引っ越しと費用

この記事は15分で読めます

一括見積もりで引越し費用を安くする

転勤になったり、自宅からは通えない地域で就職や進学をするなどといった生活環境の変化で、必要となってくるのが引越しです。
特に転勤族は一般の人よりも多くの引越しがあるため、できれば費用を安く済ませたいと思っているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

引越し費用を安くするために、ぜひやって欲しいのが「一括見積もり」です。
一括見積もりに登録されている業者は、当然、他の業者と比較されることが分かっています。
そのため、ある程度安くしないことには仕事を取ることができません。
そういうこともあり、一括見積もりを出すと、通常の見積もりよりも安くなるのが一般的です。
さらにそこへ別な業者の見積もりを交渉材料として使えば、最安値を引き出すことも可能です。

一括見積もりを出してしまうと、たくさんの業者から電話が来るのではないかと心配に思う人もいるかもしれません。
しかし、実際は一社ずつ見積もりを取っていた方が、その度に断るのが大変になってきます。
一括見積もりをしている場合、もし電話が来ても「見積もりが出揃うまでは決定できない」と断れば、相手もそれ以上は強く出てこないはずです。

また、一括見積もりに登録されているのは事前の審査を通過した業者であるため、おかしな業者に引っかかってしまう心配もありません。
いくら費用が安いといっても、怪しい業者は避けたいものですよね。

一括見積もりは、その多くが無料ですることができます。
見積もりをするだけで引越し費用が安くなるのですから、これを利用しない手はありません。

引越し費用を安く抑えるコツ

進学や就職、転勤などで今住んでいるところから別のところへ引越す必要がある場合、単身にしろ、家族と一緒にしろ、新居でもいろいろとお金がかかることを考えると、引越し費用はできるだけ抑えたいものですよね。
引越しをする人が多くなる年度末の繁忙期などは、業者によって他の時期よりも費用を高くしているところもあります。
そのため、引越しの際には、まず相場価格を把握することが大切です。

そんなときに利用すると便利なのが、インターネットから複数の引越し業者に費用の見積もり依頼ができる、一括見積もりサービスです。
業者は相見積もりを取られていると分かれば、一般的な相場よりも見積もり料金を下げてくるのが通常です。
逆にいうと、相見積もりを取られていないとわかれば、強気な料金設定でくるともいえます。
一括見積もりを利用して引越し業者を競合させることで、安い料金を引き出すことができるというわけです。

また、引越しの際に基本となることですが、いるものといらないものをあらかじめ仕分けてしておくことが大切です。
カサの大きなものは容積を取ってしまいますし、重量が重いものほど人員が必要になってきます。
そうなると自ずと引越し費用にも影響するため、引越し先で使う可能性がないものは、事前に処分しておいた方がいいでしょう。

もし、見積もりをする日までに処分が間に合わないようなら、引越しまでに処分することを伝え、見積もりには入れないようにします。

このように事前に不用品を処分しておき、さらに一括見積もりを利用することで、引越し料金を安く抑えることができます。

引越し費用の相場を知る

引越し費用の内訳は業者によってもかなり違いがあるため、なかなか分かりづらいものです。
会社によって料金の基準も異なりますし、人件費なども業者によって大きく異なります。
そのため、複数の業者から引越し費用の見積もりをとった場合、どの業者が適正価格なのかというのも見分けづらかったりします。

引越し費用の相場を知るのに有効な手段は、一括見積もりです。
一括見積もりをすれば、業者によってどのくらい料金の開きがあるのかも一目瞭然です。
誰もが名前を知っているような大手の引越し業者も一括の中に含まれていますので、わざわざ個別に見積もり依頼をする手間もありません。

また、一括見積もりの場合、業者側も他社と比較されているということが前提となります。
できるだけ費用を安く抑えなければ他社に仕事を取られてしまうため、通常の見積もりよりも安くしてくる可能性が高いです。

