カラコンの安全性

この記事は15分で読めます

安全性のあるおススメなカラコン『ワンデーアキュビューディファインモイスト』

国内産の『Fall in Eyez(フォーリンアイズ)』以外で、海外製ですが安全性に定評のあるカラコンをここではご紹介したいと思います。
皆さんもよく耳にしている製品なので、すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、是非一読ください。
【ワンデーアキュビューディファインモイスト】
CMなどでもおなじみのカラコンですね。
有名なジョンソン&ジョンソンから発売されている製品になります。アメリカのアイルランド製です。
度のついている物と、度のついていない物とどちらも用意されています。
ワンデーという事で、一日の使い切りタイプになります。直径は14.2ミリです。
●安全性●
この『ワンデーアキュビューディファインモイスト』も、公式のサイトにて安全性について明記してあります。
ご紹介すると以下の通りです。
こちらも『Fall in Eyez』同様に、サンドイッチ構造になっています。この事により、色素が直接目に触れないようになっています。
そして、カラコンをしていてもしっかりと酸素が通るようにと透過率にもこだわっています。
着色してある部分であっても、酸素が色素のとても細かい粒子のすきまを通るように工夫されている為に、酸素が届くという造りになっています。
また、女性にはとても気になる紫外線っもカットしてくれるカラコンでもあります。
具体的な数値を上げるならば、紫外線B波では97%ほど。A波では81%ほどをカットしてくれます。

スポンサードリンク

カラコンを安全に使う際の心得

カラコンの安全性では様々なカラコンが発売されているので、製品として品質の良いものを選ぶ事は大事ですが、使っている私達の管理・使い方もとても重要になってきます。
カラコンを装着していてのトラブルとして幾つかご紹介すると、以下のような事です。
1.目が充血した
2.眠るとき以外1か月ずっと装着していたところ、両目に痛みを感じて目を開けられなくなり、角膜に傷がついた
3.目が痛くて、眼下に行った所レンズに沿って眼球に傷がついた
4.1回目に装着したところ問題はなかったが、2回目に装着したところ左目に痛み、流涙があり薬を処方されるが改善されなかった。
5.装着した際に色が視界に入ってしまい、気になって使えなかった。
こうした事例が、国民生活センターに報告されています。
こうしたトラブルの多くは、長い時間カラコンを装着した事による、目の酸素不足で起こっている問題が多いようです。
という事は、カラコンの製品の品質だけでなく、使い方や洗浄方法などの管理方法が原因で起こっているトラブルもあるという事が言えるという事です。
例えば1日の使い捨てのカラコンを購入したにもかかわらず、勿体ないからといって数日間使用していたりといった事をしていると、何らかの目のトラブルを生じる可能性が高くなるという事です。
そもそも、カラコンは通常のコンタクトレンズに比べて目への酸素供給は低く、不十分になるという特徴があります。
このことをカラコンを付けている方は忘れてはいけません。

安全性のあるおススメなカラコン『ワンデーアキュビューディファインモイスト』

●付け心地にも配慮●
カラコンを装着している人の悩みの一つとして、夜まで長時間装着していると、段々とカラコンが乾いてしまい、パサパサとした感覚になってくるというものがあります。
装着してしばらくは潤っていても、段々と目に違和感を感じるようになるのは困りますよね。
こうなってしまう原因は、カラコンのレンズの中にある水分であったり、潤いを保ってくれる成分が、最初は十分にあるのですが、時間の経過とともに、段々と失われていくという事が原因です。
そこで『ワンデーアキュビューディファインモイスト』は、朝から夜まで快適に装着していられるようにと、潤いを保つ保湿成分をレンズの構造の中に閉じ込める形をとっています。
これによって、水分をレンズの中に留めておく事が可能なので、朝から夜までと長時間装着していても、潤い十分に快適なまま着けていられるというわけです。
●自然なグラデーション●
そして、カラーの構造も瞳と調和するようにと開発されています。
それは3つのグラデーションがある事で実現しています。
1.インナー効果:明るい色をもってきています。これにより自然に虹彩となじむのです。
2.アウター効果:ここではハイライトとコントラストを加えて色味をつけて立体感をつけます。
3.リンバル効果:フチのリングをつける事で、黒目を大きく見せる効果があります
この3つのグラデーションがある事で、自然に目の色と溶け込んで美しく、立体感をもった印象を与えてくれるのです。

