車のホイール塗装

この記事は14分で読めます

車のホイール塗装

車が大切だと思っている人にとって、ホイール塗装は大きな関心事です。
車体を磨くことも重要ですが、足回りはどうしても汚れてしまうのです。
そのため、週1回程度ホイールを磨くことになりますが、徐々に塗装が剥げてきて、それを何とかしたいと思うのです。
ホイール塗装は専門業者に依頼することが一番簡単です。
ただ、それなりの費用がかかりますから、気軽にできるわけではありません。
車が趣味だと自負しているなら、そのために貯金を貯めているでしょう。
汚れていた車のホイールがホイール塗装業者から戻ってくるとピカピカになっているのを見て、感動している人もいます。
そこまできれいになるとか思うのでしょう。
中古車市場では外観が重要視されます。
外観の中でもホイールは重要なポイントです。
そのため、ホイール塗装が重要視されるのです。
毎日、車を運転していれば、だんだんと汚れてくることは避けられません。
しかし、毎日磨いていればサビを防ぐことができます。
キズをつけないようにすることも大切でしょう。
ただ、ホイール塗装は専門業者での対応に限られているため、納期がかかることを覚悟しておかなければならないでしょう。
1か月程度はかかってしまうのです。
もっとも、毎日車通勤をしている人はホイールが気になるような車には乗っていないかもしれません。
趣味として所有している車は大事に車庫に止めているのです。
あなたの車のホイールはどうでしょうか。
ホイール塗装を考えてみてください。

スポンサードリンク

車のホイールの種類

ホイール塗装は専門業者でなければ難しいと言われています。
もちろん、丁寧に塗装をするため、費用と時間がかかります。
ホイールにはいくつかの種類があり、それぞれホイール塗装方法が異なります。
ダイヤモンドカットのホイールは虹色の輝きを放つことから、多くの人がほしいと思っています。
ただ、修理をするには特殊な工具が必要です。
限られた業者に修理を依頼しなければならないのです。
その特殊工具を所有している業者なら10日前後で修理できますが、普通の修理工場では1か月程度かかると思っていなければなりません。
車のホイール修理はまずキズを補修することから始まります。
たくさんのキズがあれば費用も高くなりますから、こまめにチェックしておくことをおすすめします。
毎日、車を運転しているなら、どうしてもキズは避けられません。
車にどれだけのお金をつぎ込んでいるかによって。キズを修理する頻度は違ってくるでしょう。
いくらお金があってもきりがありません。
車を趣味にしていると、どれだけでもお金が必要なのです。
業者によってホイール塗装の方法も違います。
丁寧に塗ってくれる業者を選びたいものです。
ただ、スプレーを使って簡単に塗る方法もあります。
自分のタイヤのホイールの種類をチェックしておきましょう。
ホイール塗装の費用を調べておくのです。
キズが付かないように運転することは当然ですが、ついてしまったキズを補修するための費用を貯めておくのです。

車のホイール塗装の価格

車のホイール塗装はキズだらけになった車をきれいにする目的もありますが、ホイール塗装によってイメージを変える場合もあります。
いずれにしても車のホイール塗装にはある程度の費用がかかります。
一般的な価格を紹介しましょう。
もちろん、業者や車の種類によって価格は大きく異なります。
中級者までは1本13,000円でホイール塗装できます。
高級車や超高級車になると見積もりを依頼しましょう。
基本的には4本のタイヤを同時に塗装することをおすすめします。
見た目がバランスよくないと、ちぐはくな印象が強くなるからです。
ただ、新品のホイールと同じようになるわけではありません。
どうしてもキズが元に戻ることはないからです。
どの程度までホイール塗装の効果があるかは、事例を見せてもらうべきでしょう。
専門業者の多くは塗装前と塗装後を比較した写真で説明してくれます。
逆にそのような資料がない業者は避けた方がいいでしょう。
費用が高くても思ったほどの仕上がりにならないかもしれません。
車が好きな人はタイヤをたくさん持っているかもしれません。
その時の気分でタイヤを交換するのです。
ただ、交換するためには専門知識があった方がいいでしょう。
車に取り付けるタイヤにはいくつかの種類があるからです。
ホイールの種類は車の走行性能には関係ありませんが、見た目を重視する人には重要なことでしょう。
人によって何がポイントかは違います。
自分が押さえておきたい点をしっかりとチェックしてください。

