ビジネスの言葉遣い

この記事は14分で読めます

言葉遣いについて

子どもの時から目上の人に対する言葉遣いは丁寧にしなければならないと教わったことでしょう。
ただ、大人になるとどのような時に言葉遣いを変えるべきかわからないことも少なくありません。
同期の社員であれば年齢が違っても気安く話すことができるでしょう。
しかし、1年でも早く入社した人に対しては言葉遣いに気を付けなければならないのです。
それからビジネス用語と呼ばれる言葉もあります。
もちろん、日本語として意味は通じますが、慣れていないとスムーズに出てきません。
先輩の言葉遣いを注意深く聞きながら、ビジネスにおけるマナーを会得することが必要です。
一定の決まりがあるわけではないため、状況によってうまく使い分けています。
多くの場合はそれで問題ないのですが、大切なお客様に対して不愉快になるような言葉遣いをしてしまうと、大きな失敗となることでしょう。
そのことをよく考えることが大切です。
何気なく口から出た言葉が大きな影響を与えてしまうのです。
もちろん、相手の悪口を言っているのではなく、適切な敬語を使っていないと言うことでしょう。
ただ、現代の若者に限らず、中高年でもビジネス時の言葉遣いがおかしい人はたくさんいます。
どれが正しい言葉遣いなのかわからなくなってしまうのです。
また、時代の流れとともに言葉遣いも変わっていきます。
いつまでもビジネス用語が変わらないわけではないのです。
大切なのはその場のメンバーに合わせて言葉を選ぶことでしょう。

スポンサードリンク

ビジネスでの言葉遣いとは

ビジネス用語と呼ばれる言葉がありますが、これは日本中で共通しているわけではありません。
それぞれの会社が周りを見渡して、どのような言葉遣いをすべきかを考えた結果として決めているのです。
それが広まっていき、現代のビジネス用語となりました。
コンビニエンスストアなどで店員の言葉遣いを注意深く聞いてみるとわかりますが、それぞれの会社で少しずつ違っています。
また、通常の会話にはない違和感もあるでしょう。
お客様に接するためにどのような話し方をすればいいかは本人が考えればいいのですが、それよりも全社員共通にした方が説明しやすいのでしょう。
日本語として間違っているわけではありませんし、その意味するところはよくわかります。
目的は達成できています。
お客様と店員と言う立場の違いが常にありますから、相手に不快感を与えないような言葉を選ぶことが重要です。
その場で考えるよりも、あらかじめ用意された言葉を組み合わせることが簡単なのです。
あなたの会社ではどうでしょうか。
もちろん、すべての人が毎日お客様と接しているわけではありませんし、相手によって言葉を使い分けることも必要でしょう。
ただ、社内でも職位の違いによって、敬語を使うべき人と普段通りの話し方ができる人は違います。
それは社会人になると自然とわかってくるのでしょう。
極端に丁寧になる必要はありません。
基本的な言葉遣いを理解しておくことは重要です。
インターネットなどでチェックしておきましょう。

お客様と言葉遣い

お客様と毎日接する仕事をしているなら、言葉遣いは丁寧になります。
もちろん、お客様に不快感を与えてはいけないからです。
お客様対応のためのマニュアルがあり、そこには言葉遣いまで書かれているのです。
そのまま読めばお客様対応ができるのです。
一般的にビジネス用語と呼ばれているのは、お客様と店員のように上下関係が明確な場合の言葉とは違います。
どちらかと言えば専門用語に近いでしょう。
それぞれの業界だけで通じる言葉も少なくありません。
特定の機械を知っていればわかる言葉ですが、他の人が聞いても何のことか意味不明でしょう。
新入社員の教育として、ビジネス用の言葉遣いについて説明を受けた人は少なくありません。
その時にはよくわかっているのですが、次第に忘れてしまうのです。
もちろん、それぞれの職場で必要な言葉遣いは自然と身についていきます。
いろいろな形でビジネスに関わっている以上、その関係者との良好な関係を壊すことは利益にはならないからです。
不適切な言葉を使って、相手に不快感を与えることは避けなければなりません。
それならば最初から決めた言葉を話した方が簡単なのです。
すべての場合に対応した言葉が用意されているわけではありませんが、基本を知っておけば、その場で応用していけばいいのです。
難しく考えなくてもいいでしょう。
相手もあなたが言いたいことがわかっているはずです。
時には高圧的な態度を取るお客様もいるでしょう。
そのような人への対応はビジネス以外でも同じなのです。