一括見積もりを利用して複数の引越し業者の費用を知ることができれば、どのくらいの相場なのかも分かってきます。
相場が分かれば交渉もしやすくなるため、メリットも大きいです。

また、単身向けの引越しサービスなども行っている業者も多いので、そのようなサービスもうまく活用していきましょう。

業者に頼むのですから、ある程度費用がかかるのは当然のことです。
しかし、省けるところはしっかりと省きたいもの。
一括見積もりで引越し費用の相場を知り、抑えられる部分は抑えて、できるだけ引越し費用を安く済ませたいですね。

単身者の引越しについて

転勤などにより単身で引越しをする場合、そんなに荷物がなくて引越し先も近場なら、自力で引越しをする人も少なくありません。

たとえば、車を持っていない場合は車を、大きな荷物があればトラックをレンタルする必要があります。
冷蔵庫などの大きなものになるとさすがに一人では運べないので、誰か友人に協力してもらう必要もあるでしょう。
そうなると、車のレンタル代金、友人へのお礼(食事など)を合わせると、費用として3?4万円はかかることになります。

では、引越し会社に頼むと料金はどうなるでしょう。
最近の引越し会社による単身引越しの相場は、3?6万円ほどとなっており、場合によっては、ほとんど変わらない料金です。
そうなってくると、自分でものを運ばなくていい分、引越し会社に頼んだ方がお得ともいえます。

また、引越し会社によっては、単身者用にお得なプランを設定していることもあります。
学生の場合は学割が用意されていることもあり、そうしたサービスもぜひ活用したいところです。

引越し費用は、荷物の大きさや重さによって異なってきます。
そのため、ベッドなどの大きな荷物は費用がかさむ原因となってしまいます。
大きな荷物はリサイクルなどで処分し、引越し先で新しいものを買った方が安く済む場合もあります。
そういうこともあり、大きな荷物は本当に持っていく必要があるのかどうかを改めて確認しておくといいでしょう。

さらに、日曜や祝日などではなく、平日に引越しをすることで費用を安く抑えることができる場合もあります。

引越しの費用が変わる条件

家族での引越しは荷物がとても多いため、引越しの費用も高くなってしまいます。
単身での引越しと比べると、格段に高くなってしまうことは間違いありません。

引越し費用の相場は、荷物の量や移動する距離によって異なってきます。
地域によっても変わりますが、2人家族で同一県内なら80,000円ほど、これが4人家族となると、120,000円ほどもかかってしまいます。

また、引越し費用は荷物の量や距離以外にも、さまざまな条件によって変わってきます。
たとえば、3月、4月、8月、10月などは引越しの繁忙期となり、料金は高めになります。
同様に、平日に比べて土・日・祝日の方が料金は高くなります。
さらに、大安は高く、仏滅は安いということもあります。

時間指定の有無によっても料金が変わります。
当然業者側に都合の良い時間指定なしの方が安くなり、指定した場合でも午前便より午後便の方が安くなります。

さらに、引越し先が3階以上のアパートやマンションでエレベーターがない場合は、追加料金が発生することもあります。

業者によってさまざまなオプションがあるため、まずはそれぞれの条件を比較するために複数の業者から見積もりを取り、どの業者が1番安く済むかを検討してみましょう。
とはいえ、引越し間際の忙しいときに一社ずつ連絡するのは大変です。
ネット上には無料で利用できる一括見積もりサービスがあるため、それを利用すれば簡単に安い業者を見つけることができます。

同じ引越しでも、業者によって数万円も違うことはよくあります。
少しでも安く済ませたいのなら、必ず相見積もりをとるようにしましょう。

モノを減らして引越し費用削減

普段生活している分には気づかないものの、引越しをするとなると、いかに家の中にたくさんのものがあるかということを実感するものです。
また、押入れやタンスの奥からすっかり忘れてしまっていたものなども出てきて、荷造りするのも一苦労です。

忘れてしまっていたものは、恐らく今後も使う可能性はないでしょう。
引越し費用を安くするためにも、不用品はリサイクルショップやオークションでお金に換えてしまった方がお得です。