カラコンを安全に使う際の心得

大事な事は、カラコンの定めている装着期間は必ず守る事。
そして、少しでも傷がついていたりと劣化しているカラコンは使用を中止すること、不具合を感じたカラコンも無理に使わないことが、自分の目を守っておしゃれを楽しむ為には必要不可欠な意識です。
初期不良があった場合には、勿体ないと使い続けるのではなく、まずはメーカーに連絡してみましょう。
メーカーによっては箱ごと交換してくれる場合があります。
もし使っている中で、目が疲れたなぁ・・・などと違和感を感じるような場合があれば、カラコンは外す。そして目への酸素を十分に与えるという事が正しいカラコンの使い方といえます。
そしてワンデーの場合にはその日で交換すること、長い期間使えるカラコンの場合には、しっかりとこすり洗いをして洗浄し清潔な状態を保つ事。
最近の洗浄機では、カラコンの汚れを綺麗に落としてくれるものも出ています。
気になる方はそうした洗浄機をチェックしてみても良いでしょう。
●まとめ●
いかがでしたでしょうか。
カラコンを安全に使うには、カラコンの品質ももちろんですが、使う側の認識を高める事が大事です。
普通のコンタクトレンズに比べてリスクがある事、それをしっかりと理解した上で、眼科を必ず受診して使用する事が大事といえるでしょう。
今では気軽なファッションとして様々なお店で購入できます。ですので使う際には、私たちの意識が問われています。
正しい装着時間を知る。正しい使い方を知る。正しいケアを知る。
使用方法を必ず熟読してから使う。これにつきます。
是非、カラコンを安全に使ってオシャレを楽しみましょう。

安全性のあるおススメなカラコン『ワンデーアキュビューディファインモイスト』

そして、より自然な瞳として考えられているのがデザイン。
瞳の模様は虹彩模様というのですが、その模様をもとにしているデザインを『ワンデーアキュビューディファインモイスト』は採用しています。
これによって、瞳にもスッと自然になじませる事ができるので、いかにも盛っていますというような不自然なカラコンではなく、自然ながらも大きく目を見せる事が可能になり、本来持っている瞳の美しさもそのまま見せることができるのです。
ちなみに、瞳の黄金比率というのがあるのをご存知ですか?
これは、日本人の瞳に対しての黄金比率なのですが、目頭の白目部分が1、黒目部分が2、そして目尻の白目部分が1という、1:2:1という割合です。
これが、日本人の目を最もきれいに、そして美しく見せてくれる比率だと言われています。
カラコンのサイズは、メーカーによって数種類用意している製品もあります。どれにしたらよいのか悩んだ時には、この比率を参考にカラコンを選んでみるのも参考になりますね。
●カラー●
そして気になるカラーですが、『ワンデーアキュビューディファインモイスト』では現在のところ、5色のカラコンが発売されています。
・ラディアント ブライト:こちらはリッチモカ・ライトアンバー・ディープブラウンのグラデーションを用いて、明るさを与えてくれるカラコンになります。
・ラディアント チャーム:深みを感じる魅惑的な瞳の印象を与えてくれるカラコンで、リッチハニー・ライトグレー・ルーセントブラックのグラデーションです。
・ナチュラル シャイン:こちらは、透明感のあるグレーとゴールドのハイライトが特徴で、上品な瞳の印象を与えてくれます。
・ヴィヴィッド スタイル:明るめのスイートブラウンを採用しているので、華やかな印象を与えてくれるカラコンです。
・アクセント スタイル:くっきりとした印象を与えてくるカラコンで、ルーセントブラックを採用しています。目のフチをしっかりと出したい人はこちらがおススメです。
以上、『ワンデーアキュビューディファインモイスト』の特徴をご紹介しました。

