スマホのバッテリー節約術

この記事は15分で読めます

スマホのバッテリーについて

携帯電話が私達の生活に普及し始めてもう長い事経ちますが、その形は徐々に変わってきていて今はスマートフォンが携帯電話の主流となっています。
携帯電話でもスマホでもその使い方は変わらず、1日長い時間使う人が多いと思います。
そこで問題になるのはバッテリーの問題で、どうすれば長持ちするのか、その方法をずっと考えてきた様な感じがします。
スマホに変わって従来の携帯電話と比較してバッテリーの持ちが悪くなった様に感じました。
1日持たなくて、凄い人だと午後には無くなってしまって予備のバッテリーを持ち歩く様にもなっています。
バッテリーが無くなってしまうといざ緊急の時に使えなくて困ってしまいますよね。
新しく発売されているスマホはこのバッテリーの持ちに注目をし、大容量のバッテリーを要したスマホも販売される様になっています。
予備として大容量のバッテリーを持ち歩くと言う方法も有りますが、大容量になればなるほど金額も高くなりますし重さもそれなりに有るので出来れば避けたいと思う人も多いでしょう。
そのバッテリーですが、長持ちさせる為の方法としては「消費電力を抑える事」に尽きると思います。
スマホは使うだけ使ってしまうと物凄い勢いでバッテリーが消費されてしまいます。
消費電力を抑える為の方法は色々有ります。インターネット等を調べるとこうした方が良い、ああした方が良い等の情報がたくさん掲載されています。
ですから、自分のスマホの用途に合った消費電力の抑え方を見つけてバッテリーが長持ちする様にしましょう。

スポンサードリンク

スマホのバッテリーは何故持ちが悪いのでしょうか

とても便利なスマートフォン。私達の生活の中に欠かせない存在になってきています。
持ち歩き出来る便利な小さなパソコンと言う様な感覚で、スマホで色んな事が出来る様になってきています。
インターネットもパソコンで見るのと同じ様なサイトが見られる様になってきていますし、色んなアプリを使う事によって出来ない事は無いのではないかと言う位便利な端末になっています。
しかし1つ問題が有るとするならばバッテリーが長持ちしにくいと言う事ではないでしょうか。
バッテリーを長持ちさせる方法を皆模索して、色んな長持ちさせる方法を駆使して使っていると思います。
何故スマホのバッテリーの持ちが悪いのか理由を考えてみましょう。
スマホに搭載されているバッテリーの容量が少ないのではないかと考えると思いますが、実はそんな事はなく充分に容量は大容量になっています。
スマホのバッテリーが長持ちしない理由として挙げられるのは、スマホが使っている電池の消費量がガラケーと呼ばれている従来の携帯電話と比較して格段に大きいからなのです。
スマホは端末その物が画面の大きさで有ると言って良い位大きく、それだけでも電池消費量が多いのにタッチパネルを使用する事も電池消費量が大きくなる原因となっています。
その他にもWi-Fiを使用する際の消費量、アプリを使用する際の消費量など、従来の携帯電話と比較して電池の消費量がとても多い事が分かります。
画面上での消費や通信による消費が多いと言う事なのですね。
ですからバッテリーを長持ちさせる方法としては、こうした電池消費量を抑える方法を考えていく必要が有るのです。