引越しの費用は荷物の重さやカサによって変わってくるため、いらないものはあらかじめ処分しておくことが大切です。
最近では、本やDVDなどを自宅まで回収しに来てくれたり、段ボールを送ってもらい、それに詰めて送り返すと査定してくれたりする便利なサービスもあります。
このようなサービスを利用すれば、わざわざ重い荷物を店まで運んでいく必要もありません。

家電や洋服などは、リサイクルショップに持っていくといいでしょう。
ブランドものは、ネットオークションに出すと意外に高値がつくこともあります。
「こんなもの売れるのかな」と思うようなものでも売れることが多いので、一度試してみる価値はあります。

また、荷造りの際に必要となる段ボールなどの梱包資材は、スーパーなどでタダでもらえることがあります。
これらの梱包資材も自分で用意すれば、さらに安く済ませることができます。

押し入れの中でずっと眠っていたようなものは、引越し先でもしまわれたままになる可能性が高いものです。
それなら誰かに使ってもらった方がモノも喜びますし、引越し費用の削減にもなります。

引越しで困ること

引越し先が今住んでいる部屋よりも狭くなるということは、ないことではありません。
そういった場合に困るのが、荷物の収納場所です。
あまり使っていないものなら、リサイクルショップやネットオークションを利用して処分してしまうのも手ですが、中にはどうしても捨てたくないものもあるでしょう。
かといって、部屋や押入れに置いておくのはスペース的にも厳しいということもあります。

そういうときには、トランクルームを利用するのも一手です。
近年、都市部ではトランクルームがどんどん増えてきています。
トランクルームは24時間自由に出入りができるうえ、防犯対策として監視カメラを設置しているところもあります。
普段は使わないものの、後で使う予定があるものは、このようなトランクルームに預けておくのがいいでしょう。

また、引越しの際にやらなければならないことには掃除もあります。
長年住んでいたところから引越すとなれば、その分汚れも溜まっているはずです。
このような汚れはこまめに掃除しておくのが基本ですが、そうはいっても面倒ですし、なかなか時間がとれない人も多いでしょう。

そういう場合は、引越し業者のオプションプランを利用するのがお勧めです。
基本的にはハウスクリーニングは有料なので、費用が余計にかかってしまいますが、中には限られた時間内であれば、無料で掃除を手伝ってくれる業者もあります。

引越しを頼む前に、そのようなサービスがあるかどうかを確認しておくといいですね。
無料でできるものはしっかり活用して、引越し費用を浮かせたいものです。

引越しの見積もりはいつ頃頼む?

引越し費用を安く抑えるためには、事前にしっかりとした準備が必要となります。
特に予算に大きく関係する引越し業者への見積もりは、できれば引越しの1ヶ月前に依頼しておいた方がいいでしょう。

引越し予定の時期が閑散期なら2週間ほど前でも間に合いますが、繁忙期になってくると自分の希望する日にちや時間帯に予約がとれない可能性もでてきます。
見積もりを早く依頼しておけば、その分選べる業者の選択肢も多くなり、安い費用で引越しができるようになります。

引越し業者ごとにさまざまなプランやサービスがあるため、より安く費用をおさめたいと思うのなら、複数の業者から見積もりを取ることをお勧めします。
自分で最寄りの引越し業者を探し、一社ずつ見積もりを依頼するのは手間も時間もかかりますが、今はインターネット上で見積もりを一括依頼できる便利なサービスがあります。
一括見積もりサービスを利用すれば一度に複数の業者の見積もりを取ることができ、一番お得な業者が手間なしで見つかります。

また、多くの引越し業者には早期割引のサービスがあります。
これは引越し日の1ヶ月以上前に見積もりを依頼すると、料金に割引が適用されるというサービスです。
割引率は業者によって異なりますが、多くの業者では10%割引となるところが多いようです。
家族で引越すとなると料金が10万円以上になることもありますから、10%でもかなりの金額になります。
そこから交渉でさらに値引きができれば、かなりのコスト削減ができます。

