毛穴の開きをケアする

この記事は14分で読めます

毛穴の開きと乾燥

毛穴の開きは、女性としてとても気になるものです。
シミや、黒ずみと同様に肌の悩みとして持っている方が多いと思います。
若いころでしたら、このような悩みもないでしょうが、アラサー、アラフォーとなると、シワもそうですが、肌トラブルの数は増える一方ですよね。
例えば、出来てしまったシミはレーザー治療など、施術で治すしかありません。
ですが、毛穴の開きや黒ずみでしたら、自分で治す方法もあります。
例えば、毛穴の開きに効果的な洗顔料を使うとか、引き締める効果が高い化粧水を使うとか、自分で治すことも考えていきましょう。
お肌が整えば、化粧の乗りもよくなりますから、女性は今よりももっときれいになれるはずです。
これから、素敵な男性と出会いたい方、彼氏募集中の方は特に、美肌になって女子力を上げて行かなければなりません。
また、彼氏がいる方も、鼻などの毛穴が開きっぱなしでは、男性と接近することもためらってしまうでしょう。
鼻の頭のブツブツとした毛穴トラブルは、男性としてもがっかりしてしまうポイントですからね。
いくら、お化粧で隠せると思っても、お泊りなどはお化粧を落としますし、そもそも、毛穴のつまりをお化粧でカバーしてしまえば、状態はもっと悪くなってしまうことでしょう。
トータルで美肌を目指すことは大事ですが、まずは、毛穴の開き、詰りを治すこと、そこに集中してみませんか?
では、どのようにしたら、毛穴の汚れをとることができるのでしょうか?

スポンサードリンク

毛穴の開きと乾燥続きその1

毛穴のつまりをとろうと、指で押す方もいらっしゃいますが、これは肌にダメージを与えますのでやめたほうがよいでしょう。
毛穴の汚れをとるシートは、刺激が強く、治すどころか、逆に毛穴を開きっぱなしにしてしまう可能性があります。
毛穴の汚れ、黒ずみをきれいにとれば、毛穴の開きも治ると思いますが、ケアの方法を間違えると余計に肌トラブルを引き起こしてしまうことがあるのです。
エステで汚れを吸引する施術もありますが、個人で出来ることは、毛穴汚れ用の洗顔やスクラブなどを使って、丁寧に洗顔することでしょう。
そして、毛穴の汚れをしっかりと出した後、毛穴が開きっぱなしにならないように、化粧水などできちんと引き締めることが大事です。
毛穴の汚れを取ることだけに集中し、汚れが取れたあとの処理をしないと、毛穴トラブルを治すことはできません。
夏などは、アイスノンなど冷たいものを使って、きゅっと毛穴を締めることもおすすめです。

お肌が乾燥すると、シワの原因になることは多くの方がご存知だと思いますが、実は感想は、毛穴トラブルも引き起こしている原因になっています。
お部屋や職場が乾燥してしまうことを防止するには、加湿器が良いと思います。
お仕事を何時間も乾燥した部屋で行なっていることは、当然ながらお肌に悪いことですが、加湿器がない職場、どうしても置けない環境の場合は、仕事の合間に顔に化粧水をスプレーするとよいでしょう。
最近ではお化粧の上から、シューっとかけられるスプレー型の化粧水や美容液がありますので、それを利用しても良いでしょう。

毛穴の開きと乾燥続きその2

環境の湿度を考えることも大切ですが、からだの内側からの水分補給も大事です。
肌を乾燥させないためにも、毎日、お水やお茶をまめに飲むようにしたいですね。
仕事中は、デスクの近くに濡れタオルなどを干しておく、また、おうちではお洗濯物を室内に干しておくだけでも、乾燥を改善してくれるでしょう。
お肌が乾燥すると、毛穴も開きやすくなりますし、さらに、肌の弾力が年齢に伴い少なくなっている場合もあります。
普段のケアは、それを治すためにも、時間をかけてスキンケアをしてあげる必要があります。
保湿効果の高い美容液や、化粧水を使って、コットンでパックを作って顔に貼り付けることもおすすめします。
また、紫外線は肌の乾燥をすすめてしまいますので、日に焼けないようにすることも、毛穴の開きを治すためには大事なことです。
特に、お風呂上りは、肌が乾燥するスピードがアップしていますので、お風呂から出たらすぐにスキンケアを始めましょう。

