エアコンをとりはずす

この記事は14分で読めます

エアコンの取り外し方

引越しをする時期になると、エアコンを取り外す人が多くなります。
アパートに最初から設置されている場合もありますが、後から取り付けたものであれば、業者に依頼して取り外すか自分で取り外す必要があります。
そこでエアコンの取り外し方を調べなければなりません。
エアコンを自分で取り外す人は挑戦してみましょう。
決して難しい作業ではありません。
日曜大工などができる人なら、意外と簡単だと思うはずです。
ただ、エアコンを外す時にはしっかりと抱えなければなりませんから、それだけの力を入れてください。
そうしないと怪我をしてしまうでしょう。
屋外に取り付けられた室外機は要注意です。
外壁の高いところに設置されていることもあるからです。
適切な高さの脚立をしっかりと固定して作業をしましょう。
できれば2人での作業をおすすめします。
業者に依頼するのがもったいないと思って自分でやってもいいですが、怪我をして高くついてしまわないようにしなければなりません。
エアコンを取り外す時の注意事項は冷媒の移動をするための手順を覚えておくことです。
エアコンの原理は冷媒の循環によって熱を移動させるものです。
冷媒はガスですから、取り外す時に漏れてしまうと、圧力が下がり、次に使う時に効き目が悪くなってしまいます。
もちろん、廃棄するために取り外す場合はそこまで考慮する必要はありません。
ただ、取り外し方を知ることで、エアコンの仕組みなども理解できます。
電気屋さんが工事をする時にチェックする目を養うことにもなります。

スポンサードリンク

エアコンの仕組み

エアコンは工事業者が設置して、取り外す場合も同様だと考えている人がほとんどかもしれませんが、取り外し方を知っていれば、意外と簡単に取り外すことができます。
引越しで業者に依頼すると作業料を取られますから、自分で取り外すことを考えてみませんか。
取り外し方を知るにはエアコンの仕組みを知ることが大事です。
エアコンの仕組みを説明しましょう。
エアコンには室内機と室外機があります。
それがパイプでつながれている状態は誰でも見たことがあるでしょう。
壁に丸い穴が開いているはずです。
このパイプの中には冷媒と呼ばれる物質が入っており、冷房暖房を行う重要な役割を持っています。
エアコンを取り外すにはこのパイプを二つに分離しなければなりません。
断熱材で保護されている状態のパイプは10cm弱の大きさですが、断熱材を外すと意外と細いパイプになっています。
途中に継手があり、これを外すことになります。
外す前に重要な作業があります。
それが強制運転です。
パイプの中に貯まった冷媒を室外機に押し出すのです。
これはパイプを外す時に冷媒が外に漏れるのを防ぐためです。
冷媒が漏れてしまうと、再設置の時に冷房暖房の効き目が悪くなってしまいます。
パイプを外す作業が終われば、後は壁から外すだけです。
エアコンは重量物ですから、怪我をしないように注意しましょう。
意外と簡単なはずです。
最近のエアコンは工事業者が簡単に設置できるように工夫されています。
室内機の取り外し方は壁に取り付けられた金具から外すだけです。

エアコンとアパート

アパートを借りる時に最初からエアコンが取り付けられている場合もありますが、家電製品は老朽化すると、消費電力がだんだんと増えてきます。
特にエアコンは電気代が掛かる家電製品の筆頭ですから、できるだけ新しい状態で使用したいものです。
自分のお金で取り付けたエアコンなら自由に取り外して、新しくすることはできますが、元からついているエアコンは大家さんと交渉して取り換えてもらわなければなりません。
話のわかる大家さんなら、エアコンの状態を見て判断してくれるでしょう。
エアコンの取り外し方を知っている人はほとんどいませんから、業者に依頼して取り外してもらうことになります。
一般的にはエアコンの取り外しや取り付けはエアコン台に含まれているようです。
アパートのエアコンが老朽化して、それを大家さん負担で交換してもらいたいとインターネットで相談している人が多いのですが、物わかりのいい大家さんなら意外と簡単に交換に応じてくれるようです。
ただ、交渉のやりかたは注意しなければなりません。
交渉が下手な人ほど文句を言うようです。
いきなり高飛車な対応をされると、誰でもいい気分にはなりません。
世の中には文句ばかりを言っている人もいます。
文句を言っては交渉になりません。
下手に出ることが話をスムーズに進めることになるのです。
エアコンの取り外し方を知るよりも、大家さんとの交渉術を学ぶべきでしょう。
もちろん、無理して取り外して、壁に傷を付けたりすると、修復の費用が掛かってしまいます。

