クラシック音楽を聴いてみませんか?

この記事は14分で読めます

クラッシク音楽

クラシック音楽は、やっと昨今にいたって日本でもとても広く親しまれているようになってきています。
かってな、「なんとなく敷居が高いとか、堅苦しい」などといわれていました。
小学校などでもクラシック音楽鑑賞の時間が増えてきたりするなど、これはこれからの日本にとってとても喜ばしいことでしょう。
ヨーロッパなどでは、子供でも有名なクラシック音楽のメロディーを普通に口ずさんだりしているのです。
なおこのクラシックという英語は、古典・名作品などの意味があって、日本ではとりわけ音楽について意味していることが大半でしょう。
なお音楽と文学との相違に少し述べておきますと、音楽は「演奏者」が作曲家と聴衆との間にあって、いわば三角関係になります。
文学にはそうではなく作品を直接に読むものです。
そこでクラシック音楽の魅力は、演奏者によって聴衆は非常に大きい影響を受けることを知っておきましょう。
これはクラシック音楽を聴く上においてとても重要なことなのです。
さらには「編曲」ということもあって、作曲者がオーケストラ用に作ったものがピアノのみで演奏されたりしている例は無数にあります。
自宅においてはラジオやテレビそしてCDさらにはパソコンのユーチューブなどでも関心を寄せてみてください。
クラシック音楽を聴くことには、とても大きい素晴らしい効果があるものです。
元気とか慰みを与えてくれることが大半でしょうが、作曲者が意図していることをぜひとも聞き取ることも大切ですが、ただ聞き流して{あ?、いいな?」と感じるだけでももちろん良いのです。
オランダのチューリップがあのように美しいのはクラシックをよく聴かせているからですし、北海道の牧場のウシに聴かせたら牛乳が良く出るようになっています。
さらに人間における胎教に良いということも広く認識されています。

スポンサードリンク

クラシック音楽の分類

先ずはクラシック音楽の演奏方式によって分類できるでしょう。
つまり作曲者の指示どおりのわゆる大きい演奏会場におけるオーケスラすなわち管弦楽、そしてやや小さい会場における室内楽、さらには
会場に関係ないピアノなどの独奏曲といって具合ですが、会場の大小に関係なく演奏されることも多々あります。
日本においても、いわば多目的ホールなどが大きく関係してくるものです。
そして作曲された時代つまり歴史的に分類されることが増えてきているようです。
つまりバロック時代とよばれる17世紀からもっとも盛んであってロマン派ともよばれる18世紀そして現代派につながっていく19世紀などなどが関連していって、そして現代派に発展しているのです。
いずれかの時代に好んで絞って聴く人も、もちろん多くおられますが、いっさい時代にこだわることの無い人ももちろん多くおられます。
老若男女とか家庭環境さらには地域的なことなどなどが大いに関係しくるでしょうし、職業としての作曲家あるは教育者などによっても大いに異なってくるでしょう。
日本でいうクラシック音楽の半数以上は、作曲家によることが多いものです。
とりわけ先述のバロック音楽の代表はイタリアが大半でり、ロマン派ともなればドイツが中心になります。
そこでもっとも盛んなロマン派とも言われるドイツ音楽では「三大B]として親しまれているのが、Bach バッハとBeethovenベートーベン、そしてBrahmsブラームスが挙げられます。
それそれは、有名作曲家としておすすめをまさに代表する人たちの例に含めれるでしょう。

