東京オリンピック雑学

  • 東京オリンピック雑学 はコメントを受け付けていません。

この記事は14分で読めます

東京オリンピックについて

2020年に東京オリンピックが開催されることが決定しました。
東京オリンピックに向けて、日本選手団の強化が課題とされています。
たくさんの種目がありますが、その中で日本が強い競技を増やしていくことが課題でしょう。
もちろん、まだ時間はありますから、若い選手たちに期待がかかります。
種目毎に強化プランを作成していることでしょう。
日本選手はこれまでオリンピックやワールドカップで好成績を上げてきました。
ただ、優れた選手がずっと続けていけるわけではありませんから、世代交代をスムーズに行えるかどうかが重要です。
若い世代がどれだけ伸びていけるかが東京オリンピックでの勝利につながるのです。
あなたはどの種目を応援していますか。
陸上競技のように競技は一つでも種目数がたくさんあるタイプもあります。
競技数はオリンピック毎に変更されます。
25競技が中核競技と定義されており、残りはオリンピック毎に入れ替えられる方式です。
自分がやっているスポーツがオリンピックで採用されるかどうか、非常に気になるところでしょう。
東京オリンピックではレスリングが実施競技として残されました。
どの競技を残すかと言う話し合いは何度も行われています。
オリンピック委員会で最終的に決定されるのです。
日本人が活躍している競技が増えることが一番望ましいでしょうが、日本だけが種目を提案しているわけではありませんから、希望通りとなるわけではありません。
いずれにしても、東京オリンピックで日本人の活躍を期待したいものです。

スポンサードリンク

東京オリンピックの種目

2020年に開かれる東京オリンピックでは26競技163種目が行われることになっています。
それぞれの種目の団体ではこれから東京オリンピックに向けて選手強化を考えていくことになります。
もちろん、現在の選手たちが主力ではなく、まだ若い選手たちの活躍が期待されているのです。
スポーツ選手を育てることは容易ではありません。
費用もかかりますが、どのような強化をすればオリンピックで活躍できる選手となるかはかなり難しいことでしょう。
日本中の期待がかかっていますから、積極的な行動が期待されるところです。
さて、種目数は163もあるのですが、すべての種目を知っていますか。
テレビではほとんど放映されない種目もあります。
それは日本人が参加しないか活躍しないからです。
オリンピックの放送は日本人が活躍しているかどうかで決められてしまいます。
それは見る人の立場になれば当然のことでしょう。
しかし、自分が知らない種目でもいつか活躍する人が出てくるかもしれません。
選手の幅を広げるために、種目の紹介をするのはどうでしょうか。
毎日スポーツに打ち込んでいる現在の中学生が東京オリンピックで活躍することが期待されます。
オリンピックの種目に選ばれているスポーツの団体では強化のための話し合いが開かれていることでしょう。
日ごろは日本人であることを意識していなくても、オリンピックでは日本を応援してしまいます。
それは悪いことではありません。
心を一つにして、日本選手を応援しましょう。

東京オリンピックへの期待

安倍首相の喜びが印象的でした。
東京オリンピックの開催が決定された時、日本中が拍手をしたでしょう。
安倍首相も世界の人への感謝の気持ちを表していました。
もちろん、東京オリンピックの開催が決定してからの準備は大変です。
新国立競技場を始めとする、様々な施設の建設が始まりました。
東京オリンピックに参加する競技団体では選手を育てることを考えなければなりません。
若い世代が2020年に向けて技術力を高めていくのです。
種目によって活躍している年代は異なります。
10代が主力となっている種目もありますし、20代、30代が活躍している場合もあります。
いずれにしても、2020年までまだ時間がありますから、新しい選手が出てくることになるでしょう。
若い世代にとっては東京オリンピックという明確な目標ができたことでしょう。
もちろん、開催地が東京でなくても、選手たちは頑張っています。
ただ、自分の頑張りの成果をより多くの人に見てもらうためには東京オリンピックは理想なのです。
毎回のようにオリンピックに出場している選手もいます。
ただ、いつまでも選手を続けていけるわけではありません。
いずれ世代交代となるでしょう。
その時に自分の実力が最大となるように調整することも課題となります。
それぞれの種目を目指している子どもたちが活躍することを期待しましょう。
オリンピックなど夢だと思う人も多いでしょうが、東京オリンピックで少し身近になったかもしれません。
オリンピックに出場できるように頑張りましょう。

