学習机の購入と処分

この記事は14分で読めます

学習机の解体

子どもの時に学習机を買ってもらった人は多いのではないでしょうか。
大きくなって学習机がいらなくなったら、どうやって処分しているのでしょう。
粗大ごみとして出すとしても、大きいですから簡単ではありません。
小さくするために解体する必要がありますが、意外と丈夫にできており解体も簡単ではないのです。
学習机の解体と処分を請け負っている業者がいるほどです。
もちろん、学習机だけではなく、いろいろなものを処分してくれます。
学習机が不要になるのは、子どもが大きくなって大学などで家を離れる時でしょう。
家が広ければそのまま置いていてもいいでしょうが、いずれ邪魔になります。
処分するのがもったいないと考えるなら、親戚や知人に譲る方法もあります。
できるだけ再利用することを考えましょう。
日常生活の中でテーブルを使用する場面は多いのですが、学習机はかなり重量物です。
他のテーブルにはない高さ調節がついていますから、何かに使用したいですね。
子どもが一人なら学習机は一つですが、何人もいると学習机も増えていきます。
親が購入したのではなく、祖父母から贈られた学習机もあるでしょう。
処分するのは失礼かもしれません。
ただ、大学になっても学習机を利用している人もいます。
本棚などの不要な部分を取り外して、広く使うことがコツですね。
机としての機能は問題ありませんから、大学生でも使えないわけではありません。
あなたがまだ学習机を使っているなら、これからもずっと使い続けてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

学習机の処分

学習机が不要になったらどうやって処分しているでしょうか。
解体するのは簡単ではありません。
そもそも学習机は頑丈な作りが特長ですから解体できるようになっていません。
解体するよりも必要としている人の再利用してもらいたいですね。
知人に譲るのが一番簡単ですが、都合よく子どもがいるとは限りません。
知らない人の譲るものいいでしょう。
スーパーの掲示板などに「学習机譲ります」のチラシを貼ってもらいましょう。
無料で掲示してくれます。
意外と多くの人が見ているものです。
すぐに貰い手が見つかるかも知れません。
家まで取りに来てもらうとよいでしょう。
車に乗せるまでは二人以上いなければ、運ぶことはできません。
譲る人が大きめの車を持っていないとだめでしょう。
お礼を期待する必要はありません。
元々、処分したいと考えていた学習机なのです。
状態がきれいなら、リサイクルショップに売りに出すこともできます。
ただ、リサイクルショップまで運ぶことが簡単ではありませんね。
無料で見積もりをしてくれますし、運んでくれるかもしれません。
また、リサイクルの価値がなければ、売ることはできませんが、無料で引き取ってくれる場合があります。
処分する方法としては一番確実です。
いずれの方法も取ることができなければ、一般ごみとして収集してもらいましょう。
ただ、通常の収集車には乗りませんから、自治体の窓口で確認しておきます。
どのような形で処分すればいいかを教えてくれます。

学習机のリサイクル

学習机のリサイクルは不要になった時の処分方法として一番いい方法です。
自分が小さい時から使っていた学習机を誰かがまた使ってくれることで何となく嬉しくなりますね。
リサイクルする場合も、学習机として利用しなくてもテーブルの役割を持たせることもできます。
しっかりした作りが学習机の良い点です。
重量はありますが、たいていの物を載せてもぐらつきません。
学習机を解体しようと考えている人もいます。
ただ、解体するのは簡単ではないでしょう。
のこぎりやハンマーなどで悪戦苦闘して解体してください。
ただ、解体しなくても処分場に持ち込むことができれば、それで処分は完了します。
部屋から出して車に乗せるまでが一番大変です。
昔の学習机は本棚が一体となっていましたから、大きすぎて車に乗りませんでした。
最近の商品は上下が分離するタイプが多くなっています。
二つに分けることができれば、車に乗せることはできるでしょう。
もちろん、ワンボックスカーでなければ乗りません。
知人に譲ることでリサイクルすることができます。
日本全国でどれくらいの学習机がリサイクルされているのでしょうか。
親が購入したものもありますがおじいちゃんが買ってくれた机もあるでしょう。
あなたの思い出が詰まった学習机です。
簡単に処分したくないですね。
誰かが使ってくれることを望んでいるでしょう。
ただ、使い方が悪いと、引き出しが取れたり、破損したりします。
傷み過ぎるとリサイクルができなくなりますから、大切に使用してください。

