古物商の資格を取っておくとなにかと便利

  • 古物商の資格を取っておくとなにかと便利 はコメントを受け付けていません。

この記事は14分で読めます

古物商資格とは

日本には古物商という資格がありますが、実際にどのような資格なのか詳しくはご存じない方も多いでしょう。
古物の売買をするために必要な資格だという程度の知識はみなさんにもあるでしょう。
その関連のお仕事をするためには取得する必要があります。
なんとなく名称だけは聞いたことがあるが、詳細をご存知ない方、また、興味をもたれている方に古物商についてご紹介したいと思います。
最近では、古物商をという資格を取得するが増えてきました。
その理由のひとつに、インターネットオークションがとても身近になってきたことです。
素人の方でも、ネットオークションで中古品の売買をしていると思いますが、これをきちんとしたビジネスにする際には古物商の資格が必要なのです。
わざわざ古物商の資格を取って、ネットオークションをする方も少ないと思いますが、せどりなど、仕事にするなら、取得したほうがよいのです。
なぜなら、それは法律で定められているからです。
古物営業法第31条というものがあり、無許可の方が古物売買の営業をすると、「3年以下の懲役、または、100万円以下の罰金」になります。
もちろん、主婦の方が着なくなった子ども服や、家の不用品を売ってお小遣い稼ぎをしている程度なら良いでしょうが、自分で中古品を仕入れて売ったり、転売したり、ビジネスとして行なっている場合、古物商取得は必須です。
経済産業省のそのガイドラインでも、インターネットオークションでの古物売買の営業は、古物商の許可を受けることとされています。

スポンサードリンク

古物商資格とは続きその1

ネットオークションが盛んになった現在、電子商取引においての規則も厳しくなってきたようです。
古物商の資格取得に関しては、自分で手続きを行なう方も多いですが、面倒に感じる方は代行業にお願いするというケースもあります。
ネットのサイトで、古物商取得の方法を簡単に説明しているページもありますし、書籍も多く出版されています。
「簡単に取得できる!」と書かれているものもありますが、簡単かどうかはその人、次第と言ったところです。
私も10年以上前に古物商の免許を取得していますが、そのときの感想は「簡単だったか?」と聞かれれば、そうではなかったと思います。
何種類かの書類を取り寄せることがやや面倒に感じましたし、警察署へ出向くことも、最寄りの警察署がちょっと不便な場所にあって大変でした
取得方法で案内されている書類の数は、個人の場合ですと、5種類の書類が必要ですし、法人の場合ですと、書類は7種類にもなります。
ですが、ケースによっては、他の書類がもっと必要になることもあり、その通りには行かないこともあるのです。
インターネットで取得方法を調べて「なんだ!簡単だ!」と思っても、実際はそれほど簡単ではないなど、手続きを開始してみて、いろいろなことがわかるでしょう。
準備をすべて念入りにやっておけば、警察署へ出向く回数も減りますし、要領よく準備を進められれば、古物商の資格取得は簡単かもしれません。
ですが、実際は、申請の書類に落ち度があったり、書類が不備だったり、アクシデントはあるものです。

古物商資格とは続きその2

古物商の申請場所が警察署というのも、これまた、ちょっと行きづらい気持ちを抱く方も多いでしょう。
一番簡単な方法は、行政書士などに代理手続きをお願いすれば、手数料数万円ほどで古物商資格取得の代理業をしてくれます。
お金をかけたくない方は、自分で申請することもできますが、行政書士などのサイトを見ると「古物商は申請代行を頼むのが一般的」のような書き方をしているので注意が必要です。
それを鵜呑みにせず、やる気がある方は自分でも出来ます。
古物商資格を自力で取得するためのノウハウなど、情報を公開しているウェブサイトでしっかりと勉強して見ましょう。
また、警察署でもわからないことは教えてくれますので、電話で問い合わせても良いでしょう。
それから、友人で古物商を取得している方が意外と近くにいるかもしれませんので、そうした方にアドバイスを受けることもおすすめです。
これまでネットオークションで、お小遣い稼ぎをしていたけれども、軌道に乗ってきて、かなり稼げるようになったという方は、古物の免許を取得しておいても損はありません。
今後、ビジネスに発展するかもしれませんしね。
また、これからサイドビジネスとして中古品売買を始めたいと思っている方にとっても、古物商資格の取得は必須ですから、早いうちに申請しておきましょう。
本業として将来的にリサイクルショップを開きたい方なども古物商資格は必要です。
古物商は、一度、取得すれば、その都道府県にいる限りずっと有効ですから、古物売買をしている方は趣味の段階であっても早めに取得しておくと便利でしょう。

