一歳児に与えるおもちゃはどんなものがよい?

この記事は14分で読めます

1歳の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ

赤ちゃんは本当に日に日に成長をしていきます。
毎日子育てしているママですら、ビックリしてしまうくらい赤ちゃんのその成長には驚かされるでしょう。
毎日見ているママですらビックリなのですから、たまに会うような方は、「もうこんなに大きくなったんだね」
とビックリするばかりです。
昨日まではできなかったことが、次の日になると急にできるようになっていたりと、
それほど赤ちゃんは急成長を遂げているのです。
さて、そんな赤ちゃんにとって役立つおもちゃってどんなおもちゃなんでしょうか。
赤ちゃん用品店に行けばわかりますが、赤ちゃんの月齢にそったおもちゃが置かれているんです。
2ヶ月くらいの赤ちゃんには、握れるような形のおもちゃを・・
8ヶ月くらいになれば、押したり引っ張ったり、回したりができるようなおもちゃを・・
といった具合にその月齢にそったおもちゃを選ぶことができます。
1歳ともなると、早い子は歩いている子供もいるでしょうから、あんよを上手にするためのおもちゃもいいですよね。
または、最初は大きな穴に紐を通し、次は小さい穴、上手にできるようになってきたら、形ごと、色別に・・・
と、ステップアップしながら遊びを広げることができるようなおもちゃもあります。
その名も、バンダイ ベビラボ アンパンマン はじめてのひもとおし。
遊びながら集中力を育もうというおもちゃです。
アンパンマンやばいきんまんなどの顔をかたどったデザインで、身近なキャラクターから遊びの世界に
入りやすいのが特徴になっています。

スポンサードリンク

1歳の赤ちゃんには”フィッシャープライス ゆらりんタワー”

初めて育児をされている方、久々に育児をされている方、育児をする方にもいろいろあります。
特に初めて育児をするかたは、赤ちゃんにどのようなおもちゃを与えたらいいのか、
赤ちゃんにはどのような食べ物を与えていったらいいのかと悩む所ではあるかと思います。
赤ちゃんは日に日に成長を遂げていきますが、その成長ぶりにあった食べ物やおもちゃも必要になってきますね。
急に小さな赤ちゃんに、おにぎりをあげていいかといったらそういうわけではありません。
まだ、赤ちゃんは消化機能もうまくできないため、離乳食といってご飯をつぶして食べやすくしたものを
与えなければならなかったり、飲み物にも気を遣わなくてはいけません。
大人が飲むような甘いジュースを与えればいいかといったらそういうわけでもありません。
赤ちゃんの頃から、あまり甘いジュースを与えてしまうと、大きくなるにつれてむし歯の多い子になってしまいます。
おやつもそうです。
ぐずったときには、おやつを与えて機嫌をとりたくなりますが、おやつも与えすぎては
将来甘党になってしまいますし、むし歯の多い子になってしまいます。
といった具合に、赤ちゃんに与えるおもちゃも、何を与えていいわけでもありませんね。
赤ちゃんの成長ぶりにあったおもちゃを与えるべきです。
そこで1歳の赤ちゃんにお勧めのおもちゃは、”フィッシャープライス ゆらりんタワー”
5つのリングを順番に重ねていくおもちゃです。
タワーの底が丸くなっており、リングをはめたりはずしたりする度に左右にゆらゆら。
バランスを取りながら上手に乗せなければいけません。
リングの大きさや色の違いも学ぶことができますよ。

お絵かき好きな赤ちゃんには”すいすいお絵かき”

