スタッドレスタイヤの補完サービス

この記事は14分で読めます

今話題のタイヤ保管サービスを利用してみよう

毎年冬タイヤ交換の時期になるとこんな悩みが出てきます。
「スタッドレスタイヤを保管しておく場所がなくて困っている」「高層マンションに住んでいるため、エレベーターでもスタッドレスタイヤを運ぶのに苦労する」「ベランダに積んでおくと狭くなるしカバーをかけても埃などで汚れるのが気になる。」
マンションやアパートに住んでいると、タイヤを保管する場所がなくて困ってしまいます。高層の階に住んでいれば、タイヤを上まで運んだりおろしたりの作業がとても辛いものになります。また、一軒家だからと言って保管に余裕があるわけでもありません。
「年寄りばかりでタイヤを納屋に運ぶのが辛い」「一人一台車を所持しているので、物置小屋がタイヤだらけになってしまう」など家庭の悩みはそれぞれあります。
最近では自家用車の所持率も上がり、スタッドレスタイヤの保管場所に困る人も増えてきました。
そのため、タイヤを保管する保管サービスというものがあります。タイヤを自宅以外の場所に預けることができるので、自分で管理する手間も省けるし、ベランダや物置のスペースがぐんと広がります。「車には乗るけど、タイヤの管理の仕方がわからない」「適当に積んでおいたらなんだかタイヤが傷んできたようだ」という方も、安全な場所できちんと管理をしてもらえるのでタイヤを長持ちさせられることでしょう。今までタイヤを置く場所がないからと冬タイヤを買わないでいた人も、これなら安心でしょう。

スポンサードリンク

「タイヤ保管サービス」って知っていますか?

スタッドレスタイヤの履き替え時期になると、その時に思い出すのがタイヤの保管場所です。
タイヤ交換をするたびに、保管場所についての悩みがよみがえりませんか?
普段ベランダや車庫に放置して忘れているけど、実は結構場所をとっていて邪魔ではないでしょうか。タイヤを置く場所が狭い、他に置きたい家財道具や農機具などがあるなど諦めてそのままになっていませんか?
最近では、タイヤ保管サービスといって、使っていないタイヤを保管してもらえるところがあります。タイヤ交換のたびに持ち出して交換したタイヤをまた保管してもらい、ずっと自宅には使っていないタイヤがない状態にできます。これなら一人一台車を所持しているような家族世帯などは助かりますよね。
物置がタイヤだらけになってしまう、タイヤ交換のたびにどのタイヤが誰の物なのかわからなくなってしまうといった面倒もなくスムーズにタイヤ交換ができます。一人暮らしでアパートなど狭い住居にお住まいの方にも、荷物が減らせてとてもおすすめできるサービスですね。自分のすんでいる地域にタイヤ保管のサービスを行っているところがないか、しらべてみましょう。料金も見積もりをとるなどして、相談できるサービスを選ぶとよいでしょう。今や自動車は都市部であってもみんなが必要とする時代になっているので、こういったタイヤの保管場所について困っている人がとても多いのです。料金やシステムなど相談するだけでも良いと思います。

タイヤ専用倉庫なら低料金で預けても安心です

雪や凍結の季節となり、スタッドレスタイヤへの交換が必要な時期となりました。スタッドレスタイヤを履くと夏タイヤがオフシーズンとなり、その保管場所が気になるところです。今話題になっているタイヤ保管サービスは、オフシーズンとなったタイヤを預かってくれるサービスですが、どのようなものがあるのでしょう。オートバックスやイエローハットなどでは、持ち込んだタイヤの交換とセットで、専用倉庫等に保管するといったもののようです。カーディーラーやタイヤショップ、ガソリンスタンドも同じような感じのようです。一方、保管を専用に実施している店舗等は、タイヤ交換等のサービスがない代わりにリーズナブルな料金設定で預かってくれるところが多いようです。もちろん、低料金でも保管に関してはセキュリティーの高い場所できちんとした保管をしてくれるところが多いので、安心安全です。タイヤの保管はして欲しいけど、料金が高くてちょっとという方には保管のみのサービスを探してみてはいかがでしょうか。最近では車離れやカーシェアといったことが増えはいるものの、車にとってタイヤは必需品です。お車をお持ちの方にとってはタイヤの保管や維持管理は大変なもの。いますでに置き場がある方も、置き場に困っている方も、これから車を購入しようとお考えの方、また多くの社有車をお持ちの企業の方も、タイヤの保管スペースや保管方法について一度考えてみてはいかがでしょう。