古物商の資格を取得するには

古物、所謂、中古品の売買や、それを交換する営業をする人は、古物商という資格を取得した上で行なう必要があると法律で決められています。
なぜなら、こうした古物は、盗んできたものを売ってお金にする人がいるからです。
盗品などが売買されることもあるため、扱いには古物商免許が必要で免許取得のためには公安へ申請しなければなりません。
それぞれの地域を管轄する警察は古物を売買する人の情報を持っておき、捜査などに使うということになりますね。
古物営業法という法律もあり、古物の売り買いについて定められています。
古物売買を仕事として行ないたい場合、都道府県の公安委員会へ申請し、許可をもらってから、晴れて古物売買の営業ができることになっています。
古物売買の営業をするために、公安委員会から古物商を許可されると、資格を取得したことになり「古物商」と呼ばれる職業になるわけです。
では実際に古物とはどのようなものを指すのでしょうか。
中古品などがそうですが、一度、使われたものや、新品であっても使用するために一度、取り引きされた品も古物にあたります。
また、中古品に手入れをした物も古物と呼ばれます。
自宅の中古品をネットで売ったりフリマに出したりする程度のことでしたら、古物商の資格を取得する必要はないでしょう。
古物営業法施行規則というものがあり、その種類は13に分かれています。
美術品類、衣類、時計宝飾類、自動車、自動二輪車及び原動機付自転車、自転車類、写真機類、事務機器類、機械工具類、道具類、皮革やゴム製品類、書籍、金券です。

古物商の資格を取得するには続きその1

中古品を交換したり売買したりする市場を古物市場と呼びます。
当然ながら、古物商の資格を取得した人だけが参加できる、古物の売買、交換のための市場です。
古物市場の営業は、古物市場主と呼ばれ、これも公安委員会から許可を受けています。
古物競りあっせん業と呼ばれる商売もあり、これは、所謂、インターネットオークションです。
ネットを使って古物を売りた人、買いたい人の間でオークションが行われるシステム、その場所を提供する人を古物競りあっせん業者と呼んでいます。
もちろん、この業者も公安委員会へ届出をしなければなりません。
これらの免許を取得するための申請窓口は、営業所を管轄することになる公安委員会から取得します。
千葉で営業するなら千葉で、東京なら、東京都での申請です。
営業所が複数あり、複数の都道府県になる場合は、少し面倒になりますが、都道府県ごとに資格取得をすることになります。
担当は、所在地を管轄している警察署の防犯係ですので、そこへ許可申請をします。
ネットオークションなどを利用するだけで、実際に店舗を持たず、自宅での営業となる場合は、自宅の所在地を管轄する警察署です。
そこで申請をし、公安委員会から資格をもらうという流れです。
基本的にどなたでも古物商の資格は取得できますが、なかには、許可を受けられない場合もあります。
例えば、成年被後見人や、被保佐人、それから、破産者で復権を得ない方は古物の免許を取得できません。

古物商の資格を取得するには続きその2

他にも古物商の資格を取得できないのは、禁錮以上の刑や、特定の犯罪によって、罰金を払い5年以上経過していない人、住所が定まっていない人、古物免許の取り消しにあってから5年以上経っていない方も免許取得はできません。
さらに、古物営業に関して、成年者と同じレベルの能力がない未成年者も取得不可能となっています。
古物商の免許申請には住民票をはじめ、必要書類がいくつかあります。
ほかにも、成年被後見人、被保佐人に該当しないと証明するために身分証明書、および、登記事項証明書、この両方も必要です。
許可申請書などは、警察署の防犯係に用意してありますし、公式サイトにも申請書一覧が掲載されています。
古物商の申請費用ですが、現在は個人で資格取得する際、19000円ほどの費用がかかります。
他に古物商許可で注意が必要なことは、一般の資格とは違って、営業をするための許可証ですから、営業をせずに半年以上たった場合は免許を返上する必要があります。
許可取得した後、申請のときの住所と変わったなど、変更点が出た場合は、別途、届け出をする必要があります。
転居して他の都道府県での営業となる場合、また、自宅で登録していたが他県へ引越をした場合などは、その県で取得しなおさなければなりません
また、申請のときには営業予定になかったホームページでの売買が新しい事業として追加された場合も、届け出が必要です。
古物の資格を取得しているからと言って、申請していないネットショッピングのウェブサイトを勝手に作り販売することはNGなのです。