小さなお子さんがいるご家庭の方は分かるかと思いますが、赤ちゃんというのは本当に
好奇心が旺盛で、とにかく何でも口に入れたがりますし、ぺんなどを見かけたら
どこにでも書きたくなってしまうようです。
車に乗っていて、車内が曇ってきたら窓にお絵かきしたくなるような感じでしょうか。
書いちゃダメ!といっても書いてしまいますね。
新築にお住まいのご家庭の方で、小さなお子様がいらっしゃるご家庭なんかは、
すでにかべに落書きが・・なんてご家庭の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
せっかくの新しいお家が・・と思ってしまいますよね。
しかし、赤ちゃんのやったことですので、仕方のないことです。
赤ちゃんは、この紙に書くんだよ!と言ってもついつい机に書いてしまったり、いすにかいてしまったり、
壁に書いてしまったり、窓に書いてしまったりと本当にどこでも書いてしまいます。
そこで、そんな書くことが大好きな1歳くらいの赤ちゃんにお勧めしたいのは、”すいすいお絵かき”です。
この商品は、水で描くから汚れず安心なんです。
お水を入れたペンでかくから手や服、お部屋を汚さず安心。
さらに、書いたところが乾くとまた同じ場所に何度でもお絵かきができるのです。
ペンの丸い筒の部分にカラービーズがはいっていて、振ると音が鳴るので、赤ちゃんも大喜び!
手型やスタンプあそびもできるんですよ!
対象年齢も1歳以上ですから、1歳の初めてのお誕生日にピッタリの商品です。

赤ちゃんが喜ぶ読み聞かせをしましょう!

赤ちゃんというのは本当に日々成長をしていくもので、ハイハイをするようになると本当に目が離せなくなります。
かといって、ずーっと赤ちゃんにつきっきりという訳にもいかないのですが、赤ちゃんが安全に過ごせるように
しっかりと見守っていく必要があります。
さて、赤ちゃんというのは本当に好奇心が旺盛ですので、物珍しいものを与えると喜びます。
赤ちゃんの好奇心をくすぐるようなおもちゃを与えると喜ぶものです。
しかし、おもちゃってお金がかかりますよね。
安めのおもちゃならまだいいですが、ちょっと凝ったようなおもちゃですと1万2万は平気で超えます。
そんなおもちゃを与えるのもいいですが、お金をあまり掛けずに赤ちゃんとコミュニケーションがとれるといったら、
絵本の読み聞かせがあります。
絵本には、もちろん赤ちゃんが喜びそうな絵や、言葉などが書いてありますので、絵本を開いただけでも
大喜びします。
まだ月齢が低い赤ちゃんですと、しかkりとおとなしく聞いているというこてゃできないですが、
絵本を読んで、この絵は何を表すのか、同じような言葉を何度も言い聞かせることでも、
赤ちゃんの成長に大きな影響を与えてくれるものです。
最近の絵本には、文字が書いてない絵本もあるんですよ。
それって、絵本なのぉ?!?と思う方もいらっしゃるでしょうが、立派な絵本なんです。
その絵を見ながら、この絵は何の絵なのか、この絵は何を訴えているのかなど、ママが説明してあげることでもイイのです。

1歳くらいの赤ちゃんにはどんなおもちゃがいいの!?

赤ちゃんの成長って本当に早いもので、生まれたばかりの頃はただ寝ているだけで、
ほとんど動きもしなかったのに、首がすわり、腰がすわり、お座りができるようになって、ハイハイをするようになって・・
といった具合で、ちょっとまったと言う時間もないくらいに、日々成長していくものです。
つい先日までは寝ていただけなのに、もう活発に動き回る・・なんてのが赤ちゃんですよね。
赤ちゃんの成長は本当に喜ばしいことで、次々に大人を喜ばせるような成長ぶりを見せてくれます。
そんな赤ちゃんですが、色々なものに興味を持ち始めます。
ハイハイをし出したりしたら、下手に赤ちゃんの手の届く所に危険なものを置いておけなくなります。
赤ちゃんは、本当に好奇心旺盛で、すぐに口に入れたがるので、赤ちゃんの口に入りそうなものはそばに置かないこと!
これが赤ちゃんのいる家庭では鉄則となります。
さて、赤ちゃんの1歳のお誕生日にはどんなおもちゃを買ってあげたいですか!?
本当に日に日に成長していくので、その月齢にあったおもちゃを与えてあげることが一番ですよね。
1歳というと、早い子はもう歩き始めていますね。
遅くても1歳3ヶ月くらいには歩き始める子が多いでしょう。
まだよちよちの赤ちゃんを一人で歩かせるのは、危険ですので、そこで役に立つのが歩行器です!
赤ちゃんのおぼつかない「あんよ」を歩行器が補助してくれるのです。
1歳になって、まだつかまり立ちくらいしかできなかったり、歩きもおぼつかない赤ちゃんでしたら、
是非歩行器をおすすめします!

