愛用タブレットのバッテリー交換

この記事は14分で読めます

タブレットのバッテリー交換

タブレットを持っている人が多くなりましたが、そのバッテリー交換には苦労している人が少なくありません。
もちろん、メーカーに送って交換してもらうことは簡単ですが、その分の費用が無視できないからです。
ただ、インターネットで探した修理業者にバッテリー交換を依頼しても、確実な保証が得られないケースもありますから、業者選びは慎重にしなければなりません。
通販サイトでメーカー純正のバッテリーを購入して、自分でバッテリー交換にチャレンジしている人も多いようです。
ただ、失敗してしまうこともありますから、手先が器用な人だけができることでしょう。
本来はタブレットを購入した時にバッテリー交換については説明書を読んでいるはずです。
メーカーや正規修理業者に送付するか持ち込んで交換してもらわなければならないことになっています。
自分で交換した場合はそれ以降のメーカーの保証を得られなくなります。
タブレットの価格は毎月の支払額に紛れてしまっていて、意外と高いことに気づいていない人が少なくありません。
しかし、一般のパソコンと比べて同じくらいの価格設定になっていますから、かなり高いと言えるでしょう。
もちろん、現代の技術を集結してコンパクトなケースに押し込んでいるのですから、パソコンよりも高くて当然です。
ただ、バッテリー交換の費用だけを見ると非常に損をした気持ちになってしまうことも事実です。
タブレットに限らず、スマートフォンでも同じ状況です。

スポンサードリンク

タブレットのバッテリー交換の費用

スマホが登場してから、携帯機器は非常にコンパクトになりました。
それでも長時間使用できるだけのバッテリーを搭載しています。
つまり、内蔵されているバッテリーは非常に性能が高いと考えていいでしょう。
しかし、使用頻度が高ければどうしても寿命を迎えてしまうことになりますから、タブレットのバッテリー交換の費用を考えなければなりません。
業者によってバッテリー交換の費用は異なりますが、具体的な数字を紹介しましょう。
メーカー直営の修理業者の場合は、バッテリー交換が1万円前後になっています。
しかし、それがメーカーと関係ない専門業者であれば、半額程度になります。
もちろん、自分でバッテリー交換をする人もいますが、コンパクトな構造になっている分だけ専用工具を使わなければ取り外すことができなくなっていますから、工具をそろえる費用を考えておかなければならないのです。
バッテリーだけではなく液晶交換やスイッチ部の交換など、いろいろな状況に対応できる業者に依頼する方が確実です。
インターネットでバッテリー交換を検索してみるとよくわかりますが、自分で交換をしようと考えている人はわずかです。
手先が器用な人ならいいのですが、普通は考えるべきではないでしょう。
これはタブレットだけではなく、スマートフォンも同じことです。
使用頻度が高ければ、1年程度でバッテリーの寿命が来てしまうケースが出てきます。
自分の使い方に合わせて、しっかりとメンテナンスをすることが重要です。

タブレットのバッテリー交換の手順

購入したタブレットが保証期間内であれば、バッテリー交換は1回だけ格安でやってもらえます。
しかし、年数が経ち過ぎている場合や、2回目以降の交換であれば通常の正規料金が請求されることになります。
もちろん、正規料金が普通なのですが、ほとんどの人は非常に高いと感じるはずです。
タブレットに限らずスマートフォンでも端末代金は毎月の分割払いですから、トータルでいくらになっているかよくわかっていないのです。
費用を抑えるために自分でバッテリー交換にチャレンジする人もいるでしょう。
しかし、メーカーの保証が得られなくなりますから、機械に詳しくなければ正規代理店や専門業者に依頼した方がいいでしょう。
最近のタブレットはかなりコンパクトになってきており、ユーザーがバッテリーを取り外せない構造になっています。
一般のユーザーが無理にバッテリー交換をして、機械のトラブルを発生させないようにすることが目的です。
内部でショートした場合は煙が出ることもあるからです。
タブレットに限らず、これまでもバッテリーに関するトラブルは少なくありません。
メーカーとしても慎重な対応をするようになってきたのです。
バッテリーを交換するためには一般的なプラスマイナスのドライバーではなく、特殊なドライバーが必要です。
それらの道具を持っている業者なら簡単にバッテリーを取り外すことができる仕組みです。
インターネットで手順を調べてみればすぐにわかります。
忘れていけないのはすべて自己責任となることでしょう。