挨拶と言葉遣い

新入社員が最初に学ぶのは挨拶の仕方です。
お客様に対しては当然ですが、社員同士でも朝の挨拶は重要です。
元気の良い挨拶はとても気持ちのいいものです。
口の中でぼそぼそと話してはいけません。
同時に言葉遣いも学ぶでしょう。
ビジネスにおいては相手との関係を崩さないようしなければなりませんから、言葉遣いが重要なポイントになるのです。
もちろん、仕事の内容によって、話す相手は変わってきます。
丁寧に説明しなければならない場合と議論を戦わせる場合があるでしょう。
それぞれで言葉遣いは変わっていいのですが、無意味に怒らせるような言葉は避けるべきです。
当人同士の人間関係を壊すだけではなくビジネスに支障が出てしまうこともあるのです。
ビジネスにおける言葉遣いとは相手との関係の中で選ばなければなりません。
杓子定規に決められた言葉だけを使えば済むことではないのです。
コンビニエンスストアや食堂の店員の言葉遣いが変だと思う時もあるでしょう。
しかし、それに対して文句を言う必要はありません。
この店舗はそのようなところなのだと思えばいいのです。
お客様相手の職場では言葉遣いに非常に神経を使っています。
挨拶はその最たるものでしょう。
朝の挨拶、夕方の挨拶は心を込めているはずです。
ビジネスですから自分の個人的な状況に関係ありません。
ムシャクシャすることがあっても、お客様の前ではにっこりと笑顔を作ることが必要なのです。
つまり、言葉は丁寧でも心の中では何を考えているかわからないでしょう。

言葉遣いとマナー

ビジネスマナーを知らない人は他の人に不快感を与えていることもあるでしょう。
これはビジネスマンと言うよりも社会人としてどこか欠落している部分がある可能性も否定できません。
もちろん、誰もが同じように人付き合いがうまいわけではありませんが、それなりにビジネスに支障がない程度の対応をしなければなりません。
自分がやるべき仕事においては、特別に言葉遣いを気にしなくてもいい場合もあるでしょう。
ただ、どのような言葉遣いをすべきかを理解しておかなければなりません。
状況によってはお客様に直接しなければならない場合もあります。
現場の仕事ばかりをしていると、どのような言葉遣いをすればいいかわからなくなってしまうのです。
しかし、丁寧な言葉を使えばいいだけです。
相手に対して丁寧に接することがマナーの一つと考えてください。
ビジネスではホテルマンのように極端に丁寧な対応をする必要はありません。
これまでも会社ではいろいろな機会を通してマナーについて説明されていることでしょう。
そのすべてを活用することはできませんが、状況に応じて適切に対応するための知識は身に着けるべきでしょう。
それがマナーとなるのです。
相手に対して自然に反応できるようにならなければなりません。
ただ、新入社員にそれを求めるのは酷ですから、接待用のマニュアルが作られるのです。
自分に何が必要なのかを考えてください。
それも社会人としてやるべきことでしょう。
言葉遣いだけのことではありません。

不快にさせない言葉遣い

あなたは相手を不快にさせてしまう言葉を不用意に発してしまうことはありませんか。
もちろん、わざとそのような言葉遣いをしているわけではないでしょうが、どうしても話の成り行きを制御できないのです。
このような人はビジネスには向きません。
お客様との直接接する仕事をしている場合は言葉遣いが重要な役割を果たすのです。
家庭で使っている言葉とビジネスで使う言葉は違います。
つまり、私たちは話す相手との関係によって言葉を選んでいるのです。
それは意識しなくても自然に行われています。
ただ、それが不快な気持ちにさせる場合があることを認識しておかなければなりません。
またそれを避けるためにビジネスの中で使うべき言葉遣いを学んでおくのです。
ビジネスマンとして立派にやっていくためには、相手とスムーズな会話ができなければなりません。
もちろん、あなたの会社が作っている商品の価値も重要ですが、それを販売するためには機能などを説明しなければならないのです。
相手に対して丁寧な言葉を使っていれば、相手もわかってくれるでしょう。
ビジネスだけではなく、口から出た言葉は取り消すことはできません。
まずは深呼吸をしましょう。
そして3まで数えてから口を開くのです。
自分が不快に思っているとしても、その気持ちはすぐに消えてしまいます。
そのために間を空けるのです。
自分が何をすべきか冷静に考えてみましょう。
接客に慣れていないと、スムーズに言葉が出てこないでしょう。