車のホイール塗装のポイント

ホイールは車のタイヤの見た目を飾っているアルミの板です。
なくても走行には支障ありませんが、キズや汚れは目立ってしまうでしょう。
そのため、洗車時にはホイールをしっかりと洗うことが大切です。
ただ、どうしてもキズや取れない汚れは消すことができません。
そこでホイール塗装をすることになりますが、そのポイントについて考えてみましょう。
車のボディの塗装は個人でやるのは現実的ではありません。
しかし、ホイール塗装ならスペースも限られていますから、挑戦している人が少なくないのです。
もちろん、車いじりが好きな人でなければ、あきらめた方が無難です。
途中で止めることはできないからです。
ホイール塗装はまず、塗装を剥がすことから始めます。
塗装をしっかりと剥がしたら、キズを補修します。
小さなキズはこするだけで済みますが、深いキズになるとパテで埋めなければなりません。
ホイールは車の強度には関係していませんから、キズがひどくても補修して使用することができます。
したがって、素人がホイール塗装をしても何の問題もないのです。
車にとってはおしゃれなアクセサリーに過ぎません。
ただ、このおしゃれが所有者を表すことになります。
目立ちたいと思っているなら、派手なカラーにすることもいいでしょう。
落ち着いたシルバーメタリックも悪くありません。
自分でやるか専門業者に依頼するかは別として、ホイールが車の顔と言ってもいいことだけは意識しておきましょう。

車のホイール塗装の特徴

車のホイール塗装をしたことがありますか。
車を大切にしている人なら、ホイールのキズが気になってしまうでしょう。
そこでホイール塗装をすることになります。
車のボディ塗装とホイール塗装には大きな違いはありません。
ただ、ホイール塗装ではアルミ製のホイールがほとんどですから、そのための塗装となります。
材質によって塗装の方法が変わるのです。
特にダイヤモンドカットのホイールの場合は、キズの補修も難しいと言われています。
専門工具が必要なのです。
ホイール塗装を依頼するユーザーは限られていますから、一般の修理工場よりも専門的に取り扱っている業者を選ぶことをおすすめします。
車の価値をどこに求めるかによって、キズ一つを取ってもどこまで補修すべきかが違ってきます。
もちろん、大きなキズが入ってしまったホイールは補修や塗装では無理かもしれません。
新品を購入した方が安くなることもあるでしょう。
ホイール塗装の特徴はキズを治すだけではなく、見た目をきれいすることが重要です。
それは車を大事にしている人ならわかっていることでしょう。
彼女と車とどっちが大切かと聞かれて、車と答えるような人にとって、ホイール塗装はお金がかかってもやらなければならないことです。
塗装専門業者がどこでもホイール塗装ができると思ってはいけません。
慣れていなければ、失敗することもあるからです。
ただし、専門業者に依頼しなくても自分でスプレー缶を購入してホイール塗装に挑戦する人もいます。

車のホイール塗装を調べる

自分の車のホイール塗装を検討するなら、どのような方法があるのかを調べてみましょう。
また、ホイール塗装によってどこまできれいにしたいのかを明確にすることです。
仕上がり状態によって補修費用が変わるからです。
ホイール塗装について調べてみるといろいろなことがわかります。
もちろん、高級車を購入して、いつも大切にしていたいと思っている人たちがホイール塗装をすることでしょう。
大衆車ならホイール塗装など考える必要もないからです。
また、車の修理にどこまでお金をかけるかも重要です。
大切な車なら、お金がかかってもホイール塗装をしたいと思うのです。
ホイール塗装の施工事例を調べてみれば、たくさんの業者があります。
インターネットで業者毎の価格比較もできます。
ホイールがきれいになると車のイメージが大きく変わります。
それがわかっているからこそ、ホイール塗装をするのでしょう。
マニアックな趣味の世界と言ってしまえばそれまでですが、誰でもかっこいい車に乗りたいと思うのです。
高級車は外見だけではなく足回りも大切です。
毎週のように洗車をしている人がいますが、それだけ大切にしている証拠です。
そんな時にホイールのキズを見つけて、気になってしまうのです。
道路の上を走るのですから、ホイールには予期しないキズがついしてしまいます。
日々、チェックすることでキズの有無がわかります。
ある程度になったらホイール塗装をするのです。
専門業者で見積もりを取ってみましょう。

