アウトドアチェア

この記事は14分で読めます

キャンプスタイルについて

最近はバーベキューやキャンプ等、アウトドアに出掛けて外で楽しむ機会が増えています。
アウトドアで楽しむ際には様々な道具が必要になってくると思います。
最近では軽量で安価な道具がたくさん有り、かつオシャレな物もたくさん登場しています。
楽しむキャンプスタイルによってその道具は変わってきます。
その中の1つ、アウトドアチェアについて考えてみましょう。
最近は軽量で安価なアウトドアチェアがたくさん登場していて、更に種類も豊富です。
そんなアウトドアチェア選びで大切とされているのが、座った時に腰がどの位置に来るかと言う「座面の高さ」です。
アウトドアの用途に合わせて購入してみると良いでしょう。
ではどの様な用途の際にどの様な座面の高さが良いのか考えてみましょう。
調理や食事、と言った作業が行いやすい様に脚が長いテーブルを使うキャンプスタイルを「ハイスタイル」と言います。
この時にはテーブルと同じ様に座面が高いアウトドアチェアを選ぶ様にすると言いでしょう。
焚火を囲んだりして比較的地面に近い位置で作業をするスタイルを「ロースタイル」と言います。
この際には座面が低いタイプのアウトドアチェアが適当だと思います。
海等、直接地面に座って過ごすタイプを「お座敷スタイル」と言います。
この際には椅子と言うよりは、マットを引いて楽しむ様にすると良いと思います。
この様に、キャンプスタイルによって必要となってくるチェアが変わってきますので、どんな時にどんな道具が必要なのか考えていくと言いでしょう。

スポンサードリンク

アウトドアチェアを選ぶコツ

アウトドアチェアは今やたくさんの種類が有り、いざ買おうと思っても何を選んだら良いのか迷ってしまいます。
でも無いと困ってしまうアウトドア用品の1つです。
ただ座るだけで良いと言う感じで選ぶ安価なチェア、丈夫で軽量なチェア、リラックスできる高価なチェアまで様々な種類のアウトドアチェアが有ります。
形状的には収束タイプと折り畳みタイプと2つに分けられますが、それ以外にも、小型な物、三脚タイプの物、座椅子タイプの物と色々有ります。
チェアの種類によってはちょっとしたドリンクホルダーが付いていたり、お皿を乗せる事が出来るディッシュホルダーが付いていたりと、機能的なチェアも有ります。
比較的キャンプ用品は安く済ませてしまいたいと思っている人が多いと思いますが、意外と立ったり座ったりする事が多く、長時間座る事が多い為、しっかりとしたアウトドアチェアを選んだ方が良いと思います。
アウトドアチェアに関してはリラックス出来る様な物、持ち運びが便利な物、軽量な物が比較的選ばれやすく、比較的お値段もそこまで高くなくても手に入れる事が出来ると思います。
もしも予算的に大丈夫なようであれば、座り心地も良く、デザイン性的にも気に入ったアウトドアチェアをゆっくりと探してみるといでしょう。
ちょっと探してみるとリクライニング機能が有るアウトドアチェアはたくさん有り、とても座った感じの気分が良く、外での開放感にとても溢れていると思います。

アウトドアテーブルを選ぶコツ【タイプ】

アウトドアをするにあたって、色々なアイテムを揃えると思います。
アウトドア用品には様々有ります、テント、テーブル、チェア、キッチン用品と言った物が主に挙げられるでしょう。
基本的には軽量で、コンパクトな物が人気となっています。
ここではその中の内の1つである、アウトドアテーブルを選ぶコツについて挙げてみたいと思います。
併せてアウトドアチェアを選ぶコツに繋がると思いますよ。
基本的にはチェアのサイズ、安定性を重視してテーブル選びをしていくと言い様です。
皆が食べる際に使うキャンプテーブルは必要ですが、出来れば調理様に使用出来るキッチンテーブルも用意しておくと更に良いと思うのです。

