イケてる洗面ボウル

この記事は15分で読めます

洗面ボウルについて

「洗面ボウル」とは、手を洗ったり、洗顔したりするため、蛇口の下で湯水を受ける容器のことです。
陶器製のものが主流で、シンプルな型、デザインが多かったのですが、近年はホーロー製、ガラス製、ステンレス製、プラスチック製など様々なタイプでおしゃれなデザインのものが増えています。
洗面台に元々ついていたシンプルな洗面ボウルを、おしゃれな洗面ボウルを買ってきて取り付けなおす人もいるほどです。
一昔前までは、飲食店のトイレの手洗い場などで見かけたものが、今は一般家庭でもおしゃれな洗面ボウルを設置している人が増えてきました。
最近では、輸入もの、デザイナーがデザインしたおしゃれなものなど様々な種類のものが出回っていて、たくさんの選択肢の中から選ぶことが可能になりました。
もちろん実用性も大切で、朝シャンする人の場合、深めの洗面ボウルを選ぶ必要があるなど考慮する必要があります。

スポンサードリンク

洗面ボウルは、埋め込みタイプ、卓上タイプなど用途に応じて、様々なタイプをコーディネイトできるようになっています。
洗面ボウルをおしゃれなものにするだけで、洗面台全体のおしゃれに変身させることができます。
新築、リフォームすることをきっかけとして、新しく洗面をコーディネイトする人も多いです。
洗面所だけではなく、トイレ内のちょっとした洗面台の洗面ボウルを変えるだけでも、トイレ全体の雰囲気が変わると思います。

洗面ボウルを変えるには、蛇口、給排水部品もセットで変えることが多いです。
どの洗面ボウルに、どの蛇口、どの部品を組み合わせたらいいのかよくわからない人は、すべてセットになったものがありますし、お店の人に聞いて選ぶのもいいと思います。

インターネット環境の普及により、わざわざカタログを取り寄せたり、お店に出向いたりしなくても、インターネット上で商品を探すことができます。
国内メーカー品から輸入ものまで、実に多くの会社が洗面ボウルを扱っています。
いろいろ検索して、気になるものがあれば、問い合わせをして、店舗が近くにあれば最終的に現物を確認できるといいと思います。
選びやすく、買いやすくなったことも、洗面ボウルが一般家庭に普及した要因の1つだと思います。

カタラーノ

「カタラーノ」はイタリアのトップブランド、おしゃれな洗面ボウルを数多く扱っています。
イタリアの有名な衛生陶器専門メーカー。
優秀な社内のデザイン部門が生みだすアイテムは多くの賞を受賞しています。
サイズも豊富で、シャープなエッジ、美しいシルエット、高い品質の洗面ボウルを販売しています。
世界最先端のおしゃれなデザイン、多くの人気シリーズを扱うブランドです。
商品バリエーションが豊富なので、様々な空間に合わせて洗面ボウルを選ぶことができます。

・ゼロシリーズ→スタンダードなデザインで人気のシリーズ。
間口サイズも豊富に揃っていて選びやすいシリーズ。

・プレミアムシリーズ→上品なフォルム、シャープなデザイン、スクエア型の洗面ボウルの中でもワンランク上のシリーズ。

・スター→陶器には思えないほど薄くてスタイリッシュなデザイン。
カウンターと一体型のワイドなタイプは機能美あふれるシルエット。

・ニューライト→なめらかなライン、使いやすいデザイン、リーズナブルなのも魅力のシリーズ。

・プロイエッツィオーニ→シャープで薄型、スリムなデザイン、最新型の洗面器。
大型タイプもあります。

・ヴェルソ→カタラーノの真骨頂、直線的なデザイン、シーンに応じて設置可能なバリエーション。

・カノバロイヤル→クラシックなデザインでかつモダンさも合わせ持つシリーズ。

・スフェラ→円と直線が見事にコラボした美しいシリーズ。
小ぶりな洗面ボウルからカウンター風のワイドな洗面ボウルまで揃っています。

・ミュゼ→マテオ トゥーンがデザインしたエレガントなシリーズ。
フェミニン空間を演出。

デュラビット

約200年もの歴史をもつドイツの有名な陶器ブランド「デュラビット」。
衛生陶器の世界は、機能的できれいなものを求めていました。
そんな中、デザイン性を取り入れた企業の1つです。
世界的なデザイナーがおしゃれなデザイン、美しいデザイン、すばらしい技術を駆使した多くの洗面ボウルを作ってきました。
国際的に様々な賞も受賞しています。