人気の車のホイール塗装

車のホイール塗装は全国的に人気が出てきています。
もちろん、車種によってホイールの形が違いますし、費用も異なります。
ただ、全国のユーザーから送られてくるアルミホイールを補修して塗装する業者があります。
キズが入っていても、ホイール塗装後はどこを治したかわからないほどのきれいになるのです。
車のホイールはいくつか種類があります。
一番ポピュラーなのはアルミホイールです。
軽量ですがキズが入りやすいため、時々補修をしなければなりません。
補修をする時にホイール塗装まで依頼する方が割安となります。
ホイール部分だけを業者に送れば短期間できれいにホイール塗装されて帰ってきます。
ホイール塗装専門業者がたくさんあるのです。
それだけ需要が高いと言えます。
ホイールに入ったひずみの程度によって料金は異なりますが、一般的な価格として1万円から2万円の間と思っておけばいいでしょう。
それが4か所でも10万円以内に収まることになります。
車を大切にしている人なら、タイヤの汚れやホイールのキズが気になるはずです。
早めに補修をしておけば、長く使用することができます。
前述したように、大きなひずみになると補修できない場合もあります。
具体的な内容は事前に問い合わせしておくことをおすすめします。
車にとってタイヤとホイールは重要な部品です。
安定走行に欠かせないからです。
そのための費用を出し惜しみすべきではないでしょう。
そして、きれいになったホイールでドライブに出かけましょう。

車のホイール塗装をする

車のメンテナンスを欠かさない人は、いつも自分の車の状態をチェックしていることでしょう。
そこでホイールのキズや汚れが気になってくるのです。
ホイール塗装は専門の業者に依頼すれば、すぐに受け付けてくれます。
ただ、業者によってはホイール塗装の完了までに時間がかかるケースもあります。
代車があればいいのですが、その間は不自由になることは避けられません。
ただ、小さなキズのうちにホイール塗装までしっかりとしておくことで、トータルで見ると長持ちすることになります。
車体のメンテナンスと同時にホイールのチェックをしておくことをおすすめします。
もちろん、ホイールのキズはブロックなどに乗り上げた時に付きますが、一般道でも路面の状態が悪ければ避けられない場合もあるのです。
どれだけ注意しても仕方ありません。
ホイール塗装は見た目の問題ですが、ホイールのゆがみは走行性能に関わってきます。
早めの修理をおすすめします。
車検などでタイヤ交換をすすめられる人は自分でほとんど点検をしていないでしょう。
あえてホイール塗装だけをする必要はありません。
つまり、ホイール塗装は車を大切に思っている人のこだわりなのです。
ただ、全国的に見ると多くの需要がありますから、たくさんの専門業者があります。
若者や高級車を所有している中高年がホイール塗装を依頼するのでしょう。
若者の場合はお金を節約するため、自分で塗装に挑戦している人もいます。
インターネットにはその方法が掲載されています。

車のホイール塗装業者

全国のホイール塗装業者はどれくらいあるのでしょうか。
インターネットで全国の車専門業者を検索することができます。
ホイール塗装は通常の車の修理とは違った技術が必要となりますから、できるだけホイール塗装専門にビジネスを展開している業者を選ぶべきでしょう。
もちろん、一般の修理工場でもホイール塗装ができないわけではありません。
しかし、あなたのホイールへのこだわりがきちんと伝わっているかどうかわかりません。
キズがなくなりさえすればいいと修理工場の担当者は思っているかもしれません。
また、大きなキズであれば、修理するよりも新品のホイールをすすめることでしょう。
間違った考えではありませんが、うまくキズを補修することができれば、いつまでもホイールを使い続けることは可能なのです。
また、ダイヤモンドカットのホイールの場合は特殊な工具が必要になります。
修理や塗装ができないと思っているユーザーも少なくありませんし、一般の修理工場ではできないと断られた経験を持っている人もいるでしょう。
一般に市販されている車なのですから、専門業者に依頼すればできないことは何もありません。
もちろん、予算との兼ね合いもあるでしょうから、事前に見積もりを取ることを忘れないようにしてください。
キズを付けないようにすることが一番ですが、付いてしまった早めに対応しましょう。
スタイリッシュな車にキズだらけのホイールは似合いません。
しっかりとしたホイール塗装を依頼しましょう。

