残業代未払い 割増

労働基準法で、原則として1日8時間、1週間40時間の労働を超える労働(時間外労働)に対して残業代を支払わなければならないということが決められていますが、意外と割増賃金を支払わなければならい規定があるということは知られていません。

労働基準法では、実は休日労働や深夜労働にも割増賃金を払わなければならないと、法律で定められています。 割増率は次のようになっています。
 icon-arrow-circle-right 時間外労働 25%
  休日労働 35%
  深夜労働 25%
  休日の深夜労働 50%
  時間外の深夜労働 60%
そのまんまの時給換算でもらってしまってませんか?ちなみに時間外労働については、平成22年4月1日から1ヶ月の時間外労働が60時間を超える場合は50%の割増となっていますが、これは大企業が対象で、残念ながら中小企業においては25%のままです。
150092812