ペットとのエピソード

  • ペットとのエピソード はコメントを受け付けていません。

この記事は14分で読めます

多頭飼いの方の嬉しいエピソード

あなたの日常に現れた憎めないあの子。
今ある幸せも犬がいるから感じられる。
犬との出会いやどんな時に幸せを感じるのか、会員のみなさんの幸せエピソードをご紹介します。
第八回は多頭飼いについて、多頭飼いで良かったことなどをご紹介します。
なんと多頭飼いをしていると答えた方は17.0%!
圧倒的に多頭飼いではない方が多いですが、17.0%は多頭飼いをしている結果に。
一般的に、ごはん代や飼育に掛かる費用が高いなどデメリットがありそうですが、多頭飼いのみなさんは、どんなところが多頭飼いをしていて良いと思っているのでしょうか?
多頭飼いをしていて良かったエピソードをご紹介したいと思います。
ケンカも多いですが、2匹揃ってパグ団子になってたり、お互いの顔を舐め合ってるのを見たりすると、とても幸せな気持ちにさせてくれます。また、外出しても2匹の方が目に留まりやすくなるのか、「可愛い」と声をかけてくださる回数がグッと増えました。性格の違いを感じる事も面白いです。
二頭でお留守番なので寂しくない(と飼い主は思っている)可愛さも二倍!
愛らしさが数十倍に拡がる。犬同士お互いが学びあうので、色々成長する。
とても仲が良く、いつも一緒にいる。お互いに顔を舐めあうので、涙やけがない。
お互いが寄り添って寝たり、一緒にくっついてるところを見ると微笑ましいです。
などなどです。
やっぱり沢山飼うと大変だけれど、それでもほっこりするエピソードもその倍なわけですし、かわいさも2倍ですよね。

スポンサードリンク

我が家の愛犬とフェリーにのって行った旅行

我が家には6歳になるチワワがいます。
飼い始めたばかりのころはまだ5ヶ月だったので、今よりも少し小さかったのですが、そんなあどけなさもなくなり今となってはものすごい貫禄のある犬になっています。
さて、最近はあまりなくなってしまいましたがまだ飼い始めたころは、子供たちが犬と一緒に旅行に行きたいと言っていたのでペットと泊れる宿というのをじゃらんとかで検索し、何度か行きました。
私は前から島に行ってみたかったので、島にいけてなおかつペットも泊れる宿を探しました。
ありました。
島というとフェリーに乗っていかないといけなかったんですが、もちろんキャリーケースに入れれば問題ないということでキャリーケースにいれて島へ旅に出かけました。
やっぱり揺れが怖かったのか、終始そわそわとしていました。
そりゃそうですよね。
割と小型のフェリーだったので、私も怖くて終始おどおどしていました!笑
ついた旅館は老舗の旅館という感じでした。
そこは三重県でしたが、その島にはコンビニなども全くなく、スーパーなどもなく、一体この島民たちはどこに買い出しに行っているのかと不思議になるくらい田舎というか、なにもないところでした。
逆に都会にすんでいる人たちはそんなような所もたまにはいいのかなと思うかもしれませんが、元々田舎に住んでいた私たちは、あまりめずらしさを感じなかったのを覚えています。。
夜はもちろんお部屋に布団を敷いて寝るのですが、犬と私の母と一緒に寝ました。
母は帰ってきてからこの子がしゃべれればいいなって思ったと言っていました。