さらに閑散期には、30?50%も割り引いてくれる業者もあります。
そのため、引越しの見積もりはできるだけ早い段階にすることをお勧めします。

意外にも引越しが多い月とは

引越し業者の料金は、多くの人が引越しをする繁忙期に高くなります。
そのため、費用を安く抑えたいなら繁忙期はできる限り避けた方が無難です。

最も引越しの多いシーズンの3月などは、かかる料金も通常に比べてかなり割高になります。
また、意外に思われる人も多そうですが、9月も引越しの需要があり、料金も高くなっています。
最も安い1月に比べると、だいたい2割増しくらいになるところが多いようです。

9月になると、多くの企業が下半期に向けて体制を新しくします。
それに伴い、異動による転勤で引越しをする人が多くなります。

転勤による引越しは9月末に向かってが増えていきますから、引越し料金も月末に近づくほど上がっていきます。
また、9月は月曜の祝日が2回あり、その辺りが引越しの多いピーク期となっています。

そうはいっても、特に転勤による引越しは簡単に他の月に変更できるものでもないため、高くても仕方ないと考える人も多いことでしょう。
ところが、閑散期よりも高いとはいえ少しでも引越し費用を安く抑えるための知恵はあります。

繁忙期の割増料金は、引越し業者によって幅があります。
かなり割高になるところもあれば、そこまで高くならないところもあります。
そのため費用を安く抑えるには、複数の業者から見積もりをとることが重要なポイントです。

テレビCMで見たことがあるところのほうが安心だからと最初から大手業者だけに絞り込まず、大小さまざまな業者から見積もりをとってみましょう。
同じ日にちで、同じ量を運ぶのであっても、業者によって大きく値段が変わることは十分にあり得ます。
少しの手間を惜しむことで、引越し費用が数万円単位で変わってくることを覚えておきましょう。

単身者にお得な引越しサービス

引っ越し費用というのは、運ぶべき荷物の重さや量などに応じて変わってきます。
そのため、家族での引越しよりも単身での引越しの方が安くなります。

荷物が少なくダンボールで10個ほどとなると、引越し業者に頼むよりも自分で運んだ方が費用が安く収まりそうだと思えるかもしれません。
しかし、トラックのレンタル代などを考えると、引越し業者に頼んだ方が安くなることも多いものです。

多くの引越し業者には荷物が少ない人向けのプランが用意されており、こちらを利用した方が料金面でもお得ですし、もちろん自分で運ぶ労力もかかりません。

たとえば、クロネコヤマト引越センターでは「単身引越サービスminiタイプ」というサービスを提供しています。
こちらは幅1.04m、奥行き1.04m、高さ1.70mのBOXは、同一市内料金で頼むことができます。
目安として、この1ボックスでダンボールが15箱、衣装ケース3個、布団袋が1袋おさまります。
単身での引越しなら、これでほとんど間に合うのではないでしょうか。

また、佐川引越センターには「単身カーゴプラン」というサービスがあります。
こちらは幅100cm、奥行き75cm、高さ145cmのカーゴが、同一県内なら21,000円程度で利用できます。
この大きさだと、テレビ、ミニコンポ、掃除機、パソコン、カラーボックス、座卓、ダンボールが5箱程度収まります。

このように、各引越し業者にはさまざまな単身者用のサービスが用意されているので、まずは見積もりを取ってみることをお勧めします。

引越し料金は時間帯によって変わる

引越しの料金は、指定する時間帯によっても変わってきます。
できるだけ引越し費用を抑えたいという人は、ぜひ覚えておきたいポイントのひとつです。

もっとも安いのは、時間指定なしのフリー便。
次が、午後。
いちばん割高になるのが、午前中の指定です。

引越し先でのいろいろな作業を考えると、やはり誰しも早めに荷物を運んでおきたいもの。
荷物が届けば、そこからダンボールを開けて整理し直す必要もあります。
そのため、引越しの注文は午前中に集中してしまうのです。