エアコンと壁

エアコンを取り付けたことがある業者の人ならよくわかっていることですが、エアコンの取り付けは意外といろいろなことを考慮しなければなりません。
単純にスペースを確保してコンセントをつなげば済むと言う問題ではありません。
もちろん、新築の場合はエアコン取り付けを考慮してコンセントや柱を配置しているはずです。
しかし、工事業者によってはあまり考慮していない場合もあります。
エアコン取り付けの業者は工事業者と違いますから、取り付けに苦労する例もあるようです。
家主になる場合は、このような観点からも工事の状況を細かくチェックしておくことが大切です。
エアコンはいずれ老朽化します。
取り外し方も簡単にできるような配慮をしておきましょう。
室内機と室外機はパイプで接続されています。
引き回しには制限があります。
ダクトカバーできれいに仕上げることが大切です。
一般の人でエアコンの取り外し方を知っている人はほとんどいません。
知る必要がないからです。
ただ、最近はインターネットで何でも調べられるようになりました。
エアコンの取り外し方も詳しく説明されています。
あなたもチャンスがあれば挑戦してみませんか。
もちろん、怪我に注意が必要です。
一人での作業は無理ですから、力のある男性二人で作業をしましょう。
エアコンの内部は複雑な構造になっていますが、取り付け取り外しの工事はできるだけ簡単にできるような工夫がされています。
工事業者もピーク時には何軒も取り付けて周るため、スピーディに作業を進めたいと思うのです。

エアコン取り外しの注意

家庭用のエアコンの取り外し方を説明しましょう。
実際に自分で取り外すことができるなら、工事代が不要になります。
ただ、怪我をしてしまうと余計に高くつきますから、注意が必要です。
取り外し方を知ることと、どこを注意すべきかをしっかりと押さえておきましょう。
エアコンの取り外しには経験が重要です。
電気工事を仕事としてやっている人は、何度も経験していますから、どこのメーカーのエアコンでも仕組みと手順がわかっているはずです。
ただ、最新の機種と20年前の機種ではかなり違っているようです。
自分で取り外すことをやってみたいと思っている人以外は、業者に依頼することが大切です。
脚立は必ず必要です。
しっかりした足場を確保してから室内機の取り外しに掛からなければなりません。
エアコンの取り外し方は室外機と接続されたパイプを外すことに注意すれば、それ以外は簡単です。
パイプは冷媒が入っており、エアコンの一番重要な部分と言えます。
取り外して廃棄処分するだけなら適当にやってもいいですが、別の場所に移設するならきちんと処理をしておかなければなりません。
冷媒が漏れてしまうとエアコンの効きが悪くなるからです。
機器の悪いエアコンほど無駄なものはありません。
電気代で新しいエアコンが買えるほどです。
エアコンの取り外し方に興味を持っている人はどのような人でしょうか。
自分でできることは業者に頼むより、自分でやって費用を抑えたいと思っている人でしょう。

エアコンの処分

エアコンが老朽化して処分している人は少なくないかもしれませんが、取り外し方に注意しましょう。
もちろん、エアコンの取り外し方を知っているとしても自分で取り外すかは別問題です。
エアコンは処分のための費用が掛かることになっています。
エアコン処分は一般的には有料ですが、無料で引き取ってくれる業者もたくさんあります。
取り外しさえも無料でやってくれる業者があるのです。
ただ、無料に引かれてぼったくられるパターンもありますから、注意が必要です。
室内の処理は自分でやるべきでしょう。
そうすれば業者を部屋に入れることもありません。
このような考えの人が増えたため、エアコンの取り外し方がネットに投稿されているのかもしれません。
一般的に工事業者などに依頼すれば、その分の作業費は払わなければなりません。
しかし、同じ作業をするのに無料でやってくれる業者があるのですから、その業者はどこかで利益を得なければなりません。
利益が少なければそれだけ作業が雑になってしまうことでしょう。
無料で回収してもらって、作業にケチを付けることは一般の人にはできません。
無料には注意すべきことがあると理解しましょう。
自分でできることは自分でやる主義の人でもエアコンの取り外し方を知っているかどうかわかりません。
知っていたとしても一人では難しいでしょう。
工事を仕事としてやっている人は取り外し方くらい常識レベルです。
何でも自分でやって、経費を抑えることもいいのですが、エアコンの回収はきちんとした手続きをすべきでしょう。

