ブーツのカビに注意

この記事は14分で読めます

ブーツの特徴

ブーツを履いている女性が多くなりましたが、そのお手入れはどうやっているのでしょうか。
ブーツで気を付けなければならないのはカビです。
つまり、ブーツの特徴はカビと言えるでしょう。
見た目の良さだけで靴を選ぶと後で面倒になるのがブーツです。
ブーツにカビが生えてしまってから取るよりもカビを予防することが肝心です。
それではカビを予防するための方法を考えてみましょう。
基本的には湿気を防ぐことです。
濡れたままのブーツを靴箱に入れてしまうと靴箱内はかなり湿度が高くなっています。
それを避けるために湿気を取ってから靴箱に収納することがポイントです。
重曹を使って湿気防止をしている人もいます。
空きビンに重曹を入れて、ガーゼでふたをします。
重曹が湿気を吸い取ってくれますから、靴箱内の湿度を抑えることができるのです。
市販されている消臭シートを靴箱に入れておいてもいいでしょう。
結論としては湿気を防ぐことだけでカビ予防になります。
ブーツのカビを取り除くための洗剤なども販売されていますが、予防が重要であることを認識しておきましょう。
最近はインターネットでカビ予防グッズがいろいろと販売されています。
スプレー式や微生物を使ったグッズです。
通販サイトで検索してみれば、いろいろわかってくるはずです。
すでにブーツを持っているのであれば、こまめなお手入れを心がけてください。
週に1回程度は靴の状態をチェックしてみましょう。
靴は身だしなみの一つです。

スポンサードリンク

ブーツのお手入れ

あなたはどんな靴を履いていますか。
大人になると自分でいろいろな靴を購入するでしょうが、そのお手入れが重要であると認識していますか。
ブーツや革靴はカビが生えます。
カビが生えると強い臭いを発するため、あなたの足まで臭くなってしまいます。
そうなってからカビ対策をしても遅すぎるのです。
もちろん、カビ取り洗剤なども販売されていますが、生えてから取り除くのではなくカビが生えないような予防をおすすめします。
それがお手入れと言うことでしょう。
具体的にはどうすればいいのでしょうか。
まず、カビが発生する原因ですが、これは湿気です。
足の汗が湿気となってブーツの中に溜まります。
また、雨の日などに履いた時には外からも湿気が入ることになります。
これらの湿気をそのままにして、靴箱に入れてしまうとカビが生えてしまうのです。
湿気を取り除くことは難しくありません。
湿気除去グッズがいろいろと販売されているからです。
自分で作る場合は重曹です。
重曹を瓶に入れておくだけでいいでしょう。
蓋はガーゼです。
靴箱の中をすっきりさせることを心がけてください。
ブーツに限らず、自分が使っているアイテムのお手入れをしっかりとやっている人はカビ予防など常識と言えるのかもしれません。
しかし、後片付けができない人が少なくありません。
お手入れは自分を磨くための一つのポイントであることを認識してみてはどうでしょうか。
ブーツを履いたあなたを見て、そのお手入れをチェックされているのです。

ブーツのカビ

ブーツに発生したカビを取るためにいろいろな洗剤が販売されています。
一般的にはブーツは専門業者に依頼して汚れを取ってもらわなければなりません。
自分で取ることは難しいからです。
しかし、技術の進歩によって、それも解決する時代となったのです。
ただ、ブーツに生えたカビを取り除くことよりも、生えないように予防することが重要です。
予防は難しいことではありませんが、確実に行わなければなりません。
一番簡単なのは湿気取りを靴箱に入れておくことです。
また、濡れたブーツならしっかりと乾かすために靴の中にタオルやガーゼなどの湿気を吸い取る素材を入れておきましょう。
このようなアイテムは通販サイトでも販売されていますから、気軽に購入できるはずです。
コーヒーや重曹を利用する人もいます。
利用方法もインターネットに掲載されているはずです。
これらの情報が簡単に入手できる時代です。
しかし、情報を得ても実行しなければ意味がありません。
ブーツにカビを発生させるような人は毎日のお手入れができないのです。
つまり、カビは生えるべくして生えていると言えます。
対策の問題ではなく、あなたの生活態度にあるのでしょう。
それならば自分の生活から変えていかなければなりません。
自分の足元を見て、どう思いますか。
身だしなみに気を付けていない人は、だらしない人と評価されてしまうでしょう。
それでいいと思わないなら、いろいろなことに気を配りましょう。
足元のブーツからきれいにしておくのです。