自分でできる車のホイール塗装

車のホイール塗装は難しいと言われていますが、塗装面積が狭いため、自分でやろうと挑戦する人は少なくありません。
もちろん、キズの補修をすることが先決ですが、車のイメージチェンジのためにホイール塗装をしてみるのもいいでしょう。
具体的なホイール塗装について紹介しましょう。
塗料は市販されている缶スプレーです。
まずはキズの補修からです。
補修をせずに塗装することは可能ですが、せっかくホイール塗装の挑戦するのですからできるだけきれいに仕上げたいものです。
補修はサンドペーパーを使います。
深いキズは目が粗いペーパー、浅いキズは目の細かいペーパーを使います。
ホームセンターなどで販売されていますから、しっかりと選びましょう。
それから、深いキズの場合はパテでへこみを埋める必要があります。
パテも普通に販売されています。
全体的にキズがなくなった状態にしたら、仕上げとしてサフェーサーを塗ります。
液体パテと呼ばれるものです。
目に見えないようなキズを埋めてくれる役割を果たします。
サフェーサーをしないと塗装面がざらざらになってしまいます。
その後、食器用洗剤などを使って表面の汚れを洗い落とします。
そして、塗装面が滑らかになったらスプレーで色を塗ります。
自分のホイールですから、これまでにない目立つ色を塗りたいと思うかもしれません。
そこは車体の色とのバランスを考えて選びましょう。
もちろん、選ぶ塗料は金属用です。
1,000円から2,000円程度で販売されています。

車のホイール塗装の方法

車のホイール塗装は専門業者でなくても可能です。
もちろん、専門業者に依頼した方が確実にきれいな仕上がりになるでしょう。
しかし、ちょっとしたキズを治すだけで1万円も取られたくないと思っているなら、自分でホイール塗装に挑戦してみてはどうでしょうか。
車のことに関心を持っているなら、経験をしておくことはいずれ役に立つでしょう。
さて、具体的なホイール塗装の手順を紹介しましょう。
専門業者がやる方法と同じことを個人でやろうとすると、設備が必要になりますから現実的ではありません。
つまり、塗装の品質は落ちますが費用を安く抑えるホイール塗装の方法と言うことになります。
一番簡単なのは市販の缶スプレーを使用して塗装をする方法です。
専門業者ではスプレー用のガンを使用しています。
使用する塗料も耐候性が高い特殊品です。
もちろん、特殊品でも車の整備工場や修理工場なら必ず持っています。
ホイールに限ったことではありませんが、塗装をする時には、前に塗っている塗装をきれいに落とすことから始めなければなりません。
そして、塗装面の凸凹をなくしてフラットにしなければなりません。
塗装をはがすためには剥離剤と呼ばれる溶液を使用します。
そして、その後洗剤を付けてきれいに洗い流します。
凸凹を削るためにサンドペーパーなどを使用します。
へこんだ部分はパテで埋めていきます。
このように塗装だけをすればいいわけではないことを知っておきましょう。
また、有機溶剤ですから眼鏡やマスクをしておくことが大切です。