クラシック音楽の演奏会場

クラシック音楽を聴きに出かけることは、フアンでなくともチャンスがあるでしょう。
もちろんテレビやラジオそしてCD・DVDにもよれることですが、ライブつまり実演ほど大きい感動を覚えるものはありません。
なお職場オフィスなどにおいて、バックミュージックとして静かなクラシックオ音楽を流しているケースが増えてきていますが、これには賛否両論があるようです。
そこで演奏会場つまりコンサートホールについてですが、ライブにおいてはそのホールの雰囲気そして聴衆全体のマナーさらに音響効果が大きく聴衆に影響するものでしょう。
同時に演奏する団体としてのオーケストラの特長となるものがいかに完全に発揮されて聴衆を魅了すかにそれらのことが関係してくるのです。
またヨーローッパでは多いパイプオルガン専用のホールも多々あるましが、日本でも増えつつあって喜ばしいことです。
そこで大切なのはホールにおける「音響効果」であって、よくいわれる残響2秒間などといいものであり、演奏者によって発生さえるる音自体が、ホール内周辺とか天井に反響してから聴かれる音というものが存在しているのです。
ヨーロッパの古い教会などでは、建物には石などが多いことで反響は多い方ですが、日本の古典音楽では木造とかフスマや障子で音が吸収されないという特質があるのです。
このようにホールの影響によって曲の好き嫌いまでに影響していることが多々あるということです。
お出かけに際しては、これらのことに関心をもっておくと、同じクラシック音楽を聴いてもその相違などにきっと気付かれるでしょう。
なおアメリカのハリウッドには世界的に有名な野外コンサートホールがあります。

クラシック音楽の演奏

クラシック音楽の演奏は、とうぜんながら作曲者の意図を聴衆に伝えるものであって、それには演奏者としての表現力が十分に発揮されるべきことでしょう。
同時に演奏者としての独自の解釈があるものですから、意図とは大きくかけななれていることも興味があります。
そして大きいことは、オーケストラなどでの指揮者つまりコンダクターの意図が非常に大きく影響することが多々あります。
数十人の団体ともなるオーケストラとか、十数人での室内オーケストラ、そして1?2人による室内楽走者も多々活躍しています。
ピアノのような独りのみによるケースも対象になります。
とりわけ有名作曲家ともなれば、これらのいずれによっても演奏される曲は数え切れないほどありますので、日ごろからそれらを意識して聴くことには、とても大きい意味があることであって、おすすめとなる曲の選択そして自宅という場所をも含めた聴き方などにも大いに関係してくるでしょう。
そして演奏者およびコンダクターによっても、その人自身のもっとも得意とするレパートリーなるものがあるということです。
一例としては、おすすめとなる曲のひとつにモーツアルトの「トルコ行進曲付き」のピアノソナタ第14番がありますが、ウオーロッパでも有名だなんども来日しているイングリッド・ヘブラーが有名な例ですし、オーケストラにおいてもまったく同様なのです。
あなたのコンサートへのお出かけに際しては、これらのことを意識しておきましょう。
おすすめとなる曲の選択にも大いに関係してくることだからです。
以降は有名作曲家のおすすめの曲について時代的な順に述べていきましょう。

ヴィヴァルディ

有名作曲家による音楽作品のもっとも原点にも近いバロック時代を代表するヴィヴァルディについてご紹介しましょう。
日本における音楽フアンにもっとも大きくバロック音楽として知られたのがあの有名な「四季」こそがダントツなのです。
これは、彼自身がイタリアの美しい田園風景を思いつつよっつのシーズンを異なった演奏スタイルでまさに見事に表現した最高傑作となっています。
日本ではその一部がコマーシャルにまでなっていますし、ピアノ独奏用に編曲されたり、若い女性シンガーがメロディーに日語の歌詞までうけて歌ったりしています。
この「四季」オーケストラというよりは10人前後による室内楽に近いほうです。
その楽器編成は、すべての弦楽器つまりヴァイオリン第1・2、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、そしてチェンバロ(ハープシコード)となっています。
まさにヴィヴァルディという有名作曲家のおすすめの曲の代表といえるでしょう。
それだけに日本でのとくにイタリアからの演奏者は、この曲をいうまでもなくレパートリーに入れていますし、日本では独特の四季があることもあって、とても多く演奏されています。
CDなどにおける演奏家の種類もとても多い曲のひとつになています。
なお作曲者自身によるシーズンごとの詩が添えられていますので、ぜひとも読んでおきましょう。
そしてさらには、「忠実な羊飼い」が挙げられる曲であって、フルートとチェンバロによっているとても親しみやすい曲です。

