生命保険を見直す理由

この記事は14分で読めます

生命保険の見直し

メルマガなどで生命保険の見直しについての広告が出ていることがあります。
このような記事やメールを読んだことがあるでしょう。
生命保険を見直すポイントについて考えてみましょう。
見直しのポイントは保険内容に無駄がないかと言う点です。
生命保険に一度加入すると、長く続けてしまうものです。
しかし、医療技術の発展に伴って、病気の形態が変わってきます。
昔は長期入院が普通でしたが、現代においては通院だけで済む事例の方が多くなってきたのです。
何日間入院すれば保険が支払われるかと言うことがポイントとなります。
また、最近の生命保険の傾向として医療保険と分離しているものがほとんどです。
死亡時の保険はある程度考えておき、病気については細かく決めるスタイルです。
もちろん、医療保険は別の保険会社と言うパターンもあるでしょう。
月々の保険料支払いを減らすことも目的の一つです。
保険料が家計を圧迫している話はあなたも聞いたことがあるでしょう。
生命保険の見直しを考えるなら、まずは自分が加入している保険の内容をきちんと把握することです。
どのような形で病気になるかを予想することはできませんし、ましてや事故などでの死亡は考えられないでしょう。
生命保険に加入する理由は、万が一のことを考えてです。
残された家族の生活をある程度保障することがポイントです。
つまり、過剰な保障は意味がありません。
掛け金を高額にすることで、保険の支払いは多くなりますが、普通の人にとってはあまり意味ないでしょう。

スポンサードリンク

生命保険の違い

生命保険にはいろいろな種類があります。
見直しのポイントはその違いを知ることから始まります。
現在販売されている生命保険の違いを知ることも大切ですが、すでに加入している保険との違いの方がもっと重要です。
生命保険に入っている人の多くが見直しを考えています。
現代のように保険料が安い商品がどんどん登場するようになりました。
ポイントは保障内容と保険料でしょう。
もちろん、保険料は安い方がいいですが、それだけで決めるわけにはいきません。
生命保険は結婚したころに加入している人が多いでしょうが、それから長い年月が経ち、家族構成も変わりましたし、家族の収入状況のかなり違うはずです。
それでも同じ生命保険に入っていていいのかと言う不安が見直しへとつながっていきます。
また、医療の状況が大きく変わったこともあります。
昔のがんは不治の病でしたが、現代ではかなりの割合で完治することができます。
入院さえせずに済ませられるケースもあります。
このような状況でずっと同じ生命保険に入っていることは大きな無駄と考えていいでしょう。
保険会社ごとの違いを考えることも大切ですが、自分にとってどのような保険が必要なのかを考えることから始めましょう。
自分に万が一のことがあった時に、どれくらいのお金があればいいのかと言うことです。
病気になった時はどうでしょうか。
誰でも病気になりたいと思っているわけではありませんし、長生きをしたいと思うでしょう。
ただ、生命保険に入らないと言う選択肢はないと考えるべきでしょう。

生命保険のポイント

生命保険とはどのような保障をするものでしょうか。
ほとんどの人が生命保険に入っていますが、その内容を正確に把握している人は少ないかもしれません。
見直しをしようと考えて、初めて自分の生命保険を調べてみる人もいるのです。
見直しのポイントは現在の保険の内容を確認することから始まります。
保険の種類を紹介しましょう。
医療保険、がん保険、終身保険に大きく分かれます。
それぞれの目的を確認することがポイントです。
生命保険の比較サイトなどがたくさんありますが、それらを自分なりに理解することを心がけましょう。
医療保険は病気になった時の保障をしてくれますが、入院時、通院時で保障内容が異なります。
保険会社ごとの比較サイトを見れば、違いがわかるでしょう。
ただ、自分がどのような病気にかかるかを予想することはできませんから、病気になった時に困る人は誰なのかを想像してみることがポイントでしょう。
保険金は自分がもらうのではなく、家族や配偶者がもらうことになると言うことです。
がん保険など特定の病気に限定した保険も少なくありません。
特定の病気は医療費が高額となり、家計を圧迫する可能性が高いからです。
終身型と更新型では一生涯を保障するかどうかの違いです。
日常の中で病気や死亡を考えることはあまりありませんが、いつかその時が来ることは避けられません。
長い人生の中でどのようなことが起こるかわかりません。
万が一のことを考えるのが生命保険と言えるでしょう。