伊豆にペットと泊れるホテルに行ったお話

伊豆にはペットと泊れるホテルというのが沢山あります。
でも、ちょっと高級な所だと金額が結構するんです。
中でもお値段が良心的なところは、ペンションなんですね。
ペンションってなんとなく自分の家の延長線上みたいなイメージがありますが、慣れると落ち着く場所だったりもします。
今回はそんな伊豆のペンションにお泊まりに行きました。
もちろん愛犬がいたので、犬も一緒に泊れるホテルに行きました。
我が家ではわんちゃんはいつもケージに入れているので、たまに開放感があるところにつれていってもらうとすごく嬉しいようです。
ペンションについてお部屋に入ったとたんに、走り回りはしゃいでいました。
子供たちも嬉しそうにわんちゃんと遊びました。
外にはちょっとしたドッグランがあったので、せっかくだからわんちゃんをつれてお外のドッグランへ。
対して広くはなく、ちょっとしたお庭のような所でしたが、それでもわんちゃんは思う存分走り回れて嬉しそうでした。
いつもお散歩に行くときは鎖をつなぐので、その鎖がないという開放感があったのかもしれません。
思いっきり走り回って終始嬉しそうでした。
行く時の車に乗せるだけでも、どこかつれてってくれるの??といつも嬉しそうにします。
逆にいつもわんちゃんをおいて出かけるときは、いっちゃうの?と寂しそうに泣きます。
犬の気持になってあげれればいいんですが、ワンワン吠えられるとうるさくって、ついついどなってしまう私。

食いしん坊ワンちゃんのおもしろエピソード

犬はかわいいエピソードで、私たちを笑わせてくれたり癒してくれたりします。
中でも特に’’すてきだなー’’と思ったエピソードを3つご紹介しますね。
犬と子どもの思いやり私が小さい頃に飼っていた室外犬はパンが大好きで、そんな愛犬の為に小学校時代は、毎日欠かさず給食のパンを持ち帰っていました。
その日も小屋の前にパンを置くと、愛犬は大喜び!
よしよしと、頭をなでてから家の中へ入り、少しして覗いてみると、もう、パンはありませんでした。
『食べたんだな』と思って、ふと庭を見ると小屋の近くに新しく穴をほった跡が。
気になって掘り返してみたら、穴の中には私があげたパンがほぼ原型のまま入っていました。
恐らくお腹がいっぱいだったのに、それでもいらない素振りを全く見せず、頑張って隠そうとしてくれた、そんな可愛くて優しい愛犬の気持ちに心がほっこりしました。
ワンちゃんって本当に食いしん坊ですよね。
もらったものは絶対自分のもの!とられてたまるかー!と思うんです。
我が家でも、おじいちゃんがとにかくワンちゃんにいろんなものをあげたがります。
ワンちゃんは基本的にドッグフードだけ食べてればいいから変なものは上げるなといっているのに、おじいちゃんはみんなの忠告も聞かずに、おせんべいだのラーメンだのとあらゆるものをあげます。
その現場をみたほかの家の人がこらって怒った瞬間に、我が家のワンちゃんはその食べ物を丸のみしたらしいです。
思わず吹き出しちゃうけど、よく噛んで食べましょうね、ワンちゃん!笑

人間の言葉がわかるおもしろワンちゃん

ワンちゃんってホント食いしん坊ですよね。
基本的に食べることと、お散歩のこと、寝ることしか考えていない気がします。
そんなワンちゃんのおもしろエピソードです。
おかしと「おっかし?」あんまり頭のいい犬ではなかったけど、「ごはん」「さんぽ」「おかし」は理解していました。(自分に都合のいいことばばっかり)
       
夫と一緒に犬の散歩をしていた時、犬がいきなりおすわりをして、目をきらきらさせてこちらを見るのです。
      
それは犬クッキーをもらう時の態度。
      
なんでそこで立ち止まっておすわりするのか私には全くわからない。   
そこで気がつきました。
      
夫に「その話、おっかし?」と言った私の言葉に反応したのだと。   
かわいかったなあ。
ワンちゃんって頭がいいのか悪いのかよくわからないことがありますが、基本的に人間のいう言葉がわかるんですよね。
我が家のワンちゃんも「お散歩」という言葉に敏感で、すぐそばにいなくてもお散歩言ってくると家の人に伝えただけで、お散歩の時間だとわかってそわそわするんですよね。
わんわん吠えてうるさいときもあるので、特に赤ちゃんが寝ているときは、小声でお散歩の文字をいうようにしています。
また、ワンちゃんの便をとる用のティッシュをサッサと抜く音にも敏感。
あっ!お散歩の時間だとわかってしまうんですよね。
あとは、この時期ですと上着を着るので、上着を着るためにハンガーからとった時の音、これでも気づきます!