東京オリンピックの目的

東京オリンピックは東日本大震災からの復興を目的の一つに掲げています。
多くの人材が失われた大震災ですが、新たな希望を作ることが大切です。
次世代への橋渡しとなるのです。
東京オリンピックでたくさんの種目で競技が行われますが、会場は東京だけではなく東北を含めた各地に分散される計画となっています。
東京への移動もスムーズに行えるように交通機関の充実も計画されていることでしょう。
つまり東京オリンピックは東京だけの事業ではなく、日本全体で取り組むことが大切なのです。
すべてのものが東京に集中することに対して危惧を持っている人も少なくありません。
もちろん、現代はインターネットが普及していますから、情報はどこにいても手に入れることができます。
しかし、実際の競技を目の前で見ることでより感動することは否定できません。
種目毎に開催場所を計画していますが、より多くの人が観戦できるようにしてもらいたいものです。
東日本大震災からまだ復興しきれていない地域もたくさんあります。
そのような中でオリンピックの準備が始まりました。
日本中がその動向を見守っていることでしょう。
東京都の舵取りは日本中の期待を背負っているのです。
まだ時間がありますから、国民が納得できるような目的を掲げてもらいたいものです。
そして、そのために選手やスタッフたちが一丸となって進んでいくことでしょう。
あなたはその中にいるでしょうか。
どのような形であれ、オリンピックに参加することに意義があります。

東京オリンピックと競技施設

東京オリンピックでは163種目の競技が行われます。
そのための競技施設について紹介しましょう。
選手村から8キロ以内に競技施設を作る計画です。
そのためにはほとんどが新しい施設となります。
交通機関も新たに整備されることになるでしょう。
選手たちは8キロ以内にいますが、観客の移動も重要になります。
東京オリンピックを観戦しただけで日本を出ていく人はほとんどいませんから、日本中の観光地が期待しているのです。
そのためには観光ルートの紹介や交通機関の充実が必要となります。
オリンピックは東京だとしても、観光は地方へと広がるのです。
東京までの移動時間が重要となります。
短時間で移動できるなら距離は関係ないからです。
メイン会場となるオリンピックスタジアムは国立競技場を解体して、新しいスタジアムを作ることが決定しています。
また、東京体育館、国立代々木競技場、日本武道館、東京国際フォーラム、両国国技館、有明アリーナなど30以上の施設が種目毎に利用される計画です。
それぞれの施設は改修などを行ってオリンピックに備えることになるでしょう。
日本中だけではなく世界中が注目するオリンピックですから、ぜひとも成功させてほしいものです。
選手の活躍も大切ですが、開催国としての運営の方が大事なのかもしれません。
日常生活とは全く違う世界が広がっているのです。
若い世代は自分たちが選手として参加することを夢見ていることでしょう。
選手になれない世代はスタッフやボランティアとして参加することを考えてみてはどうでしょうか。

東京オリンピックとレスリング

日本のレスリングと言えば、女子の吉田選手でしょう。
アテネオリンピックで金メダルを取ってから、負け知らずです。
しかし、東京オリンピックでは種目を26種目に限定することが決まったため、最後の1種目に何を選ぶかが重要な課題となりました。
一次は東京オリンピックでのレスリング開催が危ぶまれていましたが、吉田選手を始めとする日本オリンピック委員会の強いアピールでレスリングが開催されることになったのです。
東京オリンピックの種目としてレスリングが選ばれたことで、吉田選手の活躍が続くことを期待したいですね。
世界で最強の女子と言うニックネームをもらっています。
2020年に開催される東京オリンピックでも女子レスリングは注目したいものです。
もちろん、吉田選手に続く次の若手の育成も重要な課題でしょう。
レスリング協会でもそのことは認識しており、2020年に向けた取り組みが計画されています。
その陰では野球やスカッシュが選定から漏れました。
種目の枠は決まっていますから、どれかが選ばれることになります。
やむを得ない事情があります。
世界ではたくさんのスポーツ種目があります。
マイナーなスポーツを楽しんでいる人も少なくないでしょう。
オリンピックと無縁の競技もあるのです。
それぞれの競技で晴れの舞台がありますから、そこでしっかりと活躍してもらうことを願っています。
東京オリンピックの次ではレスリングは選ばれない可能性が高くなりました
順番となっているからです。