生命保険見直しのススメ

生命保険会社は日本に50社ほどもあります。
その中からどこを選ぶかは非常に難しいですね。
特に見直しを考えている場合、生命保険のポイントを押さえておくことが大切です。
また、定期的に見直すことで有利な条件となる可能性が高いでしょう。
生命保険の見直しのススメは保険見直し本舗はどうでしょうか。
保険の見直しだけでビジネスが成り立っていることは、多くの人が生命保険に関心を持っていることを示しているでしょう。
保険見直し本舗の内容を紹介しましょう。
すでに入っている保険が適切なものか、見直しをする必要がないかの相談に乗ってくれます。
もちろん無料です。
時代の流れとともに生命保険の性質も変わっていきます。
どんどん新しい保険商品が登場します。
数年前に加入したままの保険では最適ではなくなっているでしょう。
ファイナンシャルプランナーが保険の見直しを検討してくれます。
保険会社の営業マンも見直しの検討はしてくれますが、自社の商品を売ることが目的ですから、他社との比較をするわけではありません。
その点、保険見直し本舗ならどこの保険会社に対しても中立の立場でアドバイスしてくれるでしょう。
また、日ごろから思っている疑問点にも回答してくれるでしょう。
ポイントは保険のことなら何でも知っていると言うことですね。
このような保険の見直しが注目されるようになったのは、ごく最近のことです。
外国の企業の生命保険が日本でも利用できるようになったことが一番の要因かもしれません。

生命保険と医療保険

生命保険と医療保険の違いを知っていますか。
わかりやすく言うと生命保険は死亡時に支払われる保険であり、医療保険は病気になった時に支払われる保険です。
多くの人が生命保険の見直しを考えていますが、そのポイントをしっかりと理解しておかなければなりません。
ポイントがずれていれば、見直す意味がなくなってしまいます。
見直しが必要なのは、時代の流れとともに医療の状況が変わってきたからです。
技術の進歩で入院せずに病気を治療することができるようになりました。
これまでの医療保険では5日以上の入院で給付金が出るタイプが大半でしたが、そこまで入院しないケースが増えてしまったのです。
保険会社が増えたことも要因です。
新しい会社が登場して、掛け金が安いと評判になっています。
インターネットを利用してどんどん宣伝していますから、多くの人が関心を寄せているのです。
医療保険は年齢によって状況が異なります。
いつまでも健康でいたいと考えていても、病気になってしまうことは避けられません。
命の確実な保障があるわけではありません。
残された家族への保障をどう考えるかと言うことです。
子どもたちがすでに大きくなっているならば、金銭を残す必要もないでしょう。
家族構成が変わることは生命保険を見直す理由となります。
いずれにしても、保険の仕組みと見直した時に掛け金がどう変化するかを十分理解しておきましょう。
ほとんどの場合、見直しによって安くなると思って間違いありません。

アメリカンファミリーの生命保険

アメリカンファミリーはアフラックでおなじみの保険会社です。
生命保険の見直しを考えているなら商品のポイントをしっかりと押さえておきましょう。
アメリカンファミリーの「ちゃんと応える医療保険」を紹介しましょう。
この生命保険のポイントは短期の入院や入院前後の通院の保障がついていることです。
現代の生命保険の見直しが注目されているのは、がんなどの不治の病と考えられてきた病気がかなり治療できるようになってきたからです。
また、入院期間の短縮されるようになりましたから、従来の保険では保険金が支払われないケースが多くなったのです。
せっかく保険に加入していても保険金が出なければ意味がありません。
病気になりたいわけではありませんが、万が一の時にしっかりした保障が必要なのです。
それが生命保険の存在意義でしょう。
アメリカンファミリーはそれに応えるための医療保険EVERを商品化しています。
入院保障として、5日未満の入院の場合でも一律5日分が支払われます。
また、退院後の120日間、入院前の60日間の通院でも支払われます。
もちろん、特約を付ければ先進医療も保障されます。
女性向けのレディースEVERもあり、女性特有の病気にも対応しています。
自分がどのような医療保険を考えているかによって、選ぶ保険は違うでしょうが、それぞれの保険会社の考え方を確認しておくことが大切でしょう。
日ごろは健康のことを考えないかもしれませんが、病気になってからでは遅いのです。

