目の疲れを解消したい

この記事は14分で読めます

マッサージで目の疲れを解消

IT化が進む現代では、仕事で毎日パソコンを使う人も少なくないことでしょう。
そうなると、気になってくるのが目の疲れではないでしょうか。
目薬が手放せないという人も多いはずです。

スポンサードリンク

目の疲れを手軽に解消する方法には、マッサージがあります。
ちょっとしたすき間時間にマッサージをしておくと、目の疲れをためなくて済みます。

パソコンのモニターを凝視していると、どうしても目の筋肉がこり固まってしまいます。
そんなときには目玉をぐるぐると動かし、目玉の体操をするのが効果的です。
上下に動かしたり、ぐるぐる回したりということを1日に2?3回繰り返すと、目の周りの血行がよくなります。

また、こめかみには頭痛や目の充血に効果があるツボがあります。
ここを3?5秒間圧迫したら、離します。
これを何度か繰り返すことで、目の疲れが楽になります。

目が疲れてくると、無意識に目頭を押す人もいるでしょう。
実はここにも目の疲れを解消するツボがあるのです。
だから、自然と押してしまうのですね。
ここを2?3秒間圧迫し、離すということを何度か繰り返すと効果が出てくるはずです。

同様に目の下にも、目の充血やめまいに効くツボがあります。
まっすぐ前を向いたときに、瞳孔のすぐ下あたりにツボがあるので、押してみてください。
ただし、眼球はあまり押しすぎると目にとってよくないので注意が必要です。

どれも特別な器具を必要とせず、思い立ったときにすぐに実践できるものなので、目が疲れてきたなと思ったら試してみてください。

タオルで目の疲れを解消

日中ずっとパソコンのモニターを見ていると、目の疲れで目がショボショボとしてくることも多いでしょう。
さらにひどくなってくると頭痛もしてきたりと、目の疲れはなかなか厄介な症状です。

目の酷使による疲れは、血行不良がその原因であることが多いです。
ですから、血行をよくすることで目の疲れを解消できることがあります。

そこでお勧めなのが、温パックです。
濡らしたタオルをレンジで温め、閉じたまぶたの上に乗せましょう。
すると、目の周りの血管が温かさで拡張され、血行がよくなります。
血行がよくなると、目の疲れも解消されてくるはずです。

充血を伴う目の疲れには、温かいパックよりも冷たいパックがお勧めです。
目の充血は炎症が原因なので、冷やしてあげる必要があります。

水でしぼったタオルを冷蔵庫で冷やしておいたり、氷水でしぼったタオルを目の上に乗せましょう。
目が休まり、充血が解消されます。

毎日パソコンを使う仕事をしている場合は、あらかじめいくつか濡らしたタオルを用意しておくといいですね。
それを冷蔵庫に置いておけば、すぐに冷たいタオルも用意できますし、温めれば温かいタオルとしても使用可能です。

目の疲れを解消せずにそのまま放置しておくと、慢性的に疲れが溜まってしまいます。
いつもそのような状態だと、仕事の効率も落ちてしまいます。
こまめに休憩をしたり、温かいタオルや冷たいタオルで目の疲れをとり、大切な目を守るようにしたいですね。

VDT症候群に注意

「VDT症候群」というものをご存じでしょうか。
毎日長時間パソコンを使っている人や、夜遅くまでゲームをしている人に見られる病気で、気づかない間に発症している可能性もあります。

主な症状としては、視界がぼやけてくる、涙が出ない、ドライアイ、目の充血のような目の症状から、首や肩、背中のこりがひどくなったり、足や腰が痛いなどの体の症状が現れることがあります。
風邪を引いているわけでもないのに頭痛やめまいを感じたり、食欲がなくなるなどの症状が出てくることもあります。

VDT症候群を予防するためには、目を酷使することを避けなければなりません。
パソコンのモニターが発する光や、作業中の姿勢が目の疲れの原因となるため、目にとって優しい環境づくりが必要です。

たとえば、意外とやっていない人が多いのですが、モニターの明るさや角度の調整です。
下を向くような視線でモニターを見ることができるように角度を調整しましょう。
目の乾きやドライアイになるのを軽減してくれます。

モニターから出てくる光の強さを輝度といい、外側からの光の強さを照度といいます。
目安としての輝度は、文字がメインの作業となる場合は100?150カンデラくらい、写真や動画加工などの作業では、それより少し明るめの200?300カンデラがよいとされています。