かわいらしいワンちゃんのおもしろエピソード

見えないはずない!
テーブルの上にある物には絶対に口をつけないよう躾ていたのですが、美味しそうな匂いにわんこは必死の【頂戴】アピール。
みんなわんこと目を合わさないでテレビを見ながら食事をしてました。
        
お座り・お手を必死に繰り返してアピールするも全員に相手にされず、いつもならここで諦めるわんこだったのですが、あんまり誰にも相手にされなかったことで、一生懸命考えたんでしょうね。
      
みんなが注目しているテレビ画面のまん前にでんとみんなの方を向いてお座りし、お手のポーズで固まりました。
       
【見えないはずないわよねっ】と言わんばかりに(笑)
ワンちゃんなりに一生懸命考えたんでしょうね。
ドヤ顔のわんちゃんとびっくりするご家族の顔が想像できて、とてもほんわかニマニマしちゃうエピソードですよね。
さらに、面白エピソードです。
うちの愛犬は、いたずらっ子です。
履こうとしていた靴下をくわえて行ったり、落としたヘアゴムを奪って行ったり… 。
そして、その度に怒られます。
怒られた愛犬は靴下やヘアゴムを置いて逃げる、そして、いつも同じ場所に隠れます。
それは、カーテンの中。
たまたま、カーテンの中に隠れた時に見つからなかったのを学習したのか、とにかく怒られたらカーテンの中に隠れます。
ある日、いつものように怒られた愛犬は隠れるために逃げ込みました。
でもその日、隠れたのはいつも隠れる遮光の厚手のカーテンではなく、レースのカーテンの中でした。
愛犬の姿は、ちゃんと見えています。
でも、本人は自分は隠れていて見えていないつもりでいます。
それが、おもしろくて笑えてきて、怒れなくなりました。
もしかしたら、それも愛犬は計算済みの行動なのかも知れないです。
今も、たまにレースのカーテンに隠れます。

マッサージ好きのワンちゃん

小さい頃から、うちの犬はマッサージが大好き。
首筋から背中にかけてぐりぐりしてあげると気持ちがいいらしく「うぉぉぉ」という感じで、恍惚の表情で身もだえている。
そのうち、私が家族をマッサージしていると、さりげなく隣に並んで背中を差し出すようになってきた。
気づかないふりしてると「あれ?(*・ω・*)」という感じで、今度はお腹を出してゴロン。。。
そのままの状態でいつまでも待っているので、結局こっちが根負けしていつもマッサージすることに。
「この贅沢犬め」と思わないでもないが、家族いわく、そんな風に催促したり身もだえるのは私のマッサージの時だけらしいので、自分の顧客ができたと思えば、まぁそんなに悪い気もしないかな。
ちなみに今年で13歳。
マッサージ効果かは分かりませんが、まだまだ元気に走り回っています。
朝、天気が良いと窓際で日向ぼっこをする愛犬なのですが、機嫌が良いと本当に可愛らしいのです。
私に近づいてきた愛犬に「チューは?」と聞くと、長い鼻を一生懸命近づけてくれるのです!
私の思い込みかもしれませんが、チューしてくれたとしか思えないのです…笑
やっぱり年をとってくると段々動きも活発ではなくなってきますが、活発なわんちゃんもかわいいですが、年寄りのわんちゃんがそこらへんにゴロンとしているのもまたかわいいですよね。
見ているだけで癒されちゃいます。
しかしあまりわんわんうるさいワンちゃんには少しイライラしちゃったりもしますよね。

多頭飼いで良かったこととは?

