加圧シャツの比較

この記事は16分で読めます

加圧シャツをご存じですか

最近、男性に大人気の「加圧シャツ」、ご存じですか。
少し前に、加圧トレーニングというトレーニング法が流行ったことがありますが、こちらは、耳にしたことがあるのではないでしょうか。
トレーニングや運動が特に好きではなくとも、アンチエイジングにも効果があるということで、女性の間でも一時話題になりました。
加圧トレーニングというのは、それ専用のゴムベルトによって血流を制限したうえで行うトレーニングを言いますが、血流を制限することによって、短い時間でも効果的なトレーニングができるのです。
また、最終的に脳下垂体から、成長ホルモンが分泌されるということで、アンチエイジングにも効果的であると言われました。
現在でも、加圧トレーニングを続けていらっしゃるかたは多いです。
その加圧トレーニングに似たような効果を、身に着けるだけで実感できるというのが「加圧シャツ」なのです。
ですから、プロのスポーツ選手やアスリートのかたがたも、身に着けていらっしゃるかたは多いですし、プロでなくとも、スポーツが好きなかたや、筋肉質の身体になりたいと思っているかたがたにも急速に広がってきています。
そして、ダイエットをしたいかたや、適度な筋肉をつけて締まった身体にしたいと思っているかたも、加圧シャツを購入しています。
身に着けたからといって、数日で筋肉質の身体になるというわけではありませんが、ただ身に着けているだけで、その間中、効果が持続しますから、やがて筋肉質の身体になってゆくのは事実です。
普通のアンダーウエアと比較してみれば、それは明らかなことです。
実際にあなたもしばらくの間、加圧シャツを身に着けていれば、自分自身の身を持って着用前の身体と着用後の身体を比較できるはずです。

スポンサードリンク

加圧シャツで加圧トレーニング

通常のトレーニングと比較して、加圧トレーニングのほうは、短い時間で高い効果をあげることができますが、それでも、忙しい現代人にとりましては、トレーニングの時間をとるのでさえも困難な場合が多いです。
時間がないというだけでなく、仕事が終わった時にはもうすっかり疲れてしまって、トレーニングをする気がおきないということも多々ありますよね。
中には、筋肉をつけたいけれども運動は嫌いだというかたもいらっしゃいます。
そのようなかたであっても、身に着けるだけで筋肉質の身体になれてしまうのが、加圧シャツなのです。
身に着けて、普通に日常生活を送るというだけでは、本来の加圧トレーニングをするのと全く同じ効果があるとは言えませんが、それでも身に着けない場合と比較すれば、加圧トレーニングに近い効果は得られますし、加圧シャツを身に着けたうえで、さらにトレーニングをすれば、加圧トレーニングとほぼ同じような効果が表れます。
専門のトレーナーも必要ありませんので、どなたでも気軽に筋肉トレーニングができることになります。
男性は筋トレがお好きなかたも多いですし、せっかくトレーニングするのでしたら、加圧シャツを身に着けて行うことをおすすめしたいですね。
トレーニングしている間はもちろんのこと、ただ、日常生活の中で身に着けているだけでも、少しの運動で筋肉に負荷がかかります。そのため、トレーニングに近い効果が得られますから得ですよね。
このように聞いただけでは、なかなか信用できないかもしれませんが、一度、加圧シャツを試してみれば良いのです。
いつもトレーニングをしているかたであれば、身に着ける前と後の比較によって、確かに筋肉が鍛えられるだろうということがすぐにわかるはずです。