また、前屈みになったり、猫背になったりするのも目によくありません。
足の裏全体が、床に接するような姿勢を心がけましょう。

これらを守るようにすれば、だいぶ目の疲れは解消されるはずです。
あとは適宜休憩をはさみ、少しずつでも疲れを解消していきましょう。

目の疲れをとるブルーベリーサプリ

目の疲れに良い食べ物といったら、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。
恐らく、多くの人がブルーベリーを思い浮かべるでしょう。
テレビや新聞、雑誌などの広告で目にする機会も多く、ブルーベリーの目の疲れを解消する効果は、たくさんの人が認めるところです。

そういうこともあり、各社からブルーベリーの効果をさらに強化したサプリメントが販売されています。
今では種類もいろいろあり、これからどれを買おうか考えている人もいるかもしれません。

ブルーベリーを用いたサプリメントで最も口コミで評判が良いのが、わかさ生活の「ブルーベリーアイ」です。
1粒でブルーベリー250個分ものアントシアニンが含まれており、他のブルーベリーを使ったサプリの中でも抜群の含有量です。

カナダ産のビルベリーを原料とし、さらにビルベリーエキスをナノ化することで、体内への吸収力が非常に高まっています。
目の疲れを解消する効果が比較的早くに実感できる人気のブルーベリーサプリです。

次に人気があるのが、やわたの「北の国から届いたブルーベリー」です。
こちらは1日1粒を飲むだけでいいので、続けやすいと評判です。
毎日何粒もサプリメントを飲むことが苦手な人も多いですからね。

また、目の疲れを解消するアントシアニンだけでなく、ビタミンAやDHA、タンニン、EPA、コエンザイムQ10など、身体にとって良い成分がたくさん入っているのも嬉しいところです。
サプリでしっかりと目のケアをしつつ、あまり酷使しないようにしたいものですね。

スマートフォンの使いすぎに注意

もはやスマートフォンを手離せないという人は少なくないかもしれません。
今やガラケーを持っている人の方が少数派で、ほとんどの人が毎日スマートフォンを使っています。

そこで気になってくるのが、目の疲れです。
仕事でパソコンを見て、家ではテレビを見て、空いている時間にはスマートフォンを見て、ということを毎日していれば、当然目の疲れもひどくなってきます。

あるデータによると、携帯電話でネットにつないでいた時間よりも、スマートフォンでネットにつないでいる時間の方が5倍以上も多いとも言われています。
知らず知らずのうちに、スマートフォンを見ている時間が1日に2時間以上もあるということは珍しくはないようです。

目の疲れ程度なら適度に休憩を取ることで解消することができますが、さらに状態が悪化してしまうと、いろいろな症状が現れてきます。
目を酷使し続けると、知らない間に片目だけで画面を見るようになってしまいます。
この状態のままでいると結果的に左右の視線がずれてしまい、斜視の原因にもなりかねません。

スマートフォンを使いすぎないためには、まず自分が1日にどのくらい使っているのかという時間を知るべきです。
改めて記録してみることで「こんなに使っていたんだ」と驚かれるかもしれません。

また、歩いているときには、スマートフォンを使わないようにしましょう。
これだけでかなり疲れの解消につながります。
歩きながらスマートフォンを使う「ながらスマホ」は、安全面でも好ましいことではありません。

近くで画面を見続けてしまうのを防ぐためには、2?3分に1度は視線を外すようにするのもいいでしょう。

ブルーベリーが目に良い理由

ブルーベリーが目の疲れに良いということは知っている人も多いことでしょう。
しかし、ブルーベリーのどのような成分が目の疲れの解消に役立っているのかは、ご存じない方も多いのではないでしょうか。

ブルーベリーやビルベリーといったベリー類やカシスなどには、「アントシアニン」という成分が含まれています。
この濃い紫色をした色素が、目に効く成分なのです。

アントシアニンには、体内に吸収された後、ロドプシンという成分を生成する手助けをします。
ロドプシンは、目がものを見るために必要な成分です。
ロドプシンが出来ることによってものが見えやすくなり、疲れにくくなるためにアントシアニンが目に良いとされているのです。