学習机の捨て方

学習机を捨てたいと思いますか。
小さな時から使ってきた学習机にはいろいろな思い出が詰まっているでしょう。
しかし、大きくなった利用価値がなくなります。
人に譲ったりすることで新たな使い道が見つかります。
適当な人がいなければ処分することになります。
ただ、学習机は頑丈な上に重量物です。
一人で処分することはできません。
解体しようにものこぎりなどを使っても簡単に解体できるわけではありません。
処分すると決めたならば、業者に依頼するのが一番簡単です。
もちろん、無料ではありませんから、そのお金を考えておく必要があります。
電話連絡をすると、忙しい時期でなければすぐにやってきてくれます。
学習机を持って行ってもらいたいと言えば、家から運び出してくれるでしょう。
自分では何もする必要はありません。
ただ、運び出すだけでも2人以上の作業員がいますから、費用は安くありません。
自分で学習机が乗るような車を持っているならば、自治体の処分場まで自分で運ぶことが一番安上がりです。
その場合でも無料ではありません。
ただ、業者よりも安いことは間違いありません。
あなたはどのような処分を考えていますか。
学習机を運び出す時に、怪我をしないように注意してください。
力がないなら、友人などに手伝いを依頼しましょう。
2,3人いれば、運び出すことができます。
ただ、2階から階段を使って下ろすのは簡単ではないですね。
業者に依頼した場合も割増料金を取られるようです。

学習机の処分費用

学習机を格安で処分してくれる業者がいます。
有料でもいいから、家の中から運び出してもらいたいと思っているなら処分業者に依頼すると確実です。
自分で学習机を運び出すのは容易ではありません。
頑丈ですし、その上かなり重いからです。
構造上、解体することはできません。
再利用するつもりがないなら、バラバラに解体してもいいですが、のこぎりを使って数時間かかります。
学習机の処分では1kgで200円からとなっています。
この金額はかなり安い業者の例です。
一般の家具などであれば、1000円くらいですが学習机だけは別料金となっています。
その理由は重いからでしょう。
1kgで200円と言うことは20kgで4000円です。
あなたの学習机はリサイクルできる程度にきれいでしょうか。
シールを貼り付けたり、落書きをしたりしているかもしれません。
その程度の痛みなら再利用は可能ですね。
処分業者は再利用できるものはリサイクルします。
その利益は業者のものになるからです。
引越しをきっかけにして学習机を処分する人もいます。
引越し業者が処分業者を紹介してくれるケースもありますね。
その場合は引越しの費用にわずかに上乗せするだけで済みますから、安上がりです。
一つの学習机だけを処分するのではなく、その他に処分するものがあれば、一緒に処分しましょう。
たいていの業者は数が多くなると割引をしてくれるようです。
インターネットで処分業者を検索してみてください。
たくさんの業者が見つかるはずです。
料金と引き取り方法を確認してから依頼してください。

学習机と年齢

小学生になって学習机を購入した人がほとんどでしょう。
年齢とともに学習机の高さを変えることができます。
通常の机との違いは成長に合わせて変えられるところです。
大学生になると、さすがに学習机を利用している人は少数派になりますが、最近では学習机を大人でも使えるようにしたタイプが注目されています。
大人から子どもまで使える学習机です。
学習机の処分が簡単ではないため、どうやって処分しようかと考えている人がいますが、処分しないと言う選択肢を考えるのも悪くありません。
処分しないと言うことは、再利用することになります。
一番簡単なのは知人の子どもに譲ることでしょう。
学習机は安い買い物ではありません。
祖父母から買ってもらう人もいますが、誰からもらっても大切に使用したいものです。
学習机を運び出すのも容易ではありませんから、解体をする人もいます。
机の解体はのこぎりなどを使用して、完全に処分する時だけ有効です。
子どもの時の思い出として学習机は象徴的なアイテムです。
どこの家庭にも学習机があるイメージですが、そのタイプは様々です。
子ども用ではなく、最初から大人用の机を購入するのも悪くありません。
小学校低学年の時は、親と一緒に食卓で勉強するとよいでしょう。
勉強が面白くなれば、学習机の利用頻度も高くなっていきます。
あなたは何歳まで学習机を使っていましたか。
これからもずっと使い続けますか。
古くなっても学習机は利用できます。
処分するのはもったいないですね。