東京オリンピックの陸上競技

東京オリンピックまではまだ時間があります。
目立つ種目として陸上競技があります。
最後の種目はマラソンだからです。
その東京オリンピックのマラソンで活躍が期待されるのは、若い世代です。
現在高校生ぐらいの年齢が一番有望ではないでしょうか。
もちろん、マラソンだけではなく、短距離などにも期待がかかります。
これまでの日本人選手では数人の選手が活躍しただけです。
オリンピックの晴れ舞台で世界を相手に対等に戦うためには、かなりのレベルが必要だからです。
現在高校生でもトップレベルの選手が何人かいます。
彼ら、彼女らはこれから日本の陸上界を背負っていく立場になります。
東京オリンピックに向けての強化策を実践していくことになるでしょう。
テレビでオリンピックを見る時に、日本人選手を応援したくなります。
それは誰でも同じことでしょう。
自分の代わりに頑張っている選手を応援してしまうのです。
2013年では高校記録がどんどん塗り替えられています。
それだけオリンピックに期待がかかるのです。
ちょうど東京オリンピックの時には日本の陸上界は黄金時代を迎えるのではないかとも評されています。
彼らの活躍を今から期待しています。
男子短距離では桐生選手です。
高校生とは思えない好記録をマークしています。
それから、高校2年生ながら、高校記録を塗り替えた古谷選手もいます。
三段跳びは山本選手、八種競技は潮崎選手、女子400メートルは杉浦選手です。
彼らのこれからの活躍を見守っていきましょう。

東京オリンピックへの参加

スポーツ選手となって東京オリンピックに参加することができれば、それは夢のようなことでしょう。
しかし、それができるのはごく一部の人だけです。
スポーツをやっていても東京オリンピックで選ばれていない種目は参加できません。
また、スポーツが得意ではない人も無理です。
しかし、種目に関係なく東京オリンピックに参加できる方法があります。
それは選手でも観客でもなく、スタッフとしての参加です。
オリンピックボランティアと呼ばれています。
東京でなくても、大掛かりに開かれるオリンピックではたくさんのスタッフを必要とします。
すべての人をアルバイトなどで雇うとかなりの費用が掛かります。
それをボランティアで賄うことがオリンピックボランティアです。
過去の大会でもボランティアが重要や役割を果たして来ました。
もちろん、一口にボランティアと言っても様々な役割があります。
大会運営の全体の管理、会場などでの観客のサポート、語学サービス、医療サービス、広報、警備など多岐に渡ります。
あなたがボランティアスタッフとして東京オリンピックに参加したいと考えているなら、大会組織委員会に申し込むことになります。
大会組織委員会では2016年からボランティアの採用を始めます。
8万人規模のボランティアを確保する計画です。
インターネットで履歴書や希望業務などを書き込んで申し込むことになります。
詳しいことは組織委員会のサイトを読んでみましょう。
まだ、東京オリンピックまで時間があります。
7年後のあなたはどこにいるのでしょうか。

東京オリンピックと体操

東京オリンピックに向けて各種目団体は選手強化の計画を着実に進めています。
その中でも体操は金メダルが期待される種目です。
東京オリンピックでの日本の活躍はどうでしょうか。
オリンピックでの体操競技はいろいろな種目があります。
体操では、日本に限らず、世界全体で若い世代が活躍しています。
したがって、現在の中学生、高校生が東京オリンピックで活躍することが期待されているのです。
現在日本男子で活躍している内村選手の場合は、年齢的に東京オリンピックでの活躍は難しいでしょう。
後輩たちが早く育ってほしいものです。
体操選手で30歳代の人はほとんどいません。
もちろん、体操ができないわけではありませんが、若い力の前には年齢差が大きな壁となってしまうのです。
これから活躍が期待される体操選手はあまり明確になっていません。
ただ、体操をやっている人は小学校の時からの人がほとんどです。
体を柔らかくすることで、いろいろな競技ができるようになるでしょう。
本格的に体操に打ち込むのは中学、高校生です。
東京オリンピックの時にはどんな人が活躍しているのでしょう。
過去のオリンピックでも日本選手団が表彰台に上がったことは何度もあります。
東京オリンピックも例外ではありません。
日本人が得意としている種目の一つが体操です。
まだ若い世代なら、体操を始めてみませんか。
これから頑張れば東京オリンピックも夢ではありません。
もちろん、体操の選手層を確実なものにするために委員会は取り組みを始めているはずです。