バッハ

バッハこそはまさに18世紀前半のドイツを代表する音楽の神様のような存在です。
なんと20人にもおよぶ子供の父親であり、教会などからの依頼の作品もあり、また教会でのオルガン演奏そしてコーラスなの指導も多くこなしております。
そしてそのような活躍を大いに手伝って助けたのが愛妻のマグラデーナの大きい存在を見逃せないでしょう。
初期においては、前記のヴィヴァルディの影響をかなり受け継いだ作品も有名であって、彼のヴァイオリンコンチェルトをそのままチェンバロに置き換えた「チェンバロコンチェルト」が先ずは挙げられるでしょう。
そして彼独自の作曲技法によるオーケストラの「管弦楽組曲集」とか、「ブランデンブルクコンチェルト」、そしてフルートソナタでも有名な「シチリアーナ」を持ったヴァイオリンソナタ、さらにチェンバロまたはピアノ独奏用の「イタリアコンチェルト」などが、とくにすすめられる作品になるでしょう。
またここで気付く曲としては「G線上のアリア」を含んだヴァイオリンソナタがあり、コマーシャルソングにまでなっているものです。
オルガン曲としては「トッカータとフーガ」がありますし、無伴奏のヴァイオリンやチェロソナタは「弦楽器のバイブル」なととも称されています。
そして決して見逃すことのだきないのが大作「マタイ受難曲」が挙げられ、その一部は有名な賛美歌にさえなっていますので、聴くと「あ?これか?」などと思われるものです。
その終曲こそは、さすが有名作曲家のおすすめの代表作品であることをきっと痛感されることでしょう。

ハイドン

ハイドンはやはり18世紀の後半のオーストリアを代表する有名作曲家のひとりであって、おすすめの曲はとてもたくさんあるでしょう。
日本においても、とくに子供用の練習曲にもなっているピアノ独奏によるソナタ集も傑作の代表になっています。
そして、なんと「シンフォニーの父」と称されるほと100曲にもおよぶシンフォニーを作曲しているのです!
その中にはニックネームとか副題がつけられて、曲の冒頭がティンパニーによっていることから「太鼓連打」であったり、退屈がった聴衆の居眠りを覚ます「驚愕」、さらにはある楽章のリズムが時計に似通っていることによる「時計」などどなどが広くしたしまれており、大いにおすすめになる曲といえるものです。
もちろん室内楽そして合唱を伴ったメサイア曲なども日本人がよく好んで聴く大作品です。
とりわけ室内楽の代表である弦楽四重奏においても、冒頭でのヴァイオリンの演奏が鳥の雲雀(ヒバリ)の鳴き声に似ていることから「雲雀」という愛称をもった曲、そして第2楽章があまりも美しいメロディであることから、ドイツの国歌のメロディーにまでなっている曲があります。
上に述べたシンフォニーをはじめ、ピアノソナタ、そして弦楽四重奏曲などのメロディーはとても日本人にはとくべつに親しまれているとわれていますので、「どこかで聴いたことのある曲」のCDなどによっ大いにお聴きになってください。
小学校などの音楽教室のうしろの壁面は、バッハやヘンデルまたベートヴェンなどと並んで彼の肖像画がきっと飾られていたでしょう。

