あがり症を治したい

この記事は14分で読めます

あがり症とは

あがり症とは人前に出ると極度の緊張状態となり、考えていることをスムーズに言葉にできなくなる状態です。
一般的には日本人にその傾向が強いと言われています。
あがり症は対人恐怖症と呼ばれることもあります。
家族や友達など特定の人との間であがり症が出ることはほとんどありませんから、自分と相手との関係を強く意識する時に症状が出やすいと考えられます。
人前で話す練習をしておけば、あがり症を治すことができると言われています。
場数を踏むことが治し方として簡単なのです。
直感的にわかりやすい治し方ですが。
ただ、それだけでは不十分だと思っている人もいますし、性格的な症状だから治らないと言う意見もあります。
自分があがり症だと考えてしまうと余計にあがり症の症状が強くなってしまいます。
気持ちを楽にすることが大切です。
ただ、落ち着こうと考えるとそれが緊張を高めてしまうこともよくあります。
深く考えないことが一番いいのですが、それができないためにあがり症になってしまうのです。
世の中の多くの人があがり症で悩んでいます。
人前で話す時は多かれ少なかれ誰でも緊張するのだと考えることが大切です。
自分だけが注目を集めているのではなく、周りの人は誰も見ていないと思ってください。
あがり症のためにどもってしまう人もいます。
汗をかいたり、顔が赤くなるのです。
人間の正常な反応ですから、気にする必要はないでしょう。
ただ、あがり症を治すための講座なども開かれていますから、自分ができそうなトレーニングをやってみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

あがり症の特徴

あがり症と聞けば何となくわかるかもしれませんが、具体的な特徴は本人でもわかっていないのかもしれません。
あがり症の治し方を知るためには、あがり症の本質を知らなければなりません。
適当な治し方は逆効果になるケースもあります。
あがり症について考えてみましょう。
心臓の鼓動が早くなったり、汗をかいたりするのは血液中のアドレナリンの量が増加するためです。
アドレナリンは睡眠から覚める時や興奮する時に神経から分泌される物質です。
この分泌を自分の意志で制御できないため、あがり症を抑えることが難しいのです。
理性の働きと別次元の動きです。
あがると言う症状は人間として正常な反応ですが、話をすると言った行為に支障をきたしてしまうために、悩みとなります。
つまり、悩みたくなければ、あがっても問題とならない生活を送ることも一つの解決方法です。
しかしながら、社会生活を送る上で、どうしても人前で話さなければならない状況が発生します。
それを乗り越えたいと思うために、あがり症の治し方を模索するのです。
人前でスピーチをする状況を考えてみましょう。
急に指名された時と順番待ちの状況ではあがり方が違います。
順番待ちの方があがるのです。
つまり、自分が置かれている状況を正しく判断して、いろいろと考えてしまう状況があがり症となっていると考えられます。
考えすぎるとよくないとよく言われますが、わかっていても直せないでしょう。
あがり症を克服することは難しいのです。

あがり症を治す

人前に出ると自分の思ったことを話せなくなる人は少なくありません。
一般的にはあがり症と言われています。
あがり症の治し方を小さい時から模索していて、大人になってもそれがわからずに悩んでいる人も少なくありません。
あがり症を治すことに一生懸命になり過ぎて、逆効果となる場合もあります。
むしろ逆効果のケースが多いでしょう。
あがり症の程度は人によって様々ですが、顔が上気する、汗をかく、言葉が出ないと言ったことから、手足が震えることもあります。
スポーツの試合や発表会などでよくわかります。
本番に強い人と弱い人がいるからです。
あがり症の人は本番に弱いため、いつも悔しい思いをしていることでしょう。
日頃練習をしていないのに本番に強いと言うだけで、好成績を修めることができる友人をうらやましい気持ちで見ていたのではないでしょうか。
あがり症のメカニズムはかなり解明されていますが、その治し方が普及していないのはどうしてでしょうか。
治し方に特定の方法がないからです。
アドレナリンが分泌されて、興奮状態になりますが、それを意識的に抑えることができなければ、あがり症を治すことはできません。
アドレナリンが分泌されるとあがってしまうからです。
アドレナリンを意識的に制御できる人はあがりません。
場数を踏むことによってあがり症を克服できると言われていますが、それは人前で話すと言った特定の状況を作る場合だけです。
ただ、慣れてしまうことであがり症の症状は軽減されます。