ブーツのカビ予防

革靴やブーツは雑菌が付きやすい素材です。
そのためカビ予防が重要です。
自分のお気に入りのブーツなら、いつまでも履けるようにこまめにお手入れをしてください。
その一つがカビ予防です。
カビが生えてしまっても対処法はありますが、予防に勝ることはありません。
ブーツのカビ予防と言っても難しいことではありません。
湿気を取るようにしておくだけです。
靴箱に長期間入れたままにしているとカビが生えてしまいます。
この状況は靴だけではなく、スーツなどの衣服でも同じことです。
スーツの場合は季節の変わり目でクリーニングに出すことが多いでしょう。
しかし、ブーツはクリーニングに出さずにしまい込むのです。
これがカビの原因です。
湿気を取り除くことでカビは予防できます。
外から入ってくる湿気と靴の中の湿気を取り除くことが重要です。
雨で靴が濡れた場合はしっかりと乾くまで靴箱に入れないこと、靴箱には湿気取りを欠かさないことだけでいいでしょう。
誰にでもできる簡単なことです。
インターネットで調べてみると、カビ取りのための細かい手順などが掲載されています。
しかし、それを利用するまでもなく、基本的な部分を確実に実行するだけで済むのです。
特殊な薬を使用する必要もありません。
身近にある湿気取りとしてコーヒーがあります。
ドリッパーで飲んだ後のコーヒーは湿気取りの効果があるのです。
この他に市販されている湿気取りもたくさんありますから、検索してみるといいでしょう。

ブーツのカビとは

ブーツを濡れたままにしておくとカビが生えてしまいます。
このカビはどのようなカビなのでしょうか。
もちろん、雑菌が繁殖した状態がカビなのですが、予防することは難しくありません。
ブーツの革の深い部分まで広がってしまうと表面を拭いたくらいでは取り除くことができません。
早めに対処することがポイントとなります。
もちろん、靴のクリーニングを専門的に行っている業者に依頼すれば、かなり改善できるでしょう。
ただ、費用もかかりますから、予防をメインに考えるべきです。
さて、カビを予防する方法ですが、これはカビが生える状態をイメージすればいいだけです。
つまり、湿気を防ぐことです。
カビが生える状況はしばらく履かずに靴箱にしまっているケースがほとんどです。
つまり、靴箱の中に湿気が籠っているのです。
湿気取りグッズを靴箱に入れたり、靴を時々取り出して日陰干しをしたりすることをおすすめします。
靴箱は扉を閉めると空気がよどみますから、空気の流れを作ることがポイントでしょう。
カビを予防するために特別な洗剤などを使用する必要はありません。
雨の日に履いて濡れたままのブーツを靴箱にしまい込んでいませんか。
それはブーツだけではなく、横に置いたほかの靴にもカビを広げる原因となってしまいます。
日常生活で整理整頓をして、身の回りをきれいにしている人は靴もきれいにしていることでしょう。
濡れたままのブーツを靴箱に入れることもないのです。
あなたも靴の管理から始めてみましょう。

ブーツを長く使う

ブーツが好きな女性は少なくありません。
しかし、お気に入りのブーツを長く履き続けるためには、しっかりとお手入れをしておかなければなりません。
湿気を含んだまま放置していると、いずれはカビが生えてくるでしょう。
カビで黒ずんだブーツは臭いもしますし、見た目も悪くなります。
カビを予防することを心がけておかなければなりません。
もちろん、すでに予防を行っていることでしょう。
ただ、再認識のために具体的な予防法を紹介しましょう。
そしていつまでもお気に入りを履き続けてほしいのです。
カビを予防するためには湿気を防ぐことが重要です。
乾燥剤をブーツの中に入れておくのもいいですし、雨の日に履いたのであれば乾くまで靴箱には入れないようにしてください。
靴箱は通気がほとんどありませんから、乾燥剤をいつも入れておきましょう。
これはブーツだけではなく、他の靴にもいいことです。
予防法は基本的にこれだけです。
乾燥させておけばカビが生えることはないからです。
もちろん、通常の汚れは取り除いておいてください。
ただ、カビの原因とはなりません。
革のお手入れは専用のクリームなどを塗るといいでしょう。
インターネットには、お手入れ方法が掲載されているはずです。
または、靴屋さんで聞いてみると丁寧に教えてくれることでしょう。
特に女性用の長靴タイプはかなり湿気が溜まります。
足形の乾燥剤を押し込んでおきましょう。
冬場だけブーツを履くなら、シーズンオフの予防が重要となります。