ヘンデル

ヘンデルも17世紀から18世紀にかけてのドイツのハレ生まれの有名な作曲家ですが、イギリスでも多く活躍しております。
日本でもとても広いヘンデルフアンがいるでしょう。
多くの傑作に共通なのが、バロック風の特質である一定の楽型をリピートさせつつ見事にドイツ風に結晶されていることともいわれています。
そして彼のユニークなところは、とくに人の自然な肉声をもっとも重要視したダイナミックで簡潔明快なことでしょう。
そして、そのもっとも有名なのが「救世主」における「ハレルヤコーラス」であって、このコーラスの素晴らしさこそはまさに合唱曲として圧巻となっており、もっともおすすめとなる曲のひとつです。
ほかには「水上の音楽」あるいは「マカベウスのユダ」、「王宮の花火の音楽」そしていくつもの「ハープシコードコンチェルト」などが日本では盛んに演奏されて広く好まれています。
この「水の上の音楽」の由来は、ヘンデルの音楽を湖水の船上で演奏して陸上の聴衆に聞かせつつ、船を沖へ移動していったことによるとてもユニークなものです。
みなさんもすでにきっと聞かれたことがあるでしょう。
もちろん、上記の「ハレルヤコーラス」こそは、きっと小学校時代からなんども聴かれていると思います。
さらには、邦画のバックミュージックにまでなっている「ラルゴ」こそは、もっとも美しいメロディーであって、「オンブラ・マイ・フ」ともいいますが、彼のオペラ「セルセ」における第1幕第1場の中で歌われアリアで、そすすめの曲の代表でしょう。

モーツアルト

モーツアルトほど有名な作曲家で日本でもとくべつに話題の多い人はほあかには居ないでしょう。
18世紀の後半にオーストリアのウイーンで大活躍しており、作品の数は600曲を超えている大天才といわれています。
みなさんが先ず思いつくおすすめの曲としては、「トルコ行進曲」と呼ばれてい第3楽章がとりわけ有名なピアノソナタ第14番でしょう。
妻のコンスタンツアともに大の消費(浪費)家だったとのことで、彼の遺体が本当に埋設してある墓地は不明とのことです。
にもかかわらず、傑作は日本でももっとも多く演奏されているのです。
ピアノそなたに並んで、シンフォニーの40番はとくに哀愁をかんじさせますし、続いては39番そして41番は「ジュピター」とよばれ、これら3曲こそがおすすめの曲の代表でしょう。
そしてこれまたコマーシャルにまでなっている弦楽セレナーデの「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」=小夜曲このは、やはり小学校でもかならず音楽の時間に聴いている彼の最高傑作のひとつなのです。
だれしもが口ずさんだことのある曲に違いありません。
ピアノコンチェルトでは「戴冠式」などなどがとくに有名でしょう。
室内楽としては、弦楽四重奏曲「狩り」あるいはクラリネット五重奏曲が広くしられております。
「サリエリ」に関するモーツアルトの伝記映画をご覧になられて方も多いでしょう。
モーツアルトの曲が、オランダのチューリップの成長、そして人の胎教とか病院印などでの音楽療法にまで使用されている例はほかには無いといわれています。
あの有名な「子守唄」をぜひとも疲れてときなどに聴いてください。

ベートーヴェン

ベートーヴェンこそが、まさにクラシック音楽の代名詞的な存在といえるでしょう。
18世紀後半から18世紀前半をウイーンで大活躍していますが、産まれはドイツのボン市です。
人にっては、彼の父親が音楽教育をしていなかったら彼は電気科学者あるいは哲学者になっていたという例もあります。
「ベートーヴェン語録」などなどの書物はもっとも多いでしょう。
そこで先ず音楽フアンが思い出すのがシンフォニー第5番の「運命」(ただしこれは日本でのみの呼称)でしょう。
そして第3番の「英雄」および第6番{田園」、そして年末でとりわけ親しまれている「第九」合唱付きがあります。
みなさんは、この「第九」をドイツ語でぜひとも歌えるようになってください。
なんと日本でのカラオケにもそのままあるのです!!!
そして中学校などでも聴くのが、あのピアノによるムーンライトソナタの「月光」の美しさに酔ってみましょう。
さらにはチェロソナタでも第3番がもっともよく演奏されています。
そのおおらかな冒頭のチェロの独奏によるメロディーそして第3楽章のアダージオの印象的なことに大いに感動してください。
ヴァイオリンソナタでは、5番のスプリングソナタ「春」そして9番の「クロイツエル」こそは、まさにおすすめの曲に含まれるでしょう。
彼がウイーンのモーツアルトに逢ってピアノ演奏を聴いたときのモーツアルトの言葉は、「将来この若者に注目せよ」とだけ言ったエピソードがベートーヴェンが努力による天才と称される根拠ともみなされています。
彼の葬儀にいは、なんと2万人を越える参列者があったとのことです。
なお徳島県の鳴門ドイツ村を訪れて(「鳴門俘虜収容所」)、ぜひともベートーヴェンの「第九」に酔いしびれてください。

