面倒くさいときの簡単おかずレシピ

この記事は15分で読めます

簡単おかず「ナスとトマトのカラフルマリネ」

主婦のみなさんは、毎日のおかずに悩まされていると思います。
やっぱり、おかずは簡単にできるものがありがたいですよね。
現在では、インターネットでレシピをいろいろと調べることもできますし、簡単なレシピ本なども多く出版されています。
また、DSなどの端末を使ってレシピを見ることができますし、とても便利な世の中になりました。
女性に一番、人気があるレシピと言えば、やはり、野菜を使ったヘルシーなおかずでしょう。
その上、作り方も簡単で、ご家庭にあるような野菜ですぐに作ることができたら嬉しいですよね。
どこのおうちでも、夕食のおかずとしてサラダは一品、作ると思いますが、生野菜などのサラダではなくたまにはマリネにしてみてはいかがでしょうか。
目先も変わってよいですし、お酢を使ったレシピは身体に良いです。
また、簡単なおかずですから、ちょっとしたおつまみにもなりますね。
今回、ご紹介するレシピは、焼いたナスを使って、赤と黄のプチトマトを入れたマリネです。
彩りを考えるとトマトだけではなく、パプリカで代用してもよいですね。
見た目もおしゃれですし、焼いてあるナスは香りも豊かで味わいが増しますので、お客さんに出してあげてもよいでしょう。
ヘルシーなレシピですから、ダイエット中の方にもおすすめです。

スポンサードリンク

「ナスとトマトのカラフルマリネ」
4人分の材料
・ナス・・・・・3本から4本
・プチトマト・・・・・赤と黄色を10個くらいずつ
・塩、こしょう・・・・・適量
・さらし玉ねぎ・・・・適量
・オリーブオイル・・・・・大さじ2杯
・レモン・・・・・半分、絞り汁なら大さじ1杯
・マリネ用甘酢・・・・・大さじ2杯

簡単おかず「ナスとトマトのカラフルマリネ」続き

「ナスとトマトのカラフルマリネ」の作り方です。
プチトマトを半分か四分の一に切ります。
大き目の場合は輪切りでもオッケーです。
レモン絞り汁、マリネ用甘酢をしっかりと混ぜます。
マリネ液の中にトマトを入れて、しばらくつけて置きます。
最低でも30分、一晩つけておいてもよいでしょう。
玉ねぎは薄切りにして水にさらしておきます。
このマリネは簡単レシピですが、ナスを焼くことで、さらに美味しくなり、ひと手間かかっています。
茄子を乱切りにし、塩を振り、水につけて10分間、アクをぬきます。
ザルにあけたあと、水をしっかり拭きましょう。
オリーブオイルでナスを炒めます。
時間がある方は、なすを丸ごと焼き網で焼いてから、裂いても美味しいですが、簡単レシピの紹介なので今回はフライパンで炒めます。
ナスに火が通ったら、トマトをつけたマリネにナスも熱々のうちに入れます。
こうすることで、ナスに味がしみこみやすくなりますので、このおかずを作る際のポイントですね。
最後に、塩こしょうで味を整えたら出来上がりです。
このおかずは、たくさん作っておいても、数日間、食べることができます。
味も徐々に染みこんで美味しくなりますので作り置きにもおすすめのおかずです。
簡単なレシピで作ることができるマリネなので、お肉料理や野菜料理などに添えてもよいですね。
野菜がたっぷりで栄養バランスも良くなりますし、なんと言っても見た目が美しいですから、どんなメインディっシュにも合うでしょう。

簡単レシピ「豚肉のやわらかスペアリブ」

簡単に作ることができるおかずをいくつか覚えておくと、いざと言うときに助かりますよね。
主婦の方は毎日の献立で悩む方も多いでしょう。
家族のために栄養バランスを考え、お肉や魚、野菜など、いろいろな材料を使ってお料理をしなければなりませんから、本当に毎日、お疲れ様です。
特に、お子さんがいらっしゃるおうちは、お肉料理のレシピは外せませんよね。
子供たちはお肉が大好きですから、簡単おかずのレパートリーも増やしておいたほうがよいでしょう。
ここでは、豚肉を使った簡単レシピをご紹介します。
豚肉の中でも、骨付き肉はがっつりと食べ応えがありますし、大人も子供も大好きな味付けで作れば、おうちで人気のレシピになることでしょう。
「簡単やわらかスペアリブ」は作り方が簡単なおかずですが、ボリュームたっぷりですので、イベントなどのご馳走にもなりますから、是非、レパートリーに入れて下さいね。
甘辛いテイストに仕上げてあり、味がお肉にしっかりと絡みますので、御飯がすすむおかずになることでしょう。
そして、スペアリブは水から煮込むため、カブっとかじると、とてもやわらかくジューシーですから、小さなお子さんたちも喜んで食べてくれると思います。