ブーツのカビを取る

ブーツのカビを取る方法を知っていますか。
カビを取る方法は調べればわかるのですが、それよりもカビを生えさせない方を努力しなければなりません。
つまり、予防です。
ブーツに生えたカビは意外と革の内部まで入り込んでおり、専門業者に依頼しなければ除去できないことが多いのです。
そのための費用を聞くと新しいブーツを購入した方がいいと思ってしまうかもしれません。
もちろん、初期のカビであれば表面をアルコールなどで拭くことで済みます。
ただ、ブーツはシーズンが終わると靴箱の中に押し込んでしまうことが少なくありません。
カビに気づくのは半年後なのです。
ブーツのカビを予防することが重要なのです。
ブーツのカビ予防を特別なことと考える必要はありません。
例えば食品のカビ予防をイメージすればいいのです。
冷蔵庫に入れておかないとすぐにカビがしてしまいます。
また、濡れたままにしておくと衣服でもカビが付いてしまうでしょう。
要するに湿気を取り除き、常に乾燥させておけばいいのです。
冬場に履くブーツは内部に汗をかくことがあります。
この状態を改善するために脱いだらすぐに乾燥剤を入れるのです。
これによって臭いも防ぐことができるでしょう。
特別な洗剤やアイテムを購入している人もいますが、購入するだけではなくしっかりと使用することが重要なのです。
ルーズな性格の人はブーツのお手入れができないかもしれません。
つまり、日常生活がブーツに現れるのです。
そんな目であなたのブーツを誰かが見ています。

ブーツと防虫剤

防虫剤を使用して衣類やブーツのカビ予防を行っている人は少なくありません。
シーズンオフではずっと箪笥に入れたままなのですから、防虫剤は重要な役割を果たしています。
ブーツのカビ予防も同じです。
靴箱に入れたままで半年以上経過することも少なくありませんから、防虫剤を入れておくべきでしょう。
もちろん、防虫剤ではなく乾燥剤でも同じ効果が期待できます。
つまり、カビの原因となる細菌は湿気を好むからです。
乾燥させておけば、それだけでカビ予防となるのです。
カビが生えてしまってから、それを除去する方法を探している人も少なくありませんが、簡単ではありませんからあきらめた方がいいでしょう。
カビを予防するために防虫剤を使用すればいいことは、半ば常識と言えるかもしれませんが、それを実行しない人が多いのです。
つまり、お手入れを確実にできる人はカビ予防などに悩むこともないのです。
自分のお気に入りのブーツだと言いながら、そのお手入れをしない人はどうなのでしょうか。
さて、防虫剤の成分はナフタリンです。
ナフタリンは気化する時に周囲の湿気と結合します。
つまり、湿気を取り除く効果があるのです。
もちろん、現代はナフタリンだけではなく、いろいろな成分が含まれています。
効果が高い成分です。
インターネットの通販サイトでは防虫剤がいくつもあります。
その中から自分の靴箱に合ったサイズを選びましょう。
大切なブーツです。
いつまでも使えるようにしておきたいものです。