加圧トレーニングの仕組み

加圧シャツや加圧トレーニングが、短時間で筋肉質の身体を作ってくれると聞いても、そもそもその仕組みがよくわかっていなければ、なかなか信用しがたいですよね。
今回は、その仕組みについて簡単に説明してみたいと思います。
加圧トレーニングでは、その名称通り、腕の付け根部分や脚の付け根部分にゴムベルトを巻いて圧力を加えます。
何故、圧力を加えるかと申しますと、適度に血流を制限するためです。
この、適度に血流を制限するというのが非常に重要なことですので、間違った圧力の加え方をしますと危険を伴います。
そのため、通常の加圧トレーニングは、インストラクターのもとで行わなくてはなりません。
血管に適度な圧力を加えることで、腕と脚に多くの血液が留まるようになりますから、毛細血管にまでしっかりと血液が行き渡るようになります。
その状態でトレーニングをすることにより、それが負荷の軽いトレーニングであったとしても、筋繊維を多く動かし、酸素不足にもなりますから、血液中の乳酸濃度が上昇することになります。
さらに、乳酸が筋肉の受容体を刺激することによって、脳下垂体からは成長ホルモンが分泌されます。
加えていた圧力を取り除くことで、この多量の成長ホルモンが、体脂肪を燃焼させてくれますし、身体中に周った成長ホルモンは、全身のさまざまな組織の作用に影響を及ぼすこととなります。
これらの仕組みが、加圧トレーニングによって得られることになりますが、加圧シャツを身に着けることで、似たような効果が期待できるということなのです。
もちろん結果を比較してみますと、実際のトレーニングと全く同じ効果というわけにはいきません。
身に着けるだけというラクをする分、効果を実感できるまでには時間がかかります。
ですが、加圧シャツを着てトレーニングをすると、効果は早く出ます。
本来の加圧トレーニングは自己流では絶対にいけませんので、初めてチャレンジしようとしているかたは、まずは加圧シャツから試してみるのがおすすめです。
両方を試して比較した結果、お手軽な加圧シャツを選ぶかたも多いですよ。

加圧シャツとは(1)

加圧シャツを身に着けることで、加圧トレーニングと似たような効果が期待できるということはお分かり頂けたと思いますが、そもそも加圧シャツをご覧になったことがないかたは、どのようなシャツが加圧シャツであるのか、わかりませんよね。
たぶん、想像もつかないのではないかと思いますので、説明を試みようと思います。
まず、加圧シャツはアンダーウエアとして身に着けますので、ワイシャツのようなタイプのシャツではなく、Tシャツのようなタイプのシャツを思い浮かべてみてください。
思い浮かべるのが苦手なかたは、ご自身がよく身に着けているTシャツを一枚、目の前に広げて置いてください。
その実物と、これから想像するTシャツを比較してみます。
さぁ、いつも身に着けているTシャツよりも半分以上細めで、丈がやや短めのものを想像してください。
長身で細身の小学生が身に着けるようなTシャツと言えば良いでしょうか。
見た目の印象といたしましては、そのくらいのサイズのものが加圧シャツです。
初めて加圧シャツをご覧になったかたのほとんどが、小さすぎて身に着けられないと思うそうですが、確かにその通りの小ささです。
しかし、手に取ってみますと、その伸縮性に驚くでしょう。
大人でも充分に身に着けることが出来るように作られているのですから。
そして、想像しているほど苦しい感じもありません。
上半身に適度な圧力がかかって、むしろシャキッとするくらいの心地よさもあります。
非常に伸縮性にすぐれているとはいえ、ある程度の圧力がかからないといけませんから、ほとんどのメーカーではサイズが数種類揃っています。
実店舗で実際に試着して比較できると良いのですが、なかなか販売しているショップが見当たらないようです。
通販では簡単に買えますが、試着ができませんから、あなたの身長や胸囲をしっかりと測り、表示通りのサイズのシャツを選ぶようにしてください。

加圧シャツとは(2)

加圧シャツを試してみたいと思いつつも、まだ購入していないかたは、どのようなことを迷っているのでしょう。
やはり、第一に本当に効果があるのかどうかということですよね。
これにつきましては、もっとも重要なことですので、また後ほど詳しく説明させていただきます。
第二は、圧力が強すぎて苦しくないか、という着心地であったり、身体にピッタリと密着するシャツのため、素材は何でできているのかということも気になったりしますよね。
加圧シャツは、現在、かなりの数のメーカーが製造しているため、今の時点でその全てを比較し、把握しているわけではありませんが、基本的にはどの加圧シャツであっても、身体に圧力がかかるようにすると同時に出来るだけ苦しくないような作り方をしているようです。
人によっては、最初の数日、多少苦しく感じるかたもいらっしゃるようですが、すぐに慣れてしまうため、その後は平気になるという意見が多いです。
それほどの伸縮素材ですから、何度か着用したなら、すぐに破れてしまうのではないかとか、すぐに伸びきって圧力が弱くなってしまうのではないかという不安もあるようですが、それほど簡単に身に着けられなくなってしまっては売れなくなりますので、ちゃんと丈夫に作られているものがほとんどです。
洗濯は普通に洗濯機でしていただいて大丈夫ですが、何度も洗濯をしているうちに少しずつ伸びてきてしまうのはどうしようもないことです。
それは、普通のTシャツと比較して特に早く伸びるというわけでもありません。
伸びてしまうのを少しでも遅らせるために、洗濯ネットを使用すると良いですよ。