学習机処分の問題

学習机の処分に困っている人が多いようです。
インターネットの相談サイトには同じような相談があるからです。
処分するにしても、重くて運び出せない場合は、業者に依頼して引き取ってもらうこともできるでしょう。
捨てるか再利用するかによって業者は違うかもしれませんが、自宅からなくすことが目的ですから、どのような形でも構いませんね。
ただ、業者に依頼すると以外と高くつきます。
事前に金額を確認しておくことが大切です。
もちろん、無料で引き取ってくれる場合もあります。
インターネットで調べてみるとよいでしょう。
自治体のゴミ収集を利用するのが一番確実かもしれませんが、家の外までは自力で出さなければなりません。
また、自治体によって学習机のような大きなごみは収集方法が違います。
事前に窓口に相談すべきでしょう。
誰も収集せずに放置されたままになっている粗大ごみが問題となるケースもあります。
自分が出したごみですから、最後まで責任を持ちましょう。
自力で解体する方法もあります。
のこぎりやバールを使いますが、電動のこぎりを使用しないと大変です。
丈夫にできていますから、板厚が厚いのです。
電動のこぎりは安価なものが販売されていますから、使い捨ての気持ちで購入しましょう。
解体してバラバラになっていく学習机を見て、ちょっとセンチメンタルな気持ちになるかもしれません。
自分の思い出の品だからです。
ただ、学習机を持っていても別の場所で勉強している人も少なくありません。
本当は必要ないのかもしれません。

学習机解体の情報

学習机の解体は経験がない人がほとんどでしょうが、意外と簡単なようです。
実際に解体をしているところの写真を掲載しているサイトもあります。
あなたが学習机を処分するために解体を考えているなら、有益な情報源がたくさんあるでしょう。
学習机の作り方によって、解体の方法が違ってきます。
ネジをメインにして組み立てている場合はドライバーがあれば、解体することができます。
しかし、接着剤を使用している場合はハンマーで叩くか、電動のこぎりで切断することになります。
電動のこぎりを使用する場合は内部に金属製の留め具が使用されている場合もありますから、注意しましょう。
のこぎりの刃がダメになってしまいます。
一般的に学習机は丈夫にできていますからネジだけで組み立てられる家具ではありません。
ハンマーが必要でしょう。
解体をどこまでやるかによって、使用する道具も変わります。
2階から降ろすために二つに分離するだけならのこぎりは必要ないでしょう。
ごみ収集のビニール袋に入れるつもりなら、のこぎりでひたすら小さくカットしましょう。
自分では何もできないと思うなら、解体業者に依頼することです。
作業員が来て、すぐに持って行ってくれます。
もちろん、有料となりますから、事前に費用を確認しておきましょう。
学習机に限らず、大物家具の処分は大変です。
家族が多ければ、みんなで協力し合うことができますが、一人暮らしではどうしようもありません。
一人暮らしをしている人が学習机を使用していることはないですね。

学習机と勉強

学習机の処分が大変だと困っている人が多いのですが、一般的には学習机は小学校になる時に買ってもらいます。
勉強好きな子どもなら学習机の利用頻度は高いでしょうが、たいていの人はあまり利用していないのではないでしょうか。
学習机の価格は決して安くありません。
祖父母がプレゼントしてくれるため、価格を気にしている人が少ないかもしれません。
高い商品であれば10万円を超えてしまいます。
それでもいつかは無用の長物となり、処分されることになります。
解体しようとしても、ドライバーで簡単に解体できるわけではありません。
いずれ解体するものなから、組み立て式を購入すると言う考えもあります。
組み立て式なら、逆の手順で解体できるからです。
ただ、毎日机に座っていると、かなりの重量を支える力が必要ですから、壊れるのも早くなります。
そのため、学習机は丈夫にできているのです。
特に子どもは机で勉強するのではなく、遊ぶこともよくあることです。
イスが壊れて怪我をしたとなると、メーカーの製造物責任を問われることになります。
しっかりとした作りになっていれば、意外と長持ちするのです。
学習机で勉強している人はどれくらいいるでしょうか。
テレビなどでは机の上はいつも整理整頓されていますが、現実はそうではないでしょう。
小学校の時は勉強をするとしても食卓でやっている人も多いようです。
親も一緒に勉強すると子どものしつけになります。
机に向かって勉強をすると言う姿勢が必要なのです。