また、アントシアニンの利点として、即効性が高いということが挙げられます。
アントシアニンを摂った場合、数時間でその効果が現れてきます。

しかし、その分失われるのも早く、24時間後には、その効果が失われてしまうということです。
そのため、上手く効果を継続させるためには、定期的にアントシアニンを摂る必要があるわけです。

体内でロドプシンを生成するためには、大量のアントシアニンが必要になります。
これをブルーベリーを食べることで補おうとするならば、たくさんのブルーベリーを毎日食べる必要があります。
それはちょっと現実的ではないですよね。

そこで効率よく成分が抽出されたサプリメントが役立つわけです。
うまくサプリメントを利用して、目の疲れの解消に役立てたいですね。

目に大切なビタミンとは

健康な体をキープするのに大切なビタミンにはいろいろなものがありますが、目に影響を及ぼすビタミンは、どれだかご存じでしょうか。

ビタミンの中には、欠乏すると夜盲症、いわゆる鳥目になってしまう恐れがあるものがあります。
夜盲症になってしまうと、周りが暗くなったときにものが見えにくくなってしまいます。

そのビタミンとは、ビタミンAです。
ビタミンAが不足してしまうと、目にとって非常に危険な状態になる可能性があります。

ビタミンAを多く含む食品には、うなぎ、レバー、たまごやチーズなどをはじめとした動物性食品があります。

また、ビタミンAが不足していると、代わりにベータカロチンが同じような働きをしてくれます。
ベータカロチンは、緑黄色野菜に多く含まれています。
ニンジンやほうれん草、ブロッコリーなどは油との相性がいいため、おいしく摂ることができるのも嬉しいところです。

これらの食品をバランスよく摂ることで目の疲れの解消にも効果があり、目の健康を保つことができます。

しかし、注意も必要です。
ビタミンAは摂りすぎてしまうと、頭痛や肝機能障害、吐き気や下痢といった身体の不調が現れることがあります。
特に妊娠している場合は、お腹の赤ちゃんに悪影響な場合もあるので要注意です。

一方、ベータカロチンは体内に必要以上に蓄積されることがありません。
こちらはすぐに排出されるため、さほど神経質になる必要はないでしょう。

サプリメントや錠剤でうまくビタミンAを摂りつつ、目の疲れの解消に役立てたいですね。

お風呂で目の疲れをとろう

目の疲れを解消するには、精神的なリラックスも大きな効果があります。
神経が休まっていないと、なかなか目も休むことができません。

一日のうちで最もリラックスできる時間といえば、多くの人にとってお風呂の時間ではないでしょうか。
お風呂に本やスマートフォンなどを持ち込む人も多いようですが、目を休めることを考えると、何も持ち込まない方がいいかもしれません。
湯船につかっているときにお風呂のお湯でホットタオルを作り、目の上に当てましょう。
そうすると血行が良くなり、目の疲れの解消に役立ちます。

また、シャンプーする際にしっかりと頭皮をマッサージすると、視神経からくる緊張を和らげることができるので、こちらもお勧めです。

普段生活していると、目は膨大な情報を処理しています。
たくさんのものの形や色、明るさなどを休むことなく脳に伝えているのです。
そこにさらにパソコンのモニターやスマートフォンの画面などを見ているのですから、ほとんどの人は毎日目を酷使していると言ってもいいでしょう。

ですから、せめてお風呂の時間だけでも目をそんな状態から解放してあげ、目以外の身体の刺激を楽しみましょう。
自分が好きな入浴剤や石けんの香りを楽しんだり、アロマなどをつけてリラックスするのもいいですね。

目以外の身体のいろいろな部分を使って刺激を受けることができる入浴時は、睡眠時とはまた違ったリラックス効果があります。
ぜひ、お風呂の時間を有効に使って、目の疲れ解消に役立てましょう。

目の疲れにすぐ効く目薬の使い方

目の疲れや乾きの解消のために、普段から目薬を手放せないという人も多いのではないでしょうか。
目薬は直接目に作用するため、すぐにその効果を実感できます。
栄養分や水分も補給できますし、もちろん目の疲れも解消してくれます。

しかし、正しい使い方をしなければ、十分な効果は期待できません。
そこで、上手に目薬を点すためのポイントをおさえておけば、より効果がアップします。

まず基本的なことですが、キレイな手で目薬を触るようにしましょう。
洗ったり、除菌しておくといいですね。

目薬の点し方は、自分なりの方法でOKです。
下まぶたを引いてもいいですし、目を大きく開いてもいいです。

大切なのは目薬を点した後です。
ほとんどの人が、ギュッと目をつぶったり、まばたきをしてしまったりするのではないでしょうか。
実はこういうことをしてしまうと、せっかく点した目薬が流れ出てしまいます。

