ヨガのポーズ

この記事は15分で読めます

ヨガの呼吸法の特徴とは?

心身の不調を改善する方法として「ヨガの実践」が注目されています。
そのためには、どのようなポーズがあり、どのような症状改善に役立つのかを知る必要がでてきます。
さいわい、インターネット上には写真や動画付で説明されていることが多く、具体的なポーズをイメージしやすくなります。

スポンサードリンク

ヨガをするときは呼吸が大きなポイントになることから、「ゆっくり吸う」「ゆっくり吐く」という説明が多いようです。
しかし、呼吸は鼻で行うのか口で行うのかわからないこともあり、戸惑う人もいるのではないでしょうか。
ここでは、ヨガの呼吸法について考えてみましょう。

ヨガでは、息を吸うときも吐くときも鼻で行う、いわゆる「鼻呼吸」が基本です。
また、体を動かしたりポーズを取ったりしながら、呼吸をする点にも注目されています。
鼻呼吸をすることで、冷たい空気や塵などがそのまま体内に入るのを防げる働きがあるのです。
そのため、細菌の体内侵入を防げるメリットが大きいと言えます。

呼吸法に「腹式呼吸」や「胸式呼吸」があることが知られていますが、それらはヨガでも取り入れられています。
腹式呼吸のメリットとして副交感神経を活発化する働きが挙げられ、ヨガではポーズや動きを取りながら行う場面が多くみられます。
一方、胸式呼吸には交感神経を活発にする働きがあり、ポーズの準備段階に行う場合が多いと言われています。

また、ヨガの呼吸法には、片鼻呼吸(ナーディ・ショーダナ)のように、動きと連動しないで単独で行うものもあります。
「シータリー呼吸」も単独で行いますが、口で息を吸って鼻から息を吐く点に大きな特徴がみられます。

ヨガのポーズはストレス解消におすすめ

電化製品の普及により、日常生活はずいぶん便利になりましたね。
そのため、時間的余裕ができましたが、いつも気持ちに余裕がなくてイライラする人もいるかもしれません。
電化製品はたしかに便利ですが、使い方を誤れば取り返しがつかなくなります。
パソコンやインターネットに不具合が生じると、仕事ができなくなる人もでてきますね。
このように、便利さの裏側では、常にストレスにさらされた状態にあることを知っておきましょう。

ストレスが溜まると、心身両面に何らかの不調をきたすことも少なくありません。
それを解消してリラックスするためには、思い切って気分転換することが大切です。
戸外に出て散歩したり、森林浴したりしてもよいですよね。
そのとき、ゆっくり歩くだけではなく、ウォーキングをすると脂肪が燃焼してダイエットにもつながります。

また、室内で行う運動としてヨガのポーズがおすすめです。
ヨガを行うメリットはいろいろありますが、天候に左右されない点が大きいのではないでしょうか。
どんなことでも続けることが大切ですが、ヨガのポーズも例外ではありません。
室内で運動をするときは場所の確保が必要ですよね。
ヨガは畳1枚分くらいのスペースでできることもメリットだと言えます。

ヨガのポーズにはいろいろな種類があり、柔軟性が求められるものも少なくありません。
しかし、形どおりにするのではなく自分の体に合わせて無理なく続けることがポイントです。
忙しくて常にストレスを抱えている人は、時間を工夫しながら自分のペースでヨガを行い心身ともにリラックスすることをおすすめします。

ヨガをひとりで行うメリットとは

インターネットの普及により、お店を「はしご」しなくても、画面を切り替えるだけで買い物ができる点に注目されています。
また、いろいろな情報がリアルタイムで収集できるほか、同じ趣味などをもつ仲間と情報交換できるメリットも大きいですよね。
しかし、せっかくよい情報を集めても実行しないと意味がないかもしれません。
やり始めてもずっと続けられるかどうかも試されるのではないでしょうか。

心身をリラックスする方法として、ヨガのポーズがおすすめです。
ヨガにはいろいろな種類があり、ポーズの形から身近な動物に例えられるものも少なくありません。
また、グループで行うほか、ひとりでできることもヨガのメリットだと言えるようです。

