大型テレビの地震対策

この記事は14分で読めます

大型テレビの特徴

現代のテレビは大型化するとともに薄型化の傾向にあります。
これは画面がブラウン管から液晶へと技術が進歩したからです。
薄型化によって大型テレビを一般の家庭でも容易に設置できるようになりました。
すでに自宅に大型テレビを持っている人も少なくないでしょう。
ただ、大型テレビならではの問題が注目されるようになってきました。
それは地震対策です。
地震が発生した時に大型テレビはすぐに倒れてしまいます。
地震対策をしておかなければ、下敷きになって怪我をしてしまうことも十分考えられるのです。
具体的な地震対策はいろいろと考えられます。
インターネットなどで検索してみると出てくることでしょう。
天井から転倒防止用のワイヤーなどで引っ張ることもできますし、大型テレビの下から支えたり、壁に埋め込んだりすることができます。
いずれにしても何らかの地震対策は必須と言えるのです。
もちろん、ブラウン管に比べると液晶テレビの重量はかなり軽くなっています。
ただ、面積が広い分だけ近くにいたら避けられないのです。
家電製品は便利になるとともに、別の問題が出てくることに注意しなければなりません。
家電量販店で大型テレビを物色している人の多くは、価格や機能だけをチェックしていることでしょう。
地震対策など見ていないのです。
テレビの説明書には注意書きとして地震対策が記載されていますし、店員からアドバイスされることもあるはずです。
最近の日本ではいろいろなところで地震が起きています。
他人事ではないのです。

スポンサードリンク

大型テレビの注意

大型テレビで見る映像は迫力があります。
解像度も技術の進歩によって、どんどん上がっています。
きれいな映像を大画面で見ると、まるで映画館にいるような気分になるのです。
ただ、大型テレビでは注意しなければならないことがあります。
それは地震です。
地震対策をしていない大型テレビは簡単に転倒します。
転倒したテレビで怪我をすることも少なくないのです。
そのため、家庭で大型テレビを購入する時には地震対策をしておかなければなりません。
あなたの家ではどうでしょうか。
過去に地震に遭ったことがあれば、地震対策は当然と考えているかもしれません。
しかし、その経験がなければほとんど考えていないでしょう。
解像度や映像の美しさばかりに気を取られて、地震対策は何もしていないのです。
電気店でテレビの地震対策グッズを問い合わせてみれば、いろいろとアドバイスをしてくれるでしょう。
メーカーのオプションとして提供されている場合もありますし、インターネットなどの通販サイトで簡単に購入できるタイプもあります。
どのような形でもいいですから、地震対策はしておかなければなりません。
もちろん、テレビだけの地震対策ではなく、家具や食器棚など倒れそうなものは転倒防止をしておきましょう。
食器棚が倒れて、ガラスが散らばってしまった映像などを見たことがありますか。
いつ地震が起きるか誰にもわかりません。
万が一のために備えておくことが重要です。
天井からワイヤーで引っ張るタイプは簡単に取り付けられます。

大型テレビの地震対策

大型テレビは何もしなければ地震で簡単に倒れてしまうことは誰でも容易に理解できるでしょう。
実は大型テレビの隅の部分には地震対策のための紐などをかけるフックが付いています。
そのフックにつけた紐を天井や壁に取り付けておけば、十分な地震対策となります。
ただ、賃貸住宅に住んでいると、壁にネジを取り付けたりすることができませんから、別の方法を考えなければなりません。
それは大型テレビの足の部分にジェル状の柔らかい素材で固定することです。
これは地震対策として効果がないような気がしますが、振動試験でかなり有効であることがわかっています。
振動してテレビが台座とずれていくのを抑えてくれるからです。
もちろん、台座ごと転倒してしまえば意味がありません。
大きな地震が起きることを想定して、複数の地震対策を講じておくことをおすすめします。
テレビが転倒して、その下敷きになった場合には子供や高齢者は間違いなく大怪我となります。
また、表面の液晶の破片が皮膚に食い込むかもしれません。
このような状況を想像するだけで、怖くなってしまいます。
地震列島日本ですから、いつ大地震が起きるかわかりません。
非常事態に備えておくことが私たちにできることです。
そのために大型テレビの地震対策は基本です。
インターネットで調べてみると具体的な商品などが掲載されています。
電気店で問い合わせするのもいいでしょう。
何もしていないのであれば、今すぐ地震対策を考えてください。