先ずは「ロールタイプ」のテーブルです。
テーブルの板の所がすのこの様な形になっているのが特徴で、丸めていって折り畳んで収納するタイプとなっています。
よりコンパクトに収納できると言うメリットが有ります。
次に「折り畳みタイプ」のテーブルです。
アウトドアメーカーとして代表的なメーカーにコールマンが有りますが、そこでは三つ折りタイプのテーブルが販売されています。
畳んだ際、薄くて持ち運びに便利なのがメリットとして挙げられます。
このテーブルを開いて足を取り付けるだけでテーブルが完成します。
アウトドアテーブルの特徴としては、軽量、コンパクト、収納のしやすさ等が挙げられてきますので、ご自身がどういったアウトドアに行ってどういったテーブルやチェアが必要なのか考えてみると良いでしょう。

アウトドア用の調理道具

いざキャンプに行こうと思った場合、色々揃える道具が必要ですよね。
テント、チェア、テーブル等たくさん有ります。
最近はアウトドア用品も充実している為、軽量で機能も高い道具がたくさん発売されています。
チェア1つ見てみても、色々有るので探すのが楽しい位です。
ただ軽量で使い勝手がいいと言うだけでなく、見た目もオシャレな物がたくさん登場しているのです。
この他にも重要なアウトドア用品として調理道具が挙げられます。
一言で「調理道具」と言っても、鍋、包丁、まな板、フライパン、菜箸、お玉、お皿等、その種類はさまっざまです。
こうした調理道具はほとんどのアウトドアメーカーでも取り揃えられています。
そのどれもがキャンプで使い勝手がいい様に、持ち運びに便利、機能的、片付けやすいと言った工夫がされています。
とはいう物の、コンパクトで有る事、軽量で有る事、と言う事に重視し過ぎて、価格が高かったり使いにくかったりする物も多々有るのです。
最近ではお鍋も外で本格的な料理が出来る様な鍋が発売されていたりと、楽しみも増えてきています。
しかしアウトドアを常にしていると言うのであれば別ですが、そうでなければアウトドアだけに特化した調理道具では、それ以外使い道が無いですよね。
そこで出来るだけ家庭用で使っている調理道具を外に持ち出してみると言うのはいかがでしょうか。
もちろん、家庭用で有ると言う事はコンパクトさには欠ける点が出てきますので、外に持ち出しにくいと言う点が挙げられますが、コスト的にも出来れば家でも使える物を買った方が良いというのもオススメですよ。

アウトドアチェアを選ぶコツ【コンパクト】

軽量で有る事、おしゃれで有る事、機能性に富んでいる事、等、アウトドアチェアを選ぶコツと言うのは色々有ると思います。
しかしどんなアウトドアを楽しむのかと言う観点から考えてみると言うのも、アウトドアチェアを選ぶ1つのコツだと思うのです。
例えば宿泊を伴う様なキャンプをする場合、軽量と言う点は無視してでも座り心地が良いチェアを選びたいと思うと思います。
また、移動手段が車ではなくバイクや自転車と言った物なら、出来るだけコンパクトで軽量なチェアを選びたいと思います。
そこでここではアウトドアチェアの中でも、「コンパクト」なチェアについて挙げてみたいと思います。
コンパクトと言うのは収納のサイズが小さい事が大重要課題になってきますが、それでいてゆったりと座れる座面を確保出来ると言う物が人気が高いです。
多少お値段は張る場合が多いですが、座っている時の感じがとても良好なので使ってよかったと思う事と思います。
更に座面の広さだけでなく、背もたれがゆったりとしている物でコンパクトな物がオススメです。
最近はこう言ったコンパクトだけではなく、機能面にも優れているアウトドアチェアがたくさん登場しています。
そして構造自体がシンプルな為、思ったより手頃な価格で購入する事が出来ると思います。
車でアウトドアに出掛けるならいいのですが、自分達の手で持っていかなくてはいけない場合は、こういったコンパクトなアウトドアチェアがオススメです。