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法【省電力設定】

「省電力設定」にする事でスマホのバッテリーを長持ちさせる事が可能となります。
androidのスマホでバッテリーの消費を抑える方法ですが、「設定」アプリを起動して「画面の明るさ」「GPS機能」「Bluetooth機能」「Wi-Fi」「バックライト」「画面の向きを変える機能」「自動同期」等の各機能を省電力設定にするとかなり長持ちする事が出来るのではないかと思います。
スマホの場合、かなり画面がキレイで有るので直射日光が当たる様な外で使う場合を除けば、かなり画面の明るさを暗くしても充分にキレイに見る事が出来ます。
普段は画面を暗く設定しておいて、外の日向で使う場合だけ画面を明るくする様に設定する様にすれば良いのです。そうする事で消費電力を抑える事が出来る様になります。
また画面のバックライトを点灯しておく時間も、触っていない場合は1?2分位で消灯する様にしておけば良いでしょう。
通常は使っている時はバックライトが点いていて画面が見えていますが、使っていない時も5?10分位はライトが点きっ放しになっていて、その後に真っ暗に消えると言う様に設定されている事が多く、こうなると使っていないのにバックライト分の消費電力を使っている事になります。
触っていない時には直ぐにバックライトが消える様に設定する事でかなりの消費電力を抑える事が出来る様になります。
GPSやWi-Fi、Bluetooth等については使う時に機能をonする様にする事でかなりバッテリーを長持ちさせる事が出来る様になります。
但しいちいちこれらの設定のONとOFFを切り替えるのって面倒ですよね。
そんな時には設定支援用アプリを使う事で解決する事が出来ます。
必要に応じて複数の設定のONとOFFを切り替える事が出来るアプリが有りますので、これを使う事で使う時だけONにすると言う様な事が便利に出来る様になります。
この様に様々な設定で省電力設定にするだけでかなりバッテリーが長持ち出来る方法として有効的だと思います。

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法【外部機器】

無駄な事を省いてスマホの消費電力を抑える事でバッテリーを長持ちさせる事が出来る様になります。
その方法として挙げられる事に外部機器の使い方が挙げられます。
先ずは「Bluetooth」についてです。
スマホに接続できる機器として、スピーカー、キーボード、イヤホン等をBluetooth機能を使って繋げる事が出来ます。
Bluetoothを使う場合は常にそのスマホと機器を接続できる様に探している事になりますので、かなりのバッテリーを消費する事に繋がります。
その為に出来るだけ使わない時にはBluetooth機能もOFFにしておく事が必要になります。
そして使う時にだけONにする事で消費電力を抑える事が出来てバッテリーを長持ちさせる事が出来ます。
Bluetoothの場合は直接スマホと繋がっている訳では有りませんので外部機器に電力が供給される事は有りませんが、通信で繋げる為の電力は必要になりますので、やっぱり電力が失われやすくなりますので注意して下さい。
その他に外部機器を使う方法としてandroidのスマホであればUSBケーブルを使って機器を接続させる方法が有ります。
こうした機器を使う事でUSBケーブルを通して外部機器に電力が供給される様になる為、バッテリーの消費が激しくなります。
こちらも先程のBluetoothと同じ様に使う時にだけ外部機器を繋げる様にする等、使わない時は電力を供給しない様に繋げない様にする事がとても大切になります。
1つ1つはちょっとした事であると思いますが、積もればかなりのバッテリーの消費が抑えられると思いますので是非試してみて下さい。

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法【その他】

色々なスマホのバッテリーを長持ちさせる方法が有ります。
ここでは細々とした方法について挙げてみたいと思います。

先ずはバイブについてです。
音を出している状態よりもマナーモード等でバイブ設定をしている時の方が電力消費が激しい事が分かっています。
電車の中や会社の中等、マナーモードにしなければならない時は仕方が有りませんが、音を出しても良い様な状況の時には小さい音を出す様にして置く等、音を出す設定にしておく事で消費電力を抑える事が出来てバッテリーを長持ちさせる事が出来る様になります。
また常に画面が見られる状態で音やバイブが無くても大丈夫な状態で有る場合は、サイレント設定を使う事で音も出ないしバイブもなりませんので消費電力がかなり抑えられますので、試してみると良いでしょう。
また節電モードの設定にする事もとても有効的で、スマホのバッテリーの残りが有る基準以下になった場合に勝手に節電モードにしてくれると言う機能がスマホによって有ります。
これを使う事で例えば50%を切ったら節電モードに勝手に切り替わりますので、バッテリーが長持ちする様になってきます。
この切り替えの設定を高めに設定する事でバッテリーをより長持ちさせる事が出来るでしょう。
いざという時にバッテリーが無いと困った状況になってしまいますので、バッテリーの持ちは気にする様にした方が良いと思います。
またこうした設定についてはandroidのスマホとiPhoneとでは違いますので、それぞれのスマホで確認する様にして下さい。