ヨガに限ったことではありませんが、自分ひとりで何かを行うときは自分のペースでできますよね。
そのため、不規則勤務の人などにおすすめではないでしょうか。
また、グループで運動するときは、他の人の動きに合わせる必要がでてきますが、自分ひとりだとそのような心配をしなくても済みますね。

さいわい、インターネット上にはヨガの動画がたくさんアップされています。
写真だけでみると動きがイメージできにくいですが、動画をみるとどんな感じになるのかわかりやすいため、ひとりでも実行しやすいこともメリットではないでしょうか。

ヨガの動画を見ていると、柔軟体操のように上半身を床につけたり、うつ伏せの状態から上半身をそらしたりするポーズもあるため、人によってはハードに感じるものもあるかもしれません。
そのため、決して無理をしないでマイペースで続けることをおすすめします。

ヨガをするときは呼吸がポイントに

大きなプレッシャーを感じる場面に直面すると、緊張して体が硬くなりますよね。
その反面、問題が解決したとたんに、そのような症状が緩和するのではないでしょうか。
もちろん、プレッシャーがない生活は不可能ですが、抑圧された状態が長く続くと心身に大きなダメージを受けてしまいます。
それを防ぐためには、自分自身をよく知ることが大切です。
また、現実的には難しいことも少なくありませんが、「NO!」と言える勇気も必要になるのではないでしょうか。

緊迫した場面からスイッチを切り替えるためには、リラックスできる時間や空間を用意するように意識しましょう。
また、いっしょにいてもストレスを感じない友人をつくって、楽しく過ごすことも大きなポイントになりますよね。

ふだん、どのように呼吸しているか意識することは少ないと思います。
しかし、緊張すると心臓がドキドキしたり、呼吸していることを意識したりすることもありますよね。
その呼吸ですが、自分で調整することが可能ではないでしょうか。

ヨガのポーズをするときに「関連サイト」を閲覧することもでてきますが、「ゆっくり息を吸いながら」「ゆっくり息を吐きながら」など、呼吸に関する説明が目につきますよね。
やはり、ゆっくり呼吸をすることで心身ともにリラックスできるようです。
また、ヨガのポーズを行うとき、どのタイミングで息を吸ったり吐いたりするのかもポイントと言えるでしょう。

ちなみに、ヨガでの呼吸の目的について「NPO法人日本YOGA連盟」サイトには、「血液や脳に酸素をより多く送ること」「生命エネルギー(プラーナ)のコントロール」と記載されています。

ヨガのポーズは心身の不調に悩む女性におすすめ

心身をリフレッシュしたい人の間でヨガが注目されています。
ヨガのポーズにはいろいろあるため、どんなポーズがおすすめなのか情報収集することが大切です。
そのとき、インターネットでの検索が大変便利ですよね。
また、写真と説明文だけでは把握するのが難しいですが、動画があると一連の動きが把握できるのではないでしょうか。

ヨガのモデルは女性が多いような気がしますが、実際、ヨガは心身の不調に悩む女性におすすめだと言われています。
心身の不調には、冷えやだるさ、肩こり、むくみなどがありますが、心当たりがある女性もいるかもしれませんね。
そのような症状に悩む人にはヨガのポーズを行ってはいかがでしょうか。
また、ヨガは女性特有の不快な症状悩む人にも推奨されますが、ある程度の年齢に差し掛かっている女性は更年期が関係すると考えられるかもしれませんね。

ヨガのポーズに期待できる働きにも注目されています。
具体的にいうと、更年期障害など慢性的な症状の緩和、自律神経を整えるなどがありますが、共感できる女性もいるのではないでしょうか。
さらに、自分自身を見つめ直す時間を持ちたい人もいると思いますが、ゆったりとした音楽を聴きながら体を動かすことで、心身ともに癒やされるのかもしれません。

なお、ヨガを行うときは決められたポーズが難しいと感じたときは、くれぐれも無理をしないことが大切です。
ヨガのポーズには柔軟性が求められるものも多いですが、体の状態と相談しながら慣れていくようにしましょう。