「豚肉のやわらかスペアリブ」
4人前の材料
・豚肉のスペアリブ肉・・・・・800グラムから1キログラム
・塩コショウ・・・・・適量
・しょうが・・・・・適量
スペアリブ用のソース
・にんにく・・・・・すりおろしたもの適量
・ケチャップ・・・・・大さじ2杯
・赤ワイン・・・・・大さじ1杯
・しょうゆ・・・・・大さじ1杯
・豆板醤・・・・・お好みで(お子さんがいらっしゃるおうちは入れなくてもオッケーです)
・みりん・・・・お好みで(甘い味が好きな方はみりんで調整してください)

簡単レシピ「豚肉のやわらかスペアリブ」続き

簡単レシピで出来るおかず「豚肉のやわからスペアリブ」の作り方です。
お肉に下味をつけます。
塩コショウを振り、もみこんでおきます。
スペアリブソースをつくります。
調味料をまぜ、にんにくもおろして加えます。
次に、スペアリブを水で茹でます。
鍋に肉をいれ、切ったしょうが数切れ、水をひたひたにいれ、沸騰させます。
アクを取りながら、1時間ほど弱火でスペアリブを煮込みましょう。
これだけでスペアリブは柔らかくなりますので、見た目よりずっと簡単にできるおかずだと思います。
あとはソースに絡めていくだけです。

お肉がやわらかくなったら、鍋からスペアリブを出し、水を切っておきます
30分以上、ソースにつけて置きます。
その後、オーブンなら200度にあたためておき、焦げ目がつくまで焼いたら出来上がりです。
焼き魚グリルでも良いですし、オーブントースターでも簡単に焼きあがります。
キツネ色に焼きあがったら、レタスなどを敷いたお皿に盛り付けて出来上がりです。
簡単レシピで作ることができるスペアリブですが、さらに、肉をゆでたスープは使い回しが可能です。
野菜などをいれ、味を整えれば、もう一品のおかずになるでしょう。
簡単おかずなので、ご家庭の夕食にぴったりですが、アウトドアにもお勧めです。
バーベキューメニューとしても人気のレシピですよ。
とてもやわらかく仕上がるので、ナイフとフォークでもいただけますし、かぶりついてもおいしいですね。
育ち盛りのお子さんがいるお宅は4人で1キロくらいのスペアリブを用意しても、ペロっと食べてしまうかもしれません。
骨が食べられない分、多めに作っても大丈夫でしょうね。

簡単レシピ「トマトのさっぱりうどん」

簡単レシピの代表として麺類は外せないですよね。
麺類と言ってもパスタや、ラーメンなどもありますが、どうしてもカロリーが高くなりがちです。
その点、うどんは消化がよく、野菜などもたっぷりと使ったレシピを考えれば美容にもよいですし、味もあっさり目にすれば、塩分の過剰摂取も心配もないと思います。
ですが、うどんと言うと、味はだいたいいつも一緒で、使う野菜も一緒というおうちが多いと思います。
それでは、家族も飽きてしまうでしょうから、簡単レシピで、かつ、ちょっと風変わりなうどんにトライしてみませんか?
簡単レシピで作ることができるうどんメニューには、いくつかレパートリーがありますが、ここではちょっと変わった「トマトのさっぱりうどん」をご紹介しましょう。
野菜も使っていますから、おかずいらずで助かる一品です。
手軽に作ることが出来ますから、ランチなどにもおすすめのうどんです。
パスタにトマトを使うことが定番ですが、うどんにもトマトは意外と合います。
夕食のおかずで、うどんだけというのも、育ち盛りのお子さんがいらっしゃるおうちでは寂しいかもしれませんが、大人だけの夕食などにはぴったりです。
また、夜食にしても、うどんは消化がよいから助かりますよね。

「トマトのさっぱりうどん」
4人分の材料です。
・生うどん・・・・・4人分
・トマト・・・・・3個から4個
・白菜・・・・・適量
・タマネギ・・・・・適量

だし汁の調味料です。
・水・・・・・2500CC
・しょうゆ・・・・・大さじ10杯
・みりん・・・・・大さじ8杯
・酒・・・・・大さじ4杯
・だしの素・・・・・大さじ4杯
・砂糖、塩・・・・・少々
・レモン汁・・・・・少々