エアコン取り外しの道具

エアコンを取り外す時にどのような道具が必要でしょうか。
取り外し方をインターネットで調べてみましょう。
エアコンが老朽化すると取り外さなければなりませんが、取り外し方を知っている人は少ないかもしれません。
電気屋さんや回収業者に依頼することがほとんどだからです。
わざわざ自分で取り外したいと思っている人は少ないでしょう。
インターネットにはエアコンの取り外し方を詳しく説明しているサイトがたくさんあります。
それだけ興味があるのか、それとも自分で取り外したことがある人が多いのでしょうか。
取り外すための道具はまずは脚立です。
足場がしっかりしていないと怪我をしてしまうことにもなりかねません。
エアコンは家電製品の中でも重量物ですし、高いところに設置しているため、誤って落としたりすると怪我だけではなく部屋の中を破損したりすることになります。
ただで済まそうと思ったことが余計な出費にならないようにしましょう。
エアコンの取り外し方は外したエアコンをどうするかによって、道具が違います。
捨てるだけなら、室内機と室外機の接続パイプは切断してかまいません。
再利用する場合はボルト部分を丁寧に緩める必要があります。
切断する時は金属用のこぎりで十分です。
パイプは銅でできている場合がほとんどですから、意外と簡単に切断できるでしょう。
再利用する時は継手がありますから、スパナなどで丁寧に緩めましょう。
エアコン取り外しで注意しなければならないのはパイプに充満した冷媒です。
フロンが使用されていますから、できるだけ漏れないようにしなければなりません。

無料のエアコン取り外し

エアコン取り外しを無料でやってくれる業者があるのを知っていますか。
取り外し方を知っていても自分でやるのは面倒だと思っている人がほとんどでしょう。
実際にはエアコンの取り外し方だけなら簡単です。
しかし、取り外した後の壁などをきれいにしたり、周りに傷を付けないようにすることが大変です。
無料でエアコンを回収する業者は、どこで利益を得ているのでしょうか。
それはエアコン内部の部品です。
ただ、何でも無料になるわけではありません。
エアコンを取り外して、別の場所に取り付けるような作業では回収業者のメリットはどこにもありません。
そんなうまい話はないのです。
もちろん、有料でよければ請け負ってくれるかもしれません。
変な業者に引っかからないようにすることが大切です。
安く上げようとしたばかりに、大損するケースも少なくないからです。
変なことを考えずに、素直に近くの電気屋さんに頼むべきでしょう。
エアコン取り外しを無料でやってもらうための手順を確認しておきましょう。
まずは電話で日時を確認しましょう。
担当者が約束の日にやってくるでしょう。
高齢の人は依頼しない方がいいかもしれません。
相手がどのような業者かわからないからです。
詐欺に遭わないとも限りません。
スタッフと打ち合わせをしたら、実際の作業日を取り決めましょう。
エアコンの取り外し自体は、あまり時間は掛かりません。
一般の回収業者はエアコンだけを取り扱っているわけではなく、その他の粗大ごみも回収してくれます。

引越しとエアコン

引越しをする時に一番困るのがエアコンです。
古くなって捨てるだけのエアコンなら何も考える必要はありませんが、再利用する場合には丁寧に取り外すことが大切です。
もちろん、壁には穴が開いていますから、取り外し後にふさがなければなりません。素人がエアコンの取り外し方を見ながら、やることも可能ですが、貸家であれば専門業者に依頼する方が無難でしょう。
無駄な労力を使うより、専門家に任せて安心した方がいいでしょう。
無理にやって壁に傷を付けたりすることになるかもしれません。
自分で取り外すつもりなら、エアコンの取り外し方はきちんと理解しておきましょう。
冷媒であるフロンが漏れないようにすればいいだけです。
重量物ですが、構造は簡単です。
室内機と室外機を接続しているパイプを分離してしまえば、後は力仕事です。
もちろん女性にできる作業ではありませんから、お父さんの出番でしょう。
最近のエアコンは性能が良くなりましたし、材質も変わってきましたから、意外と軽いかもしれません。
ただ、落としたら怪我をすることになりますから、注意を怠らないようにしましょう。
エアコンの引越しは電気屋さんに依頼すれば、簡単に請け負ってくれるでしょう。
もちろん、お金は必要です。
引越し業者を探しておくのもいいですね。
荷物を運ぶ業者が紹介してくれる電気工事業者もいますが、知り合いの電気屋さんの方が安心できるかもしれません。
専門の取り外し業者だとしても、雑な仕事をする場合も少なくありません。