アウトドアチェアを選ぶポイント

初めてアウトドア用品を買う場合、どう選んだら良いのか分からなくて困ってしまいますよね。
ある程度ポイントを抑えておく事で、大きな失敗をする事無く選ぶ事が出来ると思います。
もちろん購入後、「あれが良かった」「これが良かった」と思う事は有ると思いますが、それはある程度経験を踏まえないといけませんので、次回の教訓にしていきましょう。
ここではアウトドアチェアについて挙げてみたいと思います。
先ずは「軽量で持ち運びがしやすい」と言う点です。
自宅の庭を使ってBBQをするのであれば特にこの点は気にする必要は有りませんが、アウトドアは基本的に屋外に外出して行う事が多いですよね。
その為に、持ち運びがしやすく、軽量で、収納がしやすいコンパクトなチェアが便利になってくるのです。
重くて持ちにくくて嵩張る様なチェアでは、その場で捨ててきてしまいたくなってしまうかもしれませんよね。
次に「メンテナンスがしやすい」と言う点です。
基本的に屋外で使う物なので、汚れてしまう事が前提です。
ですから汚れが取れやすい、カバーの掛け外しがしやすい、洗いやすいと言うメンテナンスがしやすいチェアがとても便利になってきます。
次に「気に入ったデザイン」と言う点です。
気に入っているデザインと言うだけで、多少不便でも持ち出して使いたくなると思うのです。
そして気に入っていると座っているだけでも気分が良くなると言うメリットも出てきます。
こうしたポイントを抑える事で、初めてでも失敗が無くアウトドアチェアを購入する事が出来ると思います。

アウトドアとインドアについて

ご自身はアウトドア派でしょうか、インドア派でしょうか。
アウトドアで有ればキャンプやBBQ、インドア派であれば読書はゲーム等、色々楽しい事が有ります。
それぞれの良い所、悪い所が有ると思いますが、それぞれの特徴を抑えておくと良いでしょう。

【アウトドアのメリット】
・色んな所に出掛けるので、色んな景色を見る事ができ、視野が広がりやすくなる
・色んな人と出会うチャンスが有るので、人脈が広がりやすい
・基本的に動いているので、体力が付きやすい
・明るい性格になりやすい

【アウトドアのデメリット】
・疲労が溜まりやすい
・支出が多くなりやすい
・危険な場面に遭遇する機会が増える

【インドアのメリット】
・直ぐに取り組める
・天気を気にする必要が無い
・危険な場面に遭遇する機会が殆ど無い
・無駄遣いをする機会が少ない

【インドアのデメリット】
・基本的に外に出ないので、新しい出会いをするチャンスが少なくなる
・同じ姿勢でいる事が多いので、体力が付きにくくなる
・単に家にいるだけと家族に思われてしまいやすく、居心地が悪い事が有る

最近はアウトドア用品もテーブルやチェア、テント、キッチン用品等多種多様で、軽量の物もたくさん有ります。
チェア1つとっても軽量と言う点だけでなく、デザインや機能面に優れた物もたくさん有りますので、選ぶだけでも楽しくなってきます。
インドア派の人もアウトドア派の人も、対する物を否定せず、お互いの良い面を見て一度トライしてみると、意外な発見が出来るかもしれませんよ。

