なめると怖い贈与税対策

この記事は14分で読めます

贈与税と節税

贈与税とは財産を子どもなどに贈与した時に課税される税金のことですが、その仕組みを知っておくことで、課税額を少なくすることができます。
これが贈与税の節税対策です。
贈与税を支払わなければならない人の多くは高額所得者です。
一般庶民にはあまり関係ないと思われます。
しかし、そこが大きな間違いです。
贈与税は土地や建物だけではありません。
金銭や装飾品、骨とう品を始めとして、商店の営業権なども贈与税の対象となります。
したがって、対策をしていないと思わぬ高額な課税となってしまうことがあります。
贈与税は親が生きているうちに財産を分与するケースがほとんどですが、死亡してからの遺産相続でも同じように課税されます。
贈与税と相続税をトータルで考えて、対策を調べることが大切です。
贈与税の対象となる財産としては、見落としがちなケースを紹介しましょう。
まずは、親からの財産を相場よりも極端に安い金額で購入した場合は贈与とみなされます。
例えば、1,000万円の土地を100万円で購入したケースなどです。
それから、多額の借金をしておいて、それを返済しない場合も贈与となります。
返す当てがあればいいわけができるでしょうが、その能力がなければ立派な贈与です。
生命保険も同様です。
満期保険金の受け取りを子どもにしていると贈与となります。
土地を売るのではなく、名義を変更することも贈与です。
常識で考えて、明らかに親族から金銭的価値のあるものをもらった場合は贈与税がかかると考えるべきです。
ただ、これを合法的に減らすことが節税です。

スポンサードリンク

贈与税の相談

贈与税の悩みがあったら、あなたは誰に相談しますか。
弁護士ですか、税理士ですか。
それとも、税金に詳しい友達でしょうか。
もちろん、どこで相談してもいいのですが、プロに相談する時にはお金がかかることを覚悟しておきましょう。
もちろん、弁護士による無料相談の窓口もあります。
それですべての対策ができるわけではありませんから、無料相談は無料でできる程度の内容だと割り切ってください。
ただ、贈与税の仕組みを知らずに税金対策をすることはできませんから、基本的な事柄はあらかじめ勉強しておくことが大事です。
それさえできないならば、贈与税の対策はできないとあきらめてください。
多くの人がお金のことになると一生懸命になります。
贈与税の相談もそのような人が多いのです。
相談することで、税金が安くなるならどんなにいいでしょうか。
日常生活の中で毎月給料から引かれている税金がどのような仕組みになっているかを理解していないかも知れません。
贈与税を法律事務所に相談した時の費用の相場を紹介しておきましょう。
おおよそ1億円未満の相続であれば、30万円から50万円が相場です。
この金額が安いかどうかはあなたが判断すればいいでしょう。
自分で贈与税のことを勉強したとしても、本当の対策になる保証はありません。
それよりも、専門家に任せる方が楽です。
1億円の相続をするのですから、50万円くらいは少ない金額ですね。
もちろん、いろいろな条件が付きますから、具体的な相談に入る前に手数料の確認をしておくことを忘れないようにしましょう。

贈与税の問題

贈与税で問題となるのは基礎控除以下の贈与です。
基礎控除とは年間100万円までの贈与なら、贈与税の対象とならないと言う規定です。
つまり、親が元気な時から少しずつ子どもに資産を分与しておくのです。
一度に多額の贈与をしてしまうと、贈与税がかかりますから、この対策として考えられるのです。
この行為に対して国税庁も平等な課税の観点から、課税する方向で考えます。
税金を少なく納めたいと考えるのは誰でも同じですが、その対策は法律の抜け道を探すことにほかなりません。
合法であることが前提ですが、その対策を知っている人と知らない人では支払う税金が違うのは問題でしょう。
インターネットで調べてみると、税金対策がたくさん書かれています。
いかにして税金を納めないかをみんなで考えているのです。
そのために税理士や会計士がいるかのような印象さえ受けます。
私たちの暮らしは国や地方自治体に納める税金によって成り立っています。
支払うべき税金を納めないことは国民の義務を放棄していることになるでしょう。
ただ、いくら支払えばいいのかは個々の状況で判断するため、このような問題になるのです。
贈与税をどうすれば少なくできるかに知恵を絞るよりも、もっと考えることがあるような気がします。
日々の暮らしに追われて、ゆとりのない生活をしている人にとっては税金の額は死活問題です。
しかし、贈与税を節税しようとする人の多くは多額の贈与を受けること多いことも不条理です。