生命保険の支払い

生命保険が支払われるのは死亡したり障害者となったりした時です。
もちろん、実際に加入している生命保険のタイプによって、実際に支払われる金額は異なってきます。
生命保険に何となく入るのではなく、しっかりと保障内容を確認しておくことがポイントです。
保険の見直しを考えている人もいるでしょうが、ポイントがずれた見直しとならないようにしたいものです。
日本全国でどれくらいの生命保険の支払いが行われているのでしょうか。
保険の支払いについては受け取る方が申告しなければなりませんが、事由が明確な場合は難しい手続きではありません。
まずは保険会社に問い合わせることが一番早道でしょう。
必要な書類を病院や市役所などから取り寄せる必要があるからです。
保険金の支払い状況についてある保険会社の例を紹介しましょう。
平成20年度からの記録を時系列に見てみますと、平成24年度までで少しずつ増加しています。
支払いの申請が行われて、実際には支払われなかったケースは全体の5%程度です。その理由は様々でしょうが、保険の支払い条件に該当していないためです。
生命保険や医療保険はどのような時に保険金が支払われるのか明確に規定されています。
その条件を幅広くするためには特約などを付けなければなりません。
もちろん、保険料は高くなっていきます。
高い保険料を支払っても、手厚い保障を考えておきたいと思う人もいるでしょう。
どのような形の生命保険がいいのかは、収入などを考慮しなければなりません。

生命保険の変遷

生命保険会社はたくさんありますが、社名の変更や合併などを繰り返しており、どんな会社だったのかよくわからないことも多いのではないでしょうか。
日常生活で生命保険のことを考えている時間はあまりありませんが、今自分がどのような保険に入っているかのポイントを押さえておくことは大切です。
もちろん、生命保険の見直しを考えているなら、どのようなポイントを主眼に置くかが大切になります。
生命保険は保険会社の移り変わりだけではなく医療技術の変遷にも大きく影響されています。
医療技術の進歩によって入院日数が極端に短くなりました。
切開をせずに手術できることも少なくありません。
これまでの保険の主流は死亡保険に医療特約を付けたタイプでしたが、現在は死亡保険と別に医療保険を組むことが多くなりました。
医療保険では入院時の保険金支払いが1日目から行われます。
以前は5日以上の入院で5日目から支払われていたのですが、入院日数が短くなり保険の支払いを受けられない人が増えてきたのです。
病気の内容は同じでも、医療技術の進歩によって保険が支払われなくなるのです。
保険会社もこの事態を無視していたわけではなく、自然と現状に適応した保険商品を販売するようになりました。
しかし、以前から加入している保険は見直しを行わなければ、そのままの契約内容となります。
生命保険の見直しが注目されているのはこのような理由によるものです。
見直しのポイントは保険の適用条件を確認することです。

生命保険と家族

基本的な生命保険は個人に対する保障です。
しかし、最近は家族型の生命保険も多くなりましたから、見直しを行う場合にはそのポイントを確認しておくべきでしょう。
家族型の生命保険のポイントを紹介しましょう。
家族型の生命保険とは主となる被保険者の配偶者や子どもを被保険者として保証するものです。
もちろん、主となる被保険者に対して家族への保険金の金額は同額ではなく、一定の割合で少なく設定されています。
同額の保険金を求めるならば、家族それぞれに対して保険への加入が必要となります。
そこまですると金銭的負担が無視できなくなりますから、家族型の生命保険があるのです。
家族にとって保険金の支払いは経済的な援助に過ぎません。
したがって、一家の大黒柱である夫が亡くなった時以外は、高額な保険金は必要ないと考えられているのです。
これは誰もが納得する考え方と思いますが、保険会社や商品によって保険金の割合は異なっています。
見直しをどこまで考えるかが重要なポイントですね。
家族型の生命保険で注意しなければならないのは夫の死亡後は生命保険が消滅してしまうことです。
つまり、妻や子どものために新たな保険への加入が必要となります。
妻が高齢者となってしまっている場合、新たな保険への加入が難しい可能性もあります。
すでに病気になっているかもしれません。
家族型の生命保険は子どもが小さい時だけに限定すべきでしょう。
もちろん、保険料としては割安になりますから、そのメリットは無視できません。