究極の美しさ、実用性を融合した洗面ボウル。
世界をリードしてきたブランド「デュラビット」。
デュラビットの洗面ボウルは、高い品質、おしゃれなデザインで満足いただける製品だと思います。

・スタルク→フィリップ スタルクとコラボしたシリーズ。
現在も定番となっている置き型洗面ボウルの元祖。
モダンバスルームの原点ともいえるデザイン。

・プラビダ→ミニマム、官能的な曲線がソフトな印象を与えるシリーズ。
優美なフォルム、さりげない高級感がやすらぎを与えてくれる洗面ボウル。

・デュラスタイル→デュラビットのスタンダードモデル。
控えめなフォルムで様々な環境に調和しやすいデザイン。

・ハッピーD→世界的に有名なデザインオフィスのジーガーデザインがデザインしたシリーズ。
壁付けの洗面ボウルで、壁から浮き上がるようにみえる浮遊感のあるおしゃれなデザイン。
フェミニンな印象。

・バキーノ→置き型の洗面ボウル、個性的な洗面を作りたい人におすすめのシリーズ。

・アーキテック→円と正方形で構成されたシリーズ。
理知的なフォルム、現代的なシリーズ。

ポッツィ・ジノリ

イタリアの老舗メーカー「ポッツィ・ジノリ」。
衛生陶器メーカーですが、有名な陶器ブランドのリチャード・ジノリと同じ起源のメーカーです。
ジノリらしい、エレガントな雰囲気のあるアイテムが多数揃っています。
イタリア国内に多くの製造工場を持っていて、高い技術力を誇っています。
シンプルでモダン、リーズナブルで人気のポッツィ・ジノリの洗面ボウル。
伝統的な企業として、老舗のブランドを守りながら有名なデザイナーを起用して最先端のおしゃれなデザインの洗面ボウルを提供しています。
機能性にも優れた洗面ボウルで、多用なレイアウトに対応しています。
ハイエンドな商品から、住宅向けにお手頃価格の商品が用意されているのもうれしいポイントです。
シンプルでおしゃれな洗面ボウルを探している人におすすめです。

・クインターシリーズ→安定感のあるシンクデザイン、サイズのバリエーションが豊富なシリーズ。
機能美に優れています。
リーズナブルなシリーズ。

・500シリーズ→ポッツィ ジノリの定番シリーズ、ミニマルなデザイン。
デザインは使いやすさを追求しています。
シンプルモダンなシリーズ。

・ジョインシリーズ→フェミニンなかわいらしいシリーズ。
使いやすさが魅力的な洗面ボウル。
貝殻みたいなかわいらしいラインが、やさしい雰囲気の洗面ボウル。
水を受けるボウルは、実寸よりも大きく見えるような設計になっています。
機能性に優れた洗面ボウルです。

モダンにもクラシックにも合うデザインで、ヨーロッパの高級ホテルたくさん納品されている人気製品です。

セント・トーマス

おしゃれな洗面ボウルと言えば、ヨーロッパのものが多い中、アメリカのおしゃれな陶器メーカーがあります。
それが「セント・トーマス」。
伝統的なクラシカルなデザインでアメリカンレトロな製品を扱うブランドです。
アメリカの伝統美、モダンを融合させた洗面ボウルを数多く扱っています。
長い年月をかけ培われたヨーロッパの格調高い古典様式をモダンにアレンジしています。

洗面ボウルには様々なタイプがあります。
埋め込み独立型、埋め込み水栓直付け型、壁掛け型、転写した装飾ボウル、ハンドペイントボウル。

転写した装飾ボウルは、文様を転写機で焼き物の表面に移すもので、多色刷りもできるようになったため色鮮やかで鮮明、均一な模様を描いた洗面ボウルが作られるようになりました。
価格は文様なしのシンプルな洗面ボウルの2倍から3倍します。

ハンドペイントボウルは、転写を使わず、職人が1つ1つ丁寧に絵入れを行っていく方法です。
職人の絵入れが終わったら900℃の窯で焼き入れしているため、絵がはがれおちる心配はありません。
セント・トーマスらしい、主張をしすぎない上品な絵柄が特徴的な洗面ボウルです。
価格は文様なしのシンプルな洗面ボウルの約4倍です。