人間関係ならぬ犬関係を、家族という群れのなかで2匹が築いてゆく様を日々見られるのはとても楽しく、幸せなことでした。
たまにぷくが兄貴風をふかす様子や、ソニックがぷくを頼りにしているところはとても微笑ましいです。
あと同じ犬種で同じ性別なのに、性格も特徴もまるで違っていて、それぞれに持って生まれた個性があることを日々興味深く感じています。
こんな声も聴かれます。
今、3頭飼っています。
お留守をする時は一つのケージに置いていくのですが、3頭いるので寂しさが紛れているようです。
3頭の年齢はそれぞれ違いますが、仲が良くて追いかけっこをして遊んでいます。毎日にぎやかです。
1匹の時は、お留守番も鳴いてましたが2匹になったら留守番が出来るようになり仲良く遊んでる事。
確かに一匹だと寂しさもあるだろうけど、同じワンちゃんの仲間がいればお留守番も怖くないですよね。
そこは人間でも同じことが言えますね。
多頭飼いをされている方の多くは、留守番の時に寂しくないからというお答えが多く寄せらせました。
確かに1匹でいるとずっと鳴いているわんちゃんもいるようですので、心配になってしまいますよね。
多頭飼いをするときは、メリットもデメリットも理解して、ぜひ検討してくださいね☆
まぁでも確かにお金もかかることですのでね。
単にかわいいからというだけではなく、犬を飼うということは同時に責任も負うわけですから、しっかりとご家族で相談されてから決めるのがいいですね。

愛犬自慢!特技をご紹介

あなたの日常に現れた憎めないあの子。今ある幸せも犬がいるから感じられる。
そんな幸せいっぱいのみなさんにアンケートを実施!
犬との出会いやどんな時に幸せを感じるのか、会員のみなさんの幸せエピソードをご紹介します。
第七回は犬の特技・一発芸について。みなさんの愛犬の特技や一発芸をご紹介します。
愛犬の特技や一発芸をお持ちですか?の質問に対し、特技があると答えた方は40.8%!
なんとも微妙な数字です。笑
愛犬に特技がある方は約4割!意外と少ない印象でした!
でも、定番の「待て、伏せ、お手」などができるわんこは多いと思いますが、特技となると難しいようですね。中には、言葉がわかるせいか「いつまでも待て」ができるわんこなどもいて、食べたくてうずうずしている姿を見ると堪らなくなります。。。(いじわるっ!)
そんな特技や一発芸があるわんこをご紹介します。
引っ越す前は奄美大島に住んでいました。この頃はボディボードに乗って波乗り上手なワンコでした^0^
電車を見に行くと、その場をぐるぐる回る。 上り電車と下り電車で回る方向をちゃんと変えます。
犬が食器を持ってきて物乞いをする。
飼い主のご機嫌をとるために頼んでもないのにティシュや新聞を持ってくる。
1.ちょうだいやお願いの時に二本脚で立ち、前脚を合わせて上下にふる。
2.握手はというと片手を出す。
3.ごろんと言うとお腹を出す。など
なんとも賢いワンちゃんが沢山いますよね。
やっぱり犬は賢い動物なのでしょうか。

ワンちゃんが一発芸をするようになる理由

人気のわんちゃんの一発芸は何があるのか聞いてみました。
芸と呼べるようなことは何もできないのですが、ぷくは一通りのコマンドと、 「バーン!」と言って撃つマネをすると倒れる、というのはできます。
あと芸で はないけれど、ぷくはニュージーランドの大地を駆け回って育ったので、チワワ にしてはかなり俊足かと。
ソニックは、本人も意図しないタイミングで口から大きなヨダレ風船が出せます・・・。
いろんなわんこの特技や一発芸がありました。
一番驚いたのは、ボディボードに乗るわんこ!人間でも難しいスポーツをこなすには、並大抵の運動神経がないとできません!みなさんの愛犬もきっと1つは誰にも負けない特技があるはずっ! 愛犬と楽しみながら、特技を見つけるのもいいかもしれませんね。
よくテレビでも賢いわんちゃんを見かけますが、これはきっと飼い主さんが懸命に教えているのと同時に、ワンちゃんも飼い主さんに褒められたい一心で、必死に覚えるんでしょうね。
その愛らしい姿がとっても印象的ですよね。
我が家のワンちゃんは、一般的にどのわんちゃんでもできるといわれている、おすわりと、まて、しかできません。ふせも教えてのですが、どうもできないんですよね。
一発芸というよりも、我が家のワンちゃんはとってもわんわんとうるさいワンちゃんなので、しつけをしっかりとうしておきたかったなと思っています。
玄関のチャイムが鳴ると必ず吠えるし、お散歩の時間とご飯の時間になると必ず吠えるんです。