おすすめアウトドアチェア【コールマン】

「Coleman(コールマン)」はアウトドア用品を揃えるにはおススメのメーカーです。
デザイン性、機能性、スタイル等、様々な種類のアウトドア用品が揃えらえています。
アウトドアチェアに関しては、軽量で持ち運びしやすいタイプ、デザイン性に優れていてリラックス出来る上質のタイプ等、様々なタイプのチェアが有ります。
軽量と言うのはそれだけでも魅力的ですよね。
その為、Colemanのアウトドアチェアは初心者から上級者まで幅広い方に人気が有るメーカーとなっています。
もちろん他のメーカーでもたくさんアウトドアチェアが取り扱われていますが、Colemanだと「これ!」と言う物が見つかる可能性が高い位、種類が豊富に取り揃えられているのが特徴です。
キャンプスタイル別にアウトドアチェアを揃えてみると言うのも良いと思います。
先ずは「ロースタイル」時のチェアですが、座面が30cm前後の高さの物が多いので、お子さんでも座りやすいと言う特徴が有ります。
地面の温度を感じながらゆったりとした時間を過ごす際にオススメです。
次は「ラウンジスタイル」です。
座面が40cm前後の高さとなっていて、立ち座りが楽に出来ると言うメリットが有ります。
背もたれも角度を付けているので、座った時のリラックス感と開放感を味わう事が出来ます。
ダイニングテーブルにも使う事が出来る為、あらゆる場面でも使用できます。
最後に「ベーシックスタイル」です。
座面が45cm前後の高さとなっていて、ラウンジスタイルのチェアでも良いのですが、ベーシックスタイルのチェアの方が食事をしやすい高さとなっていて、使い勝手がいい様になっています。

おすすめアウトドアチェア【コールマン(ロースタイルチェア)】

ここではColemanのおすすめロースタイルアウトドアチェアを挙げてみたいと思います。

【ファイアープレイスフォールディングチェア】
「フォールディングチェア」は「折り畳みが出来る椅子」を意味しています。
それだけでもコンパクトで収納がしやすく、軽量である事が想像できます。
更に名前に「ファイアープレイス」と付いている事から、燃えにくい生地で作られている事が特徴のアウトドアチェアになります。
焚き火等、火の粉が降りかかりやすい場所の近くに置いておく椅子として最適なチェアです。

【リラックスフォールディングベンチ】
名前の通り、リラックス出来るベンチタイプのチェアで、かつ折り畳み可能なチェアとなっています。
ベンチサイズと言う事ですが、2人座ってもゆったり座る事が出来るサイズとなっています。
様々な場面で重宝しやすいデザインですので、おすすめです。

【コンパクトフォールディングチェア】
コンパクトながら、座り心地や肌触りが良いタイプのアウトドアチェアとなっています。
座面の高さは28cm前後でロースタイルに適している高さで、アーム部分はウッドが使われており、肌触りが良いタイプとなっています。
更にハンドルが付いていますので、折り畳んだ後、持ち運びしやすいと言うメリットも有ります。

【リーフィーチェア】
手のひらサイズに収納出来ると言う最近流行り始めたコンパクトチェアとなっています。
価格も手頃で軽量の為、たくさん持っていても邪魔になりにくく、大人数でアウトドアを楽しむ際にでも費用面でも役立つチェアではないかと思います。

おすすめアウトドアチェア【コールマン(ラウンジスタイルチェア)】

ラウンジスタイルチェアも様々なメーカーから出されてはいますが、ここではColemanのおすすめラウンジスタイルチェアを挙げてみたいと思います。
最近はアウトドア用のチェアも充実しています。軽量で機能的、おしゃれでコンパクトと言った感じで様々有ります。
更にアウトドアの楽しみ方によって、ロースタイル、ラウンジスタイル、ハイスタイルと様々有ります。
最近は軽量でコンパクトと言うのが主流となっていますが、実際に色んなメーカーのアウトドア用のチェアを見てみると、その座り心地やリラックス感を感じる事も多い様です。
コールマンはアウトドアメーカーの代表的な存在と言っていいと思いますので、どんなアウトドアチェアが有るか見てみると良いと思いますよ。

【コンフォートマスターR キャンバススリングチェア】
どのスタイルのチェアにも有ると思いますが、コールマンではラウンジスタイルのチェアにも耐火性が有るチェアを開発しています。
布地に耐火性が有る物を使用している上、座り心地を良くする為に座面フレームを入れています。
更に身体をしっかりと受け止めてくれる様に、バックレストを長くしている事も特徴的です。