タブレットのバッテリー交換業者

いろいろなところにあるタブレットやスマートフォンの修理業者はバッテリー交換もすぐにやってくれます。
対象のバッテリーが在庫切れだと入手までに時間がかかりますが、在庫さえあれば30分もかからないことでしょう。
もちろん、修理業者によってバッテリーの入手経路は違いますから、怪しい業者に依頼するよりもメーカー指定の業者の方が安心できますが、その分だけ費用は高くなります。
費用を優先するか、信頼性を取るかを判断することになるのでしょう。
誰でも安くて安心できる業者を選びたいのですが、そのような都合のいい業者があると考えるべきではありません。
日常生活でなくてはならいものと考えられるスマートフォンやタブレットですが、異常で使えなくなる状況を考えている人はほとんどいません。
動かなくなってから考えるのです。
この感覚は災害時などでも同じことでしょう。
避難訓練の意味を理解することができないのです。
今はバッテリーが健全だとしても、いずれは壊れてしまうことを予想して、バッテリー交換をしてくれる業者を探しておくことが重要です。
迷った時は購入した代理店に依頼することが一番確実でしょう。
実際に修理に出す時には店舗に持ち込むこともできますが、宅配便で修理業者に送ることもできます。
また、内部のデータも万一に備えてバックアップしておきましょう。
身の回りにはたくさんの電子機器であふれており、生活は便利になりましたが、その足元は決して安定していないことを日頃から意識しましょう。

タブレットの格安バッテリー交換

オークションなどでタブレットのバッテリーが格安で販売されている場合がありますが、その価格だけを見て飛びつくことは避けた方がいいでしょう。
一般にバッテリーには寿命があり、いつ作られたかが重要だからです。
まったく使用していない場合でも性能は落ちてしまうのです。
もちろん、購入すればバッテリー交換を自分でやることになりますから、その手順をしっかりと理解していないなら専門業者に依頼しましょう。
スマートフォンやタブレットを取り扱っている業者は修理を受け付けてくれますが、実際の修理は別の業者がやるため時間がかかります。
これに対して修理を専門的に行っている業者は短時間でバッテリー交換をしてくれます。
ふたを開けて交換するだけですから、30分もかからないでしょう。
今は正常に動作しているタブレットだとしても、目安として2年後にはバッテリー交換をしなければならないと考えておくべきです。
そして、そのために格安バッテリーを使用した修理業者をチェックしておくのです。
もちろん、そのバッテリーは信頼できるものでなければ意味がありません。
信頼できる業者を選ぶことが重要ですが、インターネットで検索するだけではよくわかりません。
外国製の怪しいバッテリーではすぐにバッテリー切れを起こしてしまうでしょう。
タブレットやスマートフォンを通販サイトで購入したのであれば、バッテリー交換も同じ通販サイトを利用した方が安心です。
純正のバッテリーを比較的安く取り扱っているからです。

タブレットのバッテリー寿命

いつもタブレットのバッテリー切れを心配している人が少なくありませんが、外出先で充電できなければいずれは切れてしまいます。
タブレットのバッテリー交換を依頼するとしても、専門業者に依頼して1万円近く請求されることになります。
ただ、重要なのはどのタイミングでバッテリーの寿命を見極めるかでしょう。
もちろん、まったく動かなくなってからバッテリー交換をするのが一番間違いありませんが、だんだんと短くなってきたら寿命が近づいていると考えなければなりません。
余裕のあるうちにバッテリー交換をしておけば、データが消える心配もないでしょう。
現在、タブレットで使用されているバッテリーはリチウムイオンと呼ばれるタイプですが、少し前まではニッケル水素電池でした。
それぞれのバッテリーの特性が違いますから、寿命を延ばすための方法も異なります。
タブレットを使用するには寿命を延ばすための方法をしっかりと理解しておくことをおすすめします。
一つはこまめに充電をすることでしょう。
自宅など充電できる環境であれば、充電しながら使用することがベストです。
それと、タブレットが起動しなくなるほどの放電は避けた方がいいことです。
バッテリー残量がなくなってくるとタブレットの画面に警告表示が出るはずです。
どうしてもタブレットを見なければならない状況でなければ、そこで一旦使用を止めておきましょう。
それでも2年程度でバッテリー交換が必要となりますから、それを避けることはできません。