愛犬の過保護についてのアンケート

あなたの日常に現れた憎めないあの子。
今ある幸せも犬がいるから感じられる。
そんな幸せいっぱいのみなさんにアンケートを実施!
犬との出会いやどんな時に幸せを感じるのか、会員のみなさんの幸せエピソードをご紹介します。
第六回は犬の過保護について。かわいいが故についつい甘やかしてしまう・・・
親ばかエピソードをご紹介します。
愛犬の過保護について?のアンケートについての回答はこんな結果でした。
第1位はおやつを与える!
みなさんがどうしても甘やかしてしまうこと第1位はおやつを与えるでした。
おねだりされるとついつい与えてしまうおやつ。
人間でも自分へのご褒美として甘いものを食べてしまったりすることはありませんか?
わんこにもたまにはご褒美をと思っている方は実は自分にも甘かったりして・・・?! 与え過ぎはよくないですが、正しく用量を守って、食べさせてあげてくださいね!
ここからは、会員のみなさんのエピソードについてご紹介します。
他にもあるアンケート結果は、沢山誉め言葉をいう。
必要以上になでる、ペット用品を沢山購入する、ペット用の衣装が沢山ある、ご飯の回数が多い、お金をかけてまで写真をとる、散歩の回数が多い、ペット用の部屋を用意する。
なんて回答もありました。
本当に過保護にしているのがうかがえますねぇ。
親ばかってこういうこともいうのかもしれませんね。
でも確かにかわいいわんこには手もお金もかけてあげたい気持ちもわかります。

ペットの過保護についてのエピソード

やっぱりかわいいペットに対してはついつい過保護になってしまうもの。
そんな過保護の飼い主さんのエピソードをご紹介したいと思います。
「もってこい」でおやつがもらえるとわかっているので、もってこいのぬいぐるみを持っていけば、おやつがもらえると思っている。
たとえ食後でもぬいぐるみを探して持ってくるけれど、食事のあとだからダメだと言ってもその熱意に負けてしまう時がある。
1歳の誕生日の時、ミートケーキ(12?)を何日かに分けてあげたのですが、フードの量を調節しなかったので、激太りしてしまいました!
夜中におやつがほしいと吠えるので、ついつい与えてしまい、ちょっとふくよかに?なってしまいました。
とっても食いしん坊のパグ犬、小鉄。常に「食べ物くれ?」と、まん丸お目目で必死の訴え。
その可愛さに、ついついオヤツを差し出してしまいます。
初めての女の子なので、ついついフリルのついたピンクの服など女の子全開の服を見ると買ってしまいます(汗)
マッサージが大好きなため、なでて欲しい時はすぐにお腹を見せ、後ろ足を高くあげて要求します。
すぐになでてあげないと、そばまで来て、再度同じポーズを。。。
それでもなでてあげないと、前足でもしもしというように合図を送ってきます。 そのしぐさがかわいいので、ついつい、すぐにはなでてあげないように。。。
布団には入れないはずだったのに、可愛さに負けて腕枕までして寝ることに。。。。
など可愛らしいエピソード満載です。

犬の健康管理についてのエピソード

あなたの日常に現れた憎めないあの子。今ある幸せも犬がいるから感じられる。
そんな幸せいっぱいのみなさんにアンケートを実施!
犬との出会いやどんな時に幸せを感じるのか、会員のみなさんの幸せエピソードをご紹介します。
第五回は愛犬の健康管理について。かわいいわんこには長生きしてもらいたい!
みなさんが気を付けていることとは?
犬のために行っていることは?なにがあるんでしょうか。
愛犬の健康管理について実践していることは何ですか?
という質問にたいしてのアンケート結果です。
やっぱり第1位は散歩に行く!でした。
愛犬の健康管理について一番多かったのが散歩に行くでした。猫だったら散歩には行くことはあまりありませんが、犬の場合は散歩はとっても大切な健康維持&ストレス発散になりますね!
他にも、「ペットフードにこだわる」や「食事制限をする」など、食事に関する健康管理が上位になりました。
愛犬も人間と同じで、できるだけ健康でいられるように、運動や食事に気を付けてあげたいですね!
他にもある回答としては、定期的に検診を受ける、手作り食にする、ペッとフードにこだわる、食事制限をする、敷く環境を整えるなどでした。
他にも着色料無添加のドッグフード、キャットフードにしたり、人参ゆでて自作料理にしてます☆犬は、朝夕、散歩欠かさないようにしてます☆スキンシップも兼ねながら、癒されながら、犬猫三匹の体を触ってマス☆
なんて人もいましたよ。
かわいいペットの為に頑張っている飼い主さんも多いんですね。