赤ちゃんのおもちゃ選びは月齢に合ったおもちゃを!

生まれたばかりは、ねんねばかりをして、泣いたりおっぱいを飲んだりとその繰り替えしだった赤ちゃんが
今はもうたっちをし出して、そろそろ歩きそうなくらいにまで成長をした。
そんな赤ちゃんはきっともう初めてのお誕生日を迎えるくらいの赤ちゃんですね♪
赤ちゃんにはその時の月齢にあったおもちゃを与えるのが一番です。
もうねんねをほとんどしないという赤ちゃんには、ガラガラを与えてもあまり意味がないというか、
そのときの赤ちゃんの成長にあったおもちゃを与えるのが良いかと思います。
赤ちゃんが1歳になるころには、本当に好奇心旺盛な時期で、早い子だと少しお話を始める子も
いるかもしれません。
好奇心旺盛ですので、ますます赤ちゃんからは目が離せなくなりますよね。
そんな好奇心旺盛な1歳の赤ちゃんにピッタリのおもちゃって何があるのでしょうか。
1歳頃になると手先が器用になり、見ることと手指を動かすことが連動しはじめます。
手指を動かすことによって脳が刺激され、子供の成長を促す効果もあるのだといいます。
将来有望な子供にするためにも?積極的に手指を動かせるようなおもちゃは、
子供の成長をサポートしてくれますのでおすすめのおもちゃです。
また、ひとり歩きができるようになると、次第に歩き方も安定し、公園など屋外でも
遊べるようになりますね。
いろんな動きができるようになると、運動能力も発達しますので、大きな運動につながる
おもちゃもおすすめです。

1歳の誕生日プレゼントは好奇心をくすぐるものを!

生まれて初めてお誕生日を迎える赤ちゃん。
初めてのお誕生日だから、特別な日ですよね。
赤ちゃんが喜ぶおもちゃを与えてあげたいと思っても、どんなおもちゃがいいのか悩んでしまいます。
1歳というと、昔からお餅をしょって歩かせるなんて儀式がありますが、近年では皆さんやっているのでしょうか。
近所の洋菓子店などにいくと、赤ちゃんの1歳の誕生日ようの紅白のお餅が売られています。
「祝」と書かれていて、お餅を入れるための前後ろにポケットがついた特別な衣装もセットで売られています。
1歳になる前にあんよができるようになった赤ちゃんでしたら、楽勝なのでしょうが、まだたっちもできない
赤ちゃんや、つかまり立ちくらいしかできない赤ちゃんからしたら、とんでもない!と思うかもしれない行事ですね!
そんな儀式をするのも、赤ちゃんにとってはいい思い出の一つになるでしょう。
赤ちゃんの初めてのお誕生日には、プレゼントはもちろんのこと、是非お餅もしょわせてみるといいかもしれません。
さて、そんな1歳を迎える赤ちゃんのおもちゃですが、好奇心をくすぐるものを選ぶといいでしょう。
やはりよくあるおもちゃだと、パズルのようなおもちゃでしょうか。
簡単な丸や四角、三角といった形の穴に、同じ形のものをはめ込んでいくようなおもちゃは
赤ちゃんの好奇心をくすぐります。
うまく形が入らないことによって、イライラする赤ちゃんもいるでしょうが、うまくできたときには
パパもママも一緒になって喜んであげることができますね!

種類の豊富な知育玩具を1歳の赤ちゃんに!