ヨガをグループで行うメリットとは

スポーツや楽器演奏などが上達するためには、ずっと継続することが大切な条件になります。
また、試合でよい成績を出したい、あの曲を弾けるようになりたいなど、具体的な目標があることで、積極的に努力できるのではないでしょうか。
そのためには、自分ひとりだけで頑張るのには限界があるかもしれません。
もちろん、する・しないの決断は、最終的には自分自身になりますが、支え合える友人やグループも必要ですよね。

ヨガをするときも例外ではありません。
ヨガを続けている人のなかには、友人からすすめられた、友人から話を聞いたというケースが少なくありません。
また、ヨガ歴は数カ月の人からかなりの年数の人まで、それぞれということにも注目されます。

40代以上の人が多いことも驚かされますが、ヨガのポーズは激しい運動ではない点も大きいのではないでしょうか。
なかには、動画を観ていると上半身を下半身にピタッとつけるくらいのポーズもありますが、無理してする必要がないからです。
もちろん、ヨガのポーズに限られたことではありませんが、くれぐれも自分の体に合った方法で行うことをおすすめします。

ヨガのポーズをすることで、姿勢がよくなった、筋が伸びるので気持ちがよいなど、うれしい体験談がよせられています。
友人と誘い合ってヨガ教室に通ったり、そこで知り合ったグループの人たちと励まし合ったりしながらできるメリットも大きいですね。

なお、ヨガを行うペースも気になりますが、週1回など、自分のライフスタイルに合わせて行うことや、体に負担が掛からないように注意しながら行うことをおすすめします。

ヨガの実践はどのくらいのペースがおすすめ?

スポーツ選手は、試合で活躍するようすにスポットが当たることが多いため、どうしても、華やかな部分が目立ってしまいますよね。
しかし、その裏側には、人一倍どころか、何倍もの地道な努力を積み重ねていることを知ることが大切ではないでしょうか。
ピアノやバイオリンなどの楽器演奏も同じですよね。

このようなことから、ヨガも毎日しなければならないのかと心配する人がいるかもしれませんね。
もちろん、ヨガのポーズが生活の一部になればよいのですが、慣れないうちは週1回くらいのペースで続けることをおすすめします。
もちろん、ヨガ教室の場所や月謝などの関係もありますので、どのくらいの間隔でレッスンを受けるのかは個々の事情に合わせるようにしましょう。

ただ、せっかく習ったポーズを忘れてしまっては元も子もありませんね。
もし、可能なら自宅でもヨガのポーズを行うことをおすすめします。
もちろん、体の調子をみながら無理なく行うことがポイントです。

ヨガのポーズには初級や中級などのレベルがありますが、週1回のペースでスタートした後、レッスンの間隔を短くして週2回にしていくとよいでしょう。
そうすることで、姿勢が良くなるなど、ヨガを行うメリットが感じやすくなります。
ちなみに、プロスポーツ選手などは、週3回以上という短いペースでレッスンを受ける人が多いようです。

なお、ヨガを行う間隔があいてしまうと、せっかく習ったポーズを忘れてしまうかもしれませんね。
そうならないためにも、自宅でもヨガのポーズを実践することをおすすめします。

ヨガのとき床に敷くマットは必要?

何らかの運動を始めるときは、そのときに使う道具を用意することも少なくありません。
そのため、ある程度の出費が必要になると考えたほうがよいかもしれませんね。
ヨガを始める場合も例外ではないでしょう。

ヨガは畳1枚分のスペースがあると始められることから、大変お手軽な運動としても人気があります。
ヨガにはいろいろなポーズがあり、名前を覚えるだけでも大変です。
そんなときは、インターネット上に公開されている動画を観ると、どんな動きになるのか理解しやすいですよね。
そのとき、床に敷いてあるマットに目が行く人もいるかもしれません。