パン好きなワンちゃんエピソード

私が小さい頃に飼っていた室外犬はパンが大好きで、そんな愛犬の為に小学校時代は、毎日欠かさず給食のパンを持ち帰っていました。
その日も小屋の前にパンを置くと、愛犬は大喜び!
よしよしと、頭をなでてから家の中へ入り、少しして覗いてみると、もう、パンはありませんでした。
『食べたんだな』と思って、ふと庭を見ると小屋の近くに新しく穴をほった跡が。
気になって掘り返してみたら、穴の中には私があげたパンがほぼ原型のまま入っていました。
恐らくお腹がいっぱいだったのに、それでもいらない素振りを全く見せず、頑張って隠そうとしてくれた、そんな可愛くて優しい愛犬の気持ちに心がほっこりしました。
我が家のワンコは、17歳になったおじいちゃん犬です。
目は見えていなくて、耳は聞こえてません。
嗅覚で頑張ってます。
父ちゃんが大好きで一緒に寝ています。
父ちゃんの匂いには敏感です。
父ちゃんがいないとき父ちゃんの使ってる物から父ちゃんの匂いがすると「ワン!」と、
父ちゃんを呼びます。
なんだか 微笑ましく愛らしいです。
犬を飼っている者同士、話が弾むことってありますよね。
この話は、わたしがご近所さんとお互いの犬について話しているときに聞いたものです。
ご近所さん(以下、Aさんとします)は、数頭の大型犬と中型犬を飼うベテラン飼い主さんとして、よく犬の散歩で一緒になる方でした。Aさんの家の前を通ると、いつもしつけの良い犬たちが顔を出してしっぽをふってくれるので、犬好きのわたしはしょっちゅう足を止めて見ていたのですが、あるときその中にとても大人しい白の大型犬がいることに気づきました。
人が来たことをうれしがる他の犬たちのうしろで、なんとも控えめにこちらを見つめているのです。
まるで老成した人のような、深みのある佇まいでした。

ペットの健康管理についてのエピソード

かわいいペットはできるだけ健康管理に気を付けてあげたいって飼い主さんも多いんですよね。
ペットの為に日々頑張っている飼い主さんのエピソードです。
おやつを与えすぎない。おやつは小さく切って数を増やしたくさんもらった感を出す。
老後のために筋肉が付くような運動をなるべくさせる。
雨などで散歩に行けない時には走らなくても室内で運動になるようなバランスボールなどをさせる。
毎年血液検査等の定期検診を受けています。
太りすぎると体によくないので食事やおやつも一日のトータル摂取量を考えて食べさせるようにしています。
シニア用のコントロールされているドッグフード購入してます!おやつ用の食べ物もウエイトコントロールしたものをあげてます。散歩も大好きな犬なので、いけるときに行って、デブにならないように配慮してます!
体(見た目や触っての変化がないか)を毎日しっかり確認。
あとは元気か、どこか辛そうにしてないか、とにかく毎日毎日何かを見逃さない様にチェックします。
楽しいお出かけ日記もつけますが、診察日記、体調不良日記もつけて、病院に行く際などに簡潔かつ正確に先生に伝えられる様情報をまとめています。一日の投薬が多いので、チェック表を作って、怠ることなくしっかり投薬できる様管理もしてます。
日々の体調管理とわずかな変化にも気づけるように、いろいろチェックしています。
などなどがありました。
やはりかわいいペットには健康で長生きしてほしいという飼い主さんの思いが伝わりますね。