洗面ボウルを買うなら、排水金具、排水トラップ、水栓金具、止水栓なども一緒に買う必要があります。
大抵のショップでは、洗面ボウルと一緒に販売しているため、洗面ボウルを購入するお店でまとめて買うのがおすすめです。

アメリカのおしゃれな洗面ボウルを探している人におすすめなのが「セント・トーマス」と「アイセラ」です。
どちらも有名な陶器メーカーです。

アイセラ

アメリカの有名な陶器メーカー「アイセラ」。
セント・トーマスと共に業界を牽引してきた人気ブランドです。
製品の性能、品質は比類するものがなく、卓越したデザイン性を持つブランドです。
専門家にも評価される品質の高さ、自由、合理的、おしゃれなデザインが特徴的です。
アイセラの洗面ボウルは、伝統的な格式を重んじつつ近代的なモダンさを融合しています。

アイセラの洗面ボウル、シンプルながらおしゃれで人気のある商品を紹介します。
「ヴァニエ」→大型洗面ボウルで大容量、深さも170mmと十分な深さがあるため、手洗い、洗顔がしやすいタイプです。
材質は陶磁器、色はバニラホワイト
上品で高級感のあるシンプルなデザイン。
埋め込みタイプの洗面ボウル。
参考販売価格は48,800円(税抜)。
洗面ボウルだけの価格となっています。
別途付属品を購入する必要があります。

「ウィルシャー」→大型洗面ボウルで大容量、深さは148mmとヴァニエよりは浅めです。
材質は陶磁器、色はバニラホワイト。
上品で落ち着きのあるシンプルなデザイン。
埋め込みタイプの洗面ボウル。
アンティークな水栓によく合うデザイン。
参考販売価格は50,400円(税抜)。

モダンでアンティークな洗面ボウルをお探しの人に、アメリカのアイセラの商品をおすすめします。
脚付きの洗面ボウルも取り扱っています。
脚付きタイプは日本ではあまりなじみがありません。
昔から西欧では当たり前のスタイルで、最も欧米らしい洗面スタイルの1つです。

オリンピア

イタリアにある人気の陶器メーカー「オリンピア」。
1979年創業、デザイン、品質にこだわり製造し続けてきました。
最新のデジタル機材を使い高い成型技術で制度の高い洗面ボウルを作り、洗練された技術を持つ職人たちの手作業によって仕上げています。
そのため色彩、パターンがおしゃれで美しい洗面ボウルが出来上がります。
広い工場を所有しているため、品質も安定していて評判のいいメーカーです。
オリンピアの洗面ボウルは、世界40ヶ国以上で多くの人に愛用されています。

オリンピアの洗面ボウル、ニコールシリーズは、ラウンド型がトレンドで、シャープなエッジを加えてイタリアらしいシルエットに仕上げたシリーズです。
シンプルながらおしゃれで上品、サイズ使いやすい750mmで、洗面スペースの広い洗面ボウルです。
標準販売価格は、50,000円(税抜)、洗面ボウルのみの価格です。

クリアシリーズは、シンプルでエレガント、機能性も高いデザインです。
大きすぎず、小さすぎず、必要最低限、洗面ボウルとしているものだけ残したタイプ。
サイズは550mm、日本の住宅になじみやすいサイズです。
壁掛け用の洗面ボウル、32,000円(税抜)です。
ワイドな存在感を出したクリアの660mmになると、44,000円です。

おしゃれな丸型洗面器は、120mmという浅いデザイン、縦440mm、横660mmという大きいサイズ。
希少な形で、カウンターに置くタイプの洗面ボウルです。
色がホワイトとブラックの2色あります。
標準価格は、ホワイトが44,000円(税抜)、ブラックが79,000円(税抜)となっています。
ブラックは、洗面ボウルには珍しいカラーなので、希少なものです。
ブラックは存在感抜群です。

ロカ

世界的に有名なスペインのバスルームメーカー「ロカ」。
世界135ヶ国で事業を展開し、製造拠点が65ヶ所も持つという業界屈指のブランドリーダー。
卓越したデザインによって、はヨーロッパで数々の賞を受賞しています。