ポイントは、目薬が流れないようにすることです。
ですから、そっと目を閉じて、しばらくじっとしておくのがいいでしょう。
そして十分に目薬が目に入ったなと思ったら、ティッシュなどで周りを拭き取ります。

目薬の先を目に近づけすぎてしまったり、まぶたやまつげから流し入れたりする点し方は、バイ菌が入りやすくなってしまうので注意しましょう。
よく効くようにとたくさん入れようとしても、結局流れ出てしまうのであまり効果はありません。
決まった容量、用法で正しく使い、目の疲れ解消に役立てましょう。

目薬の種類

ドラッグストアに行くと、たくさんの種類の目薬が売られています。
あんなにたくさんあると、どれが自分の症状にあっているのか、迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。
ドラッグストアには薬剤師さんがいるので、どれがお勧めか聞いてみるのもいいでしょう。

目薬の種類は、大まかにいくつかに分けることができます。

ひとつがビタミン成分が配合されているものです。
目の疲れを解消したいという方には、こちらがお勧めです。

ビタミンEは目のかすみに、ビタミンB群は目の充血に効果があります。
たっぷりと栄養を補給して、目の疲れ解消に役立てましょう。

普段から長時間パソコンを使って仕事をしている人や、ドライアイの症状がある人には、保湿成分が入ったものがお勧めです。
保湿やうるおい成分が配合されている目薬を選びましょう。

花粉症をはじめとしたアレルギー症状によってかゆみや違和感がある人には、抗ヒスタミン剤が配合された目薬がお勧めです。
これを使うことで、症状が和らぐはずです。

ものもらいや結膜炎などになった場合は、抗菌剤が入った目薬を選ぶといいでしょう。
ただし、眼病は目薬だけでは症状が改善されないこともあります。
そのような場合は、眼科を受診しましょう。

よく効くようにと、決められた容量以上に目薬を使うことはお勧めできません。
回数を増やしすぎるのも、目に負担をかける恐れもあります。
しっかりと説明書に従い、正しい使い方を心がけましょう。

血行をよくして目の疲れを解消する

目の疲れを解消する方法として手軽にできるのが、目を温めることです。
同じものをずっと見続けていると、目は凝り固まってしまいます。
ちょうど肩こりと同じような感じですね。
そんなときには目を温めて血行をよくすると、凝りが楽になります。

最も簡単な方法は、自分の手のひらで目を温めることです。
手が冷たい場合は、手をこすり合わせて少し温めておきましょう。

閉じた目の上を、手のひらで覆うだけでリラックスすることができます。
目を閉じることで、視神経も休まります。
これなら場所を問わずできますね。

もっとしっかり目の疲れを解消したい場合は、蒸しタオルがお勧めです。
濡らしたタオルを電子レンジで1分ほど温め、目の上にのせましょう。
あまり熱くなりすぎないように注意してください。

また、バンザイをして、手を頭の上に上げることで、身体の血の巡りがよくなります。
さらに脇の下を温めるとより血液の循環が促されるので、肩こりや頭痛などがあるときにも効果的です。

血行がよくなれば、だいぶ目の疲れも回復してくるでしょう。
温めるだけでなく、冷やしたりもすると、より血行促進につながります。

アイスパックやジェルなどを併せて使用し、冷やしたり温めたりを繰り返すことで血行がよくなり、目の疲れだけでなく身体全体のリラックスにもつながります。
痛みなどもなく手軽にできる方法なので、血の巡りが悪くなってきたなと感じたときに、ぜひ一度試してみてください。

目の疲れに注意

目の疲れとひと言でいっても、人によってその症状はさまざまです。
疲れを感じる頻度も、毎日であったり、たまにであったりと、その人によって異なってくるでしょう。

パソコンのモニター、テレビ、携帯ゲーム機、スマートフォンなどをいつも使っている現代人にとって、目の疲れは避けては通れない問題かもしれません。

目の疲れとして代表的な症状は、「目がショボショボする」といったものでしょう。
また、「ものを見ていると疲れる」ということもあるかもしれません。
これらを感じたことがない人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