女性に嬉しいタイヤ保管サービス

スタッドレスタイヤを履き替えるとき、履き替えたタイヤはどうしていますか?
私は大学生の時にマイカーで通勤していましたが、タイヤの交換はずっと父に頼んでいました。母親の実家にタイヤを置かせてもらっていて、そこでタイヤ交換をして履き替えるという具合です。
結婚してからもしばらくは母親の実家に置かせてもらっていました。今は実家が戸建に変わったので、タイヤを実家に置けるようになりましたが、実家には父、妹、私の分と3台分もタイヤがあり、庭が狭く感じられます。倉庫には使っていないチャイルドシートやベビーカーがしまってあり、タイヤは置けません。近くの小学校の校庭から飛んでくる砂埃でタイヤカバーは真っ白になっています。
最近はタイヤ保管サービスがあるので、プロの方にタイヤの保管管理をお願いできたら便利なのだろうなと思っています。父親もまもなく定年なので、いつまでもみんなのタイヤ交換をやるというのは難しいでしょうし、実家にタイヤを預けている女性は結構多いと思うので、そういったサービスがあるということを知っているといいかもしれません。
タイヤを保管するために市販のカバーやすのこ板などを買ってマメに管理する費用を考えたら、料金がかかっても安心してあずけられるタイヤの保管サービスの方が確実だなと思います。私の実家のようにガレージや車庫がなく庭にタイヤを置きっぱなしになるような家であれば、防犯対策も必要になってくるので、業者に頼んだほうが安全ですね。

スタッドレスタイヤの扱い方、大丈夫?

雪が降ると、道路が凍ると車のタイヤを冬用のスタッドレスタイヤに交換することは、車をお持ちの方ならほとんどの方がご存じだと思います。ではこのスタッドレスタイヤとはどんなものか知ってますか?
タイヤチェーンやスパイクタイヤの代用として考えられたもので、発泡ゴムなど特殊な製造方法でゴムを柔らかくし、雪道や凍結路の路面へのグリップ力を飛躍的によくして滑るのを最小限にとどめるよう開発されたタイヤです。そのため、一般の夏用のノーマルタイヤよりも値段が高く、また柔らかい特殊ゴムを使っているため、その性能を維持するためには管理も少し気を使わないといけない部分があります。タイヤゴム全体に言えることですが、直射日光に含まれる紫外線、また水分や油分はゴムの劣化を早めてしまいます。簡単に言うと日の当る場所や濡れたり油のつくような屋外での保管管理はスタッドレスタイヤは特に適さないということです。自宅の屋内にはタイヤを保管するようスペースはなかなかないのが普通ですね。
タイヤ保管サービスというのを利用してみてはいかがでしょうか。サービス内容、料金は地域・店舗によってさまざまですが、共通して言えるのは屋内でタイヤに適した環境で、盗難の心配もいらずに安心して預けられるということです。高額なうえにデリケートな扱いが必要とされるスタッドレスタイヤ、保管するならきちんとしておきたいものです。今不要不急でない方も一度検討してみるのもいいかと思います。

今話題の「タイヤ保管サービス」の料金について知りたい

毎年自家用車のタイヤ交換で頭を悩ませている人に最近じわじわと人気が高まってきているのが「タイヤ保管サービス」です。
シーズンオフ中のはかないタイヤを預かっておいてくれるサービスのことで、自宅にタイヤを置くスペースがない、タイヤの保管作業が面倒だ、女性でタイヤの手入れの仕方などがよくわからないという方に役立っているのです。
気になる料金ですが、だいたいは車一台分としてタイヤを4本で1セットと考えて計算しているところがおおいでしょう。タイヤのサイズは乗っている車種によって様々ですので、タイヤの大きさなどによって料金が違ってくると思います。料金設定などは、きちんと相談し見積もりを取っておくとトラブルなくすすめられます。
最近では一軒家でも、狭い住宅でガレージのスペースが取れない方や、家族がみんなそれぞれ自家用車を所持しているため、タイヤの本数が多い、子どもたちが一人暮らしをしていて、タイヤを実家に置きっぱなしにされて困るなどかならずしもタイヤの保管場所があるとも限らないのです。
また、場所があいていても、そもそもタイヤの管理が苦手な方や、高齢になり重いタイヤを運んだりするのが辛い方も結構いますね。タイヤの保管サービスはその場でタイヤを脱着させてくれるところもあるし、持ち込みでタイヤを保管してくれるところもあり店舗によって」さまざまです。
ご自分にあったスタイルで気持ちよくタイヤを預けて安心できるといいですよね。