古物商資格が必要な場合

古物商と言えば、資格のなかでも認知度が高いですよね。
そして、比較的誰でも取得できるので、古物の売買を考えている方でしたら、取得しておいたほうがよいでしょう
また、リサイクルショップを開きたいという方や、ネットショップを作って古物を売りたいという方も、古物商資格を取得してから事業を行なわなければならないことになっています。
資格取得は簡単なのかと言えば、それは、それぞれです。
人によっては面倒だと思う方もいらっしゃるでしょうし、書類をそろえて申請用紙を書くだけなので、簡単だと言う方もいらっしゃいます。
なかには、古物商の許可を受けたいけれど、どうやって申請したらよいのかわからないので、何も調べないまま、代行にお願いする方もいらっしゃいます。
それも手軽でよいでしょうが、取得費用だけでも実費で2万円近くかかりますので、さらに代行をお願いすると業者に数万円余計にかかってしまいます。
古物商資格の申請、イコール、業者、という考えではなく、自分で行なうという選択肢も検討したほうがずっと安あがりでしょうね。
できるだけ、自分で申請するようにすれば無駄な経費も削減できますので、申請の方法を紹介しているウェブサイトを見たり、本を読んだりして勉強しておくとよいでしょう。
スムーズな申請ができれば、あっという間に終わりますが、書類不備などがあり、その都度、用意しなおし、何度も警察署へ出向くことがあると面倒に感じてしまいます。

古物商資格が必要な場合続きその1

古物商資格の申請は、事前に必要な書類を調べ、不備のないようにすべて揃え、1回の申請で終わるようにしておけば、わりと簡単なのではないでしょうか。
古物商資格の取得に手間取っていては、先に進めませんし、中古品売買の事業を始める方にとって、古物商の資格取得は、そこが最終目的ではなく、事業を始める上でのスタート地点です。
古物商の免許を生かしたビジネスをすでにお考えの方も多いでしょうが、古物商資格を取ることだけ考えていて、まだ事業のことを考えていない方は、ぜひ、その先の展開も考えておきましょう。
古いものが好きで、趣味から古物商になる方もいらっしゃいますが、趣味で売買していたときと違い、生活がかかっているとなるとまた真剣さも違ってくることでしょうね。
さて、基本的に古物売買をするなら、古物商の許可がいるということになっていますが、なかにはそれに該当しない行為もあります。
ネットオークションで古物を売りたいから、古物商の資格を取得するという人もいますが、なかには資格取得が不要の行為もあるのです。
趣味の延長上で古物商の資格を取るという方は、本当に必要な免許なのか、一度、立ち止まって考えてみてもよいのではないでしょうか。
実際に、古物免許を取得してから「不要だった」というケースもあるようですからね。
では、古物商許可が必要な行為はどのようなことがあげられるでしょうか?
まず、基本的に古物を買い取り、それを販売する場合は古物商許可が必要で、修理して売る場合も同様です。