どのくらい身に着ければ効果があるか

ただ身に着けるだけで加圧トレーニングと似たような効果があるということで、この頃非常に人気のある加圧シャツですが、いったいどのくらいの期間、身に着ければ効果を感じることが出来るのでしょう。
加圧シャツに興味を持っているかたの多くが、それを知りたいのだと思います。
基本的には、身に着けている時間に比例すると思ってください。
もちろん、個人差はあります。
加圧シャツは、身に着けているだけで痩せるとか、筋肉質になるという宣伝がなされていますが、1日のうちで何時間くらい身に着けているのか、ということも効果の出方に大きく影響します。
さらに、加圧シャツを身に着けたうえでトレーニングをすれば、脂肪は燃焼されて筋肉がついてくるのが加速されますから、ただ身に着けているかたと比較すれば、身に着けているだけのかたのほうが、効果が出るのが遅くて当たり前という結果になります。
時々、効果がないと言い切っているかたが見受けられますが、そのようなかたのほとんどが、ほんの数日身に着けただけで、なにも変化がないと言っているようです。
いくら身に着けているだけで良いとは言っても、ほんの数日で目に見える効果が表れるはずがありません。
ハードなトレーニングでさえも、筋肉質になるにはある程度の時間がかかるのですから。
身に着けるだけでそのようなことが本当にあったら、魔法のシャツになってしまいます。
実際の実験では、1日中身に着けていて2週間くらいで、なんらかの効果が見られたかたもいらっしゃるようですが、デスクワークであまり動かないかたなどは、もっと時間がかかることが容易に想像できます。
同じ加圧シャツを身に着けていても、普段よく動いているかたと、動いていないかたを比較してみれば、効果が表れる時間が異なってきます。
あまり動き回らないかたは、少なくとも1?2カ月以上は継続して身に着けてみるなど、継続と忍耐が必要だと思います。

加圧シャツの素材

加圧シャツを一度でも身に着けたことがあるかたなら、なぜあれほどの伸縮性があるのか不思議に思ったのではないでしょうか。
いったい、どのような素材で作られているのでしょう。
一般的なTシャツと比較してみますと、驚くべき伸縮性ですよね。
よくあるストレッチ素材と比較してさえ、加圧シャツのほうが圧倒的な伸縮性です。
あの伸縮性は、「スパンデックス」という素材のお蔭なのです。
他には、ナイロンが使用されています。
スパンデックスという素材は、アルファベットで書きますと「Spandex」と綴りますが、ポリウレタン弾性繊維のことを言います。
ポリウレタン弾性繊維は、少ない量でも驚くべき伸縮性を発揮します。
加圧シャツの場合、メーカーによってスパンデックスを使用する割合がそれぞれ異なっているのですが、多く使用されている例では、だいたい20%程度、少ない使用例では5%ほどの使用率となっています。
スパンデックスは、加圧シャツのほかに、スポーツウエアなどにもよく使用されています。
たとえば、レオタードや競技用のスイムウエアなどもそうですが、スパンデックスの登場により、スポーツウエアが進化したと言われているほどです。
ですが、それらのスポーツウエアと比較いたしましても、加圧シャツに勝る伸縮性のものはなかなか見当たりません。
太目のかたであっても、大概のかたは身に着けることができますが、念のためサイズを確認してくださいね。
また、加圧シャツの蒸れを心配されるかたもいらっしゃるかと思いますが、そのあたりは各メーカーともに蒸れないような工夫をして製造していますのであまり心配いりません。

加圧シャツの種類

数多くのメーカーから加圧シャツが販売されていますので、単純に考えても種類はけっこうあります。
加圧シャツの多くはスパンデックスとナイロンから作られていますが、その素材の混紡率によって伸縮性などに違いが出てきますし、上半身のどの部分にどのくらいの圧力をかけるか、などシャツの設計がそれぞれに異なっています。
さらに、機能には関係ないことですが、カラーやサイズ展開などもメーカーによって異なっています。
もちろん、価格もそうですね。
高価であるほど良いというものでもありません。
結局のところ、どのメーカーであっても、身に着けることによって、筋肉質の身体になるようにとさまざまな工夫を凝らしています。
たとえば、インターネットで検索したときに、割りとすぐに出てくる加圧シャツをいくつかご紹介してみましょう。
「金剛筋シャツ」、「マッスルプレス」、「鉄筋シャツ」、「スレンダーマッチョプラス」、「ウルトラシックス」などの加圧シャツが現在のところ、良く売れているようです。
いくつかの加圧シャツを購入して、実際に身に着けて比較してみるかたも多いです。
長い時間、身に着けているほうが良いものですので、実際に着用して比較することによって、着心地の良し悪しを判断するのが賢明です。
加圧シャツは、身体に密着しますし、そもそもアンダーウエアの一種ですので、やはり毎日取り換えたいものです。
ということは、最低でも二着は揃えておきたいですね。
その二着を同じものでなく、別の加圧シャツにして比較するのがおすすめです。
そして、気に入ったならさらに他のタイプの加圧シャツを三着目、四着目と増やしていき、最終的にお気に入りのものを見つければ良いのではないですか。
その頃には、ある程度満足できるような体型になっている可能性もありますね。