飼い主を待っていた賢いワンちゃん

数年前の話です。
Aさんは、近所の方が夜逃げをしてしまったという噂を聞きます。
経済的な苦しさがあったのでしょう、ある日突然にいなくなったので家主について、近所ではなにがあったのだろうと話していました。
しかし、Aさんは別の不安がよぎったといいます。
夜逃げをしてしまった方は、一頭、大型犬を飼っていた記憶があったからです。
夜逃げをするということは、大変追い詰められた状況です。
犬までは連れていけなかったのではないか。
この話が耳に入るまで、少なくとも最低でも数日は経っている‥‥。
Aさんはそんな思いが拭いきれず、思いきって無人となったそのお宅へと行ってみることにしました。
玄関は鍵がかけられていました。あきらめようかとも思ったそうですが、こっそりと裏庭から入ってみると、まず、ピタリとしまった大きな窓から家財道具などが一切なくなったがらんとした部屋が見えたそうです。
シンとした異様なようすで、ほんとうにここから人が居なくなったのだとよくわかる雰囲気でした。
中をしばらくのぞいてみましたが、なにも居ないようです。
しかし、そのとき部屋の奥から白いかたまりがひょこひょこやってくるではありませんか。
それは、まごうことなき例の大型犬。
やはりというべきか、白犬は置き去りにされていたのです。
Aさんは慌てて窓ガラスを開け、白犬を保護しました。
エサの入っていただろうお皿も、水の器もすでにからっぽだったといいます。
白犬は、このがらんどうになった家で吠えもせず家主を待っていたのです。
涙のエピソードでしたね。

ほんわかするワンちゃんエピソード

住む家を変えた家主さん。
人間の事情など知らないわんちゃんは、とつぜん別の家に連れてこられて最初はぶるぶると震えていたそうです。
とてもおとなしく、まったく吠えないのが心配でしたが、仲間となった犬たちに囲まれ、新しい飼い主のAさんの愛情を受ける内に、次第にこころを開いていき、驚きの行動を見せるようになります。
なんと、人間のトイレで用を足すというのです!じぶんでトイレの取っ手を引きドアを開け、便座にちょこんと座って、大小どちらも済ませるというからその賢さには驚かされます。
しかも、それを見ていた他の犬たちがまるで真似るように皆ぞろぞろと人間のトイレで用を足すように!
おかげで犬用トイレがいらなくなり、経済的にも助かってしまったそうな。
賢いね、と褒めるとうれしそうに鼻を鳴らすそうで、可愛いことこの上ありません。
さらに不審な人が尋ねてくればゆらりと立ち上がり、なにか用かとばかりに見上げるので良い番犬代わりにもなっていたとか。
不思議なことに、近所の方や子どもが来たときにはまったく反応せず、奥でじっとしているんです。
Aさんに恩返しするかのように、とても良い子だったそうですよ。
人にはさまざまな出来事が起こります。なので一概に前の飼い主さんを責めることは出来ませんが、今回は勇気あるAさんの行動と優しさでひとつの命が救われたことに、ホッとしました。
やっぱり愛犬と飼い主さんって深い愛で結ばれているんですよね。