【コンフォートマスターR キャンバスデッキチェア】
座面がしっかりしている事、また低目の座面が座り心地を良くしてくれています。
またアームレストに木を使用していますので、座っているだけでまるでリビングでくつろいでいるかの様な感じになります。

アウトドア用品はお手入れをしっかりしましょう

せっかく軽量で機能的なアウトドアチェアやテーブル、テントを購入しても、お手入れをしっかりしないと劣化の原因になってしまいます。
アウトドアと言うと海や山等に行って行う事が多いですよね。
そうするとチェアやテーブル、テントと言った道具が濡れてしまったり、汚れてしまったりすると思うのです。
例えばチェアなんかは座る物なので、汗をかいたり濡れたままで座ったりして濡れてしまう事が有ると思います。
同じ様にテントや寝袋も同じ様に濡れてしまう事が多いです。
濡れたままの状態で放っておいてしまうとカビや悪臭の原因になってしまう可能性が有ります。
こうなるといくら軽量で機能的な道具と言っても、次に使いにくくなってしまいますよね。
こうした場合のお手入れ方法は洗ったりするのではなく、乾かす事を基本的に心掛ける様にすると良い様です。
アウトドアを終わらせる前に、現地で片付けが出来る様であればしっかりと乾燥させる様にしましょう。
万が一雨が降ってしまって現地で乾かせない場合は、自宅に帰ってからしっかりと乾かしてあげる様にしましょう。
汚れ等は洗うと言うよりは、中性洗剤を湿らせたタオル等を使って拭き取る様にすると良い様です。
この時洗濯機で洗えるかどうかは、洗濯表示の所をしっかりと見てみて下さい。
通常、アウトドア用品は防水加工がしてあることが多いですので、洗ってしまうと防水効果が落ちてしまう事が考えられますので注意しましょう。
こうしたお手入れを最低でも年に1度は行う様にする事で、大事なアウトドア用品を長もちさせる事が出来ると思いますよ。

キャンプをする際の服装

最近はキャンプ等に使用するアウトドア用品も様々な物がたくさん出ています。
特にチェアやテーブルは軽量な物が登場しています。
チェアやテーブル等、大きいアウトドア用品は軽量な方が持ち運びも便利になります。
ではキャンプをする際の服装はどうすれば良いでしょうか。
例えば夏のキャンプの際ですが、暑いからと言って半袖1枚で出かけてしまおうと考える方もいると思います。
しかし防寒着も持って行く事をオススメしたいのです。
キャンプとなると宿泊を伴う場合が出てきます。
キャンプをする場所にもよりますが、山でキャンプをする場合、昼間と夜では気温差がかなり有ります。
そうなった場合に薄着では体調面でかなり危険になると思います。
またずっと屋外にいる場合、風に当たり続ける事も有ります。
そうなるといくら暑くても体温を奪われてしまう事も考えられますので、ウィンドブレーカー等の防寒着があれば体温も守れますし、風よけとしても使えますので、防寒着は一枚持って行く事をオススメします。
また重ね着が出来る様に準備をしておくことも大切です。
半袖、長袖、ダウンジャケット等、脱ぎ着が楽な上着を持って行く事で、どういった状況でも対応できるようになります。
こうして考えてみると、キャンプをする際には長袖長ズボンがオススメと言う事になります。
また、出来ればレインウェアも持って行くと良いでしょう。
突然の雨対策、風よけに最適です。

この様にキャンプでは屋外に常にいると言う事で、どんな状況になるか分かりませんので、軽視はせずにどんな事にも最低限対応できる服装をしていくと良いでしょう。

アウトドアチェアの種類

温かい季節になってくると、キャンプシーズン到来と言う感じですね。
今はキャンプ用品も種類もたくさん有り、オシャレな物もたくさん登場しています。
そこでここではアウトドアチェアの種類について挙げてみたいと思います。

【ローチェア】
最近はロースタイルのキャンプが流行ってきていて、合わせてローテーブル、ローチェアが人気が高まっています。
座面が低いのが特徴です。

【ダイニングチェア】
ハイスタイルのキャンプに最適で、座面が高いタイプのアウトドアチェアになります。
しっかりとした姿勢、肘掛けも有るので安定した姿勢で座る事が出来ます。