シューベルト

シューベルトはまさに”歌曲の王”とも称されている19世紀前半で30歳代初期に他界したウイーンを代表する有名作曲家のトップ的な存在でしょう。
彼は貧しい小学校の教師などをしつつ、600曲に近い作品をわれわれのために残してくれているのです!
「日本シューベルト協会」が何年も前に結成されているのをご存知でしょうか?
もっとも有名なのがあのシンフォニー第8番の「未完成交響曲」であり、日本でもドイツ語の映画でよく知られていますしDVDまで市販されています。
第2楽章という本来のスタイルの半分のみのものですが、未完成などとは言いがたい美しいメロディーに満ちあふれているのです。
ピアノソロ用ではソナタをはじめ、いくつかの「即興曲」も有名ですが、ピアノを伴った弦楽5重奏の「鱒」はとくにおすすめの曲です。
歌曲としては、「セレナーデ」の美しさに涙さえ流す人が居るようですし、「子守唄」はモーツアルトと並び称されています。
さらに「冬の旅」全24曲ほど感情豊かな曲は世界に無いと言ったのは、あの来日したことのあるフイッシャー・ディスカウなのです。
ゲーテの詩による「野ばら」そして「魔王」などは、日本の中学校で和訳して広く歌われていますのでご存知の方も多いでしょう。
”ワラベは見たり、野中のバラ・・・”とう傑作のひとつです。
みなさんは、この2曲をドイツ語で歌ってみませんでしょうか?
(余談:ドイツ語は英語とは異なって、ローマ字読みが多いので発音は簡単です)
シューベルトこそは、クラシック音楽においてベートーヴェント並び称される有名作曲家の一人といえることです。

メンデルスゾーン

メンデルスゾーンは、19世紀の前半にドイツで活躍した有名作曲家の代表のひとりです。
彼はとても裕福な家庭育ちだったようです。
大半の作品は明るくておおらかともいえる作品が多く、日本の中学校などでも広く知られているのが「春の歌」でしょう。
「無言歌集」としてのピアノソロでも親しまれています。
いくつかのシンフォニーでは彼のイタリア訪問で感じ取った明るさを表現した第4番の「イタリア」がおすすめの曲のトップでしょう。
さらには、演奏会用序曲および及び劇付随音楽があって、とりわけシェイクスピアの戯曲「夏の夜の夢」がオリジナルになっているものですし、とくに「結婚行進曲」が日本でも広く親しまれています。
日本の映画「ドラえもん のび太と銀河超特急」においては、それ以外に「序曲」や「スケルツォ」そして「妖精の行進」などなどが使用されていることには大いに興味がもたれることでしょう。
さらにピアノトリオとしてヴァイオリンとチェロを伴った三重奏曲は第1番そして第2番の2曲が完成していり、いずれもおすすめの曲の対象になる傑作として広く親しまれています。
なおメンデルスゾーンは弦楽四重奏などの室内楽を多く残しており、古典的な代表であるモーツアルトあるいはベートーヴェンに似通っている楽想に特長があるとみられています。
みなさんは、学生時代に覚えた上述の「春の歌」を大いに歌ってください。
きっと青春時代の懐かしさをメンデルスゾーンによって呼び起こさせてくれることでしょう!

