個人のマイカーリース

この記事は14分で読めます

車のリース

車の購入方法として、ローンとリースの二つが主流です。
その中でもリースが注目されるようになってきました。
車を所有したいけれどもまとまったお金を払うのは難しいと言う人のために、ローンとリースがあります。
会社の場合はほとんどがリースですが、個人の場合のリースはメリットがあるのでしょうか。
もちろん、注目されているリースは個人向けです。
それではリースとローンはどこが違うのでしょう。
まず、車の所有者の違いです。
ローンは車を所有してから、支払いにローンを組むものです。
それに対して、リースの場合、車は借り物で借り賃を毎月支払うことになります。
車を所有しないと言うことは、車にかかる諸費用を払う必要がありません。
車検代、自賠責保険料、各種の税金などを払う必要がないのです。
もちろん、その費用の一部がリースの支払いの中に含まれています。
車検は3年後ですから、車検を迎える前にリース契約が切れます。
その時に契約をどうするかによって、損得が変わってきます。
リースは借り物ですから返さなければなりません。
そこで別の新車をリースすることになるのです。
毎月の支払いが終わることはありませんが、3年毎に新しい車に乗り換えることができます。
また、リース時に3年後の残存価格が設定されているため、支払い金額が少なくなるのです。
一つの車にずっと乗っていたいと思っているなら、ローンの方が安くなりますが、3年毎に新しい車に乗り換えたいならリースがお得と言うことでしょう。

スポンサードリンク

車のリースと支払い

車のリースの支払い額はどれくらいでしょうか。
ローンに対して利率は高くなりますが、契約満了の3年後の残存価格が設定されているため支払い額は少なくなります。
車のリースで注目したいのは、毎月の支払い額ではなく、それ以外にかかる費用です。
個人でのリースのメリットはメンテナンス以外の諸経費が不要となる点です。
初期購入費用や毎年の税金は所有者であるリース会社が支払いますから、個人は払う必要がありません。
最近のリースではオイル交換やタイヤ交換などのメンテナンス費用もリース契約の中に含まれていることが多くなりました。
つまり、事故を起こさない限り、毎月の支払いだけをすればいいことになります。
ローンよりリースの方がメリットは大きいと考えている人は、新しい車に乗っていたいと思う人です。
3年以降も同じ車でいいならローンを選択すべきでしょう。
軽自動車の支払い額の例では約25,000円程度です。
3年後には160万円となります。
現代において、車は必需品だと考えている人がほとんどです。
都会で交通の便がいいところなら必要ないでしょうが、地方においては車なしで生活することができないのです。
リースによって車をどのような形で所有するかの選択肢が増えたと言えるでしょう。
あなたがこれから車を手に入れようと考えているなら、リースとローンを十分比較してください。
同じ車にずっと乗るならローンが得であることは間違いないでしょう。
自分の所有物となるからです。
リースの場合は支払いが終わることはありません。

オリックスの中古車リース

新車のリースだけではなく中古車もリースを選ぶ人が増えてきているようです。
個人のリースについて考えてみましょう。
中古車ですから新車よりも毎月の支払い額は低く抑えることができます。
車は生活の必需品だけでお金がないと言う人が増えてきたのでしょうか。
毎月の支払いをすれば、車に乗れるのですから、一見すると得しているような気がします。
しかし、個人が所有している車ではありませんから、自分のものになることはありません。
単純にローンとリースを比較しているサイトもありますが、これは大きな間違いでしょう。
オリックスの中古車リースの特長を紹介します。
中古車と言うと前にどのような乗り方をしていたのか気になりますね。
事故車は誰でも敬遠することでしょう。
そこでオリックスはお客が安心できるように認定制度を設けています。
使用歴がはっきりしていること、車の状態がわかること、修理歴がないことをオリックスが保証します。
中古車はオリックスのカーリースやレンタカーから選びだされたものです。
つまり、カーリースによって契約切れとなった車は中古車リースとして再利用されるのです。
新車がいい人、中古車でも構わないと思っている人など、車に対する考え方は大きく異なります。
内容を重視するか、価格を重視するかと言うことです。
中古車を選ぶ時に、安心できるかどうかは非常に重要でしょう。
一度オリックスの中古車を検討してみてください。
リースでなくても買い取りもできます。