ブーツの保管

冬場にブーツを履くことが多いのですが、夏場の保管はどうしていますか。
ブーツを履いている時はあまり気にしていないかもしれませんが、次のシーズンまでは靴箱に入れておくことになりますから、保管は重要なことです。
秋になって開けてみたらカビだらけとならないようにしなければなりません。
カビ予防の方法を知っておけば対処は難しくありません。
カビは湿気が多いシーズンに発生しやすいのですが、冬場に履くブーツでも靴の中は湿気が多くなっているでしょう。
足の湿り気が籠ってしまうからです。
毎日履くのでなければ、通常から乾燥剤やティッシュを靴の中に押し込んでおきましょう。
それだけでかなりの効果が期待できます。
カビは保管している時に発生します。
予防が重要です。
もちろん、すでにカビが生えてしまっているのであれば、早めに洗剤などで取り除いておくことをおすすめします。
放置しておいて改善することはありません。
それからブーツを保管する時は箱にしまい込むのではなく、できれば逆さにして吊るしておくといいでしょう。
もちろん、そのスペースが確保できないことも多いですから、必要条件ではありません。
ブーツを履いている期間はカビ予防をあまり考えなくていいでしょう。
どのくらいの期間、ブーツを履いていますか。
自分の中でカレンダーをイメージしてください。
何月になったら収納すると決めるのです。
もちろん、乾燥剤などを一緒に詰めておきましょう。
来年も気持ちよくブーツを履きたいものです。

ブーツのクリーニング

あなたは靴を洗う時にどうやっていますか。
スニーカーならたわしでごしごししてもいいでしょう。
しかし、ブーツとなるとどのような洗い方をすればいいかわからないはずです。
変なことをして履けなくなってしまうと思うのです。
そこでブーツのクリーニングを紹介しましょう。
もちろん自分で汚れを落とすこともできますが、専門業者できれいにしてもらう方がいいでしょう。
特にカビが生えてしまったブーツは簡単ではありません。
カビの予防をしておけばいいのですが、不完全な予防では効果がないのです。
さて、クリーニングの方法について説明しましょう。
基本的には一つ一つ手洗いです。
特殊な洗剤を使用する点が違うだけです。
ですから、ポイントだけをマスターしておけば自分でクリーニングすることも可能でしょう。
ただ、面倒です。
ブーツのカビは表面からだんだんと奥に広がって行きます。
早めに対処した方が簡単に洗い落とせます。
表面だけなら優しく拭くだけで十分だからです。
どのような洗剤を使用するのでしょうか。
アルコールを含ませた洗剤です。
業者によってはマイクロファイバーバブルを使っているケースもあります。
クリーニングに出す前に泥などの汚れは自分で取り除いておきましょう。
また、カビの広がり具合を見ておくことを忘れないようにしてください。
クリーニングから戻ってきて、カビがきれいに落ちているかをチェックするのです。
いつまでもブーツを履き続けたいと思うなら、日ごろからお手入れをしておくことが重要です。

ブーツを洗う

ブーツが汚れた時はどうしますか。
自分で洗うことができれば一番ですが、あまり簡単ではありません。
ただ、ブーツを丸洗いできる洗剤が登場しました。
もちろん、カビ予防にも役立ちます。
どうしてもひどいカビが発生していると、クリーニングに出さないときれいにならないかもしれません。
結局、汚れやカビは早めに対処することが重要と言うことでしょう。
クリーニング業界では革製品を丸洗いせずに、水を使わないドライクリーニングを行っています。
ドライクリーニングによって革が傷むことは避けられますが、その分汚れやカビは落ちにくくなってしまいます。
専門業者の場合は、丸洗いするのではなく、1品ずつ手洗いが基本です。
しかし、それでは手間がかかりますから、クリーニング代も決して安くありません。
自分で洗うことができれば一番安くて済みます。
また、定期的に洗っておけば、カビ予防にも最適でしょう。
革製品を自宅で洗うための特殊な洗剤を使ってみてください。
決して通常の洗濯用洗剤を使用してはいけません。
縮んだり傷んだりするでしょう。
せっかくのお気に入りのブーツであれば、大切にしておきたいものです。
そして、いつまでも履き続けられるようにお手入れをしておきましょう。
革製品を洗うことができる洗剤は特殊ですから、どこにでも売っているわけではありません。
通販サイトなど限られたところで取り扱っています。
その効果は実際に試してみなければわかりませんが、十分期待していいでしょう。