建築家兼デザイナーであるカルロ・ウルビナティーは、様々な分野で活躍し、独創的なタッチを取り入れたデザインを作り上げています。
他にはないちょっと変わったおしゃれな洗面ボウルもロカにはあります。
また同じくロカのデザイナーであるラモン・ベネディットは、世界的に有名な工業デザイナーです。
精密な手法で機能性、デザイン性を追求した洗面ボウルを作り上げています。

ロカのカルロ・ウルビナティーがデザインしたUrbi、置き型の洗面ボウル。
水、光のゆらめきを再現したかのような見事な曲線美を描いた洗面ボウル。
モダン空間に合うおしゃれな品です。
サイズが縦380mm、横660mm、高さ120mm、波みたいなデザインで本当におしゃれです。
お店にもおすすめです。
標準販売価格は、83,000円(税抜)です。

ラモン・ベネディットのデザインした、Bolの置き型の洗面ボウル。
人体工学に基づき機能的に作られた使い勝手のいい洗面ボウル。
丸くて深いボウルはシンプルでおしゃれ、かつ水が飛び散ることなく使いやすそうなデザインです。
標準販売価格は、51,000円(税抜)です。

ラモン・ベネディットのカウンターに埋め込み使うタイプの洗面ボウル。
シンプルながら、カウンターの上部に設置するか、下部に設置するかで雰囲気が全く変わってくるというおしゃれな洗面ボウル。
サイズは縦380mm、横500mm、高さ120mm。
標準販売価格26,000円(税抜)です。

ガラス製洗面ボウル

陶器よりもおしゃれ感がアップすると人気の洗面ボウルがガラス製のものです。
強化ガラスを使っておしゃれな洗面ボウルを作りだしているのが「AQUA」です。

強化ガラスなので、高い強度を実現できており、陶器と同じように洗面ボウルを日常使いしていても破損の心配はありません。
ガラスのメリットは、なんといっても透過性があること。
光を取り込み様々な表情を見せてくれます。
下方からライティングして、さらにおしゃれな空間を演出することもできます。

ガラスなので、様々なカラーバリエーションがあり、設置場所、部屋の雰囲気などに合わせてお好みの洗面ボウルを選ぶことができます。
斬新なデザイン、スタイリッシュ、眺めるだけで癒されるガラス製の洗面ボウル、おすすめです。

ガラス製洗面ボウルを扱う「AQUA」。
Sサイズ、Mサイズ、Lサイズなどがあります。
価格もお手頃で標準販売価格がSサイズ35,000円、Mサイズ37,000円、Lサイズ40,000円(税抜)となっています。
シンプルな一色使いのものから、水玉、小花を散らしたもの、星空をイメージしたもの、キューブ柄、フラワー、花火、ウッド調、タイル調のものなど色鮮やかできれいなものばかりです。

設置の際は、天板設置用リングという専用金具を使います。
リングは2,000円(税抜)で購入できます。
ガラスの洗面ボウルは、上に置くタイプです。
カウンターの開口サイズによって設置する高さを調整することが可能です。

有田焼

日本が誇る伝統工芸の一つ「有田焼」。
日本らしい磁器を洗面ボウルに使うのもとてもおしゃれな空間を演出できます。
有田焼は、陶器よりも細かい粒子を使い、高温で長時間焼成させて成型密度の高い磁器によって作られています。
陶器よりも吸水性がないので、長期間使っても変色することが少なく、カビなども発生しにくい優れた磁器です。
また陶器よりも表面が滑らかで、磁肌のきめが細かいため、汚れがつきにくい、付いたとしても落としやすいのが特徴的です。
水垢など汚れが付着しやすい洗面ボウル、お手入れが楽なのもメリットです。

有田焼の洗面ボウルにはいろいろなシリーズがあります。
どれもおしゃれで異空間を作りだします。

・染付祥瑞→代表的な有田焼の作品、幾何学模様、地紋、山水といった絵柄を染付磁器に緻密に書き込んでいます。

・錦鉄線花絵→華やかな有田焼の赤、高級感のある空間を作り出します。

・染錦金彩桜絵→白磁にあでやかな桜、華麗な染錦が華やかな空間を演出します。

・染付藤絵→高貴な花柄の藤を美しい色使いで見事に描き、優雅な雰囲気を醸し出している有田焼ならではの絵柄。

・染付大正ロマン→シンプルでモダンな雰囲気のある洗面ボウル。

・染付薔薇絵→白磁にかわいい薔薇を上品に描いています。

有田焼ならでは、格調高く、伝統美が香る、優雅な洗面ボウルがたくさんあります。
日本が世界に誇る陶磁器、温もりのある質感、陶磁器の生みだす空間をお楽しみください。

雲母

私たち日本人になじみやすい和風磁器の洗面ボウル。
すり鉢状になっているので使いやすく、デザインも純和風のものから、現代風にアレンジされたものまで幅広く揃っています。
おしゃれで使いやすい洗面ボウルです。
「雲母」(キララ)は、和風の手洗い鉢をアレンジして現代風にしています。
キララにはいくつかシリーズがあります。