加圧シャツのさまざまな効果(痩せ見え効果)

加圧シャツは、伸縮性に優れたスパンデックスを使用しているため、上半身全体に適度な圧力がかかります。
そしてさらに、運動効果があがるように、圧力の強い部分があるなどの工夫がなされています。
身に着けているときには常に全体的に圧力がかかっているわけですから、それだけでも、かなりの痩せ見え効果がありますよ。
これは、女性のストッキングやガードルなどでもそうですね。
かなりの圧力をかけて、脚やお尻部分を引き締め、細く見えるように作られています。
実際、身に着ける前と後を比較してみますと、かなりの違いが見られますから、加圧シャツもこれと同じような効果が出ています。
お腹が出ているかたは、けっこう引っ込んでくれますし、筋肉ではなく脂肪でぷよぷよとしている部分をギュッと引き締めてくれます。
そのため、加圧シャツを着てから、その上にいつものシャツを着ますと、周りのかたに「少し痩せた?」などと言われることもあるでしょう。
この痩せ見え効果は、加圧シャツを脱いでしまうとすぐに元に戻ってしまいますが、このシャツはもともと長時間の着用を想定して購入されていると思いますので、人前では本来の自分よりも細く見せていることになります。
ただのTシャツでは、たとえワンサイズ小さいものを身に着けても、ただ窮屈なだけでそうはいきません。
しかし、本気で体重を落としたいと思っているのでしたら、加圧シャツだけに頼ることなく、食事にも気を遣うべきでしょう。
そして、加圧シャツを身に着けたうえでのトレーニングにも励んだ方が良いと思います。
実際に、加圧シャツを着ているだけのかたと、着たうえでトレーニングしたかたを比較すれば、その差は歴然で、トレーニングしたかたのほうが、早く美しく痩せています。

加圧シャツのさまざまな効果(ダイエット効果)

加圧シャツにはダイエット効果もありますが、これは、身に着けることによって少しばかり痩せて見える効果とは異なり、実際に体重が落ちるという効果です。
第一に、加圧シャツはフィット感がすごいですから、食事をお腹いっぱいになるまで食べることが出来なくなります。
と言うよりも、それほどたくさん食べなくても、すぐにお腹いっぱいになったように感じてしまいます。
それだけでも徐々に体重が減ってくることになりますから、ダイエット効果は確かにありますが、それに加えて、加圧シャツを着たままで身体を動かすことで、いつも以上にカロリーを消費するという事実もあります。
この場合も、普通に日常生活を送るだけの運動量であっても、普通のアンダーウエアを着ていた場合と比較して、加圧シャツの方がカロリー消費量は確かに多くなっています。
何故なら、加圧シャツで上半身に圧力をかけるということは、身体に負荷をかけるということになるからです。
負荷をかけた状態で身体を動かせば、必然的に運動量は増加しますよね。
運動量が増加すればカロリー消費が大きくなりますから、確実にダイエットできるということになります。
さらなる体重減少を希望するかたは、加圧シャツを身に着けたままで、筋トレなどの意識的な運動を行うと良いですよ。
運動量が大幅にアップして、カロリー消費も大きくなります。
また、いつも加圧シャツを身に着けた自分自身の姿を鏡などで見ることにより、それを脱いだ時の自分と無意識に比較することになるでしょう。
そして、少し痩せるだけでもカッコいい自分になれるのだという、自己催眠的な効果もありますね。
その自己催眠はけっこう効果があり、モチベーションの維持に繋がります。

加圧シャツのさまざまな効果(姿勢)