シーズン外のタイヤ、どうしてますか。

いよいよ冬本番、車もスタッドレスタイヤへの交換が必要となる季節となりました。
そうなると困ってくるのが、交換したタイヤの保管場所ですね。一軒家などで十分な保管スペースのあればともかく、アパートやマンション等にお住まいの方などは置き場に困るという方も少なくありません。サイズの大きいタイヤはもちろん、軽自動車の小さめのタイヤでも4本セットになると結構邪魔になり、どうしようか困るところです。
そんな悩みを抱える人にタイヤ保管サービスが大変人気になっています。脱着して保管に困ったスタッドレスタイヤや、ラジアルタイヤなどを預かってくれるサービスがあるのです。
タイヤの保管場所に困っている方には力強い味方となるでしょう。
ただ、ひとことでタイヤ保管サービスと言っても様々な形態があるようです。持ち込みだけのサービスのところ、タイヤを自宅まで引き取りに来てくれるサービスが含まれているところ、また保管期間も通年のところから期間限定のところまで、保管条件によって異なります。最寄りの地域にどんなタイヤ保管サービスを実施しているところがあるのかを、チェックしてみましょう。だいたいがインターネットでの検索や、カーディーラー、自動車工場、、タイヤショップやガソリンスタンドなどでしょう。
また、場所によっては保管スペースに限りがあり事前に予約等が必要となるところもありますので、交換時期となる前に早めの確認を行っておくとよいでしょう。

スタッドレスタイヤを買ったなら注意したいこと

冬到来で、雪国だけではなく関東エリアや今までは雪の降らないような地域も、車を持っている方はスタッドレスタイヤが必要となってきました。
雪国で慣れている方にとっては当たり前のようなことですが、今まで必要としなかった地域の人にとってはタイヤをもう1セット持つというのはなかなか厄介なものですよね。
タイヤ交換でさえ大変なのに、その上外したタイヤの保管場所ばどうしたらいいものでしょう。
車のタイヤは、直射日光や水濡れに弱いので、屋外での保管はタイヤのゴムの劣化を早めると言われています。保管場所がなく外に山積みして置いたりするとせっかく買い揃えたスタッドレスタイヤや夏用タイヤの寿命を短くしてしまうことにもなりかねません。特にスタッドレスタイヤはゴムが柔らかく作られているので、保管場所は太陽光線にさらすよりも屋内で保管して長持ちさせたいものです。
さらに屋外での保管は、盗難やいたずらといった危険もあります。そこで、保管スペースのない方のために、タイヤ保管サービスというものがあります。シーズンオフになったスタッドレスタイヤや、夏用のラジアルタイヤを預かってもらえるサービスです。場所は色々ですが、オートバックスなどのカーショップ、カーディーラー、タイヤ専門店、ガソリンスタンドなどでも扱ってくれるところもあります。ただし、店舗によって預けられる条件があるので注意が必要です。事前に調べておくようにしましょう。

タイヤの保管を業者に頼むときの料金は?

シーズンオフになったスタッドレスタイヤや夏用タイヤを保管してもらえるタイヤ保管サービス、保管場所のない方や持っていらっしゃる方にとって便利なサービスですが、料金はいったいいくらくらいかかるのでしょう。
一般的な相場はお住まいのエリアによってかなり差があるとのことなので、複数の店舗に確認して比較するのがよいと思います。また、保管の期間によっても差が生じます。月単位、またはシーズン単位などの設定があるようです。
また、サイズにも左右されるようです。タイヤのホイールサイズ、タイヤの外径等で変わってくるようなので、自分の車のタイヤがどんなサイズなのかも確認しておくことも必要ですね。しかし、自分のタイヤのサイズが分からない方も多いと思います。
簡単に調べる方法としては、タイヤ自体にサイズが彫りこまれてされているのでそれを見つけるか、または、車の運転席のドアを開けたところに、その車に適合するタイヤのサイズがシールで貼ってあります。ただ、それでもよく分からないという方は、普段燃料を給油しているスタンド等でタイヤのサイズを調べてもらうといいでしょう。車によってはスタッドレスタイヤと夏用タイヤのサイズが違っているものもありますので、よく調べてもらうことをお勧めします。他にも店舗のサービス内容によって料金にかなりばらつきがあるようなので、自分に合った保管場所を見つけるのに事前の下調べを済ませておきましょう。

タイヤの盗難が増えている!?

