ペットの種類

この記事は14分で読めます

死ぬまで責任を持つ

ペットを飼われる方は、皆さん初めはかわいくて飼いたくなった方ばかりでしょうが、その気持ちが継続できなくなってしまい残念な結果となってしまった方もいらっしゃると思います。
これは非常に残念で人間のいけないところともいえるでしょう。
人間だから好きな生き物を購入してきて、ペットとして飼うことができますが、ペットとしてはこれ自体迷惑な話だということも考えましょう。
ペットや動物だって人間に変われるよりも、もっと幸せに暮らす方法があるでしょう。
それなのに人間の都合で自宅に持ち帰るわけですから、自分のペットぐらいは最後まで真剣にお世話をする義務があります。
常にこれを考えてくださいとまではいいませんが、あまりにひどい扱いはしないようにお願いしたいです。
ネットの際となどを見ていると非常に見たくない情報も入ってきます。
捨て犬を預かっている団体が、里親を募集していたり、殺処分何日前の犬が載っていたりと、あまりに残酷なことが実際におきています。
このような情報を聞くと悲しくなり、人間に怒りを覚えてしまうほどです。
日本だけでなく、このようなことは全世界でもおこっていますから、どこかでストップしないといけないことです。
今現在では愛護団体が大活躍を見せ、何とか踏みとどまっていますが、これもいつまで続くかもわかりません。
愛護団体もかなりの負担がかかっているのは間違いありません。
ペットは家族ですから、大切にしなくてはいけません。

スポンサードリンク

ポメラニアン

小型犬の人気を支えているポメラニアンを紹介いたします。
耳、顔だち、毛質どれをとっても非常にかわいく文句なしの見た目から人気が非常に高い犬種です。
この犬種は、人になつくととことんなついてくれる、とてもかわいい性格を持っています。
日本では子供から大人までもが、かわいくて仕方のない犬種として愛されています。
こんなにかわいい犬種ポメラニアンですが、この人気は日本だけではありません。
世界的にも人気があり、特にアメリカでの人気は絶大です。
しかも長年に渡り愛されています。
アメリカ人のオープンな性格もポメラニアンとの相性に非常にあっているのかもしれませんね。
ポメラニアンは、神経質で警戒心が強く音に反応しやすいことから、良く吠えることが多いです。
これを受け入れることができる方や、躾に自信のある方なら仲良くやっていけると思います。
吠え癖があることを十分承知の上で、ともに生活することが可能な方なら、とてもよいパートナーになります。
その他、ポメラニアンの特徴を説明しておきます。
小型犬ですから体重は5キロ弱までの体重が一般的です。
これを超えてしまうと、肥満となり病気を発症してしまう可能性が高まってしまうことになります。
その病気にまつわることですが、ポメラニアンはケガや病気をしやすい犬種ともいえます。
ケガでは、脱臼をしてしまうことが多く見られます。
更に病気ですと、先天性異常に伴う病気の発症率が高いことが言えます。
上手に大切に育てましょう。

ペットを飼う為の大切な気持ち

人は一人では生きていけません。
もちろんそうではないと考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし、大勢の方は、一人で生きていくことを望んでいない方が多いと思います。
人間は人と付き合いをしなくてはいけませんから、たまには他の動物を求めるのかもしれませんね。
そこでペットの存在になります。
人はイライラしたりストレスを抱えると癒しを求めるものです。
その時に、どのようなペットに癒しを求めますか?生き物は沢山いますね。
小さい生き物から大きな生き物まで様々です。
どのような生き物に癒されたいと思うのかはそれぞれでしょう。
しかし、癒しを求めてばかりではいけませんね。
動物にも気持ちはあります。
人も動物の為にお返しをすることもしなくてはいけません。
このつながりが非常に大切になってきます。
気持ちこのが後に、家族としての絆と発展してくるでしょう。
飼うときには、きっかけがあるはずです。
一人暮らしを始めたことがきっかけや、家族ができてみんなでならお世話ができる環境になった時などタイミングがあります。
この時の気持ちを忘れてはいけません。
最後までこの時の気持ちを忘れないようにしておかないと、いつか大切なペットを適当に扱ってしまう時が来てしまいます。
この時に辛い思いをするのは大切なペットです。
ですがペットを飼いたいと連れてきたのは自分なのです。
これは絶対にやってはいけないことですね。
自分の勝手で連れてきているペットに、このような思いをさせては絶対にいけません。