生命保険の情報サイト

生命保険についての相談を受け付けているサイトはたくさんあります。
日ごろから保険について思っている疑問を解決するにはこれらのサイトを利用するのがいいでしょう。
情報サイトの一つとしてリーモがあります。
リーモのサイトから生命保険の見直しポイントを確認しましょう。
まず、すでに入っている生命保険はあなたに合っているでしょうか。
特に女性にとっての生命保険は一家の収入を支えているご主人の生命保険とは異なった考え方が必要です。
見直しを行うなら女性特有の生命保険を考えることがポイントです。
リーモのサイトから生命保険の専門家に相談することができます。
ファイナンシャルプランナーへの無料相談です。
ファイナンシャルプランナーにもいくつかの立場があります。
保険会社内部のファイナンシャルプランナーは自分の会社の保険を勧める立場ですから、他社との比較相談はできないでしょう。
それよりも保険代理店に所属しているファイナンシャルプランナーへの相談がメリットは大きいでしょう。
リーモからは保険代理店のファイナンシャルプランナーへ相談することができます。
女性の保険見直しのきっかけは結婚が一番多いのではないでしょうか。
それまでは親がかけてくれていた保険を継続していることでしょう。
保険の見直しは家族が変われば、その都度必要になるものです。
保険の見直しのポイントは理由を明確にすることです。
保険料を抑えたいのか、保障内容を充実させたいのかによって見直しは大きく変わってきます。

生命保険見直しのメリット

生命保険は家の次に高い買い物だと言われています。
しかし、毎月の支払いの見直しを考える人は多くありません。
生命保険を見直すことで多くのメリットがあります。
そのポイントを紹介しましょう。
生命保険にはいろいろな種類があります。
あなたに合った保険になっているかを確認することがポイントとなります。
死亡した時に支払われる保険金はどれくらいを想定していますか。
また、入院時の保障はいくらでしょうか。
生命保険を見直すことによって、保障内容を充実させて支払い金額を抑えることができると言われています。
これが見直しの大きなメリットです。
この他にも、保障される病気の範囲を広げることも可能です。
いずれにしても支払い金額とのバランスを取ることです。
ただ、生命保険の内容を十分理解していないと、どれを選べばいいのかわかりません。
そのためにファイナンシャルプランナーへ相談するといいでしょう。
無料で相談を受け付けてくれるサイトもたくさんあります。
複数の保険会社を比較して、どれが適切かを確認するのです。
一度保険に入ったら、長期間見直しをしない人がほとんどです。
見直しをすることのメリットを知ってほしいと思います。
もちろん、ポイントをしっかり押さえておかないと、逆にデメリットとなる可能性も否定できません。
いずれにしても生命保険のことを調べることから始めましょう。
家族構成や年齢によって適切な保険は変わるのです。
保険の見直しは情報サイトが便利です。