おすすめの車のホイール塗装

車のホイール塗装は一般の人が自分でやってもうまくできるわけではありません。
やはり専門業者に依頼することをおすすめします。
もちろん、おすすめの専門業者を選ぶことが重要です。
全国ネットで通販のようにホイール塗装を受け付けている業者もいますし、昔からの整備工場で確実な品質をモットーとしている業者もいるでしょう。
ただ、車にあまり詳しくないなら、どの業者を選べばいいかなどわかるはずもありません。
基本的にはこれまで付き合ってきた業者に相談することが一番でしょう。
ホイール塗装は誰もがやっていることではありませんが、車体をこすったりホイールをこすったりすることはあります。
特に悪路を走るとホイールのキズは避けられないのです。
どこまでを許容するかは個人の判断となりますが、塗装が剥げてきていたら塗り直しを検討してみてください。
重要なのはキズが入った1本だけをすると非常に見た目のバランスが悪くなります。
やはり全部のホイールを同時に塗装すべきでしょう。
おすすめの塗装業者を選ぶ時のポイントを考えてみましょう。
ホイール塗装は車体の全塗装と基本的には同じですが、ホイールだけを専門的に取り扱っている業者もあります。
つまり、足回りが目立つため、丁寧な仕上げが必要だと考えている人が多いからです。
そのことを十分理解している業者を選ばなければなりません。
塗装業者は個人経営に近いところばかりですから、ディーラーを通すよりも直接業者と相談した方が価格を安く抑えることができます。

車のホイール塗装の方法

車のホイール塗装は特別に難しいわけではありません。
車体の塗装と基本的には同じです。
当然のことながら、車体からホイールだけを取り外した状態にしなければなりません。
一般の整備工場であればなんの問題もありませんが、個人でホイール塗装をやろうとすると取り外すだけでも一苦労でしょう。
車いじりが好きな人以外は決して自分でやろうなどと考えてはいけません。
さて、ホイールを取り外したら、まずは塗装剥がしです。
剥がれかけた塗装の上からいくらうまく塗っても効果は限定的です。
プロの修理工場であれば、まずは塗装を剥がしてきれいに磨いてから再塗装の流れになります。
これは車に限らず、塗装屋さんの基本中の基本でしょう。
したがって、ホイール塗装の見積もりを取る時に、塗装剥がしや表面処理が別料金になっているような業者は避けた方がいいでしょう。
こちらがわからないと思って、高額な請求をしているのです。
ホイールは車に乗っている限り、どうしてもキズができます。
それをどのくらいの頻度で補修するかは所有者が決めればいいことです。
業者やディーラーから言われてホイール塗装をする必要はありません。
キズが気にならないならそのままでもいいからです。
ホイール塗装の詳しい手順はインターネットなどで調べるとわかりますが、すべて専門業者に依頼するのであれば、自分で理解しておく必要はありません。
ただ、一般の人が気軽に挑戦できる作業ではないことは間違いありません。

車のホイール塗装

車をいつもピカピカに磨いている人はホイールの塗装剥がれやキズが気になってしまうでしょう。
そこでホイール塗装を業者に依頼することになります。
ホイールは地面に一番近いところですから、事故に遭わなくてもキズが入ってしまうことがあります。
気になるなら修理工場でホイール塗装を依頼しましょう。
相場はおおよそ1万円から2万円前後です。
車種によって仕上げのレベルが異なりますから、金額にも差が出てきます。
つまり、念入りにすればそれだけきれいに仕上がるのです。
ほとんどが手作業となりますから、ピカピカにするためには時間がかかり、その分高額になることは避けられません。
それでもいいと納得してからホイール塗装の作業を開始してもらいましょう。
金額を聞いて、止める人も少なくないからです。
車のホイール塗装の手順は特別ではありませんが、耐候性を十分持たせておかなければなりませんから、専門家の作業の方が確実に品質はアップします。
お金がないとか、車を自分で塗装してみたいと思っている人だけが挑戦すればいいでしょう。
ただ、ある程度専門的な工具が必要となります。
十分な準備ができるなら挑戦してみてもいいでしょう。
一般的なホイールはアルミ製ですが、タイヤモンドカットと呼ばれる特別なホイールもあります。
高級車に使用されています。
ダイヤモンドカットのホイールは修理も難しいと言われており、どこの業者でデモできるわけではありません。
いろいろな情報を集めることから始めましょう。