東京オリンピックと柔道

2020年の東京オリンピックに向けて、いろいろな種目の選手強化が行われています。
もちろん、これまでのオリンピックでも選手強化は行われていますが、東京オリンピックではさらに強化されると言うことです。
その中で柔道の種目を見てみましょう。
オリンピックで柔道が種目となったのは前回の東京オリンピックの時からです。
それまでは柔道は日本の国技として世界から認められていなかったのです。
当時の階級は4階級のみでした。
それは柔道の考え方が柔よく剛を制すとの精神だからです。
体が小さくても大きな選手に勝つことができる点が柔道の醍醐味です。
しかし、世界の流れは体重別階級を選択しました。
現代の柔道競技は体重別の7階級に分かれて行われており、無差別級はオリンピックにはありません。
また、技あり、有効、一本の他に指導の判定があり、得点制となっていることもよく知られていることです。
柔道競技は日本で始まったものですが、現代では体が大きい外国の選手の活躍も無視できません。
日本人が金メダルを取れない種目あります。
ただ、日本は柔道を広めた国として頑張ってもらいたいと思っている人は多いでしょう。
高校生、大学生だけではなく社会人として注目されている選手たちの活躍を期待しましょう。
柔道の場合は、10代の選手よりも20代半ばの選手が選手としてのピークです。
現代、高校生でトップレベルの人が東京オリンピックで活躍するのではないでしょうか。
高校の大会を注目しましょう。

東京オリンピックと日本

日本オリンピック委員会は東京オリンピックに向けて、選手の強化を一つの目標としています。
もちろん、オリンピックに関するすべてを管理している団体です。
2020年に東京オリンピックが開かれることが決定したのも日本オリンピック委員会の積極的なアピールがあったからです。
東京オリンピックで開催されるたくさんの種目で、一つでも多くのメダルを取れるよう調整をしていかなければなりません。
運営の面での役割を紹介しましょう。
東京オリンピックは世界中の人が観客、選手として日本にやってきます。
その人たちにオリンピックの観戦だけではなく、日本の良さを知ってもらうことも重要だと考えられています。
そのためには運営をスムーズに進められる準備が不可欠です。
会場の設営は国を上げての事業となりますから、オリンピック委員会だけで進められることではありません。
また、過去のオリンピックでの成果や課題を踏まえて、東京オリンピックへの対応を考えることが重要です。
すべてが満足できる結果とは言えないからです。
メダルを取れた選手、取れなかった選手、それぞれにこれからの課題があるでしょう。
それを援助して、さらなる発展を遂げてもらうことが重要です。
東京オリンピックの種目とは関係ありませんが、大震災復興も大きなテーマの一つです。
震災から立ち直った日本を世界の人に見てもらうのです。
日本は素晴らしいと思ってもらいたいものです。
そのためにこれからやらなければならないことがたくさんあります。