生命保険の相談

生命保険の見直しをする人が増えているようです。
それに応えるため生命保険見直しの無料相談サイトがたくさんあります。
保険会社から手数料をもらって無料相談を受け付けるのです。
これまでの生命保険は特定の保険会社の商品を紹介するだけが代理店の役割でしたが、これからは複数保険会社の中ならお客に最適な商品を紹介する役割が重要となります。
そのためには見直しのポイントを明確にしておくことが大切です。
無料の相談を行う場合に、今の保険のどこが不満なのかを考えてみましょう。
保険料が高い、保障内容が不十分、契約してから長期間になりもっと良い保険があるのではないかなど、いろいろな悩みがあるはずです。
保険の保障のことをほとんど考えずに、契約してしまっている人が多いのではないでしょうか。
保険は毎月の支払いがほぼ一生続きます。
それだけの高い買い物なのです。
生命保険を見直すことで、保険料が下がるのであればとてもいいことでしょう。
みつばち保険ファームはそんな保険の無料相談サイトです。
34社の保険を取り扱っていますから、その中にはきっとあなたに適した保険があるはずです。
普通の人は保障の内容をよく理解していません。
そのため、保障額が定説かどうかもわからないのです。
みつばち保険はわかりやすい説明を心がけていますから、十分納得できるまで何度も相談しましょう。
もちろん、相談はいつでも無料です。
ポイントは保険を選ぶ手伝いをしてくれるだけで、実際の契約はあなたがするところです。

メディケアの生命保険

メディケア生命保険はシンプルでわかりやすい商品と、お手頃な保険料で充実した保障を心がけています。
生命保険の見直しを考えているならメディケアの商品を調べてみましょう。
ポイントは他社とどのような違いがあるかを知ることです。
多くの人は見直しをする時に保険料と保障内容だけを見ています。
しかし、それでは見直しの十分な効果を得られません。
もちろん、一社だけの保険を調べるのではなく複数の保険を比較することも重要です。
メディケアの商品のポイントです。
医療終身保険としてメディフィットAがあります。
ニーズに合わせて代表的な3つのプランを紹介しましょう。
標準プランは入院日額10,000円の保障で月額の保険料が30歳で3,360円となります。
これに対してお手頃プランは日額5,000円、支払いは同じ条件で1,735円です。
がん標準プランにすると、日額5,000円ですが、がんでの入院特約が付いて5,000円がプラスされます。
がんと診断された場合にはさらに50万円の保険金が支払われます。
抗がん剤治療特約として1か月5万円も受け取ることができます。
もちろん、この他に特約などを付けることができます。
自分に合った保険を考えることがポイントですね。
主契約を抑えて、オプションを充実させた設計となっていますから、自分で自由に選択することができます。
保険の見直しではどのような病気を想定するかが重要でしょう。
がん特約は現在の病気で一番医療費がかかる病気を考えた保険と言えるでしょう。
メディケア生命保険はどうでしょうか。

生命保険の計画

生命保険の見直しを考えている人はどれくらいいるのでしょうか。
病気や死亡に備えて加入する生命保険であり、すぐに病気になるわけではありませんから、長期的な計画を立てることが大切です。
したがって見直しのポイントは10年後、20年後を見据えたものでなければなりません。
多数の保険を比較して見直すことが一番ですが、本当の意味で比較をしているかどうかは疑問です。
自分で調べることが大変だとファイナンシャルプランナーに相談する人もいるでしょうが、専門家だからと言ってすべてを信用すべきではありません。
自分で理解できることはしっかりと勉強しましょう。
それが本当の見直しです。
見直しのポイントなどがブログに書かれているかもしれませんが、それだけでは不十分でしょう。
自分の家族、保険に対する考え方、収入など考慮しなければならないことはたくさんあります。
病気になる確率や死亡する可能性は誰にもわかりません。
しかし、長生きをしたいとみんな考えていますから、人生における保険の役割をしっかりと把握しておきましょう。
60歳まで今の保険を支払ったとして、いくらになると思いますか。
その金額を1割下げることができれば、いくらの削減となるのでしょう。
高齢の人よりも若い人に見直しの効果が表れるはずです。
親が契約してくれた保険を受け継いでいくのでは時代とともに保障内容がずれてくるでしょう。
それを補正するために定期的な見直しが必要となります。
あなたの保険も見直してみましょう。