トイプードル

小型犬ダントツでの人気がある犬種が、トイプードルです。
茶色でクルクルした毛質に小さなまなざしはぬいぐるみを抱いているかの様なかわいさです。
一人暮らしの方が寂しさを紛らわせるためにトイプードルを飼っている方は非常に多くいらっしゃいます。
これが何故だかわかりますか?トイプードルは、飼い主の外出時間が長くても、ちゃんと留守番ができるとても賢い犬だからです。
ですからトイプードルが選ばれるのです。
小型犬の中でも、超小型犬ですがこれほどまでに頭が良いのは何故なのか不思議なところですね。
人気の理由はこの辺のことにあるのは間違いはありません。
では、トイプードルについて説明もしておきましょう。
プードルは、スタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイと大きさで分かれることとなります。
この4種類に分かれながらも、サイズが違うというだけで、内面的なことはどのサイズでも同じとなります。
不思議ですがやはり犬種としての血筋は強く影響しているのでしょう。
トイプードルは超小型犬ですが、スタンダードプードルはビックリするくらい大きいですから間違いなく驚きます。
トイプードルを見てスタンダードプードルを見たら、違う犬種に見えてしまいます。
ですが、やはり同じ犬種なのですね、大きさが全然違うだけで良く見ると同じです。
この違いに目を疑ってしまうこともあるでしょう。
トイプードルは価格としても非常に高い設定となっています。
大切に育てましょう。

人気の犬

やはりペット人気といったら犬じゃないでしょうか。
小型犬から大型犬までいますが、どのサイズの犬種をとっても安定して人気があるのが犬だと思います。
大型犬を飼っている方は、小型犬の飼い主からすると非常に少なくなりますが、それでも愛してやまない方が非常に多くいらっしゃいます。
それほどに大型犬にも魅力のある犬種がいるということです。
例で言うとゴールデンレトリバーなど大型犬の代表格ですね。
この根強い人気の犬がいる限り人気はなかなか落ちないと思われます。
次に中型犬ですが、このサイズでも確実に人気の柴犬がいます。
これは絶対的人気ですから当然人気があります。
最後に小型犬ですが、このサイズにはかわいすぎる犬種が多すぎて絶対に人気下がるがことはないでしょう。
小型犬の絶対人気トイプードルやポメラニアン、ミニチュアダックスなど室内で生活を共にできる、何とも幸せな生活ができるのが、これら小型犬との生活です。
室内での生活ができるということは、人間の生活と全く同じ時間での生活ができ、食事や就寝までともに時間を過ごすことができます。
室外犬も番犬になりますが、室内にいる犬も外に誰か近づいてきたと知らせてくれることもできます。
当然人間よりも耳がいいですから、人間が気づくだいぶ前から知らせてくれます。
共に生活していたら、室内での変化や室外の変化も室内犬は室内から感じ取ることができます。
かわいいだけでなく何でもできてしまう犬はやはり人気があります。

ダックスフント

癒しを求め小型犬を室内で飼う方が非常に多くいらっしゃいます。
その中で人気の高いダックスフントですが、この犬種はどのような特徴があるのでしょうか。
まずは、原産国から紹介していきます。
ダックスの原産はドイツなのです。
ドイツでアナグマを探す手助けをする犬種として改良されているので、手足が短くされることを特徴としています。
この特徴が愛らしくかわいいと評判となり、全世界でペットとして大人気となりました。
このダックスフントは、細かく分けるといくつかの種類に分かれます。
毛質と毛色、サイズの違いがあります。
毛質には、スムースヘアード、ロングヘアード、ワイヤーヘアードと別れます。
それぞれに特徴があり、毛質が堅いものから、柔らかいもの、くせのある毛質までに分かれます。
毛質の種類は3種類に分かれることを覚えておきましょう。
次に毛色ですが、ダックスフントは毛色が多い犬種として知られています。
単色もいれば2色3色と混ざった種類もいます。
混ざりあう色も非常に多いことでも知られている犬種で、ブラウン、ブラック、チョコレート、タン、クリーム、レッドなど沢山の色に分かれています。
単色もあれば部分的に入っている色もあり面白い色を持った犬種がダックスフントです。
サイズも分かれています。
スタンダード、ミニチュア、カニンヘンと3種類あります。
これは大きさ体重などで分かれることとなります。
中でもミニチュア人気が非常に高く、丁度かわいい大きさです。