失敗しないエアコン取り外し

失敗しないエアコンの取り外し方を紹介しましょう。
エアコンの取り外し方をしっかりとマスターしておかないと、失敗することになります。
もちろん、捨てるだけのエアコンなら気楽に挑戦してもいいのですが、フロンを大気中に放出することになりますから、決しておすすめできることではありません。
ただ、エアコンメーカーも取り外し方についてはきちんと考えています。
フロンが放出されないように室内機と室外機のパイプを外す方法があるのです。
ただ、取り外し方を知らずに適当にやってしまうと、そのエアコンは修理不能になってしまうことも多いようです。
自分のエアコンではなく知人の手助けと称して安請け合いしないようにしましょう。
ダメになってしまうと、誰が弁償するのでしょうか。
プロの電気工事屋さんならエアコンの取り外し方は十分理解しています。
フロンを放出することは禁じられていますから、適当にはできないのです。
いつもエアコンのお世話になっていますが、その仕組みをよく知らない人がほとんどです。
理解していないのですから、それを触る時には専門家に依頼すべきでしょう。
素人が下手に手を出すと、痛い目に遭ってしまいます。
あなたは電気の知識がありますか。
捨ててしまう予定のエアコンがあれば、それを練習台にするといいでしょう。
慣れてくると簡単に取り外すことができます。
もちろん、プロの電気屋さんはたくさんのエアコンを取り外した経験があるはずです。
これからの時代はエアコンの取り扱いに注意を払わなければなりません。
冷媒であるフロンは地球温暖化の元となるからです。

エアコン取り外しの費用

電気工事に詳しくない人は、いろいろな作業の費用がどれくらい掛かるのかわからないことが多いでしょう。
エアコンの取り外しもその一つです。
老朽化したエアコンを取り外してもらいたいと思って、業者に連絡すると、家に来て15,000円くらいの費用を請求することが多いようです。
こちらの了解も得ずに、作業を進めてしまい、請求だけはしっかりとしています。
このような場合は、電話で問い合わせるだけにしておきましょう。
ぼったくられることが少なくありません。
消費生活センターなどにも、相談がかなりあるようです。
エアコンの処理費用はリサイクル料金が2,500円ですから、後は作業費です。
2人で1時間程度ですから、良くても5,000円程度です。
全部合わせても1万円を超えることはありません。
それから、エアコンの取り外し方を無視して、作業をする業者も少なくありません。
一般的な取り外し方は冷媒が外に漏れないような処置をします。
それをせずに取り外すとフロンガスが大気中に放出されることになるのです。
もちろん、それは理解しているけれども作業を迅速に行うために無視しているのでしょう。
ただ、エアコンの取り付け方によっては外すのが大変作業になるケースもあります。
かなり高いところに設置されている場合などです。
アパートの2階部分の外壁に室外機が取り付けられている場合は、脚立を伸ばすことになりますが、必ず二人作業となります。
二人分の作業費が発生すると考えましょう。
まずは経験者に相談することです。