贈与税と手続き

親や親族から何らかの金銭的価値のあるものを譲り受けた場合には贈与税がかかります。
死亡後であれば遺産相続となるものです。
贈与税を支払うためには申告をしなければなりません。
細かい申告の方法は国税庁のホームページに書かれていますが、自分で手続きをするのが大変だと思う場合には、税理士などに相談することもできます。
ただ、手数料を支払わなければなりませんから、一長一短です。
税理士に相談する場合は贈与税が安くなる方法を紹介してくれる可能性が高いでしょう。
あなたが贈与税対策について何も知らないのであれば、一度相談するのは悪くないでしょう。
税金対策は誰でもやっていることであり、合法的なことです。
しかし、納税の仕組みを知らない人にとっては、方法によって支払う税額が変わることに釈然としない気持ちになるかもしれません。
節税とは税金を支払っている人の生活の知恵と言えるでしょう。
贈与税の申告は年1回の確定申告の際に行えばいいことになっていますし、数年さかのぼって申告することもできます。
贈与税を支払わなければならない要件は決まっています。
しかし、どちらかわからないケースもあります。
一般の人の場合は、複雑な財産状況があるわけではないでしょうから、あまり考えなくてもいいでしょう。
年間に110万円までの贈与は非課税となります。
しかし、110万円も親からもらうことができる人は、それほど多くありません。
それだけの資産を持っている家庭に限られるのです。

贈与税と住宅

住宅取得に関しては多額の費用がかかるため、親や親せきからの資金援助を受ける人も少なくありません。
その場合には贈与税の対象となりますから、対策を考えておくことが大事でしょう。
もちろん、すべての贈与に課税されるわけではなく、非課税となる範囲があり、その点をしっかりと把握しておくことが大切です。
一般の贈与税対象となる案件と住宅取得は区別して考えるべきです。
税制においては同じですが、住宅取得のための特例があるからです。
非課税となる範囲が広くなっていますので、実質的な減税処置です。
それも年度毎に異なります。
自分が住宅を建てようと考えている場合には、どれだけの贈与税となるかを計算しましょう。
概算では2,000万円以上の贈与の場合に課税されると考えておけばいいでしょう。
自分の家を建てるために親から2,000万円をもらうことができる家庭はそれほど多くありません。
したがって、大半の人は非課税となるのです。
インターネットで調べてみると、贈与税対策が必須であると言われていますが、その対象となるのはいわゆる裕福な家庭だけなのです。
現代のように景気低迷の時代であれば、自分たちの生活だけで精一杯の家庭が多く、子どもに贈与するだけの資産を持っていないのが現状です。
あなたはどれくらいの資産を持っていますか。
今、死んだとして相続税がかかるほどの資産でしょうか。
贈与税の仕組みを知っておくことは大切ですが、対策を考えなければならないほどの課税とはならないでしょう。

贈与税のトラブル

贈与税のトラブルとは税務署との間で発生するものです。
つまり、贈与していると考えていたものが税務署は贈与ではないと指摘する場合が多いようです。
相続税の対象となる範囲を狭くする対策として生前贈与を行っていたとしても、それが贈与にならないとなれば、相続税がかかってしまうため、しっかりと対策を講じておくことが必要なのです。
相続税の場合は遺族間でのトラブルとなります。
このトラブルの状況の違いが、相続税と贈与税の仕組みの違いを物語っているかもしれません。
贈与税のトラブルは贈与についての知識が不十分であることから発生するものです。
税金対策をしたいと思うなら、十分な理解をしてください。
どこかで聞いただけの知識で対策をしようと考えるために、トラブルとなるのです。
自分では贈与ではないと思っていたものが贈与税の対象となると税務署から指摘されると誰でも税金を支払いたくない気持ちが出てきます。
しかし、税金を納めることは国民の義務ですから、従わなければなりません。
贈与税のトラブル例はインターネット上にたくさん掲載されています。
まずは情報収集から始めましょう。
自分の資産や家族の資産を明確にしましょう。
課税対象となる部分を対策すればいいのです。
贈与税がかかるのは住宅の場合が多いようです。
これは金額が高額になりやすいからです。
それ以外の金品で課税額になるのは、かなりの資産家です。
国民の平均所得を考えると大半の人には関係ない話となるでしょう。