冬場の乾燥には、ルイボスティーを飲むこともおすすめです。
水やお茶は良いですが、毛穴の開きを治すことに効果的な飲み物はルイボスティーです。
ルイボスティーは、ただオシャレな飲み物というだけではなく、抗酸化作用がありますので、肌トラブルにはとても効果的なお茶なのです。
また、肌の老化も防止してくれるので、アンチエインジングを目指す方には覚えておいたほうが良いお茶だと思います。
カフェインが入っていないので眠る前にも安心ですね。

毛穴トラブルの原因

お化粧をする際に、鏡を覗き込むと、なにやら鼻がブツブツと黒くなっていることってありませんか。
これは鼻の毛穴に汚れが詰ったり、毛穴が開きっぱなしになっていたりする状態です。
見た感じ、ブツブツに見えて「いちご鼻」とも呼ばれています。
お化粧では上手くカバーしているという方も多いかもしれませんが、素肌の状態になったとき、こうしたブツブツが見えるのは女性として何とか改善したいものですよね。
毛穴の開きと言っても、お肌全体の毛穴が開いている方もいらっしゃいますし、鼻だけに集中している方もいらっしゃいます。
どちらも、毛穴を引き締めてあげれば、開きも治すことができるでしょう。
例えば、洗顔石鹸ひとつにしても、口コミサイトであげられている毛穴に効果的な洗顔料もいろいろあります。
私が使っている「よかせっけん」もそうですが、鼻を集中してゴシゴシすると、きれいに毛穴の汚れが取れます。
また、スクラブ入り洗顔料も同じような効果があることでしょう。
汚れが詰っているのなら、洗顔することや毛穴の汚れを吸引する家庭用のエステマシーンなども効果的だと思いますが、他に毛穴の開きの原因がある場合、それを治すことが先決となります。
汚れが詰っているのか、ニキビのあとなのか、年齢によるものなのか、または他の理由なのか、自分の場合はどれが原因なのかそれを考えてみましょう。
なぜなら、毛穴の開きは、原因がなにか、それによって対処も違うからです。

毛穴トラブルの原因続きその1

ニキビ跡が原因となって毛穴が開きっぱなしになっているのに、洗顔料でゴシゴシしたら、余計に肌へダメージを与えてしまいます。
せっかく毛穴トラブルを治すために対策を行なっても、それが逆効果になることは誰だって避けたいですよね。
まずは、しっかりと自分の毛穴を見て、汚れなのか、他の理由なのかつきとめましょう。
わからない場合は皮膚科に行って相談することもよいでしょうし、エステサロンでフェイシャルの体験をして、毛穴の開きについてカウンセリングしてもらうこともおすすめです。
自分でわからない場合はプロの力を借りましょう。

もちろん、お金に余裕がある方でしたら、最初からエステサロンなどに行き、毛穴の開きをケアしてもらうこともおすすめします。
下手に自己流で毛穴ケアを行なって、余計に開きっぱなしになってしまうケースもありますから、最初からプロにお願いしてみることも手です。
自分で出来る毛穴対策として、毛穴シートなどが便利ですが、これも使い方を間違えるとダメージのもととなり、治すどころか毛穴トラブルを増やす原因になります。
毛穴パックが良いと思って、試してみたら、本来、取るべきではない健康な角質までベリッと剥がしてしまったというケースもありますからね。
間違ったグッズでケアしてしまったために、余計に毛穴の開きを目立たせてしまうこともあるのです。
例えば、家庭用の毛穴吸引器なども普及していますし、これらのマシーンも買い求める方も増えていると思います。