学習机のメリット

学習机は子どもが勉強するのに便利でしょうか。
学習机のメリットを考えてみましょう。
最終的には解体されて処分されることになりますが、学校に通う期間で利用されるならば、一つの家具として十分価値があります。
まず、小学生から中学、高校まで使用する時に高さを変えられる点が大きな特徴です。
体型に合わせた机と椅子は非常に重要でしょう。
それから、本棚が目の前にあるため、整理整頓がしやすくなっています。
もちろん、整理整頓をするかどうかは、その人の性格や生活習慣似依存しますから、メリットではないかもしれません。
本棚がある分だけ、机の利用範囲が狭くなってしまいます。
最近は一生使える学習机も販売されるようになってきました。
処分する必要がなければ、解体もしなくて済みます。
一つの物を長く使うことは環境にも優しいでしょう。
学習机の作り方や形はメーカーのポリシーが込められています。
どれも同じようなものだと思っていませんか。
これから学習机を購入するのであれば、いろいろなタイプを見てみましょう。
一長一短があります。
10年先を見越して学習机を選ばなければなりませんが、子どもがどのような勉強をするかわかりません。
あまり考えすぎないことです。
壊れることも想定して、リーズナブルな価格帯を選ぶとよいでしょう。
学習机を知人から譲り受けることもあるでしょうが、子どもは新しい机を欲しがっています。
兄弟が多ければ、兄は新品でも自分はお下がりと言うケースもよくあります。
子どもでも、心の中では不満を持っているかもしれません。

学習机解体の費用

長年暮らしていると、だんだんと物が増えていきます。
子どもが小学校に入ると学習机を購入したのではないでしょうか。
しかし、大きくなると学習机は使われなくなります。
場所を取りますが、重いですから処分しようとしても容易ではありません。
処分を依頼するなら解体業者がいいでしょう。
学習机だけではなく、古くなった家具なども解体してくれます。
業者によって、その費用は異なりますが、作業員が何人で対応するかによって変わってきます。
一人で解体作業をする場合は、学習机一つにつき、2,3千円程度を見ておけばいいでしょう。
意外と安いですね。
もちろん、大きな学習机の場合は、もっと高くなるかもしれません。
また、一人で解体する業者の場合は、依頼人も一緒に作業を手伝う必要があります。
机を移動するなど、一人ではできない作業があるからです。
すべてを任せるなら、それなりの費用を請求されます。
2人以上が必要だからです。
いずれにしても、作業を始める前に費用を確認しておかなければなりません。
後で、高いお金を請求されたらたまりませんね。
インターネットなどで解体業者を検索すると、たくさん出てきます。
自宅から近いところの業者から問い合わせしてみましょう。
学習机や家具が増えすぎないように、時々処分することを考えましょう。
ただ、なかなか捨てることができない人が多いようです。
思い出が詰まった学習机だとしても不要となったら、割り切って解体してしまいましょう。