近年でよく耳にすることがある「知育玩具」
赤ちゃんのおもちゃであることに間違いはないのですが、おもちゃといっても赤ちゃんに与えるものは
何でもいいというわけではありません。
その子の成長にあったおもちゃを与えてあげることがベストでしょう。
遊ぶことでさらに発達を促してくれるおもちゃがあればもっとイイでしょう。
現在では、知育玩具の種類も非常に豊富で、どれを買い求めたらよいのか迷う人も多いでしょう。
ここでは主な知育玩具それぞれの特徴について紹介しますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。
知育玩具にはおおよその対象年齢が定められていますが、1歳から利用できるものとして、積み木やブロックなどの組み立て玩具があります。
最初は手で掴んだり積み上げたりするところから始まり、発達に伴って物の形を模倣するようになります。認識能力・創意工夫の発達に役立つことで知られています。
そして、さらに言葉を覚えはじめたら、五十音やアルファベット、数字などが描かれた語学や数学的な知育玩具を取り入れる人も多いようです。
素材は布やスポンジ、木などが用いられています。
特に積み木は赤ちゃんにとってはすごくいいものだと聞きますよね。
スポンジもけがの心配もなく、ママも安心して遊ばせてあげられるアイテムでしょう。
ただ、スポンジを破ってしまったりして、赤ちゃんが間違って飲み込まないように注意が必要です。
知育玩具としてのパズルも種類が豊富です。
人気キャラクターが描かれたものが多いので、赤ちゃんの好きなキャラクターのものを選ぶとイイでしょう。

知育玩具が五感に与える効果とは!?

知育玩具が赤ちゃんの五感に与える効果とはどんなものがあるのでしょうか。
そもそも五感というのは、味覚、視覚、触覚、聴覚、嗅覚の5つの感覚のことで、
これらの感覚によって外界の状態を認識するのです。
赤ちゃんにとっては生まれてきて、それぞれの感覚自体が初めての体験です。
何をするにも初体験になり、どう感じるかも初体験です。
赤ちゃんの五感を小さな頃から沢山刺激してあげて、将来感情豊かな子供に育ってくれるといいですね。
さて、知育玩具と言えば、子供の知能発達を促すためのものだと考える方も多いでしょうが、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚という人間の五感にも影響を与える効果があるのです。
ヒトの脳組織の8割近くは3歳ごろまでに形成されると考えられており、この時期までにどれだけ良い刺激を脳に与えられるかによって、その後の成長も大きく変化してくるとまで言われています。
聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。
いかに3歳までに英才教育をする・・ではないですが、いろんな感覚や感情を育ててあげて
将来有望まではいかなくても、一般的な常識やマナー、優しい子に育てない、などなど
親の希望も沢山あるでしょう。
そのため、ただ知育に適した玩具というだけで、何でも買い与えれば良いというものではありません。知育玩具も一般的な玩具と同様に、安全性が考慮され、子供が興味を持つよう作られたものであることが重要です。
五感への刺激だけでなく、子供が自分で遊び方を見出せるような自由度も必要ですね。

知育玩具を選ぶときのポイントとは!?

昔とは違って、今は赤ちゃんのおもちゃや育児道具なども本当に様々なものが出回っています。
昔の子供たちというのは、テレビゲームなどはありませんから、外で元気に遊ぶしかなかった
かと思います。
今の時代は違いますね。
家の中にいてもテレビゲームをしたりと、遊ぶことができます。
昔の子供は寒くても外で遊ぶことも多かったので、だから今の高齢者は元気なのでしょうね。
今の時代は本当に体にいいものもあるけれど、ファーストフードも普及してきているために、
昔よりは体にいいものを摂っていないような気もします。
さて、話はもどって知育玩具というのは赤ちゃんにとっても素晴らしいおもちゃだと言えるのですが、
その知育玩具を選ぶときのポイントとはどんなことがあるのか、見ていきたいと思います。
知育玩具を購入する際、その種類の多さに迷ってしまう人は少なくないでしょう。
それほど現在の知育玩具はバリエーションに富んでいて、それぞれの目的や効果も多岐に渡っています。
知育玩具というおもちゃならば何でもいいわけではありませんね。
また、多く買い揃えたからといって目覚ましい発達が期待できるものでもありません。
しかし、知育玩具は一般的な玩具よりも価格が高めなので、できる限り厳選して子供に
使わせたい!とお考えの方も多いかと思います。
一般的な玩具もそうですが、知育玩具にもそれを使用するのに適した「対象年齢」が記載されていますから、これを目安にして選ぶと失敗は少なくなります。
また、知育玩具を選ぶ際には、子供と一緒に選ぶことも大切ですよ。

1歳?2歳児向けの知育絵本って!?