あがり症と話し方

あがり症と話し方は密接な関係があります。
それはあがり症の治し方イコール上手な話し方と言えるほどです。
人前でうまく話せないことがあがり症の一番の悩みだからです。
もちろん、話すこと以外にもいろいろなところであがり症の弊害はあります。
しかし、多くの人にとって、話すこと以外はその状況を避けることができると考えられるからです。
さて、あがり症の治し方として、どのような話し方をすればいいかを紹介しましょう。
もちろん、これを克服すれば人前で話すことが以外にも応用できるでしょう。
あがらずに上手に話すことを教えてくれる教室がたくさんあります。
まずは上手に話そうとしないことです。
あがる原因としては周りの人の視線が怖いとか、スピーチの経験がない、頭の中が整理できないなどいろいろなことがあります。
しかし、事前準備をしたからと言ってあがり症が抑えられるわけではありません。
また、あがらないことばかりに集中していると反ってあがってしまいます。
理性の力でどうにもならないために治し方が難しくなってしまうのです。
気持ちを楽にしましょうと、よく言われます。
楽にすることは簡単ではありません。
また、適度な緊張は必要です。
まったく緊張しない話し手はいないと言えるでしょう。
早口にならないように気を付けましょうとも言われるかもしれません。
しかし、緊張しているのですから通常よりも早口になります。
それでかまわないと言う気持ちを持つことです。
そして、リハーサルも重要です。

あがり症の克服

あがり症を克服すると言うテーマでは人前で話すことにポイントを置いていることが多いようです。
つまり、あがり症の治し方はスムーズに人前で話すことにつながると考えられるからです。
あがり症を克服するために場数を踏むことがいいと言われますが、残念ながらそれは間違っています。
あがり症を作り出しているのは脳のメカニズムですから、それを改善しなければ治し方と言えないのです。
場数を踏むことは慣れを生じさせます。
慣れることで確かに緊張することが少なくなりますから、あがり症が改善したかのように見えます。
あがり症を克服するためにはなぜ人はあがるのかを考えることが大切です。
医学的なアプローチを試みてみましょう。
もちろん、それでうまくいく人もいますが、うまくいかない人もいます。
人それぞれで対応の仕方を考えなければなりません。
生まれつきあがり症の人がいないことも重要なポイントです。
つまり、経験によってあがり症は作られます。
過去の緊張を思い出すことで、あがり症はひどくなります。
考えれば考えるほど、緊張してしまうことになるのです。
気持ちを落ち着けることを考えるのではなく、筋肉をほぐすことから始めましょう。
自分で制御できないアドレナリンの分泌ですから、気持ちではなく体から制御するのです。
口を大きく開けて声を出すと、緊張がほぐれます。
これは、体の筋肉がアドレナリンの分泌を抑制しているからです。
意識的にできる筋肉の動きがあがり症を改善してくれるのです。

あがり症と心療内科

心療内科であがり症を治療すると言う選択肢があります。
具体的にどのような治し方なのでしょうか。
あがり症は緊張によって体が思った通りに動かなくなっている状況と考えられますが、心理的には強い不安感があると言います。
そのため、心療内科で治療をすることができるのです。
薬による治療は抗不安剤の服用することによって、緊張を解くことができます。
あがりやすい人前で話す時だけ服用すると言う方法が有効でしょう。
もちろん、これは対処療法ですから、あがり症を根本からの治し方ではありませんし、誰にでも同じような効果があるわけではありません。
極端なあがり症で社会生活を送ることができない場合には、抗うつ剤を服用することもありますが、短期間での効果は期待できません。
一般的にはあがり症を克服するために、人前での不安を取り除く心理療法が行われます。
自分に自信が持てるように考え方を少しずつ変えていきます。
過去の出来事にとらわれることなく、自分のことを見つめ直すことになります。
簡単にあがり症を克服できるわけではありませんが、何もせずに一人で悩むのは止めましょう。
インターネットでは人前で話す練習をすることによって、あがり症を抑えることができると言う記事もたくさんあります。
あがらない人にはあがり症の感覚がわからないのかもしれません。
人が自分のことを見ていると考えるだけで緊張してしまいます。
心療内科ですべてが解決するわけではありませんが、どうすればいいのかわからない人はまず相談してみることでしょう。