タブレットのバッテリー交換の支払い

ほとんどのタブレットのバッテリー交換はユーザーが自分ではできないようになっています。
もちろん、それなりの工具と知識を持っていれば、タブレットの機種に関係なくバッテリー交換はできるでしょう。
実際にタブレットメーカーでは短時間でバッテリー交換を行ってくれます。
それならば何も心配する必要はないのですが、支払いの費用を気にする人が少なくありません。
タブレットの機種代金は割引の適用などで安いのですが、バッテリー交換だけを見てみると非常に高いと感じてしまうからです。
そこでインターネットでバッテリー交換を検索してみるのです。
たくさんの業者が依頼を受け付けてくれます。
持ち込むことができれば、待っている間に作業は終了してしまうでしょう。
支払い手続きは毎月のタブレット使用料と合わせて払うことをおすすめします。
それならば金額を気にする必要はありません。
具体的な費用は部品代と交換費を含めて1万円前後です。
修理専門業者であれば、もっと安い費用で済むでしょう。
もちろん、毎月のタブレットやスマートフォンの支払いを気にしている人ならバッテリー交換費用もしっかりとチェックしているはずです。
完全にタブレットのバッテリーがなくなってから交換するよりも、短時間でも動いているうちに交換する方がいいでしょう。
データのバックアップなど事前にやっておくべきことがあるからです。
タブレットは毎日使用するものですから、使えなくなると日常生活に支障が出てきます。

タブレットのバッテリー交換とアップルストア

iphoneやipadのバッテリー交換の依頼はアップルストアに持ち込むことが一番確実ですが、他の業者ができないわけではありません。
まず、アップル製品の修理方法を整理しましょう。
現物を送って修理をしてもらうのであればアップルサポートが利用できます。
持ち込みはアップルストア、アップル正規サービスプロバイダで可能です。
サービスプロバイダはアップルから認定を受けた修理業者ですから、修理費用は安く設定しているケースが多いようです。
もちろん、バッテリー交換の方法や信頼性はどこも同じですから、自分が利用しやすいところを選べばいいでしょう。
タブレットに内蔵されているバッテリーはいずれ寿命が来ますから、交換しないままで使い続けることはできません。
まったく動かなくなってからバッテリー交換を考えることもできますが、できるだけ短時間で終わらせたいなら、アップルストアなどの持ち込み修理サービスがおすすめです。
バッテリー交換だけなら短時間で終わってしまうからです。
もちろん、タブレットに使用されているバッテリーは機種によって異なりますから、在庫がなければ交換できません。
古い機種をずっと使い続けている人もいますが、できることなら適当なタイミングで機種買い替えを考えた方がいいでしょう。
タブレットをコンセントに差した状態で使用することは可能ですが、バッテリーがなければ非常に使いにくくなってしまいます。
タブレットの利用価値を確保するためにバッテリー交換をすることを意識しましょう。

タブレットの構造とバッテリー

最近販売されているタブレットはバッテリー交換ができないようになっています。
一つの理由は使用されているバッテリーをユーザーが適当な扱い方をすることで発火などの危険性が指摘されているからです。
もちろん、それだけではありませんが、修理専門業者がたくさんいますから、バッテリー交換はお金を払うだけで簡単にやってもらうことができます。
手先が器用で工具なども通販サイトで購入できる人なら自分でバッテリー交換をすることも可能でしょう。
自分でバッテリー交換をした場合は、メーカーの保証を受けることはできなくなります。
保証はタブレットを利用している人にとってはどうでもいいことです。
最近のタブレットは信頼性が高く保証期間内に故障してしまうことはほとんどないからです。
バッテリー交換が必要になるのも2年以上先です。
また、費用を払ってバッテリー交換をするよりも、最新機種への交換を選択する人も少なくありません。
ショップで現品を手に取ったり、ネットで情報をチェックしたりしていると、新しい機種がほしくなってしまうのです。
もちろん、コンセントに接続してタブレットを使用することもできます。
外出時に持っていかなくても済む使用法であれば、バッテリーは不要なのです。
タブレットのバッテリー交換をしないことを前提として、その分だけ構造がシンプルになっています。
バッテリー交換時は裏蓋全体を取り外すことになりますから、内部の機器がむき出しになります。
専門知識がなければ動いているものを壊してしまうことにもなりかねません。