【スツール】
コンパクトで軽量なタイプでどこにでも持ち運びが楽なタイプの簡易的なアウトドアチェアです。
釣り、運動会、キャンプ、登山と色んなシーンで使う事が出来ます。

【ベンチタイプ】
数人並んで座れるタイプのアウトドアチェアで、大人数でのアウトドアではとても便利なチェアになります。
ベンチの上で眠れる位広いタイプの物も有ります。

【収束式】
専用のケースに入れておける収束式のアウトドアチェアになります。
今はこのタイプが主流となっていて、たくさんのメーカーから軽量な物がたくさん出ています。
意外と安価で手に入る為、数個持っておくと良いと思います。

【折り畳みタイプ】
ダイニングチェアが折り畳めるタイプの物になります。
簡単に設置できるため、とても便利です。
但し場所を少し取りやすいと言うのが有りますので、状況に応じて使い分けていくと良いでしょう。

アウトドアに行ったら料理を作ってみよう

キャンプに行く際、基本的には自炊をすると思います。
自分達で食材、調理器具、テーブル、チェア等を用意し、料理をして皆で食べると思うのです。
軽量なのに越したことは有りませんが、食材などは無くなるだけですのであまり重さなどは考えなくていいでしょう。
その他のチェア類は軽量な物やコンパクトな物等、そのアウトドアに見合った物を持って行くと良いでしょう。

先ずはアウトドアに言ったら料理をしてみましょう。
そのキャンプ場の炊事場がどの様な事になっているのか確認してみましょう。
場所によっては殆ど貸し出しが可能な所も有りますので、事前に確認しておくと良いでしょう。
そしてキャンプ場で全て調理をするのではなく、野菜を切っておくとか、下味をつけておくとか、家で事前にやっておいて持って行くと時短になり、外での作業が減りますのでぐっと楽になると思いますよ。
また、お肉や魚等の生鮮食品は傷まない様にクーラーボックスに入れて冷凍して持って行くと良いと思います。
料理もBBQ、焼きそば等が定番的ですが、その間に少しつまめる様にガーリックライスを焼いてみたり、焼きマシュマロをしてみたり、漬物などを持って行くのも良いですよね。
最近はお鍋にも凝ってみて、本格的なグリル料理を楽しめる等、料理の幅も広がってきている様です。
その他にもスープやカレー、お好み焼き、チャンチャン焼き等もおすすめです。
皆で食べるとより一層美味しくなりますので是非アウトドアでは料理をしてみてはいかがでしょうか。

アウトドアでの火の起こし方

「アウトドア」と「火」と言うとキャンプファイヤーを連想する方も多いと思います。
夜に焚き火の赤い炎とパチパチと言った音はとても幻想的だと思います。
そうしたキャンプファイヤーをやりたいとは思っても、最近は防犯上の理由から色々な制限を設けている場所が多い様なのです。
キャンプに行く際には、直に地面で焚き火をしても良いのか、焚き火台を使って火を起こさなくてはいけないのか、事前に調べておく必要が有ります。

焚き火をする際には、坂になっている所ではなく、平面な場所で行う様にしましょう。
木が生い茂っている近辺では火が燃え移る可能性もあるので、行わない様にしましょう。
座って行うか、ロースタイルのアウトドアチェアが有ると良いですよね。
アウトドアチェアは耐火性が有る物がオススメです。
最近は軽量な物で耐火性が有る物も出ています。軽量だとたくさん運んでも疲れないので良いですよね。

ここでは焚き火台を使用した火の起こし方を挙げてみたいと思います。
先ずは新聞紙を丸めて焚き火台の上に置きます。
その新聞紙に火を点けましょう。
そして小枝を燃えている新聞紙の上に少しずつ置いていき、火を小枝に移していきます。
小枝に火が移ったら、小さめの薪を入れていって火を大きくしていきます。
火の内側に風を少しずつ団扇等で仰いで入れて行く事で、火が消えずに燃えていくと思います。