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の方は、おうちにおもちゃがあふれている・・
というご家庭もきっと多いでしょう。
おもちゃというのは、もちろん小さい頃しか遊びませんので、もう赤ちゃんがそのおもちゃに飽きてしまうと
クローゼットの奥底にしまわれてしまって、終わり・・なんてことも少なくないでしょう。
赤ちゃんに沢山のおもちゃを与えることも必要ですが、沢山与えればいいというわけでもなく、
その赤ちゃんの成長にみあったおもちゃを与えるということも大事ですよね!
さて、おもちゃもいいですが、あまりお金がかからなくて赤ちゃんの為にイイものといったら
絵本があります。
皆さん、絵本をお忘れではないですか!?
実は絵本というのは、対象年齢がなく、生まれたばかりの赤ちゃんに絵本を読んであげてもいいんですよ。
地域によってですが、図書館などにいくと無料で本を借りれますので、お金をかけなくても
赤ちゃんに絵本を読んであげることができます。
赤ちゃんがその絵本を気に入れば書店で購入すればいいので、図書館はおすすめですよ。
絵本には多くの種類がありますが、その中でも知育に役立つ知育絵本と呼ばれるものは、子供の学習意欲を促す切っ掛けとして最適であると考えている人が多いようです。
知育絵本の対象年齢はさまざまですが、1?2歳児向けのものもあります。
1?2歳児ではまだ言葉やストーリーを理解するのは無理だと考える人もいるでしょうが、その年齢の子供が興味を示しやすい擬声語(動物の泣き声など)や、擬態語(物を食べるときに出る音など)が取り入られているものを選ぶと良いでしょう。

1歳の子供へのプレゼントは何がいいの!?

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の皆さん。
赤ちゃんへの1歳の誕生日プレゼントは何をあげようと考えていますか!?
生まれて初めての誕生日はとっても特別な日です。
赤ちゃんにとって最高の贈り物をしてあげましょう!
でも、1歳の子供にとって何を与えるのが一番いいのでしょうか。
1歳になれば、もう離乳も完了しますので、一般的には食べ物は何を与えてもいいので、バースデイケーキは
もちろん一緒に食べますよね!
バースデイケーキも赤ちゃんにとっては、一番最初のケーキになりますので、赤ちゃんが
喜びそうなケーキを用意してあげるといいですね!
最近のバースデイケーキも、すごく凝っていて自分の写真が入れれるケーキがあったり、
立体的なケーキがあったり、アレルギーを考慮したケーキがあったりと、本当に種類も様々です。
最初に赤ちゃんにあげるプレゼントとしては、赤ちゃんの発達を促してあげられるようなものもいいですよね!
赤ちゃんが楽しく遊べることはもちろんんこと、集中力を育てるものだったり、色を見分けれるものだったり、
手先が器用になるものだったり、赤ちゃんの成長を促してあげられるようなおもちゃも沢山あります。
ただ遊べるものだけではなく、赤ちゃんの成長にそったおもちゃを与えてあげるのがベストですよね!
赤ちゃんが喜んでくれるように、パパママも一緒になって遊んであげることがいいですね♪
おもちゃは、おもちゃ屋さんに出向いて買うのもいいですが、ネットで買うのもありでしょう!

知育菓子って知っていますか!?