毛穴トラブルの原因続きその2

毛穴吸引機は、毛穴に詰った汚れをどんどん、吸い出してくれるので、一回使うと目に見えて効果がわかります。
また、市販の毛穴の汚れを取るシートも、汚れがバッチリ取れるので人気がありますよね。
ですが、このように効果がすぐ出るものは、実はトラブルも多いのです。
毛穴吸引機は、汚れや古い角質をその場で吸いだすので、効果的ですが、引き締め効果はなく、毛穴は開きっぱなしです。
毛穴シートで汚れがビッシリと取れたと喜んでいても、汚れが取れただけで、毛穴の開きを治すかと言えば、そうではありません。
開いたままの状態になり、ケアをしないと、そこへまた汚れが入ってしまいます。
肌細胞も剥がすべきではないものを剥がしてしまい、結果、紫外線に無防備な状態の肌となります。
本来、人間が持っている肌バリアを壊してしまうことになるので、間違った毛穴ケアは気をつけなければなりません。

毛穴の開きは、汚れを出すことを気にするより、普段のスキンケアが大事になってくるのではないでしょうか。
一時的に効果が出やすい毛穴対策グッズは、続けていかないとまた、毛穴の汚れや開きが気になり、一向に治る気配がないでしょう。
ですが、スキンケアをきちんとして素肌の持つ本来の力を取り戻した方は、毛穴ケア自体、必要ではなくなります。
特に角質ケアに効果的な基礎化粧品を使ってみるなど、肌のターンオーバーを促進する働きかけも大事でしょう。
毛穴トラブルを持つ方は、毛穴の汚れや開きなどの対策ばかりを考えてしまいますが、実はそれらを治すには、健康な肌を取り戻す努力をしなければ繰り返しになるばかりですよね。
そもそも素肌力が低下しての肌トラブルなのかもしれません。
毛穴の開きは何で起こってしまったのか、原因を突き止め、正しい対策をしましょう。

毛穴トラブルはお風呂でケア

毛穴の開き対策と言えば、美顔器など、家庭用のエステマシーンでしょう。
現在では、昔と比べて製品の数も多くなりましたし、安く購入出来るようになりました。
スチームが出るエステマシーンなどは、人気もありますし、使っていてとても気持ちよいものです。
スチーマーは、プロも使っており、エステサロンでフェイシャルケアをする際には、スチームを顔に当てていますよね。
蒸気を出すスチーマーは、毛穴の開きを治すことに効果的ということも言われていますが、これは実際にどうなのでしょうか?
スチームを当てて血行を浴することは、フェイシャルエステの基本ケアであり、肌にとってはとてもよいものです。
スチームを当ててマッサージすれば、使っている化粧品の浸透が良くなります。
また、スチームの効果で毛穴も開き、中の汚れを出すことも出来ますので、毛穴トラブルを治すことにもなります。
ですから、スチーム美顔器は、毛穴の汚れをとるためには効果的ですが、その後、毛穴が開きっぱなしにならないよう、後のケアをしっかりしなければなりません。
毛穴ケアマシンの中で、毛穴の汚れを吸い取ってくれる、吸引機もあります。
また、高周波を使ったエステマシーンもありますが、スチーマーでしたら、手軽ですし、お値段もリーズナブルな商品が揃っているでしょう。
「スチーマーで毛穴ケアをしたいが、それを買うお金がない」という方には、入浴中に出来るケアがあります。
毎日、お風呂に入る方も多いと思いますが、お風呂は毛穴ケアに適したスチーマーなのです。
入浴中は、お化粧も落とし、素肌の状態になっていますよね。