加圧シャツを購入したかたは、ほとんどのかたが筋肉質の身体になりたくて購入しています。
ですが、しばらくの間、身に着けてみた結果として、姿勢が良くなることに驚きと嬉しさを感じたと言います。
実際に、加圧シャツを身に着けているときと身に着けていないときとを比較してみますと、明らかに姿勢に違いがあります。
写真を撮って比較してみるととてもよくわかりますよ。
自分で写真を撮ると意識してしまいますので、意識していない時にご家族のかたや友人に写真を撮ってもらうと良いでしょう。
実は、姿勢というのは、骨格だけの問題ではなく、筋肉が非常に重要な働きをしているのです。
とくに、人間の身体の上半身は、立っているときも座っているときも、常にまっすぐに起こされていますよね。
横になって寝ているときや、ソファなどに寄りかかっているときは、あまり筋肉が働いていない状態になります。
普段はそこまで意識することなどないでしょうが、上半身がきちんと起きているためには、腹筋や背筋などがしっかりと働いていないといけないのです。
姿勢の悪いかたが無理に背筋を伸ばしてみても、ふと気づくと元に戻っているのですが、これも美しい姿勢を保つように筋肉が働いていないからなのです。
そこで、加圧シャツの出番です。
加圧シャツを身に着けますと、その適度な圧力やフィット感によって、自然と背筋が伸びてシャキッとした感じになります。
そして、身に着けている間は、自分自身も姿勢が気になりますし、その姿勢を維持するように作用しますので、着用を長く続けるほどに美しい姿勢を保つ筋肉が出来上がってゆきます。
そして、やがては加圧シャツを身に着けていなくても、美しい姿勢になっているということになります。
筋肉にはあまり興味がなくても、姿勢を正したいというかたは、試してみる価値があります。

加圧シャツのさまざまな効果(筋トレ効果)

加圧シャツには筋トレ効果はありますが、一部の誇大広告のために、加圧シャツをほんの数日間身に着けるだけで、マッチョな身体になれると思いこんでいるかたもいらっしゃいますし、腹筋がくっきりと6つに割れると思いこんでいるかたもいらっしゃいます。
普通に考えて、そのようなことはあり得ないと思いませんか。
そのため、残念なことにオンライン上では批判も多数、見受けられます。
本当に短期間、身に着けるだけで、そのようなボディビルダーのような身体になれるのでしたら、プロのかたがたが行っている非常にハードなトレーニングは無駄な努力ということになってしまいます。
しかしながら、プロのかたに匹敵するほどの素晴らしい筋肉にはなれないものの、筋トレ効果がまったく無いというのもまた偽りです。
加圧シャツを身に着けたうえで、身体を動かせば動かすほど徐々に効果が表れてくるのです。
それも、日常生活程度の動きだけでなく、最低でも軽い運動程度の事はやっていただきたいですね。
身体に負荷がかかった状態と、負荷が何もない普段の状態とを比較してみれば、負荷がかかったほうが、その分、動かすのに強い力が必要になりますから、筋肉が鍛えられることになるのはお分かりでしょう。
負荷が高ければ高いほど筋肉は鍛えられます。
しかし、加圧シャツは普段いつでも身に着けて日常生活を送ることができる程度の圧力に調整してありますので、それほどハードな負荷ではありません。
効果を少しでも早く実感したいのであれば、身に着けたままである程度ハードなトレーニングをすることと、とにかく継続することが大切です。
加圧シャツを身に着けた日から、ひと月に1回程度は写真を撮っておくと良いですよ。
数か月後に比較して、少しでも効果が目に見えればさらに継続したくなるはずです。

女性用の加圧シャツ

一般的に加圧シャツというのは、筋肉を鍛えるのが主な目的となっているため、男性用のものがほとんどです。
しかしながら、女性にも似たようなものがないというわけではありません。
女性用のものは、加圧シャツという名称ではなく、たとえば「ダイエットインナー」や「シェイプアップインナー」、「フィットインナー」、「矯正下着」などと呼ばれるのが普通です。
男性用の加圧シャツと比較してみますと、筋肉をつけるのが目的ではなく、身に着けることで全身を引き締めて、少しでもスリムに見えるようにとの願いを叶えるインナー類ということになります。
ただ、男性用の加圧シャツが流行っているせいか、女性用の加圧シャツに近いタイプのものも少しずつですが販売され始めています。
「加圧インナー」、「加圧スパッツ」などという名称になっているものも確かにあります。
近頃では、筋肉を鍛えたいと思っている女性も多くなりましたので、男性用とほぼ同じタイプの加圧シャツがあっても良いような気がします。
スポーツが好きな女性は身体を鍛えたいと思っていますので、中には、男性用の加圧シャツを身に着けている女性もいらっしゃいます。
加圧シャツはかなりの伸縮率ですから、それでも良いと思いますが、女性の場合は胸が潰れてしまいますので、それでも良いというかたなら、男性用でも良いかと思います。
多くの場合、「レディース用」のものは、胸の部分が潰れないような工夫がなされていますので、そちらのほうをおすすめします。
また、女性の多くは男性と異なり、上半身よりも下半身を引き締めたいと思っているため、かなり以前からストッキングやスパッツでも引き締め効果の高いものが販売されています。
そのようなタイプと、加圧スパッツとを比較してみても、それほど大きな差はないように思いますが、あなた自身で確かめてみるのが良いと思います。