古物商資格が必要な場合続きその2

古物を買い、その中の部品だけを取って売る場合も、古物商許可が必要です。
それから、中古品を買い取らず、委託され販売して、後ほどお金を払うケースも古物商の事業と同じですから、古物商許可が必要です。
そして、古物を交換したり、レンタルしたり、ネットでの売買を行なったり、これらも古物商の資格を取得してから行わなければなりません。
古物商の資格が必要な行為をご紹介しましたが、反対にわざわざ古物商の資格を取得しなくても大丈夫な行為もあります。
基本的に古物であっても、自分の物を売る場合、資格は必要ありません。
未使用のものでも同じで、自分が使うために買ったものを売ることも、古物商の許可は不要です。
ですが、転売目的で購入している場合は、これに含まれず、古物商の許可が必要となる行為です。
この見極めが難しいのですが、転売目的、イコール、商売と考えられるからでしょうね。
そして、ネットオークションも同じく、自分のもの、家族のものなどを出品することや、タダでもらったものを売ることや、相手に売ったものを買い戻ることも、古物商許可はいりません。
また、手数料などを取って回収した品物を販売することや、海外で買ってきたものを売ることも、古物商許可は不要です。
こうしてみて見ますと、みなさんのなかには、自分のしたい行為が、古物商資格を取得しなくても出来る行為だったとわかる方が出てくるかもしれません。
古物の売買と言っても、許可が必要ないことも多いですから、自分の場合はどれに当てはまるのか考えてみるとよいでしょう。

古物商資格は計画的に

再就職の際にも資格を持っていると優位になるということですので、いろいろな資格を取得しようという方も多いです。
なかには、古物売買の予定はないが、とりあえず古物商も申請して、許可を得ておこうという方もいらっしゃることでしょうね。
確かに古物商の許可証は取りやすく、申請を行なえば比較的どなたでも取得できるものですが、具体的なビジネスの計画もないのに古物商の取得は必要でしょうか?
運転免許やバイクの免許は、将来、車やバイクに乗ることもあるだろうから、先に取得しておくという方も多いですよね。
高校三年生の春休みに、車も持っていない人が免許取得するようなもので、これは一般的に行なわれています。
身分証明書にもなりますし、車のライセンスは一生ものなので、良いことだと思います。
ですが、これらと古物商の許可を一緒に考えることはあまりおすすめしません。
とりあえず古物商を取得ではなく、具体的に事業として、古物を取り扱う予定の方が取得するものだと思います。
実際に事業を開始するために必要になった方が古物商の資格を取得するのです。
申請のタイミングは事業計画によって変わってくるものだと思いますし、半年、事業を行なわないと古物商の資格も返上することになります。
法律では、古物商の許可を受けてから、半年以内にその営業開始しないと、許可が取り消されるケースもあり、半年以上、営業を休むときも同様に、許可が取り消しになるということです。

身近な品の売買も古物免許が必要

古物商という資格はわりと身近なものを売買する際にも必要となってきます。
中古品や新品を売買するには、古物商の資格を取得しなければなりませんが、フリマなどは家庭の不用品を売るだけなのでそれには該当しません。
商売として行なう場合のみ、資格取得が必要です。
古物商のイメージからすると、一般的に骨董品などの売買をすると思っている方も多いでしょうが、実はアンティーク品だけではなく身の回りの中古品も古物なのです。
法律では、一度使われた物品、新品で使用するために取引されたもの、さらに手入れを加えたもの、これらが古物とされています。
ですから、古本を仕入れて販売する、所謂、せどりと呼ばれている仕事も、当然ながら、古物商の資格を取得してから行ないます
また、洋服などファッション関係の品物も、販売目的で購入し、転売するのでしたら、やはり、古物商の資格が必要です。
最近では、DVDやゲームも中古品売買が盛んですが、これらも古物商が扱う古物に入ります。
ですから、骨董品だけではないということ、ゲームなどの機器、ソフト売買も古物の資格取得をしてからビジネスを始めなければなりません。
古物商資格は、別名で古物免許と呼ばれている場合もあります。
中古車販売店を開業する場合、リサイクルショップを開業する場合、古本屋を開業する場合にも古物の免許は必要です。
古物商許可を取得した後、営業を開始しないと法律で罰せられてしまいますので気をつけましょう。