言葉遣いを選ぶ

ビジネスで使用する言葉は特別なわけではありません。
基本的には敬語の使い分けです。
言葉遣いを考える時に誰に対して敬語を使うかと言うことです。
会社内では上司に対して敬語を使います。
しかし、社外の人に対しては上司も身内の関係になります。
したがって、敬語を使うべきではないのです。
これはビジネスシーンだけの特別なことと思っている人もいるようですが、家庭の内と外の関係と何も変わりません。
社会人になって違和感がある人はこれまでの言葉遣いが間違っていたのかもしれません。
その場でどのような言葉遣いをすればいいかを考えるのではなく、自然と言葉が出てこなければ一人前とは言えません。
これはビジネスマンとして一人前と言うことではなく大人として一人前ということです。
ただ、社会人となってかなり経験を積んでいる人でも言葉遣いがおかしいこともあります。
それでも仕事はできるのですから、必ずしもビジネスには必要ないのかもしれません。
しかし、相手との関係を良好に保つためには何をすべきかを考えておくことは大切です。
現実にはほとんどの人がしっかりと仕事をしていますから、ビジネスにおいて、言葉遣いが重要な影響を与えることはほとんどないと言えるでしょう。
しかし、気持ちよく会話をするためには最低限のマナーはわきまえておきたいものです。
それはあなたへの評価となるからです。
上司はそのことをよく見ています。
収入にも少なからず影響していることになるでしょう。

言葉遣いの役割

言葉遣いについては日頃気にしていないかもしれませんが、ビジネス上では大きな役割を担っています。
つまり、言葉遣いによってビジネス相手とのスムーズな取引を行うことができるのです。
社内で話す時と社外で話す時には敬語の使い方を変えることがビジネスでのポイントです。
それを理解しているかをチェックされているのです。
もちろん、それが直接ビジネスの取引に影響を与えるとは言えません。
それ以上に商品の性能などを注目しているからです。
若い新入社員であれば言葉遣いについて上司から指導を受けることでしょう。
しかし、いろいろな場面で話をする機会があれば、自然とわかってくるのです。
一方で、中高年になっても言葉遣いがおかしい人もいます。
その程度のことだと思ってください。
インターネットでビジネス用の言葉遣いについて調べてみましょう。
それを読めば何となくイメージはつかめます。
重要なことは相手に対して丁寧な言葉を使うことや、自分の社内の人とは違うことを意識することです。
社長は会社の中では偉いのですが、取引先の相手がいれば身内の一人にすぎません。
身内がお客様かという視点を持てばいいだけです。
毎日社外で話をしている人と、めったに話をしない人ではビジネス用の言葉遣いの慣れ方が違います。
それは仕事の内容が違うのですから、どうしようもありません。
自分がやるべきことを明確に意識することで、自分を高めることができるのです。
言葉遣いのレベルアップを図ることで将来を切り開くことができます。