毛穴トラブルはお風呂でケア続きその1

お風呂に入っているとき、肌の表面は湯気で潤っていますから、いつもお風呂上りの肌はツヤツヤな状態ですよね。
湯船に浸かっていると、湯気がスチーマーのかわりとなり、毛穴も開きます。
お金をかけずに、毛穴の開きを治したいならお風呂が一番なのです。
毛穴につまってしまった汚れも、老廃物も、取れやすい状態ですから、クレンジングをしたり、洗顔料でしっかり汚れを取ったり、マッサージクリームでケアすることで、毛穴の汚れはきれいになるでしょう。
体中の血行もよくなっていますし、肌の表面から、化粧品が効果的に浸透していきますので、くすみを治す効果もあります。
エステでスチームマッサージを受けている状態と同じですから、是非、入浴中にはスキンケアをする時間を作ってほしいと思います。
女性の中にも毎日、シャワーで済ましているという方もいらっしゃいますが、お肌のため、毛穴の汚れを出し、開きを治すためにもお湯をはっての入浴をおすすめします。
そもそも、乾燥は肌のシワなどに悪影響を与え、どんどん老化をすすませてしまいます。
お風呂に浸かることで、乾燥してしまった肌をケアすることが出来ますので、アンチエイジングを目指す方は、毎日、しっかり入浴をしたほうがよいでしょう。
みなさんの周囲の方を見渡してみたとき、「お風呂が好き」という女性は、肌もきれいでしょうし、見た目の年齢が、実年齢よりも若い気がしませんか。
ただし、お風呂では、毛穴が開きっぱなしになっている状態ですから、お風呂から出た後、そのまま、放置しておいては、毛穴トラブルは治すことができません。

毛穴トラブルはお風呂でケア続きその2

お風呂上りは、なるべく早く化粧水でひきしめるとか、入浴中の最後のほうに、冷水で毛穴を引き締める方法もよいでしょう。
ある美肌の方は冬でも、氷水で顔の毛穴を引き締めるそうですが、やはり、毛穴を目立たなくするには、引き締めが肝心なのです。
そうかと言って、汚れたままの毛穴では引き締めても仕方ありませんから、お風呂やスチーマーを浸かって、毛穴を開き、汚れを落とす、そして、引き締める、この三つを確実に行ないましょう。
蒸しタオルなども、スチーマーの代わりになりますから、濡れタオルを電子レンジでチンしてもよいです。
ホットタオルは、疲れ目も取れますし、一石二鳥ですからね。
毛穴トラブルを治すために、肌によい食事などを心がけることもよいですね。
毛穴ケアと一緒に食生活にも気をつけていけば、健康な肌を取り戻すことができます。
例えば、脂っぽい食事を避けるとか、バランスのよい食事をするとか、野菜を多めに取るとか、当たり前のことかもしれませんが、健康によいことは肌にもよいのです。
栄養バランスのとれた、カロリーオーバーにならないような食事を心がけるだけでも違ってくるでしょう。
それまで、ファーストフードやジャンクフード、インスタントなど、好きなものを好きなだけ食べている方は、脂っぽい肌にもなりやすく、毛穴に汚れが詰まりやすいと思います。
食生活を改善し、毛穴ケアを続ければ、美肌効果はもっと高まり、毛穴の開きも気にならなくなるでしょう。
肌を治すには内側と外側からのアプローチ、両方を心がけてくださいね。

毛穴の筋肉を鍛えよう

毛穴の開きを治すために、冷水や氷水で引き締めるという方法があります。
夏は気持ち良さそうですが、冬ははっきり言って辛いですよね。
ですが、お金をかけずに出来るスキンケアですが、実戦している方も多いのではないでしょうか。
そして、冬場にこのような方法ですと、顔が痛くなります。
冷水を当てると、毛穴がきゅっとしまるということは事実です。
冷たさで痛みを感じることは肌にダメージを与えていることになりそうですが、とにかく冷水での洗顔は毛穴ケアにはよいとされています。
毛穴の開きを治すためですが、それには、毛穴の汚れを取って、からっぽの毛穴を引き締めることが大切です。
毛穴がきれいな状態ではないと、冷たい思いをして冷水に顔をつけることは意味がありません。
逆に、毛穴に皮脂や汚れなどが詰ったまま、黒ずんだままで、毛穴を引き締めてしまうと、開きを治すどころか、汚れを落ちにくくしてしまい、余計にブツブツが目立つようになるでしょう。
角栓が冷水によって詰まってしまっては、逆効果なのです。
もちろん、洗顔料によっては、ぬるま湯で洗って汚れを落とすことをすすめているものも多いですが、それを使用したとしても、最後は冷水ですすいで毛穴を締めておくことが大事です。
加齢が進むと、肌がたるむことはご存知でしょうが、実は毛穴もたるんできます。
毛穴にも周囲にはそれを支える筋肉があり、それがたるむと、毛穴がゆるくなり、たるんできます。
顔の筋肉を鍛えることは、毛穴の開きを治すことになります。