学習机の相談

学習机に関する相談では、小学生に学習机が必要かという問い合わせが多いようです。
確かに、低学年の時はリビングで勉強することがほとんどでしょうから、学習机は物置場所となっているだけです。
ただ、高学年や中学校になると、自分だけの勉強机は必要でしょう。
それが学習机である必要はありません。
学習机は最終的には処分することになりますが、簡単に解体できるわけではありませんから、処分に困ってしまいます。
学習机の相談として処分方法を尋ねる人も多いですね。
小さな物なら粗大ごみとして自治体の処分方法にしたがえばいいのですが、運ぶだけでもかなり重いため、業者に依頼した方が安全です。
解体業者に依頼するといくらくらいかかるのか心配になります。
最終的に学習机は元を取っているのでしょうか。
安くても数万円、高いものなら10万円を越えます。
10年間使ったとして、1年で1万円です。
長く使えば、それなりに役立っていますが、勉強しない子どもの場合は机に座っている時間がほとんどありません。
あなたはどのような子どもでしたか。
学習机は役に立ちましたか。
受験生にとって、専用の机は必要です。
また、受験生でなくても本棚や学校の道具を置く場所が必要です。
学年が上がるにしたがって、道具も増えていきます。
大人でも使用できる机を購入すると言う発想も悪くありません。
小学生の時の体格に合わせてテーブルの高さを変えられるようにしておくと一番確実です。
体格に合っていない机は姿勢が悪くなる原因です。

学習机とごみ

学習机を使わなくなったらごみとして処分しますか。
それともリサイクルしますか。
知人などに学習机を必要としている子どもがいれば、ただで譲るといいでしょう。
学習机を処分する場合ごみとして出すと、粗大ごみとなりますからほとんどの自治体で有料となります。
解体して、ビニール袋に入れることができれば、少しは安くなるでしょう。
ただ、解体するのは簡単ではありません。
特に女性の力では解体はできないと考えるべきです。
ごみにするよりも、誰か別の人が使ってくれるようにすべきでしょう。
インターネットなどでは「あげます、売ります」と言った掲示板がたくさんあります。
スーパーなどの掲示板にも同じような情報が掲載されているのを見たことがあるでしょう。
ごみとして捨てることを考えずに、必要とする誰かを探しましょう。
学習机は頑丈にできています。
10年ぐらい使っても、壊れていないはずです。
誰かに譲る時には、自宅まで取りに来てもらうようにしましょう。
重量物ですから、大きめの車が必要です。
着払いで求める人に贈ると言う手段もありますが、ちょっと面倒ですね。
お互いの家が近ければ、運ぶこと自体は問題になりません。
解体業者や処分業者は必要な部分を修理して、有償で販売しています。
それでも新品を購入するよりもかなり安上がりです。
学習机はどうしても必要なものではありません。
小学校低学年の時はリビングのテーブルで宿題をします。
高学年になったら、大人用の机で勉強できるでしょう。

学習机の解体道具

学習机の処分を考えて、解体するにはどのような道具が必要でしょうか。
専門家が持っているような道具を素人が購入するのは大変ですし、机の解体だけのために道具を購入するのはもったいないでしょう。
ただ、学習机の構造はメーカーが変わっても、ほとんど違いはありません。
外側からドライバーのネジが見えるなら、まずドライバーでネジを外しましょう。
ドライバーで外すと大物が分離します。
机の上の本棚が外れると、サイズが半分になります。
それでもまだ重量がありますから、女性だけで運ぶことはできません。
繋ぎ目は接着剤を使用していれば、ハンマーで叩くと外れるでしょう。
処分するのですから壊れても構いません。
思いっきり叩きましょう。
意外と簡単に外れてしまって、壁や床に傷を付けないように注意しましょう。
解体してしまうと女性一人でも簡単に運ぶことができます。
粗大ごみとして処分することができるでしょう。
ただ、昔の学習机は頑丈にできていますね。
叩いたくらいでは全く壊れてくれません。
のこぎりで切ってしまうことも可能ですが、力が必要です。
学習机は使っている時はいいのですが、もう使わなくなったと処分する時に厄介者となります。
購入する時には処分することを考えておくべきでしょう。
もちろん、ずっと使い続ける方が一番いいのです。
大人になって学習机を使ってはいけない理由はありません。
サイズが合っていれば、意外と使いやすいかもしれませんね。
あなたの学習机は使いやすいですか。