商談と言葉遣い

商談を進める上で相手との会話には注意を払わなければなりません。
その内容はもちろんですが、言葉遣いにも気を付けましょう。
それがビジネスマナーだからです。
お客様を相手にしている時は社内の人間はすべて身内の視点で話すことが重要です。
つまり、敬語を使わないのです。
インターネットで検索してみればたくさんの事例が掲載されています。
難しいことではありませんから、読んでおきましょう。
新入社員の教育で、きっちりと指導する会社もありますが、ほとんど話題にならない会社もあります。
それは会社の仕事内容が違うからです。
めったにお客様と接する機会がない職場とコンビニエンスストアのように接客がメインの職場では言葉遣いの重要度が違うのです。
ビジネスで商談をうまく成立させるためには言葉遣いだけでは無理です。
どのような形であれ相手にメリットがなければ意味がないのです。
もちろん、多くの人は自分の仕事に自信を持っていますし、誇りもあるでしょう。
それが言葉遣いだけでひっくり返ることはありません。
自分の仕事と商談における会話に直接の関係があることないでしょうが、変な言葉遣いを聞いた相手はあなたの会社の評価を下げることでしょう。
それが最終的な判断に影響する可能性は否定できません。
ただ、その程度のことが商談を変えてしまうのであれば、相手のメリットは少ないと思ってください。
新入社員の言葉遣いは気にしなければなりませんが、ベテランになれば自然と言葉は出てくるのです。

言葉遣いに気を付ける

ビジネスマナーとして言葉遣いが注目されることが少なくありません。
具体的にどのような言葉遣いなのかを説明します。
あなたが会社の中で社長のことを話題にする時に敬語を使うでしょう。
それは話をしているメンバーにとって社長は偉いからです。
しかし、取引先と話す時には社長のことには敬語を使いません。
それは取引先にとって社長はあなたの身内だからです。
ビジネス言葉とはこの程度のことです。
決して難しくはありません。
ただ、それがスムーズに出てこないところが問題なのです。
日頃から意識していないと、上司から指摘されることになってしまいます。
言葉遣いに気を付けることは社会人としての意識を持っているかどうかに関係しているのでしょう。
ネットでビジネスマナーについて検索してみてください。
たくさんヒットしますが、難しいことは書かれていません。
新入社員の時は研修で学ぶこともありますが、人から言われなくても常識として知っておくべきことでしょう。
自分の身内のことを話す時に、どのような言葉遣いをしているでしょうか。
社会人だけのことではないのです。
ビジネスの世界では自分がどう評価されているのかをチェックしている人が少なくありませんが、それだけで仕事ができるわけではありません。
最終的には自分たちが提供するサービスや商品を評価してもらうことが重要だからです。
いいものを作れば売り上げは伸びていくのです。
ビジネスマナーと関係ありません。

言葉遣いと季節

季節に合わせて挨拶の仕方も変わってきます。
ビジネス文書の書き出しについて指導を受けたことがあるでしょう。
同じように言葉遣いにも気を付けましょう。
もちろん、季節による挨拶はビジネスだけのことではありませんから、難しく考えなくていいでしょう。
冬の寒い朝、夏の日差しの中、いろいろと言葉遣いは変わってくるでしょう。
ビジネスシーンで使われる言葉遣いが特別だとしても、その場に合わせて言葉を選べばいいのです。
そのことが難しいと感じているかもしれませんが、それを気にする必要はありません。
ところで、店舗などで接客をする機会が多い人とほとんどお客様と会わない人がいます。
それぞれの仕事の違いがありますから、ビジネスマナーをすべての人が理解しているわけではないでしょう。
自分がどのような言葉を使っているかを無理に意識しないようにしましょう。
職場の雰囲気によって、神経質になっている人もいますが、仕事を続けて行く上で必要は職場とどうでもいいところがあります。
それから、季節が変わることで、ビジネスに対する気持ちも変わるのではないでしょうか。
年度末が会社としてのまとめになっているからです。
挨拶は人と人との付き合いに過ぎません。
仕事上の付き合いはもっと大きなレベルなのです。
現実には営業マンとしてやり手の人の言葉遣いが正しいとは言えない場合もありますから、仕事ができる人と言葉遣いは関係ないでしょう。
ただ、新入社員として一人前に評価されるためにはマナーは基本です。