簡単レシピ「トマトのさっぱりうどん」続き

簡単レシピ「トマトのさっぱりうどん」作り方です。
トマトは湯むきか、ピーラーを使って皮を取り、食べやすいサイズに切ります。
トマトの歯ごたえを残したい場合は、湯むきより、ピーラーか包丁で皮むきをしたほうがよいでしょう。
玉ねぎはスライスしておきます。
白菜は柔らかい葉っぱの部分だけを使い、食べやすい大きさに切ります。
ダシの調味料を鍋に入れ、トマト、白菜、タマネギも一緒に入れて、中火で5分ほど煮て、あくが出てきたら取っておきます。
ダシの味はお好みで、調味料を足してください。
お椀にだし汁を入れ、うどんのかまゆでを待ちます。
うどんを釜揚げにして、お湯をきりお椀へ入れます。
釜揚げは、鍋にたっぷりのお湯を沸かし、うどんを泳がせるようにゆでることです。
うどんが浮かび上がってきたら、茹で上がりのタイミングです。
仕上げにレモン汁を入れて出来上がりです。
とても簡単なレシピですが、おかずいらずの一品ですし、野菜も入っているためとてもヘルシーです。
夕食のおかずには物足りないかもしれませんが、是非、ランチなどでお試しくださいね。
暑い季節にはダシ汁を冷やしてトライしてみてもよいでしょう。
食欲がないときにもスルリと食べられる、サッパリ味のうどんです。
さわやかなテイストのトマトが、あっさりとした味付けに良く合いますから、ダシの味を生かした美味しい一品となります。
コツは、トマトの皮むきをしておくこと。
簡単レシピですが、ここだけひと手間、加えることで食べるときにとても口当たりがよくなります。

おかずレシピ「マグロ簡単漬け」

おうちで簡単に作ることができる、居酒屋さんみたいなおかずは、お父さんたちに大人気です。
おかずだけではなく、お酒のおつまみにもなりますからね。
実は、この居酒屋メニューのようなおかず、実は子供たちも喜んでくれるレシピも多いです。
特に、お刺身が大好きな子供さんには、ちょっとアレンジを加えたお刺身料理など、いかがでしょうか。
いつもお刺身をそのまま食べているというご家庭は、こうしたアレンジを覚えておくとマンネリから脱出できますよね。
今回、ご紹介するレシピは、家族みんなが大好きなマグロを使った簡単なお料理ですので、是非、ご家庭のレパートリーに加えてください。
「マグロ簡単漬け」は、お野菜などを添えることで栄養のバランスもよくなりますので、お好みの野菜を使っても良いでしょう。
パートで忙しいお母さんは、マグロをつけておくだけですので、前の夜に仕込んでおいてもオッケーですよね。
このレシピのポイントは、ウマダレです。
このタレが上手にできれば、あとはとても簡単ですので、是非チャレンジしてみてください。

「マグロ簡単漬け」
4人分の材料
・まぐろ刺身・・・・・300グラム
・ごま・・・・・適量
・レモン汁・・・・・適量
タレの調味料
・オリーブオイル・・・・・大さじ1杯
・ゴマ油・・・・・大さじ1杯
・しょうゆ・・・・・大さじ1杯
・お酢・・・・・大さじ1杯
・砂糖・・・・・小さじ1杯
・塩、こしょう・・・・適量
付け合せ材料
・長いも・・・・・適量
・大葉・・・・・10枚
・水菜・・・・・適量
・タマネギ・・・・・適量