年齢と贈与税

贈与税の対象となる贈与を受ける時の年齢は特に気にする必要はありません。
20歳から65歳までの成人であれば、同じように贈与税の対象と考えられます。
20歳未満の子どもの場合でも、多額の教育費などをもらうと贈与税の対象となります。
基礎控除は110万円ですから、それ以上を1年間でもらうと贈与税がかかるのです。
贈与税の対策として、よく例に出されるのが毎年110万円を贈与していく方法です。
これだと10年で1,100万円まで非課税となります。
贈与税とは相続税を補完する仕組みです。
つまり、親が死亡時にもらう財産を生前にもらっているとみなすことができるのです。
贈与税を少しでも少なくするための対策を考えている人が体躯さんいますが、課税対象となる金額は高額です。
毎年110万円を提供できる家庭はそれほど多くないからです。
減税対策として相続税が改正されることもありますが、その対象者は国民の1割にも満たないのです。
ただ、世の中には何歳になっても親の資産を当てにして生活している大人もいます。
いわゆる資産家の子どもであれば、そのような生活も可能でしょう。
親の死亡時に多額の遺産相続をすると相続制を支払わなければならないケースが多くなります。
そのためにあらかじめ贈与して、相続税の対策をするのです。
土地の値上がりなどで、予想外に相続税が発生するケースもあります。
家屋は住んでいる限り、実際のお金にはなりませんが、評価額が高額となる都会であれば相続額が高くなります。
相続税で対策するか、贈与税で対策するかを考えなければなりません。

生前贈与とは

生前贈与とは死亡時の相続税対策として考えられていることです。
高額な相続を避けるために、生前から少しずつ贈与してもらう方法です。
もちろん、贈与するだけの財産がなければ意味がありませんから、あなたの場合、どれだけの資産があるかを確認しておく必要があります。
そこで相続税がかかりそうだとわかったら、対策をするのです。
ただ、生前贈与には贈与税がかかるケースがあります。
年間110万円までは非課税とされていますから、110万円を毎年贈与することは対策となります。
注意しなければならないのは贈与の事実です。
現金を手渡したとしても、それは税務署が把握しているわけではありませんから、後で指摘されても贈与自体が発生していないことが多いのです。
通帳の名義を子どもにしておいて、そこに入金する方法も考えらえます。
しかし、名義人と贈与の関係はありません。
子ども名義であっても親が利用しているならば、親の資産とみなされるからです。
贈与税に関する大きな誤解がたくさんあると言われています。
あなたが税金対策としてやっていることがあれば、本当のその効果があるかをもう一度考え直してみましょう。
それによって、支払うべき税金とそうではないものが区別できるようになります。
相続税対策を考える時に、自分の親に資産がないから関係ないと判断する前に、本当に非課税となるかをチェックしてください。
親が死んでから急に遺産相続の話が出てくると、生前贈与をしておけばよかったと言う話はよくあるのです。

