結婚式のヘアメイク

この記事は14分で読めます

ショートヘアの結婚式用アレンジ

結婚式にどのような髪型で行こうか、悩む方も多いでしょう。
せっかくのお呼ばれの席ですから、素敵なドレスを着て、お気に入りのアクセサリーを身に着けて、バッグや靴もバッチリきめたいですよね。
それには、やはり髪型はとても重要です。
せっかくのドレス姿ですから、いつものヘアスタイルでは寂しいですよね。
ロングの方でしたら、セットのしがいもあるのでしょうが、ショートの方は、アレンジも難しいのではないでしょうか。
自分で髪型をセットすると、ショートの方はマンネリになりがちですので、わざわざ美容院でセットしてもらう人も多いでしょう。
友達の結婚式では、ご祝儀や二次会など、他にも出費が多くなるので美容院までお金をかけられないという方、ショートヘアであっても、自分で簡単にセットすることができますよ。
ちょっとしたアレンジを覚えてしまえば、次回からも簡単にできると思いますので、ここではショートヘアのパーティーアレンジをご紹介しましょう。
コツを覚えておけば、結婚式だけではなく、二次会や、おしゃれをして出かけたいパーティーなど、きっと役に立つことでしょう。
まず、カールをかけます。
全体をアイロンで巻いて、適当にクルクルさせておきます。
そして、えり足を中心にして、毛先をしっかりと、クルっとさせるように、できれば細めのアイロンを使って巻いていきます。
左側の髪を分けとり、三つ編を編んで行きましょう。
三つ編みが編み終わったら、先はピンでとめます。
三つ編みしたところに、上から髪飾り、バレッタなどをつけます。

スポンサードリンク

ショートヘアの結婚式用アレンジ続きその1

結婚式でしたら、バレッタなどの髪飾りは、ドレスの色に合わせることや、ゴールドやシルバーが入った派手目のものがおすすめです。
やや高めの位置に髪飾りをつけるとゴージャスな雰囲気になります。
仕上げには、ワックスを手にのばし、カールが出ているところに、もみこみ、毛先を散らして華やかな感じを出しましょう。
この髪型は毛先があちらこちらに向くことで、華やかにボリュームを出してくれるので、ワックスを使っての仕上げは丁寧に行ないます。
このスタイルでしたらショートであっても、十分、ドレスに負けない髪型になるでしょう。

もう一つご紹介するのは、前髪にボリュームを出したポンバドール風の髪型です。
カチューシャを使って可愛く仕上げます。
まずは、ポンパドールを作るので、その分、前髪をとりわけます。
トップの髪をまとめ、ポンパドールのように、ボリュームをもたせながら、ねじり上げピンでとめます。
それから、両側の髪をピンでとめますが、左右、それぞれ二箇所ずつ、後ろにねじりながらピンできつく止めます。
えり足にのこっている後れ毛をアイロンでふんわりと巻きます。
毛先にかけて外ハネになるようワックスで形をつけましょう。
仕上げにドレスに似合うカチューシャをつけますが、前髪の盛り上がりをつぶさないよう、シルエットが縦に長くなるようにセットします。
カチューシャの種類によっては、かわいらしい髪型にもなりますし、落ち着いた感じにもなります。
結婚式、二次会でも使えるスタイルですので、是非、試して下さいね。