よく最近耳にする、「知育玩具」。
知育玩具とは、赤ちゃんの成長を促してくれる画期的なおもちゃのことですが、
皆さん、「知育菓子」って聞いたことありますか!?
さて、知育菓子っていったいどんなものなのでしょうか。
子供に知育を施すことへの関心が高まる中、玩具や教材だけでなくお菓子にも知育効果が期待できるものが次々に登場してきていますね。
例えば、かなり前から発売されている「ねるねるねるね」というお菓子は、子供が自分で作る楽しさを学べる知育菓子として知られています。
筆者も幼少時代は大好きで、自分で作って食べられることの感動と、作るということが楽しいので
ついつい買ってしまうお菓子でした。
そんな、親世代からすれば、懐かしさを感じると同時に子供と一緒に楽しめ、知育効果も期待できるという一石三鳥の製品だとも言えますね。
最近では、知育菓子もさらなる発展を遂げ、素材から完成形までを作れるものも多くあります。
カラフルで可愛らしいスイーツを作れるタイプのものは、デコレーションの楽しみもあります。また、ミニチュアサイズのお寿司や本物の昆虫そっくりのものなど、実にバリエーション豊富な品揃えです。
一般的なお菓子とは違うので、またお値段も少々高めですが、子供が喜んで楽しんで
知育しながらお菓子を食べれるのであれば、親も文句はないでしょう。
子供は自分で作ることの喜びを感じれるからこそ、知育菓子をついつい選んでしまうのではないでしょうか。

赤ちゃんの成長は本当に早いもの・・

初めて子育てをされている方、子育てはベテランだという方・・
世の中のママというママは本当に沢山いらっしゃいますね。
筆者も3児のママであり、長女は中学2年生、次女は小学4年生、三女は実はまだ赤ちゃんで、
生後9ヶ月なんです。
9年ぶりの出産、育児をしているわけですが、久々の赤ちゃんは本当にかわいい!
特に間があいているので、何をやっても許してあげちゃうくらいのかわいさです。
長女とは13歳も間があいているので、長女の頃の育児とはまた色々と変わってきていて、
長女の頃は、出産育児一時金も30万円だったのが、今は42万円。
さらに、長女次女の頃にはなかったけど、今回はあったというのが、妊婦健診の補助。
本当にありがたかったです。。
育児道具も本当に進化していて、昔はこんな便利な道具はなかった!というのも本当に多いです。
おんぶひもなんかも、腰や肩が痛くならない設計のものが発売されていたり・・
ということで、長女や次女の時には買わなかった育児道具なんかも、今回は買ってみたりして。。
本当に赤ちゃんが喜ぶものが沢山あるんですよね。
おもちゃ売り場にいったら、お金がいくらあっても足りないくらい目移りしてしまって、
ほしいものばかりになってしまいます。
ただ、買う時に一つ注意しなければならないことは、その商品がいったいいつまで使えるかということです。
本当に赤ちゃんの成長は早いもので、育児道具なんかも本当にひとときしか使わないものも沢山あります。
そのときは買って良かった?と思っても、数ヶ月後には邪魔になっていたり・・

お金をかけないで1歳児と遊ぶには!?

お金を掛ければなんでも手に入る時代ですが、お金をかけすぎてあとで後悔することもありますよね。
特に赤ちゃんに買ってあげたおもちゃなどは、大きくなると必ず不要になるものです。
不要になったら、友達や親戚に譲るというのもありですが、高いお金をかけて買ったのに、
結局いらなくなってしまうのは、もったいないことです。
そこで、お金を使わないで子供と遊べることって何があるでしょうか。
図書館などで絵本を借りてきて、赤ちゃんに読んであげるということもできますが、
現在では、知育遊びの方法をインターネット上などで無料で紹介しているところも多くあります。
パソコンのある家庭なら、それらを参考にして知育遊びを行えますから、費用をかけずに知育を施すことも難しくありませんね。
知育玩具というのは、比較的お値段も高いものが多いので、お金をかけずに家庭で行える
知育遊びがあったらいいですよね!
知育遊びの内容ですが、インターネット上で行えるもの、親子でゲームをして楽しめるもの、ぬりえや文字を書いたカードを使用するもの、簡単な工作やトイレトレーニングしながらできるものなどバリエーションは実に豊富です。また、材料も一般家庭にあるものを使用しているものが多いため、気軽に挑戦できるのではないでしょうか。
1歳くらいの子供になれば、多少話もわかるでしょうから、子供がどんな遊びをしたいのか、
子供に尋ねながら遊びを検索することも大事でしょう。

赤ちゃんのおもちゃを買う場所を考えよう!