敬語が必要な時

目上の人やお客様に対して敬語を使うのは普通ですが、その時の状況に合わせて言葉遣いを変えなければなりません。
それがビジネスマナーと呼ばれているものです。
難しいことではなく、誰に対して敬語を使うべきかを考えればいいのです。
新入社員教育の一環でビジネスマナーを教える会社もありますが、一般常識と見れば説明しなくても知っておいてほしいものでしょう。
社会人としての一般常識を知らずにビジネスマナーだけを身に着けようと考えることに無理があります。
ただ、現代の若い人と上司になる中高年世代では世の中の考え方自体が違います。
どちらが正しと言うことではなく、その時代によってマナーも変化していると言うことです。
つまり、言葉遣いも少しずつ変わっているのです。
敬語に対する考え方も同じでしょう。
もちろん、相手を敬う気持ちは当然必要ですが、それを言葉にする時にどのような話し方をするかがポイントになります。
インターネットや書籍で説明されていることだけが正しいと考えるのではなく、自分たちでどのような言葉遣いにするかを考えてください。
多くの接客業では言葉遣いに関する細かいマニュアルがあります。
その通りに話せば、ビジネスマナーとしては100点満点なのです。
しかし、それを聞いていると何となく違和感があります。
気持ちが籠っていないからでしょう。
自分の気持ちを相手に伝えることが接客業としては必要です。
笑顔の裏の気持ちを伝えなければなりません。

年齢と言葉遣い

言葉遣いは年齢によって変わってきますが、ビジネスマナーとして年齢に関係ありません。
それよりも会社内での地位や相手との立場の違いが言葉遣いに現れてくるのです。
ビジネスマンとして駆け出しの頃は言葉遣いに慣れていないかもしれません。
しかし、社会人として働きだしたのであればしっかりとマスターしなければならないのです。
目上の人に対して丁寧な言葉遣いをすることは当然ですが、会社内での上下関係に応じて適切な言葉遣いをしなければなりません。
そして、社外ではそれが少し変わってくることが注意すべき点です。
ただ、これはビジネスシーンだけのことではなく、一般的な常識と考えるべきでしょう。
仕事をしていない時でも同じことだからです。
文書を書く場合でも注意が必要です。
長年、ビジネス文書を書き慣れた人なら何でもないことですが、新入社員にはわからないことも少なくありません。
言葉で使う場合と文書で使う場合には微妙に変えなければならないのです。
年齢とともにそれらのマナーをマスターできると考えている人もいるでしょうが、それは大きな間違いです。
自分で意識的に行わない限り、マナーは変えられないのです。
そのためには手本となる言葉遣いや文書を手元においておきましょう。
新入社員の研修でも、説明を受けているでしょう。
仕事の中で活用する機会があれば慣れていくでしょうが、その機会がない職場も少なくありません。
そのため年齢の割に言葉遣いがおかしい人もいるのです。

ビジネスマナー

ビジネスマナーについて説明しましょう。
取引相手との挨拶、名刺交換など基本的なことから始まり、いろいろなシーンで使われる言葉遣いなどがあります。
ビジネスマナー講座もたくさん開催されているのです。
もちろん、それだけで仕事ができるわけではありませんが、好感度をアップさせることによって自分の会社に有利に話を進められる可能性は高まります。
誰でも、話をして気持ちのいい相手と取引をしたいと考えるからです。
つまり、ビジネスとは人と人との対話から始まると考えなければなりません。
いくら商品が優れていても、愛想のない営業マンでは誰も購入してくれません。
ここで注意しなければならないのはインターネットが主流となった通販ではビジネスマナーは変化していると言うことです。
言葉遣いを気にする必要はなくなりましたが、その代わりにメールでの文章に注意を払わなければなりません。
ビジネスは営業力が大きな影響を与えますが、その営業力とは個人的な資質に基づいています。
言葉遣いとビジネス文書の作成です。
相手に好感を持ってもらうことが営業マンとして重要な役割ですから、そのために何をすればいいかを考えるのです。
実はビジネスにおける基本的なマナーは昔から変わっていません。
人が仕事をするようになった時代にはすでに一定のマナーがあったのです。
現代はそれを明確な資料にしているだけです。
また、時代とともに少しずつ変わっていく部分もありますから、それを意識しておくことをおすすめします。