ヨガは室内で行うため、マットは必要ではないと考えてしまいますね。
しかし、床の上にマットを敷くことで、床から体に伝わる痛みを和らげるメリットがあるのです。
特に「座位のポーズ」をするときは坐骨や膝が床当たります。
ヨガのポーズに限ったことではありませんが、床の上に座ったときにお尻などが痛くなる人もいるのではないでしょうか。

また、「立位」や「逆転」などのポーズをするときには、体に力が入りますが、マットがあることで滑りにくくなるのです。
ちなみに、床に敷くマットは長方形ですが、ポーズや向きを確認するときに役立つと言われています。

なお、マットの上にタオルを敷くことも必要です。
タオルを敷くことで、マットの代わりに汗を吸収する働きが期待できます。
また、タオルのほうがカサも低くて洗濯しやすいからです。
スタジオでマットを借りる場合もありますが、タオルで覆うことにより衛生面でも安心できますね。

ヨガをするときはどんな服装がよいの?

スポーツ選手のユニフォームに憧れることもありますが、それと同時に、それぞれの種目に応じた「つくり」になっていることに気付かされます。
また、練習中も本番と同じようなものを着ることも多いのではないでしょうか。
その点、ヨガは手軽にできる運動ですから、服装にこだわらなくてもよいのでは?と思う人もいるかもしれませんね。

もちろん、ヨガを始める前の体験コースを受けるときは、本格的な服装の用意は必要ないと考えられます。
しかし、本格的にレッスンを受けると決めたら、ヨガのポーズに支障がない服装を心掛けることをおすすめします。

ヨガを始めると、ポーズを取っている動画などを目にする機会も増えると思いますが、かなり体にフィットした服装をしていることが多いですよね。
ゆったりサイズの服装にすると、動いたときにお腹や胸元が見えるなどマイナス面がでてくるからです。
もちろん、あまりぴったりだと却って動きづらくなりますが、指導者がポーズのチェックをしやすいためにも、体のラインがわかるサイズの服装をおすすめします。

下着を着けるかどうかも気になるところですが、ヨガのポーズを邪魔しないスポーツ用のブラなどを着けましょう。
汗じみをわかりにくくするためには、黒をはじめ、濃い色の赤やピンクなどを選ぶことがポイントになります。
ズボンの裾は短めにしておくと絡むのを防ぐことができます。

なお、ジャージは汗を吸うと重くなりますので、着るのならスポーツ用を選びましょう。
また、ヨガをするときは素足が基本です。
仰向けのときに痛い想いをしないためには、長い髪はシンプルなゴムでまとめることをおすすめします。

ヨガのポーズで気分転換しよう!

パソコンが普及してから久しくなりますね。
日常的にパソコンを使っていると気づかないかもしれませんが、けっこう体に負担が掛かることを知っておきましょう。
また、パソコンメールを使っている人のなかには、携帯メールの入力が苦手な人もいるかもしれません。
パソコンよりも入力に時間が掛かるため、イライラすることがストレスになることもあるからです。

このように、文明の機器に左右されていると、知らない間にストレスが蓄積する場合も少なくありません。
また、パソコンの前に座ったままの姿勢や、携帯端末を見るためにうつむいた姿勢を続けると、体に変調をきたしてしまいますよね。
そうならないためには、思い切って気分転換することをおすすめします。

心身をリフレッシュする方法にはいろいろありますが、自宅で簡単にできるヨガのポーズがおすすめです。
ヨガをするときは体調をみながら続けることが理想的ですが、自分のライフスタイルに合わせて、無理なく実践できるメリットも大きいですよね。

ヨガのポーズがおすすめの理由として、いろいろなポーズに合わせて、ゆっくりと呼吸することが挙げられます。
ヨガで最も大切な要素は「呼吸法」と「正姿勢」だと言われていますが、両者は密接な関係にあります。
つまり、正しい呼吸をするためには、おのずから正しい姿勢が必要になるからです。

ヨガの呼吸法は、日常生活の中でストレスが高じて、感情が不安定になっているときなどにおすすめです。
ゆっくり呼吸をすることで気分転換ができ、心身のリフレッシュにつながることが期待できます。

素朴な疑問!ポーズの意味とは?