目薬を点しても乾いた感じが解消されない場合は、ドライアイの可能性もあります。
視点をパッと変えたときに、焦点がぼやけるという症状がある場合は、近視や乱視が進んでいる恐れがあります。
それによりさらに物が見えにくくなり、余計に疲れを感じ、悪循環に陥ってしまいます。

目の疲れとは目だけにおさまらず、身体の多くの部分に症状が出てきます。
疲れを解消しないままでいると、肩こりや首のこりにつながったり、頭痛や胃痛などを引き起こすこともあります。

このように目の使いすぎは、身体全体の不調の原因となるため、早めにケアする必要があります。
そのまま放置しておくと、仕事や勉強などにも支障が出てきますし、目も悪くなってしまいます。
こまめに休憩を入れたり、目薬やサプリを摂るなどして、あまり目を酷使しすぎないように気をつけましょう。

メガネやコンタクトによる目の疲れには

視力の低下は現代人の悩みの一つではないでしょうか。
普段から、メガネやコンタクトレンズを使用している人も多いでしょう。

メガネやコンタクトレンズは、定期的に度数がちゃんと合っているかどうか調べる必要があります。
度数が合わないままでいると、目の疲れを引き起こしたり、さらなる視力低下につながったりします。

毎日コンタクトレンズをしている人は、目が乾燥しやすくなっています。
目の乾きを感じたら適宜目薬を点すようにし、部屋の湿度にも気をつけましょう。
コンタクトが目に入っている状態は、特に目の疲れを感じやすいものです。
寝る前には外してから休むなど、あまり負担がかからない使い方を心がけましょう。

メガネの場合は、コンタクトほど乾きやすくなるということはありません。
しかし、フレームの形によって視界が狭くなりがちです。
広い視界が確保できるものや、縁なしのメガネにすると、以前より疲れが解消されることがあります。

また、パソコンを使うことが多い人は、近距離に適したメガネを用意しておくのもお勧めです。
近くのモニターを見るのに、強い視力は必要ありませんよね。
そのため、目への負担が小さくなるようなメガネがあると便利です。
最近はパソコンでの作業に適した加工がなされているメガネもあるので、そのようなメガネを買ってみるのもいいかもしれません。

度数が合っていないと、特に目を酷使していなくても疲れを感じやすいものです。
定期的に点検し、ピントが合うようになると、目の疲れも解消されるかもしれません。

眼精疲労に注意

「眼精疲労」という言葉をご存じでしょうか。
人によっては、目の疲れを難しくした言い方が眼精疲労だと思っている人もいるかもしれません。

実は、眼精疲労と目の疲れは、意味合いが少し異なります。
感覚としては、目の疲れが重症化したものを眼精疲労と呼びます。

通常、目が疲れている場合は、マッサージやツボ押し、睡眠などの休息をとることで、ある程度疲れがとれるものです。
目薬を点せば、ある程度楽になるという人がほとんどでしょう。

しかし眼精疲労の場合、休んでもなかなか目の疲れが解消されません。
または、多少症状が解消されたとしても、すぐに症状がぶり返してしまうのです。
自分でケアをしても全然疲れがとれないなと感じる場合、眼精疲労である可能性が高いと考えられます。

眼精疲労は、ただ何かを見ているだけで目に痛みを感じたり、目を開けているだけでまぶしさを感じたりします。
そのため、日常生活にも支障が出てきます。
それがどんどん悪化してしまうと、体調不良にもつながってきます。
重度の頭痛や吐き気を感じるような場合は、医師に相談してみることをお勧めします。

重傷な眼精疲労は、医師による専門的な治療やアドバイスが必要となるケースが多いようです。
そのため、なかなか目の疲れがとれない場合は、一度眼科で受診してみるといいでしょう。

現代社会では、どうしても目を酷使してしまう生活になりがちです。
普段から意識して目を休めるなど、あまり目に負担をかけすぎない生活を心がけることが大切です。

飲む目薬ルテイン

目の疲れを解消する栄養素として、最近注目を浴びているのが「ルテイン」です。
目のビタミンとも呼ばれるルテインは、目の網膜や水晶体に作用できる唯一の栄養素です。

ルテインは、ケールやほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれています。
特徴としては、抗酸化作用がとても強力であるということが挙げられます。