生命保険のシミュレーション

あなたの生命保険の支払いはいくらですか。
生命保険の見直しは支払いを抑えることがポイントです。
シミュレーションをすれば、いくら支払うことになるかを簡単に計算できます。
保障内容を充実させたり、特約を付けたりすると金額も変動します。
保険会社の公式サイトにはそれぞれの場合で簡単に計算してくれるシミュレーションサイトがあります。
見直し後の支払い費用を比較する時にとても便利ですね。
保険会社の生命保険の多くが3種類程度のパターンを揃えています。
支払いを抑えた最低限のプラン、標準的なプラン、保障を充実させたプランです。
もちろん、保障を充実させれば支払い金額は増加します。
どれを選ぶかはあなたが考えなければなりません。
実際問題として、病気になった時にいくらかかるかは誰にもわかりません。
いつ死亡するかわからないのと同じことです。
日常生活の中で思いがけない病気になってしまうことで、それまでの生活が一変してしまいます。
その際に必要となるお金を準備することが生命保険の役割と言えるでしょう。
シミュレーションでわかるのは条件に合った保険料です。
いくらまでなら支払うことができるかは自分で考えなければなりません。
誰でも、保障を充実させたいけれども、支払い額は抑えたいと思っているでしょう。
あなたの人生のシミュレーションをしてみませんか。
10歳ぐらいずつに区切って、収入、支出、保険料を想定してみるのです。
ポイントは何歳まで生きるかを考えることでしょう。
時代とともに医療が発達し、長生きできるようになります。

生命保険と病気

一般的には病気になっていると生命保険に入れないと考えられていますが、現代の医療技術では病気になっていても日常生活には支障のない人が多いようです。
そのような人のための生命保険があります。
ポイントは病気を前提とした保険になっていることです。
もちろん、該当する病気に関しての保障は受けられませんが、それと因果関係がない事項について保障をしてくれるのです。
これは病気になっても寿命にほとんど影響していない現実があります。
これから生命保険の見直しを考えている人には朗報ではないでしょうか。
病気のために現在加入している保険を変えられないと思っていたはずです。
見直しのポイントは契約年齢です。
年齢が高くなるにしたがって保険料も高くなります。
若い時に加入すると安くなりますが、支払う年数は長くなりますから、一長一短でしょう。
いくつか商品例を紹介しましょう。
メットライフアリコの「ずっとスマイル」は40歳男性で月額7,743円から契約できます。
持病や既往症がある人のための終身保険です。
ただし、入院中の人は契約できません。
オリックス生命の終身保険RISEサポートは死亡保障が200万円で保険料は4,328円となります。
考え方は「ずっとスマイル」とほぼ同じです。
AIG富士生命の「持病があっても!終身保険」は持病や手術経験がある人でも申し込める一生涯保障の死亡保険です。
加入後の保険料は一定で、月額4,210円ですから、他社よりも安くなります。
生命保険の見直しを考えている人にはおススメですね。

生命保険と入院

生命保険会社では個人の病気や入院状況について把握しているわけではありません。
したがって、病気になって手術や入院をした時には証明書等の書類をもらって、保険会社に保険金支払いの手続きをしなければなりません。
保険料を下げるために見直しを考えている人もいるでしょうが、保険金をもらうためにどのような手続きが必要かを調べておくことも大切なポイントです。
請求できるのは被保険者ですが、代理人でも手続きはできるようです。
詳しいことは生命保険会社に問い合わせるとよいでしょう。
生命保険会社では支払う必要のないお金は払ってくれませんが、通常の入院などでは問題なく保険金が支払われるでしょう。
昔の生命保険では入院給付金は6日目から支払われていました。
これは病気などで入院して手術をすると1週間程度の入院となることがほとんどだったからです。
つまり、5日以内で退院すると保険金は支払われません。
しかし、医学の進歩によってこれまでは手術をしなければならなかった病気でも通院だけで済ますことができたり、簡単な手術で治すことができるようになってきました。
そのため5日以内の給付制限を付けると保険金をもらえない人が増加することになりました。
生命保険各社は入院給付金の制度見直しを行い、現在の医療保険の大半が1日目から入院給付金が支払われるようになりました。
また、入院前後の通院に対しても特約などで保険金の対象とすることができます。
保険の見直しでは入院や通院時の支払いをチェックしておくことがポイントですね。