自分でエアコンを取り外す

エアコンを自分で取り外したいと考えている人はどれくらいいるのでしょうか。
業者に依頼したらぼったくられた経験を持っている人は、何とか自分でやろうと考えるのかもしれません。
エアコンの取り外し方は難しくありません。
取り外し方で注意しなければならないのは冷媒の回収方法だけです。
冷媒とは室内機と室外機を結ぶパイプに充填されたガスのことです。
老朽化したエアコンなら代替フロンを使用していると考えられますから、大気中に放出するとオゾン層の破壊につながります。
放出しないような取り外し方をしなければなりません。
パイプは2本あり、高圧と低圧です。
実際の取り外し方はインターネットに詳しく説明されています。
ただ、エアコンの機種によってバルブの位置や冷媒回収の方法が異なります。
作業に取り掛かる前に、詳しい情報を収集するようにしましょう。
もちろん、業者に依頼する時も業者がきちんと取り外し方を知っているかチェックしておきましょう。
適当にやっている業者なら、二度と頼まないようにします。
エアコンを冷房運転にすると、室内機の冷媒が室外機に移動します。
そのタイミングは取扱説明書などに掲載されていることでしょう。
冷媒を取り除くことができれば、後は力仕事だけです。
取り外し方を知っていても、女性の作業は無理です。
お父さんなどに頼むのがいいですね。
冷房運転ではなく強制運転と表現されていることも多いようです。
エアコンメーカーのホームページにも情報があります。

エアコンと冷媒

エアコンの仕組みとして、室外機と室内機の間にガスパイプがあります。
この中のガスを冷媒と言います。
温度を上げたり下げたりするために重要な役割をしています。
エアコンの取り外し方を調べてみるとわかりますが、そのまま継手を外してしまうと冷媒が外に漏れ出してしまいます。
それを防ぐためにエアコン自身が強制運転などの仕組みを持っています。
冷媒としてフロンが使用されていることは多くの人が知っています。
地球温暖化に大きな影響を与えているフロンガスですから、勝手に大気中に放出することは法律で禁止されています。
したがって、エアコンの取り外し方を知らないとしても、ガスを放出することは法律違反になっているのです。
気を付けなければなりません。
1995年までは特定フロンと呼ばれる物質が使用されていました。
規制対象となりましたから、その後の冷媒は代替フロンが使用されています。
この冷媒も2020年にすべて使用できなくなる予定です。
現在販売されているエアコンのほとんどはR-410Aと呼ばれる物質です。
エアコンの冷媒として有効ですが、オゾン層を破壊することがない物質です。
この冷媒は何でもいいわけではありません。
成分によってエアコンの効きが悪くなるケースもあります。
また、ガス圧も非常に重要です。
業者がエアコンの点検に来た時にはガス圧も測定してもらいましょう。
ただ、いい加減な業者もたくさんいますから、信頼できるところに依頼してください。
ただ、町の電気屋さんもかなりいい加減です。

エアコン取り外しの手順

大物家電であるエアコンの取り外し方で何が難しいのでしょうか。
取り外し方がホームページに掲載されていますが、冷媒の回収の手順だけはしっかりと書かれています。
しかし、実際に大変なのは冷媒の処置よりも室内機を取り外すことです。
エアコンは重量物ですから、怪我をしないようすることが一番です。
自分でできるとやっていて、怪我をしてしまえば、かなり高くついてしまいます。
冷媒の回収方法はメーカーでの違いはありません。
したがって、どのメーカーの取り外し方を読んでも同じことです。
つまり、情報がたくさんありますから、簡単なのです。
実際に細かい手順を掲載しているサイトもたくさんあります。
しかし、室内機の取り外し方を掲載しているサイトはほとんどありません。
メーカーや型式によって微妙に違うからです。
ただ、基本は壁に引っ掛けただけの構造となっています。
冷媒の回収が終わったら、室内機をゆっくりと上に持ち上げるだけで壁から外れるでしょう。
ただし、機種によっては固定用のビスが取り付けられているかもしれません。
現物をじっくりと見てから作業に取り掛かってください。
壁に直接取り付けられているのはエアコンを固定するための板です。
その板にエアコン本体が引っ掛けられた状態になっています。
理屈がわかれば難しくありません。
そこを理解せずにいきなり外そうとしないことです。
女性なら自分で外すことなど考えない方がいいでしょう。
ただ、知らない業者に依頼するのも不安ですから、男性の友人をつかまえることですね。