ショートヘアの結婚式用アレンジ続きその2

もうひとつ、ショートスタイルの方の結婚式アレンジヘアをご紹介します。
前髪をポンパドールにして外ハネにする髪型です。
カチューシャなしで、シンプルですが、上品な髪型になるでしょう。
まず、全体にワックスをなじませてから、トップはボリュームが出るようにカールし、ピンで止めます。
横の髪はブローしてゆるく巻いておきます。
後頭部にはカーラーをセットしておくと便利でしょう。
後頭部は、根元からしっかり巻き、毛先までしっかりと巻き込み、ボリュームを出すことがコツです。
仕上げは、えり足の毛を外側にハネさせます。
前髪のポンパドールが印象的な髪型ですが、外ハネで上品な感じに仕上がります。
結婚式など服装がゴージャスになるときなどは、前髪にボリュームを出した髪型はとても似合いますよ。
どれも自分でセットできるアレンジなので、挑戦してみてくださいね。
ショートスタイルの方は、結婚式でのヘアアレンジも「自分ではどうにもできない」とあきらめがちなのですが、しっかりカールしてピンで止めるだけでもオシャレになります。
特にポンパドールは華やかですが、難しいアレンジではありませんから、慣れておくと便利でしょう。
ショートの方は毛先を遊ばせることで、華やかさも演出できます。
ですから、カールすることが苦手という方、ブローが上手くできないという不器用な方であっても、ワックスだけで毛先アレンジをすることで、だいぶ、印象が違ってくるのではないでしょうか。

結婚式にはゆるふわスタイル

お友達の結婚式に呼ばれることになれば、準備段階からとても楽しみですよね。
普段、パーティーなどと縁が薄い方は、ここぞとばかりのおしゃれを楽しめる場所になりますから。
ドレスを着て、ヒールを履いて、お気に入りのパーティーバッグにアクセサリーと、おしゃれを十分に楽しめるチャンスになります。
独身の方は、結婚式や二次会で、素敵な出会いが待っているかもしれませんから、お化粧も髪型も念入りにしていくべきでしょう。
そうかと行って、美容院でセットしてもらい、バッチリきめすぎるると「この人、自分の結婚式でもないのに気合が入りすぎ」と思われてしまうかもしれません。
今、流行の髪型は、女性らしいゆるゆるな、ふんわりヘアですよね。
ですから、パーティードレスにも、こうしたゆるいカールの髪型のほうが似合いますし、がっちり派手目に固めているより、男子ウケもよいのではないでしょうか。
流行のアレンジスタイルは、トップもふんわりとしいて、サイドはカール、後れ毛もクルクルとした、ゆったりヘアです。
ふんわりとした女性らしい印象を与えてくれますから、きっちりキツめに、髪をアップするよりもずっとおすすめの髪型です。
こうした、ゆるふわな髪型では結婚式でも二次会でもぴったりでしょう。
さて、自分でゆるふわな髪型を作る際は、カールが決め手になりますので、ヘアアイロンは必須のアイテムです。
きっちり巻くのではなく、ランダムなカールで、ゆるくふんわり巻き上げます。

結婚式にはゆるふわスタイル続き

結婚式でのゆるふわ髪型は、太いヘアアイロンのほうが、ゆるく可愛く巻けますので、これから購入するという方は38ミリのコテがおすすめでしょう。
セットの仕方ですが、顔の周りの毛を取って、真ん中くらいから内側にまいていきます。
アイロンを外して、毛があたたかいうちに、ほぐすことがコツです。
こうすると、らせん状カールができあがります。
次の髪は、外側にまいて、次は内側にまいてと、ランダムになるように交互の向きで巻いていきましょう。
流れがミックスされることで、フアフア感を出すことができます。
そして、空気を含むふんわりとした髪型は、毛ぐしで、流れを作ることがコツですが、ここでワックスを使いましょう。
ワックスを手に少量とって、伸ばし、巻いた髪の中間から、毛先へ馴染ませていきます。
髪全体をワックスと手ぐしで、ふんわりとした状態に仕上げていきます。
ゆるゆる感をなくさないように、少し髪をとり、Uピンでとめます。
片側だけをねじってとめてもよいですし、両サイドを後ろでとめてもよいでしょう。
きっちりならないようにアレンジすることがポイントです。
全部を後ろとサイドでとめてアップにしてもよいですね。
後れ毛をさらにカールしても可愛いですし、すべてをアップにせず、下げてある部分が残っても素敵です。
この髪型は、ピンで留める分によって、いくらでもアレンジがきくのでおすすめです。
結婚式などではドレスに合うスタイルですし、華やかなスーツなどにも、似合うフェミニンな髪型でしょう。
コツを覚えていつでもできるようにしておくと便利ですね。