タブレット修理の口コミ

タブレットの修理に関する口コミサイトをチェックしてみると、バッテリー交換で迷っている人が少なくないことがわかります。
バッテリー交換の費用は決して安くないため、自分で交換してみようと考えてしまうのでしょう。
また、バッテリー交換をして今のタブレットの機種を使い続けるよりも、新しい機種に更新した方がいいかもしれないと欲が出てくるのです。
もちろん、費用対効果を十分検討して判断しなければなりません。
メーカーとしてはバッテリー交換をせずに機種変更を選択してくれることを期待しているのかもしれません。
毎月の支払いに余裕があれば、どちらを選んでもいいのですが、余裕がなければ十分悩んでください。
特に学生の身分で親から仕送りをしてもらっているなら、その費用は決して安くありません。
バッテリー交換費用は意外と高額です。
そのために修理専門業者が増えていくのでしょう。
現代の若者の多くはタブレットやスマートフォンにかなりのお金を使っていると言われています。
スマートフォンがなければ日常生活が成り立たないのです。
時間についてもバッテリー交換も業者に持ち込めば、その場ですぐに交換してくれますが、メーカーに送付すれば1週間は戻ってこないと思わなければなりません。
口コミサイトで修理にかかる費用や手続き方法をチェックすることは重要ですが、自分が利用しやすい業者を探しておくことも大切です。
バッテリー交換が必要になってからあわてて探すのではなく、事前にメモしておくのです。

タブレットのバッテリー交換と買い替え

多くの人がタブレットのバッテリー残量を気にしながら使っています。
特に購入後2年以上経過したタブレットではバッテリーの減り方が早くなっていると感じられるからです。
もちろん、メーカーや修理業者に依頼してバッテリー交換をすることは可能ですが、その金額を聞いて高いと感じて、二の足を踏んでしまう人が多いのです。
そこでバッテリー交換よりも新しい機種への買い替えを検討することになります。
バッテリー交換の方が金額的には安くなりますが、新しい機種が魅力的な機能を備えているため気持ちが傾いてしまうのでしょう。
高校生や大学生で親からお小遣いをもらっている状況であれば、ある程度我慢しなければなりませんが、社会人となり自分で収入を得ることができる場合、どのような使い方をするかは自分で決められます。
ただ、バッテリー交換をメーカーに依頼すると高くなりますが、インターネットなどで検索して格安で修理してくれる業者も探す方法もあります。
費用が気になるだけなら、一番安い業者を選択してもいいでしょう。
いずれにしても自分のタブレットですから、自分が困らないようにしておかなければなりません。
バッテリーの寿命が尽きて、まったく動かなくなってからあわててバッテリー交換業者を探すのではなく、早めにチェックしておくことをおすすめします。
もちろん、買い替えも並行してチェックしておけばいいのです。
IT技術の進歩のペースは速く、自分の収入がついて行かないなら、希望よりも現実的な判断をしなければなりません。