カラコンを安全に使うには危険性を知る事が不可欠

カラコンは気軽に見た目の印象を変える事のできる便利なアイテムの一つです。
今では、コスプレという日本文化が世界各国で浸透し、キャラクターになりきる上でも、カラコンは欠かせないものになりました。
そんな便利なカラコンですが、カラコンをつけると失明するという話しなどの目への悪影響を聞いた事がある人がいるかと思います。
もしくは、実際に使用していて目に違和感を感じた事がある人もいるかと思います。
そういった方に少しでもこの記事が参考になればと思い、今回はカラコンを使う上での危険性について解説していきたいと思います。
●カラコンの危険性とは●
カラコン、そしてコンタクトレンズは眼鏡とは違って、角膜に直接装着して使うものです。
角膜はとてもデリケートな部位。それを理解して細心には細心の注意を払って使用していく事が求められます。
一歩間違えれば最悪の結果、失明という事になる可能性もあります。
「最近、よくみんなが付けているから」と注意事項をよく読まないで使っていると大変な事態になりかねません。
ですので、大切な目を傷つけないように、正しい使い方を順守する事が使う方一人ひとりにとって大切な事なのです。
カラコンは、”正しい使い方をすることで装着しても大丈夫な物”として認識していくことが求められる製品なのです。
これを踏まえて、以下の記事を読み進めていってくださいね。
●カラコンのこんな所に注意●
まず知っておくべき知識は、カラコンは酸素の透過性が普通のコンタクトレンズに比べて悪いという事です。

安全性のあるおススメなカラコン『アイコフレ』

最後にご紹介するのは、ワンデーアキュビューディファインモイストと同じサークルレンズで人気の『アイコフレ』です。
【アイコフレ】
こちらも、女優さんがイメージキャラクターをしているので、CMでおなじみなカラコンとなりますね。
さて、冒頭にてサークルレンズとして2つの製品名を記載しました。では、サークルレンズを購入したいと思った時に、どちらを購入すれば良いのでしょうか。
どちらもが安全性には定評があるとすると、付け心地や見た目の印象などの違いで自分の好みを選択していくことになるかと思います。
そこで、まずはこの『アイコフレ』と『ワンデーアキュビューディファインモイスト』の違いをご紹介しますね。
●2つの製品の違い●
この『アイコフレ』と『ワンデーアキュビューディファインモイスト』の違いを見た目の違いで表すならば、瞳の大きさの違いがあげられます。
アイコフレの方が、着色の直径やDIAがワンデーアキュビューディファインモイストに比べて大きめに設計されているのです。
ですので、ナチュラル感を重視するならばワンデーアキュビューディファインモイストがおススメですが、それでは物足りない人・大きめに盛りたいと思っている人は『アイコフレ』がおススメです。
また、視界の見え方も違ってきます。
それは採用している着色部分のデザインが違うので当然ですね。シリーズのものを比較した結果、透明な部分が一番広かったのが、ディファインのアクセントになり、8.7ミリです。