おかずレシピ「マグロ簡単漬け」続き

簡単レシピ「マグロ簡単漬け」作り方です。
タレができれば、あとは簡単、マグロを漬けるだけのレシピですから、忙しい日のおかずにぴったりです。
御飯も、お酒もすすむおかずです。
タレの調味料を混ぜ合わせ、お好みで塩、こしょうをします。
マグロは、2センチくらいの正方形に切って、タレに漬け込みます。
軽く混ぜ合わせて、すぐに完成しますし、一晩じっくり漬け込んでも美味しいです。
長芋は、皮をむき、お酢を入れた水に3分間、さらしておきます。
こうすると変色を防ぐことができます。
その後、細めの短冊切りにしておきましょう。
大葉、みずなは洗って食べやすい大きさに切っておきます。
タマネギは薄くスライスして、水にさらしておきます。
お皿にみずな、長いも、マグロを並べて、大葉とタマネギをちらします。
レモン汁とゴマを上からかけて、お好みでわさびをつけてもよいでしょう。
うずらの卵を生でマグロに添えても、味わいが増して美味しいです。
別々に頂いてもよいですし、最初に全部を混ぜ合わせてサラダのようにして食べても美味しいです。
また、手巻き寿司の具としても合いますし、鉄火丼のように御飯に乗せても食欲が進みます。
ですから、マグロ簡単漬けを作る日は、酢メシを用意しても喜ばれるでしょう。
お好みでアボガドなどを添えてもいいですね。
マグロのほかにも、別のお刺身でアレンジしてもよいですし、付けあわせでボリューム感があり、見栄えも良いですから、おもてなし料理にもなります。

簡単おかず「とろとろフライドエッグサラダ」

簡単なおかずのレシピでよく登場する材料が卵です。
卵はだいたいの家にいつもある材料ですし、おかずだけではなくお菓子作りにも使えますし、とても広い範囲で活躍してくれる材料です。
また、卵料理のレシピは無数に存在していますし、誰でもレパートリーのひとつやふたつはあることでしょう。
ですが、卵料理であまり作られていないといいますが、一般的になっていないものがフライドエッグではないでしょうか。
とても簡単なおかずですが、卵を油で揚げるということをしないご家庭が多いように思います。
フライドエッグは、作り方さえ覚えてしまえば、とても簡単なお料理ですし、添え物やトッピングにもできますから、使いまわしが利きます。
ここで、ご紹介したいお料理は「とろとろフライドエッグサラダ」です。
サラダも、脇役になりがちですが、使う材料によってはメインディっシュになります。
パンなどを添えてランチでもよいですし、ディナーにも十分使えるレシピだと思います。
コツは、半熟でトロトロに仕上げることです。
とろっとした卵は、野菜と絡んでとっても美味しいサラダになります。
ドレッシングを手作りしてもよいですし、それぞれお好みのドレッシングを使ってもよいですね。

「とろとろフライドエッグサラダ」
4人分の材料
・卵・・・・・4個
・塩こしょう・・・・適量
・揚げ油・・・・・適量
・むきエビ・・・・・8匹
・アボガド・・・・・1個
・アスパラガス・・・・・8本
・レタスまたはサラダ菜・・・・・適量
・たまねぎ・・・・半分
・トマト・・・・・1個

簡単おかず「とろとろフライドエッグサラダ」続き

「とろとろフライドエッグサラダ」の作り方です。
エビは下処理をしてゆでておきます。
アボガド、トマトは食べやすい大きさに切っておきます。
アスパラガスはゆでて水にさっとくぐらせます。
レタス、または、サラダ菜は洗って水気を切ります。
タマネギは薄く切り、水に漬けておきます。
卵は、1個ずつ、器に割って入れて置きます。
鍋、または小ぶりのフライパンに油を入れ、200度くらいまで熱します。
フライドエッグは、卵がヒタヒタになるくらいの油の量で行ないましょう。
油が少なすぎると、なかまで火が通りやすくなり、トロトロ状態にならないので気をつけてくださいね。
油の中に卵をするりと流しいれ、卵白で卵黄を包むように油で揚げていきます。
木のスプーンなどを使って、衣をまとわせるようにすることがコツです。
白身がまとまれば出来上がり。
これだけで十分に美味しいのですが、お肉に添える、魚料理に添えることもよいでしょう。
今回の簡単レシピはサラダですので、野菜を並べてその上にフライドエッグを盛り付けたら出来上がりです。
サラダ菜やレタスをお皿に敷いて、その上に、アスパラ、エビ、アボガド、トマトを並べます。
センターにフライドエッグを盛り付け、タマネギスライスを散らします。
ドレッシングをかけたら、卵を割ってお召し上がりください。
マヨネーズとケチャップを混ぜ合わせた、オーロラソースも良く合うサラダです。
オーロラソースは、とても簡単で、同じ量のマヨネーズとケチャップを混ぜるだけで出来ますのでお試しくださいね。
このお料理は、とても簡単なレシピですが、エビやアボガドでボリュームを出していますのでメインのおかずにもなります。
お好みで野菜を増やしてもよいでしょうし、エビ以外の魚介類を増やしても良いでしょう。
卵は、こうした半熟のものがサラダに合いますが、しっかりと卵の中まで火を通して硬めに揚げても美味しいです。
おかずがステーキの時でも、付け合せにぴったりですから、いろいろなレシピに加えてみてもよいですね。