タブレットのバッテリー交換専門店

タブレットのバッテリーの減りが速いと感じるようになって来たら、バッテリー交換が必要な時期なのかもしれません。
もちろん、まったく動かなくなってからバッテリー交換をすることもできますが、タブレットでの作業途中で切れてしまうとそれまでの作業が無駄になってしまいます。
そこでバッテリー交換の専門店をインターネットで検索してみてください。
たくさんヒットするでしょう。
つまり、それだけ多くの業者があり、利用している人が少なくないと言うことを示しています。
修理内容はバッテリー交換だけではなく、全面ガラス交換や液晶交換なども受け付けています。
修理内容によって費用も時間も変わりますが、バッテリー交換なら最短5分で終了してしまいます。
カバーを開けて、新品バッテリーを取り付けるだけだからです。
もちろん、タブレットが何年も前の機種であればバッテリーの在庫がない可能性が高いでしょう。
専門店に持ち込む前にネットで対応機種などをチェックしておくことをおすすめします。
ただ、タブレットが動かなくなったら、そのチェックもできなくなりますから、余裕のある時に調べておくことが重要です。
スマートフォンやタブレットは非常に便利なのですが、それが壊れた時のことをイメージしている人はほとんどいません。
機械に疎いと言うレベルではなく、動かなくなった時の影響度合いがわからないのでしょう。
それだけ身近なツールになっています。
できるだけ修理業者に持ち込まなくて済むような使い方をしたいものです。

タブレットのバッテリー回収

近年販売されているタブレットのバッテリーはリチウムイオン電池と呼ばれるタイプです。
その前はニッケル水素電池であり、サイズや容量、特性も異なります。
ただ、いずれのバッテリーも交換した後は正規ルートで回収してもらわなければなりません。
廃棄すると環境汚染の原因となるからです。
タブレットのバッテリー交換を自分でやろうと考えるのは悪くありませんが、交換後のバッテリーは確実に回収してもらいましょう。
不燃ごみと一緒に捨ててはいけません。
そのようなことを考えていくと自分でバッテリー交換をやることが面倒になってくるでしょう。
正規修理業者に依頼して交換してもらうことをおすすめします。
もちろん、そのための費用は安くありません。
しかし、使用しているタブレットやスマートフォンのバッテリー交換費用は必要経費の一部と考えてください。
また、業者を選ぶことによって安く修理してもらうこともできますが、使用されているバッテリーが純正品ではない場合もあります。
業者の選び方が重要になるでしょう。
インターネットで一番安いと掲載している業者選びは慎重にならなければいけません。
もちろん、豊富な実績のある業者であれば、常に純正品を在庫していますから、安心してください。
また、メーカーのサポート拠点に宅配便で送る方法も可能です。
まずはインターネットのホームページで、利用手順を確認しておきましょう。
バッテリーで動かなくなってからあわてなくて済むようにしたいものです。

タブレットのバッテリー交換と保証

タブレットに限ったことではありませんが、ユーザーが装置のカバーを外してしまうとメーカー保証を受けられなくなります。
タブレットのバッテリー交換の場合、カバーを外さなければなりませんから、自分でバッテリー交換をしようと考えるなら、保証はあきらめなければなりません。
もちろん、すでに購入してから十分な年数が経っているなら保証してもらう必要もないでしょう。
ただ、タブレットのバッテリー交換は専用の工具が必要ですから、インターネットで工具の通販サイトをチェックしましょう。
特殊な形のドライバーを購入しなければなりません。
また、交換するバッテリーは純正品が販売されているわけではありませんから、オークションで購入することでしょう。
その場合、そのバッテリーの信頼性が問題となります。
新品ではない可能性が高いからです。
特に極端に低価格で販売されている場合、その可能性はかなり高くなります。
少しでも安く済ませようといろいろなことを考え始めると、自分でやるよりも専門業者に依頼した方が簡単だと言うことがわかってきます。
もちろん、そのための費用は安くありませんが、メーカーの保証をキープしたままで使い続けることをおすすめします。
単にバッテリー交換だけであれば、ほんの5分もあれば作業は終わってしまいます。
業者に持ち込むことができるなら、それが早道でしょう。
支払いはタブレットの使用量と一緒に口座から引き落とししてもらうのです。

