れないのです。
始めのうちはそれらが苦痛に感じてしまうかもしれません。
しかし、高血圧から糖尿病などの病気になりたくないと思うなら、努力することが大切です。
高血圧は自覚症状がないため、軽く考えている人が少なくありません。
他の病気であれば、腰が痛かったり、朝起き上がれなかったりするので、何とかしなければならないと思うのです。
高血圧は病気ではなく、病気を誘発する作用があります。
結果として重大な危険性をはらんでいるのです。
それがわかっていても習慣を変えることができない人が多いのです。
国を挙げて生活習慣病を予防しようとしていますが、簡単に改善できる状況ではありません。

高血圧とサプリメント

高血圧の傾向があると健康診断で指摘されても、何の予防策も取らない人が少なくありません。
それは自覚症状がないからです。
ただ、早期に予防を始めることで将来の健康を手に入れることができると考えてください。
予防としていろいろと考えられますが、気軽にサプリメントを服用してみてはどうでしょうか。
高血圧対策と言われるサプリメントはたくさんありますが、実際に高血圧を治療するわけではありません。
あくまでもサプリメントですから、補助食品と考えましょう。
塩分の取り過ぎを改善したり、適度な運動をしたりすることが高血圧を抑えることにつながります。
ただ、毎日運動をするのは大変ですから、サプリメントで補うのです。
サプリメントだけで効果があると思ってはいけないのです。
具体的なサプリメントを紹介しましょう。
さくらの森が販売している「きなり」はDHA、EPA、アスタキサンチンが含まれているサプリメントです。
口コミサイトでは人気ナンバーワンだそうです。
高血圧自体に自覚症状がありませんから、サプリメントを服用しても効果があるかどうかわかりません。
それでも人気ナンバーワンと言うことは、飲みやすいと言うことでしょう。
また、価格も重要です。
気軽に試せる価格設定になっています。
えがおのDHA&EPA+アスタキサンチンもほとんど同じ成分です。
高血圧に効果がある成分は同じなのでしょう。
一日3粒、毎日続けましょう。
高血圧の予防は習慣付けることが重要です。
三日坊主では意味がありません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。