ネコ里親

日本では残念なことにペットの里親を募集されている団体や、インターネットでの里親募集サイトがあります。
この中の内容を見てみると、非常に残念なことが書き込まれていたので、私自信も愕然とした経験があります。
里親募集に乗っている募集内容では、事故にあっていた犬や猫を保護した後に回復したので里親を募集されていることもあっていました。
この里親募集は、事情が事情ですから是非皆さんで協力して里親を見つけていただきたいと感動をも覚えます。
しかし、中には明らかに捨てられてていたと書き込まれていることも非常に多いです。
これには残念でなりません。
ネコについてですが、この里親募集の募集されている動物のなかで一番多くなっています。
ネコの里親募集記事は日本全国各地沢山あります。
野良猫がいるのもわかりますが、里親募集サイトに乗っているのは、飼い主がいままでいたことが前提となっている例がとても多いです。
事情が沢山あるでしょうが、中には仕方のない事情をお持ちの方もいらっしゃるようでした。
飼い主がご病気で入院しなくてはいけなく、仕方なく里親を探していらっしゃる方もいらっしゃいました。
子供が産まれて、子供が成長するにつれて動物アレルギーが判明してしまったなど、中には離れたくないけどどうしようもない方も沢山いらっしゃるようでした。
ペットの里親募集は、人間も悲しみながら投稿されていらっしゃる方が多いことがわかりました。
皆さんで協力しましょう。

癒しのペット

人間は動物に癒されることが多々あります。
人は人との関係性に疲れたり、精神的に疲れてしまうことが良くあります。
その疲れやイライラを解消してくれることにつながるのがペットです。
ペットの種類によって癒されるのは、人それぞれでどのような動物に癒されるのかは様々です。
大きな動物に癒されるのか、小さな動物に癒されるなど人それぞれです。
室外で飼う大きな動物に癒される方は、大型犬や魚、鳥なども対象になるでしょう。
しかし、近年では室内で手軽に、そしていつも一緒に過ごせる小動物に人気が集中しています。
ネコや小型犬が中心ですが、中にはハムスターやモルモットなども人気があります。
室内やベランダなどいつも近くにいてくれる小さな動物は、お世話も簡単です。
動物の食事の世話も考えないといけませんので、いざ飼うとなったら考えものとなります。
小動物なら、餌の量も少ないので、そこまで大きな負担にはなりません。
室内で飼うことになると、躾は重要となります。
室内での放し飼いをされる場合には、必ず必要となってくるのが、トイレの場所を教えることです。
これができるのとできないのでは全然違います。
トイレシートの場所にしっかりとしてくれると、室内の匂いが臭くなりにくいことにもつながりますから、この教育は必要となります。
大変なことはこれくらいではないでしょうか。
後はペットも自分でやってはいけないことなど覚えてくれますから、自然と共同生活になじんできます。

熱帯魚

ペットというと代表的な生き物は、犬や猫がメインとなりますが、決してそれだけではありません。
他にも沢山の生き物をペットとして扱うことができます。
今回紹介したい熱帯魚もその一つです。
熱帯魚というと代表的な魚は、ネオンテトラやグッピーが有名どころですが、まだまだ沢山の種類がいます。
今回ですべての熱帯魚を紹介しようとしても、多すぎて書ききれませんから、有名どころと飼育方法を軽くですがご説明していきます。
先ほども代表としてあげたネオンテトラとグッピーですが、これと同じくエンゼルフィッシュも人気があります。
やはり熱帯魚の代表となるとこの辺の種類になります。
これらも魚ですから、当然目分類に当てはまります。
熱帯魚でも淡水魚と同じ目分類に入ることを、知らない方もいらっしゃると思いますから、少し紹介していきます。
まずネオンテトラですが、カラシン目に入ります。
グッピーはカダヤシ目に入ります。
エンゼルフィッシュはベラ亜目に入ることとなります。
海水魚や淡水魚の様に熱帯魚もジャンル分けは同じ分け方になるのです。
熱帯魚はキラキラと綺麗な魚が非常に多いことから、観賞用として人気が高いです。
ただ淡水魚を飼うことから比べると非常に管理が難しいことがいえます。
水の手入れや水温の管理までしなくてはいけません。
いけませんというよりも、これをしないと死んでしまうことになります。
水温もヒーターを入れて一定の温度を保つようにしたりと結構大変なお世話が必要になります。