あなたはスマホに依存しているのでしょうか

今や手放せない人も多くなったスマホ。便利でこれ1台有るととても便利ですよね。
ただ便利な故に使い過ぎてバッテリーが長持ちしなくて、バッテリーが長持ちする方法なんて言う物も出てきている様です。この方法を使うと少しは長持ちするらしいのです。
そんなスマホですが自分がスマホ依存症であると認識している人は少ないと思います。
ではどういう状態であるとスマホに依存しているのか挙げてみたいと思います。
先ずは食事中のスマホです。
せっかく友達や家族と食事をしていておしゃべりも楽しいはずなのに、その間にもスマホが気になって触ってしまう人がいますよね。
自分はそんなに見ていないつもりでも周りは結構気になっていると思いますよ。
次にスマホをいつでも持ってないと不安だと言う人も依存しているかもしれません。
たまたまスマホを忘れて出掛けてしまった場合、なんだかそわそわして落ち着かなくなってしまったり、時間が無いのに家に取りに戻ってしまったりする人がいます。
スマホが無い事で不安になったり動揺したり落ち着かなかったりする場合が有るのですね。
次に車の運転中にスマホを見てしまう場合も依存症の傾向が有ります。
信号待ちの時にスマホを触っていて青になっている事に気が付かない車。妙にスピードが遅くて何しているんだろうと思ったらスマホを見ながら運転している車。
こんな車を見る事が多いなと思います。車の運転中にスマホを触る事は危険ですし話しながらの運転は法律違反にもなりますので即刻辞めた方が良いでしょう。
もしもどうしても気になる事が有るのであれば、どこかの駐車場に止めてゆっくり見る様にしましょう。
他にも色々有りますが、こうした依存傾向は人間関係の交流の妨げになったり、危険性が有ったりしますので気を付けた方が良いと思いますよ。

スマホ使用のマナー

スマホはとても便利なツールで、これ一台有ると何でも出来る様な感じです。
その為にバッテリーの長持ち方法等がインターネット上に掲載されていたりします。
バッテリーが無くなると何も出来なくなってしまうので、長持ちする方法はとても重要項目なのです。
そんな便利なスマホですが、使い方次第ではマナー違反になる事が有りますので注意する必要が有ります。
皆で気持ち良くスマホを使える様にマナーを守ってスマホを使って行きましょう。
先ずは「公共の場で着信音を出す」のはマナー違反です。
電車の中、仕事中、コンサート中等、音を出さないで下さいと書いてある所はたくさん有ります。
そう言う所で大音量で着信音を出されると周りの人にとても迷惑な行為となりますので注意して下さい。
次に「何でもツイッターやfacebook等に投稿してしまう」と言うのもマナー違反です。
自分の事だけであれば良いのだと思うのですが、日頃の会社の愚痴や不満、友達の動画や写真等をどんどんアップしてしまう人が多い様に感じます。
誰が見ているか分からず、どんなインターネット犯罪の的になるかも分かりませんので投稿する際には最新の注意を払う様にしてください。
次に「歩きスマホ」はマナー違反です。
スマホを触りながら歩いている人が大勢います。前が見えていないのでぶつかってしまったり、最悪の場合車と接触してしまう可能性も有ります。
スマホを触る際には止まって触る事がマナーとなりますので気を付けるようにしましょう。
この他にも常にスマホを触っているとか、使ってはいけない場所で使っているとか色んなマナー違反が有ります。
スマホはとても便利なツールですので、皆が不快にならずに気持ち良く使える様に気を付けていきましょう。