私が午後に子どもとお昼寝をしてたら、突然警察の方が訪問してきました。
話を聞くと見回りと注意喚起のために一軒一軒回っているのだそうです。
私が住んでいたA地区の隣のB地区では、最近外に置いているタイヤを盗まれる被害が多く、夜の見回りだけでなく家に回って外にタイヤを置かないように注意しているという話でした。「お宅も2台分、夏のタイヤを外に出していますよね。できればすぐに保管場所を変えてください」と言われました。当時、引っ越してきたばかりだったので冬のスタッドレスタイヤに履き替えたときにそのまま夏タイヤを庭に出して積んでいました。タイヤを盗まれるということは全く考えていなかったので、非常に驚いたのですが、確かに外に出しっぱなしはタイヤにも良くないなと思い、すぐに家族でタイヤを倉庫にしまうことにしました。
タイヤの盗難が相次いでいるB地区は、アパートや市営住宅が多く、ほとんどがお年寄りなのでタイヤをアパートのベランダに放置したままの家が多いそうです。幸いA地区ではまだタイヤ盗難の被害は出ていないとの話でしたが、うちのようにタイヤを置きっぱなしにしている家は結構あるし、セキュリティシステムのない市営住宅や公営住宅などが連立している地区なので危ない地域でした。狭いアパートや市営住宅だとタイヤの置き場所がないのでどうしてもベランダなどに置いてしまいます。
盗難に遭わないように置き場所がないなら、タイヤの保管サービスを利用するのも大事だなと思いました。

タイヤを預ける時は、どんな所に注意すればいいのか。

タイヤ保管サービス、値段もかなり差があるとのことですが、そのサービスも店舗によってさまざま。その違いをしっかり比較し、自分に合った場所を見つけることが大事ですね。大切な愛車のタイヤですから、きちんといい状態で保管してもらわなければなりません。
当たり前のことですが、まず屋内で保管されていることが基本です。スタッドレスタイヤやノーマルタイヤにとって直射日光に含まれる紫外線や水分油分は禁物、そういったものをカットアウト出来ているかどうか。
また盗難等のセキュリティ対策は十分されているか。店舗によっては鍵のかからない出入り自由の倉庫に、窓から直射日光が当たったまま山積みなんてことも。保管にとって一番重要な部分なのでしっかり確認しましょう。そして店舗の所在地、たいていの場所は外したタイヤを車に積んでそこまで直接持ち込むことになりますので、大変なタイヤ交換のあとに、保管サービスの店舗まで何時間も車で揺られてでは余計に大変です。出来るだけ自分の生活エリアに近い場所を選びましょう。その他、タイヤのサイズで料金が変わったり、条件によっては預かってもらえないものもあります。事前の下調べが肝心ですね。
タイヤの保管、カーディーラーやタイヤ専門店でも実施しているようですが、料金が高めのようです。もしかしたら「タイヤクローク」とか「タイヤ倉庫」といったような名称でお手頃な値段の店舗もあるので、あきらめずさがしてみましょう。

タイヤの放置は盗難の元!?タイヤ保管サービスを利用してみよう!

先日、タイヤの盗難が増えているという話を聴きました。
タイヤの盗難とは、車についているタイヤが盗まれることではありません。
夏タイヤ、冬タイヤとほとんどの人はタイヤを2種類所持していると思います。履き替えて使っていない方のタイヤを家の外に積んでおいたり、アパートのベランダに置いたままにしているなどで余った状態になっているタイヤが盗まれてしまうということなのです。
田舎の一軒家などであれば、物置小屋や倉庫、納屋があり、タイヤの保管が可能かもしれません。しかし、都心部などで狭いマンションやアパート暮らしであるとタイヤの置き場所に困ることが多く、結局ベランダなどに放置してしまうのです。
借家などの小さな平屋であると車庫がなかったり物置がないので庭の端っこなどに寄せて積んでおいてしまいませんか?タイヤは置いてあればすぐにわかるので、盗難の的になってしまうのです。
盗難の的になった家は、昼間のうちからマークされており、タイヤだけでなく金品などを盗まれたり放火されたりと最悪の事態を引き起こしかねません。
物騒な世の中だなとは思いますが犯罪を未然に防ぐためにもタイヤの放置はできるだけ避けたほうが良いのではと思います。でも、実際にタイヤを保管するスペースがないという家は多いのです。どうしたらいいのでしょうか。
タイヤ保管サービスというのがあり、はいていない方のタイヤを預かってくれ、交換時期にはきかえたタイヤをまた保管してもらうことができます。

タイヤを月単位で預けられるサービスが登場している!