カラコンを安全に使うには危険性を知る事が不可欠

人は、口からの酸素を取り入れる以外にも、皮膚など様々な部位から酸素を得て健康な状態を保っています。もちろん目も然り。
ですのでカラコンをつけた際には、この重要な酸素の透過性が低下する事をきちんと理解しておく事が大切なのです。
酸素の透過性の悪いレンズを長時間装着すると、以下のような状態になる可能性があります。
1.角膜が腫れてキズがつく
2.キズがつくことで感染の原因になる
3.見え方が悪くなる
4.慢性の充血の原因になる
5.視力が落ちる
この他にも、使い捨てではないカラコンの場合、使い終わった後のケアをしっかりと行わなかった事で、レンズにばい菌や雑菌・カビなどが発生。その菌が目に入るという事態が起こったり、ラメ入りのマスカラやアイシャドーのラメの部分がレンズについてしまう事で、眼球が傷ついてしまったりという問題も起きます。
またカラコンをつける際に目が傷つくという可能性もありますし、レンズの裏表を誤って逆につけてしまう事で眼球が傷つくという事もあります。
このように正しく使わない事で発生する危険性は、とても重大なものです。
直接眼球につけるカラコンはこういった危険をはらむものだという事を知った上で、正しい知識をもち、使用していきましょう。
また、情報の中で飛び交っている失明という危険性は、あまりにも無茶な使い方・変な使い方をした場合の特殊な事態です。カラコン自体は安心して使えるものがほとんどなので、正しく使っていればほとんど問題は発生せずに安全に使えます。
そして、カラコンをよく使う人は定期的に眼科検診を行うと、より安全です。
お手入れをしっかりと行う・カラコンの使用期限を守る。
これらの意識を持ちながら、楽しくカラコンを使っていきましょう!

安全性のあるおススメなカラコン『Fall in Eyez』

目に直接入れるカラコンは、安ければオシャレをするにも嬉しいものですが、安全に使える製品なのかどうか、これがとても重要ですね。
せっかくオシャレをしても、目に害を及ぼす可能性のある製品を使っていては、意味がありません。
そこで、ここでは安全性が高いといわれているカラコンを幾つかご紹介したいと思います。
どのような商品を購入したらよいのか悩んでいる方は参考にしてみて下さい。
●DESTINY INTERNATIONAL『Fall in Eyez』●
まずご紹介したいのは、日本製のカラコンである『Fall in Eyez』です。
実は、今流通しているカラコンのほとんどは韓国製や台湾製というのはご存知でしたか?
出来れば国内産のカラコンが良いと思っている方や、安全性がしっかりとしているカラコンを使いたいと考えている方、是非こちらの製品をチェックしてみて下さい。
その理由は、こちらの『Fall in Eyez』の特徴が、何といっても安全性を重視した製品であるという事。
その安全性は、医薬品医療機器等法の第41条第3項の規定に基づいて定められている、”コンタクトレンズ承認基準”によって、製品の品質の確認と安全性試験を実施しているという所でも高いものです。
また、日本で唯一臨床試験も実施しているという事で、高度管理医療機器として販売されているカラコンになります。
こういったところから、安全性ではとても定評があり、使い続けたいという方も多いです。

安全性のあるおススメなカラコン『Fall in Eyez』

臨床試験とは、実際に健康な人に対してカラコンを装着してもらい、安全性を確かめるという目的をもって実施されている試験のことをいいます。
ですので『Fall in Eyez』は、その安全性の確認試験で合格した製品として、安全度は高いのです。
これは、購入する側から見ても安心して購入できる理由になるのではないでしょうか。
またレンズの構造についても、サンドイッチ構造と呼ばれている、着色された部分を透明なレンズで挟んだ製法で製造されているので、直接着色面が目に触れるという事がないのも、嬉しい特徴ではないかと思います。
●安全性の記載●
公式のサイトの方では、いかに安全であるかという事がわかるように、安全性の試験の結果についてきちんと記載がされています。
具体的には、厚さや屈折力・透過率などの物理的要求事項や、溶出物における試験結果の科学的要求事項、無菌性の保証、細胞毒性試験や眼刺激試験・皮膚感作性試験などの生物学的要求事項、そして臨床試験の結果を閲覧することができます。
この他にも、製造販売承認書や販売許可証なども見られ、安全性への自信も伺えます。安全な製品なのかどうかを知りたい場合には、こうした物が記載されている製品やメーカーのものを選ぶとトラブルも少ないでしょう。
●説明がしっかりしている●
また、『Fall in Eyez』に限った事ではありませんが、使用の注意事項がしっかりと記載されている製品を選ぶのも、安全性のある製品に欠かせない要素といえます。