スマホはiPhoneと違うのでしょうか

iPhoneはスマホの一種となりますので、iPhoneもスマホであると言えます。
そのスマホは大きく分けてiPhoneとandroidの2つに分けられると思うのです。
大きな違いはそのOSに有って、apple社が開発している物でOSがiosの物がiPhone、apple社以外のメーカーが作っているスマホでOSがandroidを使っているスマホがandroidと言う様に呼ばれています。
バッテリーが長持ちするかはiPhoneの方が良いと言う様に言われていましたが、今現在はandroidの方も改善が結構されていて殆ど変わらない様に感じます。
やはり使っていると消耗は激しくなります。
ですからバッテリーの長持ち方法等が色々伝えられていますので、その方法を使う事で多少バッテリーが長持ちする事が予想されています。
またアプリに関してはiPhoneに関してはApple社の審査を通ったアプリが採用されていますが、かなりの数のアプリが現在登録されています。
対してandroidのアプリは有料・無料合わせて物凄い数のアプリが存在していて、審査が無いので質に関して言うと安定していないと言うかピンキリと言う感じです。
操作性に関して言うとiPhoneはシンプルなので初心者でも使いやすく、新機種になっても基本的には変わらないので使い勝手が良いと言うメリットが有ります。
対してandroidはメーカーによって操作性が変わってきますので、機種を変える度に覚えなおさないといけないと言う感じです。
その他にも色々違いは有りますが、完成度が高いiPhoneと自由性が高いandroidと言う事になると思いますのでどちらも使ってみて、使いやすい方を選ぶと良いと思いますよ。

スマホのメリット

スマホは便利だけれどもバッテリーが長持ちしない等の問題もまだ残っている様で、色んなバッテリーの長持ちの方法等が取り上げられています。
皆が持っているから持つ様になったけれどもスマホのメリットはどんな所に有るのか挙げてみたいと思います。
先ずは画面が大きくて見やすくなった事が挙げられます。またボタン操作だった携帯電話と比較してタッチパネルと言う方法で操作が出来る様になり、パソコンの様に使いやすさが広がっていると言うメリットが有るようです。
次にアプリを使うと基本的に何でも出来ると言うメリットが有ります。
従来の携帯電話でもアプリは有りましたがメーカーが提供しているアプリだけで、使えるアプリは限られていました。
しかしスマホになってからはOSによってアプリが開発される様になり、物凄い量のアプリが開発される様になってきています。
その為に色んなアプリを入れる事が出来る様になり、オリジナルのスマホに仕上げる事が出来ると言うメリットが有るのです。
次にインターネット接続時にパソコン用のサイトが見られる様になったと言うメリットが有ります。
従来では携帯電話用のサイトしか見られませんでしたので見られるサイトは限られていましたが、パソコンのサイトが見られる様になった為にパソコン同様にスマホでインターネットが出来る様になりました。
また動画サイトも合わせてみる事が出来る様になったり、メールアドレスもアカウントさえ使用出来ればスマホでも共有して使えると言う事から、スマホは小さなパソコンと言っても良い位の使い勝手の良さがメリットとなっています。

スマホのデメリット

近年人気が高く普及率も急上昇しているスマホですが、メリットが有る以上デメリットも当然有りますのでどの様なデメリットが有るのか挙げてみたいと思います。
先ずは画面が大きい故に画面に使う消費電力が増えた為にバッテリーが長持ちしなくなっていると言うデメリットが有ります。
ずっと使っていると午後にはバッテリーが無くなってしまっていると言う人も多いみたいです。
バッテリーが長持ちする様に色んな対策方法が取られたりしているみたいですが、どの様な方法を取ってもまだまだバッテリーの長持ち度合いには問題が残っているみたいで、今後の課題の1つとなっています。
次に料金設定が高いと言うデメリットが有ります。
従来の携帯電話と比較して料金設定が多少高くなっている様で、大体1000?2000円程アップしている様に感じます。
更に通話料に関しても従来の携帯電話の通話料と比較して1分辺りの通話料が高くなっている機種も有りますので、使う際には料金の事を少し気にして使わなければならないと言うデメリットが有ります。
またスマホではパソコン用サイトを見る事が出来ると言うメリットが有る半面、携帯用サイトを見る事が出来ないと言うデメリットが有ります。
今現在では携帯用サイトでもスマホ用サイトに移行しているサイトがたくさん有りますが、まだまだ携帯電話だけでしか見る事が出来ないサイトも有りますので、使っていると言う人の場合はスマホ使用時には注意が必要になります。
この様に色んなデメリットが有るスマホですが、使い方によってはメリットもたくさん有りますので用途に合わせてお使い頂けると良いと思います。