雪国新潟に住む我が家には、僕と妻の自家用車2台と原付バイク1台、僕と娘の自転車2台、そしてスタッドレスタイヤ2台分で合計して8本ものタイヤが所狭しと車庫のなかに並んでいます。
車やバイクはともかく、タイヤは積んでおくだけなので結構な邪魔モノ、それでも車庫がなく青空駐車場の隅に山積みしている友人から見たらぜんぜんいいのですが、このタイヤ、どうにかして預かってくれるところはないのでしょうか。
こないだたまたま新聞折り込みのチラシに、「タイヤの倉庫」という名で、タイヤを保管してくれるサービスを始めたので是非ご利用くださいと書かれたものが入ってきました。中身を見てみるとタイヤ保管で月額一本500円?、セキュリティ対策も警備会社が入っていて安心、さらには保管だけでなくメンテナンスもしてくれるようです。タイヤは紫外線や水分、油分によって劣化がすすむと言われていますが、その他にも、保管時には空気の圧力を半分にしたり、綺麗に洗って保管するとさらに長持ちするようなのです。そういったこともやってくれたり、さらにはタイヤやホイールの劣化状態やタイヤの目の残り状態もチェックしてくれたりと、自分ではなかなか出来ないようなことまでやってくれるとのことでした。
地方ではあまり聞くことのなかったサービスだったのですが、ネットで検索してみるとたくさんの店舗があるみたいですよね。屋外に山積みしている友人にも是非教えてやろうと思いました。

置く場所がないタイヤ、どうしたらいいの?

今年の夏ころはカメムシがすごく多かった気がします。カメムシが多く発生した年の冬は、雪の降る量が多く大雪になるとよく言われます。本当かどうかわかりませんが、大雪になると聞いたら少し不安になりませんか。今までマイカーにスタッドレスタイヤを履いていなかった人も、雪が多くなるのではないかと言われたら、スタッドレスタイヤをはいたほうがいい気がしてきますね。
例年それなりの積雪が見られる地域では、スタッドレスタイヤを秋ごろに履き替えることが当たり前なのですが、雪の降らない地域や、あまり車を利用しない人の中には、スタッドレスタイヤを履き替えるどころか所持していないという人もいるようです。もし大雪が降った時どうするの?必要ではないのでしょうか。
スタッドレスタイヤを買わない人の意見として、こんなものがありました。
「スタッドレスタイヤを買うと、履き替えたタイヤの置き場所に困るから」
狭い住宅やアパート暮らしだと、履き替えたタイヤを置く場所がないため、1つのタイヤを使いまわしているというのです。主婦の人などで普段ほとんど車に乗らない場合はタイヤ交換も面倒なのでとスタッドレスを持たないそうです。
しかし、最近では履いていない方のタイヤを保管してくれるタイヤ保管サービスが普及しています。タイヤ保管サービスは、タイヤを置く場所がない人などに変わって、履かないシーズンの間保管を引き受けてくれます。このサービスがあれば、スタッドレスを購入してもタイヤの置き場所に困らないでしょう。

タイヤの預かり専門店をしっていますか?