おすすめのブーツカビ取り

ブーツのカビ取りはできるだけ避けたいものです。
しかし、お気に入りのブーツでもしっかりとカビ予防をしておかなければ、カビを避けることはできないのです。
さて、カビが付いてしまったブーツをどうやって元のようにきれいにできるのでしょうか。
いくつかおすすめの方法がありますから、紹介しましょう。
安く済ます方法もありますし、高いけど確実な方法もあります。
どれがいいかは自分で判断しなければなりません。
安く済ます方法は自分で洗うことです。
もちろん、通常の洗剤を使って革製品のブーツを洗うと、縮んでしまうことになりますから、それはできません。
自宅でブーツを洗うことができる洗剤が登場していますから、一度試してみるといいでしょう。
クリーニングに出した場合も、水を使わないドライクリーニングとなることでしょう。
しかし、それではカビの除去は不十分です。
水を使わない分だけ、洗浄力が落ちるからです。
ブーツを専門的に取り扱っているクリーニング業者であれば、一つ一つを手洗いしてくれますから、かなりのカビが取り除けます。
その分だけ費用はかかります。
どれもおすすめではありますが、費用対効果を考慮することが重要です。
カビ取りをすることよりも予防することの方が重要です。
カビ予防は難しいことではありません。
湿気を帯びたブーツをそのまま放置せずに、乾燥させればいいだけなのです。
乾燥剤などをブーツの中に入れておけば、それだけで十分でしょう。

ブーツを履く

あなたのおしゃれのポイントはどこですか。
足元に気を使っているなら、ブーツはどうでしょうか。
履いている姿はいいのですが、脱いだ後の処置を確実にしておかなければなりません。
それはブーツにカビが生えやすいからです。
常日頃からブーツのカビ予防をしておくことが重要です。
具体的にどのような予防方法があるのでしょうか。
ブーツを購入する時に、お手入れの方法や予防法をショップに聞いておくと後で役に立ちます。
若い女性がブーツを好んでいるかもしれませんが、カビが生えたり、臭いがしたりするのは避けたいものです。
そのためのカビ予防と考えていいでしょう。
ブーツのカビ予防は身だしなみの一部です。
具体的にどのような方法で予防をするのでしょうか。
一つは湿気取りです。
乾燥剤などを靴箱に入れておきましょう。
ブーツの中に直接入れるタイプの乾燥剤もあります。
雨の日に履いたブーツは乾燥機などで全体を乾かしてから、乾燥剤をブーツの中に入れます。
夏場にブーツを履くことはほとんどありませんから、靴箱の中にずっと押し込んだままとなります。
時々取り出して、カビが生えていないかをチェックすることをおすすめします。
自分がブーツを履きたいと思った時から、お手入れは始まっています。
それができないならば、購入すべきではないのかもしれません。
もちろん、それほど簡単に割り切れることではありませんから、できるところからやるようにしてください。
ブーツを履いている女性の姿は美しいものです。

ブーツのカビ予防

ブーツのカビ予防について考えてみましょう。
カビ予防を考える理由はブーツにカビが付きやすいことと、一度ついたカビを取り除くことが容易ではないからです。
つまり、カビはブーツにとって大敵なのです。
具体的にどうすればカビ予防になるのでしょうか。
それはカビがどのような状態で生えるかを考えて見ればわかります。
カビは湿度を好みます。
つまり、ブーツの中の足が汗をかけば、その湿気がブーツに移ります。
そしてカビが生えて強い臭いとなるのです。
もちろん、汗をかかないようにすることは無理ですから、ブーツを脱いだ後の処置を考えておきましょう。
湿気を取り除くための対策はブーツに限ったことではありません。
ティッシュで拭いたり、乾燥剤を置いたりすることでいいのです。
衣類のカビ予防と同じです。
どうしてもついてしまったカビは取り除かなければなりません。
インターネットでカビ取りを検索してみましょう。
浴室のカビ取り剤は強力なタイプが販売されています。
ただ、革製品ですからどのような成分でもいいわけではありません。
自然の素材だからです。
薬品を使ってカビ取りをしても、その後が残ってしまうのです。
ブーツのカビ取りの厄介なところは、元の状態に戻すことが難しい点です。
プロのブーツカビ取り業者は丁寧にカビを取り除いています。
ただ、費用は高いですから、それだけの価値があるブーツに限定したくなるでしょう。
お気に入りを長く履き続けるためにカビ予防が必要なのです。