東京オリンピックとボランティア

東京オリンピックが決定してから、ボランティアでの参加を検討している人も少なくありません。
選手としてオリンピックに参加できるのはごくわずかの才能を持った人たちだけです。
しかし、ボランティアならたくさんの人が参加できるからです。
自分も東京オリンピックに参加しているのだと言う気持ちを持つことができます。
これは一つの種目と考えていいのかもしれません。
もちろん、スポーツの種目ではありませんが、ボランティアを通して自分自身が充実した時間を過ごすことができるでしょう。
オリンピックが開催される期間は約3週間程度です。
しかし、そのための準備にはかなりの年月が費やされています。
ボランティアの募集も4年前の2016年から始まることになっています。
過去に行われた長野オリンピックではボランティアは約3万人でしたから、今回はかなり大掛かりな募集となります。
オリンピックでは外国語を話すことができる人が重宝されます。
語学に自信がある人は積極的に参加してみるのはどうでしょうか。
ただ、世界中の人が参加するオリンピックですから、英語だけではなくアフリカ大陸の言葉を理解できるスタッフが重要となります。
これから語学を始めようと考えているなら、アフリカ圏の言葉を習ってみてはどうでしょう。
実際に語学スクールが開かれるかもしれませんね。
現代はインターネットが普及していますから、このような情報はすぐに広まります。
自分もボランティアに参加しようと思っている人は早めの募集に応募した方がいいでしょう。

東京オリンピックの観戦

東京オリンピックを見てみたいと思っている人は多いでしょう。
これまでのオリンピックは外国で開かれていましたから、費用も面でも大変でした。
国内で開かれるなら、ぜひ観戦してみましょう。
まずはチケットの購入方法を調べなければなりません。
東京オリンピックに向けて、国立競技場が改築されることになりました。
収容観客数は5万人から8万人と大幅な増加です。
オリンピックですから当然のことかもしれません。
それでもチケットの購入は簡単ではないでしょう。
東京オリンピックで自分が目当てとする種目のチケットも取っておきましょう。
種目によっては日程に幅があるケースもあります。
一般的には日時指定のチケットとなるはずです。
まだ、東京オリンピックの開催までは時間がありますが、気の早い人はもう調べているようです。
もちろん、チケットはまだ販売されていませんが、販売時期はいずれ公表されることでしょう。
全国で販売されますから、コンビニやインターネットを利用した注文となるでしょう。
価格は入場券が7,700円ですが、種目によって価格が異なります。
人気の高い種目は観戦料も高くなります。
それは仕方ないですね。
チケット販売は過去の例から見ると、開催日の6か月前です。
競技の日程が決まらなければチケット販売ができないためです。
チケットを買い損ねた人のためにプレミアが付いたチケットがオークションなどで販売されることも予想されます。
人の流れをスムーズにするためにチケットには交通機関の利用もできるICカード機能が盛り込まれる予定です。
どこに行っても一つのチケットで済むことになります。

東京オリンピックのチケット

2020年に開催される東京オリンピックを観戦するためにはチケットを購入しなければなりません。
チケットはまだ販売されていませんから、正確な価格はわかりません。
しかし、国際オリンピック委員会に日本のオリンピック招致委員会が提出した資料を見ると、おおよその価格がわかります。
チケットの販売利益から東京オリンピックの運営状況が想定されるのです。
チケットは種目によって差が付いています。
人気の高い種目は高く設定されているのです。
もちろん、観覧席の場所によってもチケットは違います。
水泳は1,000円から25,000円、サッカーは2,000円から30,000円、バレーボール2,000円から30,000円などです。
全体の平均価格は7,700円に設定されています。
そして、チケットの約60%は4,400円以下に設定される予定です。
実際に購入できるのは大会が始まる6か月前からです。
購入方法はコンビニやインターネットなどが想定されます。
もちろん、チケットを購入するだけではなく、競技場までの交通手段や宿泊施設の確保が大切になります。
チケットにはIC機能が付加されることになっており、交通機関でも利用できます。
競技場までの公共交通機関は無料になるのです。
これは便利ですね。
現代でも実現できる技術ですから、2020年には確実なシステムになっていることでしょう。
あなたが興味のある種目は何でしょうか。
開催場所を確認しておきましょう。
そしてチケットを早めに購入するのです。
チケットさえ購入できれば、後はじっくりと開催を待てばいいのです。