また、引越しのトラックには1台あたりのノルマが課せられているのが通常です。
そのため、時間がかからずすぐに終わる引越しを多くこなした方が、引越し業者としても効率がいいわけです。

その点、フリー便は業者側にとって時間の融通が利くため、メリットが大きいと考えられます。
午前中に規模の大きな引越しを済ませてしまい、午後にはできるだけ多くの予定をこなすというやり方ができるため、午後の注文の方が費用を安く設定できるわけです。

しかし、引越し費用が安いというメリットがある半面、フリー便にはデメリットもあります。
たとえば引越し先が遠くだった場合、遅い時間から引越しが始まると色々とトラブルも起こりやすくなります。
引越し先に遅く着いたためガスの開栓が間に合わなかったり、暗くなってきたのにまだ電気が通っておらず、照明をつけられなかったりということもあり得ます。

また、引越し業者も朝から働いていれば疲れているでしょうから、多少作業の質が落ちることも考えられます。
そのようなデメリットがあることを踏まえても安く済ませたいという人には、フリー便での引越しがお勧めです。

引越し費用を大きく左右する要素

同じ量の荷物で、同じ距離を引越しする場合でも、ある条件によって費用は大きく異なってきます。
その条件とは、時期や曜日です。

時期的なことでいえば、最も割増し料金となるのが引越しシーズンの3月、4月です。
この時期は、進学のために県外に出て行く学生や卒業して就職する学生、転勤になるビジネスマンなどが多いため全国的に引越す人が多く、引越し業者にとっては1年で一番の稼ぎ時となります。

依頼の数も多いため、引越し料金は高くなっていることが一般的です。
どのくらい割増しになるのかは業者によって異なりますが、場合によっては通常の1.5倍もの料金になることもあり、費用を抑えたいと考えている人にとっては厳しい時期です。

また、平日にするか、土日祝日にするかという曜日よっても料金に違いが出てきます。
当然、高くなるのは土日祝日です。
仕事や学校のことを考えると、やはり多くの人が休まずに済む土日に引越しをしたいと考えます。
そのため土日に引越し依頼が集中し、料金も上がってしまうわけです。

もちろん有給をとって引越しをしようと考える人も多いでしょう。
その場合、少しでも休暇を取る日数を減らそうとすると、金曜、もしくは月曜に休んで土日を含む3日間で引越そうとする人が多いと考えられます。

そうしたことから土日を挟む金曜と月曜も割高になっていることが多いため、できるだけ引越し費用を抑えたいと思うなら、しっかりと有給をとって週の半ばに引越すパターンがお勧めです。

また、大安か仏滅かというのも引越し料金を左右する要素です。
特に気にならないなら、仏滅に引越す方が料金が安くなる業者が多いようです。

引越し料金の内訳

引越しの費用を抑えるためには、まず引越し料金がどのような要素によって決まっているのかを知っておく必要があります。

引越し料金は、一般的に引越し運賃、実費、付帯料金などによって算出されています。
引越し運賃は、基本料金、割増料金、車両留置料によって決まります。
基本料金は国の基準によって定められており、100kmの場合は時間によって、100km以上になると距離によって料金が変わってきます。

割増料金は、曜日や時期、時間帯によって加算される料金です。
これには休日割増や、深夜・早朝割増などがあります。
さらに、雪が多い地域では冬季割増などもあります。

また、引越しの距離が100kmを越える際に加算される車両留置料というものもあります。
法律により、荷物の積み込みなどでトラックを止めておくには料金がかかります。
そのため、荷物の積み込みに時間がかかるような場合には、より料金が高くなってしまいます。
あらかじめ荷物を減らしておき、短時間で引越しをすることができれば、その分引越し料金が安くなるということですね。