大型テレビの被害

地震が発生すると大型テレビはどうなるでしょうか。
間違いなく転倒するでしょう。
テレビが壊れることはもちろんですが、その下敷きになってしまう恐れがあることを考えておいてください。
もちろん、テレビのサイズは様々ですから、すべてが大きな被害となるわけではありません。
ただ、一般的に大型テレビと言われているのは40型、50型程度のサイズです。
これらは液晶画面で薄くなっていますが、重量は決して軽くありません。
薄くなった分だけ倒れやすいのです。
地震対策をしておかなければ安心してテレビを見ることできないでしょう。
具体的な地震対策はいくつか考えられますが、一つだけでは不安ですから、複数の地震対策をしておくことをおすすめします。
ワイヤーで天井から引っ張ることと、足の部分をジェル状の製品で固めることです。
近年の地震で大型テレビがどのような状況になったかはインターネットで調べることができます。
メーカーもそのための対策を考慮して製品を改善しています。
説明書にも書かれているかもしれませんが、どのような地震対策をするかはユーザーが決めなければなりません。
大型テレビの転倒が怖いのであれば、必ず地震対策をしておきましょう。
もしくは、小型のテレビで我慢することです。
技術の進歩によって家電品は便利になっていきますが、その陰で別の問題が発生することもあると認識しておかなければなりません。
あなたの家のテレビはどうでしょうか。
今すぐ地震対策をしましょう。

大型テレビの地震対策とは

大型テレビだけが地震対策をしなければならないわけではありません。
ただ、これまで地震対策をしてこなかったけれども、これからはしなければならないのが大型テレビなのです。
つまり、これまでのテレビはブラウン管でしたから、奥行き方向にかなりのスペースを確保していました。
転倒することはなかったのです。
しかし、大型テレビの登場は液晶画面の普及と同時期ですから、薄型の大型テレビとなったのです。
形状的に振動に弱いことは明白でしょう。
もちろん、メーカーもそれを放置しているわけではありません。
本体の四隅にはワイヤーを取り付けるための穴などを設けています。
ただ、実際に地震対策をするのはユーザーです。
自分で地震対策ができないなら、テレビを運んでもらう時に依頼しておかなければなりません。
自己所有の家ならば、釘を打つことを気にしなくていいですが、賃貸住宅の場合は釘が打てないかもしれません。
そのような時のために下方向から支えるグッズも販売されています。
どのような地震対策ができるのかをしっかりと考えてください。
大型テレビが薄くなったとしても、その重量は決して軽くありません。
30kgを超える商品もたくさんあります。
男性でも一人で持つことができないのです。
そのようなテレビが自分の方向に倒れてくることを想像してみましょう。
子どもならひとたまりもありません。
テレビが破損することよりも自分たちの身に危険が及ぶ可能性があることを考えましょう。

大型テレビを長く使う

テレビの画質はどんどん良くなり、多くの家庭では大型テレビを購入するようになってきました。
そこで問題となるのが大型テレビの地震対策です。
見た目からわかるように揺れに対して弱くなっていることは間違いありません。
もちろん、メーカーも地震対策としてできるだけ重心が下になるように足部分を重い素材で構成しています。
また、薄型になったことで全体の重量も軽くなりました。
50インチの大型テレビでも40kg未満となっています。
大人の男性であれば、地震で下敷きになることはないでしょう。
ただ、子どもやお年寄りにとってはかなりの重量物です。
大型テレビは全体的に安価になってきているとしても、気軽に買えるほど安くはありません。
大事に使っていきたいものです。
地震対策だけではなく、安定した設置を考えておかなければなりません。
テレビ業者にしっかりと固定するよう依頼しておきましょう。
テレビ本体の寿命が来るまでには10年以上の余裕がありますから、物理的に傷ついて映らなくならない限り、使い続けることができます。
地震対策については、最近の大型地震に対する不安から、テレビ以外にも固定などをしている家庭がほとんどでしょう。
家庭で簡単にできる対策と業者に依頼しなければならない対策があります。
どのような方法を取るかを十分検討しておかなければなりません。
大型テレビを置く場所を決めたら、そこから移動させることは現実的ではありません。
大切に使うようにしてください。