・あわ雪→ふんわりとしていて全体的にやわらかい印象の洗面ボウル。
雪の結晶みたいに釉薬を散りばめたデザイン。
汚れ、水垢などを吸着しにくいという特性があるため、お手入れも楽です。
レッド、ブルー、イエロー、グリーン、カラーバリエーションもあります。

・クラシコ→匠の成型技術と手描き染付技術によって生み出されたなめらかな生地にレトロモダンな柄を染付した洗面ボウル。
紙風船、ミモザ、ほたる花、エンブレムなどおしゃれなデザインが揃っています。

・ブロッサム→洋風の洗面ボウル、伝統あるブリティッシュデザインをベースとして日本の染付技術で染め上げたもの。
花柄、花鳥風月を表現したものなどがあります。
汚れ、水垢などを吸着しにくいという特性があるため、お手入れも楽です。

「織部」などのようにこれぞ陶磁器という純和風の洗面ボウルもおしゃれです。
カウンター上置き用の洗面ボウルです。
カウンターの切り込みサイズを変えることで、カウンターに埋め込むことも、半埋めにすることもできます。
設置は、卓上手洗器用の固定金具で行います。
金具は2,000円ほどです。
価格は30,000円前後のものが多く、お求めやすい価格も魅力的です。

伊吹クラフト

日本生まれ、日本育ち、日本人の感性、感覚を知り尽くし追求したブランドが「伊吹クラフト」です。
伊吹クラフトでは、おしゃれな家作りに欠かすことのできない洗面所を心地よい空間にするためのサポートをします。
過剰な装飾はなく、シンプルながら陶磁器の洗面ボウルが妙にしっくりとなじむ感じ、派手にならないシンプルでさりげないおしゃれがここにあります。
伊吹クラフトの洗面ボウルは、他にはあまりなかったカントリーレトロ調のものがあります。
ガラス製の洗面ボウルは、手作り感があってナチュラルです。

・「オールドイングランド」シリーズ→白地にブルーグレーの小花模様が施されたノスタルジーな雰囲気のあるおしゃれな洗面ボウルです。
淡すぎず、軽すぎず、やさしい雰囲気がします。
カウンターへ埋め込むタイプで、サイズは縦520mm、横410mm、高さ195mmです。
販売価格は40,000円(税抜)です。
どのシリーズもソープボトル、スイッチプレート、ペーパーホルダー、ソープディッシュ、タオルハンガーなど同じシリーズで水廻り雑貨を揃えることができます。

・「キリム」シリーズ→歴史あるキリムを現代風にポップにアレンジしたもの。
星が散りばめられたようなキュートでおしゃれな洗面ボウルになっています。

・「コレクティブルズ」シリーズ→長年愛されているシリーズ、アメリカンテイストが入っていてカントリーレトロ調、気品のあるシリーズです。
販売価格は40,000円(税抜)です。

・「レクタングル」シリーズ→スクエア型の洗面ボウル。
大型の洗面器で、マイホームの洗面台を大型のものにこだわって作りたいと言う人におすすめ。
真っ白で衛生的な陶器なので清潔感があります。
サイズは575mm、430mm、215mmです。
販売価格は、48,000円(税抜)です。

ストーン・ベイスン

希少な天然石で作られた洗面ボウルを作っているのが「ストーン・ベイスン」です。
天然石の美しい輝き、人工石とは違う本物の輝きが、おしゃれな空間を作りだします。
天然素材なので自然の風合いがあり魅力的です。
ストーン・ベイスンは、一枚岩から削り出して、くりぬき、磨いて、仕上げにつやだしを行い作られた天然の洗面ボウルです。
そのため貼り合わせによる継ぎ目などが一切なく、優れた強度、耐水性のある洗面ボウルに仕上がっています。
石に入っている模様は、何千年、何万年と長い年月をかけて自然がつくりあげた自然芸術です。
自宅の洗面所に、お店に、どんな場所にもナチュラルになじみ、おしゃれな空間となることでしょう。
さらに環境的な面においてもクリーンで、100%天然素材なので安心です。
ただし、天然石は酸性に弱いため、酸性洗剤を使うのは避けた方がいいと思います。