古物商の変更届

古物商の資格は一度、取得すれば、基本的にずっと有効ですが、場合によっては変更届が必要となるケースがあります。
古物商は都道府県ごとに許可されますので、引越しをした際は当然ながら、再度、その都道府県で許可を受けることになります。
それ以外も、いろいろな理由から申請した際と変更が生じた場合は、各種の変更届をしなければなりません。
法律で義務付けられていますので必須です。
例えば、古物商許可者が結婚、離婚、そのほかの理由で氏名を変更した際や、住所が変わった際にも届け出が必要です。
法人で申請している古物商は、代表者が変わった場合は、変更届を出します。
代表者の住所が変わった場合、営業所が増えた場合、移転した場合、営業所の名前が変わった場合も変更届けを出します。
役員の変更があった場合や、登録したホームページのアドレスが変わった場合、新規にサイトを作った場合も、変更届を出さなければなりません。
代行の事務所などに1万円から2万円程度払えば、お願いすることも出来ますし、申請したときのように自分で警察署へ変更届を出すこともできます。
変更届を出さずに、それが発覚した場合は、古物商資格を取り上げられることもありますので、気をつけてください。
また、せっかく古物免許を取っても、何も営業をせずに半年以上経つと、許可取り消しになりますので、開業のめどが立ってから資格を取得するとよいでしょう。
半年動きがないようでしたら、自主的に免許を返上する必要があります。

古物免許取得の代行費用

古物商の資格取得は自ら行う方も多いですが、書類作成などサポートが必要な場合は、代行業者にお願いすることも可能です。
取得の仕方などもネットで情報がいくらでも集められますから、自分でやろうと思って出来ないことはないでしょう。
ですが、そろえなければならない書類なども多く、仕事で忙しい方や、それを面倒に感じてしまう方は料金を支払って、サポートしてもらうことをおすすめします。
自分で申請して、間違いがあったり不備があったりすると二度手間ですからね。
プロにお願いすれば早いのです。
古物営業許可申請の代行費用は、どれくらいかと言いますと、個人の申請で、だいたい5万円、法人で6万円程度でしょう。
探せば安いところも見つかると思いますが、相場はこれくらいです。
各種の変更届出も代行してくれますが2万円程度かかります。
報酬額は各社違いますし、オプションでさらに追加料金がかかるケースもありますから、自分の場合は総額でいくらになるか事前に把握しておいたほうがよいでしょう。
きちんとした業者は、見積りを出してくれますので、それで確認しておきましょう。
業者が請求する代行費用だけではなく、古物商資格取得は、ほかにも実費でかかってくるものが多いです。
申請に必要な印紙や証紙、書類などを請求する際の手数料、送付の費用など、実費でかかってくる諸々のお金がありますので、それも加えて考えましょう。
さらに、業者が移動する際の交通費も実費請求されるところが多いです。

古物商の資格取得の費用

様々な資格を取得するには費用がかかります。
リサイクルショップを開く方、ビジネスとして古物の売買を行なう方、中古車売買の仕事を始める方などは、古物商の資格を取得するために申請しなければなりません。
その申請費用は、古物商許可申請手数料として、19000円を支払います。
そのほかにも、許可取得となれば、名前が入った小さな筆箱程度の大きさのプレートが渡されますので、その看板代として、2000円前後の必要が必要です。
これは地域によって値段が違っているようで3000円ほどするところもあるようです。
申請するときに19000円かかると申し上げましたが、申請の前には様々な書類を集めておく必要がありますので、その度にお金がかかります。
例えば、住民票を取るときはお金がかかりますが、さらに、登記簿など、書類の種類によってそれぞれ、取得費用がかかることになります。
自分で古物免許取得を申請するなら、以上の費用で大丈夫ですが、代行業者にお願いするとさらに数万円かかります。
法人の許可申請の場合、役員を変更するなど、変更届の際は、費用がまた発生します。
そして、これらの古物免許取得にかかった費用は、もし、許可されず免許がもらえない場合もお金は返ってきませんので覚えて置きましょう。
不安な方は、どのような場合に、古物の資格が取得できないのか、前もって調べておいて、自分が該当するかどうか事前にチェックしておけばムダがないでしょうね。
2万円程度のお金を捨てることになれば、もったいないことですから。