簡単レシピ「ボリューム厚揚げ豚丼」

夕食のおかずで頭を悩ます主婦は多いです。
毎日のことですから、おかずもマンネリ化してきますし、簡単なものばかり作っていると家族からブーイングが出ることもあるでしょう。
専業主婦の方はお料理にかける時間もあると思いますが、お仕事をされている方ですと、やはり、手軽に出来るおかずは助かります。
そこで活躍するお料理がどんぶりものでしょう。
どんぶりものは、それだけでおかずがいらないですから、主婦としても助かりますよね。
どんぶりもののレシピをいくつか覚えておくと、忙しいときなどに便利です。
今回、ご紹介するのは、豚丼でも、厚揚げを加えてさらに食べ応えを出した「ボリューム厚揚げ豚丼」です。
誰でも簡単に作ることができるレシピですし、ただの豚丼ですと手抜きだと思われてしまいますが、これなら大丈夫。
厚揚げを加えることによって、ひと手間かかっていますし、すき焼きと味が一緒でも具が違いますからね。

「ボリューム厚揚げ豚丼」
材料4人分
・豚肉(バラ切り落とし)・・・・・300グラム
・ご飯・・・・・4人分
・厚揚げ・・・・・2枚
・ネギ・・・・・適量
・卵・・・・・2個
・塩こしょう・・・・・適量
お好みでシラタキを入れてもよいでしょう。

タレ用調味料
・お水・・・・・200CC
・しょうゆ・・・・・50CC
・みりん・・・・・50CC
・お酒・・・・・50CC
・さとう・・・・・大さじ3杯
・だしの素・・・・・大さじ1杯
タレ作りが面倒な方は、簡単なすき焼き用のタレや、めんつゆで代用してください。

簡単レシピ「ボリューム厚揚げ豚丼」続き

簡単おかず「ボリューム厚揚げ豚丼」の作り方です。
厚揚げを2センチほどに切り、お湯をかけて油を落としたら、水をしっかり切っておきます。
豚バラ肉は塊でしたら、薄く切り、さらに食べやすいサイズに切ります。
ネギは、トッピング用にシラガネキを作っておきましょう。
卵はゆでて半分に切ります。
フライパンに、油を敷いて、厚揚げを焼きます。
表面に焦げ目がついたら、ひっくり返してまた焦げ目をつけます。
豚肉をフライパンに入れ、一緒に炒めます。
塩コショウをふります。
豚肉が焼けたら、いったん肉だけを取り出し、タレの調味料をフライパンに入れて煮詰めます。
タレが4分の1くらいの量まで煮詰まったら、また豚肉を戻しタレと絡めます。
あまり焼きすぎると豚肉が固くなりますので、ちょっと面倒ですが、いったん、豚肉を取り出してくださいね。
簡単なレシピのおかずなのですが、コツとしてここだけは押さえておいてほしいです。
出来上がったものを御飯の上に乗せて、ゆで卵と白髪ネギを散らしたら出来上がりです。
タレの味はご家庭によって好みがあるでしょうから、煮詰める前に味見をしたほうが良いです。
すき焼きのタレなど市販のものを使うと、もっと簡単に出来ますので、忙しいときは市販のタレを活用してもよいでしょう。
冷めても美味しい簡単レシピなので、夕食のおかずだけではなく、お昼のお弁当にも活躍します。
みなさんが大好きなすき焼き風に仕上げるので、子供も大人も喜んで食べてくれるでしょう。
特に、食べ盛りのお子さんにも喜んでもらえるボリュームどんぶりレシピです。

「簡単オムライス」のレシピ

子供も大人も大好きな定番の簡単レシピと言えば、オムライスです。
どこのご家庭でもたまに作る定番メニューでしょうが、オムライスの便利なところは、まず、おかずがいらないこと。
これだけでメインになりますから助かります。
ディナータイムなら、スープやサラダを添えれば十分ですおね。
また、残り御飯を使って出来るレシピですし、家にある材料だけでも作ることができますから、主婦としてはお助けメニューですよね。
おかずに悩んだ時には、冷凍の御飯を使ってオムライス!
冷蔵庫の整理にもなりますし、炊飯器のなかに残ったちょっと色が変わった御飯でも大丈夫です。
また、冷凍ご飯ではなく炊き立ての御飯でもオッケーです。
その場合は炊きたてより、少し時間を置いたほうが水分はとぶので炒めやすくなります。