個人向けカーリース

車のリースは企業のための物でしたが、最近では個人向けのカーリースも人気が出てきました。
一度の高額を支払うのではなく、毎月の支払いだけで済ますことができる点が車のリースのメリットです。
ただ、個人の場合は契約切れ後も車に乗る必要がありますから、リースをメリットと感じるかどうかは新車に乗り続けたいと思うかどうかにかかっています。
リースを設定する時に3年の契約終了後の予想売却額を設定します。
新車代金からその残価を引いた金額に対して月割計算をします。
ローンよりも月々の支払い額は少なくて済むでしょう。
個人向けのカーリースが注目されているのは、税金や諸費用などのメンテナンス費用もリース会社が支払う点です。
あなたが車のリースを考えるなら、契約終了後をどうするか考えておかなければなりません。
そのまま乗り続けるならローンの方が得になるからです。
ただ、3年経つと新しい車種が登場しています。
燃費もさらに良くなっていることでしょう。
古い車を大事に乗るよりも、燃費の良い新しい車の方が地球環境にやさしいと言えるでしょう。
あなたはリースとローンのどちらを選びますか。
リース会社は積極的にリースを勧めています。
それはリース会社にとってメリットがあるからでしょう。
カーリースは単純に3年の契約と言うパターンだけではなく、ローンに近いような構成もできます。
個人毎にリースとローンを組み合わせた形です。
3年後に必要としている車がどのようなものかわからないことも多いでしょう。
若いカップルなら2人乗りで十分ですが、家族が増えると大きな車が必要です。

車のリースのメリット

車の個人向けリースはローンと比較されることが多いのですが、どちらにメリットがあるのでしょうか。
ずっと乗り続けるならローンがお得です。
それではリースのメリットとはどのような点でしょう。
まず、車と個人の関係を明確にすることが大切です。
つまり、あなたが車に対して持っている考え方です。
新しい車に乗っていたいのか、マイカーを大事に乗り続けるかと言う点です。
ローンを組むと言うことは車を所有することですから、自分のものとして大事に乗り続けるでしょう。
しかし、いずれは廃車にして新しい車を購入しなければなりません。
つまり、新しい車にどの時点で切り替えるかと言うことです。
リースにメリットがあると思っている人は、いつでも新車に乗っていることが当然だと思います。
もちろん、そのためにリース費用を払っています。
車を購入してローンにした場合は、ローン終了後の支払いはありませんが、タイヤ交換やバッテリー交換をする必要が出てくるでしょう。
車は消耗品なのだと言う見方は正しいでしょう。
古くなると、あちこちの調子が悪くなります。
同じ車にずっと乗り続けるためにはお金がかかるのです。
ただ、最近の車は高性能になってきました。
10年乗っていても、まだまだ調子は衰えません。
新しい車には低燃費や高性能と言った魅力があります。
リース契約の更新毎にその魅力を享受できるのは大きなメリットですね。
車を単なる交通手段と考えるか、リラックスできる個人の空間と見るかによっても変わるでしょう。

車リースの料金

車のリースは料金を確認することが大切です。
もちろん、企業のリースではなく個人のリースの場合です。
車を購入するならばローンを組まなければなりませんが、リースで月々の料金を低く抑えることができます。
リースとローンの違いを知っていますか。
リースは一定期間後に契約終了となりますから、その時点で車を手放すことになります。
所有しているわけではありませんから、正しくは手放すのではなく返却するのです。
あらかじめ契約終了時点での残価額を設定しておき、車両価格から差し引くことによって支払い総額が下がるのです。
新車だけではなく中古車のリースを考えてはどうでしょうか。
最近のリース会社では車両の価格だけではなくオイル交換や車検などの費用もリース代に含むことが多くなりました。
車を購入してローンを組むと、車の初期費用や維持費は自分で払わなければなりません。
つまり、ローンの支払いには含まれていないのです。
ローンとリースを比較しているサイトはたくさんあります。
個人を対象としたリース会社のホームページでも比較シミュレーションができます。
自分が車を手に入れる時にどのような手段があるかについて、選択肢が増えることは悪くありません。
自己資金の金額と乗りたい車との差額をどうやって埋めるのでしょうか。
ローンのデメリットとして、購入した車にずっと乗り続ける保証がないことです。
途中で手放すことは安く売ることにほかなりません。
車に対する考え方の違いでリースかローンの選択をするのです。