実費は、人件費、梱包資材料金、特殊機械使用料などによって決められます。
人件費は引越し業者によって異なるので、これにより引越し料金に差が出てきます。

梱包資材料金はダンボールやガムテープの料金で、特殊機械使用料はリフトやクレーンなどを使う場合にかかる料金です。

これに加え、エアコンの取り付けや取り外し、パソコンの設置など、荷物の積み卸し以外のサービスを利用すると、それに応じた付帯料金が加算されます。
少しでも楽をしようとするとそれだけ引越し費用がかさむため、削減できそうなところは削減して安く抑えたいですね。

引越し費用削減のちょっとした手間

引越しの料金は、さまざまなオプションなどを利用することで、どんどん高くなっていきます。
これは逆に言うと、自分でできることをすれば費用を抑えることができるということでもあります。

その代表的なものが。荷物の梱包です。
引越し業者には、さまざまなプランが用意されています。

たとえば、荷物の梱包から搬出、輸送、搬入、開梱までをすべて業者にしてもらうフルプラン。

荷物の梱包か開梱のどちらかを自分たちで行うハーフプラン。

荷物の梱包や開梱は、すべて自分たちで行う節約プラン。

というように、サービス名称は異なるものの、以上のようなプランは大体どの業者にも用意されています。

フルプランを利用すれば、すべてをやってもらえるので、とても楽です。
ただし、当然ながらその分しっかりと料金に加算されてしまいます。
費用を抑えることを考えるなら、多少面倒であっても節約プランの利用をお勧めします。

また、依頼する前に確認したいのは、ダンボールやガムテープなどがパック料金に含まれているかどうかということです。
ほとんどの業者では、「ダンボール○○枚まで無料」といったように無料で提供する上限が決められており、この上限を超えると追加で料金がかかります。

無料で提供される範囲内で済みそうならば問題ありませんが、もしもオーバーしそうなときには、事前に自分で用意しておいた方がいいでしょう。
空のダンボールは、スーパーやドラッグストアなどに行ってお願いすれば、大体は無料でもらえます。
こうしたちょっとした手間が、引越し費用の削減につながります。

3月の繁忙期の引越しを安く済ませる

年度が変わる前の3月は引越しシーズンでもあり、引越し業者にとっても一番の繁忙期となります。
転勤や就職、進学など環境の変化で引越さなければならない人が多いこの時期は、1年のうち一番引越し料金が高い時期でもあります。

引越し料金の割増具合は、業者によって設定が異なります。
中には通常の3倍近い料金になっているところもあるため、費用を抑えるにはそういう業者は避けたいものです。

3月は最も料金が高い月ですが、同じ月の中でも料金にバラつきがあります。
比較的安く費用を済ませることができるのが、3月の上旬から中旬の週の半ばです。
反対に、月の後半や週末の料金はピークとなります。

単身で引越す場合は、単身パックを利用することで引越し費用を抑えることができます。
単身パックは近年多くの引越し業者で提供されているサービスで、専用のBOX単位で荷物を運んでもらうプランです。
これなら、そこまで大きな料金変動もありません。

いくら繁忙期で料金が跳ね上がるといっても、すべての業者がそうとは限りません。
たとえばちょうどキャンセルが空いたときなど、偶発的に料金が安くなっている可能性もあります。
一社にあたっただけでそのような偶然に当たる確率は低いですが、いくつもの業者に見積もり依頼をすれば、それだけ確率も高まります。

基本的に、引越しの2日前までならキャンセル料はかかりませんので、安い業者が見つかったときには、とりあえずキープしておきましょう。

一括見積で引越しの費用を抑える

現在ネット上には、たくさんの一括見積査定サイトがあります。
車の買取であったり、太陽光発電であったりと、いろいろなものが一度で簡単に見積もりを依頼できます。

これはもちろん引越しにもあてはまります。
一度に複数の引越し業者に見積を依頼することで、もっとも費用が安い業者を見つけることができます。

一括見積依頼をすると、見慣れない業者の名前が出てくることもあります。
しかし、多くの人はCMなどで馴染みがある大手の業者に頼みたいと思うことでしょう。
規模が大きな引越し業者はサービスも全国で統一されているので、トラブルが少なく当たり外れが出にくいといえます。
聞いたことがない地元の中小業者と大手業者とを比較したとき、どちらも同じような条件、金額なら、恐らく多くの人が大手を選ぶでしょう。