抗酸化作用という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際にどのような効果であるかということを知っている人は少ないのではないでしょうか。
身体にさまざまな悪影響を及ぼす活性酸素というものがあります。
抗酸化作用は、この活性酸素を抑える効果があります。
身体の部分の中でも、目は特に外気に触れたり、紫外線を浴びる機会も多いため、活性酸素の影響を受けやすいといえます。

そんな目を守ってくれるルテインですが、実は体内で合成することができません。
そのため、年齢を重ねるごとに減少してしまいます。
目の衰えや、疲れを解消するためには、ぜひこのルテインを摂りたいものです。

青汁の材料として有名なケールにも、このルテインが多く含まれています。
ただし、野菜に含まれているルテインの量はごく少量のため、なかなか十分な量を摂取することができません。

そこで、錠剤やサプリメントを利用して、ルテインを摂ることをお勧めします。
錠剤などに使われるルテインは、マリーゴールド由来のものがほとんどです。
飲む目薬とさえ言われているルテインを摂って、目の疲れ解消に役立てましょう。

目にいいお茶

目に良い薬草として古い歴史があるアイブライト。
紀元前のギリシャから、ヨーロッパの間で目の薬として使われており、現在ではハーブティーとして摂ることが一般的になっています。

アイブライトには、炎症を抑える作用や、抗菌作用などがあります。
そのため、ものもらいや結膜炎などの眼病に効果があるとされています。
また、すっきりさせる効果もあるので、花粉症をはじめとしたアレルギー症状にも有効です。

古くからヨーロッパで愛用されてきたハーブですが、効果や安全性などについては、実はまだよく分かっていません。
しかし、歴史あるハーブのため、今でも愛用している人は多いようです。

また、日本には、目の疲れを解消するものとして「メグスリノキ」を使ってきました。
メグスリノキの樹皮や幹から抽出される成分はさまざまな目の症状に効果があり、昔から日本人の目を守ってきた実績があります。

メグスリノキはお茶として飲むことができ、味にもそれほどクセがないため、飲みやすいのが特徴です。
目の疲れ解消だけでなく、肝機能障害や、動脈硬化にも効果があると言われているため、積極的に飲みたいお茶のひとつです。

アイブライトもメグスリノキも、お茶として飲むことができるので、摂るのにはそれほど抵抗がないでしょう。
もともとお茶には気分をリラックスさせる効果もありますので、目の健康が気になる人は、積極的に飲んでみると、目だけでなく精神的にも効果があるかもしれません。

目の疲れ解消に役立つ家電

現代人にとって、目の疲れは切っても切り離せない悩みのひとつです。
職場ではパソコン、移動中はスマートフォン、家に帰ってテレビとなると、目も休まるときがありません。
コンタクトレンズの使用も目に負担をかけてしまう原因のひとつです。

そのため、最近では目の疲れを解消するグッズがどんどん増えてきています。
定番のものだと目薬や温パックなどがありますが、新しいものとして、目の疲れ解消を目的とした家電も発売されています。

パナソニックから販売されている「目元エステ」という美容家電は、発売直後から売り上げを伸ばした人気商品です。
目元をヒーターやスチームで温め、さらに保湿までしてくれます。
目の疲れは血行の悪さが原因であることも多いので、これによりかなり改善されるでしょう。

それに加え、リズムタッチというマッサージ機能もあり、ちょっとした空き時間にも十分にリラックスすることができます。
開発にあたり、眼科や皮膚科の医師、さらにはエステティシャンなどからも聞き取り調査を行い、さまざまな意見を取り入れたそうです。

もちろん安全性もばっちりで、すべてを検査してから出荷しているとのこと。
この辺りは、日本のメーカーであるパナソニックなので安心できますね。

さらに「目元エステ」は目の疲れを解消するだけでなく、クマにも効果があります。
気持ち良すぎて、使用したまま寝てしまうという感想もありました。
普段から寝付きが悪くて、なかなか眠れないという人にもお勧めの商品です。

目の疲れを放置しない

あらゆる病気に共通していえることは、「早期に発見した方が治りやすい」ということです。
何らかの症状が現れてきたら、すぐに医師に相談して治療に移れば、治る可能性も高いでしょう。
逆にそのまま放置してしまうことは、非常に危険であるといえます。