「簡単オムライス」
4人分の材料です。
・ご飯・・・・・4人分
・ひき肉・・・・・300グラム
・たまねぎ・・・・・1個
・にんじん、ピーマン・・・・適量
お好みでミックスベジタブルを入れてもよいでしょう。
・ニンニク・・・・・少々
・卵・・・・・8個
調味料
・トマトソース・・・・・500グラム
・オリーブオイル・・・・・少々
・お酒、または白ワイン・・・・・少々
・塩こしょう・・・・・適量
・ケチャップ・・・・・適量
おかずがいらない「簡単オムライス」の作り方です。
解凍したご飯、または、冷ご飯でしたら、あらかじめ水で洗ってぬめりを取っておきます。
水分を切り、冷蔵庫でご飯を冷やして置きます。

「簡単オムライス」のレシピ続き

冷ご飯は水で洗うと、ご飯がべたつかず、炒めてもパラパラになりますのでチャーハンにもおすすめです。
炊きたてのご飯でしたら、ボウルに入れ、冷まして置きましょう。
では、ケチャップライスを作ります。
まず、ニンニクとタマネギをみじん切りにします。
フライパンを熱して、オリーブオイルとニンニクをいれます。
ニンニクが焦げない程度に炒め、ひき肉、タマネギを入れて炒めます。
次に調味料を入れて、5分ほど煮詰めて、トマトソースを作ります。
このトマトソースはミートソースとしても使えますので、たくさん作って冷凍してもよいですね。
ここまでの手間が省略できますから、さらに簡単になります。
トマトソースへ、ご飯を入れ、混ぜながら、炒めます。
木ベラなどで縦に切るように混ぜるとベタベタになりにくいでしょう。
今回は卵で包まず、ケチャップご飯を器にあらかじめ盛り付けておきます。
卵2個と牛乳を少々入れ、塩こしょうをし、油を敷いたフライパンに流します。
半熟状態になったら、ご飯の上にそっと乗せたら、出来上がり、とても簡単なレシピですよね。
ソースはケチャップのほかにも、マヨネーズや、オーロラソース、からしマヨネーズ、醤油マヨネーズもおすすめです。
オムライスは、簡単レシピでおかず要らず、ランチでも夕食でも使えるメニューですから、おかずに困ったら是非!
また、オムライスの上にかけるものは、一般的にケチャップが定番ですが、ソースとして上にかけるものを変えれば、違った味が楽しめてレパートリーが増えますのでお試しくださいね。

野菜レシピ「夏野菜の簡単ラタトゥーユ」

夏野菜は身体にもよいですし、やはり、その季節の旬のものを頂きたいですよね。
たっぷりと夏野菜を使ったレシピは、カロリーも低く女性には嬉しいおかずになるでしょう。
例えば、なすなどの夏野菜をトマトで煮込むとラタトゥーユになります。
ご飯にも合うおかずですし、パスタにもぴったりです。
わりと簡単ですが、とてもオシャレに見えるお料理なので、おもてなしメニューに使っても良いでしょう。
今回、ご紹介したい簡単レシピは、お野菜のうまみがぎゅっと詰った「夏野菜の簡単ラタトゥーユ」です。
煮込みメニューは前の日に作っておくことも出来ますから、お仕事で遅くなりそうな時は、前の夜に作っておいてもよいですね。
ナスを炒めて作るレシピですが、ナスは揚げてから作っても美味しいです。
その分、油を吸っていてカロリーは高めになりますが、気にしないという方には揚げてからナスを使うこともおすすめです。
お子さんがいらっしゃるおうちは、ベーコンを多めにしたほうが、子供たちのおかずとして喜ばれます。
次の日はパスタにアレンジしてもよいですね。

「夏野菜の簡単ラタトゥーユ」
材料4人分
・なす・・・・・4本
・トマト缶(カット)・・・・・1缶
・たまねぎ・・・・・2個
・ズッキーニ・・・・・半分
・ブロックベーコン・・・・・適量
・ピーマン、赤、黄色のパプリカ・・・・・適量
・にんにく・・・・少々
調味量
・オリーブオイル・・・・・大さじ6杯
・ケチャップ・・・・・適量
・塩こしょう・・・・適量
・砂糖・・・・少々
・赤ワイン(あれば)・・・・適量
・コンソメの素・・・・適量