ヨガにはいろいろなポーズがあり、名前によってイメージできるものも少なくありません。
また、そのポーズをするまでには一連の動きがあるのですが、どのような感じになるのかは動画を確認するとわかりやすいですね。

ヨガを紹介する動画には、動作と同時進行でナレーションやスーパーが入っているものも多くみられます。
そのため、一連の流れがわかりやすいほか、全体の時間が把握しやすいメリットがあるのではないでしょうか。

「太陽礼拝のポーズ」は大変有名ですので、こちらを例にお話したいと思います。
「太陽礼拝のポーズ」の一連の動きには複数のポーズがあり、そのままで少し止まる箇所もみられます。
基本的な流れは同じようですが、約2分で紹介されている動画もありますので、いろいろ比較するとよいかもしれませんね。

これまで、何気なく「ポーズ」という表現をしてきましたが、この言葉の意味について、あまり考えることがないかもしれません。
ちなみに、ポーズの意味には、中止・休止のほか、一時停止、意識してとる姿勢などがあります。
スポーツ選手の「ガッツポーズ」は代表的存在ではないでしょうか。

ヨガの呼吸法は鼻呼吸が一般的です。
また、ヨガのポーズや動きをとりながら呼吸する点にも特徴がみられます。
つまり、ヨガをするときは一連の動きのなかでポーズを決める、つまり、動きを止めることがポイントになるようです。

なお、ヨガに関する表現として「リラックス」や「リフレッシュ」という言葉もでてきますが、それらの意味についても調べてみるとよいかもしれませんね。

朝におすすめのポーズ

朝は1日の始まり!元気でスタートしたいですよね。
そのためには、自律神経のひとつ「交感神経」を働かせることが大切なポイントです。
体を目覚めさせるヨガのポーズが注目されている理由もそこにあります。
ちなみに、自律神経には交感神経と副交感神経とが存在しますが、副交感神経には心身をリラックスさせる役目を持っています。

ヨガのポーズとして、床の上で仰向けやうつ伏せで行う方法が知られていますが、朝におすすめの「三日月のポーズ」(三日月の伸びのポーズ)は、仰向けで行う代表的存在です。

こちらのポーズでは、両手を組んで裏返した状態で頭の上に持っていきます。
また、体を上下に伸ばしてから、ぱっと緩める点に特徴があります。
伸びる方向は、上下だけでなく左右方向も含まれます。
手足を同じ方向に伸ばすことから、その形に「三日月」のイメージがあるのかもしれません。

三日月のポーズは仰向けで行う方法だけでなく、イスに座る方法や立って行う方法も紹介されています。
立つときは、背伸びをする場面をイメージするとイメージしやすいかもしれませんね。
また、いろいろなポーズの三日月がありますので、インターネット上の画像や動画で探すとよいでしょう。

なお、朝のヨガでは就寝中に硬くなった体をほぐす働きが期待されます。
そのためには、ゆったりとした気分になれる環境づくりを心掛けましょう。
老廃物を体外に出しやすくするためにも、ヨガは朝食前に行うことがポイントです。
また、朝食をしっかり摂るためにも、早起きすることをおすすめします。

アルファ波が出る音楽がおすすめ

スーパーの店内や金融機関の窓口など、いろいろな場所で音楽を耳にする機会があります。
また、格闘技など、スポーツの試合のテレビ中継時に選手の入場場面から放映されることもありますが、そのときに流される音楽が気になる人もいるのではないでしょうか。

ヨガのポーズをするときに音楽を流すことには賛否両論があるようです。
いろいろな考え方があると思いますが、ゆったりとした気分になれるBGMはおすすめではないでしょうか。
特に、自然の音をはじめ、ピアノやティンシャ(鐘)の音が人気で、「アルファ波」が出るためリラックスしてヨガのポーズを楽しむことができます。

アルファ波と比較されるものとして「ベータ波」があり、こちらが出ているときは緊張した状態にあります。
また、その状態が長く続くとストレスが溜まりますので、心身の健康を保つためにも適度なスイッチの切り替えをおすすめします。
なお、脳波には、入眠時などに出る「シータ波」や熟睡状態などのときにみられる「デルタ波」の存在も知られています。