カーリースの見積もり

カーリースの見積もりは個人でも企業でも同じような金額になりますが、企業の場合は税金対策の面がありますから、リースのメリットは大きくなります。
しかし、個人の場合はローンとの比較になりますから、極端なメリットはないと考えられます。
ただ、リース会社などは新車を3年毎に乗り換えられるとか、車を買い替えるリスクを避けるためにリースをするのだと言った説明をもっともらしくしています。
もちろん、その考えには一理がありますが、それだけでリースがいいと決めるのは早計でしょう。
まずはリース会社から見積もりを取りましょう。
毎月の支払いと3年後の契約満了時にどうなるかをはっきりさせることです。
もちろん、新しい車に取り換えて乗りたいと思うなら、多少、割高になってもリースがお得です。
ただ、自分の都合だけですべてを決められないことも多いでしょう。
家族構成が変わったりする可能もあるからです。
若い時には新しい車に乗りたがりますが、お金がありませんからリースとなります。
あなたはいつまで同じ車に乗りますか。
廃車にするまでずっと乗り続けるならローンを選択すべきです。
毎月の支払い額だけを見て判断してはいけません。
リース会社によって、見積もり額は少しずつ違いますが、それには理由があります。
費用をどこまで見込んでいるかと言うことです。
オイル交換や車検代がリースの場合は不要になると宣伝している場合もありますが、その分支払い額が高くなっています。

日産マイリース

日産マイリースプランの紹介をしましょう。
近年、個人向けの車リースが注目されるようになってきましたが、日産でもマイリースプランと言う名前で宣伝をしています。
マイリースプランの支払いは残存価格を除いた部分を支払い対象としています。
そして、登録諸費用、取得税、消費税、重量税、自動車税、自賠責保険を加えた価格を月々支払うことになります。
月々の支払いを安くするためにリースが設定されています。
個人向けのリースはそれがメリットなのです。
新車に乗る時でも、初期費用は発生しません。
3年後、5年後の契約をしますが、残存価格はあらかじめ設定されているため、市場の動向と関係ありません。
もちろん、任意保険も月々の支払いに含めることができます。
マイリースパックなら、整備や点検の費用も含まれています。
日産のプロの整備士によるメンテナンスです。
安心して、車の運転に専念できます。
支払いプランも3つのプランが用意されています。
自分に合ったプランを選ぶことができます。
5年契約で3年後に見直すプランでは、3年後も乗り続けるパターンと、新車に乗り換えるパターンが選べます。
どちらにしてもリースを続けることになります。
最初から3年で契約を終了するプランと、5年間継続するプランもあります。
ライフスタイルに合わせて選びましょう。
注意しなければならないのは、走行距離に制限があることです。
月に1,000km以内か、1,500kmかで支払い料金が変わります。
詳しいことは日産の店舗で確認しましょう。

新車のリース

新車のリースは大きなメリットがあると言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。
個人を対象としたリースとローンの違いがよくわかっていない人はリースの方がお得だと思っているようですが、それは間違いです。
リース会社は損をするような販売をするはずはありません。
つまり、車の初期費用やメンテナンス費用がリースに含まれるとしても、その分だけ支払い額が高くなるだけです。
ローンよりも得をしているわけではありません。
それでは新車のリースと中古車のリースではどうでしょうか。
もちろん、新車の方が高くなりますが、残存価格も比例して高くなります。
したがって、支払い額があまり変わらない可能性もあるのです。
それなら新車に乗っていたいと誰でもが思いますね。
新車のリースで気を付けなければならないのは事故です。
事故を起こすと残存価格に大きく影響します。
一般的な残存価格は新車の時から極端に傷が入ったり、傷んだりすることを考慮していません。
したがって、毎月の支払い額は変わらなくても契約終了時点でまとまったお金を支払わなければならないケースもあります。
事故のために保険に入っているわけですが、その効果がないことになります。
個人的にはお金がなくても車に乗りたいと思っている人は少なくありません。
人は贅沢をしたがるのでしょう。
ただ、一時的にお金を支払う必要がなくても、トータルで考えると高い買い物になる可能性が高いでしょう。
新車リースはじっくり考えてから決めてください。