野菜レシピ「夏野菜の簡単ラタトゥーユ」続き

簡単おかず「夏野菜の簡単ラタトゥーユ」の作り方です。
ナスはピーラーで、ところどころ、皮をむいたら、大きめに切って水にさらしておきます。
タマネギ、パプリカ、ピーマンは一口大に、ズッキーニはスライスしておきます。
ベーコンはお好きな大きさに、ニンニクはみじん切りにしておきます。
ナスの水をキッチンペーパーなどでしっかりふき取って置きます。
フライパンを熱し、オリーブオイルを入れ、ニンニクを入れて焦げないようにいためます。
なすを入れ、続けていためます。
なすがしんなりしてきたら、ベーコン、玉ねぎ、パプリカ、ピーマンを入れていためます。
トマト缶とズッキーニを入れ、さらに煮詰めます。
コンソメとワインを加え、味を見ながら、砂糖とケチャップで調整します。
子供さんは本格的なトマトソースよりも、やや甘目が好きなので、ケチャップを入れて整えます。
弱火にして、蓋をし、15分ほど煮込んだら出来上がりです。
グラタン皿のようなやや深いお皿に盛り付け、お好みでパルメザンチーズを散らします。
ご飯のおかずにも、もちろん、合いますが、パンなどはもっと合いますので、添えるならフランスパンなどがおすすめです。
パスタやマカロニを添えてもよいでしょう。
今回はベーコンを使ったレシピを紹介していますが、「チキンのトマト煮」も、同じレシピでベーコンを鶏肉に変えるだけ、簡単に作ることができますので、お試しください。
「夏野菜の簡単ラタトゥーユ」はワインにも合いますので、お客さんが来た時にも堂々と出せるイタリア料理でしょう。

簡単レシピ「手羽先カレー」

カレーと言えば、みなさんのおうちでも定番の簡単メニューでしょう。
カレーをメインにすれば、おかずも作らなくて良いですしね。
子供も大人もカレーは大好きですから、1ヵ月に一回はカレーを作るというおうちも多いのではないでしょうか。
それに、一度にたくさん作って冷凍することも出来ますから、1人暮らしの方でも余らせてしまう心配はありません。
簡単に作ることができる料理の定番でもありますし、ご家庭によってそれぞれの味もあります。
カレーは多くの方に愛されているおかずの王様でしょう。
さて、いつものカレーに飽きてしまったら、ちょっと変わったレシピで作ってみることもよいと思います。
例えば、豚肉ばかり使っていたおうちでしたら、鶏肉に変えてみるだけでも味が変わりますし、また手羽先を使ってみることで見た目も変わります。
ここでは、簡単なレシピながら、見た目もおなかも大満足な「手羽先カレー」のご紹介をしたいと思います。
ゴロっとした手羽先が入っているカレーは、まるでレストランで食べているような雰囲気です。

「手羽先カレー」
材料4人分
・カレーのルウ・・・・・4人前
・鶏肉の手羽先・・・・8本
・たまねぎ・・・・・1個
・にんじん・・・・・1本
・にんにく、しょうが・・・・適量
調味料
・トマト缶・・・・・1缶
・牛乳・・・・・300CC
・唐辛子・・・・・2本
・ワイン・・・・・少々
・オリーブオイル・・・・・適量
・塩こしょう・・・・・適量
・コンソメ・・・・適量

簡単レシピ「手羽先カレー」続きその1

手羽先は焼いても煮ても美味しいですから、おかずとしてもいろいろ使われていると思います。
今回の「手羽先カレー」は、肉を柔らかく煮込みますから、骨もはがれやすく、口の中でとろける鶏肉がたまりません。
骨からもうまみがたっぷり出てくるので、普段のカレーとはちょっと違った感動です。
ご家族も気に入ってくれたら、是非、おうちのカレーレパートリーに入れてほしい一品です。
それぞれのおうちのカレーレシピは、お使いになるカレールウによっても味が多少、違ってきますよね。
今回、簡単「手羽先カレー」に使うルウは、どのルウでもよいのですが、味も普段とちょっと変えたいのなら、いつも使っているルウではないもので挑戦してみると良いでしょう。
ブイヨンがついている本格的なカレールウもありますので、それを使えばコンソメなどは使わなくても大丈夫です。
個人的にはジャワカレーなど大人向きの辛いカレーが合うと思いますが、お子さん向きのレシピではなくなります。