皆さん、赤ちゃんにあげたいプレゼント、赤ちゃんの為の育児道具なんかはどこで買いますか!?
やっぱり私は実物を見て、触って確かめてから買いたいから、絶対店頭に行って買う!という人と、
少しでも安く買いたいから、ネットで安いショップを検索してから買うという人と、様々だと思います。
一番賢いやり方は、まずは欲しいものを店頭に見に行きます。
そして、できればその商品の写メなんかを撮ってきて、写メが撮れなくても商品の型番や商品名、価格を
メモしてきます。
そして、その型番や商品名を、自宅に帰ってきてからネットで検索をします。
店頭で売っているものは、まずネットでも売っているはずです。
店頭でバーゲンでもしていない限り、まずネットの方が安いと見て正解でしょう。
しかし、ネットには似たような商品が沢山出回っていますので、本当に自分がほしい商品なのか、
商品名や型番、メーカーなど一門一区間違いがないのかを確認しましょう!
それで、間違いなくその商品だと確定できたら、価格を比較しましょう。
価格を比較して、まずネットの方が安いとは思いますが、通販で購入すると大体送料がとられます。
ショップによっては、5,000円以上お買い上げで送料無料とかはありますが、
送料を入れてもネットで買った方が安く手に入るのかを計算してみましょう!
ネットというのは本当に便利でいいのですが、間違えて買ってしまったり、送料がかかって
かえって高くついてしまったりと、落とし穴もいくつかあります。

赤ちゃんのおもちゃはネットで買うべし!

赤ちゃんに沢山のおもちゃを買ってあげたいですよね。
そんなに沢山あっても困りますが、赤ちゃんが喜ぶおもちゃを安価で買ってあげたいです。
あまり沢山買うとお金が沢山かかってしまうので、赤ちゃんの月齢にあったおもちゃをちょこちょこと買うのがいいのかもしれません。
皆さんは赤ちゃんのおもちゃや、育児道具はどこで買いますか!?
赤ちゃん用品店として有名な所といったら、「西松屋」でしょうか。
西松屋ってなぜあんなに安く販売できるのでしょうか。
そのカラクリというのは、人件費にあるということを聞いたことがあります。
確かに西松屋にいくと、従業員は2,3人しかいません。
お客さんもそんなにはいるイメージはないので、レジには大体一人か二人くらい。
レジも行列ができることはまずないでしょう。
ということで、2,3人で接客ができるということは、人件費が少なくすむということなんでしょうね。
だから、商品を安く提供することができるのだということです。
ということで、西松屋で赤ちゃんのおもちゃを買うのもイイですが、西松屋よりも
ネットで買う方がお得なこともありますよ!
ネットで買うには、おもちゃ名をまず検索してから「価格ドットコム」なんかでおもちゃの価格を比較してみましょう!
そのショップによって、価格が違ってきます。
もちろん送料もかかるところもほとんどですから、送料を込みにした金額を計算して
一番お安く手に灰あるところで買うことが賢い買い方でしょう。