生命保険と健康

病気や死亡に備えて生命保険に加入するのですが、健康な人にとっては保険金がもらえませんから損をした気分になってしまいます。
そこで最近の生命保険では健康な人のための割引制度を取り入れた商品が販売されるようになってきました。
生命保険の見直しを考える時のポイントとして健康体割引を調べてみましょう。
この考え方はリスク区分型保険と呼ばれるもので、保険支払いリスクの上下によって保険料を変えると言うことです。
健康な人は保険会社にとって良いお客様と言えますから、割引をすると言うことですね。
生命保険見直しポイントはいろいろとありますね。
いくつかの例を見てみましょう。
アメリカンファミリーの元気特約は保険料の割引率は高くありませんが、通信販売で契約できますから手軽な保険と言えるでしょう。
20歳の男性で割引率は3%、30歳の男性は5%、40歳では10%、50歳で9%、60歳で7%など年齢と健康の統計データから計算されているのでしょう。
アイエヌジー生命保険のクオリティプラスは53歳の割引率が30%となっていますから、これは非常に大きなメリットですね。
この他にも健康であるということだけではなくタバコを吸わない人も病気になるリスクが低いということで、割引が適用されます。
どこの保険会社も同じようなことを考えています。
生命保険の見直しポイントとして、保険料だけを見ている人が多いのですが、保険に対する考え方が時代によって変わってきていることを認識しなければなりません。

生命保険の見直しと人生

保険の支払いが苦しくなって生命保険を見直す人は多いようですが、解約するのだけは避けるべきだという意見があります。
これは一度解約してしまうと、再度生命保険に加入するのが難しくなることが上げられます。
もちろん、病気でなければ保険会社は喜んで加入させてくれるでしょう。
しかし、年齢とともに保険料が上昇しますから、さらに家計を圧迫することになります。
保険期間は人生の大半です。
つまり、生命保険の見直しは人生を見直すことにもつながるポイントです。
これからどれくらい生きているのか、どのような病気にかかるのかを考えることが見直しのポイントです。
もちろん、考えたからといっていつ病気になるかわかるわけではありません。
しかし、病気になった時にどれくらいのお金が必要なのか、一家の稼ぎ頭がいなくなったらお金をどうすればいいのかをチェックしましょう。
それによって保険金額が決まります。
無駄な生命保険に入っている必要はありませんが、必要最小限のラインを決めておくことが大切です。
また保険を継続しながら、保険会社からの貸付を利用する方法もあります。
満期保険金などからの貸付となりますが、通常のクレジットカードなどよりも利息が低いため、利用価値は高いでしょう。
人生の大きな転換点では生命保険を大幅に見直すこともいいでしょう。
例えば、結婚をした時、子どもが大きくなって扶養から離れた時などです。
生命保険で保障する人が変化しているのですから、生命保険を見直すきっかけとしていいのではないでしょうか。

生命保険見直しの手続き

生命保険見直しを考えるなら、その手続きについても知っておかなければなりません。
特に保険会社を変更する場合は、すでに加入している保険を解約して新規に契約することになります。
手続きが簡単なところを選びたいならネット保険会社が一番でしょう。
インターネット上で手続きが可能ですから、窓口まで出向く必要がありません。
また生命保険の見直しについて保険料を下げることだけにポイントを絞っている人もいますが、実際には保障内容を考えることが大切です。
生命保険とは保障がポイントだからです。
どのような保障があるかを比較してみましょう。
生命保険会社は契約内容をバラエティに揃えているだけではなく、一定の考え方に則って商品を提供しています。
会社のポリシーが入っているのです。
保険の手続き自体は難しくありませんが、必要書類を揃えなければなりませんから、事前に確認しておきましょう。
同じ保険会社の中でも商品によってかなり違います。
また、保険に対する考え方が変わり、商品の内容も変わっています。
時代に合わない保険にいつまでもお金を払っているのは無駄なことだと思いませんか。
自分が病気になった時に保険金が出ないことがないようにしておきましょう。
保険の契約は営業マンとの付き合いの一つだと考えている人もいるでしょうが役に立たなければ意味がありません。
保険の営業マンの対応も時代とともに変わってきました。
積極的に自社の保険を勧めるのではなく、いろいろなパターンを提供してお客に選択してもらう態度になってきました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。