便利なデザリング機能

近年耳にする様になった言葉に「デザリング」と言う物がります。
デザリング機能を持ったスマホを使う事で、スマホが無線ルーターになってしまうと言う機能で、スマホを中継して他の通信機器がインターネットに繋がると言う画期的な機能になります。
このデザリング機能を使う事でバッテリーの長持ち度が消費されてしまうと言う傾向が有る様です。バッテリーを長持ちさせる方法としてはこのデザリング機能を使わないと言う方法も有りますが、それではせっかくのデザリング機能が勿体ないですので用途に合わせて使う様にすると良いでしょう。
デザリング機能を使用するとパソコンやiPad等のタブレット、携帯ゲーム機等の無線LAN機能が付いた端末をインターネットに繋げる事が出来ます。
料金はスマホの利用料に加算される形になります。
少し前まではデザリングは別で料金が加算されていましたが、近年はパケ放題等の使い放題プランで合わせて使える様になっています。
但しデザリングを使うとかなりのデータ通信量が発生しますので、各キャリア会社では通常速度でサービスを提供できる通信量の上限を決めて、それ以降使用したら通信速度を減速させると言う様な状態にしています。
デザリングにはWi-Fiを使った無線デザリング、USBケーブルを使った有線デザリング、Bluetooth機能を使ったデザリング等が有ります。
これらのバッテリーの持ちを比較した際、USB、Bluetooth、Wi-Fiの順で長持ちすると言う事が分かっており、Wi-Fiデザリングが非常にバッテリーの消費度が高い事が伺えます。
デザリングは便利な機能ですが、色々と制限される事も多くなりますので他の無線LAN環境を使用出来る場合は無線LANを使用し、外出時等で環境が無い時にだけデザリング機能を使う様にする等、考えて使う様にすると良いでしょう。

スマホのバッテリーが無くなる理由を探そう

スマホのバッテリーを長持ちさせようと、色んな方法を駆使してバッテリーを長持ちさせる様にしている方がいると思います。
良く取り上げられる方法としては、使っていないアプリを終了させる事、ディスプレイの明るさを暗くする事、Wi-FiやBluetoothは使う時だけONにする事と言う様な感じのバッテリーの節約方法が有ります。
確かにこうした方法を取り入れる事でスマホのバッテリーが長持ちするとは思いますが、劇的な効果が得られる事は殆どなく、多少長持ちする様になったかなと思う程度だと言うのが実情だと思います。
では何故こうした方法が今でも取り入れられているのかと言うと、やはりスマホを使っているとバッテリーの減りが早く、少しでも長持ちさせたいと思っている方が多いからだと思います。
また、どうしてバッテリーが減っているのかよく分からずにいるので、こうした方法を取り入れて試してみるしか無いと言う考えも有ります。
しかしこうしたバッテリーが長持ちする方法を取り入れたとして、スマホを快適に使えなくなると思うのです。
バッテリーの持ちを少し良くする為に、スマホの快適さを少し犠牲にしている事になります。
もちろんこうした節約術に用いた方法が、ご自身のスマホのバッテリーの消費を早めている場合も有りますのでやってみないと分からないのが実状だと思います。
出来ればご自身のスマホのバッテリーの消費が早い理由を探す事から始めてみてはいかがでしょうか。
理由を探すまでには色々節約術を試してみないと分からないと思いますが、探す事で無駄な事が判明すると思いますよ。