あがり症の原因

あがり症の原因として親の育て方が影響していると言われています。
もちろん、親だけではなく子どもの時の育った環境全体が関係しているでしょう。
子どもの時から抑圧されることが多いと、自分の意見を言うことができません。
それがだんだんとあがり症を作ることになると考える人もいます。
もちろん、それほど単純なことではありません。
極端に厳しい親でなくても、あがり症になってしまうのです。
あがり症の治し方を考える時に原因を解明することで、自分のことを見つめ直すことが重要です。
つまり、あがり症は人の視線を感じ過ぎて、人がどう思っているかを深く考えすぎてしまうのです。
人前で話したからと言って、すべての人が自分を見ているわけではないことを頭で理解しましょう。
そして、失敗してもいいのだと気楽に考えることができれば、あがり症は克服できているでしょう。
文章で説明するのは簡単ですが、当人にとっては容易なことではありません。
短期間でのあがり症の治し方はありません。
自分は人とは違うこと、それは悪いことでなく、自慢したり嘆いたりすることもありません。
普通のことなのです。
自分に自信がない人は、常に自分を周りと比べています。
周りの人の方がいいと思うと、失敗を恐れてしまいます。
あがり症は体が緊張するためですが、深層心理が強く影響しています。
理性で考えているだけではあがり症を治すことはできないのです。
ただ、緊張していることを実感する冷静な心は意識的に持つことが可能です。

あがり症の情報

医学の発達により、これまで病院ではどうしようもないと考えられてきたことが、医学的に治療できるようになった例がたくさんあります。
あがり症もその一つです。
もちろん、あがり症の完全な治し方はまだありませんが、ちょっとしたことであがり症を軽減することができます。
一つの方法ですが、ルーティンと言われる方法です。
これはいわゆる習慣と言うことです。
場数を踏むことであがり症を克服できると言われることがありますが、それは一面だけの効果です。
厳密にはあがり症が克服できているわけではありません。
ただ、人前で話すことができずに悩んでいる人にとっては、あがり症とは人まで話せないことです。
したがって、毎日人前で話していれば、いずれスムーズに話すことができるようになります。
それが習慣づけです。
ルーティンとは行わなければならないことと直接関係ない仕草を取ることです。
その動作をすることで自分の気持ちを落ち着かせることが可能となります。
スポーツ選手を見ているとわかりますが、野球の打者が打席に立った時の癖は人ぞれぞれが、その人なりのルーティンで気持ちを落ち着かせているのです。
これはどのようなことでも応用できます。
例えば、腕時計を見るとか、耳たぶを触ることなど、ちょっとしたことでかまいません。
それを意識的にやるのです。
もちろん、ルーティンはあがり症の治し方の一例です。
それですべてうまくいくわけではありませんが、この情報を知っているだけでかなり改善できるでしょう。

あがり症と脳

脳科学の見地からあがり症の治し方を考えてみましょう。
あがり症とは体が危険信号を発していると考えられます。
理性的に考えれば、危険が迫っているわけではありませんが、脳の奥が危険な状況だと思い込んでしまっているのです。
それを悪いことだと考えるために、何とかして抑え込もうと言う考え方が一般的です。
しかし、危険信号を発している脳の動きを肯定的に考えることによって、脳はもっと働きやすくなります。
つまり、あがり症の状況になろうとした時に自分の中に成功のイメージを作るのです。
人前に出る前にどのようなことを考えているでしょうか。
あがり症の人はその時すでに緊張しており、失敗した時のこと、うまく話せない自分を思い浮かべているのです。
それは逆効果であり、あがり症から抜け出すことができなくなります。
本番前に成功のイメージを作りましょう。
もちろん、一度でうまくいくことはないでしょうから、何度も繰り返しイメージします。
おいしい食べ物を思い浮かべるだけでよだれが出るのと同じ理屈で、あがっている自分を思い浮かべるだけですでにあがり症になってしまうのです。
自分が成功している状況を思い浮かべ、それを繰り返すことによって、脳のあがり症を改善することが可能となります。
脳は学習しますから、過去の苦い経験があがり症を作っています。
大人になってもその経験の呪縛から逃げ出すことができないのです。
意識的にあがり症を抑えるのではなく、脳によいイメージを受け付けるだけの治し方です。