ストーン・ベイスンでは、様々な産地の天然石を使って洗面ボウルを作ってきました。
参考までにいくつかご紹介します。

・イタリアにある世界一の大理石産地から採掘された大理石を使った洗面ボウル。
→サイズ400mm*高さ120mm、厚み15mm、参考販売価格46,000円(税抜)。

・エジプトで採れるベージュの大理石を使った洗面ボウル。
→ベージュ系は日本でも人気の高い天然石、中でもサニー イエローが最も洗面ボウルに適した石。
サイズ400mm*高さ120mm、厚み15mm、参考販売価格46,000円(税抜)。

・中国で採れる黄色がかったポピュラーな大理石のレンジ イエローを使った洗面ボウル。
→明るくてかわいい印象を与える黄色、良質な石なので亀裂の入ることなどほとんどありません。
サイズ400mm*高さ120mm、厚み12mm?22mm、参考販売価格40,762円(税抜)。

・トルコの純白な大理石を使った、のみ切り仕上げの洗面ボウル。
→のみ切り仕上げとは、表面を職人がのみを使い手作業で彫って形を作っていくものです。
水晶のように輝く透明感のある大理石、ライトで照らされるとさらに細かい結晶が光ってきれいです。
サイズ400mm*高さ130mm、厚み20mm?27mm、参考販売価格47,000円(税抜)。

プラン・ド・パリ

日本の陶器ブランド「プラン・ド・パリ」。
パリの街には上品なもの、エレガントなもの、おしゃれなもの、かわいいものがたくさんあります。
そんな商品を日本でも作りたいと立ちあげられたブランドです。
エレナ・エ・ルポンが描くフランスのデザインをモデルとして、アンティークな雰囲気のする製品を作っています。
プラン・ド・パリの商品は、完全オリジナルなもので、生産も90%以上日本国内で行っています。
日本の素晴らしい腕を持つ職人さんが、安全で機能性もあって、繊細な商品を作っています。

・フレンチコレクション→フレンチカントリー風のおしゃれな洗面ボウルが人気です。
白磁の清潔感ある色つや、シンプルなフォルムによってもたらされるおしゃれな洗面ボウル。
他のコレクションの元にもなっているシリーズ。

・オリジナルコレクション→ローズコレクション、カフェみたいにおしゃれな洗面所を自宅にもほしいと思う女性が好むかわいいバラのデザイン。
ロマンチックな雰囲気で、淡くぼかした色合いがやさしい印象を与える洗面ボウルです。
小ぶりなぶどうをあしらったデザインもあります。
価格はLサイズで45,000円(税抜)、Mサイズで25,000円(税抜)となっています。

・大坪高明コレクション→陶画師の大坪氏が手描きでペイントしたシリーズ。
ダイナミックなバラが、贅沢で華やかな雰囲気のある洗面所にします。
手描きのやさしいタッチがやわらかく透明感のある雰囲気です。
価格はLサイズで80,000円(税抜)、Mサイズで40,000円(税抜)となっています。
受注生産品なので、注文してから1ヶ月ほど納品までに時間がかかります。

クリスタル

「クリスタル」の洗面ボウルは、キラキラと輝くおしゃれな洗面ボウルです。
クリスタルは、朝陽に反射したり、ライトによって輝かされたり、美しいおしゃれな空間を作りだしてくれます。
中でもTOYO KICHEN STYLEが通販サイトで販売しているクリスタルの洗面ボウルは、とてもきれいです。
透明な水がクリスタルに映えてとてもきれいな洗面ボウルです。
光の具合で、水を入れたときの様子が変わるのも素敵です。
ワイングラス、ロックグラスなどの高級グラス、シャンデリアなどに使用するレッドクリスタルを使っている洗面ボウルで、その透明感と輝きには驚かされます。
レッドクリスタルは、カットの反射、透明感がとてもきれいなクリスタルガラスです。
価格は一般的な洗面ボウルよりも高くなりますが、その分満足できる質の高いものになっていると思います。