スマホの充電の仕方

ハッキリとこうした方が良いとは断言できませんが、スマホの充電方法を見直す事でバッテリーの劣化を防ぎ、長持ちさせる事で出来る様になります。
バッテリーが長持ちする事で1回の充電で使用出来るスマホの使用時間も伸ばす事が出来ますので是非覚えておくと良いでしょう。
以下に代表的な充電方法を挙げてみますので参考にしてみて下さい。
現在のリチウムイオン電池は継ぎ足して充電する事が出来る様になっています。
しかしまだバッテリーが80%も90%も残っているのに充電をしてしまう事で寿命を短くしてしまう恐れが有りますので、出来るだけ使いきってから充電をする様にした方が良いみたいです。
またよくバッテリーが無くなりそうだからと充電をしながらスマホを使用している光景を見ますが、これもバッテリーを早めに劣化させる原因となりますので控えた方が良いでしょう。
次に高温環境での充電もバッテリーを劣化させる原因となります。
リチウムイオン電池は熱に弱い物となっています。その為に真夏の暑い部屋で充電したり日上がりが良い場所で充電したりしていると熱を更に持つ事になり劣化に繋がっていきます。
充電をする場合は出来るだけ涼しい場所で行う様に心掛けてみて下さい。

「使いきってから充電をする」
「涼しい場所で充電をする」
と言う様な2つに気を付けるだけでもバッテリーの劣化を防ぐ事に繋がりますので、結果的に長くスマホを使える事にも繋がります。
ですから是非充電をする際にはこうした点に気を付ける様にしてみましょう。

スマホカバーを選ぶ基準

昔のガラケーは機種その物がデザイン性が有ってそれを目当てに購入する人が多かった様な気がします。
しかし現在主流はスマホに移行しつつ有ります。
スマホの形を見てみると大きさや厚さに違いが有っても大きくデザインが違うと言う事は少なく、結構シンプルな形をしている物が多いと思うのです。
スマホを選ぶうえでの基準はバッテリーの長持ち度だとか、画面の大きさだとかと考えている人も多くいます。
バッテリーに関しては長持ちさせる方法等がインターネット上に取り上げられ、その方法を使ってスマホを1日持たせようと言う人も大勢います。
でもスマホのデザインにあまり違いが無いとなると、皆同じ様なスマホを使う事になりますよね。
そんなスマホを個性的にオシャレにする為にスマホカバーを付けると言うのはいかがでしょうか。
スマホのカバーはスマホ全体を傷や衝撃から守ってくれると言う機能性はもちろんの事、色んなデザインのカバーが有りますのでスマホを個性的にしてくれるカスタマイズ性も持ち合わせています。
もちろんシンプルが一番と言う方は機能性を重視してシンプルなカバーでも良いと思います。
女性等はキラキラしたカバー、キャラクター物のカバー、オシャレなカバー等を付けている人が大勢います。
またスマホのカバーには手帳の様に全体を覆ってポケットが付いている物が有ったり、バッテリーが内蔵されている物が有ったりして機能性重視の物も有ります。
どの様な目的でスマホカバーを付けたいか考えてみて、それに合ったカバーを見つけてみて下さいね。

通話をあまりしない人のバッテリーの節約方法

スマホを持っている人でも通話をあまりしないと言う人も大勢います。
ゲームやインターネット、アプリばかりを使っていると言う人達だと思うのですが、やっぱり同じ様にバッテリーの消費は激しいと思います。
そこで通話をあまりしない人のスマホ利用に対してのバッテリーの長持ちする方法を挙げてみましょう。
通話をあまりしない人でも全くしないと言う事は無いと思いますが、通話自体がそんなに無いので有ればLTEや3G、4G等のデータ通信の利用を止めてみてはいかがでしょうか。
これは究極とも言えるかもしれませんが、通信を常にしない事でバッテリーの持ちが良くなります。
では通信をしないと電話が出来なくなるのではないかと懸念されますが、SIM契約していると通話だけは出来ますし、それじゃなくても今はLINEの無料通話やスカイプ等、インターネット回線を通じて通話が出来るアプリがたくさん有りますので、それを利用すると良いでしょう。
これらのアプリはインターネット回線を使わないと出来ませんので、インターネット回線を利用する為にモバイルWi-Fiルーターを利用するか、各キャリアのWi-Fiスポットを利用する様にすると良いでしょう。
今は昔と違ってWi-Fiを使える環境が増えてきましたので使える場所も増えてきています。
更にモバイルWi-Fiルーターも使えるエリアが増えてきたり、バッテリー自体が長持ちする様になってきていますので、こちらの方も使い勝手が良いでしょう。
この様に通話をあまりしない人がスマホを使う場合の究極のバテリーの節約方法ですが試してみてはいかがでしょうか。