東京オリンピックの効果

大きなイベントが開かれることで周りに様々な影響を与えます。
東京オリンピックが開催されることによって、どのような効果が期待できるでしょうか。
種目によっては金メダルを取ることができますから、国民の精神的な影響もあるでしょう。
日本を応援したいと言う気持ちが出てくるのです。
自分が関心を持っている種目だけではなく、テレビで放映される種目はすべて見たいと思ってしまうかもしれません。
震災からの復興を世界にアピールできる機会ですが、それよりもかなり大きな経済効果が期待できます。
経済効果を考える時に直接的な効果と、付随する効果の2面があります。
直接効果とは東京オリンピックの開催によって、競技場の建設や観戦による消費活動などです。
付随する効果とはオリンピック開催に向けてのインフラの整備や政策による様々な動きです。
直接効果は観客の入場券売上を想定すれば、ある程度計算できます。
会場の建設も予算が決まっています。
ただ、経済効果を考える時には直接効果よりも付随する効果が重要です。
他の国の例を見ると、オリンピックを起爆剤として、都市の再生を実現させた国もあります。
日本もそれに倣って、日本の再生に力を入れていかなければなりません。
東京オリンピックに向かって確実に日本は変わっていきます。
ただ、付随する効果はすべてがオリンピックの効果と見ることはできません。
つまり、定量的な評価はできないと考えていいでしょう。
経済効果の研究を行っている団体が、経済効果を評価しています。
それらを参考にして、これからの企業経営を考えるのは経営者の役割です。

自宅で東京オリンピック

東京オリンピックの開催が決定して、日本中が喜びに沸きました。
もちろん、自宅から遠く離れたところで開かれる東京オリンピックです。
それでも喜びたくなるのです。
実際に東京オリンピック野観戦チケットを購入して現地で見るよりも自宅に大画面テレビで観戦する方が楽でしょう。
ゆっくりと寝転がって、好きな種目の応援をするのです。
大画面テレビの価格が高くても、東京に行くよりも安上がりです。
東京オリンピックが終われば、ホームシアターとして楽しめばいいでしょう。
どんな種目でもビールでも飲みながらのんびりと見ることが大切です。
それがこの国でオリンピックが行われていると言う実感でしょう。
あなたはどの種目の応援をしますか。
サッカーやバレーボールは試合時間が長いですから、ソファーでリラックスした体勢を取っておきましょう。
もっとも、自宅が東京で、競技場まですぐの人なら、家で見るよりも生の競技観戦をしたいでしょう。
ただ、チケットが購入できるかどうかは不透明です。
たくさんの人が観戦していると予想されますから、人混みを避けたい人は自宅ですね。
あなたはどこでオリンピックを観戦しますか。
また、誰と観戦するのでしょう。
種目を選べば、少ない観客の場合もあるかもしれません。
ただ、それはほとんど期待できないと思ってください。
東京オリンピックについては、いろいろな人が好き勝手に話題を出しています。
新国立競技場のデザインもケチをつけている人がたくさんいます。

東京オリンピックの疑問

東京オリンピックはどうやって決まったのでしょうか。
もちろん、日本からの強いアピールが功を奏したことは間違いありません。
しかし、他の国も同じように積極的なアピールをしたことでしょう。
オリンピックの招致合戦はニュースでも取り上げられていました。
2012年から始まった招致活動は最初低迷していました。
もちろん、オリンピックそのものは4年に一度行われていますから、種目の選定や次の開催地の模索も並行して行われています。
東京オリンピック招致では中国や韓国などの近隣諸国への誘致協力を行わなかったことが注目されています。
これはオリンピックを政治的な道具に利用しないと言うことを実行したことにつながりますが、中国との緊張状態において、良い方向へ働いたと見られています。
つまり、中国が東京オリンピック開催に対して反対の意を唱えることがなかったのです。
それから、もう一つ大きな要因は東日本大震災です。
この大震災からの復興が大義名分として大きく前面に押し出されました。
日本は東京オリンピックを開催することで大震災からの復興を誓っています。
具体的にどのような形で復興につなげていくのかはこれからの課題です。
種目によっては震災が起こった地域に近いところが競技場となっています。
また、世界の人に大震災のことを知ってもらう良い機会ともなります。
見事に復興した日本を見れば、それだけで強い感銘を受ける人も多いでしょう。
2020年に向けて、たくさんの人が準備を始めていることでしょう。