遺言と贈与税

遺言書を作成することによって、自分が死んだ後の財産の振り分けを指定することができます。
この場合は相続税となりますが、生前に財産を分与する場合は贈与税です。
呼び名は違っていても、相続税と贈与税は課税対象が同じと考えていいでしょう。
贈与税を少しでも少なくしたいと節税対策を考えている人が多いのですが、課税されるのは3,000万円以上ですから、普通の人にはあまり関係ないかもしれませんね。
ただ、住宅などの不動産を相続すると評価額によって、高額になる可能性もあります。
遺言をすることで親族以外の人への財産分与が可能となります。
生前に悔いを残したくないと考えるならば、遺言書を作成するといいでしょう。
ただ、遺言書を書いたために新たなトラブルが発生する事例も少なくありません。
財産が多ければ、それだけトラブルになると考えるべきでしょう。
どのような遺言書を残すかではなく、親族が節度を持って対応してくれることを期待すべきでしょう。
相続税対策として生前贈与をする例もたくさんありますが、どちらの場合が税金が少なく済むかはしっかりと計算しておかなければなりません。
贈与税の方が税率は高く設定されているからです。
贈与すべき財産がどれくらいあって、それを分与する人が何人なのかを考えてください。
そして、それぞれの税金額を計算しましょう。
節税対策を一生懸命考えることも大事ですが、有効なお金の使い方を考えることの方がもっと大事です。
お金は貯めることが目的ではなく、使って初めて役に立つものだからです

贈与税と孫

贈与税への関心が高まっている背景には、孫への資金提供が贈与税の非課税となる制度が作られたことがあります。
自分は資産を持っていても、その使い道を考える時に税金を払わなければならないと、誰でも損をした気分になってしまいます。
しかし、非課税であれば気軽にお金を提供することができるのです。
ただ、孫を対象とした贈与の場合、これまでも非課税となるケースがありましたから、この仕組みをしっかりと把握しておくことで節税対策となります。
まずは税金について勉強することです。
対策はいくつか考えられますから、そこから自分ができる方法を選ぶのです。
贈与税に関するセミナーなどが開かれていますが、時間が許せば一度参加してみるのも悪くないでしょう。
孫への教育資金を出すケースは少なくありません。
教育費名目の資金提供です。
自分の孫ですから、持っているお金を分け与えたいと考えるのは自然なことです。
一人につき1,500万円までが非課税となります。
ただし、銀行口座の開設や領収書の提示などの決められた手続きが必要となります。
これは、孫への教育資金に見せかけて、その親である子どもへの実質的な贈与になっているケースがあるからです。
孫の教育費として使用されたことを証明しなければなりません。
贈与税対策として、違法な節税する人が少なくないことを示しています。
税務署は過去の経験から、税金逃れをしようとしている人の手口がわかっているのです。
ただ、非課税の制度があれば、その制度を積極的に利用することは当然のことです。

贈与税の基礎

贈与税対策と聞くと、すぐに自分も何かしなければならないと思ってしまう人は多いのでしょうか。
まずは、贈与税の基礎を知ることから始めましょう。
その名称からわかるように、ある人が別の人に金品などを贈与した時に課税されるものです。
せっかく相手にお金を上げても、税金に取られてしまうと大きな損をした気分になってしまいます。
その気持ちは誰でも同じですが、合法的に課税額を減らすことができます。
それが税金対策です。
手続きの仕方を知っておけば、支払う税金を少なくすることができますから、知っている人だけが得をすることになるのです。
インターネットで税金対策を検索してみましょう。
たくさんのサイトが出てきますね。
会計士や税理士の事務所の宣伝もあるでしょう。
そのようなプロに依頼すると、確実に税額を減らしてくれますが、手数料を支払わなければなりません。
自分で勉強して対策を考えるか、人に依頼してやってもらうかです。
実際にはどちらでもいいでしょう。
ただ、贈与税の課税対象となるのは年間110万円を越えた分です。
自分の子どもに110万円も渡すことのできる人は少ないでしょう。
もちろん、これは学校に行くための教育費ではありません。
教育費は贈与とはみなされないからです。
贈与税に関する情報は時として誤解されているケースもあります。
基礎を学ぶためには正しい情報を知らなければなりません。
インターネットの情報よりも書物などを読むことをおススメします。