チワワ

とってもかわいい小型犬チワワ。
とっても大好きな方が非常に多くいらっしゃいます。
今回は意外と知られていないチワワの知識と、チワワのかわいさをお伝えしていきます。
実はチワワの原産国は、メキシコだと知っていましたか?これは案外知られていないことが多いです。
覚えておくと損はありません。
次にこれは良く知られているでしょうが、説明しておきます。
チワワは世界一小さい犬です。
とにかくかわいい小型犬の中でもひときわ目立つチワワは、なぜこんなに魅力があるのでしょうか。
理由は複数あります。
小さい体や大きな目が最大の特徴でしょう。
じっとしていると置物かぬいぐるみの様にも見えてしまいます。
こんなに小さいのに非常に頭の良い犬で、室内犬を初めて飼う方にはおすすめの犬種といえます。
これから一緒に生活する犬のことは、特徴をしっかりと勉強してあげておきましょう。
ただかわいいだけでは、十分なお世話をしてあげることはできません。
注意しなくてはいけない部分は、小さい体ですから、ケガや病気をしやすいのもチワワの特徴です。
マイナス面のことも考えてお世話をするようにしましょう。
ケガや病気だけではありません。
更に、小さい体からのことでしょうが、非常に怖がりな性格です。
その為、良く吠えるのも特徴の一つです。
俗に言う無駄吠えです。
この性格を大きな心で受け止めることができる方に、お世話をしていただきたいと思います。
生活環境なども良く考えて犬を選ぶことも必要です。

金魚

魚を好きで自宅で飼っている方も多いのではないでしょうか。
それも立派なペットとなるでしょう。
メインとなるのが水槽ですね。
このお手入れをしっかりとしないと、せっかくペットとしてお世話してきた魚たちにストレスをあたえ、死なせてしまうことになります。
これだけは絶対にやってはいけません。
命がかかっていますから、簡単に考えてはいけませんね。
この小さな金魚の命ですが、金魚すくいからとってきたことがある方も多いのではないでしょうか。
これは金魚の定番中の定番といえます。
金魚すくいは、すくうことができなくても最低二匹や三匹プレゼントしてくれる所もありますから、子供達もすごく喜びますね。
金魚すくいといっても、中には非常に珍しい金魚も入っていることもあります。
また、大きく成長させることができれば、高額な金魚になる事もあります。
非常に楽しい飼育となるでしょう。
これらの金魚を飼育するための道具になりますが、当然水槽が必要になります。
更に身を隠す石や海藻のような置き物、酸素ポンプなど必要となります。
最低これくらいそろっていれば、ちゃんとした生活はさせえてあげることができるでしょう。
あまり飾りすぎることもあまり良くないですから、ほどほどに手を加えましょう。
魚に大切な水へもこだわりましょう。
水道水にはカルキが入っています。
淡水魚といえど、水道水に含まれるカルキは悪影響しか与えません。
カルキ抜き剤などを使って水への改善も必要になります。
環境の良い生活をさせてあげましょう。