結婚式の髪型「ラプンツェル」

最近の結婚式では、花嫁さんが「ラプンツェル」という童話をテーマにした髪型にする方が増えているようです。
ブライダル関係者もおすすめしているこの髪型「ラプンツェル」は、あまり聞き慣れない名前ですが、ジワジワと人気が出てきています。
「ラプンツェル」はグリム童話です。
内容は、塔の上に長い髪をした少女が閉じ込められているのですが、彼女がお話の主人公となっています。
自分の結婚式には「ラプンツェル」のお話に出てくる主人公と同じような髪型にしたいという女性が、海外で増えてきて今や、大人気だそうです。
その影響もあり、日本でも「ラプンツェル」の人気は高まってきています。
クラシカルなタイプのドレスにも似合いますし、今風のドレスにも合う髪型です。
長い髪を三つ編みにして、前や後ろに垂らすというシンプルな髪型ですが、ふわっとさせたり、カールさせたり、アレンジ次第でお姫様のようになりますよ。
本当に可愛いですから「ラプンツェル」のお話を知らない人でも、この髪型の写真を見たら、納得でしょう。
ただ、ロングの方にしかできないので、長く髪の毛を伸ばしている花嫁さんにはぴったりの髪型です。
「ラプンツェル」風に三つ編みした髪はとてもゴージャスですし、そこへお花などのアクセサリーを飾ると結婚式にはとても向いています。
長く伸びた髪を、ざっくりと三つ編みにすることが「ラプンツェル」のポイントなので、美容院ではなくても、ご自分でできるのではないでしょうか。

結婚式の髪型「ラプンツェル」続きその1

「ラプンツェル」はお花などの飾りを控えめにすれば、花嫁さんだけではなく、結婚式のお呼ばれにも似合う髪型ですし、ドレス姿も一層、映えることでしょう。
編みこみとカールを組み合わせると、「ラプンツェル」もよりゴージャスになります。
また、アレンジとして、三つ編みした髪を、さらに三つ編みすることで、凝ったアレンジができます。
「ラプンチェル」は長い髪を三つ編みに垂らすヘアアレンジですが、そこへ、フラワーアレンジを加えると、ぐっと華やかになります。
例えば、バラも淡い色を選べば、キュートな花嫁さんになれますし、真紅のバラでしたら、よりゴージャスな花嫁さんになれるでそう。
白い薔薇を加えれば、大人っぽい髪型にすることもできますし、自分の結婚式でしたら、好きなだけゴージャスにアレンジできることでしょう。
また、普段、あまりヘアアレンジには使わないユリの花も、「ラプンツェル」のヘアアレンジには合うので、結婚式には試してみたいですよね。
お花の代わりにちょっとしたジュエリーを飾ることも海外では人気があります。
フラワーモチーフのジュエリーなどは、特に「ラプンツェル」にはぴったりでしょうね。
花嫁さんが主役ですから、列席者の場合は、「ラプンツェル」に花のアレンジは、ちょっと控えめにする必要があると思います。
髪型にプラスするフラワーアレンジメントの量が多ければ、その分、華やかになりますし、ポイントだけに置けば、シンプルでキュートです。
お花の種類や量によっても「ラプンツェル」の髪型の印象は変わってくることでしょう。