大型テレビの地震対策をする

大型テレビはきれいな映像を表示できることがメリットですが、そのサイズのため地震対策が必須です。
具体的な地震対策について説明しましょう。
確実な方法は本体上部や下部に設けられた固定用の穴を利用することです。
壁や天井との間を紐でつなぐのです。
地震が来ても壁が壊れない限り、しっかりと立っていることでしょう。
注意しなければならないのは賃貸住宅で壁に釘を打ち込むことでしょう。
当然、跡が残りますから、禁止されている物件も少なくありません。
他の方法としては、突っ張り棒を天井との間に挟むことでしょうか。
大型テレビ専用の突っ張り棒も販売されています。
ただ、この棒は横方向への圧力に弱いですから、強い地震が起きると十分な対策にはならない可能性もあります。
そしてもう一つの方法として、ジェルがあります。
粘土に似た素材で大型テレビの根元の揺れを抑えてくれます。
もちろん、長時間の揺れに対しては対応できないことでしょう。
いずれにしても、何もしないというのは危険です。
大型テレビは薄くてもかなりの重量があります。
50型では30キロ以上の重量がありますから、子どもたちが近くにいたとしたら間違いなく下敷きになってしまうでしょう。
大型テレビのメリットばかりを考えるのではなく、地震対策も確認してください。
当然のことですが、テレビだけではなく箪笥や棚などもしっかりと地震対策をしておきましょう。
東北地震や熊本地震など大きな災害が起こっています。

大型テレビと振動

物体は重心が高くなるほど振動に弱くなります。
家庭電化製品の中でも大型テレビが一番不安定な印象を受けるのではないでしょうか。
もちろん、大型テレビを製造しているメーカーも地震対策を考慮したモノづくりをしています。
それは重心を低くすることです。
根元の部分はかなりの重量がありますし、液晶画面の下の方に極力部粉を配置するように工夫しています。
それでも地震対策としては不十分ですから、紐などで転倒防止ができる構造となっているのです。
ただ、細かい横振動に対して強度を上げることができれば、地震対策として大きな効果が期待できます。
それがジェルです。
粘土に似た物質で大型テレビの根元を補強するのです。
ジェル状ですから、物の振動をある程度まで吸収してくれます。
もちろん、それで完璧ではありませんが、何もしないよりも格段に強くなるのです。
インターネットで地震対策を検索してみましょう。
この他にもいろいろな商品が販売されています。
どれを利用するかは自分で判断しなければなりませんが、複数の地震対策を講じることで相乗効果が期待できるでしょう。
日本は地震列島と言われていますから、いつどこで地震が起きるか予想できません。
日頃から地震対策をしておくことが重要でしょう。
大型テレビだけではなく、食器棚や箪笥など高い家具類は確実に押さえておきましょう。
自宅にいて家具の下敷きになって怪我をした人はたくさんいます。
過去の経験を活かさなければなりません。

大型テレビの設置

大型テレビを購入するのはいいのですが、設置が少し大変です。
男性でも一人でできるわけはありませんから、設置業者に依頼することになります。
一般的にはテレビを購入した電気店で業者を派遣してくれます。
大型量販店の場合は専門のスタッフがいるでしょう。
もちろん、有料です。
ただ、自分で何とかやろうと無理すると、怪我をしたり大型テレビを落として壊したりすることになります。
有料ですから、確実な設置をしてくれるはずです。
テレビアンテナはもちろんですが、地震対策も重要なポイントです。
地震対策は難しくないのですが、女性が適当にやってしまうといざと言う時に役に立たないと意味がありません。
笑い事では済まないのです。
大型テレビは購入しただけですぐに、映像が出てくると思っている人は少なくありませんが、実際にはアンテナやネットワークを接続しなければなりません。
テレビが小さければ、一人で楽に運ぶことができますが、大型テレビは男性の大人が二人で運ばなければなりません。
設置する前に落としてしまったりすれば賠償しなければならないですから、設置業者も丁寧な作業をしてくれることでしょう。
お金がかかってもいいですから、設置は業者に依頼すべきです。
間違っても自分でやろうと思うべきではありません。
家電製品は高性能になりますが、大きくなると重くなることは避けられません。
取り扱い方はこれまでと違うことを認識してください。
地震の不安を感じずに安心してテレビが見られる環境を作りましょう。