小型犬

小さい動物ってかわいくて魅力的だと思いませんか?室外で飼う犬種ももちろんかわいいですが、いつも一緒に生活できることを考えると、室内で飼える小型犬の方が魅力的かもしれません。
一緒に生活するだけでなく、一緒に寝れることもできてしまうので、常に一緒に過ごしたいかたにはおすすめといえます。
では、小型犬では、どのような犬種がいるのでしょうか。
ご案内いたします。
小さくて一番頭の良いのが、トイプードルです。
非常に頭が良く病気やけがもしにくいのが特徴です。
では、どのような犬が飼いやすい条件になってくるのでしょうか。
当然頭の良い犬が人気になりますが、その他ではうるさく無い、無駄に吠えないですね。
落ち着きがある、ケガをしにくいなどが条件となってきます。
まあ、これは人間が勝手に考えることですから、小型犬には何の責任もないことはわかっておきましょう。
これらを総合的に考えて判断すると、飼いやすい小型犬は、トイプードル、シーズー、キャバリア、ヨークシャテリア、マルチーズなどが上位になります。
シーズーはトイプードルと変わりない頭の良さを持っていますからとても賢いです。
キャバリアは人懐っこい性格が癒しを求める人に大人気です。
ヨークシャテリアは、美しいロングコートの毛が魅力です。
頭の良さはしっかりとした番犬ができるほどです。
最後にマルチーズですが、愛らしく甘えん坊な性格が人を癒してくれます。
小型犬の人気はまだまだ続くでしょう。

カブトムシやクワガタも

ペットといっても一概に犬ネコだけではありません。
特に男の子ですが、夏休みに夢中になる虫採りも、のちにペットになります。
夏の虫には、カブトムシやクワガタがメインになります。
これらも男の子の中では、夏のペットとなります。
このクワガタやカブトムシを取りに行くことは、親も協力することが多々ありますが、非常に大変な思いをしたお父様も多いことでしょう。
子供に付き添っていくうちに、子供のころを思い出し、案外本気になって子供の為に頑張るお父さんも少なくはないと思います。
山や山手で電気の多い工業地帯などにいくと採れる確率がアップします。
持ち帰ってからも楽しみで、虫を飼育するケースをどのようにするのかを考えるのも楽しいですね。
もちろん砂を入れますが、そこに木を何本位入れるのか、木の葉をどれくらい入れるのか、カブトムシやクワガタの生活環境を作る楽しみもあります。
どのようにしたら長生きできる環境になるのか、さらにどのようにしたら幼虫が産まれるようになるのかなど考えるのも楽しみの一つです。
子供の時に、飼っていたカブトムシやクワガタは、その夏で死んでしまったことがほとんどではないでしょうか。
そうなのです、カブトムシなどを育てるのは案外難しいのです。
これは、大人になっても苦戦する方がほとんどですから、もちろん子供が苦戦するのは当たり前なのです。
ペットといっても飼育が難しいカブトムシやクワガタに再度挑戦してみてはいかがでしょうか。

中型犬

小型犬が爆発的人気な中、まだまだ中型犬に注目している方が沢山いらっしゃいます。
その中型犬人気を支えている犬種を紹介し、中型犬をペットとして受け入れてくださる方が増えたらとの思いで紹介していきます。
今現在で中型犬を飼われていらっしゃる方の多くが柴犬です。
体のサイズ的には中型犬の中でも小さい方に入る柴犬ですから、中型といってもかわいらしい感じも残っている犬種になります。
かわいらしさと凛々しさ、たくましさを兼ねそろえているので、どの面をとっても非常に評価の高い犬種といえます。
人間の躾次第では、非常に高いレベルでのコミュニケーションをとることもできます。
このくらいの中型犬になると、無駄吠えも減ります。
特に柴犬はその辺の気が非常に効いている犬種です。
中型犬では、次にコーギー人気が高いです。
コーギーの人気の特徴としては、やはり胴体と足のバランスにあります。
参考としては、小型犬のダックスフントの様なイメージになります。
中型犬に入るのもも、その存在感は小型犬の様な雰囲気も残ります。
可愛い顔立ちですが、少し共謀な一面ももっていますから、飼い主も犬の躾になれていないと大変かましれません。
また、運動が大好きなコーギーですから、適度な運動をさせてあげましょう。
この他にも、ボーダーコリーや、ビーグルの人気も高い中型犬ですが、小型犬に比べると凛々しく頭のいいことも特徴的です。
中型犬の人気もまだまだ高いことがわかります。