しかし、知らない業者の方が大幅に安い場合もあります。
こういうときは、安さを取るか、それとも知名度を取るかで迷ってしまうのではないでしょうか。

知らない業者に頼むのが不安な場合は、まず実際に来てもらって正確な見積もりを出してもらいましょう。
実際に顔を合わせてみれば、その業者の雰囲気もつかめるはずです。

なかなかそのような時間がとれないという人は、ネットで口コミ情報を探してみるといいでしょう。
その場合、プラス面だけではなくマイナスの口コミにも目を通しておくのが重要です。

それらを踏まえて大丈夫そうだなと感じたら、知名度のない安い業者にお願いしてもいいでしょう。
そうすれば、引越し費用を抑えることができます。

引越し費用の支払い方法

多くの人は人生において、特別な事情がない限りはそれほど何度も引越しを繰り返すということがないので、引越しの段取りや流れについてよく分からないことがいろいろとあるかもしれません。

引越しの費用はどのようにして見積もりを依頼すればいいのか。
引越し費用は、一年のうちどの時期が安いのか。
反対にどの時期に引越すと高くなるのか。

などなど、いざ引越しをしようとすると、いろいろな疑問が出てくるでしょう。

また、実際にどの引越し業者に依頼するかということが絞り込まれてきたら、今度は料金をどう支払えばいいのかという疑問もあります。

引越しをする際、業者に支払う料金が後払いか先払いか、ということは特に決まりがあるわけではありません。
これは業者によって異なりますし、基本的にはどちらかに決まっていても、交渉次第で支払うタイミングを変えてくれる業者もあります。

後払いなら、引越しが終わってから払うので安心感が高いでしょう。
予定していたより荷物が増えた場合も、後払いなら柔軟に対応できます。
一方、前払いは先に払ってしまえばそれ以上の料金を取られることもなく、予算を立てやすくなります。

支払い方法は、現金かクレジットカードのどちらかが大半です。
大手の引越し業者になるほど、支払い方法の種類も豊富です。
引越しの際に大金を持ち歩くのが不安という人は、クレジットカードの方が安心でしょう。

先払いか後払いか、現金かクレジットカードか、といった引越し費用の支払いについては、自分の要望に沿うようにしっかりと引越し業者と交渉することが大切です。

良い引越し業者の見分け方

現在、日本にはたくさんの引越し業者があります。
テレビのCMなどで耳にする大手の業者から、名前を聞いたことがない地元の小さな業者まで、いくつもの引越し業者があるため、どれを選んでいいのか分からないことも多いものです。
できることなら、安くて、且つトラブルがない業者に頼みたいところです。
しかし、どの業者がいいのかというのは、なかなか難しい問題です。

また、引越しの時期によって費用は割高になり、業者によっては通常の3倍もの料金に設定していることもあるため、そのあたりも見極めが必要です。

重要なのは、やはり引越しをする側の気持ちを考えてくれることでしょう。
たとえば、自分で引越しのプランを立てたとします。
不慣れな場合だと業者にすべて任せてしまい、値引き交渉で費用を安く抑えられる場合もあるということも知らずにいるかもしれません。

その際に、引越し業者も商売ですから、自社に利益が出るようにプランを立てるのが通常です。
けれども、それよりもっと費用が安くなるようなプランを提案してくれる場合もあります。
業者にとってメリットとはならないものの、利用者側にとっては大きなメリットとなるような提案をしてくれる業者は、良心的な業者であると考えていいでしょう。
恐らく仕事も丁寧であろうことが予想されますね。