車の購入とリース

新車の購入とリースのどちらがお得かで悩んでいる人が多いのですが、普通に考えて個人であれば購入がお得になります。
しかし、それには前提があります。
つまり、車を購入した後、ずっとその車に乗り続けることです。
途中で買い替えを考えるなら、リースのメリットが出てきます。
個人を対象としたリースの場合は税金対策ではなく、契約終了時点で別の新しい車に乗り換えることが容易だからです。
ただ、注意しなければならないのは、リースはいつまで経ってもリースです。
購入ではありませんから、月々の支払いは永久に終わりません。
もちろん、対象とする車を変えれば安くすることはできるでしょう。
自分の所有物ではありませんから、借り賃を払うことになるのです。
わかりやすい例では住宅の購入とアパート住まいの違いです。
アパートに住んでいる限り、いつまでも家賃を払わなければなりません。
10年、20年経っても同じことです。
しかし、住宅を購入すれば、ローンの支払いが終わった時点でお金は必要ありません。
ただし、予想外に家の傷みが早い場合や、リフォームをする時には新たな出費となります。
同じ車に20年乗っている人はほとんどいませんから、短期間で買い替えることになるでしょう。
ただ、10年間乗り続けるなら、購入の方が確実にお得になります。
自己資金に余裕がある人や買い替えを考えていない人は購入にすべきでしょう。
全体的なメリット、デメリットを考慮して決めることが大切です。
リース会社の説明ではメリットばかりを強調する傾向があります。

車の賢い借り方

自動車を買うか借りるか、どちらが得だと思いますか。
これは単に金額だけを計算するのではなく、車を所有している人の考え方に関わってきます。
わかりやすい例で言えば、お金はないけれどもいい車に乗っていたいと思うならカーリースがいいでしょう。
個人向けの車のリースは近年、上昇傾向にあります。
今後もしばらくは同じ傾向が続くと考えられています。
ただ、すべての人がお金を出さずにいい車に乗りたいと思っているわけではありません。
購入のためのいろいろな手続きやメンテナンス費用もすべて含まれたカーリースならガソリン代だけを負担すればよく、毎月の支払い額が明確に見えているでしょう。
急にお金が必要となることはありません。
ローンの場合は車が自分のものとなりますから、ローン終了後の支払いは発生しません。
ただ、5年後、10年後に同じ車に乗っているのが嫌だと思うなら、カーリースですね。
現代人はお金がなくても周りや自分に対して見栄を張りたいのかもしれません。
リース会社が個人向けリースを積極的に展開しているのは、人の心理をうまくついているからかもしれません。
ただ、背伸びした状態の生活をいつまでも続けることはできません。
リースは若い人たちだけに人気があるのかもしれません。
現代のリースでは契約期間中はほぼ、自分の車として利用することができます。
自分の好みに合わせて改造することさえできるのです。
ただ、返却する時には元に戻さなければなりませんから、その点は注意しましょう。