タイヤ保管サービスと言えば、いろんな所で聞くようになりましたが、どのようなところにあるのでしょう。今までは預かりがメインで、オートバックスやイエローハットなどのカー用品のショップ、トヨタ、日産、ホンダなどのカーディーラー、町の自動車工場、ガソリンスタンド等が主流だったようですが、最近増えてきたのが屋内で大きなスペースのあるところ、直射日光や雨風の影響がない、大きな倉庫や空き店舗を利用した様々な付属サービスのついた専門店舗が急増しているようです。
スタッドレスタイヤはもはや雪国や北国に住む方だけが持つものでなく、日本全国で普及してきています。それだけにシーズンオフのスタッドレスタイヤやノーマルタイヤの保管場所がなく、自宅や会社以外に求める人が多くなってきたためなのでしょう。保管といっしょに実施してくれる主なサービスとして、保管時の空気圧の調整、預けるタイヤの清浄、残りの溝のチェック、ホイールやタイヤの傷のチェック、さらにはその場でのタイヤ交換などが挙げられます。
タイヤ交換までやってもらえると、さまざまな煩わしさがなくとても便利ですよね。ひとことでタイヤ保管サービスといってもいろんな名前が付いているようです。タイヤ保管サービス、タイヤクローク、タイヤ倉庫、タイヤガレージ、といった名称があるようです。料金設定もサービスによってまちまちですので、預ける条件とお財布の中身に合った場所を探してみましょう。

タイヤ管理に困っている方必見!

マイカーのタイヤ、きちんと保管できていますか?
ほとんどの人は夏タイヤとスタッドレスタイヤを所持し、シーズン毎に履き替えを行っていると思います。
その履き替えたタイヤを保管するのって実はかなり大変なんですよね。職場で所有している社有車など台数が多い場合はとてもたいへんです。小さな会社だと、会社の倉庫に詰め込み、シーズンになるとバタバタと仕事の合間をぬってタイヤ出しから交換の手配までやっているようです。
しかし、タイヤ保管サービスというのが最近普及しており、1台から社有車などの複数台までタイヤをシーズン毎に保管してくれるのです。それであれば、仕事に集中でき従業員の手間が省けます。
また、社内で保管する必要がなくなるので、メンテナンスや清掃、維持などに時間をかけなくて済みます。保管サービスはもちろん料金がかかってきますが、タイヤの維持ができて便利なことから、タイヤにとっての必要経費だと考える人は多いそうです。
会社でタイヤの保管サービスを依頼するのであれば、見積もりなどを出してもらいしっかりと値段を相談できるところがいいですね。スタッドレス履き替え時期が、便利で手軽なタイヤ保管サービスを検討するチャンスになります。スタッドレスタイヤはだいたい12月ころから翌年3月ころまで履くので、年の瀬と年度末の忙しい時期とかぶります。タイヤ交換やタイヤの清掃の手間も考えると業者に任せるのはとても賢い選択だと言えるでしょう。

オフシーズンでもタイヤを劣化させない方法

スタッドレスタイヤも雪国や北国だけでなく都市部の人も所有する時代となった今、オフシーズンのスタッドレスタイヤや夏用タイヤの保管スペースに困ってしまうことはありませんか?車庫のなかでタイヤが占有している、家族で複数の車を持っているけど、どのタイヤがどの車のものかわからなくなってしまう、軒下やベランダの隅に積んであるけど、盗難やタイヤの劣化が心配、そもそもタイヤを置くスペースなんてない!という方もいらっしゃるかと思います。
そんな方にはタイヤ保管サービスというものがおすすめです。タイヤを持ち込んで保管するだけのところから、一度預ければあとはシーズンごとのタイヤ交換や外したタイヤのメンテナンスを行ってくれるところまで、いろいろな形態があります。タイヤ交換自体がとても重労働なことなので、特に女性や何台も車をお持ちの方にとってはそこまでケアしてくれるサービスがあるととても便利ですよね。また、タイヤの知識も専門的なことが多く、メンテナンスが付いていると安心感があります。
保管のサービスを行っている店は各地域によっていろいろありますので、タイヤを購入するときには保管スペースを考えて事前に調べておくといいかと思います。また、料金もサービスによって大きな差がでることがあるようですので、予算に合った店舗を見つけてみましょう。車やタイヤを扱っているお店に聞いたり、ネット検索と併用して調べてみてはいかがでしょうか。