エアコンの説明

エアコンの役割や付け方は誰でも知っていると思いますから、わざわざ取扱説明書を読む人はほとんどいません。
そのため、取り外し方を知っている人はあまりいません。
取扱説明書を読むよりも、インターネットで調べた方が早い時代です。
ただ、エアコンの取り外し方は一般的には工事業者が実施しますから、一般の人が知る必要のないこととして説明が省かれていることがほとんどです。
個人で取り外し方を考えて、インターネットに掲載している人がいます。
内容的に間違いはないかもしれませんが、十分チェックしてから利用するようにしましょう。
日本ではエアコン取り外し時にフロンが放出してはいけないと決められています。
これを無視しても、エアコンは取り外すことができますが、違法であることを認識しておかなければなりません。
どこの家庭にもエアコンがあります。
生活必需品と言っていいでしょう。
それならば、その仕組みについてもっと詳しくなる必要があるのではないでしょうか。
日ごろからよく使っている道具でも、仕組みを知らないことは少なくありません。
故障で修理したり、移動させようとしたりして、初めて知ることも多いでしょう。
エアコンの仕組みや取り外し方はメーカーのホームページや取扱説明書に書かれています。
いろいろなことを考えても、自分でエアコンを取り外そうと考える人は、それほど多くないでしょう。
ただ、取り外し方のサイトを見て、挑戦してみようと思う人もいるのです。

エアコンメーカーでの構造の違い

エアコンの取り外し方や掃除の仕方を知りたいと思っている人はどれくらいいるのでしょうか。
取り外し方に関しては引越しなどをしないかぎり知る必要のないことです。
しかし、掃除の仕方は知っておきたいと思うでしょう。
洗浄スプレーなどが販売されていますが、メーカーが推奨するスプレーなどはありません。
基本的に自分で掃除をするのではなく、専門の業者に依頼することが一般的だからです。
自分でできることと言えば、表から見える部分だけの掃除でしょう。
最近のエアコンは自分で掃除をする機能が付いています。
しかし、それは完全ではありませんから、定期的なメンテナンスを考えるべきです。
エアコンのない家はないくらいに普及していますが、毎日使っていれば、いずれ老朽化していきます。
何年間使用するかを考えてみましょう。
アパートなど賃貸住宅に住んでいるなら、引越しの時期はわかりませんが、いずれ引越すことになるでしょう。
その時に考えればいいのかもしれません。
メーカーによるエアコンの構造上の違いはほとんどありません。
エアコンの仕組みが同じだからです。
違いは材質や温度制御の方法などが主な点です。
特にエアコンの取り外しで注意しなければならない冷媒の回収方法はメーカー間で統一されています。
構造はメーカーの独自性を出すところになります。
ただ、専門の業者にとっても掃除しやすいメーカーとそうではないメーカーがあるようです。
その違いは一般の人には関係ないですね。

エアコンの室外機

冷房を考えた時にエアコンと扇風機の違いは室外機があるかどうかです。
室外機が熱を外に逃がしてくれるので、室内は非常に涼しくなります。
扇風機は室内の空気をかき回しているだけですから、室内の温度が下がるわけではありません。
さて、エアコンには室外機が必須ですが、そのために取り外し方が難しくなります。
室内機と室外機をパイプで接続した構造になっているからです。
この基本的な構造はどこのメーカーでも同じです。
取り外し方の基本として書かれている冷媒の回収方法も同じです。
パイプは2本あり、室外から室内、室内から室外の役割があります。
冷媒の回収は室外機ですから、室外から室内へのパイプを遮断して、室内から室外へ冷媒が移動するようにすればいいだけです。
ある程度時間が経てば、室内機から室外機へ冷媒の移動が完了します。
その時点で、バルブを閉めることになります。
細かい説明はいろいろなサイトに掲載されています。
もちろん、取り外し方全体が書かれていますが、室内機は部屋の上部に取り付けられていますから、外す時に注意が必要です。
安定した足場を確保しましょう。
思わぬ怪我をしてしまうこともあります。
自分でやる必要はありませんから、専門の業者に依頼した方が無難です。
新しく購入したエアコンとの取り替えなら、基本料金レベルで取り外しもしてくれることでしょう。
同じところに付ければ、パイプのための穴も開ける必要がありません。
どうしても自分でやりたいなら、情報を入手してから実行しましょう。