犬のヘンな癖についてのアンケート結果

犬のヘンな癖についてのアンケート結果をとってみました。
これってウチだけ?愛犬のエピソードご紹介!
あなたの日常に現れた憎めないあの子。
今ある幸せも犬がいるから感じられる。
そんな幸せいっぱいのみなさんにアンケートを実施!
犬との出会いやどんな時に幸せを感じるのか、会員のみなさんの幸せエピソードをご紹介します。
第四回は愛犬のヘンな癖について。これってウチだけ?と思っている方必見!
愛犬にはヘンな癖がありますか?という質問に対しての回答です。
愛犬にヘンな癖があると回答した方は半数を上回る53.3%!
ワンコを飼っているとなぜそんなことをするの??と疑問に思ってしまうこともありますよね!
あるとお答えいただいたワンコの中には、飼い主にかまって欲しくて取っている行動もしばしば。。。 しかし、たとえヘンな癖でも、目をつむってかわいがっている飼い主さんも多いはず!
困ったヘンな癖編ではこんなエピソードも。
お散歩中、ウンチを少し高い場所(歩道の縁など)にします。我が家では「お供物」と言ってます。
これは先代犬から引き継がれたヘンな癖です。
りあむが自分の耳を足でホジホジして、嗅ぐ、舐めて、また臭ぐ、それを繰り返します。
耳の臭いを嗅ぐのが好きなのか、ホジッては嗅いでいます。
マッサージが大好きで、いつもおなかを見せて「マッサージしろ」アピール。
私が少しでもサボると、パンチやキックが飛んできます。
眠くなるとカーペットや布製のソファなどにしゃがんで、必死にハァハァいいながら「ここ掘れワンン・・・。」をする事。

ペットの健康管理に気を付けているエピソード

ペットの健康管理に気を付けているエピソードをご紹介したいと思います。
やっぱり飼い主さんの想いは、かわいいペットを健康で長生きさせてあげたいというのがありますよね。
ほしがるものをなんでも与えてあげるだけが愛ではありません。
与えすぎることによってペットの健康を脅かす恐れもありますので、そういった管理も飼い主さんには必要ですよね。
毎日の体調を見るためにブラッシングなどでチェック、体重のチェック、食事の管理、排泄物のチェック、一緒に遊んだりして具合などをチェック、毎月トリミングを兼ねた獣医師の健康チェック、血液検査などをこまめにしています。
毎日欠かさずに育児日記をつけ、食事・排泄・運動量など細かい部分を記入することで、些細な変化も見逃さずに済んでいます。悪天候以外は毎日散歩をし、週に一度競技の練習に行きます。
月に一度必ず病院で検診してもらいます。
フードはやはりこだわります。
無添加フードに手作り食、粉末サプリなど、涙やけやウンチの具合等を見ながらバランスに気をつけて混ぜています。 年齢や体質、体調によってもベストなものは変わるので、「これだ!」と決めてしまわず、犬が年齢を重ねるのに合わせて日々研究です。
人間同様愛犬の健康管理をみなさんしっかりやられているようですね!
体を触ってあげたり、体重を測ってあげたり・・・、小さな子供のように飼い主さんが管理してあげないと、わんちゃんも健康を維持することができません!これからも、しっかり管理してあげてくださいね☆

犬のヘンな癖【かわいい編】

あなたの日常に現れた憎めないあの子。
今ある幸せも犬がいるから感じられる。
犬との出会いやどんな時に幸せを感じるのか、会員のみなさんの幸せエピソードをご紹介します。
第四回は愛犬のヘンな癖について。これってウチだけ?と思っている方必見!
みなさんのエピソードをご紹介します。
寂しい時は、部屋の角にお尻をピッタリくっつけて、イジけています。
2匹が何故か気がつくと、同じ方向、同じかっこで寝ています。何ででしょう?
ワンコを留守番させてお出かけして帰ると、前歯を歯茎まで出して「おかえりなさ??い」とお出迎えしてくれます。 おもしろいので「歯・歯・歯」と掛け声するとおもいっきり前歯を出してくれます(笑)
乙女は、夜寝るときに、必ずカリカリフード1粒をベッドの近くに置いて非常食にしています。
朝にはなくなっています。
他にもやめてもらいたいのが、唯一の異物食い、砂や土を食べる癖!
 あと、若いころは来客やめずらしいオヤツをもらったときなど、テンションが上がると暴走列車のように爆走して止まらなくなってましたね。 それと、世界中のだれもが 「かわいい?♪」 と言ってモフモフしてくれると思い込んでいるようです。それが高じてモフモフ売りを名乗るようになりました(笑)
みなさんの愛犬もヘンな癖はありますか?
困ってしまう癖やかわいい癖など、思わずクスリと笑ってしまうような変な癖をご紹介させていただきました。
きっと愛犬家のみなさんは、その癖も込みで愛していらっしゃるんでしょうね☆

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。