毛穴の筋肉を鍛えよう続き

冷水を顔に当てることは、毛穴の筋肉がきゅっと鍛えられるので、美肌効果を出すことができます。
また、温める方法と冷やす方法を交互に使うと、さらに毛穴の筋肉は鍛えられます。
例えば、ホットタオルを使い、顔を温めた後、冷水で引き締めることを繰り返すと、より筋肉が鍛えられます。
ホットタオルはスチーマーと同じ効果があり、毛穴が大きく開きます。
その後、引き締めることで、運動になるのです。
顔の筋肉と言えば、表情筋のトレーニングなどが有名ですよね。
ですが、毛穴の筋肉は表情筋のトレーニングでは鍛えられませんので、別の方法で行なう必要があります。
ホットタオルや冷水を使って、毛穴を開き、また、閉じる、これを繰り返すことでトレーニングとなります。
意識しないと、この部分はなかなか鍛えられない筋肉ですし、普段、使わない筋肉ですから、老化させないためにも、毎日のケアで行なうことが理想的です。
例えば、お風呂に入っているときに、氷水を多めに用意しておいて、顔を温めたり、冷やしたりを繰り返すことなども、毛穴の開きを治す良い方法だと思います。
ただ、注意点があり、毛穴の筋肉を鍛えるケアをする前に、開いた毛穴の中の汚れをきちんと落とすことを忘れないようにしてください。
汚れがつまった毛穴を引き締めてしまうと、毛穴の汚れを取り除きにくい状態にしてしまいますからね。
このように、スチーマーなどの美顔マシーンを買わなくても、エステサロンに通わなくても、お金を使わずに、毛穴を目立たせなくする方法はあります。
毎日のケアで毛穴の開きを治すことができるように取り入れてみてくださいね。

毛穴トラブルにはビタミンC

美肌を作ってくれる成分として有名な栄養素と言えば、ビタミンCです。
果物や野菜に多く含まれるビタミンCは、女性の方でしたらすすんでとりたい成分ですよね。
また、サプリメントなどで積極的に取っている方も多いと思います。
肌トラブルを治す栄養素でもありますので、女性の方でしたら食べ物でもサプリでも積極的にとるべきでしょう。
また、お肌によい成分と言えば、他にもコラーゲンを思い浮かべる方も多いと思います。
このコラーゲンを体の中で作るためにはビタミンCは必須なのです。
コラーゲンは、鉄分やビタミンCを使って生成されるため、これらの栄養に気をつけて摂取するようにしている方は、体内のコラーゲンも多く、肌が美しいと思います。
そして、実は、このビタミンC、毛穴の開きにも効果があるのです。
ビタミンCが十分に摂取できれば、コラーゲンの生成される量も増えますので、当然ながら、お肌はプリプリ、ふっくらしてきますよね。
そして、結果的には毛穴の開きが目立たなくなり、キメの整った美肌になることができます。
ですから、毛穴の開き、黒ずみの対処に悩んでいる方も多いですが、間違ったお手入れをして肌にダメージを与えてしまうこともあります。
それならば、ビタミンCを積極に摂取して、美肌力を上げるほうがよいです。
外側から毛穴のトラブルを治す方法もあるでしょうが、肌によい成分をすすんで取るようにすれば、内側からきれいになりますし、毛穴を目立たなくすることが出来るでしょう。