目の疲れは眼精疲労につながり、さらに悪化すると肩こりや頭痛が起こったり、全身の血行に悪影響が出たりする恐れもあります。

しかしながら、「毎日パソコンで仕事をしているから、目の疲れは当然」「最近テレビの見過ぎだから目が疲れているだけだ」などと自分で判断してしまい、そのまま疲れを解消せずに放置してしまうと、慢性的な眼精疲労を見落としかねません。

目の疲れを感じた場合、最も手軽な対処方法として、目を冷やすことが挙げられます。
もちろん冷やすといっても、まぶたに直接氷をつけるなどということはお勧めできません。
冷パックなどで、目の周り全体を冷やすのが効果的です。

また、冷やすのではなく、温めることにより血行を促進させ、目の疲れを解消するという方法もあります。
こちらも温パックや、温かいタオルやおしぼりで目を覆うようにすると、だいぶ疲れが和らいでくるはずです。

さらに疲れを解消したいというときには、目の疲れをとるツボを刺激するのもお勧めです。
眼球の下と両脇に目の疲れに効くツボがあるので、それらを刺激することで、だいぶ疲れを取ることができます。

大切なのは、あまり目を酷使しすぎないということです。
こまめに休憩を取り、目を休めることが大切です。

目にいいビタミンが含まれている食材

最近は、目の疲れや肩こりなどを解消するためのサプリメントがたくさん発売されています。
もちろんそれらも有効的ですが、まずは基本となる食事を見直すことが大切です。

ビタミンの種類はいろいろあり、どれがどのような効果を持っているのか、またどんな食材にどのビタミンが含まれているのか、なかなか分からない人も多いことでしょう。
ここでは代表的なビタミンと、それを多く含む食材について挙げていきます。
ぜひ参考にして、目の疲れや肩こり解消に役立ててください。

筋肉の疲労や回復、神経の機能維持に効果がある栄養素は「ビタミンB群」です。
ビタミンB1は、豚肉やウナギ、レバーなどに、ビタミンB2は牛乳、納豆、卵、ビタミンB6は、マグロやカツオ、サンマ、ビタミンB12は、貝類やサバ、イワシなどに含まれています。

ビタミンB群が不足すると、目の疲れがひどくなるといわれています。
疲れを解消するために、ぜひとっておきたいビタミンです。

目の乾燥を防ぐ効果があるのは、「ビタミンA」です。
バターやチーズ、マーガリンを初めとした乳製品や、しそ、小松菜、ほうれん草などの野菜、その他、レバーや卵黄、魚卵などに含まれています。
ビタミンAが足りないと目が乾燥しやすくなるばかりではなく、皮膚や粘膜が角化してしまう恐れもあります。

「ビタミンE」には、血行を促進してくれる働きがあります。
ウナギ、カレイ、鮭などの魚類や、アスパラガス、かぼちゃ、ニラなどの野菜に含まれています。
毛細血管を拡げる働きがあり、血行促進につながります。

目の疲れを軽減してくれるアプリ

毎日スマートフォンが手放せないという人は少なくないことでしょう。
メールや電話をはじめ、TwitterやFacebookなどのSNS、こまめにニュースサイトやブログなどをチェックしている人も多いのではないでしょうか。

歩きながらもついスマートフォンを見てしまう人もいるでしょうし、起きたらすぐにチェックする習慣がついている人もいるのではないでしょうか。
それを毎日続けていれば、当然目の疲れもたまってきます。

パソコンやスマートフォンから、ブルーライトが出ているという話を聞いたことがあるでしょうか。
強い光を発するものには、ブルーライトが含まれています。
このブルーライトを浴びると脳が覚醒状態になり、夜であっても朝がきたと身体が勘違いしてしまうのです。
そのため、目が冴えてなかなか眠りにつけなくなってしまいます。

また、ブルーライトはその特性から、まぶしさを生み、それが目の疲れにつながります。
しかし、夜寝る前にもスマートフォンをチェックしておきたいという人は多いでしょう。

そんな人にお勧めなのが、「Twilight (トワイライト)」というアンドロイド用のアプリです。
このアプリは、日没の時間に応じて画面にフィルターをかけ、画面から出るブルーライトの量を軽減してくれる働きがあります。
そのため、ある程度の目の疲れ解消が期待できるのです。

強い光を夜に浴びることは健康にもよくないといわれているため、このアプリを使ってみるのがいいかもしれませんね。
もちろん、しっかりと休憩を取って目を休めることが目の疲れ解消には一番です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。