東京オリンピックとテレビ中継

前回の東京オリンピックの時、日本のテレビは大きく普及しました。
テレビでオリンピックを見ようとする人が多かったのです。
もちろんテレビ中継もたくさん行われました。
このようにオリンピックが社会のインフラを普及させる起爆剤となるケースは少なくありません。
今度の東京オリンピックではどうでしょうか。
テレビ中継だけではなく、インターネットもすでに普及しています。
新しい技術が登場する可能性はあるのでしょうか。
テレビ中継はこれまでも行われています。
2020年の東京オリンピックでは自分が関心のある種目を見逃したくないと思っている人も少なくないでしょうが、仕事の都合などでどうしようもない場合もあるでしょう。
テレビ放送ですべての種目が中継されるのであれば、それを録画しておくと言う考えが出てくるでしょう。
通常の放送だけではなく、BS放送が普及することになるかもしれません。
すでにBS放送を受信している家庭も少なくないかもしれませんが、実際にどの程度見ているのでしょうか。
東京オリンピックのすべての種目を見ようとすると、それだけで1週間ぐらいかかってしまうかもしれません。
録画したとしても、すべてを見ることはないでしょう。
テレビ技術の進歩はどうでしょうか。
インターネットを利用することで、高画質の映像を受け取ることができます。
また、画質は年々向上しており、フルハイビジョンを超えた規格も登場しています。
きれいな画像と大画面が各家庭に普及するかもしれません。
当然、大画面テレビの価格が低下することが必要です。

東京オリンピックとインターネット

現代の通信技術はどんどん進化しています。
2020年の東京オリンピックにおいては現代のIT技術はどうなっているでしょうか。
未来の通信について考えてみましょう。
オリンピックは選手たちの人間としての技術力を高めるイベントとなりますが、その背後では交通機関や通信インフラの整備のチャンスともなります。
特に通信インフラは携帯電話の普及によって大きく状況が変わってきました。
大容量の無線通信が可能となっているでしょう。
現代の無線通信では高画質のテレビ映像を送ることは難しいと言われています。
特に東京オリンピックのように多くの人が同時に通信を行った場合、すぐに画像の途切れが発生すると予想されます。
また、デバイスの面ではメガネ型の端末が登場することになりそうです。
種目によっては観客席で選手を見ながら、メガネの画面に情報が提供されるのです。
テレビのテロップのようなイメージです。
交通インフラでも技術の革新が行われます。
競技場の入り口の混雑緩和処理、競技場への移動をスムーズにするための技術は登場します。
自分が持っているチケットで見ることができる種目は限られていますから、移動範囲も自動的に改札機が判断するのです。
オリンピックを楽しむための手段として登場したインフラが日常生活の中に入ってくることになります。
近未来はすぐそこまで来ているのです。
インターネットを活用した情報の共有が一般的になります。
いつでもネットを見れば済む時代となるのでしょう。

東京オリンピックと経済

東京オリンピックが開催されることによってもたらされる経済効果はどう見られているのでしょうか。
オリンピック開催のために必要なお金を福祉などに回すだけで、多くの人が助かると東京オリンピックに反対している人もいます。
もちろん、ある面では事実かもしれませんが、オリンピックを開催するための経済活動が多くの人に働く場を提供することも事実です。
お金はかかりますが、それは労働者の給料と言う形で国民に還元されるのです。
また、インフラの整備によってオリンピックが終わった後の移動手段などが確立します。
通信手段も同様でしょう。
生活がしやすくなるのです。
新しい技術が登場することで、障害者の生活をサポートすることもできるでしょう。
通常であれば開発されることのない機器も、東京パラリンピックのために作られるのです。
以前、石原氏は3兆円の経済効果があると訴えていました。
東京オリンピック招致委員会の試算では2兆8千億円となっています。
企業の生産活動が活発になれば、多くの人が潤うことになります。
税金の投入は必要ですが、それが国民に還元されるのです。
観光客が訪れることによって、それぞれの地域の活性化にもつながります。
ただ、危惧されているのは東京都民への債務です。
東京都の支出は膨大ですから、長期にわたって債務を背負う危険性があります。
たくさんの種目を開催するために競技場が新しくなります。
それに対する東京都の支出も巨額です。
今回のオリンピックでは種目によっては少し離れたところで競技が行われます。
これらの整備も経費アップにつながっています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。