結婚式の髪型「ラプンツェル」続きその2

「ラプンツェル」の髪型は、三つ編みにして残った後れ毛を可愛くカールすれば、上品でおしゃれな髪型になります。
また、結婚式では重要な花嫁さんのブーケ。
このブーケと髪型のフラワーアレンジをコーディネートできれば、上級者でしょう。
海外の方ですと、金髪の方などは「ラプンツェル」のアレンジをすれば、まるでお姫様のように可愛くなるでしょうが、日本人でも安心です。
ブラウン系の髪も「ラプンツェル」は似合いますので、是非、挑戦してみてくださいね。
それから「ラプンツェル」は花嫁さんだけの髪型ではありません。
結婚式に華を添えてくれる、素敵なフラワーガールたち。
彼女たちにも「ラプンツェル」の髪型をしてもらってはいかがでしょうか。
小さい女の子たちにも「ラプンツェル」は似合いますし、とても可愛いと思います。
お子さん達もお姫様になれたようで大喜びすることでしょうね。
結婚式まで髪の毛を大事に伸ばし続けてきた方には、とてもおすすめの髪型ですが、短い方は「ラプンツェル」ができなくて残念ですよね。
ですが、ひょっとしたらエクステンションを使えば、可能かもしれませんので、美容院で相談してみることもよいでしょう。
「ラプンツェル」にとても憧れている方のなかには、「自分の結婚式はぜったいに「ラプンツェル」をする」と、この髪型ができるようになるまでがんばって伸ばしている方もいます。
一生に一度となる結婚式ですから、最高の自分を演出したいですよね。

簡単にできる結婚式用ヘアアレンジ

お友達の結婚式や会社の同僚の結婚式など、ウェディングラッシュになる時期があると、毎回、ドレスにも困りますよね。
同じドレスや同じ髪型ですと、自分もつまらないし、おしゃれする楽しみも半減します。
また、別の会場でまた同じ友達と会ってしまう場合もありますし、できることなら毎回、ヘアアレンジくらいは変えて行きたいですね。
結婚式に出席する際の髪型は、どのようなアレンジにしようか毎回、悩むと思います。
美容院で、そのたびにセットしてもらうこともよいでしょうが、予約して時間も早めに動かなければなりませんし、費用もかかります。
自分でできたらその分、お金も時間も節約になることでしょう。
不器用な方であっても、自分ひとりでできる結婚式用のヘアアレンジがあったら嬉しいですよね。
そんな方のために、ここでは簡単にできるパーティー用の髪型をご紹介したいと思います。
基本は、ゴムで髪を結び、それを土台にして、ねじってとめていくだけです。
簡単なわりには、ゴージャスな仕上がりになりますので、結婚式や二次会、謝恩会、卒業式、成人式などにも向いています。
コツは、がっちり固めないことです。
毛先をフワフワと遊ばせることによって、ソフトな雰囲気に仕上がります。
フェミニンな、かわいらしいヘアスタイルですので、男子ウケもよいでしょう。
輪郭を包み込むように流れている後れ毛がポイントになります。
全体的なイメージは、フワフワでゆるやかになりますから、より女性的な印象を与えることでしょう。

簡単にできる結婚式用ヘアアレンジ続き

簡単ヘアアレンジの方法ですが、まず、耳横のラインから、えり足の部分を分けます。
2パートの毛束に分けたら、左耳の後ろに毛束をねじり上げて、ピンでとめましょう。
次にえり足の上、両サイドを、さらに3束に分けます。
えり足の上、真ん中ブロックは、土台となるのでゴムで結んでおきます。
両サイドの毛束を、ねじり、結んだ土台の部分にピンで留めます。
この時、顔周りに後れ毛を残して置きましょう。
仕上げは毛先を散らしながら、バランスをとりながら、Uピンで崩れないように固定します。
この髪型のボリュームは、左側にあるので、ヘアアクセサリーは、右側につけるとバランスがよくなるでしょう。
カチューシャの場合は飾りが右側にくるようにつけましょう。

この髪型が華やになるポイントは、散らした毛先です。
先にカールをかけてボリュームを出しておくことも良いですし、ピンで留めてからワックスなどで毛先に動きを出してもよいでしょう。
この散らした髪がないと、ただのアップになってしまいボリューム感が出ません。
全体のバランスを確認しながら、毛先を散らし、ピンでとめていきましょう。
全体的にふわっとさせることがコツです。
ヘアアレンジに使うコサージュは、小さなものであっても、大きなものであってもも、どちらもこの髪型に合います。
コサージュは、結婚式などのパーティースタイルでは、ヘアアレンジのポイントになり重宝するのでひとつ持っていてもよいでしょう。
また、同じ髪型でも、コサージュやカチューシャを変えるだけで、イメージが変わります。
このヘアアレンジを覚えておいて、結婚式に呼ばれる度、ヘアアクセサリーでバリエーションが出せればよいと思います。