贈与税対策

贈与税対策は相続税対策と一体で考えなければなりません。
つまり、生前の贈与は相続税の対象となるケースがあるからです。
もちろん、長生きしている人なら相続税はずっと先のことかもしれません。
人生には何があるかわかりません。
事故に巻き込まれて死亡することがないとは言えませんから、贈与税と相続税の対策を日ごろから考えておくことが大切です。
贈与税は110万円を超えた分について課税されますから、毎年110万円を渡していても課税されません。
贈与税の対策としてはいくつかの方法があります。前述の110万円は基礎控除と呼ばれるものです。
ただ、この110万円を毎年繰り返している場合は相続税を逃れようとする行為とみなされることがあります。
税金対策は必要ですが、その方法を間違えると逆に追徴課税されてしまうことにもなりますし、努力した結果が報われないケースもあります。
余計に損をした気分になりますから、対策内容を十分確認しておきましょう。
配偶者間の贈与の場合は、配偶者控除を利用することができます。
2,000万円までは控除対象ですから、夫婦で住宅を購入する場合などは実質的には贈与税を支払うことはないでしょう。
また、子どものマイホーム資金として親がお金を出す場合も控除があります。
住宅取得資金の特例です。
ただし、この場合は制限があります。
相続時精算課税制度を利用することが前提となります。
つまり、相続財産を事前にもらったことにすると言う意味合いです。

贈与税の悩み

贈与税の申告をすることで、相続税対策をしたいと考えている人は多いのですが、どのような方法を取れば効果的なのかがわからずに悩んでいるようです。
生前贈与によって相続税を軽減することができると言われていますが、具体的にどれくらいの節税ができるのでしょうか。
毎年110万円を贈与することによって贈与税対策となりますが、そのようなお金を持っている人がどれくらいいるのでしょう。
一般庶民の感覚では贈与税や相続税を支払うことができるのはお金持ちと言えるでしょう。
税金のことで悩むよりも、もっと収入を増やすことを考えるべきです。
国の財政は税金によって賄われているのですから、税金を納めることは国民としての義務です。
ただ、個人的に支払う税金を少なくしたいと言う気持ちも理解できます。
贈与税や相続税の仕組みを知ることによって、対策ができるのも事実です。
実際に贈与税を支払うのは自分から申告しなければなりません。
税務署がすべての人のお金をチェックしているわけではないからです。
財産をもらった人が申告して税金を納めます。
手続きは確定申告となります。
税金の仕組みは都度見直されて、一部の人が著しい不利益とならないように改正されていますが、普通の人にとって複雑すぎるのではないでしょうか。
毎年のように相続税の適用方法が変わりますから、すべてのことを知っておくためには専門的な知識が必要になります。
税理士などはその仕組みを十分知っているために、多くの人に対策を講じてほしいと思っているのです。

贈与税と税理士

税理士は税金の仕組みについて専門的な知識を持っている人のことです。
会社や個人が納めるべき税金について、法律に定められた手続きを行ってくれます。
贈与税について個人的に税理士に相談することも可能です。
相談することで贈与税対策のアドバイスをもらってみてはどうでしょうか。
普通に税理士に相談すると、手数料を支払わなければなりませんから、無料相談会などが開かれている時がチャンスです。
無料相談では時間的な制約がありますから、質問したいことをあらかじめまとめておくことが大切です。
資料が必要なら、すべてそろえておきましょう。
贈与税と相続税の兼ね合いについて、考え方が複雑になっています。
そのため節税対策をすることが必要となってきます。
納めなくてもいい税金を払うことは、誰にとっても不服と感じられます。
税理士はそれぞれの地域の税理士会に所属しています。
したがって、あなたが税理士を探す時も税理士会に問い合わせることから始めましょう。
無料相談会の開催情報も教えてくれることでしょう。
税金のことについて相談することは恥ずかしいと思っている人もいますが、税理士への相談内容は守秘義務がありますから、決して他人に漏れることはありません。
その点は安心していいでしょう。
税理士の仕事は法律で定められています。
電話で相談することもできますが、自分の意思がうまく伝わらないことが多いですから、できることなら直接相談することをおススメします。