シューマン

シューマンは19世紀前半のドイツの有名作曲家であり、とりわけ広く知られていておすすめなのがピアノによる「トロイメライ」(=夢)でしょう。
彼の素晴らしい生涯は、日本でも映画となって紹介されておりDVDでも市販されていますので、ぜひとも求めて感動してください。
とくに彼の愛妻はクララといってやはり名ピアニストでもあり、彼のピアノ作品の多くを演奏して彼の名声を高めています。
彼の晩年は精神的にかなり不安定になっていたのものの、すべての作品の感情表現そして社会的な貢献は非常に大きく評価されているのです。
なんとあのブラームスは、このシューマンの家に滞在して弟子として多くのことを学んで傑作を生み出しているのですね。
ヨーロッパ映画の「愛の調べ」をDVDによってもご覧になって、素晴らしい感動にぜひとも浸ってみましょう。
そのほかの彼のおすすめの曲としては、「ピアノコンチェルト」を始めとして、いくつものシンフォニーがありますし、室内楽としては、映画においてもよく採用され、日本でのコンサートでもおなじみになっている「ピアノ五重奏曲」があげられるでしょう。
その第2楽章の甘美な世界に、あなたもぜひとも浸ってください。
きっと素晴らしい夢心地を実感されることでしょう。
さらには上述の「トロイメライ」を含んだ「子供の情景」そして歌曲集の中の「女の一生と生涯」があり、独特の声楽による「流浪の民」
こそは、彼の最高傑作のひとつになっています。
中学校のコーラスで歌われたことがきっとあるでしょう。

ロッシーニ

ロッシーニこそは、まさにイタリアバロックの後期を代表する18世紀において、ベートーヴェンとシューベルトさらにはブラームスとかショパンなどとも競合していいるように活躍した有名作曲家です。
やはり音楽教室には肖像画が飾ってあって記憶されていることでしょうし、なぜか大変な美食家としても有名になっているのは彼ならではのことでしょう。
彼はとくに40数近くにもおよぶオペラ作曲家として非常に広く知られていて、とりわけ「セビリアの理髪師」そして「ウィリアム・テル」などが日本では非常に好まれています。
楽曲の展開ににおいては、いわゆる ”ロッシーニクレッシェンド ”とも称されるトレードマーク的な曲を強めていくことは、あまりにも有名なことであり、日本人が非常に喜んで聴き入る対象のひとつになっています。す。
その代表なのが「どろぼうツグミ」(盗むカササギ)でしょうから、ぜひともお聴きになって彼の作品の真髄に迫ってください。
さらには、あまり広くは知られていないようですが、宗教曲およびや室内楽曲なども作曲しています。
とりわけ興味がもたれるのは、生前に活躍による作風によって、なんと”ナポリのモーツアルト”という異名によっても評されていたことには、大きい興味をそべての人が覚えることでしょう。
みなさんが、もしロッシーニをそれほど多く聴いておられないようでしたら、先ずは「どろぼうツグミ」によってクレッションドの展開のの長い迫力をぜひとも実感してください。
きっとロッシーニマニアに陥ってしまわれるでしょう!

リスト

リストは19世紀にハンガリーで大活躍したピアノの魔術師とも称されている大作曲家です。
ピアノの演奏方に彼ならではの非常な工夫をこらして、独特の演奏法そして表現方法を発表してヨーロッパの中心的ともいわれほどの活躍を示しています。
フランスやポーランドなどでも知られており、あの有名作曲家でであって”ピアノの詩人”とまで称されたショパンとも交友を深めているのです。
ラ・カンパネルラ(鐘)はあまりにも有名でしょう。
さらに豊かなハンガリーの歴史的な民謡の高い芸術性をも目指してきていることが非常に広く評価されています。
日本でもっとももっともよく聴かれているのは、「ハンガリー狂詩曲」や「ピアノコンチェルト第1番」などがあり、後者には劇的ともいえる雰囲気をもっており、日本でも公開されたロシア映画「シベリア物語」では印象的に使用されています。
さらには、交響詩というじつにユニークなスタイルとしてのレ・プレリュード「前奏曲」もおすすめの対象でしょう。
まさにリストならではの感動を覚える曲想があまりも素晴らしくて印象的なのです。
ピアノソロ用の「愛の夢」はしばしばオーケストラにまで編曲されており、なんと邦画のBGMさらにはコマーシャルソングにまでなっていてご存知の方も多いでしょう。
そしてリストのヨーロッパにおける女性との同棲そして恋愛の華やかさは音楽にまで含まれているように感じるものです。
彼の伝記的な恋愛映画「我が恋は終わりぬ」にまでなっており、日本でも上映されていますしDVDによっても市販されて知られています。
きっとみなさんも、聴かれたり見たりされていることと思われます。