毛穴トラブルにも日本酒の成分

「肌によいことは何でもトライしたい」そう思っている女性も多いと思います。
肌がきれいならば、お化粧もよく乗りますし、自分に自信が出ますから、ファッションも楽しめるようになりますよね。
反対に、ニキビが出てしまったり、毛穴が黒く汚れていたり、毛穴が開きっぱなしになっていたり、シミ、シワが増えたり、肌トラブルを抱えていると自分にどうしても自信を持つことができません。
私のように、ニキビがひとつ出ただけでも、テンションが下がるという人も多いのではないでしょうか。
また、せっかくのデートなのに、鏡を見たら、毛穴が開き、ブツブツとした肌になっていたら、気持ちもへこみますよね。
毛穴の開きはお化粧でなんとかカバーすることも出来るでしょうが、きちんと治すことが出来ないと肌トラブルとして悪化するだけです。
目指すは、すっぴんできれいな肌です。
女性がイキイキとして毎日を楽しむためには、自分の肌の調子が良いこと、これが一番でしょうね。
例えば、日本酒の効果は最近、広まってきましたが、その美肌効果は大いに期待できるものがあります。
以前から日本酒をお風呂に入れると、肌がツルツルになると言われていたように、「日本酒は肌によい」ということは知られていましたよね。
日本酒には、肌トラブルを治す成分が入っています。
ポリフェノールの仲間である、フェルラ酸という成分が日本酒に入っていて、フェルラ酸には、強い抗酸化作用があります。
このため、日本酒の成分は老化防止に効果的なのです。

毛穴トラブルにも日本酒の成分続き

現在、ラインナップされているアンチエイジング化粧品のなかでも、日本酒は多くの製品に使われているのです。
シワ、シミ、毛穴の開きなど、トラブルを治す効果がある日本酒は、日本人の生活には馴染みのあるものですし、それがシワやシミにも効くとなれば、とてもありがたいことですよね。
また、米ぬかも、「米ぬか化粧品」と呼ばれているものがあるように、美白効果があります。
お肌の保湿のためにも、米ぬか成分は有効ですから、米ぬかの化粧品は、乾燥から肌を守り、乾燥による毛穴の開きも治すことができるでしょう。
乾燥するとお肌の毛穴は開きっぱなしになりますから、お肌の保湿はとても重要です。
また、米ぬかは毛穴の黒ずみにも有効だと言われています。
日本酒はアルコールなので、このアルコールによって毛穴の開きが引き締められることもわかっています。
使い続けると、お肌がぷるぷるになり、透明感が出てきます。
キメもそろい、毛穴の開きを治すためにも、日本酒が配合されている基礎化粧品を使ってみてはいかがでしょうか。
ただ、いくら肌トラブルを治すためと言っても、肌に合う人と合わない人がいるので、日本酒を使った化粧品は使う前にテストしてみるとよいですね。
誰にでも効果が出るというわけではなく、肌に合わない方ですとトラブルの原因になりますから、体質に合わせたスキンケアをするように心がけてくださいね。
口コミで良いと言われているスキンケア用品であっても、合わないと感じたらすぐに使用をやめることです。

毛穴トラブルには皮脂コントロール

毛穴トラブルで悩む女性は多いと思います。
特に目立つのは鼻の頭ですが、顔全体の毛穴が開いている方もいらっしゃると思います。
毛穴が詰ってしまうと、ブツブツといちごの表面のようになってしまい、このような状態では、すっぴんの時、素顔に自信が出ませんよね。
毛穴ケアは、シートや吸引などで汚れをしっかりと取り除くことが大切です。
また、その後、毛穴が開きっぱなしにならいように、きっちりと引き締めてあげることで治すことが出来るでしょう。
化粧水や、冷たい水などで、肌を引き締めてあえると、開きも治すことができ、キメの細かい肌になることができます。
また、外からのケアだけではなく、皮脂の調節をしてあげることも効果的です
毛穴の汚れは、顔にある皮脂が多くなり、皮脂が詰まってしまうことで発生します。
毛穴がブツブツと黒ずんだり、毛穴が開きっぱなしになってしまったり、これは皮脂の多さも影響しているのです。
毛穴の開きに、皮脂が詰まって、それが酸化すると、色も黒くなり、毛穴の黒ずみとなります。
ですから、体の内側に働きかけ皮脂を少なくすることや、シートで顔の表面を拭き、皮脂を取ることなどが毛穴トラブルには効果的です。
ですが、顔の油分はある程度、必用なものなので、皮脂を取りすぎてしまうと、乾燥から守ることが出来なくなります。
乾燥すれば、毛穴が開き、また肌トラブルになってしまう悪循環を起こすことでしょう。
皮脂は必要な分まで取られてしまうと、それを補充するために、皮脂を生み出してしまうのです。