大型犬

まだまだ人気の高い大型犬の紹介です。
餌など維持費のかかる大型犬を飼っている方は、もともと多くはありません。
その中でも断トツの人気を誇っているのが、スタンダードプードルです。
プードルといえばトイプードルのイメージが高いと思います。
プードルは頭が非常に良く、見た目もとても可愛らしいことから、飼うには最適な犬種といえます。
小型犬のトイプードルもそうですが、スタンダードプードルは更に落ち着いた性格ですから、とっても可愛いらしいといえます。
このスタンダードプードルに匹敵する人気の大型犬が、ラブラドールレトリバーです。
この犬種は、盲導犬で有名ですね。
ということは、頭の良さは抜群といえるでしょう。
人を助ける力がある犬はそう簡単にいるものではありませんし、盲導犬として有名ですから、人間も頭の下がる思いです。
見た目は、少し恐い位の迫力をもっていますから、とても気性の荒い性格と思いきや、まったくの逆です。
この迫力は、自信に満ち溢れているかの様な雰囲気で、人間に安心感までをも植え付けます。
その他、長年に渡り人気なのが、ゴールデンレトリバーです。
この犬種も、人間と暮らすことが非常にあっている犬種です。
気性も落ち着いていますし、時には可愛らしい素振りも見せてくれますから、癒しにもなります。
大型犬の特徴としては、落ち着きのある賢い犬種が多いのが特徴ですね。
人間を支えてくれるとても大切な犬種です。
ペットと言うと悪いくらいかもしれません。

子供がペットを飼う

ペットとの生活は、動物に愛情を注ぎ人が癒され、心を助けられることとなります。
大人はこのような感情を抱きペットを飼いますが、子供は少し違います。
子供の感情としては、生き物を飼うことに興味を抱き、共に生活をしてみたいとの思いから始まります。
しかも簡単な生き物から始めることをおすすめいたします。
特に男の子は興味を持ちます。
簡単に採ってこれる生き物から始めましょう。
夏にはカブトムシやクワガタを欲しがるでしょう。
これも立派なペットとなります。
生き物のお世話をすることで、お世話をする気持ちや命の大切さ、生活させる環境を考える力などを学ぶことができます。
生き物と生活することは、自然で生活する生き物を狭い範囲に閉じ込めることにもなってしまいます。
生き物にとっては迷惑な話なのかもしれませんから、大切に大切に面倒を見ないといけないことを保護者がしっかりと教えないといけません。
ザリガニやカメなどの飼育に興味を持つ男の子もとても多くいます。
これらは簡単に飼育できるので、初めてのお世話には向いていると思います。
更に、いきなり犬などのペットを欲しがる子供もいますが、これには子供だけではお世話ができないでしょう。
まめに世話が必要な生き物になると、どうしても保護者の協力が必要になります。
親も一緒になってお世話の協力ができるようなら飼うことは良いでしょうが、時間に余裕がないなどの理由があるなら、無理に飼わない方が生き物の為にもなります。

ネコ人気

動物好きの方でも色々な好みに分かれます。
魚が好きな方もいれば、鳥が好きな方もいらっしゃいます。
そんな感じで好みはあります。
今回はネコをペットと選んだ場合について考えていきましょう。
ただ猫を説明しようとしても、ネコはものすごくたくさんの種類があります。
というのも世界各地にネコは存在しますから大変な数になります。
簡単に日本での人気な猫を紹介します。
イギリス生まれのスコティッシュフォールドは、耳が特徴的な猫です。
マルチカン折れ曲がった小さな耳はこの猫の最大の魅力です。
見た感じかわいいの一言で、性格もとても甘えん坊でとっても飼いやすいネコです。
その他の特徴としては、人間になつきやすいことです。
頭も良く運動もあまり好まないおっとりとした性格ですから、とても飼いやすいとの評判から人気のネコとなっています。
次に人気なのがマルチカンです。
高級な雰囲気を持ちながら短い足は愛らしさを感じさせるマルチカンです。
足が短いことから、体つきがどっしりして見えますので体が重たそうにみえますが、実は運動神経は抜群に良いです。
見た目とは違う一面をもっています。
アメリカンショートヘアーも人気では上位に入ります。
アメリカンと名前に入っている位ですから、アメリカのネコかと思われるでしょうが、実は違います。
イギリス生まれなのです。
アメリカに持ち込まれた後はアメリカで一番人気のネコですが、日本でも愛されているアメリカンショートヘアーです。