古物商免許が下りるまでの日数

古物商の資格申請をしたら、書類不備もなく、スムーズにことが運んだとしても、免許取得まで、だいたい1ヶ月半から2ヶ月はかかるでしょう。
書類に不備があったり、申請用紙に間違いがあったり、何かトラブルがあると、余計に日数がかかります。
申請後は、基本的に処理期間として40日を所要するとされているため、それ以上は早く許可は下りませんし、様々な理由で遅くなることもあります。
早い方では、二週間で許可が下りたというケースも稀にありますが、お願いしたところで早く許可を出してくれるというものではありませんので、申請は計画的に行ないましょう。
申請者側は、古物商資格の取得について文句は言えず、公安委員会に対して「早く許可してほしい」などのリクエストは通用しません。
申請したら、古物の免許が下りるまで、じっと待つしかないのです。
開業に間に合わないようなことがないように、申請は計画的に行なったほうがよいでしょうね。
あまり申請が早すぎて許可を早めにもらっても、半年以上、営業しないと免許取り消しになりますので、早すぎても気をつけなければなりません。
許可が下りそうになったら、ビジネスとして動ける準備をするとか、許可が下りたらすぐ営業できるようしておくなど、事業計画もしっかりと立てて置きましょう。
古物免許を取る方はたくさんいらっしゃるようですが、ビジネスとして成功されている方は少ないのではないでしょうか。
許可を待つ間に、古物商売のビジネス本などを読んで勉強しておくこともよいですね。

古物商で儲かるもの

サラリーマンの方などのなかにも、古物商の資格を取得して、新たに、商売を始めようという方もいらっしゃいます。
また本業とは別に、サイドビジネスとして、古物の売買をするために、その免許として、古物商の資格を取得する方も増えているようです。
始めは趣味で行なっていたネットオークションも、段々と本腰を入れる人も多いです。
私も、以前、自分の不用品を売ることからスタートし、家庭の不用品を売ることでノウハウを覚え、そのうち友人の不用品を出品してあげることもありました。
その後は、古物商の免許を取り、新品を業者から仕入れてネットで販売したり、仕入れたものをオークションで売ったりしました。
商品の売買は素人には難しいと思えるでしょうが、自分の趣味の商品を扱えばとても楽しいです。
もともとの知識があるので、その商品の売買をするノウハウも自然と持っているものです。
例えばフィギアや、アンティークや、ゲームや古本など、自分の得意とるする分野の商品を扱えば古物商として成功する確率も高くなるでしょう。
全く知らない商品を扱う場合は、それなりに勉強が必要ですが、趣味から入った方は、すでに多くの知識を持っていますから、そこが強みです。
古物商の取扱う商品のなかで、儲かるものもあれば、儲からないものもあります。
以前は儲かっていたけれど時代と共に儲からなくなったものもあるでしょう。
時期、流行などで、値段の変動も激しくなりますから、古物を扱うなら、その商品についての知識がないとビジネスにならないと思います。

古物商で儲かるもの続きその1

古物商の資格取得をしたら、そのための仕入れも可能ですから、例えば、倒産品として、ある商品が大量に安く売られていたのをたまたま見つけたら、それを仕入れて販売することもできます。
ですが、それを買うべきか、儲かるのか、とっさに判断しなければなりません。
フリマで掘り出し物を見つけても、それを仕入れて売った場合、どれくらいの儲けがでるのか、すぐに計算できなければなりません。
このような運よく安く仕入れられる状況になった場合、その商品がどれだけ人気があっていくらぐらいで売れそうなのか知っていなければならないということです。
もちろん、ネットで調べてからでもよいでしょうが、フリマなどその場で即決しなければなりませんからね。
これが得意分野の商品であれば、いくらぐらいで売買されているものなのか瞬間的にわかりますから、仕入れの時に役立ちます。
古物商に向いている向いていないということも若干あるでしょうが、その商品の知識がどれだけあるか、それで成功率も高くなるでしょう。
私は、古物商の資格を取得していますから、仕入れも可能です
以前、インターネットで、一万円ほどするインテリア用品が5百円で販売されているサイトを発見しました。
50個セットで売り切りということでしたので、即購入しましたが、それはネットオークションなら5000円程度で売買されていることを知っていたからです。
そこで私が迷ったり調べたりしていたら、その間に、他の人に購入されてしまったかもしれません。