あがり症と対人恐怖症

誰でも人前でスムーズに話したいと思っています。
しかし、思っているほど簡単なことではありません。
あがり症は対人恐怖症とも言われていますが、人の視線を考えるだけで極度の緊張状態になり、うまく言葉が出ないとか、顔が赤くなる、汗が出てくると言った症状になります。
もちろん、本人も自覚していますが、自覚すればするほどあがり症はひどくなってしまうのです。
対人恐怖症は人と接することができずに、社会生活に支障が出るケースもあります。
これらを克服することは簡単ではありませんが、治し方についてたくさんの情報があります。
あなたが対人恐怖症の治し方を知りたいと思っているなら、それを克服した人の体験を聞くことが重要ですね。
あがり症を克服した人に共通するのは自信を持っていると言うことです。
つまり、自信のなさがあがり症をひどくしてしまうのです。
もちろん、口で自信を持つと言うだけでは何も変わりません。
しかし、自分の内面を見つめることによって、自信を持つことができるようになります。
成功した時のことをイメージすればいいのです。
人前ではっきりと話している自分を思い浮かべましょう。
話す言葉を思うのではなく、一観客の視点でイメージすることが大切です。
対人恐怖症の人は自分のない面ばかりを見ています。
自分があがっている状況を思い浮かべてしまうのです。
これを断ち切るために強い意志を持つことは意味がありません。
あがり症のことを考えてしまうため、余計に緊張してしまいます。

あがり症の相談

子どもの時からあがり症で悩んできた人は少なくありません。
大人になってあがり症を治したいと考えても、治し方がわかるわけではありません。
自分なりに何とかしようとしても簡単ではないのです。
そこであがり症を相談したいと思うのですが、どこに相談すればいいのでしょうか。
心療内科でも相談に乗ってくれますが、確実な治し方を教えてくれるとは思えません。
インターネットの相談サイトなどで、たくさんの人があがり症について相談しています。
相談することで自分なりに対処法を見つけることができればいいのですが、簡単ではないでしょう。
一つの方法として、あがり症全般を改善するのではなく、特定の行動についてあがり症を軽減することを考えてみましょう。
人前で話すことができないと悩んでいるなら、そのことに集中しましょう。
もちろん、場数を踏むこともいいですが、自己暗示をかけてみましょう。
人前でスムーズに話している自分を思い浮かべるのです。
簡単にイメージできないかもしれませんが、それを毎日やっていると、だんだんとコツをつかむことができます。
相談室で相談しても答えをすぐに教えてくれることを期待してはいけません。
相談している人が多いと言うことは、簡単な治し方がないと言うことかもしれません。
あなたはどの程度のあがり症でしょうか。
日常生活に支障がない程度なら、気にしなくてもいいでしょう。
上手に人前で話すことは無理だとあきらめることも悪くないのです。
あがり症で悩まないことをおすすめします。