ハムスター

室内で飼うペットに、ハムスターがいます。
今回はこのハムスターの種類や飼い方などのご説明をしていきます。
ハムスターはネズミの仲間です。
ネズミと同様、夜行性で雑食性です。
室内で飼うペットとしては、小さくてとても飼いやすくお世話も簡単といえます。
ハムスターの代表的な種類としては、ジャンガリアンハムスターやゴールデンハムスターなどが有名です。
小さく分けるとハムスターはものすごく沢山の種類があります。
ペットショップなどで購入できるハムスターのほとんどが、人気の高い種類しかありませんんから、人気の種類だけ覚えておくと十分といえます。
こんなに小さいハムスターでも、種類で個性があり特徴も異なってきます。
気性の違いや体の大きさなど違いが出てきます。
色にも特徴がありますから、とても楽しいペットです。
種類によっては、飼い主になついてくれるものもいますし、慣れにくいものもいます。
犬などといっしょで噛み癖のある種類もいたりしますから、性格などは購入前に調べておくと良さそうですね。
ハムスターの楽しみ方の一つに、飼育環境の作り方があります。
他のペットではできない回し車など設置できます。
ハムスターはこんなに小さい体ですが、運動量は非常に多く必要になります。
運動をすることで、ストレスを発散する生き物ですから、走り回れる環境を作ってあげないといけません。
夜行性ですから夜中に走り回るので、寝室には置かない方が良いですね。

ちょっと変わったペット

ペットを飼っている方で、たまに珍しいペットを飼っておられる方がいらっしゃいます。
普通のペットは犬や猫が多いですが。
中にはありえないと思うようなペットと生活している方もいらっしゃいますから、どのようなペットと生活している方がいるのかをご紹介していきたいと思います。
珍しいペットに蛇や爬虫類がいるのは、もう一昔前のようです。
最近での珍しいペットはさらに珍しい生き物になっています。
ではご案内いたします。
皆さんはフウセンウオを知っていますか?非常に珍しい魚で、日本海のあたりにもいるように言われていますが、いまだ謎に包まれている部分が非常に多い魚です。
水族館でもなかなか見ることのできない魚ですが、タイミング良く購入することができれば、ペットとして飼うことができます。
こんな魚を飼っている人はそう簡単にはいませんから、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
これもなかなか飼っているひとは少ないフェネックです。
小さな顔と大きな耳は何故かバランスが悪く見える気もします。
しかし、これを聞いたらなんとなくわかるでしょう。
フェネックはキツネの仲間なのです。
ですから、ものすごく価格も高いですから簡単にペットにすることは難しいかもしれません。
その他にも沢山の珍しいペットもいます。
ダマヤブワラビーやピグミーオポッサムなど聞いたことが無い動物も人気が高まってきています。
今後このような動物たちが、どんどん人気が高くなってくるのも楽しみですね。

淡水魚を飼った経験

ペットを飼ったことのある経験の中で、実際に私自信が体験した少し可笑しな体験談をご説明していきます。
実は昔ペットとして数々の魚を飼ってきた経験があります。
その中でも一番面白かったのが、ピラニアです。
ごく普通の水槽で飼うことをやってみました。
60センチ水槽で普通に淡水魚を飼う状態の準備だけをしてチャレンジしました。
ピラニアは生命力が強い魚ですから、状況が悪くなっても生きていくことができてしまいます。
アマゾンで状態の悪い水の中で生活できるピラニアですから、水槽で飼うのは簡単な事かもしれません。
水槽の水温や濁りなどはある程度の悪い状態で対応できます。
しかし、餌には少し考えさせられました。
乾燥エビばかり餌として与えていましたが、ピラニアの生体を調べていくと、生のえさを食べさせた方がピラニア自体の状態はとても良い状態を保つことができるとの情報を見ました。
これを見て考えさせられました、生きた魚を食べさせることをしないと、いくらペットとして飼っているといっても本来の生き方を変えてしまっていることになります。
ですから少しでも野生に近い状態で飼ってあげる為に、生きた小魚を水槽の中へ入れることをしてみました。
すると当然小魚に食らいつくと予想していたのですが、これも違ってきたのです。
追いかけはしましたが、簡単に魚を食べることができませんでした。
それを見てしまった時に、ペットとして飼うことは、自然の状態を再現させてあげながら買わないといけないと学んだ瞬間でした。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。