大型テレビの固定

大きな家具や家電製品は地震対策をしておくことが重要です。
一番簡単なのは何らかの固定をしておくことです。
もちろん、転倒防止ですから、天井や壁と紐やワイヤーで固定するのです。
壁にネジを取り付けて、そのネジと大型テレビ本体を結び付けておくのです。
強い振動が起きたら、上部が揺れ始めます。
その揺れを抑えることができれば転倒を防ぐことになるのです。
大型テレビの構造もある程度地震対策を考慮しています。
それだけでは心配なため固定方法を考えるのです。
具体的な作業は業者に依頼してもいいでしょう。
いずれにしても、本当に地震が起きた時には転倒して怪我をすることもあるのです。
特に小さな子どもであれば命に関わるかもしれません。
ところで、大型テレビの地震対策は固定だけで済むのでしょうか。
大地震が起きた時には家の倒壊もありますから、テレビだけ地震対策しても意味がありません。
ただ、家は別の地震対策をしていますから、それぞれの固定によって、被害を抑えることが重要でしょう。
テレビの台座が崩れてしまった場合はどれだけ固定していても効果はないでしょう。
すべての地震に耐えられるような地震対策は現実的ではありません。
ポイントは自分たちが怪我をしないようにすることです。
それを主眼としておけばいいでしょう。
誰も地震が起きてほしいとは思いませんし、いつ起きるか予想もできません。
そのために対策をしなければならないのです。
自分たちでできるところから始めてください。

大型テレビとガムロック

ガムロックは画期的な地震対策商品です。
大型テレビやパソコンなどの転倒防止に利用されています。
大型テレビを設置する時には地震対策として紐やワイヤーで固定することが一般的です。
しかし、紐を壁につけるための穴や釘を取り付けなければなりません。
賃貸住宅に住んでいる場合は、釘を打つことができないのです。
そこで注目されているのがガムロックです。
インターネットでガムロックを検索してみるとたくさんのサイトが出てくることでしょう。
その特徴について紹介しましょう。
まずは、ネジを使わないため壁を傷つけないことです。
これが一番うれしいことでしょう。
それから、地震対策として有効性です。
メーカーでは震度7での転倒防止性能を確認しています。
つまり、最近発生している大地震でもかなりの効果が期待できると言えます。
ネジを使わないだけではなく、壁や家具などに糊の跡が残らないことです。
ガムロックはきれいに洗えば何度でも使うことができます。
それから、取り付け取り外しには特別な道具も力も必要ありません。
女性でも数秒で簡単に取り付けることができます。
壁紙や合板にも直接貼り付けることができますから、大型テレビを設置する時に何も準備しなくていいのです。
過去の大型地震での怪我の統計があります。
それを見ると、家の中の家具や落下物がぶつかって怪我をしたケースが約半数であることがわかっています。
つまり、家の中の家具やテレビを倒れないようにすること、上から物が落ちてこないようにするだけで、半分の怪我を避けることができるのです。