カーリースのトラブル

カーリースは車のリース会社が個人向けに積極的に営業を行っています。
ローンよりもリースの方が割高になるのですが、個人でリース契約をする人も少なくありません。
これはずっと新車に乗っていることができるとか、メンテナンス費用も払う必要がないといった言葉に釣られてしまっているのでしょう。
カーリースの一番のトラブルは事故です。
事故の処理自体は本人の保険で賄うとしても、リース物件としての残存価格に大きく影響します。
通常のリースでは設定した残存価格を除いて支払い額が決められています。
残存価格の価値が事故によって激減すれば、その分の支払いが上乗せされてしまうのです。
契約期間満了時に一括で支払わなければならない会社もあります。
リース契約をする時にはいいことばかりを説明していた営業マンです。
事故の後は支払いの話ばかりになるでしょう。
トラブルの元はもちろん、事故を起こした人です。
しかし、十分理解して契約していなかったために、ローンを組むよりも支払い額が増えてしまうのです。
途中解約も違約金の支払いが発生します。
会社によっては残額を一括支払いとなる場合もあります。
まとまったお金を払うことができないためリース契約をしたのですから、一括支払いなどできるわけはありません。
自分の生活力に合わせた車を選ぶことが大切です。
新車に乗りたいなら、それに見合った収入を得られるようになるべきです。
住宅ローンと同じようにローンの支払いができなくなってしまいます。

ホンダカーリース

ホンダカーリースはリース会社であるホンダファイナンスと販売会社とお客との間で結ぶリース契約です。
個人向けの車のリースが注目されるようになり、ホンダでも積極的にリース販売をすすめています。
ホンダカーリースのメリットとしては他の会社と同じようにまとまった資金を持たなくても新車に乗れることでしょう。
個人にとって、これは非常に魅力的です。
リース終了時には残存価格の分は払わないことになります。
もちろん、リース会社は車両を中古車として販売するでしょう。
ホンダカーリースの特長は取り扱っている車両がホンダ車であり、メンテナンス等もホンダのディーラーや工場で行うことです。
個人ではなく企業のリースも同様に取り扱っています。
ホンダが提供するリースには2種類があります。
メンテナンスを含むか、含まないかです。
メンテナンスを含む場合は毎月の支払い額が少し高くなります。
ただ、あなたが支払うのはガソリンだけで済むメリットがあります。
多くの人は自分が乗っている車のメーカーはずっと同じでしょう。
ホンダに乗っている人はずっとホンダです。
これからもホンダを乗り続けていくなら、リース契約で新しいホンダ車を利用するのも悪くありません。
車はステータスシンボルだと考えている人にとって、どのような車に乗るかは非常に重要です。
そのために多少、高い支払いをしなければならないとしても納得できるのです。
リースとローンの単純比較ではなく、車に対する考え方の違いによって選ぶことが大切です。

車と家族

どのような車に乗るかは家族構成によって大きく変わります。
一般的には家族全員が乗れる車を所有するからです。
最近カーリースが注目されていますが、3年後の生活が不透明な場合は車を購入してローンを組むより、見直しを前提としたカーリースもおすすめです。
個人向けのリースは3年後、または5年後の見直しを前提とした契約です。
ずっと乗り続けるつもりならリースよりもローンの方が得になります。
毎月の支払い額が違うからです。
家族が増えて、大きなワンボックスカーが必要になった時には、これまでの車を売って新しく購入する人がオオかもしれません。
リースの場合は契約期間中の解約はかなり割高になります。
もちろん、購入している場合も下取りに出しても、予想以上に低く見積もられてしまうことでしょう。
それは自分の都合で手放すのですから、やむを得ないのです。
地方で生活している場合、車は必需品です。
ちょっと出かける時も車が必要だからです。
もちろん、都市圏でも同じことかも知れません。
車が生活の一部であるなら、どのような車に乗るかは非常に重要です。
家族を中心として考えるか、個人の生活を考えるかによって車が変わります。
車をリースするかローンにするかは広い視野で考えましょう。
単に月々の支払い額を合計するだけではその価値を判断できません。
あなたはどう考えていますか。
新しい車に乗りたいと思うのは誰でも同じですね。
車のリースでは車種は自分で選ぶことができます。
ほとんどの車が対象となっているからです。