ブラームス

ブラームスこそは、3大Bのひとりとしての19世紀後半においてシューマンとも親しかった有名作曲家の代表でしょう。
ドイツの魅力あふれるハンブルクで大半の生涯を過ごしています。
ヨーロッパ映画の「ブラームスはお好き?」という映画の表題になるというユニークさが彼には潜んでいるかのようです。
代表作としては四つのシンフォニーをはじめ、オーケストラによる「ハンガリー舞曲集」はピアノ用にも編曲されて日本でももっとも広く親しまれているひとつになっています。
構成自体はとても緻密であると同時に豪勢ともいえるような作曲テクニックはほかでは決して味合えないものです。
とりわけ「ヴァイオリンとチェロのためのダブルコンチェルト」の第2楽章における夢のようなメロディにぜひとも酔ってください。
さらに室内楽としては、弦楽四重奏曲そしてピアノ五重奏曲などが広く知られていますが、決して見逃すことのできないのが、フランス映画の「恋人たち」でじつに効果的に使用された弦楽六重奏曲の第1番があるでしょう。
とくにその第2楽章は二人の月光下でのラブシーンに非常に印象的に使用されていることを、あなたご自身でぜひとも味合ってほしいところです。
さらに「愛の調べ」というこれもヨーロッパ映画ですが、シューマンとの弟子としての生活も決して見逃がせないでしょう。
妻クララへの愛の告白シーンをぜひともじっくりとご覧になってください。
そしてあなたまで夢の世界にまで誘ってくれる「子守唄」をお聴きになりましょう。
きっとあなたは、シューマンそしてブラームスの両フアンになってしまわれるでしょう!

ショパン

ショパンはシューマンと同様に19世紀の前半に活躍したポーランドを代表した有名作曲家であり、”ピアノの詩人”とまで称され続けていることは、あまりにも有名なことです。
みなさんがもっとも良くご存知なのが、ピアノソロによる「仔犬のワルツ」とか「英雄ポロネーず」・「軍隊ポロネーズ」・「華麗なる大円舞曲」・「マズルカ」でしょう。
いずれもオーケストラにまで編曲されて、日本における多くのコンサートを飾っています。
オーケストラにおいても「ピアノコンチェルト」のような多彩なスタイルによる名曲は数知れないでしょう。
ヨーロッパでの映画におうても「楽聖ショパン」としてあまりにも有名です。
あのハンガリーのリストとのじつに親しい交友も大きい話題のひとつにあがっています。
日本におけるCDによっても、”ショパン・ピアノ名曲集”にかならず含まれておりますので、すでにご存知の人たちが多いことでしょう。
さらにショパンはロッシーニやメンデルスゾーンそしてリストなどの大家とも交友を深めているのです。
練習曲集などなどにも、日本人から親しまれてしる名曲が多々あることで広く知られています。
彼は30歳代の後半という若さで世を去っていますが、フランスの女流作家ジョルツ・サンドとのラブロマンスはあまりにも有名な事実であって、、彼の多くの名曲を生み出したエネルギー源にもなっていることは、とても広く知られていることなのです。
ぜひともそのことを連想しつつ、ショパンのピアノ曲をぜひともお聴きになってください。