では、簡単おかず「手羽先カレー」の作り方です。
手羽先は、塩コショウをしておきます。
玉ねぎ、にんじんを細かめに切り、にんにく、しょうがはみじん切りにしておきます。
フライパンを用意し、にんにく、しょうがを、軽く熱したオリーブオイルでいためます。
そこへ手羽先を入れ、塩コショウをしながら、しっかりと両面に焼き目を漬けるように焼いていきましょう。
特に皮のほうは、キツネ色になるまでしっかりと焼きます。
たまねぎを入れてしんなりするまで、じっくりと炒めます。
にんじんを入れ、さらに、ワインを入れ、数分間、炒め続けます。
トマト缶を加え、濃さをみながらお好みで水を入れて煮込みます。
コンソメ、トウガラシも入れましょう。
30分以上、煮込みます。
時間があればもっとゆっくり煮込んでもオッケーです。

簡単レシピ「手羽先カレー」続きその2

カレールウを入れ、溶かして、牛乳を加えたら出来上がりです。
今回、ジャガイモは入れていません、召し上がるならマッシュポテトをカレーに添えてもよいでしょう。
冷凍するなら、ジャガイモは抜きにしたほうがよいですね。
カレー味にしっかり煮込まれた鶏肉がおかずにもなるレシピです。
カレーとしていただくほかにも、次の日に鶏肉だけをおかずとして出してもよいでしょう。
ご飯にも合いますが、パンにも良く合うカレーです。
ボリュームがあるので、おもてなしには大きな器で出しても見栄えがするおかずだと思います。
添え物としては、シンプルに福神漬けなども合いますし、ピクルスと一緒に召し上がっても美味しいです。
生野菜を切っただけ、簡単レシピで作ることができる生野菜サラダなどを添えてもよいでしょう。
簡単レシピの「手羽先カレー」ですが、時間をかければ、もっと美味しくすることも可能です。
手羽先を煮込む時間が長くなればなるほど、美味しく柔らかく仕上がります。
下ごしらえの段階、ルウを入れる前はスープになりますから、それもつかいまわすことができますので多めに作っておいて手羽先のスープのベースにしてもよいでしょう。
そこへ野菜などを入れれば、別の日に簡単おかずとして、野菜と手羽先のスープを出すことができますね。
下ごしらえの時に取り置けば、別のおかずのベースにもなりますので、試してみてくださいね。
特に食欲が落ちる夏場などには、カレーが食欲をそそります。
このがっつりとした簡単レシピ「手羽先カレー」を食べて、夏に負けないようにしたいですね。

簡単レシピ「あさりのピラフ」

炊き込みご飯やピラフは、それだけでおかずがいらないですから、とても便利な簡単レシピですよね。
いろいろな具を使ったレシピがありますが、アサリを使うことによって、ダシがよく出ますし、殻がついているアサリはボリューム感もたっぷり。
見た目にも豪華な1品ですが、とても簡単なレシピで作ることができます。

ご飯2カップあたりの材料
・殻つきのあさり・・・・・300グラム前後
・お米・・・・・2カップ
・タマネギ・・・・・半分
・にんじん・・・・半分
・にんにく・・・・・少々
・パセリ・・・・・少々
・お水・・・・・600CC
・コンソメ・・・・・2個
・オリーブオイル・・・・・少々
・お酒か料理酒か白ワイン・・・・・少々
・塩こしょう・・・・・少々

たまねぎ、にんじんはみじん切りにして、アサリは砂抜きしたら、水にあげておきます。
砂抜きの際、アサリの殻同士をこすり合わせて汚れをおとしておきます。
準備として、水を温めてコンソメを溶かしておきます。
フライパンを熱し、にんにくのみじん切りをオリーブオイルでいためます。
たまねぎ、にんじんを入れ、しんなりさせます。
アサリを入れて、お酒かワインを入れ、蓋をします。
アサリの口が開いたら、洗っていない米をそのままいれ、混ぜ合わせます。
お湯で溶いたコンソメスープを流し入れ、塩こしょうをし、沸騰したら弱火にして15分。
さらに、15分、蒸らしたら完成です。
お米に芯があるようでしたら、さらに弱火で数分加熱して様子をみましょう。
このようにピラフはお米を洗わないで調理します。
簡単レシピですが、アサリのダシがご飯にうつり、とても美味しいピラフが出来上がります。
おかずいらずの一品で、あとはお吸い物などがあれば十分でしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。