車のリースの口コミ

個人の車のリースとローンのどちらがお得かという議論が多くのサイトに掲載されています。
もちろん、リース会社はリースの方が得だとしていますが、実際の営業マンはローンを勧めたりしています。
どのような場合にリースが得になるのか、実際に契約している人の口コミを参考にする良いでしょう。
その人がどのような理由でリースを選んだのかがわかれば、それが自分にも当てはまるかを確認すればいいのです。
リース会社の契約内容も重要ですが、多くの人が営業マンの対応に納得しているようです。
これは人との付き合いですから、重要なことです。
ただ、最近はネットを通しての会話だけで済んでしまうケースもあるため、あまり参考にならないのかもしれません。
また、営業マンの態度が良くても、契約内容に反映されるわけではありません。
内容よりもリース会社を選ぶことが重要となります。
会社がお客に対してどのような接し方をしているかを確認しましょう。
リース契約とローン契約の計算は誰でもできます。
単純比較ではローンがお得になるでしょう。
後はあなたの生活パターンです。
車をどの程度重要な道具と思っているかとか、どのくらいの走行距離が想定されるかでリースの支払い金額が変わってきます
週末だけしか乗らない人はリースでかなり割高になるでしょう。
ただ、口コミには同じ会社に対して満足している人と不満の人がいます。
どちらも嘘を言っているわけではありませんから、個人的な感覚的なのかもしれません。
すべてを信用するのではなく、参考程度に考えなければなりません。

カーリースの選び方

マイカーリースは車を所有するための一つの方法として定着しています。
もちろん、個人向けのリースではローンと全く違うのですが、月々の支払いだけを見ると同じことです。
どのような車に乗って、毎月いくら払うかだけを焦点にすることができるでしょう。
メリットもありますがデメリットもあります。
企業と違って、個人の場合税金対策は不要ですね。
カーリースはほとんどのディーラーが対応していますが、リース専門会社もあります。
どこを選べばいいかは難しいところです。
車を選んでから、それを取り扱っているリース会社を選ぶといいでしょう。
一般には自分が乗る車のメーカーはあらかじめ決めている人が多いでしょう。
車を買い替える時も同じメーカーにします。
メーカーの系列のリース会社もありますから、メンテナンスなどを依頼する時に便利でしょう。
ただ、近くにあるディーラーや整備工場がリース会社と提携しているかどうかは確認しなければなりません。
ディーラーには営業範囲がありますから、どこでもいいと言うわけではないのです。
月々の支払いも契約内容によって大きく異なります。
頭金をたくさん払えば、その分安くなりますが、車のランクを上げれば高くなります。
いい車にいい条件で乗りたければ、お金を払わなければなりません。
これは当然のことです。
格安のリース条件などはどこを探してもないと考えていいでしょう。
後は営業マンの対応でしょうか。
見積り対応や電話での問い合わせなどを素早くやってくれる営業マンを探しましょう。

トヨタレンタリース

トヨタレンタリースではレンタカーも取り扱っていますが、最近は個人向けのカーリースも注目されています。
トヨタレンタリースで車を入手するとどのようなメリットがあるのでしょうか。
一つは地元販売店の協力が期待できることです。
トヨタの販売店は全国にたくさんあります。
あなたが住んでいるところにもトヨタの販売店があるでしょう。
トヨタレンタリースの直営でなくても、地元販売店を通してリース契約をすることができます。
個人でトヨタの車を所有している人もいるでしょう。
何かの機会にローンを止めて、リースに切り替える人も増えてきたのです。
トヨタレンタリースの本社で契約などの手続きを行います。
レンタリースの店舗では地元の販売店を通して個人ユーザーに車両を発注します。
あなたはトヨタ店で新車を購入したのと同じ形でリースをすることができるのです。
もちろん、メンテナンスもトヨタ店を利用できます。
他社の場合は、同じ系列でなければメンテナンスができない場合もあります。
ユーザーにとっては、トヨタと社名がつくなら、すべて同じ会社だと思えるのです。
カーリースの仕組みは他社とほとんど変わりません。
リース会社を選ぶ時のポイントはアフターサービスです。
月々の支払いはどこも同じだからです。
気軽にメンテナンスや点検をできる体制を持っている会社が一番使いやすいでしょう。
トヨタ店はトヨペット、カローラ、ネッツ、L&Fと、全国4,800店もあります。
きっとあなたも満足を得られるでしょう。