学習机の悩み

学習机に関する悩みは、やはり学習机が必要か否かと言うことです。
多くの親たちが悩んでいます。
どうせ勉強しないのだから学習机は必要ないと考えている人たちが増加しているようです。
学習机を処分する時には解体もできずに、苦労している人が多いのです。
処分業者に依頼すると解体費を取られることでしょう。
しかし、学習机を単に勉強をするためだけの道具と考えていると大きな間違いだと指摘する意見があります。
それは人間には知的活動のための場所が必要だと言う意見です。
子どもの時から場所を確保してやることが大事であり、それが学習机なのです。
学習机に座ると、勉強をするだけではなく、いろいろなことを考えることができます。
自分だけの空間を作っているのです。
宿題ならリビングのテーブルでも可能でしょう。
それは知的活動ではないのです。
いつもその場所だけは自分専用の物であり、そこでは自分が主役です。
それは心地よい空間でなければなりません。
体型に合わせた学習机が重要となります。
子どもの時に学習机を持っていなかった人と持っていた人を比較しているわけではありませんが、人間が考える動物であることは紛れもない事実です。
大人になってから考えるのではなく、小学生の時からいろいろなことを考えています。
まとまった学習の形である必要はありません。
単なる空想かもしれません。
学習机を大学生になっても使用している人は、その場所が自分の考えの原点だと思っているからでしょう。

学習机の解体業者

世の中にはいろいろな業者がいます。
学習机を解体して処分してくれる業者を紹介しましょう。
もちろん、学習机を専門に解体しているわけではありません。
そのままでは運び出すことができない大きな家具などをその場で解体して、処分場まで運んでくれます。
解体する必要がなければ運び出すだけです。
要するに何でも処分してくれるのです。
学習机はたいていの家庭にありますが、いつの間にか使わなくなってしまいます。
一番大きな不用品となっているケースが多いのです。
自分で運び出すこともできないため、解体業者に依頼することになります。
処分の費用はどれくらいでしょうか。
10kg以下であれ1,100円、20kgまでが2,500円、30kgまでが3,500円、50kgまでが5,000円となっています。
テレビをリサイクルに出しても3,000円は必要ですね。
それと比べると、それほど高くないでしょう。
学習机の重量は約20kgです。
学習机は解体して処分するだけですから、特別な費用が発生することはありません。
家電製品の場合はリサイクル対象となっている場合、処分費が別途必要となります。
ただ、学習机を解体してもらうためには、別料金となります。
まずは、見積もりを取ってみましょう。
解体業者は意外と近くにあるケースもあります。
インターネットで検索するとわかるでしょう。
解体業者は慣れていますから、手際よく学習机を処分してくれるでしょう。
一般的には電話をかけると、すぐに来てくれます。
夜の作業や早朝の作業は割増料金です。
エレベーターや階段など運び出しにくい環境なら、それも割増となります。

学習机解体のブログ

学習机を自分で解体して処分している人がいますね。
もちろん、女性には難しいかもしれませんから、男性がやるべきでしょう。
ただ、解体のしやすさは学習机の構造にもよります。
ドライバーだけでかなりの解体ができる商品もありますが、多くの学習机は接着剤で張り付けられているため、ハンマーで叩くかのこぎりで切るしかありません。
解体のプロセスを記録したブログを見ていると、あまり特殊な工具は必要ありません。
解体してしまったら、不要となる道具を購入するのは無駄でしょう。
知人が持っている道具を借りる方が賢いですね。
学習机を解体すると平板に分解されます。
ここまでくれば、一般のごみと一緒に回収に出すことができます。
解体業者に依頼することもできますが、学習机一つのために依頼すると高くつきます。
引越しをきっかけに、学習机を処分する人が多いでしょう。
その他のいろいろな家具を処分するのです。
長く一つのところで生活していると、だんだんと家具や家電製品が増えていきます。
適度に捨てることを覚えなければなりません。
確かに捨てるのはもったいないと言う考えもあります。
誰かに譲ることが一番いい処分方法です。
インターネットやスーパーの掲示板で「譲ります」の掲示を出してみてはどうでしょうか。
すぐに欲しい人が現れるといいですね。
引越しが決まってから、処分を考えるのではなく、部屋の中をすっきりさせるために机を処分しましょう。
ただ、学習机はいろいろな作業をしたり、物思いにふけったりするために必要だと言う意見もあります。