我が家にある赤ちゃんのおもちゃ

筆者の家には生後9ヶ月になる赤ちゃんがいます。
性別は女です。
赤ちゃんの性別によってもおもちゃって少し変わってくるのかと思いますが、
女の子ですので、基本的にはおもちゃも服もピンク系が多いです。
筆者も女性ですので、昔からピンク系の服が多かったです。
我が家のおもちゃには、そんなに沢山のおもちゃはないのですが、赤ちゃんが生まれてすぐに楽しめる
プレイジムがあります。
プレイジムは、プレイマットのようになっていて、赤ちゃんが寝転んだ時に、上を見ると
ぶらぶらと赤ちゃんの心をくすぐるおもちゃがいくつかぶら下がっているのです。
我が家の赤ちゃんは、そのおもちゃをぶらぶら揺さぶって遊んでいますよ!
あとは、生後7ヶ月くらいまでは重宝したゆりかごです。
赤ちゃんは本当にゆらゆら揺れるのが好きなので、ぐずったらとりあえずこのゆりかごに乗せると泣き止みました。
ゆりかごには、また赤ちゃんの子供心をくすぐるおもちゃがぶら下がっていて、さらにオルゴールもついているので
乗せるととっても喜びました。
また、ゆりかごにはバイブレーション機能もついているので、オルゴールをやっても泣き止まない時は、
バイブレーションもつけることによって、赤ちゃんが車に乗っているような感覚になりなきやむのです。
最近のおもちゃは本当に進化を遂げているのです。
しかも、ゆりかごはそのときしか使えないと思いきや、お座りができるようになっても、幼児期になったら
今度はいす代わりに使えるしくみになっているのです。

赤ちゃんのクリスマスプレゼントは何がいいの!?

季節はすっかり冬になり気づけばもう12月・・
今年も残す所1ヶ月をきってしまいました。
暑かった夏が終わり、涼しい秋もあったかなかったかというくらい、短く気がつけば冬真っ盛り。
日中は風がなければ暖かく、穏やかな日々だと感じる今日この頃ですが、朝晩はやっぱり寒く
煖房器具が手放せない時期になってきましたね。
さて、冬といったら一大イベントがあります。
その一つにはクリスマスがありますよね!
カップルには嬉しい季節ではありますが、小さいお子さんがいるご家庭の方は少し胃が痛くなる
季節でもあるかもしれません。
というのは、クリスマスになったら子供たちが今年は何のプレゼントがいい?!なんて騒ぎ出すからです。
クリスマスプレゼントはサンタさんが持ってきてくれるんだよ!というのも小さいうちしか効きません。
そのうちサンタさんは実はお父さんだった・・なんて悲しい現実を突きつけられてしまうのです。
いったいクリスマスプレゼントというのは、何歳まであげるものなのでしょうかね。
筆者の家の中学生にもまだまだクリスマスプレゼントはあげています。
というか、毎年リクエストされてしまうので、クリスマスプレゼントとしてほしいものを買ってあげる
という仕組みになってします。
さて、小さい子供が喜ぶ、クリスマスプレゼントのランキング(0歳から2歳)はどんなのもが
人気なのでしょうか。
やっぱり、ダントツで人気なのが、知育玩具で絵本やブロックなどのようです。

1歳くらいの子供に人気の知育玩具って!?

近年よく耳にする「知育玩具」
聞いたことがある人も沢山いらっしゃるかもしれませんが、皆さんはどうですか!?
しかし知育玩具っていったい何なんでしょうか。
知育玩具というのは、一般的な玩具とは区別されていますが、それは知育玩具で遊ぶことで子供の知能発達を
促す効果があるとされているためです。
最近では最新技術を導入し、学習効果も期待できる知育玩具も多く販売されており、知育に関心の高い親に人気があります。

しかし、知育玩具として販売されている商品が多いにも関わらず、実はその定義は明確にされているわけではありません。
また、選び方としては、特に乳幼児の場合は、使用されている塗料などに有害物質が含まれていないものを選択することが重要です。
また、布製の玩具であれば衛生状態を保つために洗濯が可能なものを選ぶなど、親が配慮する必要があります。
知育玩具といわれているものなら何でもイイというわけではないのですね。
特に乳幼児は本当に興味を示したものはすべて口に入れてしまいますので、口に入れても平気なものなのか注意が必要です。
塗料ももちろんそうですが、赤ちゃんが口に入れて飲み込んでしまうほどの大きさではないかということです。
赤ちゃんは意外と直径が大きいものも飲み込んでしまうんですよ。
特にハイハイをし始めた赤ちゃんがいるご家庭では、床に何でもぽいぽい置いておけるわけではないでしょう。
また、赤ちゃんはティッシュが好きなようで、食べてしまう赤ちゃんもいますのでゴミはゴミ箱へ捨てるという
習慣も、この際大人もつけておくといいですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。