エアコンのクリーニング

エアコンは定期的なクリーニングを実施することによって、効率が上がり電気代を節約することができると言われています。
また、エアコンの内部まできれいにすることでほこりの嫌な臭いなども防ぐことができます。
お金は掛かりますが、エアコンのクリーニングを依頼してみてはどうでしょうか。
クリーニングにもいくつかのレベルがあります。
比較的あんなクリーニングであれば、短時間で終わりますが、内部の細かいところまではきれいになりません。
確実にきれいにしたければ、全部ばらして汚れを取り除くことになります。
その分費用も高くなるでしょう。
最近のエアコンは自分でフィルタの掃除をする機能が付いているものが増えてきました。
エアコンの取り外し方を知っているなら、一度取り外した状態で掃除をしてみるのはどうでしょうか。
いずれにしても1日仕事になります。
日曜大工としてはレベルの高い作業となるでしょう。
もちろん、女性には無理です。
取り外し方は難しくありませんが、冷媒をしっかり回収しておかないとエアコンの効きが悪くなってしまいます。
あなたの部屋のエアコンはどうでしょうか。
定期的にフィルタの掃除をしていますか。
お掃除機能がないエアコンの場合は、前面のフィルタにほこりが溜まります。
それだけでもこまめに掃除したいものです。
電気代が高くなったなと思ったら、エアコンの状態を確認してみましょう。
器用な人いるもので、何でも自分でやってしまう人もいますね。
そんな人が身近にいるとエアコンの取り外しやクリーニングも楽です。

エアコンとDIY

自分でできるエアコンの取り外し方のサイトが注目されているようです。
いろいろな人が記録を残しています。
DIYが好きな人はチャンスがあれば、挑戦してみましょう。
基本的にエアコンを取り外そうとするタイミングは壊れてしまって、新しく買い直す時です。
取り付け業者がやってきますから、古いエアコンの取り外しも依頼することができます。
取り外し方の基本は室内機と室外機を結ぶパイプ内の冷媒を室外機に改修することです。
これさえ確実にできれば、後は力が必要なところばかりです。
DIYが好きで、いろいろな道具を持っている人がいますが、エアコンの場合は特殊な道具は必要ありません。
天井に届くための脚立とスパナぐらいでしょうか。
誰でも持っているでしょう。
取り外し方を掲載しているサイトの管理者の意見として、取り外しは自分でできても再取り付けは業者に依頼した方がいいと言うことです。
これから何年も使用するエアコンですから、確実な取り付けが必要なのです。
一見正常動作をしているように見えても、内部的にはあまり冷房が効かないと言う状況になってしまいます。
結果的に高くついてしまいます。
エアコンはパイプ内の冷媒が命です。
冷媒が漏れていると、業者に依頼してガスを充てんしてもらわなければなりません。
DIYをやっている人は何でも自分でやろうとしてしまいます。
その結果、失敗することも多いのです。
それは趣味だからと割り切れるなら、失敗覚悟で取り外し、取り付けに挑戦してみてはどうでしょうか。

エアコンの分解

エアコンの掃除をする時にばらばらに分解して掃除をしている写真が掲載されているサイトを見たことがあるでしょうか。
簡単に分解できるようなイメージがありますが、実際にやってみると簡単ではありません。
もちろん、このような作業に慣れている人もいますが、一般の人は触ったことさえないでしょう。
前面のフィルタの掃除をする程度ですね。
最近のエアコンはお掃除機能が付いているものが増えてきました。
分解しなくても掃除をしてくれますから、非常に便利ですね。
ただ、奥の方は自動で掃除をしてくれるわけではありません。
確実にきれいにしたければ、やはり分解することになるでしょう。
掃除業者による分解クリーニングの宣伝もよく見かけます。
エアコンの取り外し方なら、簡単な説明書があればできるでしょう。
器用な人は取り付けまでしてしまうかもしれません。
取り外し方を知っていることで何かのメリットがあるでしょうか。
自分の部屋の物は自分で処分したいと考える人も少なくありませんし、エアコンの取り外しで業者にお金を払うことがもったいないと思ってしまうのでしょう。
器用な人なら自分でできるレベルです。
ただ、安く上げようと言う気持ちが空回りしてしまうと、失敗することになりますから注意が必要です。
掃除のために分解して、元に戻せなくなるのです。
そうなると廃棄処分して新しいエアコンを購入しなければなりません。
お父さんの面目丸つぶれですね。
家族からひんしゅくを買わないようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。