この様に少しずつ火を燃え広げる様にしていく事で、焚き火をする事が出来ます。
側には必ず消火用の水を用意しておきましょう。

アウトドアについて

「アウトドア」とは、屋外で自然が有る環境の中で行われるレジャーやスポーツの事を指している言葉となっています。
代表的な物に「キャンプ」「登山」「バーベキュー」「釣り」等が挙げられます。
その他にも海水浴やハイキング、動物園散策等、たくさんのアウトドアの種類が有ります。
アウトドアの魅力としては、自然の中で楽しめると言う事から、マイナスイオンが浴びれる森林浴、日光浴、リラックス効果、アトラクション的な効果等が挙げられます。
更に家族や友達皆で楽しめると言う事から、絆が深まりやすいと言う魅力も有ります。
アウトドアと言うと、行動的な感じが印象付けられると思いますが、その種類によってそれぞれの魅力を楽しめますし、知識を持てば持つほどその魅力に引き込まれると思うのです。
都会の喧騒を離れ、忙しい日常生活を忘れてリラックスして楽しめる効果が期待出来るのです。
アウトドアを始める際、その種類によって揃える道具や予算が変わってきます。
最近は軽量で機能的なテーブルやチェア等が揃っています。
チェア1つ見てみても、軽量と言うだけでなく、耐火構造やコップを置く場所が有る等、様々な種類が有りますのでそれを見ているだけでも良いですよね。
最初の内はアウトドアに詳しい人がいると、その人の行動や持ち物を見て、何を揃えて行けばいいのかが分かってくると思います。
ちょっとアウトドアが苦手と言う人でも、是非一度行ってみて、その効果を体感してきてみてはいかがでしょうか。

キャンプのオススメは「ロースタイル」

近年、「ロースタイル」のキャンプが主流となっている様です。
アウトドアの今の流行りとして挙げられる様ですが、ここでロースタイルのメリット、それに伴うデメリットについて挙げてみたいと思います。
そもそも「ロースタイル」と言うのは地面により近い位置で行うアウトドアのスタイルの事で、チェアやテーブル等はそのスタイルに合わせて低い高さの物を揃えます。
そのメリットとしては、ロースタイルになると足の高さが低くなるので、物理的にコンパクトに軽量になると言う特徴が有ります。
コンパクトで軽量と言う事はスペースを広く取れると言う事になりますし、荷物が減ると言うメリットも出てきます。
そして焚き火等も目線の高さに火が来ることになりますので、楽しみが出てきますし、地面に近い位置に座っている事で、よりリラックス感を味わう事が出来ると言うメリットも有ります。
魅力満載の様に思えるロースタイルキャンプですが、当然デメリットも有ります。
ロースタイルで調理をする際には、姿勢が低くなったり力が入りにくくなるので料理しにくいと言うデメリットが有ります。
そして立ち座りが少し面倒になりますので、動いてばかりいる人にとっては不向きなスタイルと言えるでしょう。
こう考えてみると、ロースタイルキャンプでも一つはハイスタイルのテーブルやチェアが有ると便利という事も分かりますよね。
それぞれのメリット、デメリットをよく理解した上でアウトドアを楽しむ様にしてみましょう。