サイズについて

非常に伸縮性の高い加圧シャツですが、実際に購入するときには、必ずご自身のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。
圧力がたくさんかかったほうが、より早く筋肉質になれるのではないかと、普段のご自身のサイズよりも、さらに小さいサイズを購入するかたも、けっこういらっしゃるのですが、いくら伸縮性がよくても、小さすぎて入らない場合もありますし、必要以上に圧力をかけるのは身体によくありません。
加圧トレーニングと比較してみるまでもなく、加圧シャツは上半身全体に圧力をかけるので、きつすぎますとうっ血状態になり、血流が悪くなるなどの問題が発生する場合があります。
また、皮膚が弱いかたは、痒みが出る場合もありますね。
とくに、夏の暑い日に加圧シャツを着ていますと、暑さ倍増という感じがして気分が悪くなる可能性もありますから、ご自身のサイズ以上にきつい加圧シャツですと、その危険性が高まることになります。
サイズは、メーカーによってもさまざまですが、いくつかご紹介してみますので比較してみてください。
「鉄筋シャツ」という加圧シャツがありますが、こちらの商品のサイズはMサイズとLサイズが販売されていて、Mサイズは、身長162?175cm・胸囲88?96cm、Lサイズは、身長172?182cm・胸囲93?101cmとなっています。
「マッスルメイク」という加圧シャツの場合もやはりMサイズとLサイズが販売されていて、Mサイズは、身長165?175cm・胸囲88?96cm、Lサイズは、身長176?185cm・胸囲96?104cmとなっています。
「ウルトラシックス」という商品は、フリーサイズということで、身長165?175cm・胸囲88?96cmとなっています。
他の加圧シャツも、本当にそれぞれ独自のサイズ展開になっていますので、ちゃんとチェックしてご自身のサイズに合ったものを購入してください。
サイズにおさまらない体型のかたは、できるだけ近いほうのサイズを購入するか、もしくはメーカーか販売店に問い合わせてみると良いでしょう。

加圧シャツの選びかた(1)

たくさんの種類がある加圧シャツですが、既に購入済みのかたは、どのようにして選びましたか。
種類が多すぎますと、どれを選んだら良いのか迷ってしまって、なかなか決まらないですよね。
今回は、加圧シャツの選びかたをお話いたしますので、あなたが選ぶときの参考になさってください。
まずは、何度言っても言い過ぎではないくらい大事なのは、あなたに合ったサイズを選ぶことです。
サイズが合いませんと、加圧シャツによる効果が得られないというだけではなく、体調不良までも招きやすいので、必ず守るようにしてください。
守らないかたが多いので念を押します。
また、加圧シャツを身に着けている時間が長いのでしたら、圧力がやや弱めのものを選ぶほうが良いです。
早く筋肉質になりたい気持ちはわかりますが、上半身を強い圧力でずっと締め付けられていますと、苦しくなってしまうのは想像がつくと思います。
長時間、身に着けているつもりでしたら、圧力が強すぎず弱すぎずという適度なものを選びましょう。
アンダーウエアですが、もし試着できるショップがありましたら、試着して比較してから購入するのが望ましいです。
通販でしたら、複数のメーカーのサイズに合った加圧シャツを購入してみて比較するしかありません。
どのみち、頻繁に洗濯をするものですから、複数持っているほうが便利ですからね。
もし、あなたが、トレーニング中だけ加圧シャツを身に着けるつもりなのでしたら圧力は強めのものが良いと思います。
その場合も、万が一、気分が悪くなったり、なんとなく不快感を感じるようであれば、すぐにやめて、日を改めてトレーニングしてみてください。
2度続けて不快感を感じたならば、そのシャツは圧力が強すぎてあなたには合わないということになります。

加圧シャツの選びかた(2)