カーリースの問題

新車を購入して、その支払いをローンにするのが一般的ですが、最近は個人向けのリースが多くなってきました。
そのためローンとリースはどちらがいいか悩んでいる人もいるのです。
リースにはいろいろな制約がありますから、後で問題とならないように注意しなければなりません。
問題と言うのは契約に不備があるのではなく、利用者がリースの内容を十分に理解していなかったために起こるトラブルです。
もちろん、リース会社の担当者がきちんと説明をしていなかったかもしれません。
ただ、支払い額が安いと言う点だけを見て、その他を見ていない人も悪いのです。
リースは契約終了後も自分の車にはなりません。
また、新しい車を契約することになります。
つまり、リースはずっと支払いが続きますが、車は新しいものに交換していくのです。
最近は技術の進歩により、低燃費の車が登場しています。
また安全運転のための機能も充実してきています。
10年前の車では考えられなかったことが実現しているのです。
あなたは今の車に10年間乗りますか。
燃費の悪い車で我慢するよりも、最新の車に変えた方が燃費は格段に向上します。
それらのことを考慮してリースとローンを比較しなければなりません。
つまり、価格だけを見てもわからないと言うことです。
あるサイトの表現を借りれば、価値観の違いです。
車に対して何を求めているかによって個人毎にメリット、デメリットが違ってくるのです。
あなたはどちらを選ぶでしょうか。

格安のカーリース

自動車の個人向けリースの比較ランキングがありますが、格安のリース会社があるわけではありません。
格安に見えるなら、それは条件が設定されています。
リース会社が損をするようなシステムを作るわけではありませんから、車の価格や金利、手数料などを考えると、極端に安いリースを実現することはできません。
走行距離に制限があるとか、事故を起こしたら一括支払いなどの条件が付いているかもしれません。
格安のリースがあったならば、その契約条件をしっかり確認してください。
何もなければ格安ですが、3年後の契約満了時に車の残価額が目減りしているかもしれません。
そうなると、追加で差額を支払うことになります。
一般的にはリースの契約終了時に、車の状態を評価して予想以上に傷んでいると差額が請求されます。
その傷み方は見る人によって異なりますから、要注意です。
自分ではきれいに使用していたと思っても、リース会社の担当者が傷んでいると評価すると差額が発生するのです。
リース会社を選ぶ時には支払い額の大小よりも、営業マンの対応ぶりをチェックしましょう。
長い付き合いをしていかなければなりません。
親しくなって、リースの賢い利用法などを教えてもらうといいですね。
リースとローンのどちらがいいかと言う問いにも適切にこたえてくれるなら、信頼できる営業マンと言えるでしょう。
支払い額ばかりを気にするのではなく、リースの全体を見てください。
個人契約の場合は、特に契約終了時点からの次の車のことです。

オリコオートリース

オリコオートリースは個人向けの車のリースを取り扱っています。
オリコのリースを取り扱っている店舗で構成しているのがコアラクラブです。
オートリース商品を通じて、お客へのトータルサポートを提供しています。
単に車のリースだけではなく、快適なカーライフを提供することがオリコの理念なのです。
もちろん、現実は簡単ではありません。
個人向けリースの場合は毎月の支払い額を低く抑えることができますが、その分だけ制限事項などがあります。
正確には自分の車ではありませんから、すべて自由にしていいわけではありません。
車の内装を変えたり、オプションを付けたりすると契約終了時に取り外さなければなりません。
もちろん、これはオリコに限った話ではありません。
オリコのオートリースではファイナンスリースとメンテナンスリースがあります。
ファイナンスリースはメンテナンスを含みません。
つまり、オイル交換や車検などの費用は契約しているあなたが支払います。
メンテナンスリースの場合は、すべての費用が含まれています。
一見、いい話に聞こえますが、メンテナンスの費用が支払い額に含まれていますから、得をしているわけではないのです。
オリコに限らず、ほとんどのリース会社が同じような説明をしています。
しっかりと説明を理解しておかないと勘違いをしてしまうでしょう。
これからの時代はリースが増加すると考えられています。
そのため、より便利なリースの仕組みが考えられるでしょう。
オリコのオートリースに期待しましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。