ブーツのケア

ブーツに限らず革製品は購入後のケアが重要です。
放置しておくとカビが生えてしまうからです。
一度生えてしまったカビを取り除くことは容易ではありませんから、カビ予防が重要となります。
それがケアのポイントです。
もちろん、ブーツを履いた後に必ず乾燥させて、靴箱に入れるようにしておけばいいでしょう。
初めて購入したブーツであれば、こまめなケアをするかもしれませんが、だんだんと面倒になってきます。
そして、何足か購入した後はほとんどケアをしない人が多いのです。
もちろん、女性の方がこまめにケアしますが、男性はほとんどしないでしょう。
ただ、自分が気に入って購入したアイテムをどのように取り扱うかは性格が関係しています。
男性でも女性でもそれは変わりません。
つまり、ブーツをきれいに履きこなしている人はしっかりとケアもしていると言うことです。
自分がかっこよくブーツを履きたいと思うなら、カビ予防などのケアを確実にしておくことが大切です。
そうしないとブーツの見た目だけであなたを判断されてしまうでしょう。
ブーツのケアさえできない人だと思われます。
ただ、ブーツのカビは油断しているとすぐに生えてしまいます。
確実な予防をしなければなりません。
ブーツを購入する時にカビ予防を確実にやることを自覚しておきましょう。
もちろん、自分でやらなくてもクリーニングに定期的に出してもいいのです。
いずれにしてもケアを考えておくことが重要なのです。

ブーツの臭い

ブーツから臭いがすると、せっかくのかっこよさが一瞬にして幻滅してしまいます。
その臭いはブーツだけではなく、ブーツを脱いだ後の足から出ているのです。
ブーツの臭いを防ぐためにはカビを予防することが一番です。
もちろん、ブーツに発生したカビだけが臭いの元ではありません。
ただ、カビが一番大きな要因であることは間違いないですから、まずはカビ予防を考えてください。
臭いを消す方法はいくつかありますから、それを紹介しましょう。
一般的な方法としては足を清潔にするとか、消臭スプレー、足に汗をかかないように知るなどでしょうか。
ある程度の効果は期待できるとしても、完全ではありません。
つまり、臭いが少しでもすれば、それでは意味がないのです。
臭いを別の臭いでごまかすだけでは、根本的な解決とならないために臭いがなくならないのです。
臭いの原因は足やブーツの雑菌です。
湿気によって雑菌が繁殖して、それが臭いとなるのです。
それならば雑菌やカビが発生しない状況を作ればいいのです。
カビや雑菌は暗くて湿気が多いところが好きです。
つまり、湿気を取り除くことができれば、カビや雑菌を減少させることができます。
ひいては臭いを抑えることになるのです。
それから、太陽の紫外線を当てるために天日干しをしましょう。
これによって、ほとんどの雑菌は死滅します。
重要なのはこまめに実践することです。
一度にすべてを解消することはできないですから、定期的に湿気を取り除くようにしてください。

ブーツとカビの繁殖

ブーツにカビが生えるのは避けられないと考えている人が少なくないのですが、きちんとカビ予防のお手入れをしておけば何の問題もありません。
つまり、湿気が多いとカビが繁殖しますから、乾燥させるだけでいいのです。
カビは細菌の一種です。
ブーツ特有のカビかもしれませんが、繁殖する状況は同じと考えましょう。
足に汗をかいた時には早めに湿気を取り除くようにしてください。
もちろん、その日だけで解消するわけではありませんから、日々のケアが予防として重要です。
カビの繁殖はいろいろなところで話題になるでしょう。
ブーツだけの話ではないからです。
自分が持っているブーツのことばかりを考えるのではなく、身の回りの衣服のケアも考慮してください。
ただ、ブーツにカビが生えてしまって、悩んでいる人も現実にはたくさんいます。
靴箱に乾燥剤を入れておくだけでもかなりの効果が期待できます。
そんな簡単なことがなぜできないのでしょうか。
人は毎日の生活でブーツを履いていたとしても、そのことを忘れてしまうのでしょう。
自分のお気に入りのブーツにカビが生えたらがっくりするのではないですか。
毎日、カビが生えないようにチェックしておいてください。
自分の持ち物をきちんとお手入れできるなら、ブーツも安心して履いてください。
それができない人は、要注意です。
ブーツのカビが足の臭いになってしまいます。
よその家にブーツを履いていけなくなってしまうでしょう。
解消するためにはいろいろな対策がありますから、しっかりとチェックしてください。