贈与税の歴史

贈与税は相続税が形を変えたものと見ることが一般的です。
つまり、相続税の歴史を知ることが贈与税を知ることにつながります。
あなたが贈与税対策をしたいと思っているなら、相続税の歴史を少し紹介しましょう。
日本で相続税が始まったのは明治38年です。
その時から、少しずつ改正されて現在の相続税、贈与税となっています。
当時、相続税が新設されると言うことは増税が必要になった背景があります。
戦争のための資金調達が主なものだったでしょう。
諸外国ではすでに相続税が作られていましたから、それに倣って始められています。
相続税の根拠は偶然所得課税説と言われています。
つまり、自分が働いて得たお金に対する課税ではなく、親の死と言う偶然によって所得したのが財産であると言う考えです。
いずれにしても所得ですから、それに対して課税するのです。
第二次大戦後は富の再分配と言う考え方が一般的になりました。
また、相続税自体の大幅な見直しが行なわれるとともに、贈与税が創設されました。
富の再分配の考え方をすれば、贈与税も筋が通ります。
その後も少しずつ改正されていることは皆さんもご存知のことでしょう。
ただ、贈与税の対策を考えているならば、仕組みを詳しく知っておくことが大切です。
そのためには正しい情報を入手しましょう。
合法的な対策はいいのですが、決して非合法な手段を使ってはいけません。
贈与税は自分が申告しなければわからないと言う考え方をする人も多いのですが、いずれその付けが回ってくることでしょう。

資産活用と贈与税

贈与税対策の記事を見ると、どれだけ課税されるかがわかります。
直接現金を渡すような場合は贈与税の金額は大きくなりますから、複数年に渡って分割することが税金対策となります。
その他に資産を活用しながら、その利益を子どもに残す考え方もあります。
これは現金で遺産を残すよりも賢いやり方と言えるでしょう。
もちろん、贈与税を払うくらいですから、あなたの資産は少なくないでしょう。
贈与税対策で出てくる事案は数千万円のレベルの話です。
一般庶民にはあまり関係ないことなのかもしれません。
生前に財産を相続させようと考えても、その財産がなければ何の意味もありません。
現代社会では日々の生活費をやり繰りするだけで精一杯の人も少なくないのです。
贈与税を考える時に勘違いする人が多いのですが、教育費や生活費など必要な資金を提供することは贈与税の対象となりません。
つまり、子どもや孫が必要なお金は渡して当然と言うことです。
贈与税は富の再分配に対する課税です。
そのお金が必要かどうかは最終的には税務署が判断しますが、常識レベルで考えればいいでしょう。
年間110万円までは贈与税が控除されることは知っていると思いますが、どこまでが必要なお金かを判断することが重要となります。
また、重要なことは子どもが贈与として認識していることが大切です。
そのために贈与契約書を作成することが多いのです。
単に子どもの預金通帳に振り込むことだけでは贈与となりません。

節税のススメ

贈与税をいくら納めればいいのか知っている人は、それほど多くありません。
それは贈与税の対象となるお金を持っている人が少ないからです。
インターネットで調べてみると、贈与税対策をすることが当然のように書かれていますが、実際に対象となる人は多額の資産を持っている人だけです。
数千万円の財産を持っている場合には死亡時に相続税がかかります。
それを避けるために生前に贈与しておくことになります。
そこで贈与税の仕組みが重要になってきます。
節税をすることは決して悪いことではありませんし、生活の知恵と言ってもいいでしょう。
納める必要のない税金は納めなくてもいいはずだからです。
ただ、国も節税している人のことはわかっていますから、不公平な仕組みであれば改正することになります。
課税の基本的な考え方は高額所得者から多額の課税をすることです。
所得が低い人には課税しないのですから、贈与税や相続税も基礎控除があります。
贈与税の基礎控除は110万円となっていますが、この金額の算定基準はわかりません。
ただ、100万円程度のお金を子どもに分け与えることができる人は国民全体でどれくらいの割合かを試算していることでしょう。
少ない収入の中から子どもの将来のために貯金をしておくことは、たいていの親がやっていることです。
その気持ちに対して課税することは酷いことだと思われます。
課税の仕組みはよく考えられていますが、時には現状に合わない場合もありますから、適時改正されていきます。
節税対策について、しっかりと考えておきましょう。