結婚式用アップスタイル

結婚式などに似合う髪型は、ドレスによってもそれぞれでしょうが、アップスタイルなら、基本的にどんなドレスにも似合いますよね。
普段、髪の毛を下ろしている人が、こうしたパーティーなどで、アップにすると、それだけで、ずっと華やかなイメージになります。
いつも職場で会っている男性達も、きっとドキドキすることでしょうね。
アップアレンジと言っても、一昔前の、キツキツに固めるアップスタイルではなく、カールなどでボリュームを出してあげるのが今風です。
アップにしてあるものの、髪の毛の先にカールがかかっていたり、ゆるく後れ毛が出ていたりする髪形は、女性らしくて男性ウケもよいです。
特に高い位置でアップにすると、襟足がきれいに見えます。
襟足を見せるアップスタイルは、もちろん、着物にも似合いますし、ドレスでも背中が開くタイプは、よりきれいに着こなすことができるでしょう。
襟足に、ほどよく開いた背中、後姿がよりセクシーになりますよね。
女性らしいアップスタイルは、結婚式用の髪型の中でも、より男性たちをドキドキさせるのではないでしょうか。
毛先には、ふんわり感を出しながら、アクセサリーで飾ればゴージャスなウエディングスタイルの髪型になります。
アップスタイルは難しいかと思っている人も多いでしょうが、ポニーテールのような感じで結ぶ方法なら、簡単にできますよね。
あとは、逆毛を立てて、ボリュームを出すだけなので、どなたでもわりと簡単にできる髪型です。
是非、アップスタイルのやり方を覚えてくださいね。

結婚式用アップスタイル続き

ポニーテールのように、髪を上に結び、アップスタイルにする方法です。
まず、髪全体にワックスをつけます。
手のひらになじませてから、髪の毛の全体にワックスをつけていきましょう。
そして、耳から上の髪をとって、左上にまとめたら、ゴムでしっかりと結んでおきます。
崩れにくくするために、ゴムはややきつめに結んでおきましょう。
ポニーテールのように結びますが、やや高めの位置で結ぶことがコツですから、前から見ても見えるくらいの位置にしましょう。
襟足の髪をまとめゴムの根元にピンでとめます。
やや右上にコームを挿しますが、このときにゴムを隠すように飾りましょう。
次に、アップした髪の毛束から少しの量をとり、逆毛を立てていきます。
少しずつ髪をとって、根元からしっかりと、逆毛を立てるのがコツですし、ここでしっかりと逆毛を立てておくと、崩れにくくなります。
逆毛でボリュームが出ますので、髪が短めの方でもきれいなアップスタイルができます。
前髪は後ろに向かってピンでとめます。
ポンパドールのようにふんわりと作っても可愛い髪型になりますね。
仕上げは、全体にスプレーをかけ、長い時間でも崩れにくくしておきましょう。
こうすることで、結婚式から二次会と長丁場になっても安心です。
最後にフラワーアレンジメントを飾ります。
チャームやカチューシャなども結婚式に似合うでしょう。
大き目の飾りですとより華やかになる髪型ですから、結婚式やパーティーにもおすすめです

結婚式の髪型

「自分の結婚式の髪型には、とことんこだわりたい!」という花嫁さんも増えています。
一昔前でしたら、会場の美容師さんがその人やドレスに似合うようにセットしてくれるものでしたが、現在では髪型の希望がはっきりしている花嫁さんが多いです。
式などにお金をかけない、いわゆる「ジミコン」が増えている現在ですが、式にお金をかけなくても、こだわる部分には強くこだわりたいという方が多いのでしょうね。
特に髪型やドレスとなれば、写真に残りますから、それは一生ものです。
自分の納得できる髪型にしたいでしょうし、憧れの髪型というものが誰にでもあると思います。
思い通りの結婚式をするためにも、花嫁のヘアスタイルはとても重要になってきます。
結婚に向けての雑誌もありますし、ネットもありますし、結婚式の情報が入手しやすい時代ですから、髪型も探しやすいですよね。