缶スプレーとホイール塗装

業者に依頼するよりも自分でいろいろやってみたいと考えている男性は少なくありません。
車のホイール塗装もそうです。
自分で塗装をする場合、一番お手軽なのは缶スプレーでしょう。
もちろん、専門業者のホイール塗装と比較すると品質は落ちますが、価格を安く抑えることができる点が一番のメリットでしょう。
具体的にはどうすればいいでしょうか。
まずは缶スプレーの色選びです。
自分でやるのですから、派手な色はどうでしょう。
蛍光色を塗っている人もいます。
タイヤなどのスプレーが付かないようにマスキングはしっかりとしておきましょう。
インターネットでは実際に試してみた人の動画が掲載されています。
自分でやれるかどうか判断できるでしょう。
器用な人ならぜひ試してみてください。
もちろん、本格的なホイール塗装は専門業者でなければ無理でしょう。
車の足回りはキズが入りやすいですから、塗装をした後のチェックをこまめにやっておかなければなりません。
汚れを放置しておくと取れなくなることが多いのです。
自分が好きな色にいつでも塗装できる点は車を持つ楽しみができていいことでしょう。
ただ、会社までの通勤用の車の場合は、あまり目立つ色は避けておきましょう。
上司から注意されるかもしれません。
いずれにしても車のホイールは一番目立つ部分です。
キズと汚れのないホイールを維持することを考えてください。
それが自分の趣味のためなのです。
いい車にはいいホイールがポイントでしょう。

車のホイール塗装の基本

自分で車の手入れをしている人はどれくらいいるのでしょうか。
どうしても人に任せたくないと思ってしまうのでしょう。
手先が器用な人なら自分の家の車庫にいろいろな道具を買いそろえているはずです。
ボディの塗装はちょっと大変ですが、ホイール塗装だけでも自分でやってみたくなります。
そこでホイール塗装の基本について紹介しましょう。
すでに経験済みの人も再確認の意味で読んで見てください。
まずは、塗装剥がしからです。
キズが入ったホイールでも、塗装されていますから、その塗装を剥がさなければなりません。
同時にひどいキズの補修も行います。
サンドペーパーでこすってもいいですが、手作業で大変ですから、電動工具を使用することをおすすめします。
やるべきことを確認してから、事前に工具を準備しておくと作業がはかどります。
塗装を剥がすと地金が露出した状態となりますから、あまり長時間放置することは避けるべきです。
したがって、1日のうちにホイール塗装の作業は終わることを目標としましょう。
朝から始めれば夕方には終わるでしょう。
もちろん、4本とも行いますから、そのつもりで時間配分を考えておきましょう。
タイヤを広げる場所の確保なども、その時になって慌てて考えないようにしてください。
後は下地塗りをして本塗りをしてください。
時間短縮のため、下塗りを省くこともできますが、品質のレベルは間違いなく低下します。
ただ、気分転換に時々色を変えたいと思っているなら、耐久性は犠牲にしてもいいでしょう。

車のホイール塗装料金

車のホイール塗装料金の相場はどれくらいでしょうか。
車の種類によって異なりますが、おおよそ1万円から2万円程度を考えておけばいいでしょう。
もちろん、ホイール塗装は4本行いますから、料金は4倍となります。
そのため、業者に依頼するのではなく自分でやってみようと考える人が出てくるのです。
技術的にはできるかもしれませんが、車からタイヤを取り外して、ホイール部分だけの塗装を行いますから、それなりの設備がなければ難しい作業となります。
つまり、手間暇をかけてもいいと思っていない限り、塗装業者にホイール塗装を依頼した方がいい安心できるはずです。
ホイール塗装料金が高いと思っても、キズやへこみの修理とあまり変わりありません。
高級車の場合はホイールの形状が重要ですから、ホイール塗装も特別に行わなければなりません。
そのため、料金も高めに設定されることになります。
また、塗装業者によっては完成までの時間が思った以上にかかることもありますから、依頼する前に十分確認をしておくことが大切です。
仕上がりは費用をかけた分だけ、しっかりした状態になっているはずです。
日頃の運転に注意して、できるだけホイールにキズが付かないようにしたいものです。
山道などの舗装されていない道路を走る場合は、ホイールにキズが入りやすくなります。
また、道路わきでこすってしまうこともあるでしょう。
ホイール塗装料金を気にするよりも、車体にキズが付かないようにしてください。