カラコンを安全に装着する為に行う事 その1

カラコンを装着する時には、私たち使う側も気を付ける点があります。
いくら製品自体の安全性が高くても、使うときに自分自身でレンズに傷をつけてしまったりなど、購入後に自分が怠った事が原因で、トラブルとなるような事態を作ってしまっては意味がありません。
カラコンは目に直接装着するデリケートな製品です。これを忘れてはいけません。
次にあげる5つのの項目を気を付ける事で、自分の目を守ることができますので、疎かにせずに行っていきましょう。
●装着する前にチェックする事●
以下に記載したチェック事項を1つ1つ確認してから装着することで、目へのトラブルを回避できます。
1.爪を短く切り滑らかにする
目やカラコンを傷つけない第一歩は、爪の状態です。
爪が伸びているとキズをつけやすくなってしまうので、短く切り、なおかつヤスリ等を用いて滑らかな状態にしておきましょう。
2.手を清潔な状態にする
手についている雑菌や細菌がカラコンについてしまうと、目にその菌が移り増殖してしまう可能性があります。
つける前には石鹸できれいにし、水道水でよく洗い流しましょう。
また、ハンドクリームや化粧水などのスキンケアを装着する前につけるのはやめましょう。汚れや変質などの原因となってしまい、最悪カラコンが使えなくなってしまう場合があります。
3.目ヤニや充血がないかを確認する
目の状態が良くない時にカラコンを装着するのは避けましょう。健康な状態でない時に装着すると、普段の時では何でもなかったのに思わぬトラブルを起こす事があります。

安全なカラコンの見分け方

コンタクトレンズは、昔は視力が弱い人のみが利用し、視野を確保する為のものとして使用されていましたが、今ではファッションの一部としてコンタクトレンズを活用している人が増えています。
こうしたファッションで使っている人の多くが『カラコン』と呼ばれるタイプを使っています。
今ではよく耳にする言葉ですね。
この『カラコン』はソフトコンタクトレンズの中で着色してある部分をもったコンタクトレンズの事をいいます。
ちなみに、普通の透明な着色した部分のないコンタクトレンズは『クリアレンズ』として分けています。
この、手軽なファッションとして使われている『カラコン』ですが、実はトラブルが多いという事で、注意が必要です。
もちろん、安全性の高い安心して使える『カラコン』もありますが、そうした中でも、おススメできない『カラコン』が存在しており、クリアレンズよりも様々な問題が報告されているのです。
その理由は以下のような事があげられます。
1.レンズを製造しているメーカーの技術力に問題がある
2.レンズに使用されている素材の品質に問題がある
3.レンズ素材からはみ出た着色料に問題がある
この他にも使用する側が起こす要因によってトラブルが引き起こされる問題も少なくありません。
ですが今回はカラコンの製品自体について、上記3点の問題により、せっかくの『カラコン』への興味を持っている人、今後も使い続けていきたい人が手を伸ばせなくなってしまっては勿体ないです。
ですので、今回はこの『カラコン』について、おススメの安全性のあるものと、安全とはいえないものの区別方法をご紹介したいと思います。

カラコンを安全に装着する為に行う事 その2

ちょっとした刺激に対しても過敏に反応するような弱っている時には、目を休ませてあげる事が大切です。
4.カラコン自体に傷がないか確認する
カラコンにほこりなどの異物が付いていないか、汚れや傷、変色などがないかを確認しましょう。
またカラコンの形が変形している場合もないとはいえません。
カラコン自体のチェックも怠らずに行いましょう。
5.カラコンの装着面を確認する
カラコンには表と裏や左右があります。これを間違えてしまうと違和感を感じる他、レンズがはがれやすくなったり、目にキズをつけてしまう原因となる事があります。
しっかりと確認してから装着するようにしましょう。
もし、装着して少しでも異常を感じた際には、すぐにカラコンを外して眼科医の診察や専門の指導員に相談するようにしましょう。
違和感があるのに無理に装着していると、充血や目の痛み、涙が止まらない・目が開かなくなるなどのトラブルに繋がる恐れがあります。
ちょっとした違和感だと気にしない方もいますが、大事な目です。
何かいつもと変だな、おかしいなと感じた時には、大事になる前に速やかにカラコンを取りはずす事をお勧めします。
カラコンは神経質になるくらいが丁度良いですね。
この他にも管理方法も大事になっていきます。
使い捨てではないカラコンは、この管理方法を面倒だからといって怠る事で、目に異常を感じてしまった人も多いのです。
使う前のチェック項目と、使い終わった後の管理方法をしっかりと行っていきましょう。