言葉遣いでの注意

会社でいろいろな地位の人と話をする機会がある人は自然と言葉遣いを覚えるものです。
しかし、ほとんど限られた人だけで仕事をしているなら言葉遣いなど気にする必要もありません。
ビジネスにおいて言葉遣いを気にしている人は少なくありませんが、現実問題として大きな影響を与えるわけではありません。
ただ、上の位になるにしたがって、部下の言葉遣いが気になってくるようです。
話し方がおかしいと上司から指摘される新入社員も少なくありません。
しかし、よく話を聞いていると他の人もおかしい場合もあるのです。
これは単に言葉遣いだけを聞くのではなく、その時の状況を知ることが重要と言うことです。
話している相手と自分の関係、話題としていることとの関係などによって言葉遣いを変えなければならないのです。
それをスムーズにできる人がビジネスマンとして一人前と言えるでしょう。
上司から言葉遣いで叱責されて、どのような言葉を使えばいいのか悩んでしまう若手が増えています。
何が間違っていたのか理解できないのです。
正しいセリフが重要と言うことではなく、話し方にも注意しなければなりません。
セリフは丁寧でも、話し方がよそよそしければ好感は持たれないでしょう。
それが人と人との対話なのです。
自分の口から出る言葉が相手にどのように伝わっているかを考える習慣を持つことです。
それがビジネスマンとしてのスキルを高めることにつながります。
優秀な営業マンの話し方を参考にするのもいいでしょう。

親しき中にも礼儀あり

親しき中にも礼儀ありとは、それぞれの立場に合わせて丁寧な言葉遣いも必要であると言うことです。
もちろん、その親しきという範囲は人によって異なりますから、自分は親しいと思っていても相手は違っているかもしれません。
ビジネスの世界では相手との距離の取り方が難しいのです。
上司と部下の関係であれば敬語を使うことが当然ですが、つい同期の社員と同じような言葉遣いをしてしまって、そのことを指摘されることもあるでしょう。
ビジネスマナーの基本がなっていないと言われるのです。
どこまでが礼儀なのかも重要です。
ビジネスマナーのマニュアルなども作成されていますが、それをどの状況で使えばいいかを理解しなければなりません。
上司と部下、お客様と自分の関係を常に意識することが社会人として必要なことなのです。
また、対等の関係であっても親しい間柄でなければ、一般的には敬語を使います。
しかし、相手には敬語として受け取られないケースもあるのです。
これに地域毎の方言が加味されると余計にわかりにくくなるでしょう。
人間関係を良好に保つためには日々の会話が重要です。
商談を成立させるためにも必要なことなのです。
ただ、外国人との場合はどうでしょうか。
英語で敬語はどのように表現されているのでしょう。
国際人を目指しているなら、それも学ぶようにしてください。
単に仕事ができるだけではビジネスマンとしては不十分でしょう。
自分の言葉遣いをもう一度チェックしてみましょう。

役立つ言葉遣い

仕事をする時には周りの人と会話をしなければなりません。
そこで重要なのが言葉遣いです。
もちろん、話す相手によって適切な言葉を選ぶことが重要です。
ただ、それが適切にできれば、あなたの評価は確実に上がります。
と言うよりも不適切であれば評価が下がると表現した方が合っているでしょう。
それだけ、自分が話している言葉は影響があるのです。
人によってはうまく話せないこともあるでしょう。
ただ、それでビジネスマンとしてやっていけないわけではありません。
できるだけ話す必要のない職場を希望すればいいのです。
営業マンは違います。
人と話すことが仕事だからです。
ビジネスマナーをマスターすることは営業職になったら必須と考えなければなりません。
もちろん、会社もそう考えていますから、研修などでしっかりと教えてくれるでしょう。
相手を不快にする言葉、信頼されるための言葉などその役割を理解してください。
頭の中だけで理解するのではなく、それが自然と出てくるようにならなければなりません。
それは経験がカバーしてくれることでしょう。
難しく考えなくていいのです。
ところで、日常生活で使う言葉とビジネス用語は違うと考えている人が多いのですが、大筋ではほとんど変わりません。
相手に対して、どのように接するかを考えればいいのです。
社会人としてどう振舞えば大人として認められるかでしょう。
ただ、すべての社会人が満足な言葉遣いをしているわけではないのが現実です。