車のホイールで差をつける

車のホイールは足元のおしゃれとして、気を使っている人は少なくありません。
もちろん、車は単に移動のための道具と割り切っている人はキズが入っても気にしないでしょう。
走っている車を見るとホイールの光が目立つはずです。
できることならホイール塗装でおしゃれを楽しみたいものです。
さて、新車の時はホイールにはキズもなく、きれいな塗装が施されているでしょう。
しかし、数年車に乗っていると、どうしてもホイールにキズが入る状況があります。
自分の運転に非がなくてもホイールにキズが付くのです。
砂利が当たったり、路肩の草木がこすれたりするのです。
キズをそのままにしておくと、そこからさびてきます。
アルミホイールが多いですから、鉄のさびではありませんが、放置するよりも早めの対応が重要でしょう。
そこでホイール塗装を業者に依頼しなければなりません。
ディーラーや整備工場に依頼するよりも、塗装専門の業者に依頼した方が価格も安く、素早い対応が期待できます。
相場は1万円から2万円ですが、少なくとも1割は安いと考えていいでしょう。
もちろん、日頃から付き合いがある整備工場があれば、そこで頼んでください。
いずれにしても、ホイール塗装で自分の車を目立たせることができます。
キズを修理することが目的ではなく、他車に差をつけることを考えてみましょう。
キズを隠すことは当然ですが、色合いをしっかりと考えてください。
対候性を高めることで。当分は汚れが気にならなくなるでしょう。

車のホイール塗装と見た目

愛車を磨くことを日課としている人にとっては、ホイールの見た目も非常に重要と思っています。
少しキズが入ってしまったら、早めにホイール塗装を依頼しましょう。
料金は1本2万円程度ですが、4本を同時に塗装しますから10万円程度を考えておかなければなりません。
一方、週末にはドライブを楽しみたい人にとっては、見た目は二の次かもしれません。
自分の車を大切にしている人は少なくありませんが、どこを重点的にチェックしているかは人によって異なります。
ホイールが重要だと思うなら、定期的なホイール塗装を計画することをおすすめします。
ホイール塗装によって、車全体のイメージチェンジもできるでしょう。
自分でホイール塗装をやる人もいますが、専門工具がなければ十分な品質を保つことは難しいでしょう。
つまり、見た目だけを重視することになるのです。
見た目は当然としても、長期使用に耐えられる耐候性を求めるなら、ホイール塗装は専門業者に依頼してください。
どこの業者がいいかはインターネットで調べてみましょう。
たくさんの業者が注文を受け付けているはずです。
全国からの注文を受けている業者もあります。
通販でホイールを送れば、きれいにして返却してくれるのです。
塗装は特別な技術ではありませんが、豊富な経験を持っている方が安心できるでしょう。
近くの整備工場でも問題ありません。
ただ。高級な車なら、それに適したホイールを選ぶことが重要です。
どんな色でもいいわけではないのです。

車のホイール塗装技術

車の塗装技術はすでに確立されています。
ホイール塗装も同じことです。
ただ、車の車種に応じて塗装方法が異なりますから、しっかりした技術を持っている業者を選ぶことが大切です。
キズが入ってしまうとそこからサビが発生します。
キズの発生は運転手であるあなたに原因がありますが、ホイール塗装がしっかりしていれば、大きなキズにならずに済むこともあるでしょう。
毎日車を運転している人は、ホイールのキズなど構っていられないかもしれません。
ただ、週末には足回りをチェックする習慣をつけてください。
ホイール塗装技術を持っている人は自分で塗装をしてもいいでしょう。
ただ、技術だけではなく場所と工具を忘れてはいけません。
塗料には有機溶剤が使われていますから、直接吸い込むことがないように気を付けましょう。
もちろん、周辺の家に迷惑をかけないことは当然です。
いずれにしても、ホイール塗装の全工程を十分理解した上で、挑戦してみることをおすすめします。
ホイール塗装の費用は4本でも10万円弱です。
その費用が出せないなら、最初から塗装はあきらめる方がいいのかもしれません。
自分の車を毎週洗っている人は、隅から隅までチェックしていることでしょう。
その中でホイールが気になるかどうかを振り返ってみてください。
塗装をすべきかどうかを車に詳しい知人に相談してみるのもいいでしょう。
きっと有益なアドバイスをしてくれるはずです。
インターネットの情報だけでは、完全ではありません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。