学習机解体体験

小学校の時から使用してきた宅習机を解体したことがありますか。
そのまま処分するのは忍びないと、誰かに譲るつもりでも適当な人がいなければ解体してみましょう。
ドライバーやハンマーが必要です。
多くの人が学習机を処分で困っています。
大きくて重いため、女性一人では動かすこともできません。
学習机は丈夫にできていますから、簡単には解体できません。
専門の業者に依頼することも可能でしょうが、できれば自分でやりたいものですね。
学習机には小学校の時の思い出が残っています。
アニメキャラクターのシールや落書きです。
大きくなってじっくりと見てみると、懐かしくなります。
それでもいつの間に科粗大ごみとなってしまっています。
処分しなければなりません。
自治体によっては粗大ごみのシールを貼ると、業者が回収してくれます。
解体する前に前後左右から眺めてみましょう。
どのような手順で解体すればいいかを考えるのです。
ドライバーだけで解体できるタイプもありますが、ほとんどはハンマー化のこぎりが必要です。
昔の学習机と現代の学習机は作り方が違います。
最近は長く使うことを考慮しているようですね。
もちろん、メーカーによって考え方が違いますから、一概には言えません。
解体できない学習机はありませんが、自分の手に余るようなら知人に助っ人を頼みましょう。
無理をして怪我をしては大変です。
インターネットに学習机の解体の様子を記載しているサイトがあります。
これらを参考にしてください。

学習机のリメイク

学習机は小学生の時に購入した人がほとんどでしょう。
子ども向けにちょっとかわいい感じの机になっています。
目の前には本棚が取り付けられていて、机全体が狭くなっています。
小学生の時には、ちょうど良かったかもしれませんが、高校生くらいになるとさすがに使いにくくなってしまいます。
解体して処分すると言う考えもありますが、もったいないのでリメイクしてはどうでしょうか。
解体費も処分費も不要です。
もちろん、リメイクのための手出しは必要となりますが、大人になっても使用できる机にしてみましょう。
作業は自分でできる範囲でやってみましょう。
まずは本棚を取り外します。
そうすると机の上がすっきりとなり、広く使うことができます。
実は本棚を取ると、学習机ではなくなるのです。
引き出しはそのままでも利用価値はあるでしょう。
机の側面にはランドセルをかけるためのネジなどが出ているかもしれませんから、それは取り外しましょう。
全体の色を変えるために壁紙を貼り付けるのも悪くありません。
取り外した本棚には蛍光灯がついているタイプもあります。
代わりのスタンドは購入しましょう。
最近はLED証明のスタンドがあります。
おしゃれなスタンドで机の上を明るく照らしましょう。
高校、大学とリメイクした学習机を活用してください。
もちろん、大人になってからもずっと使い続けてください。
どうしても処分しなければならないなら、誰か必要としている人に譲りましょう。
再利用はごみ減量の第一歩です。

学習机の購入

小学校になると学習机が必要だと考えている親は多いのですが、どのような学習机がいいのでしょう。
多くの人が経験していることですから、先人の知恵に学びましょう。
学習机が物置になってしまっている話はよく聞きますね。
学習机は不要なのでしょうか。
高い商品は10万円以上もします。
結論から言えば、子どもが欲しいと言った時に購入すればいいでしょう。
ただ、子どもは人が持っていると自分も欲しくなります。
学習机を購入したから勉強するわけではありません。
また、祖父母から学習机を購入してもらうケースも多いですが、その場合子どもが欲しいと言わなくても買ってしまいます。
学習机は長く使うものですが、大学生でも使い続けている人はごくわずかです。
つまり、いつの間にか別の机を購入してしまっているのです。
そうなると、学習机は粗大ごみとして処分しなければなりません。
大きくて重いですから、処分も容易ではないでしょう。
解体しようとしても簡単に解体できません。
有料で専門の業者に依頼している人もいます。
学習机はシンプルが一番です。
周りにいろいろなものがついているタイプはいずれ飽きてしまいます。
高校生になっても使用することを考えてください。
本棚が取り外せるようになっていると利用価値は高まります。
メーカーがどのような考えで学習机をデザインしているかを確認しましょう。
ステンレス製よりも木製の学習机がいいと思います。
ただ、少し価格が高くなります。
あなたはどのような学習机を購入するでしょうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。