ワグナー

ワグナーは19世紀のドイツを代表する大作曲家であって、じつにユニークな”楽劇”=ミュージック・ドラマというスタイルの創始者となっていることがあまりにも有名であり、まったく彼自身による独奏的なことになっています。
中には演奏が困難である上に、三夜にわたるもののもあって、非常に特殊ともいわれています。
その演奏のための舞台装置の準備にもじつに莫大な費用を要することで有名になっています。
オーケストラ曲としては「タンホイザー序曲」・「トリスタンとイゾルデ」・「リエンツイ」などなどが日本の楽団を多く飾っているものの代表でしょう。
とくに「結婚行進曲」は、日本での挙式においてオルガンで演奏されたりして、そのメロディーがとくに広く親しまれています。
ある邦画にまで採用されており”高砂や?・・・”の歌手のメロディーにまでなっているのです!
アメリカ映画の”カーネギーホール”によって、日本では急に広く知られたのが、あの楽劇「マイスタージンガー(名歌手)」の前奏曲でであって、まさに豪華絢爛たる冒頭は非常に印象的であって、これこそがワグナーのおすすめの第一の候補になるものです。
このワグナーは前記のリストとは、なんと親戚関係になっていることも事実として広く知られていることなのです。
ワグナーの肖像画では、ベレー帽を斜めにかぶっているものが、きっと中学校などの音楽教室に飾られていて強い印象に残っていることと思われます。
ぜひともこのワグネリアンに、あなたも日本のかっての首相のようになってみませんか?

チャイコフスキー

チャイコフスキーは19世紀の後半を代表するロシアの有名作曲家のひとりであって、日本での彼のフアンはドイツの3大Bとも同様であって、「展覧会の絵」でおなじみのムソルグスキーなどとのロシア5人組みの代表でしょう。
先ずはシンフォニーでは激しい気性を表現しているかのような第4番、終楽章が春をも連想する第5番、そしてもっとも有名な第6番の「悲愴」があげられるでしょう。
とくに日本人が好む哀愁をおびた彼のメロディーの魅力には尽きることのない何者かが潜んでいるのでしょう。
またバレエ音楽の傑作も多く、「白鳥の湖」・「眠れる森の美女」そして「胡桃割り人形」などは、日本でも多く演奏されています。
さらに「パイアノコンチェルト第1番」こそは、クラシックマニアならずとも知っている人が多いようです。
室内楽としては「アンダンテ・カンタービレ」を含んで有名な弦楽四重奏曲がありますが、このテーマは彼の昼寝中に来ていた大工さんが口ずさんでいたいたメロディーによる説が有力でしょう。
そしてチャイコフスキーはロシア民謡のメロディーを彼の作品に多く取り入れていることが多々あって、上記の第4シンフォニーのテーマがまさに相当しています(→「野に立つ白樺」)。
なお「悲愴」シンフォニーは、彼の不幸な結婚によることが大きく影響しているという説が信じられているようす。
冒頭のチェロとコントラバスが先ずはあなたの心を捉えることでしょう。
映画「チャイコフスキー物語」をぜひともご覧になってください。

ドビュッシー

ドビュッシーはやはり19世紀の後半におけるフランスを代表する有名作曲家のひとりであって、「ボレロ」でおなじものラベルとほぼ同時代に活躍しております。
フランスの印象派を代表する偉大な作品を多く残しております。
もっとも有名なのがピアノソロによる「月の光」であって、とても印象的でありオーケストラにまで編曲されていますし、日本でのコンサートにおいても広くしられています。
ドビュッシー独特のメロディーそして和音さらには曲想の展開こそは、ほかでは決して聴かれないものであって、ドイツの3大Bなどとは、まさに別世界の音楽と称されているようです。
さらにやはりピアノソロ用の「子供の領分」にはそれぞれに独立した表題があって、彼ならではのユニークな曲想が感じ取られるものです。
ロシアのムソルグスキーそしてなんと東洋音楽などによって大きい影響を彼は受けていて、多く取り入れているのです。
ワグナーのような後期ロマン派からの脱却によって、まったく新しい音楽を構築していっています。
やはり日本の中学校などで、みなさんは広く親しまれていることでしょう。
なおドビュッシーが活躍した芸術面での背景どしては、絵画があげられてお、やはり音楽におけるのと同様に印象派的なものが多いことには、日本人として大いに共感すら覚えることでしょう。
もしフランス絵画展があれば、きっとドビュッシーなどの音楽がBGMとして採用されていることが多々あります。
テレビにおいてもそのことに関心を寄せておくと、いっそう有意義であり楽しい印象が残ることでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。