結婚式において花嫁さんの髪型というものは、基本的にドレスとコーディネートすることになっています。
ドレスに似合う髪型というのが定番中の定番です。
ですから、美容室のスタッフと事前打ち合わせをする際は、ドレスの写真は必須でしょう。
決める順番は、ドレスが先で、試着のときに写真を撮影させてもらい、保存しておきます。
その後に、髪型の打ち合わせをしましょう。
もちろん、ドレスのほかにもヘッドドレス、ヘアアクセサリー、ティアラなど、使いたい小物がドレスに似合うかどうかも考えなくてはいけません。
最近では、和装をしても、かつらをつけない花嫁さんも増えてきています。

結婚式の髪型続きその1

和装に似合う結婚式の髪型もたくさん登場していますし、かつら以外でも、打ちかけに意外と似合うのです。
かつらがイヤだと思っている花嫁さんも実際、多いようです。
洋風の髪型もアレンジ次第で、和装に似合うようになりますから、美容室の担当者と相談してみるとよいでしょう。

結婚式の髪型は、花嫁さんの場合、アップアレンジが基本となっていますが、髪が長い方でしたら、三つ編みにしておろすタイプも最近では流行りつつあります。
どのスタイルであっても、ヘアアクセサリーがポイントになりますので、髪型にこだわるなら、小物にもとことんこだわりましょう。
特に結婚式では、生花をフラワーアレンジとして、髪の毛につけることは定番です。
ビーズなどのアクセサリーだけではなく、本物のお花を使うと、髪型もぐっと華やかになりますのでおすすめです。
好きな花を使うことも良いでしょうし、ドレスの色に合わせた花を選ぶこともよいでしょう。
結婚式ならではの、生花アレンジを楽しんでほしいと思います。
当日、どのような髪型になるのか、不安だという方は、リハーサルをしてくれるところもあります。
別途、料金はかかるでしょうが、実際、当日にセットされる髪型を体験しておけば、そこで似合うヘアアクセサリーも選びやすいですよね。
また、リハーサルしておくことで、ひょっとしたらイメージとかけ離れていることがわかるかもしれません。
なかには「思っていたより自分に似合わなかった」と失敗に気づくこともできますし、その場合は髪型を変更すればよいわけです。

結婚式の髪型続きその2

結婚式の当日、髪型セットが終わって「変更したい」と思っても、無理は利かないでしょう。
髪型に不安を感じている方は、リハーサルしておくことをおすすめします。
また、新郎も髪型のリハーサルをしてくれるところもありますので、お2人で体験しておくと良いでしょうね。
会場の美容室ではなくて、他の美容院でも引き受けてくれますから、髪型の見本を持っていけば大丈夫です。
インターネット上にはおすすめの髪型がたくさん掲載されているので、自分が一番、素敵だと思う髪形をみつけてプリントしておきましょう。
是非、自分たちが納得できる髪型で、結婚式を挙げてほしいと思います。

結婚式会場の美容室にも結婚式用のヘアアクセサリーを用意していますし、レンタルすることができます。
ですが、インターネットショップなどをチェックしてみると、ウェディングに使えるアイテムは店舗よりずっと豊富にあります。
ヘアアレンジに使いたくなる素敵なティアラひとつにしても、ラインナップが多いので、気に入ったものが見つかると思います。
会場の美容室にあるレンタルようのティアラなどは、どの髪型にも似合う、どんなドレスにも似合うような定番のものが多いですので、ネットショップと比べても、品揃えはそれほど多くないと思います。
オリジナルな髪型にしたい方は、自分でヘアアクセサリーを用意しておくこともよいでしょう。
自分に似合う最高のヘアアクセサリーが見つかるとよいですね。