言葉遣いと気持ち

感謝の気持ち、敬う気持ちを持っているとしても、それを言葉に出さなければ相手に伝わりません。
それはビジネスにおいても同じことでしょう。
どれだけ笑顔で接していても、言葉がなければ誠意は伝わらないのです。
ビジネスをスムーズに進めるためには商談相手の気持ちを考えなければなりません。
長い間営業をしていると、その言葉遣いがスムーズに出てくるようになります。
それが営業マンとしての資質になるのでしょう。
新入社員の時はどのような職場に配属になるかわかりませんから、何でも対応できるように言葉遣いの研修を受けるのです。
あなたの会社ではどのような研修が行われているでしょうか。
自分の言葉遣いを振り返ってみましょう。
意外と適当な言葉を使っているのではないでしょうか。
もちろん、相手に伝えたいことは伝わっているのですから、目的は達成しているかもしれません。
ただ、この人とは話したくないと考える人がいてもおかしくないでしょう。
ビジネスはインターネットを使ってメールだけのやり取りで済む場合が多くなってきました。
若い世代の言葉遣いが気になるところです。
メールでは気持ちを伝えることはできませんから、ビジネスマナーとしての文章をしっかりと押さえておくことが大切です。
ビジネスでは相手に好感を持ってもらうことが重要な役割を果たすことを理解していれば、どのような文章を書けばいいかわかります。
インターネットにたくさんの文例集が掲載されています。

言葉遣いと電話対応

店舗の受付を任されているなら、電話対応もしっかりと行わなければなりません。
そこで重要なのが言葉遣いです。
電話を取ってから話す言葉はマニュアルで決められているでしょう。
しかし、その通りに話すことほとんどありません。
相手に合わせて対応することが重要となります。
どのような言葉遣いをすればいいかを理解しておけばいいだけです。
電話対応で注意することは、聞きやすい話し方をすることです。
言うべきことはわかっているとしても、電話の受話器を通ると言葉の明瞭度が下がります。
聞こえにくくなるのです。
早口もダメですね。
受付としての研修を新入社員の時は受けたことでしょう。
そこで指摘されたことをどれだけ実践で活用できるかが重要です。
もちろん、言葉遣いや電話対応は基本的なことですから、それだけで評価が上がると考えるべきではありません。
社会人としての常識レベルのことだからです。
普段何気なく使っている言葉だけで、ビジネスがスムーズに行くこともあります。
商談の仕事を電話で行うケースも少なくありませんが、それだけでは済みません。
直接会って話をしなければならないのです。
相手に対して丁寧な言葉遣いは当然だとしても、それだけでビジネスがうまく行くわけではないでしょう。
営業成績がいいスタッフはそれだけの努力をしていますし、相手に好感をもたれるような話し方をしているはずです。
手本となるべき人を見つけたら、その言葉遣いに注意するようにしましょう。

接待と言葉遣い

営業の世界では接待も重要な仕事です。
もちろん、相手によって接待の内容は変えなければなりませんが、言葉遣いだけは変わりません。
新入社員の言葉遣いだけがおかしいと指摘されることが多いのですが、実際にはベテランの営業マンでもマニュアルと比較するとおかしい話し方をしている場合もあります。
ただ、それはケースによって使い分けているのです。
接待によって、ビジネスがスムーズに行くとは限りません。
営業マンの腕次第と言うことかもしれませんが、そのためにはそれまでの信頼関係がどこまで築けていたかを考えなければなりません。
インターネットで検索するビジネスマナーは言葉遣いだけではなく、お辞儀の仕方や名刺の渡し方などいろいろな項目があります。
ただ、最前線の営業マンでなければそこまで必要ではないのです。
接待も同様です。
工場で新しい製品を作る仕事であれば、お客様も技術者となります。
お互いに本音で話し合いますから、言葉遣いなど気にする必要もないでしょう。
ただ、そこに同席している営業マンは違います。
しっかりと接待のセッティングをしていることでしょう。
それぞれの仕事には役割があります。
自分が果たすべき役割を達成するために必要なことを考えてください。
言葉遣いは社会人としての常識と言われることが多いのですが、実際の仕事では臨機応変にその場に合わせて変えることが重要です。
マニュアルがないと何も話せない社会人では役に立たなくなるでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。