簡単に料理を作ろう

最近は本格的にアウトドアでも料理を楽しむ人が増えてきました。
ダッチオーブンを使ったり、スキレットを使ったりして、本格的な料理を作る場合が有ります。
外で食べていると言う事も有りますが、結構美味しくて評判なんですよね。
しかしそういった調理道具は軽量とは言えず、持ち運びも大変になりますし、意外と手間がかかると思います。
でも毎回BBQだけと言うのも芸が無いですよね。
せっかくアウトドア用のチェアやテーブルを用意しているのであれば、簡単に出来る料理を作ってみると言うのも良いと思います。
作った料理をテーブルやチェアの上で食べる様にすると良いと思います。
おすすめは簡単に出来る煮込み料理ですよね。
お好きな野菜とお肉を切って、お好きな味付けで煮込むだけでOKです。
トマトソースで煮込んでラタトゥユにするとか、和風だしで煮込んで肉じゃがを作るとか、味噌を入れて豚汁にするとか、味付けの仕方で色々アレンジが出来て良いと思いますよ。
その他に簡単に出来る物と言ったら、網の上に置くだけで出来るホイル焼きやじゃがバター等も良いですね。
簡単で美味しく出来上がります。
その他には焼きそばなんかも定番でオススメです。
食材は家で切ってジップロックに入れて持ってくる様にすると、外での手間が省けますのでオススメです。
こうした簡単料理なら軽量な道具でも良いですし、本格的に道具を揃えなくても家に有る道具で充分です。
お金をかけ過ぎずに簡単に料理を作って楽しんでみましょう。

アウトドアテーブルを選ぶコツ

キャンプ等のアウトドアではチェアやテーブルを持って行く事が多いと思います。
焚き火をする時にはチェアが、食事をする時にはテーブルとチェアがと言う様に、結構重要視されているアウトドア用品です。
最近は軽量で持ち運びがしやすい物がたくさん登場しています。
何でも軽量となるとダメな物も有るので、用途に応じて選ぶ様にしましょう。
ここではアウトドアで使用するテーブルはどの様な事を基準にして選んで行ったら良いのか挙げてみたいと思います。
先ずは「サイズ」です。
アウトドアに行く場合、大人数で行く機会が多い様に思えます。
大体はその人数に合った大きさのテーブルを選ぶと良いのですが、出来れば大き目の方がどんな場合でも対応できると思うのでオススメです。
そして収納もコンパクトに出来る物がオススメです。
アウトドア用品はテーブルだけでは有りません。チェアにテント、調理道具や食材など、たくさんの道具を持って行きます。
その為に収納サイズがコンパクトな方が良いと思います。
次に「安定感」です。
最近は軽量化されている物も多いですが、軽量ばかり重視して安定感が無いと倒れてしまいやすくなり、思わぬ危険に有ってしまうかもしれませんのである程度安定感が有った方が良いと思います。
また大きいテーブルを購入するのは少し収納的にも厳しいと言う場合には、小さいサイズのテーブルを複数選ぶと言うのも良いかもしれませんね。
それを繋いで使う事で大きいテーブルを作る事が出来ます。

アウトドアチェア【収束・折り畳み】

オシャレな物、軽量の物等、様々なタイプのアウトドアチェアが有ります。
ここでは一般的に主流とされている、「収束タイプ」「折り畳みタイプ」のアウトドアチェアについて挙げてみたいと思います。

先ずは「収束タイプ」のアウトドアチェアについてです。
メリットとしては軽量で有ること、コンパクトになる為、収納に場所を取らない事と言うメリットが挙げられます。
デメリットとしては、座り心地が沈む様な感じになりやすいと言う事です。
座り心地に関しては少しでメリットが有るかもしれませんが、アウトドア初心者としてアウトドアチェアを購入しようと言う場合には、比較的安価な物が多い為、手に取りやすいチェアになっています。
最近はドリンクホルダーが付いているタイプのチェアも有り、機能的に優れてきています。
次に「折り畳みタイプ」のアウトドアチェアについてです。
折り畳みは収束式と比較して安定感が有るチェアになります。
その為、座り心地が安定していて、長時間座っても疲れにくいと言うメリットが有ります。
対してデメリットについてですが、安定感が有る分、面積が広く作られている為、収納場所を取りやすいと言うデメリットが挙げられます。
お値段的にも収束タイプと比較して多少高めに設定されています。
アウトドアにこれから何回も行くと言う方にオススメのアウトドアチェアです。

アウトドアチェア1つ取ってみても、メリット・デメリットが有りますので、よく考えた上で購入してみると良いでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。