結婚氏のティアラ

結婚式での楽しみと言えば、花嫁さんのドレスや髪型でしょう。
親しい友達ともなれば、その姿が美しすぎて、感動して涙をこぼすこともありますよね。
結婚式は、新婦が一番、輝く特別な日ですし、みなさん、この日のために、自分に似合うドレス、髪型など、悩んだり考えたり探したりと苦労も多いと思います。
結婚式での花嫁さんの髪型と言えば、定番がアップスタイルです。
女性は髪の毛をアップスタイルにすると、雰囲気がガラリと変わりますよね。
うなじがすっきり見えると、背中のラインもきれいに見えますから、ドレスも余計に映えます。
普段から、前髪をおろしている人が、ポンパドールのようにアップしても、だいぶイメージが変わります。
女性はこのようにヘアスタイルで雰囲気が変わってくるので、結婚式では一番、キレイな自分を演出できるようにしたいですよね。
自分が好きな髪型と、自分に似合う髪型が若干、違っていることがあります。
顔の形、輪郭などから、美容師さんたちは似合う髪型をアドバイスしてくれますので、花嫁さんとしては自分の希望の髪形を伝えることも良いですが、プロのアドバイスにも耳を傾けましょう。
例えば、エラがはっているとか、顔が面長だとか、自分がコンプレックスに感じている部分があれば、それを伝えることもよいでしょう。
プロはそこを上手にカバーできる髪型をアドバイスしてくれます。
髪を盛ると小顔に見える効果がありますので、小顔になりたい方は、ボリュームアップした髪型にするとよいでしょう。

結婚式のティアラ続き

結婚式でしたら、やはり花嫁さんの憧れは、ティアラでしょう。
お姫様になったような気分になることができるティアラですから、自分の結婚式の髪型には、ティアラを着用したいと思っている方も多いでしょうね。
アップスタイルでしたら、豪華なティアラも似合いますし、ダウンスタイルでしたら、ゴージャスなものではなく、小さめのティアラが似合うでしょう。
ショートの方でも、ティアラは似合います。
髪の毛をボリュームアップさせるセットでしたら、ティアラが映えますので、ショートの方でも安心です。
ただ、豪華なティアラはお姫様アイテムなので、私たち、日本人の場合、残念ながらティアラに負けてしまう人も多いです。
ゴージャスティアラを付けたい場合は、ロングヘアーでボリュームを出し、髪型もゴージャスにする必要があるでしょう。
最近では、エクステやウィッグも豊富ですから、そのようなアイテムを活用することも良いですね。
ティアラを選ぶ際は、サイズにも気をつけたいものです。
伸びたり縮んだりするタイプではないと、自分の頭の大きさや形に合うサイズのティアラを用意する必要があります。
お姫様のような、所謂、乗せるタイプのティアラ、または、クシになっているタイプのティアラはサイズが合わせられないので、自分に合う大きさで見つけておきましょう。
ティアラが大きすぎても、小さすぎてもおかしいですからね。
カチューシャタイプのように、伸びてサイズが調整できるものもありますので、そちらを活用してもよいでしょう。
憧れのティアラですから、結婚式には自分が一番、美しく見えるものを探せるとよいですね。

結婚式のカチューシャ

結婚式の花嫁さんが髪型に使うアイテムといえば、定番はティアラです。
ですが、最近では、大きい目のカチューシャも人気があります。
確かにティアラはお姫様になったようでとても素敵なアイテムですし、結婚式ならではのものですが、結婚式用のカチューシャもなかなか素敵です。
太め目に作られているカチューシャは、ドレスと生地が同じものを選べば、とてもエレガントな花嫁さんになれることでしょう。
また、ビーズやパールなどで飾られていてゴージャスなカチューシャもあります。
カチューシャは、種類もタイプも豊富なラインナップですから、ベールに似合うものやドレスに似合うものなど、探すことも楽しみのひとつとなるでしょう。
そして、カチューシャの役目はヘアアクセサリーだけではなく、ウィッグでボリュームをアップさせた髪型などは、自分の髪とウィッグとの境目を上手に隠すこともできます。
リボンのようなキュートなカチューシャもありますので、花嫁さんのイメージで選んでもよいと思います。
実はカチューシャなどのレンタル料金は結構高く、良いものになりますと、1万くらいするものもあります。
ですから、結婚式用のヘアアクセサリーを購入する方も増えているようですし、手作りすることも素敵ですよね。
また、わりときれいな中古品もネットオークションなどで出回っています。
気にしない方でしたら、安く手に入る中古品も狙ってみると良いでしょう。
高額なものが破格のお値段でゲットできるかもしれませんからね。