音楽を入手する方法としてCDの購入がありますが、無料で視聴できる動画サイトや、スマホにインストールできるアプリなどもおすすめです。
自然な眠りにつくためには、アルファ波の出るCDを聴くのもよいかもしれませんね。

ヨガのポーズは起床後や就寝前など、自分の生活スタイルに合わせて行うことができます。
そのためには、畳1枚分くらいの場所があることが理想的です。
また、イスを使って行うポーズなどもあり、職場の休憩時間などを有効活用できることでもおすすめです。

夜におすすめのポーズ

美容と健康のためには早寝・早起きを心掛けることが大切です。
また、残業などで帰宅が遅くなることもありますが、可能な限り早く就寝することをおすすめします。
ふとんに入ってから携帯端末を触らないなど、スムーズな眠りに入れるような環境づくりも意識したいですよね。

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、リラックスした気分になるためには、副交感神経を働かせることがポイントです。
そのためには、ゆっくり湯船に浸かったり、アルファ波が出る音楽を聴いたりするのもよいでしょう。
また、ヨガのポーズを取り入れることをおすすめします。

夜におすすめのポーズとして「胸を広げて落とすポーズ」があります。
こちらは「NPO法人日本YOGA連盟」サイトで紹介されているもので、床に仰向けになってできるポーズのひとつです。
心身の緊張を和らげることで、深い眠りにつくことが期待できます。
仰向けになり両手を左右に開いた状態で、呼吸をしながら胸を持ち上げてストンと落とすことが主な動作です。
胸を持ち上げる高さは気持ちのよい程度が目安になります。

夜に行うヨガには、5分くらいからできるポーズがあります。
あまり長い時間行うと翌日に疲れを残すため、短時間で切り上げることも大切なポイントだと言えます。
いろいろなポーズがありますので、動画などで調べたうえで自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。

また、朝食前に行う朝のヨガもおすすめです。
1日を元気にスタートするためにも、就寝中に硬くなった体をほぐすことや、交感神経を活発化させるように心掛けましょう。

腰痛や肩こりなどの改善が期待できる

私たちは、日常生活のなかにおいて、知らず知らずのうちにストレスを感じることも少なくありません。
ストレスの感じ方には個人差があり、耐えられるかどうかも人によって異なってきます。
また、悲しい出来事が起こったときだけでなく、本来なら喜ぶべき出来事なのにストレスを感じる場合もあるのではないでしょうか。
たしかに、結婚や職場での栄転などで環境が変わるときは、慣れるまでは大変ですよね。

仕事の都合でパソコンの画面を長時間凝視するときもありますが、適度に休憩をして心身をリフレッシュすることをおすすめします。
同じ姿勢を続けると腰痛や肩こりの原因にもつながることを知っておきたいですね。
もちろん、それらの原因には何らかの病気が隠れている可能性もありますので、原因を知るためにも医療機関の受診をおすすめします。

腰痛や肩こりなど体の不調を改善する方法として、ヨガのポーズが注目されています。
ヨガには床の上で行うポーズがあり、畳1枚分くらいのスペースでできるメリットも大きいですよね。
そのとき、床にマットを敷くことで、床の冷えから体を守るなどの役割が期待されます。

ヨガの動画を観ていると、上半身と下半身をくっつけるポーズもあり、体が柔らかい人でないと難しいのでは?と思うかもしれませんね。
しかし、ヨガにはイスに座って行うポーズもあり、仕事の合間に手軽にできるメリットもあります。
ちなみに、腰痛には「太ももをひきつけるポーズ」、肩こりには「二の腕を回すポーズ」がおすすめです。
デスクワークなどによる目の疲れを改善するために「手当照気法」をするとよいでしょう。