スマホのカバーについて

近年ガラケーに代わりスマホが携帯電話の主流となってきました。
代表的な物としてはiPhoneやandroidのスマホが有ります。
スマホではインターネットを始めとして好きなアプリをダウンロードしてきて使うので機能を機種に依存する事もあまり無く、ガラケーの時程機種変更する事も少なくなってきた様な感じがします。
またスマホはバッテリーが長持ちしないと最初の内は言われていましたが、バッテリーの長持ちする方法が出てきたり、バッテリー自体が長持ちする様になったりと色々方法が出てきています。
バッテリーが長持ちする様にタスクを落とすアプリも出てきていますし、使い様によって使い勝手を良くしていくのがスマホなのです。
そんなスマホを長く使う為にカバーを付けてみてはいかがでしょうか。
カバーを付ける事で前面に出ている画面部分を保護する事が出来たり、スマホ自信を汚れから守る事が出来ます。
カバーにも種類が有り、背面だけを覆っているカバーやスマホ全体を覆ってくれるカバー等が有りますので探してみると良いでしょう。
機種によっては売られているカバー自体が少ない事も有りますので、インターネットで探してみると良いかもしれません。
iPhoneであれば至る所にカバーが売られていますので、とても個性的にiPhoneを彩る事が出来ます。
カバーでスマホの個性を出すと言うのも良いかもしれませんね。
昔はガラケーにストラップを付けるのが主流だったように、今はスマホにカバーを付けるのが主流となりつつ有ります。
是非皆さんのスマホもカバーを付けてみてはいかがでしょうか。

バッテリーの劣化について

いくらスマホのバッテリーを長持ちさせる方法を用いてみても、年月が経つにつれてその方法も無意味になってしまう事が有ります。
使っている内に「バッテリーを長持ちさせる方法をやっているのに、バッテリーの持ちが以前より悪くなった」と感じる様になってきます。
その原因の1つに「バッテリーの劣化」が挙げられます。
スマホのバッテリーは永久に使えると言う物ではなく、寿命と言う物が存在します。
その寿命が近付いてくるとバッテリーの消費が急に激しくなってきたりして、どんどん使えなくなってきてしまうのです。
スマホのバッテリーが寿命を迎える期間はスマホによって異なります。
スマホの性能、使い方、充電の仕方等によってバッテリーの酷使度が変わってきますので寿命も変わってくる事になります。
もしもバッテリーを長持ちさせる方法を利用しているのであれば、今後はバッテリーの寿命を短くしない方法と言うのも併用させて行う様にしていけば良いのではないかと感じます。
バッテリーの寿命が切れてしまったら、仕方が無いので新しいバッテリーと取り変える事になると思いますが、それも結構なコストになってしまいます。
キャリアによってはスマホの使用期間に応じてバッテリーを取り換えてくれる等のサービスを提供している所も有りますが、それ以前に寿命が来てしまっては意味が有りませんよね。
節約しているのにバッテリーの消費が激しくなってきたなと感じてきたら、それは劣化のサインとして捉えてみる様にして見て下さい。