古物商で儲かるもの続きその2

そうした掘り出し物を見つけることも大事ですが、世間の相場を知ることも重要ですから、普段からネットオークションを利用してどんなものが流行っているのか、高く売れているものは何か勉強しておくとよいでしょう。
もちろん、好きな分野があるなら、それを徹底的に勉強することも強みになります。
例えば、電化製品に強い方は、壊れたものを無料、または、安く買取り、修理して、「修理済み」ということで販売しています。
ゲーム機のなかでは、プレステは、壊れていても高値で売買されているものも多く古物商の中でも取扱っている方が多いです。
日本では人気がないが、海外では高く売れるというような知識も大事ですね。
オーディオ関係だと、古いものでも、マニアが買いますから、収集家が多い商品は意外と儲かるようです。
反対に何処の家庭にでもある冷蔵庫、洗濯機などの家電は重くて場所を取るわりには儲かりません。
テレビも海外から安いメーカーが参入していますので、中古品となると、もっと安く売らなければならない状況ですので、素人の古物商には厳しいかもしれません。
せっかく資格を取得したのですから、古物商として成功するために、自分の得意分野を極めることに力を入れてみてはいかがでしょうか。
ファッションに興味があるという方でしたら、古物商資格を取得して、古着屋を始める方もいらっしゃいます。
店を開く場所があれば、古着屋さんもよいですが、個人で在庫を抱えながら、中古の洋服の売買もちょっと厳しいでしょう。
洋服はかさばりますし、流行がありますので、それが終わると売れなくなり、また、季節があるので、在庫を抱えやすくなってしまいます。

古物商の申請書は正確に

古物商資格を取得しようとする際に、許可申請書へ必要事項を記入します。
これをきちんと書かないと、書類差し戻しになり、書き直したり修正したり、古物商資格取得まで、通常かかる日数以上に時間がかかてしまうことになります。
住民票などと公的な書類と一緒に出すので、漢字なども正確に書いておく必要があるのです。
古物商許可申請は、公安、つまり警察署での手続きですから、法律上、正しい表記が必須です。
申請用紙に、漢字を略して書いたり、住所の表記も省略して書いたりすることはNGなのです。
住所は何番地の何号など、住民票に記載されている通りに書かなければなりません。
また、本籍地などもそうですが、戸籍上の正式な地番も書かなければならないので、事前に家族に確認しておくとよいでしょう。
古物免許取得は、必要となる証明書類の種類も数も多く、とても面倒です。
書類を集めるために、労力も時間もかかりますので、申請書に間違いがあると、また手間が増えてしまいます。
よりスムーズに申請をしたいという方は、古物商許可の申請書を作成してくれる代行業者などを利用すると良いでしょう。
費用はかかってしまいますが、書類も揃っているかちゃんとチェックしてくれますし、申請用紙も作ってくれますので安心です。
管轄の警察署によっては、特定の書類が必要だったり、不要だったり、簡単に申請できるように思っている方も多いですが、不備があると、体力的にも精神的にも疲れてしまいます。
忙しい方ですと、そのための時間や労力をなかなか費やすことが出来ませんし、書類不備などは、精神的ストレスにもなりますからね。

古物商の資格で中古車輸入

古物商の資格取得は、なにもリサイクルショップを開きたい人や、ネットオークションで売買する人だけの資格ではありません。
例えば、中古車も古物であり、中古車売買には、古物商の免許を取得する必要があります。
また、中古車を海外へ輸出するビジネスを始めるという方も、必要な資格は、古物商の免許だけです。
中古車輸出業を始める際は、他に特別な資格は不要で、古物の免許さえあれば開業できます。
このように古物商の資格を持っていれば、開業できる業種は様々です。
例えば、リサイクルショップ、古着屋のほかにも、中古車売買、中古車輸出、古本屋など、中古品を扱うビジネスを開業できます。
中古車も中古品には変わりなく、リサイクルショップを開業するときと全く同じ免許、古物商許可が必要になるだけなのです。
これから、中古車輸出をスタートさせたい方は、所在地を管轄している最寄りの警察署で申請を行ないます。
住んでいる都道府県ではなく、事務所や店舗がある都道府県になりますので注意しましょう。
警察署の防犯係で、古物商の申請が出来ますので、内容については問い合わせてみるとよいでしょう。
必要な書類や申請書の書き方を教えてくれます。
その中には、許可が下りない方もいることを教えてくれると思うので、過去に犯罪歴がある方など、もしも不安な点をお持ちの方がいたら、申請前に相談してみるとよいでしょう。
何も問題なければ、40日ほどで、許可がおりて、古物免許を取得できます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。