まだ加圧シャツを一度も身に着けてみたことがないかたは、上半身全体が強い圧力によって締め付けられるというイメージを抱いていることと思います。
素材そのものが、伸縮性に優れた素材ですので、全体的に締め付けられる感じはもちろんあるのですが、多くの加圧シャツには、とくに圧力が強くかかる部分というのがあります。
肩のあたりや、胸のあたり、お腹のあたり、さらに姿勢を整えるための部分に、他よりも強めの圧力がかかるように設計されています。
そのため、各メーカーの加圧シャツによっては、あなたが心地よく感じるものと、そうでないものがあるはずです。
心地よく感じるものを見つけるためには、やはり実際に色々なタイプを購入して、身に着けて比較するしかないでしょう。
最初に3種類くらい用意して、順番に着まわすと良いですよ。
最初のうちはどれも同じように感じるなど、よくわからなくても、何度も着用しているうちにお気に入りのシャツが出てくると思います。
それが、あなたにとって着心地が良い加圧シャツということになります。
ショップでは、洗濯時の替え用に同じシャツが3枚組や5枚組で販売されていたりしますが、別のものをとりあえず3枚ほど用意する方が良いと思います。
洗濯しながら交互に着用するために2枚でも良いと思いますが、余裕を持って3枚がおすすめです。
洗濯の頻度が少ないかたは5枚が良いですね。
加圧シャツの価格もまた、さまざまです。
安価なものは、千円代から販売されています。
高価であるほど良いわけではありませんが、安価なものは、やはりそれなりだと思っておいたほうが良いです。
しかし、比較のために試しに購入してみるには良いと思います。
お気に入りの加圧シャツが見つかると良いですね。

加圧シャツの効果を上げる

加圧シャツが、着ているだけで筋肉質の身体になれるというのは、ある程度は本当です。
上半身のあちらこちらに圧力がかかることで、動くときに通常よりも力が入りますから、それだけ運動量が増えますし、お腹などに圧力がかかると普通に違和感を感じるため、自然にお腹に力がはいります。
それだけでも通常の状態ではありませんから、運動量が増えますし、腹筋が鍛えられるのも決して偽りではありません。
ただ、身に着けるだけで、ボディビルダーのようなもの凄い筋肉質の身体にはなりませんということです。
ただし、効果を上げることはどなたにも可能です。
いくら加圧シャツを身に着けていても、朝から晩までデスクワークをしていたのでは、その効果はわずかなものに留まるでしょう。
もしあなたがデスクワークなど、ほとんど身体を動かさないような仕事をしているのでしたら、仕事が終わってから、ある程度のトレーニングをすると、効果が表れやすくなりますよ。
もともと筋肉質の身体になりたくて加圧シャツを購入したのでしょうから、実際にトレーニングをすることです。
上半身全体に圧力がかかっているため、最初は辛いと思いますので少しずつで大丈夫です。
それでも継続することによって、加圧シャツの効果が上がることは間違いないです。
トレーニングなしの1カ月、トレーニング有りの1カ月、それぞれ写真に撮って比較してください。
なんとなく効果があったような、ないような、という曖昧なものではなく、ご自身の目で効果を確かめたいならとにかく写真が一番なのです。
他人に聞いてみてもお世辞が入ることが多いので信用できませんよ。
また、ダイエット効果を期待して加圧シャツを購入なさったかたは、並行して食事のカロリーを減らすことです。
それまでと比較してほんの少しで良いので、毎日カロリーを減らすことで、ダイエット効果が加速します。

睡眠時の着用について

着用時間が長ければ長いほど加圧シャツの効果があがるとはいえ、寝ているときにも着用するのだろうかという疑問があるでしょう。
実は非常にたくさんのかたがたが、睡眠時にも加圧シャツを身に着けたままだと言っています。
もちろん、仕事中も食事中も身に着けているそうです。
身に着けたり脱いだりした場合と比較してみても、ずっと身に着けている方が気分的なものも含めて効果が高いような気がすると言います。
初めて加圧シャツを身に着けたときは、その圧力のために、短時間でもすぐ疲れてしまったという声も多いです。
しかし、日中の着用については、比較的すぐに慣れて平気になってしまっても、睡眠時に着用しますと気分的に疲れが取れないような気がするというかたもいらっしゃいます。
通常、寝ている間の身体は、筋肉も緩んでいてリラックスした状態になっているものですが、加圧シャツで締め付けていることにより、リラックスできずに良く寝られないというのは想像がつきます。
しかしそれもまた慣れだと言うかたもいらっしゃいます。
最初は疲れたような気がしても、やがては通常通りぐっすりと寝られるようになるのだとのこと。
これらは、非常に個人差が大きいことでしょうから、やはり、あなた自身はどうなのか、ということが重要でしょう。
翌日に疲れが残るのでしたら、睡眠時は着用しないようにすれば良いですし、着用したままでも特に不快な感じもなく良く寝られたというのであれば、着用して寝ても良いと思います。
あなたがお持ちの加圧シャツをそれぞれ比較してみて、もっとも圧力が少ないと思われるものから試してみましょう。
また、何度も着用して少し古くなって圧力が以前より少なく感じるようになったシャツは、睡眠用にまわすという方法でも良いですね。