毛穴トラブルには皮脂コントロール続き

皮脂の分泌が増えると、脂性のような肌になり、毛穴にも肌にもよくありません。
皮脂をたくさん分泌させないためには、保湿が一番です。
肌が潤っていれば、皮脂は補充の必要がないため、多く分泌することはないでしょう。
油性肌で悩む方は、皮脂を取ることよりも、保湿することで肌質を治すという方法もあるくらいですからね。

また、皮脂の分泌量は、毎日の食事からもコントロールすることが可能です。
もちろん、体質も多少は関係していますが、正しい食事をするようにすれば、皮脂の分泌量も減りますから、毛穴の開きも内側から治すことが可能です。
では、どのような食べ物が皮脂分泌を促進してしまうのでしょうか。
皮脂を調節するためには、高カロリーのものはNGです。
例えば、皮脂分泌を悪化させる食べ物は、脂っこいもの、刺激物などです。
高カロリーなジャンクフード、肉の脂身、植物油もそうですね。
これらの食べ物を避けるようにして、野菜や魚、また、フルーツなどを積極的に摂取しましょう。
野菜の中でも、緑黄色野菜には、ビタミンB2が含まれていますので、脂肪の代謝を促進してくれます。
ビタミンBは魚にも入っている栄養素ですから、これらのものを積極的に食べましょう。
それから、甘いものは毛穴の開きにはよくありません。
糖質はたくさん取り過ぎてしまうと、体のなかで脂肪に変わり、皮脂の原料になるのです。
毛穴の開きを治すためにも、甘いものは食べ過ぎないようにしたいですね。

オイリー毛穴のケア

毛穴トラブルと言えば、黒ずみや毛穴の開きですよね。
乾燥から毛穴が開きっぱなしになっている人が多いなか、逆にオイリー肌で毛穴が開きっぱなしになる方もいるのです。
オイリー毛穴と呼ばれているようですが、これは、顔の皮脂が多すぎる人が、気にしすぎてしまうことが原因となります。
まめに、顔の皮脂を取り除いている人がいますが、皮脂を取り除きすぎてしまうため、起こる症状です。
顔の皮脂が取られ、少なくなりますので、体は皮脂を補充させようと、より多くの皮脂を出すようになります。
当人は、「オイリー肌だからまめに皮脂をとらなければならない」と思い込んでいるようですが、その結果、毛穴が開いてしまうのです。
皮脂の中には、オレイン酸という成分があり、それが増加すると、毛穴が開いたり、毛穴が黒ずんだりします。
ということは、このオレイン酸を取り除くことができれば、毛穴トラブルを治すことができるということです。
オレイン酸を取り除くスキンケアですが、アクアインプール配合のケア用品を使うことをおすすめします。
そもそも、このアクアインプールとは、水と油、両方になじむ性質です。
これが配合されている化粧品を使えば、オレイン酸を包み、肌への刺激をセーブしてくれます。
さらに、保湿効果も高いため、毛穴の開きの原因となる乾燥を防いでくれます。
毛穴を治すだけではなく、皮膚のキメも整ってきますので、美肌になれることができるのです。
アクアインプール配合のもの以外では、オイリー毛穴を治すためには、粒子が細かい皮脂吸収パウダーなどもおすすめです。

オイリー毛穴のケア続きその1

皮脂抑制成分が配合されているパウダー状のケア用品は、余計な皮脂だけをパウダーが吸い取ってくれます。
毛穴の開きを治す以外にも、顔のテカリを防止してくれますので助かりますよね。
また、角質のキメが乱れていたり、毛穴の黒ずみが目立っていたり、皮脂で肌がベタベタしている方などにも、皮脂吸収パウダーはおすすめです。
それから、オイリー毛穴の人は、洗顔した後に、化粧水しか塗らないという方が多いのですが、是非、保湿をして欲しいと思います。
クリームや保湿液は余計にべたつくので、使いたくないと思っているでしょうが、毛穴の開きを治すためにも、保湿はとても大事です。
洗顔後に化粧水をつけると、それだけで水分が十分にあるような気がしますが、これはまったく一時的であり、すぐに乾燥が始まります。
肌表面に化粧水がついていて、うるおっているように感じるだけですから、クリームなどを塗って乾燥をとめなければなりません。
そのまま化粧水が蒸発したら、肌にもともとあった分の水分も蒸発しますので、乾燥を防ごうと皮脂が余分に分泌されてしまうでしょう。
このようにオイリー毛穴がなかなか治すことが出来ないのは、「化粧水だけで十分」という間違った考えも原因のひとつとなっています。
肌は水分が足りていない、それでいて、皮脂で顔がベタベタするという、これでは良くない状態になってしまいます。
水分不足で角質が落ちやすくなってしまうので、落ちた角質が開きっぱなしの毛穴に詰って、黒ずみの原因になります。