結婚式のヘッドドレス

結婚式の髪型に使うものと言えば、ティアラが定番で、他にもカチューシャなどもありますが、これらを総称するとヘッドドレスと呼びます。
ヘッドドレスという言葉は、聞きなれていない方も多いと思いますが、ヘアアレンジの小物の全般をヘッドドレスと言うのです。
例えば、ティアラやクラウン、カチューシャ、ボンネなどもヘッドドレスです。
ヘッドドレスは結婚式の花嫁さんにとって、とても重要なアイテムですから、ドレスに似合うヘッドドレスを選ばなくてはなりません。
結婚式の衣装というものは、トータルのコーディネートが大切ですから、美容師さんや衣装スタッフなどプロにアドバイスをもらいながらコーディネートしていきましょう。
ヘッドドレスのなかで近年、人気が集まっているものは、生花で作られたカチューシャやティアラです。
ブーケとおそろいの花にすることがポイントで、とても上質なイメージを与えるヘアアクセサリーとなることでしょう。
また、生花ではなく、長持ちするブリザードフラワーをアレンジするヘッドドレスもあります。
結婚式が終わったあと、持ち帰って眺めることもできますので、記念の品にもなりますよね。
ヘッドドレスは、基本的にお色直しをしたら、そのドレスに合わせて変えることになりますので、ドレスを何着か着る予定の方は、ヘッドドレスもその分、必要になりますし、髪型をセットしなおす方もいます。
費用を抑えたいという方は、どのドレスにも似合うヘッドドレスを選び、結婚式の間、通して着用することもアリでしょう。

結婚式の髪型を考えるには

ご自分の結婚式の髪型はドレスを決めた上で、ヘアアレンジを考えることが基本です。
どうしても結婚式で実現させたい、憧れの髪型がある方は、それに合わせたドレスを選ぶ方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、まずはドレス、そして、それに似合う髪型を選ぶことが一般的です。
ウェディングドレスの形によっても、当然ながらそれに似合う髪型は違ってきます。
例えば、可愛いタイプのドレス、Aラインになっているウェディングドレスなどには、可愛い髪形が似合います。
そこで、大人っぽい髪型にしてしまうとミスマッチでしょう。
大人っぽいドレス、例えば、マーメードタイプなどのウェディングドレスを着るのなら、アップスタイルや、サイドに流すなど、大人っぽい髪型が似合います。
ミニのウェディングドレスなどもとても可愛いですし、若い方にはぴったりですから、見にドレスの場合は、クルクルでふわふわ、キュートな髪型がぴったりでしょう。
また、髪型を考える際に、会場のことも頭に入れておかなければなりません。
チャペルの挙式の場合、ベールをつけるタイプが良いでしょうし、ベールの長さも選べますから、会場に合ったスタイルを選びましょう。
本格的な教会でしたら、ベールが長いタイプも素敵ですし、ホテル内などのチャペルでしたら、それほど長くないタイプが合うでしょう。
パーティースタイルの結婚式ならば、ベールはショートがよいかもしれません。
ベールをつけない花嫁さんの場合は、生花をアレンジしたボンネットなども素敵です。
このように花嫁さんの髪型は会場や、ドレスなど、様々な要素を考えて決める必要がありますが、それも結婚式までの楽しみのひとつですから、準備もエンジョイできればよいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。