あがり症の改善

あがり症は病気ではありません。
しかし、日常生活の中であがり症であるために、困ることはたくさんあります。
ひどい場合は生活に支障が出てしまうのです。
人と話すことができず、ショップに行って必要なものを購入することができません。
あがり症の確実な治し方はわかりませんが、改善することならできるでしょう。
要するに完璧を目指すのではなく、ほどほどでいいのだと気楽に考えましょう。
もっとも、気楽に考えることができないために、あがり症になってしまいます。
あがり症を改善するためには、失敗してもいいのだ、誰も自分を見ていないと言ったイメージ作りが重要だと言われていますが、これは治し方としておすすめできません。
なぜなら、あがり症は悪いので、何とかして気を紛らわそうと言う気持ちが出ているからです。
それを自分自身が自覚しているため、あがり症の改善は望めません。
それではどうすればいいのでしょうか。
あがり症が出るのは自覚していない部分の脳の働きです。
理性の力でその脳を騙すのです。
自分が成功している映像、人前ではきはきと発言している映像を思い浮かべましょう。
それは一生懸命にやってください。
そうすることで脳の奥深くで変化が表れます。
もちろん、それは自分で意識できることではありません。
ただ、過去の暗い経験があがり症を作っていることは間違いありません。
赤ちゃんにはあがり症がないからです。
小さな子どもはどんなことをしても恥ずかしがりませんが、大きくなるにしたがって恥ずかしいと言う気持ちが出てきます。

あがり症と日本人

あがり症に悩む人は世界中にいるのでしょうか。
実は日本人にあがり症の人が多いと言われています。
その理由を考えてみましょう。
自分が育った文化が大人になってからの行動に大きく影響することは誰も否定しないでしょう。
それではあがり症は一つの文化なのでしょうか。
人前で積極的に発言する機会がない、発言がいいことだと思われていないことなどが日本の文化の底辺にあるのではないかと言われています。
また、失敗が悪いことだと言う意識が強いため、失敗してもいいじゃないかと言う気持ちになれないのです。
日本人でも外国で育った人や親が外国人の場合はかなり違います。
子ども時代の家族の影響を強く受けているのです。
日本の文化として、人と違うことをすることは恥ずかしいと言う考えがあります。
アメリカなどでは恥ずかしいと言う気持ち自体がない場合もあります。
日本の文化を恥の文化だと言った人がいました。
正にそれがあがり症を作り出しているのかもしれません。
そう考えれば、あがり症は悪くありませんし、悩む必要もないのです。
ただ、現代においては普通の人でも人前で話す機会があります。
その時に失敗したくないと思ってしまうために悩まなければなりません。
あがり症の治し方を長年、探し求めている人は少なくありません。
ただ、簡単に治し方が見つかるわけではありません。
日本人の行動パターンが欧米化していますから、昔よりもあがり症の人は少なくなっている推定されます。

あがり症とトレーニング

話し方のトレーニングをすることによって、あがり症を克服している人がいます。
あなたがあがり症で悩んでいて、治し方を求めているなら、この話を読んでください。
話し方のトレーニングは上手に話せるようになることではありません。
下手な話し方でいいではないかと思うところがポイントです。
それがあがり症を治すことにつながります。
ただ、理性の力でどう考えても体が思った通りに動かないことがほとんどです。
恥ずかしくても話すと言う姿勢が重要です。
恥ずかしいから離さないのではなく、恥ずかしくても話すことによって、人はだんだんとあがり症を克服することができます。
プロの噺家ではありません。
下手で当然なのです。
また、みんなが自分を見ていると思っているでしょうが、実は誰もあなたの話を聞いていません。
早く終わらないかと思っているだけです。
かっこよく振舞う必要はありません。
元々かっこいいわけでもないでしょう。
割り切ることができればしめたものです。
このような考え方をすることで、世界が別物に見えてくることでしょう。
ただ、あがり症で悩んでいる人の多くが、このような考えをすることができません。
簡単に考えられる人なら、そもそもあがり症ではないからです。
気楽に考えるためにはどうすればいいのでしょうか。
性格的なことも大きく関係しているかもしれません。
これまでの生活環境が今の性格を作っていますから、あがり症も経験から発生しているのです。
過去の経験をすっきりさせることが重要ですね。
トレーニングは治し方の一つだと考えてください。