おすすめの大型テレビ地震対策

おすすめの地震対策はありますか。
過去に地震を経験した人は、それからの生活の中で常に地震対策を意識していることでしょう。
大型テレビが安価になってきており、解像度も高くなっているため、家庭用テレビも大型テレビを購入する人が増えていると言われています。
そこで大型テレビの地震対策が重要となります。
もちろん、固定するための方法はいくつか考えられますが、100%安心と言う地震対策はありません。
あくまでも保険と考えておくべきでしょう。
過去の地震における負傷者の半数は家具や落下物での怪我と言われています。
つまり、家庭内でしっかりと地震対策をしておけば、多くの怪我を防ぐことができるのです。
おすすめの地震対策はガムロックでしょうか。
ジェル状の製品で女性でも簡単に取り付けることができる振動防止グッズです。
壁などに跡が残りませんから、賃貸住宅でも気軽に利用することができます。
実際に震度7の状態で効果があることが確認されている商品です。
地震はいつ起きるかわかりません。
のんびりとテレビを見ている時間帯かもしれないのです。
確実な地震対策をしておけば、安心してテレビを見ることができるでしょう。
いつ転倒するかわからない状況であれば、テレビどころではありません。
地震は忘れたころにやってくると言います。
地震が多い地域は安心することができないでしょう。
ただ、できるだけの地震対策をしておけばいいのです。
大型テレビを固定する方法をいろいろ考えてください。

大型テレビの転倒防止

大型テレビの転倒防止を考えてみましょう。
もちろん、地震対策ですが、子どもが小さければ寄りかかって転倒させてしまうこともあるでしょう。
地震が来る前に大けがをしてしまうことになるのです。
テレビの地震対策は画面サイズが大きくなってきたために、重要視されるようになってきました。
つまり、大型テレビは重量が重くなっているのです。
もちろん、昔のブラウン管テレビと比べばかなり軽量で薄型になっています。
その分サイズが大きくなっていますから、トータルで考えればあまり変わらないのでしょう。
液晶画面の表面はガラスになっていますから、転倒すれば確実に怪我をします。
子どもやお年寄りであれば大怪我をしてしまうのです。
テレビの架台が壊れてしまうような地震であれば対策できないかもしれませんが、その時は家の中がめちゃくちゃになっているはずです。
大型テレビの地震対策は重要ですが、それだけは不十分でしょう。
家の中を見渡してみてください。
転倒しそうなものがたくさんあるはずです。
地震対策のためのサイトなどを参考にして、自宅の危険な場所や物をチェックしてください。
箪笥や食器棚など、簡単に転倒するのではないでしょうか。
大型テレビはその一つに過ぎないのです。
ただ、大型テレビを購入したのは最近のことでしょうから、地震対策はメーカーとしても考慮しています。
つまり、10年以上前に購入した食器棚よりも大型テレビの方が倒れにくいのです。
それでも何もしなければ不安ですから地震対策をするのです。

大型テレビと防災

日本で防災と言えば地震対策をイメージする人が多いでしょう。
もちろん、津波や水害なども防災対策を考えなければなりません。
ただ、家の中の地震対策は個人で考えられる範囲です。
自分ができる防災として家具や家電製品の地震対策を検討しなければなりません。
大型テレビが安価になってきているため、すでに大型テレビを購入している家庭も少なくないでしょう。
小さなテレビよりも危険度は高くなりますから、十分な地震対策をしなければなりません。
食器棚や箪笥は天井から補強することが一般的です。
大型テレビも本体に穴があいており、天井や壁との間で紐を取り付けられるようになっています。
壁は振動するとしても倒壊することがないと考えれば、壁と一体化することで地震対策は十分でしょう。
単に大型テレビの地震対策と考えるのではなく、自分がどのような防災をしておけばいいかを考えることが重要です。
つまり、防災意識を高めることです。
毎日の生活の中で大型テレビが倒壊することをイメージするのは難しいかもしれません。
しかし、過去の地震を教訓とするためにも、多くの知識を頭に入れておきましょう。
いざと言う時にどのような行動を取れるかが命の分かれ目となるかもしれないのです。
このようなことを大げさすぎると考えているなら、地震対策をしなくてもいいでしょう。
ただ、家族の誰かが大型テレビの下敷きになって命を落とすことのないようにしておくべきです。
安心して生活できるのが自宅なのです。