オイリー毛穴のケア続きその2

余分に分泌された皮脂も、汚れと一緒に詰ることで、落ちにくい頑固な毛穴の詰りになってしまうのです。
皮脂が汚れと一緒に毛穴に詰れば、雑菌が繁殖することもあり、ニキビの原因になります。
このようにオイリー毛穴の方は、それを治すために、間違ったことをしていると、さらに毛穴トラブルを悪化させることになってしまいます。
鼻に黒いブツブツが見えたら、毛穴が汚れでふさがってしまった証拠です。
もし、このような状態になったら、自宅で毛穴ケアをしましょう。
やり方はとても簡単です。
まず、洗顔して清潔な肌にします。
ホットタオルを電子レンジで作って、顔に当てます。
皮膚が柔らかくなったら、毛穴が開きますので、その状態でマッサージをします。
私はDHCのディープクレンジングオイルを使いますが、汚れを落とすことが出来るものでしたら、お使いのスキンケア用品で十分でしょう。
鼻のまわりや毛穴が気になる部分をマッサージします。
再度、洗顔をして、毛穴の汚れをきれいに落とします。
洗顔する前に、コットンなどで顔を拭いてみると、汚れがついてくるので、どれくらい汚れが落ちたのかを実感することが出来ます。
最後は、化粧水で引き締め、すぐに保湿用のクリームを塗ります。
これで、毛穴の汚れを出すことができ、さらに毛穴の開きを治すことができます。
オイルを使うと、すべりがよくなり、マッサージしやすくなりますから、肌へダメージが少なくなります。
オイリー肌の方でも、化粧水のあとは、保湿クリームまでしっかりと塗るようにしてくださいね。

男性の毛穴ケア

毛穴の開きを治すことが必要なのは、女性だけではありません。
男性でも、最近ではお肌のケアに気をつけている方も増えてきました。
それに、男性はお化粧で隠すことが出来ませんので、女性よりも毛穴ケアをしっかりとすべきなのでしょうね。
そして、男性はもともと、顔の皮脂の分泌も女性より多いですから、毛穴も開きやすいし、詰りやすいと思います。
男性でテカリを気にする人が多いのは、男性ホルモンの影響で、皮脂が多く分泌されるからです。
皮脂が多すぎると、開きっぱなしの毛穴へ詰っていきますし、毛穴も広がってしまいます。
治すことをせず、放置しておけば、デコボコの肌になってしまうでしょう。
大きく毛穴が広がってしまった肌はクレーターとも呼ばれていますが、悪化すれば治すことは大変です。
そうならないためにも男性にもスキンケアは必要です。

まず、間違った毛穴ケアをしいように気をつけましょう。
例えば、鼻の毛穴が詰ったからと言って、角栓パックで無理やり、黒ずみを剥がすことはNGです。
爪で押して皮脂を出すことも肌を傷つけていますので、炎症のもとになってしまいます。
正しい毛穴ケアは、蒸しタオルを使って、毛穴を開かせ、クレンジングすることです。
女性用のクレンジング剤を使ってもよいでしょうし、オリーブオイルでも代用できます。
優しくマッサージすることで、毛穴に詰まった汚れが浮いてきますので、その後は洗顔料でしっかりと汚れを落とします。
最後は、毛穴を化粧水で引きしめ、保湿クリームを塗ります。
女性と変わらないスキンケアですが、毛穴の開きを治すには、男性もこれくらいはやっておきたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。