安全なカラコンの見分け方

ここでは、サークルレンズも含めて『カラコン』と記します。
まず、安全なカラコンを見分ける方法ですが一番簡単な方法を上げるとすれば、これです。
●大手販売店で扱われているカラコン●
一番早くて分かりやすいのが、大手といわれる販売店で取り扱われているのかどうかをチェックするのが良いでしょう。
どうしてかというと、日本にある大手の販売店では必ず眼科と提携しているからです。
提携している事で、大手の販売店はブランドを下げない為に、取り扱っている様々な製品に関して独自の基準を定めています。
つまりは、その基準に満たない製品は取り扱わないという事です。
これはカラコンにも言えます。カラコンも提携している眼科で取り扱う製品の規定を設けているので、その範囲内に収まっているカラコンしか扱いません。
ですので裏を返せば安全性の高いカラコンが手に入る場所といえるのです。
それに比べて、多くの製品を安く手に入れる事のできる量販店は、コンタクトレンズを取り扱う基準でいうとどうしても専門に取り扱っている大手販売店に比べて低くなっています。
という事で、初心者でどのようなカラコンを購入すれば良いのかよくわからない人、今まで使っていた製品が合わなかった人、安全性の高い製品を探している人は、厳しく基準を設けている大手販売店での購入をおススメします。
●大手販売店で取り扱っているコンタクトレンズ●
それでは、どのような製品を大手の販売店では取り扱っているのか、気になりますよね。
これを知っていれば、心配する事なく購入し使用する事ができるかと思いますので、別記事『大手販売店で扱われているカラコン』を参考にしてみて下さい。

安全性のあるおススメなカラコン『Fall in Eyez』

装着するまでに気を付けてほしい・確認してほしい事柄から、装着する時のチェック方法・装着の方法、そして使用する時の注意事項、消毒の方法、保存方法等が、公式のサイトや製品の説明書に書かれています。
熟読するのに面倒と思われるかもしれませんが、このように細かく書かれている製品は、逆に言えば安全にカラコンを使うにあたっての必要な事柄をきちんと明記しているという事ですので、安全性の高いカラコンとしての目安として参考になります。
また、日本製以外のカラコンの場合に日本語の説明書が添付されていない製品もあります。
そのような、使う際に不十分となるカラコンは使用するのを控えるのが無難といえます。
これらを踏まえると、この『Fall in Eyez』はきちんとした説明をしてあります。この点をみてもおススメなカラコンの一つといえます。
●製造過程●
この『Fall in Eyez』では、製品のこだわりがあるが故、製造するまでの各工程をピックアップして掲載しています。
一つ一つを丁寧かつ厳しく管理している事を、私たちカラコンを購入する人に伝える一つの方法として載せているところも、安心材料の一つといえますね。
●目に違和感を感じた時の対処方法●
また、公式サイトの中に『よくある質問』というカテゴリーがあるのですが、その中には、カラコンを装着した際、目の痛みを感じた場合の推測される原因や対処方法が載っています。
もし違和感を感じた場合には、こちらの項目をチェックすると改善される場合がありますので参考にする事ができます。