タイヤの自宅保管はもう古い!新サービス「タイヤ保管」とは

家族のスタッドレスタイヤ、どうしていますか?
家族で車を所持している場合、ほとんどの場合がタイヤのメンテナンス、交換、保管を一家の大黒柱であるお父さんが賄っているようです。
世の中のお父さん方はタイヤのことはどうしているのでしょう?タイヤ交換は自分で行う人が多い中、ガソリンスタンドやディーラー、イエローハットなどに持っていくという方もいて人それぞれではありますが、その交換したタイヤをどう保管してるかというと、ほとんどが自宅での保管になっているようです。そのため交換はどこかに任せても、履いたタイヤの掃除や管理維持は家主の手にかかってくるというわけです。
それらを管理するのは大変でも、だいたいのお父さん方が「仕方ない」ものだと諦めてせっせと頑張っているのです。
最近ではタイヤ保管サービスが増えてきていますが、まだまだ一般家庭には普及していないでしょう。50代60代の方だとなかなかよそへタイヤを預けるのをためらってしまう場合もあります。
ところが、タイヤの維持や清掃の手間が省け、自宅のガレージのスペースも確保できとても助かるのです。タイヤの保管はプロなので、劣化をしないようにきちんと管理してくれます。
自分で何台分ものタイヤを洗ったり乾かしたりしなくても履き替えの時期にはまたきれいなタイヤが履けるので嬉しいサービスですね。きちんと保管をしてもらえるという安心感は、盗難防止やイタズラ防止などの面から考慮してもとても重要と言えるでしょう。
タイヤの管理は簡単ではなく、ガレージなどに置きっぱなしにしているように見えても、湿気に気を遣ってすのこを敷いたり、積み方を工夫しているようです。よく銀色のカバーがかかっているタイヤが置かれていますが、あのカバーを付けるのだって、車1台でタイヤは4つ、大変です。家族がそれぞれ車を所持しているとなると多いお宅では5台分のタイヤを保管しているという場合もあります。

タイヤ交換もタイヤの保管も面倒だと感じる方

スタッドレスタイヤと夏用のノーマルタイヤ。車を持っている方ならこの2セットは持ってる方が多いと思います。そして、どちらかのタイヤがオフシーズンでどこかに保管されているかと思いますが、どこに置いてあるでしょうか?
車庫、ベランダ、軒下、玄関、スペースがなくて困っている方もいらっしゃるかと思います。また、タイヤの交換はどうしていますか?交換時期に自家用車のシートを倒して、新聞紙を敷いた上に重たいタイヤを積みこんでカーショップやガソリンスタンドまで持ち込んで、また交換したタイヤを持って帰ってきて車から降ろすとなると、持ち運びが重たくて大変ですよね。
こんな悩みを解消できるサービスがあるのをご存知ですか?タイヤ保管サービスです。タイヤの保管から、店舗によっては一緒にタイヤの交換まで実施しているところもあります。タイヤの保管は本当に大変ですよね。スペースがなかなか取れない中で、大きなタイヤを4本も置かなければならないですし、日の当たる場所や雨に濡れる場所は保管にあまりよくありません。人目に付くところは盗難の心配もあります。この悩みが一気に解消できるのです。保管サービスを実施しているところは地域によっていろいろ、価格もまちまちですので、まずはネット検索で調べてみましょう。
もちはもちや、タイヤのことはタイヤ屋に聞いてみるのもいいかもしれません。大切なマイカーのタイヤです、しっかりとした保管方法で長持ちさせてあげましょう。

タイヤの保管・管理が楽になる!タイヤ保管サービス

みなさん今年はもうスタッドレスタイヤを履き替えましたか?履き替えたタイヤをどうしていますか?
タイヤの管理は簡単ではなく、ガレージなどに置きっぱなしにしているように見えても、湿気に気を遣ってすのこを敷いたり、積み方を工夫しているようです。よく銀色のカバーがかかっているタイヤが置かれていますが、あのカバーを付けるのだって、車1台でタイヤは4つ、大変です。家族がそれぞれ車を所持しているとなると多いお宅では5台分のタイヤを保管しているという場合もあります。
そうした苦労はだいたいが家の中のお父さんなど男手にかかってきます。女性は自分ではなかなかやらないので、車を運転しないお母さんなどは、「ガレージのタイヤ、幅を取ってジャマだわ」なんて平気で言ってしまいます。タイヤの保管と維持に関する夫婦の温度差は結構聞かれる話です。女性にとってあまり関心のないタイヤの保管でも、実際それを管理・維持していくのはかなり大変だということを頭のスミにでも置いて欲しいところですね。
ここ数年でタイヤの保管サービスが少しずつ普及してきました。今までは狭い車庫や倉庫などになんとかして置いていたタイヤたちを、業者に任せて保管してもらうシステムです。湿気や埃の汚れなどでタイヤがダメにならないか心配する必要がなく、安心してタイヤを任せておけるので世の男性陣からしたら夢のようなサービスですね。タイヤの盗難を防止するという点から見ても心強いサービスです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。