大型テレビの対策

大型テレビの対策と言えば地震対策しかありません。
大型化したために、これまでは必要なかった対策が必要になってきたのです。
近年は大きな地震が日本列島を襲っています。
3年、5年程度の周期で起きていることは誰もが知っているでしょう。
そのような状況の中で大型テレビを購入して地震対策をしないことは自分や家族の身を危険にさらすことになります。
何らかの対策をすることをおすすめします。
これは国民生活センターでも取り上げられています。
さて、具体的な地震対策は何をすればいいのでしょうか。
一つは大型テレビに同梱されている地震対策を利用することです。
メーカーによって少しずつ違いますが、考え方は同じです。
ベルトや紐などを使って、背面と壁をつなぐ方法です。
しっかりと固定することができます。
1本ではまだ不安定ですから、大型テレビの四隅をそれぞれ別の紐で固定すると、万一1本が切れても他の部分でカバーできます。
どのような地震対策をしても、それが完璧と言えるわけではありません。
しかし、何もしないでいるのは非常識と言われても仕方ないでしょう。
具体的な方法はインターネットを検索するとたくさんヒットします。
自分の家でやりやすい方法でいいですから、何かをしておいてください。
大型テレビを購入する計画を立てた時点で、地震対策を考えるといいでしょう。
実際の作業は設置業者に依頼するのです。
もし、できないと断られたら購入をあきらめてください。
もちろん、そのような業者はいません。

大型テレビの落とし穴

大型テレビの地震対策として、ワイヤーで固定する方法が一般的です。
防災グッズとして販売されています。
しかし、そこには大きな落とし穴があるのです。
具体的に説明しましょう。
ワイヤーを大型テレビの上部から出して、架台の後方と接続するのです。
これにより強い振動でも前方への転倒は確実に防止することができます。
しかしながら、後方への転倒には全く役に立ちません。
このような仕組みを取り入れている理由は大型テレビの後方には壁があるという前提に立っているためです。
もちろん、壁はあるでしょうが、後方に転倒することで台座が浮き上がります。
そして結果として全体が転倒してしまうのです。
子どもがテレビの前で番組を見ていた場合、テレビの転倒から逃げられるのでしょうか。
状況にもよりますが、怪我をしない保証はありません。
それが大きな落とし穴となってしまうのです。
ここでワイヤーを下方に引っ張るのではなく、天井方向へ引っ張るとどうでしょうか。
その場合は前方、後方いずれにも転倒しません。
ただし、天井へのワイヤーに大型テレビの全重量がかかることになります。
重量が30kgを超えていますから、適当に取り付けたワイヤーではすぐに切れてしまうでしょう。
それならどうすればいいのでしょうか。
複数のワイヤーを使用すればいいのです。
つまり、地震対策は一つではなく2重、3重にすることで完璧に近づきます。
もちろん、100%の地震対策はありえませんから、転倒すると思って避難することが重要です。

大型テレビと地震対策ワイヤー

地震対策のためのワイヤーは大型テレビを購入した時に箱の中に同梱されているはずです。
もちろん、ワイヤーではなくベルトや紐の場合もあるでしょう。
いずれにしても、それらを使って壁面に大型テレビを固定するのです。
これが地震対策の基本です。
ただ、壁面が倒壊するような大きな地震に見舞われた場合には十分な地震対策とはなりません。
そのような場合には家中がめちゃくちゃに壊れているはずです。
大型テレビだけのことではありませんから、あきらめるしかないでしょう。
ところでワイヤーでどのくらいの振動に耐えることができるのでしょうか。
壁面に固定するためのワイヤーは1か所では不十分です。
大型テレビの根元部分と画面の四隅をそれぞれ別のワイヤーで固定する方法が一番確実です。
できることなら壁面との間に隙間がないようにするといいですが、構造的に無理があります。
また、女性が弱い力で適当に接続していてもあまり効果は期待できません。
設置工事を行っている業者にしっかりと依頼しておきましょう。
その方が安心です。
賃貸住宅であれば、壁にネジを取り付けたりすることができない場合もあります。
そのような時のために粘土に似た商品が販売されています。
壁とテレビの間の隙間に取り付けるだけでかなりの強度を保つことができます。
大型テレビの振動を抑えるには根元部分を固定することが一番だと言われています。
安定したテレビの前で安心して番組に集中できる環境を整えてください。