クリスタルセレクションの中から数点紹介します。
・クリスタル002→クリスタルガラス製、ボウルカラーはクリア、サイズ435mm*高さ190mm、本体重量7.9kg。
価格は291,000円(税抜)。

・クリスタル001→サイズ510mm*345mm*高さ170mm、楕円形のような形です。
クリスタルガラス製、ボウルカラーはクリア。
価格は266,000円。

・クリスタル001→細かいカットを加えたデザイン。
サイズ435mm*高さ130cmm、本体重量6.5kg。
クリスタルガラス製、ボウルカラーはクリア。
価格は291,000円(税抜)。

光る洗面ボウル

ライトの反射によって輝くのではなく、洗面ボウル自体が光輝く洗面ボウルが登場しました。
世界初の光る洗面ボウルです。
それは信楽焼で作られた洗面ボウルです。
信楽焼の技で作られた陶器の洗面ボウルで、光源としてLEDを埋め込んでいます。
土は光を通します。
そのため内部のLEDの光が洗面ボウル全体に広がるのです。
内側から放たれる淡い光が幻想的で、おしゃれな異空間を作りだします。
約40センチ四方の洗面ボウルで、少し照明を落とした場所に設置すると、洗面ボウル自体がオレンジの光を放ちます。
使っているLEDは高輝度で、ほとんど発熱をせず、防水性に優れたものです。
色はオレンジ、グリーンがあります。

世界初の光る洗面ボウルを作ったのは、滋賀県にある窯元の「艸方窯」です。
・蓮花→蓮の花のように神々しい光が水の上に浮かび上がるイメージ、洗面ボウルに鋳込みを施すことで光の陰影を活かしています。
サイズは、400mm*400mm*140mm、重さ8kg、消費電力28W。

・水輪→光の渦をモチーフとしたデザイン、一筆書きした線が四角い洗面ボウルの輪郭をたどり中心にかけて落ちていくデザインです。
サイズは、390mm*390mm*150mm、重さ8kg、消費電力28W。

・蛍照 丸→シンプルな形ですが、あかりをつければ月が浮かんでいるかのような幻想的でおしゃれな雰囲気を作りだします。
サイズは、294mm*294mm*110mm、重さ4kg、消費電力14W。

・蛍照 角→シンプルな形ですが、洗練された鋭い感性の光る洗面ボウル、どんな空間にもあうデザインです。
サイズは、275mm*275mm*110mm、重さ4kg、消費電力14W。

注文は、艸方窯のホームページにある注文書をダウンロードしてFAXにて行います。

ビレロイ&ボッホ

ヨーロッパで最大の陶磁器メーカーと言われる「ビレロイ&ボッホ」。
創立260年の老舗メーカーです。
ドイツのマイスターの手作りの温もり、優しさを大切にする精神を受け継いで、大切に製品を作り続けています。
ドイツで誕生したブランドですが、産業革命の最中、フランスのライバル社と合併してビレロイ&ボッホが誕生しました。
ドイツの持つ品質の高さ、フランスの持つ優雅な完成が融合されています。
ビレロイ&ボッホでは、数多くのおしゃれな洗面ボウルを扱っています。
洋食器なども有名で、日本の百貨店などでも多く扱われています。
本国では、食器、タイル、キャビネット、洗面ボウル、トイレ、バスタブ、水栓金具、サニタリーアクセサリー、さらに家具まで扱っています。

ビレロイ&ボッホの陶磁器は、やわらかい光沢を放つ美しいホワイト「アルペンホワイト」が特徴的です。
ホワイトが本当に白くて透明感があり、黄色がかっていません。
洗面ボウルにおいても、この美しい白さがシンプルかつおしゃれな空間を作り上げてくれます。
ビレロイ&ボッホのセラミックは耐久性にも優れています。

洗面ボウルは、最新のトレンドを常に採りいれながら、個人の価値観も大切にして多くのシリーズを作っています。
5ツ星ホテル、4ツ星ホテル、大企業、個人邸など多くの場で使われています。
スクエア、サークル、楕円、様々な形のものがあり、様々な大きさのものがあります。
価格は20万円前後と一般的なものよりも高めです。

INAX

国内メーカーの洗面ボウルを探している人におすすめなのが「INAX」です。
INAXは、2011年LIXILグループになったので、現在はLIXILの商品というべきかもしれません。
数多くの洗面ボウルを扱っています。
国内の大手メーカーとして信頼、実績のあるINAXの商品ですから、安心して長く使うことができます。