あがり症と緊張

あがり症とは極度に緊張して自分がやるべきことができなくなる状態です。
病気ではありませんから、病院で治し方を教えてもらうことはできません。
あがり症による緊張はだんだんと強くなってしまうことが問題です。
ただ、あがり症ではない人でもまったく緊張しない人はいません。
程度問題なのです。
少しでも緊張するとそれが引き金となって、どんどん緊張感が高くなります。
スピーチやスポーツなど緊張によって強くなることもありますが、多くの場合緊張はマイナスの効果となってしまいます。
あがり症の人はちょっとしたことが大舞台になってしまうのです。
緊張するのを止めることができません。
しかし、それを自分のエネルギーに変えることができれば、普通以上の力を発揮することができるでしょう。
試合になると活躍するスポーツ選手がいますが、そのような人は緊張をばねに変えることができるのです。
意識して緊張を制御することができれば、あがり症の治し方で悩む必要もありませんが、それはしょせん無理なことです。
あがり症を克服することが無駄なことだと考えてみませんか。
悩むことがばからしいと思ってください。
そうすれば、あがり症とうまく付き合うことができるでしょう。
治し方を知るのではなく、治し方は必要ないと思ってください。
緊張のために自分が思っていることの半分も話すことができなかったと言う苦い経験が今のあがり症を作っていると言って間違いないでしょう。
過去の経験を忘れてしまうことが重要です。

あがり症の体験

あがり症の体験談をブログに掲載している人は多いのですが、これは多くの人が悩んでおり、それを克服するための体験を紹介したいと思っているからです。
悩みが解消された時のうれしさを他の人にも体験してもらいたいのです。
人前で話すことに慣れていないと、緊張してしまって言葉が出てこないと言うことにもなります。
人に会うと声が震えてしまうこともあります。
あがり症の根底には人からどう思われるかに強い不安があるのだと言います。
過去の失敗を強く引きずってしまうのです。
すべての人が失敗しているわけではないのに、なぜあがり症の人が多いのでしょうか。
それは成功した経験を忘れてしまっているからです。
あの時こうすればよかったとずっと思ってしまいます。
あがり症で失敗した体験をたくさん聞いても治し方はわかりません。
克服した人の話を聞いてみましょう。
どうすれば克服できるのか、すべての人の治し方が同じではありません。
その人なりの工夫をしています。
悩む暇があれば、いろいろと試してみましょう。
効果的な治し方が見つかるはずです。
あがらないようにしようと考えることは逆効果です。
それだけで治るなら誰も悩まないはずです。
無駄なことを考えるのは止めるべきです。
それよりも小さな自信を積み重ねることです。
それがいつか大きな自信となります。
大丈夫だと自分に言い聞かせてください。
体の力を抜くことで、緊張を和らげることができます。
成功体験をイメージすることも効果的です。

あがり症と性格

あがり症になりやすい性格というものがあります。
ただ、これはすべてに当てはまることではなく、その傾向があると言う程度です。
実際に性格を変わらないのにあがり症を治した人はたくさんいるからです。
ただ、あがり症が治れば、人前でも話すことができますから、印象が大きく変わるでしょう。
それは性格が変わったように見えることでしょう。
つまり、性格とは自分の心の中にあるのではなく、人から見える外見的なことかもしれません。
劣等感を持っている人は過去の苦い経験を持っています。
それがいつか心の奥に溜まってしまうのです。
プライドの高い人も同じです。
一度の失敗を引きずっています。
あがり症の治し方として、細かいことは考えず、失敗を気にしないようにしましょうと言われています。
しかし、口で言うほど簡単なことではありません。
それがスムーズにできれば、あがり症などないからです。
頭で思ってしまうことが間違いの元です。
体からあがり症を治すと言うアプローチは試してみる価値があります。
腕を軽くたたくとか、時計を見ると言ったちょっとした仕草が自分の緊張を和らげるきっかけとなります。
失敗したら後がないと思ってしまうと、誰でも緊張します。
その緊張はあがり症ではありません。
あがり症は必要以上に緊張してしまうことにあるのです。
コンプレックスを解消する手段も簡単ではありません。
自分の性格を変えることであがり症を解消することはできるでしょうが、性格を変えることの方がもっと難しいはずです。
誰にでも利用できる治し方はないのでしょう。