大手販売店で扱われているカラコン

カラコンを安全に使用する為に購入する場所のおススメとして、大手販売店をご紹介しました。
その理由は別記事でご説明しているのでここでは割愛しますが、簡単にいうと、大手の販売店ではカラコンを扱う基準が厳しいので、その基準に満たない製品は取り扱っていないという事。
よって、安全性の高いカラコンを手に入れる事ができます。
そんな大手販売店で扱われている製品とはどういった物なのか、ここではその製品をご紹介します。
ざっくりと説明すると、『アイシティ』『ハートアップ』『中央コンタクト』が大手販売店として上位を占めています。
この中で、『アイシティ』がシェア率では40%弱と、ダントツの差をつけて占めています。
他の2つはシェア率の話しだけをいうと、10%に満たないくらいです。
ですので、購入する時にはシェア率の高い『アイシティ』に注目してアイシティで取り扱っているカラコンをチェックする事で、トラブルの少ない安全度の高い製品を選ぶ事ができるでしょう。
●アイシティで取り扱っているカラコン●
全部で11個の製品があります。
1.ワンデーアキュビューディファインモイスト
2.アイコフレワンデーUV
3.ヒロインメイクワンデーUV
4.プラスモードワンデーオム
5.フレッシュルックデイリーズ
6.フレッシュルックデイリーズ イルミネート
7.ナチュレール
8.ワンデーキャラアイ
9.ワンデーキャラアイ ナチュラルプラス
10.フェアリーワンデー プリンセス
11.フェアリーワンデー ナチュラル

安全性のあるおススメなカラコン『Fall in Eyez』

以上、様々な観点から『Fall in Eyez』のカラコンが安全性に定評のある製品だという事が伝わったかと思いますので、ここからは実際にどのようなタイプのカラコンがあるのか、ご紹介したいと思います。
●カラコンのタイプ●
『Fall in Eyez』には、大きく分けて4種類のタイプに分かれます。
1.レギュラータイプ:こちらは1か月交換タイプのもので、直径14.0ミリです。
2.グランデ:こちらも1か月交換タイプですが、直径がレギュラータイプに比べて0.5ミリ大きい、14.5ミリになっています。
3.ミニサイズ:縮小サイズとして、デカ目になるカラコンが苦手な人におススメなカラコンです。こちらも1か月の交換タイプの直径14.0ミリになります。
4.ワンデー:1日の使い捨てのタイプになります。直径は14.0ミリです。
●カラー●
『Fall in Eyez』には、カラーも豊富です。
ブラック系からグレイ系・ブラウン系・ブルー系・グリーン系・パープル系・イエロー系・ピンク系の大きく分けて8つのカラーが揃っています。
ナチュラルに付ける事ができる色から、コスプレ等衣装や服装に合わせて目の色を変えたい方と、様々な要望に応えられるカラコンが揃っていますよ。
●評判●
『Fall in Eyez』のカラコンをつけた人からの感想としては以下のようなものがあります。
・派手なメイクの時でもナチュラルなメイクの時でも使えるカラーがあり、重宝している
・他のカラコンに比べて着け心地が良い
・他のカラコンを使用していたが、こちらのカラコンはとても薄くて柔らかい。デザインもかわいく、ドライアイなので低含率というのも嬉しい製品
気になっている人は是非こちらを参考にして検討してみては如何でしょうか。
度ありのものと度なしのものとどちらもありますよ。

大手販売店で扱われているカラコン

『大手販売店で扱われているカラコン』でご紹介したアイシティの製品は2016年の3月までに販売されている製品になります。
アイシティは販売店としては大きいので、利用者も多めです。
皆さんも耳にした事のある製品名があるのではないでしょうか。
特に、『ディファイン』や『イルミネート』・『アイコフレ』辺りは聞いた事のある人、今現在使用している人が多いかと思います。
こうした多くの人が利用しているというところでは、実績もあるので購入する際の安心材料の一つとなるでしょう。
またアイシティでは取り扱っておらず、先ほど紹介したハートアップと中央コンタクトで取り扱っているカラコンもあります。
そちらを購入したいと考えている人もいるかと思いますので、こちらを参考にしてみて下さい。
●ハートアップ●
1.リンダワンデー
2.リンダワンデー チョコレートブラウン
3.リンダ2ウィークス
4.リンダマンスリー
5.ワンデーアイレ リアルトーリック
6.ドレスアイ
●中央コンタクト●
ワンデーアイレ ヴィフUV
ワンデーアイレ リアル
フレッシュコン アルーリングアイズ1day
フレッシュコン アルーリングアイズ2week
フレッシュコン アルーリングアイズ1month
フレッシュコン カラーフュージョン1day
フレッシュコン カラーフュージョン1month
ワンデーアイレ リアルトーリック
アイシティに比べシェア率は低いですが、安全度の高い部類に入るカラコンといえるでしょう。
以上、3つの大手販売店で取り扱われているカラコンをご紹介しました。是非チェックしてみて下さい。