加圧シャツを着用しない方が良いかた

人気の加圧シャツですが、中には加圧シャツを使用しない方がよいかたがいらっしゃいます。
まず、加圧シャツを身に着けると、すぐに気分が悪くなってしまうというかたです。
長時間、身に着けていて気分が悪くなるのでしたら、身に着ける時間を少なくすればすみますが、すぐに気分が悪くなるというかたは、加圧シャツに向かない体質だと思って諦めるしかありません。
加圧シャツは、気分が悪くなってまで着用し続けるものではありませんので、潔く諦めて、通常の筋トレやダイエットに励みましょう。
また、加圧シャツを身に着けていますと自然に運動量が増えるため、身体が暖かくなってきます。
そうしますと当然、汗もかきますから、暑い季節は熱中症にも気をつけないといけませんし、そこまでいかないまでも、圧力と暑さの両方で気分が悪くなるかたもいらっしゃいます。
さらに、汗をかくうえに、加圧シャツが肌にフィットしていますから、あせもができやすい状態になります。
普段からあせもが出来やすいかたは要注意です。
また、普段はなんともなかったとしても、加圧シャツのフィット感はかなりのものですので、あせもやその他の吹き出物、かぶれなどが表れましたら、すぐに使用を中止するようにしてください。
そのような症状が表れましたら、暑い季節を避けて涼しくなってから再度、着用を試し、それでも症状が出るようでしたら、加圧シャツは諦めるしかありません。
他のメーカーのシャツであっても、圧力やフィット感を比較いたしますと、それほど大差ありませんので同様の症状が出る可能性は極めて高いです。
そして、加圧シャツの表示に当てはまらない身体サイズのかたも諦めたほうが無難です。
数多くの加圧シャツが販売されていますので、それぞれのサイズを比較してみれば、大きなサイズもあるかもしれませんから、探してみるのは良いと思いますが、無ければ諦めて通常の筋トレに励んでください。

さっそく購入してみましょう

加圧シャツについて、さまざまな方向からお話してみましたが、あまり興味を持っていなかったあなたも、欲しくなってきたのではありませんか。
身に着けるだけでマッチョな身体になれるというキャッチフレーズを、そのまま信用したかたは少しばかりガッカリしたでしょうし、最初からまったく信用していなかったかたは、だいぶ見方が変わって、一度着てみようかなと思ったのではないでしょうか。
大変、人気の加圧シャツではありますが、現在のところ実店舗で購入したという話はほとんど聞いたことがありません。
理由はよくわかりませんが、現在のところ、通販でしか手に入らないのかもしれません。
しかし、今は多くのかたがオンラインショッピングを楽しむ時代ですので、購入できないということはないでしょう。
それに、加圧シャツが登場してから現在に至るまでずっと人気が高いので、売っているショップを調べればすぐに出てきますよ。
見つけられないということは絶対にありませんからご安心ください。
ただ、本当に種類がたくさんありますので、色々なショップを比較してしまって選ぶのに時間がかかるかもしれませんね。
時間に余裕のあるかたは、じっくり選べば良いと思いますが、忙しいかたは、ざっと目を通してみて、あまり深く考えずにとりあえず2?3着を選んで自分で身に着けてみることです。
商品説明は大事ですが、他のかたのレビューを参考にするのはほどほどにして、とにかく自分自身にとってはどうなのかというのは、ご自身が試してみるしかないのです。
そして、実際に着用する前と着用してから数カ月後の身体を比較してみたいと思うのでしたら、写真を忘れずに撮ってくださいね。
さらに、進んで身体を動かすこと、そして2ヵ月や3ヵ月で変化がなかったとしても諦めないこと。
最低でも、購入した加圧シャツがボロボロになるまでは続けてみましょう。
とはいえ、1日も早く筋肉質のボディが手に入ると良いですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。