便秘解消におすすめのポーズ

精神的なストレスを受けると、体に不調を感じることも少なくありませんね。
腸内環境の乱れは代表的存在だと言えます。
その結果、便秘になる人もいると思います。

便秘を解消するためには、食生活をはじめとする規則正しい生活を心掛けましょう。
食事メニューには、食物繊維を多く含む食材を意識して取り入れることがポイントです。
また、適度な運動をすることで、腸に刺激を与えることにつながります。
早寝・早起きも大切ですね。
時間ぎりぎりまで寝ていると、朝食抜きで出掛けるだけでなく、トイレのタイミングを逃すかもしれません。
朝シャンに時間を費やして、食事やトイレの時間がなくなるなどは避けたいですね。

便秘解消の方法として、ヨガのポーズがおすすめです。
ヨガのポーズをすることで自律神経の働きを正常にすることにつながります。
自律神経には、興奮状態をつくる交感神経と、リラックスした状態にもっていく副交感神経があります。

ヨガによる便秘解消のためには、朝と夜、それぞれ2つのポーズを行うことがポイントになります。
また、便秘だけでなく下痢の傾向がある人にもおすすめします。

夜におすすめなのは「猫のポーズ」と「バッタのジャンプ」です。
これらを実践することで、副交感神経の働きを優位にすることや腸の位置を整えることが期待できます。
一方、朝におすすめなのは「マーメイドのポーズ」と「ヨットのポーズ」です。
朝のヨガは朝食前に実践することがポイントです。
また、交感神経の働きを高めることや、腸に刺激を与えて排便しやすくすることが注目されています。

注目のホットヨガとは?

私たちが快適に過ごすためには、温度と湿度が適度に保たれていることが大切な条件になります。
たとえば、夏場の冷房が強すぎると体が冷えるため、心身の不調にもつながりますね。
しかし、蒸し暑いなど不快な状態をがまんすると、熱中症を引き起こす危険性がでてくることはご存じのとおりです。

このようななか、室温39度前後・湿度60%前後という、高温多湿のなかで行う「ホットヨガ」が注目されています。
その理由として、体の筋肉を柔軟にするまでの時間が短いことや、発汗量が増えることなどが考えられます。
そのため、汗をかきにくい人はホットヨガを行ってはいかがでしょうか。

ホットヨガの実践を考えている人は、その特徴やメリットを知ることが大切です。
ホットヨガのポーズは、一般的なヨガと比べるとポーズや動きの種類が少ない点に特徴があります。
高温多湿の環境で行うため、激しい動きをすると大量の発汗による脱水症状を引き起こす危険性がでてくるからです。
もちろん、レッスン中には積極的な水分補給を行いますが、動きが激しいとそれでは追いつかなくなるのです。

室内の温度調整は自分でできないことも知っておきたいですね。
また、妊娠中の人はホットヨガができないほか、高血圧の人は医師との相談をおすすめします。
代謝が良すぎる人も要注意!体験レッスンによる判断がおすすめです。

もちろん、ホットヨガの動きやポーズにより、腰痛や肩こりなどの改善、美肌づくりなどのメリットが期待されています。
新陳代謝が活発になりダイエットにつながるほか、熟睡できる、冷え性が改善できるなどのメリットも知っておくとよいですね。

ダイエットにおすすめのポーズとは?

ある食品がメディアで取り上げられると、スーパー内の該当する食品コーナーが空っぽになることはよくありますよね。
それくらい、美容や健康は身近な話題ではないでしょうか。
特に、スリム体型を目指してダイエットに関心を持つ人は多いようです。

ダイエットをするためには、摂取カロリーを抑えると同時に、消費カロリーを増やすことが大切になります。
ただし、無理な食事制限は体調を崩すことから大変危険です。
短期間で痩せるのではなく、1カ月に1?くらいを目安に体重を落としながらスリム体型を目指しましょう。

また、単に体重を落とすだけでなく、脂肪を減らすことがスリムになるポイントです。
そのためには、筋肉を増やすことを意識したいですよね。
適度な筋肉を付ける方法として、ヨガのポーズがおすすめです。
ヨガは、畳1枚分くらいのスペースがあれば、いつでも、どこでも実践できます。
イスを使うポーズもありますので、仕事の休憩時間を利用して行うのもよいでしょう。