安全性のあるおススメなカラコン『アイコフレ』

もし視界を広めにしっかりと確保したい場合には、ディファインのアクセントがおススメという事になります。
スポーツなどで、視界を広くとりたい場合などに参考にしてみて下さい。
以下に透明部分の広さをご紹介します。
1.アクセント:8.7ミリ
2.ベースメイク:7.3ミリ
3.ナチュラルメイク・リッチメイク:7.0ミリ
4.ディファインナチュラル:6.6ミリ
5.ヴィヴィッド:6.2ミリ
また、瞳の色によっても自然になじむカラコンは変わってくるので、カラーで迷っている人は一つの参考材料にしてみて下さい。
≪茶色の瞳の人になじむカラー≫
・ディファイン ヴィヴィッド
・アイコフレ ベース
・アイコフレ リッチ
≪黒色の瞳の人になじむカラー≫
・ディファイン アクセント
・アイコフレ ナチュラル
≪迷った時におススメなカラー≫
・ディファイン ナチュラル
以上がなじみやすいカラーとなります。自然な感じでカラコンを着けたいと考えている人はこのカラー紹介をベースにして選ぶと決まりやすいですよ。
また他の違いを上げるならば、デザインが違うので見た目の印象も違います。これは公式サイトの装着イメージを参考にしてみて下さい。
そして最後の違いは価格です。
両目の1日分のコストを比較してみると、アイコフレは約260円。ディファインの場合では約180円となります。
1か月で計算した場合には2000円以上の差がつく事になりますね。
それでは、次の記事で『アイコフレ』の特徴をご紹介したいと思います。

安全性のあるおススメなカラコン『アイコフレ』

まずは、中心の厚さは 3.00Dの場合だと0.05ミリというとっても薄い厚さを実現しています。そこに、”スムース・エッジ・デザイン”というレンズ周辺部分を滑らかなフォルムにしているので、目にとても優しく、自然な付け心地を味わう事ができます。
そして、気になる『アイコフレ』の構造はインナーカラー構造。
なので、目に直接着色してある色素が付く心配がありません。角膜にも配慮しているデザインを採用しているカラコンです。
他にも、アイコフレには、非イオン性レンズというレンズを採用しています。これによって、たんぱく質などの様々な汚れがつきにくいという利点もありますが、加えて乾燥しにくい素材を用いている為に乾きにくいカラコンといえます。
●カラコンのタイプ●
アイコフレには3タイプのカラコンが用意されています。
・ベースメイク:こちらは自然に見えるカラコンなので、普段使いにも最適なタイプです。カラーはライトブラウンなので、瞳になじむカラコンをお探しの方におススメです。
・ナチュラルメイク:このタイプは、自然なグラデーションを用いた色彩デザインなので、目の印象を力強く見せて知的な印象を演出してくれます。ですので、黒目を際立たせたい人や、輪郭を強調したい人にはおススメなタイプとなります。カラーはブラックです。
・リッチメイク:愛らしいデザインを用いているので、瞳にこだわりたい方におススメなタイプです。色はブラウンで、アイメイクにこだわって装着したい人におススメです。
以上が『アイコフレ』のご紹介でした。
度ありのカラコンのみですが、こちらも安全性の高い製品ですのでおススメです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。