大型テレビの危険とは

大型テレビが危険だと言われて、何を思い浮かべるでしょうか。
テレビ番組の内容や視力の低下が危険かもしれません。
しかし、もっと危険なのは地震です。
不十分な地震対策で大型テレビを設置していると、振動で倒れて近くにいた人が怪我をすることになるのです。
当然ですが、大きい分だけ重量も重くなっています。
いくら薄型になっても、それは避けられないことなのです。
自宅に置いている家具や家電製品から自分の身を守ることは自分の責任で行わなければなりません。
人に言われてやることではないのです。
具体的に大型テレビの地震対策とは何でしょうか。
一番ポピュラーな方法はベルトや紐などでテレビの根元部分を壁に固定することです。
ベルトが切れない限り、テレビは壁から離れることはありません。
万が一、台座が斜めになったとしてもテレビ本体の転倒を避けることができます。
何もしなければ簡単に転倒してしまうことでしょう。
壁に取り付けるためのネジは賃貸住宅では使用できない場合も少なくありません。
そこで登場するのがジェル状の商品です。
粘土細工のように根元の部分をテーブルに固定します。
この場合はテーブルが転倒すると、テレビ本体は転倒しやすくなってしまいます。
ただ、中程度の地震では十分な強度を保つことができます。
大型テレビだけが危険と言うわけではありません。
食器棚や大型の家具にも注意しなければならないのです。
家の中を見渡してみましょう。
地震が起きてからは遅いのです。

大型テレビでの怪我

大型テレビでけがをする状況をイメージしてみましょう。
転倒して、その下敷きになった状況でしょうか。
そのような事態になるのは地震が起きた時です。
そこで大型テレビの地震対策が重要と気づくことになります。
具体的な地震対策は多くのサイトに掲載されていますから、ここでは地震対策の重要性について考えてみることにしましょう。
大型テレビに関わらず、大型の物が倒れてしまうと、その周辺への影響は無視できません。
後片付けのことよりも避難の障害となるのです。
地震によって火災が発生したとすれば、家からすぐに出なければなりません。
出口をふさぐ位置にテレビがありませんか。
テレビが転倒することで、電源ケーブルが引きちぎられるかもしれません。
その時に火花が発生してカーペットに燃え移るのです。
日本は地震列島と表現されているように、いろいろなところで地震が起きています。
特に近年は大型地震が相次いでいることは十分理解しているでしょう。
日本に住んでいて、自分には関係ないと言える人はいないのです。
日頃から防災意識を持っておくことは重要です。
いつ起きるかわからない地震はその最たるものです。
どのような状況で地震が起きるかわかりません。
その時に大型テレビがどのような状況になるかわからないため、事前の地震対策が重要となるのです。
適当な対策では意味がありません。
それもわかっているはずです。
面倒だと思うかもしれませんが、自分や家族を守ることを真剣に考えましょう。

大型テレビから身を守る

大型テレビから身を守ることを考えてください。
地震で倒れやすい家電製品は大型テレビだからです。
もちろん、メーカーではある程度の地震対策を考えています。
しかし、それを実施するのは購入者の責任です。
メーカーは説明書に細かい方法まで掲載しているのですから、責任はないと言えるでしょう。
地震対策をすべきかどうかは家に住んで、テレビを見ている人が考えなければなりません。
大型テレビを家電量販店ですすめられたとしたら、同時に地震対策も聞いておきましょう。
量販店の担当者が何も考えていないとしたら、そのような店舗で購入すべきではありません。
もちろん、具体的な方法はいくつかのパターンがあります。
どれを採用してもいいでしょう。
ただ、見た目だけの適当な方法では何の意味もありません。
自分の身を守ることを真剣に考えておいてください。
大型テレビは画像もきれいでまるで映画館のようでしょう。
その楽しい気分を味わえる安定した環境を確保することは重要です。
一人暮らしで大型テレビの下敷きになってしまうと、家から避難できないケースも考えられます。
それなのにテレビの前で安心できますか。
不安な気持ちがあるのであれば、すぐに地震対策を行ってください。
難しいことではありません。
自分でできなければ誰かに依頼すればいいのです。
有料サービスかもしれませんが、その程度のお金で身を守ることができるのに不満はないでしょう。
冷静に地震対策について検討してください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。