ベッセル式、アンダーカウンター式、フレーム式、オーバーカウンター式、壁付式、壁付兼用式など様々なタイプがあります。
シンプルな角型洗面器、丸型洗面器が3万円?4万円。
アンダーカウンター式のシンプルなデザインのものが2万円?3万円。
オーバーカウンター式の角型、前丸型洗面器が約2万5千円。

おしゃれな洗面ボウルとしては、鳴海製陶の洗面ボウルがあります。
材質は最高級素材のボーンチャイナで、つやのある美しい洗面ボウルです。
無地のもの、花柄を施したもの、周囲を囲むように絵柄が描かれていておしゃれです。
価格は30万円?35万円と高めです。

他にもLIXILでは、イタリアのジョルジオ社の多彩で装飾の美しい洗面ボウル、フランスのポースレンドパリ社の花の絵柄が気品を感じさせる洗面ボウル。
日本の波工房の釉シリーズなども扱っています。
釉シリーズは、深い趣があって釉薬がとてもきれいな洗面ボウルです。

LIXILのシリーズは、ホームページ上からカタログを見ることですべて確認できます。
手洗いボウルに必要な金具などとセットになっているため、必要なものを確認して個別に選ぶ必要がなく初めての人にも購入しやすいと思います。

輸入製品のメリットとデメリット

海外の有名陶器メーカーが販売する洗面ボウルはおしゃれなものが多く、日本でもたくさん輸入したものが出回っています。
海外にはたくさんのメーカーがあり、たくさんの商品があるため、おしゃれな洗面ボウルも数多くあるというのが一番のメリットです。
しかし輸入した海外の洗面ボウルを選ぶときには気を付けなければいけないことがあります。
それは、洗面ボウルに接続する排水バルブの規格が、海外と日本で異なっていることです。
規格が違うため、施工部品の取り寄せ、施工工事費などがかかり、費用が割高になるというデメリットがあります。
海外のものは、おしゃれでかっこいい感じがします。
しかしメンテナンス時期がきたとき、部品交換が必要になったときなど、費用が通常の国産品よりも割高になってしまいます。
確かに海外の洗面ボウルにはおしゃれなものがたくさんあります。
しかしこうしたデメリットがあることを、きちんと把握した上で選ぶようにしないと後悔することになります。

輸入品の中には、ホームセンターなどで常設されているコーナーで、洗面ボウル、洗面台を販売しているものもあります。
こうした場合は、メンテナンスもホームセンター経由で頼むことができると思うので安心です。
ただし値下がりが激しいものに関しては、廃盤品、あるいは近いうちに販売中止になる商品の可能性が高いです。
数年後にメンテナンスしようと思ってもできなくなるかもしれません。
将来的にも安心できるメーカーの商品を選ぶといいと思います。

洗面ボウルの選び方

「おしゃれな洗面ボウルがほしい。」とただ思っただけでは、数ある洗面ボウルの中からお気に入りのものを見つけることはできません。
まずどうして洗面ボウルがほしいのか、その用途をはっきりとさせる必要があります。
目的、設置予定場所などによって洗面ボウルの適切なサイズが変わってきます。
また蛇口との使い勝手についても考慮しなければいけません。

次に材質、形、色、柄などを決めます。
洗面ボウルでは、陶器、磁器が主流です。
その他にもホーロー、ステンレス、ガラス、天然石などいろいろあります。
材質によって、全く違う空間に仕上がります。

次にデザインを決めます。
洗面ボウルでは、丸型のタイプが多いのですが、角型のタイプも人気があります。
丸型にも正円、楕円、すり鉢状などいろいろあって、貝殻をイメージしたような個性的なデザインのものもあります。
角型は、シャープでモダンな感じ、シンプルながらおしゃれな雰囲気作りができます。

付属品についてですが、洗面ボウルは好みのものを選べたとしても、その他に必要なものがよくわからないということがあります。
給水金具、排水金具、蛇口など個別に選ぶのが難しい場合には、セットになったものを選ぶのがおすすめです。

一番大切なことは、自分が好きなデザインを選ぶことです。
長く使うものだからこそ、自分が好きなものでなければいけません。
そして楽しんで選ぶことです。
自分と家族のための素敵な空間作りをしてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。