タブレットのバッテリー交換の時期

タブレットは毎日使用していても、そのバッテリー交換の時期はほとんど気にしていないはずです。
何となくバッテリーの減り方が早くなってきた気がするとか、理由もなく再起動をするとった感覚的なことでバッテリー交換時期だと判断しているようです。
修理業者に依頼すればバッテリー交換はできますが、まだバッテリーの寿命でもないのに交換すると損をしたことになるでしょう。
つまり、バッテリー交換の時期をしっかりと見極めることが大切になるのです。
タブレットで動作するアプリの中にはバッテリーの状態を表示してくれるものがあります。
それを見ればバッテリー交換の時期がわかるのです。
バッテリーには寿命があり、タブレットの寿命よりも確実に短いですから、いずれはバッテリー交換が必要になります。
しかし、できるだけ長く使う方が無駄な出費を減らすことにつながります。
アプリを利用して現在のバッテリーの状態をチェックしておくことをおすすめします。
また、使い方によってバッテリーの減り方も変わってきます。
たくさんのアプリを開いたままにしていたり、無駄に明るい画面表示をしたりするケースが少なくありません。
バッテリーの寿命は充放電を繰り返すことによって短くなっていきます。
おおよそ、2年程度と見ておくべきですが、1年程度でバッテリーの減り方が早いと感じたら、使い方悪いのではないかと考えてみてください。
アプリがどれだけ開いているか確認したり、電源断をしてみたりすることによって症状が解消することもあります。

タブレットの不良とバッテリー

タブレットの修理を専門的に行っている業者のメニューを見てみると、タブレット本体の不良ではなくユーザーの使用方法が原因で修理しなければならないケースが大半であることがわかります。
その中でバッテリー交換はどのような使い方をしていても時期が来ればやらなければなりません。
ただ、少しでもバッテリーの寿命を延ばす使い方をすることが重要でしょう。
もちろん、バッテリー交換の費用はメーカー保証の範囲外ですから、自分でお金を払わなければなりません。
それが嫌だと思う人が自分でバッテリー交換にチャレンジするのです。
残念ながら最近のタブレットはユーザーでバッテリー交換ができない構造になっています。
そのため、無理やりカバーを外して修復不能になってしまうケースもあります。
自分で初めてバッテリー交換をするなら、最悪の場合を覚悟しておかなければならないでしょう。
もちろん、自分が不器用だと思っているなら、業者に依頼した方が賢明です。
また、メーカーに依頼するよりも修理業者に依頼した方が確実に安くなりますが、その信頼性に疑問があるなら、冷静に考えることが大切です。
タブレットがシンプルな構造になったことで、バッテリーが占めるスペースも限られています。
コンパクトでありながら長時間の稼働が求められているのです。
技術の最先端を走るスマートフォンとタブレットですから、機械に詳しくない人は操作部以外を触らない方がいいでしょう。
毎日快適なタブレットを確保しておくことが重要ではないでしょうか。

バッテリー交換とメーカー

バッテリー交換はメーカーのサポートセンターで受け付けてくれますが、本体を送付するための費用もかかりますし、戻ってくるまでの期間も無視できません。
できることなら近くの修理業者に持ち込み、その場でバッテリー交換をした方がいいでしょう。
カバーを外して交換するだけなら5分もかかりません。
バッテリーの部品代はかかりますが、作業費は少なくて済みます。
結果的に安く早くバッテリー交換ができます。
一般の業者はメーカーを問わず修理を受け付けてくれることが多いですが、すべての機種のバッテリーを在庫しているわけではありません。
特に数年前の機種であれば、めったに修理することがないためバッテリーはメーカーに注文することになるでしょう。
結果的にメーカーのサポートセンターの方が早く修理できるのです。
毎日使用しているタブレットがないと、非常に不便さを感じるかもしれませんが、それで大きな問題が発生するわけではありません。
修理中は代替機を借りることができるからです。
バッテリーの寿命が尽きて、すぐにシャットダウンしてしまう状況のまま我慢して使い続けるのではなく、早めに修理を依頼しましょう。
バッテリー残量が十分であれば、安心して使い続けることができます。
現代人にとってスマートフォンやタブレットは生活の必需品です。
そのことを意識して、バッテリーの寿命をチェックしておくべきでしょう。
そのための専用アプリもフリーソフトとして出回っています。