あがり症と会社

会社では朝礼の時にスピーチをする習慣があるところは少なくありません。
しかし、あがり症の人にとって、この時間は大きな苦痛となってしまいます。
順番がありますから、事前の準備をすることは可能です。
あがり症の人にとっては、そのことが逆効果となってしまいます。
一般にあがり症の治し方は事前の練習がいいと言われていますが、実際にスピーチをしようとすると、頭が真っ白になってしまいます。
スピーチのために会社を辞めてしまった人もいるかもしれません。
あがり症の治し方は人それぞれです。
上手に話す必要はありませんから、失敗してもいいではないですか。
そのことは誰でも頭でわかっているのですが、それを行動に表わすことはできません。
体が言うことを聞かないのです。
ただ、治し方を伝授してくれるサイトはたくさんあります。
有料の教材を提供している人もいます。
会社の中であがり症を克服することは大きなメリットがあります。
出世にも影響するかもしれません。
自分が思っていることを会議の場で積極的に発言することで、自分をアピールすることができるのです。
何も話さなければ、それがマイナス評価となってしまいます。
もちろん、すべての会社が話し方だけで評価されるわけではありません。
自分なりに頑張っていれば、いずれ誰かが見ていてくれるでしょう。
ただ、スピーチを何度も経験することで、失敗を恐れない気持ちが出てくればしめたものです。
それがあがり症の治し方につながるからです。

あがり症と学校

あがり症で悩む小学生、中学生はどれくらいいるのでしょうか。
自我の目覚めとともにあがり症は強くなっていくと言われています。
つまり、学校での失敗体験があがり症に大きく関係しているかもしれません。
学校の発表会や作文を読む時間があります。
それがとても苦痛になってしまう人が多いのです。
誰でも上手に発表したいと思っていますが、思うようにならないためにあがり症が強くなってしまいます。
その傾向が出てくると、だんだんと強くなっていくのです。
それは会社に入っても変わりません。
貴重な学校生活が暗い思い出ばかりになってしまいます。
あなたの学校生活は楽しかったでしょうか。
あがり症の人でもある程度の友達付き合いはできます。
誰とも話すことができない人はいないのです。
人前で発表すると考えてしまうから、あがってしまうのです。
誰も聞いていないところで一人でしゃべっていると思いましょう。
自分がしっかりと発表している場面を思い浮かべることも治し方の一つです。
作文が下手でもかまいません。
発表も下手でいいでしょう。
幼稚園のお遊戯会ではちゃんと話せていたのに、いつの間にかあがり症になっています。
気にすることはありません。
治し方を一生懸命探すよりも、ブログなどで同じあがり症の人と意見交換をしてみましょう。
それで気が楽になればいいのです。
あなたと同じ気持ちの人がたくさんいるはずです。
現代はインターネットがありますから、そこで書き込んでもあがることはありません。

あがり症の心理

あがり症を克服することで人との付き合いをスムーズにすることができます。
そのために心理学を応用している例もあります。
一般的にあがり症の人の性格は一定の方向性があると言われています。
これは性格が後天的な物であり、あがり症も経験によって作られると考えられるからです。
責任感が強く、まじめな人の方があがり症になりやすいのです。
もちろん、すべての人に当てはまるわけではありません。
あがり症の治し方を知ることで、社会生活をよりよくすることができると考えていますが、そのことばかりを一生懸命に考えてしまうと、逆効果となってしまいます。
そのさじ加減が難しいのです。
あがり症は体に異常があるわけではありません。
心の動きそのものです。
心理カウンセリングを受けることであがり症が治る人も少なくありません。
つまり、気の持ちようであがり症を治すのです。
人前に出た時にあがってしまうことを気にしていることでしょう。
その治し方は難しいことではないのですが、その簡単なことができないため悩んでしまいます。
人前に出て、あがってしまった時には対処することはできないとあきらめましょう。
ただ、あきらめると言うこともまた難しいのです。
開き直ると言う気持ちを持つことができれば、あがり症は改善します。
日頃から人前に出る練習をするとよいと言いますが、それは状況に慣れてしまっているだけであり、根本的なあがり症の治し方ではありません。
不安の表れがあがり症です。
何を恐れているのかを知ることで、不安を取り除くことができるでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。