贈与税と遺産

親の遺産を相続する時にはその評価額に応じた相続税がかかりますが、それを避けるために生前贈与をすることができます。
ただし、その額に応じた贈与税がかかることになります。
贈与税対策をすることが一般的になってきました。
多額の遺産があると、相続人同士で揉め事になるケースが少なくありません。
それを避けるための手段ともなっているのです。
ただ、相続人で揉めるのは兄弟間の不和や意思疎通ができていないことが原因です。
あなたが死んだ後が心配だと考えているなら、家族のきずなを深める努力をしておきましょう。
そうすれば、贈与税だ、遺産だと悩む必要もなくなります。
また、多額の遺産は決していいことではありません。
人が生活していくために必要なお金はそれほど多くありません。
それ以上のお金を貯める必要はないのです。
贈与税の基礎控除は110万円です。
遺産よりも毎年贈与することが賢い税金対策です。
ただ、相続人同士のトラブルは遺産の額ではないケースも少なくありません。
数百万円のことで喧嘩状態となることも稀ではないからです。
ただでお金をもらうことができるとわかると人が変わってしまうのでしょう。
人の幸せはお金では買えません。
しかし、豊かな暮らしをすることはできます。
豊かな暮らしから、幸せな人生を見つけることが大切でしょう。
贈与税対策をしっかりとしておけば、子どもたちの将来も明るいものとなるでしょう。
そのためにあなたができることを十分把握しておいてください。

贈与税のマニュアル

贈与税の手続き方法をまとめたマニュアルが便利です。
贈与税対策を考えているならば、まずマニュアルで全体の流れを把握しておきましょう。
その上で自分の場合に当てはめて、対策をする必要があるかを判断すればいいのです。
贈与税を考える時には相続税も合わせて考慮することが大切です。
贈与税がかからなくても、親の死亡時に相続税の対象となってしまうケースも少なくないからです。
対策したつもりが対策になっていないのです。
贈与税の制度には暦年贈与と相続時精算課税があります。
暦年贈与は年毎に贈与の総額に課税する方法です。
基礎控除が認められていますから、節税対策としてポピュラーなやり方です。
相続時精算課税とは生前の贈与額と相続時の総額を考慮して、課税額を算出するやり方です。
どのような方法を取ればいいのかは、個々のケースで判断しなければなりませんが、資産額が少ない場合はほとんど課税されません。
したがって、節税対策が必要ないことも多いでしょう。
少なくとも2,000万円以上の資産がある人が対象と考えてください。
毎年の支出に頭を痛めているような家計では贈与税など関係ないのです。
贈与税を計算する時に、年齢などを考慮する必要があります。
詳しいことは無料相談会などに参加して、質問するといいでしょう。
税金を少なく納めるのは問題ですが、納め過ぎるのは実質的な損となります。
少しでも生活を楽にするためにできることを考えるのが節税対策です。
まずはマニュアルを入手しましょう。

贈与税の情報

贈与税などの税金に関する情報は国税庁のホームページを見ることが大切です。
ただし、国税庁のホームページを読んでも、税金の素人にはよくわからないことが多いので、税理士事務所のホームページなどにわかりやすく書かれています。
贈与税対策をするなら、正しい情報を入手することが大切です。
贈与税対策として常識と思っていることでも、多くの人が勘違いをしていることもあります。
誤った情報では対策とならないだけではなく、逆に税金を払いすぎることにもなりかねません。
日常生活の中で税金を考える機会は少ないのですが、贈与税は子どもの将来のことを考える機会です。
1年に1回くらいは考えることをおススメします。
贈与税や相続税の仕組みは毎年のように改正されています。
改正によって節税が可能となるケースもありますから、それらの情報を入手するようにしておきます。
多額の贈与税を節税できると書かれている場合には、ちょっと疑ってかかりましょう。
贈与税の課税額はそれほど多くないので、節税額もわずかなものとなります。
ただ、1万円を超えると個人的にはうれしいですね。
税金を納めることは国民の義務ですが、節税することが悪いことではありません。
現代人の生活の知恵と言えるでしょう。
収入を増やすことができれば一番いいのですが、それには限度があります。
節税対策は積極的に行ってください。
インターネットの普及で情報入手が簡単になりました。
正しい情報かどうかを判断することだけは忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。