バッテリー交換の症状

毎日タブレットを使用していても、どのタイミングでバッテリー交換をすればいいかわからないことが少なくありません。
バッテリーの寿命が近づいてきたら、どのような症状が表れるのでしょうか。
一番わかりやすいのはバッテリーの減り方が早くなることです。
最悪の場合はタブレットが再起動してしまいます。
ここで重要なことは、必ずしもバッテリーの寿命ではない場合があることです。
つまり、その見分け方を知らないと、まだ十分使用できるバッテリーを誤って交換してしまうことになりかねません。
タブレットが壊れるわけではありませんが、無駄な出費となります。
バッテリーの減り方が速い場合、電気を使っているアプリがどれくらいあるかを確認してください。
不要なアプリが見えないところでたくさん動作したままになっているケースが少なくありません。
タブレットやスマートフォンは非常に便利なのですが、内部でどのような動きをしているかがわかりにくくなっています。
最近のタブレットでは専用のアプリがバッテリーの使用状況をチェックしており、使い過ぎの警告を出すことができるようになっています。
それだけ気づかない人が多いことを示しているのでしょう。
それから、バッテリーが減少する程度では再起動することはありません。
タブレットの機能として自動的にシャットダウンするからです。
バッテリーの状況を調べるアプリがたくさんありますから、インストールしてみましょう。
特別な原因がなく、減り方が速くなった時はバッテリー交換が近づいたと判断できるでしょう。

タブレットの水没とバッテリー

タブレットやスマートフォンを誤って水没させてしまうことはよく聞く話です。
さっと取り上げれば無傷で済む場合もありますが、多くの場合は内部を開けて乾かしてもらわなければなりません。
そのまま使い続けると内部の水分で錆が発生してしまいます。
外見上は問題ないとしても、メンテナンスをしてもらうことをおすすめします。
バッテリーも水分によって一時的にショートしてしまった可能性があれば、バッテリー交換をすすめられることでしょう。
バッテリー交換は使えなくなるまで我慢する人も多いでしょうが、2,3年周期で交換すると考えておくべきです。
もちろん、オプションの予備バッテリーを持ち歩く人もいますが、内部のバッテリー交換を優先すべきでしょう。
水没しても復活できることは現代のタブレットの性能の良さを示しています。
ただ、バッテリー交換だけはどうしようもありません。
できるだけ長く使い続けるためにやるべきことを考えてみましょう。
バッテリーが空っぽになってしまうと、それからの充電は非常に難しくなるため、システムが自動的にシャットダウンするようになっています。
バッテリー交換は修理の中では簡単な事象です。
それ以外のいろいろな修理ができなければ、タブレットやスマートフォンの修理専門店を名乗ることはできないのでしょう。
いずれにしても、自分が使用しているタブレットは不死身ではありませんから修理せずに済むように大切に使わなければなりません。

タブレットの機種とバッテリー

タブレットのサイズは同じでも機種によって内部の構造が変わってきます。
つまり、使用するバッテリーも違うのです。
メーカーとしてはできるだけ長く使い続けられるバッテリーを搭載しようと考えますから、スペース一杯のバッテリーサイズを求めるのです。
そのため機種毎にバッテリーの形が変わります。
もちろん、製造工程を考えればある程度部品類を共用することが価格低減に寄与します。
最近のタブレットやスマートフォンの形とサイズは固定されているため、バッテリー設計の自由度はほとんどありません。
バッテリーは数年使用し続ければ減り方が速くなってきて、寿命を迎えるのです。
バッテリー交換を前提とした使い方を考えておかなければなりません。
つまり、不要なアプリはこまめに終了させて、液晶画面も少し暗めに設定しておきましょう。
タブレットに無駄な処理をさせないことがポイントでしょう。
新しい機種になるとハードウェアは同じでもバッテリー制御機能が細かくなっている場合があります。
その処理だけでもバッテリーが長持ちするのでしょう。
メーカーの機能アップとユーザーの使い方次第でバッテリー交換までの期間が延びるのです。
もちろん、機種交換をするまでに1度はバッテリー交換をすることになるかもしれませんが、それはどうしようもないでしょう。
交換ではなく別売りの外付けバッテリーを利用する方法もあります。
余分なバッテリーを持ち歩くことになりますが、カバンの中に入れておけばいいのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。