モバイルバッテリーを使用しよう

一般的にスマホのバッテリーはガラケーのバッテリーと比べて長持ちしないと言われています。
その為、これだけ普及しているスマホでもバッテリーをどうやって長持ちさせたらいいのか色んな方法を駆使している方が多いみたいです。
そこで考え方を少し変えてみて携帯用のモバイルバッテリーを持ち歩くと言うのはいかがでしょうか。
スマホの機能は性能がUPしてきていて多様化してきています。
そして画面も大画面になってきていますので、より電池を必要とする様になってきています。
モバイルバッテリーを常に携帯する事で、いざという時にスマホに繋げてバッテリーの充電をする事が出来ます。
最近はこのモバイルバッテリーも大容量化されている為、スマホを1回?2回フル充電させる位は出来る様になっています。
まあUSB端子を使用するタイプのモバイルバッテリーが多いので、スマホだけではなくてUSB端子が付いている機器の充電にも対応できる様になっています。
こうしたモバイルバッテリーが有るとコンセントが無くても直ぐに充電できる為にバッテリー切れを起こす心配が少なくなります。
また常に充電アダプターを携帯する必要も無くなる為、コンセントを探す必要もなくなってきます。
モバイルバッテリーについても容量や充電方法等、色んなタイプの物が売られています。性能が良くなるほど値段も上がっています。
用途に合わせてモバイルバッテリーを用意し、バッテリーの心配をする事無くスマホを使っていきましょう。

スマホのバッテリーが長持ちする方法【Wi-Fi】

Wi-Fi機能をOFFにしておく事で、スマホのバッテリーが長持ちすると言う方法は多くの方が知っている事だと思いますが、場合によってはWi-Fi機能をONにしておく方がバッテリーが長持ちすると言う事が有るそうです。
その方法とは、モバイルWi-Fiを使ってインターネット接続をするのであればWi-Fi機能をONにしていた方がバッテリーが長持ちすると言う事です。
LTEや3G、4G回線を使っている場合、常にWi-Fi機能をONにしていると基地局を常に探したり、繋がらない所では接続できるWi-Fi回線が無いかと探している状態ですのでバッテリーの消費は増大してしまいます。
常に接続できる回線を探して再接続しているのですからスマホは働きっ放しと言う事になりますので当然かもしれませんね。
しかしモバイルWi-Fiや自宅で無線LANを使用してWi-Fiを使っている場合は再検索する必要はなく、常に安定してその環境に接続されていますので「探す」と言う働きを常にする事が無く、結果バッテリーの消費も抑えられると言う訳です。
この様な事で考えてみると、移動中で外でLTE回線や3G、4G回線を利用する場合はWi-Fi機能をOFFにして、Wi-Fi回線を利用出来る所で有ればデータ通信機能をOFFにしてWi-Fi機能をONにして切り替えをする事でバッテリーの消費を抑える事ができ、長持ちする様になると思います。
(この時、androidスマホに関しては通話をする事は可能です。)

スマホのバッテリーを長持ちさせる方法【アプリの使い方】

スマホを使用する際、基本的にはアプリを使って様々な事をする様になります。
このアプリがかなり電力を使っている為に、アプリの使い方によって消費電力を抑える事が出来てバッテリーを長持ちさせる方法として有効的であると言えます。
特にゲームのアプリや通信をする様なアプリについては、常時通信状態で有る事が多く、画面上に出ていない状態でも常に起動している様な状態になります。
そうなると大量の電力を消費する事になってしまう為に、気が付くとバッテリーが凄く減っていたと言う様な事になりかねません。
ですからアプリを使い終わったらHOMEボタンを押して画面上から消すと言うのではなくて、きちんと終了をする様にしなければならないのです。
アプリがきちんと終了しているかどうかが分からないと言う場合は、タスクキラーと言うアプリを強制終了させるアプリが有りますので、それを起動させて現在起動されているアプリを強制終了させる様にすると良いでしょう。
またスマホに搭載させるアプリについても厳選する事が大切になります。
同じ機能を有するアプリをインストールする際、消費電力が少ないアプリを入れる様にするだけでも随分バッテリーの持ちが変わってくると思います。
またアプリをウィジェットの様に常に画面上に出てくる様に設定してしまうと、それだけでもかなりアプリが消費されてしまいますのでウィジェットは使わない様にしましょう。アプリはとても便利な物ですが、使い過ぎてしまうと直ぐにバッテリーが無くなってしまいますので、バッテリーを長持ちさせる方法として常にアプリの使い方について考えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。