こちらのニーズを考えた引越しプランを考えてくれるような業者なら、安心して引越しを任せることができます。
費用の面だけでなく、引越し業者の対応についても、よく注意して見ておきたいところです。

相見積もりで引越し費用を安くする

引越しの費用をできるだけ安くしたいなら、まずは引越し業者から見積もりを取ることが大切です。
その際は一社でなく、複数の業者から見積もりを取ってみましょう。
そうすることで費用の比較もできますし、プランの内容にどのような違いがあるのかも分かります。

引越しプランにはさまざまなオプションもあり、すべてを業者にやってもらおうと考えると、その分費用も高くなってしまいます。
荷造りなども自分で作業ができそうなところは自力でやることにより、費用がだいぶ抑えられることもあります。
自分でできること、できないことを見極めるためにも、しっかりと見積もりを取るようにしましょう。

多少強引な方法になりますが、複数の業者に同じ日時に来てもらって部屋を見てもらい、一斉に見積もりを出してもらうという方法もあります。
こうすれば、相場よりも高い料金を支払う羽目になる心配はありません。
一社だけが不自然に高い料金を提示していれば、すぐに不当な料金設定だと分かりますし、まさかそこに頼もうと思う人はいないでしょう。

また、同時に見積もりを出してもらうと、通常料金よりも安くなることが普通です。
なぜなら、高い金額を提示すればその時点で依頼する候補から外れ、契約に結びつかないと業者が分かっているからです。
このような相見積もりを取れば、高い確率で普通に頼むよりも安い費用で収まるはずです。

ただし、提示されたプランの内容もしっかりと確認しておく必要があります。
さまざまな引越しオプションがつけられることで、結局費用が高くなってしまっては意味がありませんからね。

単身での引越しには赤帽を

引越しを考えていろいろな業者の情報を集めていると、「赤帽」という業者があるのを目にすることがあります。
この「赤帽」について、詳しく知っている人は少ないかもしれません。
もしかすると、そのような名前の会社があるのかと思う人も多いでしょう。

赤帽とは、「全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会」に所属している業者のことを指します。
具体的には、軽トラックを使って荷物を運ぶ業者が集まって作られた組合の名前であり、それに従事する人のことを言います。

赤帽のメリットは、なによりも費用がとても安いことにあります。
一般的な引越し業者に依頼した場合の相場に比べ、格安に済むケースも多々あります。
また、基本的には個人事業のため交渉次第で時間などにも融通が利きます。
さらに、業者によっては通常の引越し業者なら追加料金が必要になる作業を無料でやってくれることもあります。

ただし、先にも述べたように赤帽での引越しで使われるのは軽トラックのみで、荷物の多い引越しだからと大きなトラックが使われるということはありません。
軽トラックの最大積載量は350kgなのでそこまで多くの荷物を運ぶことはできず、あくまで単身者向けのサービスといえます。

また、個人事業であるがゆえに、いろいろと融通をきかせてくれる良心的な業者がある一方で、あまり態度が良くない業者もあります。
大手のような社員教育が行われているわけではなく、個人の性格に左右される部分が大きいためです。

引越しをする日だけのことだから、多少態度に問題があっても作業さえきちんとしてくれればと割り切れるのなら良いでしょう。
しかし、たとえ一日のことでも気分の悪い思いをしたくないと考えたり、万一トラブルがあったときに話がこじれるかもと心配になったりすることもあるかもしれません。

赤帽は大手のように、見積もりをとりに来るのは営業で、実際に作業をするスタッフは別ということがなく、見積もりも作業も同じ人物であることがほとんどです。
態度の悪い業者には頼みたくないという場合、他社と比べて費用にも大きな差がなければ、見積もりに来たときの態度で判断し、あまり良くないときには契約を避けたほうが良いかもしれません。

このように注意すべき点もありますが、単身での引越しでとにかく費用を安く抑えたいというときには、赤帽を利用しての引越しは非常にメリットが大きいといえるでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。