ブーツの黒カビ

ブーツが黒くなっていませんか。
それが黒カビです。
カビ予防が不十分であれば、黒カビが発生します。
ところがいろいろなことを考え付く人がいるものです。
頑固なブーツの黒カビを取り除く方法があるのです。
特別な洗剤を考案しています。
これを使えばブーツだけではなく家じゅうのカビを取り除くことができるのだそうです。
ただブーツの場合は革製品ですから、強力な洗剤は使用できません。
縮んだり変色したりするからです。
つまり、使う場所を考えて使用しなければならない洗剤と言えます。
強力な洗剤で黒カビが取れるとしても、その前にカビ予防を考えるべきです。
ブーツにカビが生えるのはどのような時でしょうか。
毎日使用している場合にはほとんどカビは発生しません。
しばらく履かないと思って靴箱に入れたままにしておくと、次に出した時にカビが生えているのです。
つまり、収納時に注意することと保管時の状況です。
カビは汚れではなく湿気を好む微生物です。
乾燥させておけばカビを防ぐことができます。
決して、難しいことではありません。
ただ、それをこまめにできるかどうかがポイントでしょう。
履くたびに乾燥剤を入れるのは誰でも面倒だと思ってしまいます。
その面倒なことをするのがカビ予防と言えます。
自分が気に入って購入したブーツなのですから、いつまでも大切にしたいものです。
カビ予防のためにできることは多くありませんが、やれないことではないでしょう。
今日から実践してみてください。

ブーツとクリーム

靴のお手入れとしてクリームを塗っている人は少なくないでしょう。
革の表面が光って見えます。
もちろん、これは見た目をよくすることだけではなく、カビ予防にもなっています。
湿気を好むカビが広がらないようにしているのです。
靴専門店のサイトを見てみれば、クリームを使ったブーツのメンテナンスが細かく書かれています。
クリームとオイルを塗って、表面の劣化を防ぐことが重要です。
まずは汚れを取り除きます。
そこにクリームを均一に塗ります。
オイルをつけるとブーツの素材である革の表面が光りだします。
丁寧に柔らかい布で拭きましょう。
ブラシで擦る場合もあります。
いずれにしても、丁寧なケアを心がけることです。
このようなグッズを購入している人にはカビ予防など説明することもありません。
最初からそのつもりだからです。
ただ、現実には多くの人がブーツに生えたカビで悩んでいます。
つまり、クリームを購入して、ほとんどケアをしないのです。
そのことが一番の問題かもしれません。
できること、やるべきことがわかっていながら、それができないのは多くの人に共通しています。
カビ予防とは心構えのことかもしれません。
自分が大切にしているグッズをどのようにケアするかでしょう。
もちろん、すべてのものを大切にしていても、ケアばかりをしている時間も余裕もありません。
優先順位を付けることになります。
ただ、カビはあなたのそのような気持ちを理解してくれません。
チャンスがあれば容赦なく広がって行くのです。

ブーツとオイル

靴用のオイルは革製品に使用されています。
ブーツはその典型でしょう。
もちろん、革製品の劣化を防ぐために使用するオイルです。
乾いた布やブラシを使ってオイルを隅々まで沁み込ませます。
カビが生える原因となる湿気を寄せ付けないようにするためです。
しっかりとケアをしておけばカビを気にする必要もありません。
それがカビ予防となっているからです。
乾燥剤などを使用している人もいるでしょう。
しかし、それは一時しのぎに過ぎません。
ちょっと油断するとカビがすぐに生えてくるでしょう。
季節によって対応策を考えることになるのです。
オイルをこまめに使用することでブーツのカビ予防は完璧です。
決して難しいことではありません。
時々、自分のブーツをじっくりと見てみましょう。
表面の状態はどうでしょうか。
きれいにしているかを見るのではなく、カビの元となる湿気はないでしょうか。
ブーツを購入した時にオイルやクリームをすすめられませんでしたか。
自分では使用するつもりはないと思ったかもしれませんが、それならどうやってカビ予防をするつもりだったのでしょう。
オイルを持っていないなら、今すぐに購入しましょう。
そして、週に一度くらいは靴のケアをしてください。
お気に入りのブーツでしょう。
それくらいの労わりを持ってほしいものです。
自分が好きなアイテムには適切な愛情をこめて接しましょう。
それが物を大切にすると言うことです。
きれいになったブーツを見るとうれしくなりますね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。