ダイエットにおすすめしたいヨガのポーズとして「赤ちゃんのポーズ」があります。
こちらは、マッ床の上で膝を抱えて丸くなる形に特徴があり、整腸作用があるため便秘解消にもつながります。
また、正しい立ち姿勢を整える「山のポーズ」は精神安定の働きが期待されます。
一見、簡単そうに思えますが、立ち姿勢をよくするためには全身の筋肉をバランスよく使う必要があり、けっこう大変なことがわかります。

おすすめしたいヨガのポーズには、お腹の引き締める「ねじりのポーズ」や下半身を引き締める「英雄のポーズ」などもあります。
スリムな体型を目指す人は意識して実践するとよいでしょう。

無料アプリを利用する方法も

ヨガを実践している人には「体が柔らかい」というイメージがありますよね。
実際、柔軟体操のようなポーズや、上半身と下半身がピタッと付くくらいのポーズも存在します。
頭を床に着けたまま逆立ちするのをみて、驚いた人もいるかもしれません。

もちろん、ヨガのポーズには仰向けになった状態でできる、簡単なポーズも存在します。
そのため「ヨガのポーズは難しい」と考えないで、自分の体調と相談しながら無理なく行うことをおすすめします。

ヨガを続けるために教室に通う方法があり、同じ目的を持った仲間と励まし合えるメリットが大きいですよね。
もちろん、習ったポーズを自分のものにするためには、教室で行った内容を自宅で実践ことも大切です。

また、ヨガをお手軽に行う方法として「無料アプリ」が注目されています。
スマホが普及して久しくなりますが、持ち歩きできる便利さでもおすすめですよね。
アプリを利用するときは、実際に使っている人の体験談などを参考にすると役立つのではないでしょうか。

無料アプリのなかには「寝たまんまヨガ」があり、簡単に瞑想できるほか、リラックスして入眠できるメリットが注目されています。
こちらの無料アプリを使うと寝落ちする人が多いと言われますが、最後まで聞いたことがあまりないとの体験談にも納得できます。

ヨガのポーズは自律神経の働きを整えるためにも役立ちます。
1日が終わる夜は、副交感神経の働きによってリラックスした状態にすることが理想的。
一方、1日が始まる朝は、交感神経を優位にすることが必要になります。
ヨガの中には、就寝前や朝一番におすすめのポーズもいろいろありますので、ライフスタイルに合わせて取り入れてはいかがでしょうか。

ヨガを続けるためには楽しむことが大切!

「好きこそものの上手なれ」という表現を見聞きすることがありますが、楽器演奏やスポーツの練習を続けている人などに当てはまりますよね。
自分が好きなことをしていると、多少つらいことがあっても続けていけるだけでなく、一つの目標を達成したときの充実感が大きいのではないでしょうか。

目標のなかには、すぐ手が届くところにある小さなものから、かなり遠くにある大きなものまであります。
最初から大きい目標を立ててしまうと、興味を持つ対象でもストレスのほうが勝ることも少なくありません。
そうならないためにも、自分自身が楽しむことが優先課題になりますよね。

美容や健康づくりには、規則正しい生活習慣を身に付けることが大切です。
そのためには、休日も含めて、同じ時間に起床できるように心掛けましょう。
日常生活のルールは人によっても異なりますが、習慣付けができるとストレスなく続けることができます。
また、自分のライフスタイルを楽しむことも大切ですよね。

生活のリズムを整える方法として、ヨガのポーズが注目されています。
ヨガは自宅で簡単にできるため、習慣付けするとよいでしょう。
たとえば、仰向けのままでできるポーズがあり、就寝前や起床時に行うと自律神経の働きを整えるためにも役立ちます。

ヨガのポーズを実践するときは、ゆったりとした音楽を流すことも多いですが、耳にする音楽を楽しむこともポイントではないでしょうか。
忙しいときは一つひとつのことと向き合う余裕がなくなることも少なくありませんが、ヨガを実践するときは、そういった雑念を捨てることをおすすめします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。